Create  Edit  Diff  FrontPage  Index  Search  Changes  History  Source  RSS  wikifarm  Login

ManPage

とりあえず zsh(1) を Hikiフォーマットで整形。 共同作業で訳ができると幸せか。

NAME

zsh - the Z shell

SYNOPSIS

Because zsh contains many features, the zsh manual has been split into a number of sections:

zsh は多くの機能を持っているので, マニュアルはいくつかのセクションに分かれています:

ZshMisc
Anything not fitting into the other sections
ZshExpn
Zsh command and parameter expansion
ZshParam
Zsh parameters
ZshOptions
Zsh options
ZshBuiltins
Zsh built-in functions
ZshZle
Zsh command line editing
ZshCompWid?
Zsh completion widgets
ZshCompSys?
Zsh completion system
ZshCompCtl?
Zsh completion control
ZshModules?
Zsh loadable modules
ZshZftpSys?
Zsh built-in FTP client

DESCRIPTION

Zsh is a UNIX command interpreter (shell) usable as an interactive login shell and as a shell script command processor. Of the standard shells, zsh most closely resembles ksh but includes many enhancements. Zsh has command line editing, builtin spelling correction, programmable command completion, shell functions (with autoloading), a history mechanism, and a host of other features.

zsh は, 対話的なログインシェルとして, また, シェルスクリプトコマンドの プロセッサとして利用できるUNIX コマンドインタープリタ(シェル)です。zsh は 標準的なシェルのうちで ksh に最もよく似ていますが, 多くの発展がなさ れています。zsh は, コマンドライン編集, 組み込みのスペル修正, プログラ マブルなコマンド補完, シェル関数(自動ロード付き), 履歴機能, そしてその 他多数の特徴を持っています。

AUTHOR

Zsh was originally written by Paul Falstad <pf@zsh.org>. Zsh is now maintained by the members of the zsh-workers mailing list <zsh-workers@sunsite.dk>. The development is currently coordinated by Peter Stephenson <pws@zsh.org>. The coordinator can be contacted at <coordi- nator@zsh.org>, but matters relating to the code should generally go to the mailing list.

zsh はもともと, Paul Flastad <pf@zsh.org> によって書かれました。 今では, zsh-workers メーリングリスト <zsh-workers@sunsite.dk> の メンバーによってメンテナンスされています。 zsh の開発は現在 Peter Stephenson <pws@zsh.org> によってまとめられています。 責任者には <coordinator@zsh.org> で連絡を取ることができますが, コードに関する事柄は, 一般的にはメーリングリストを利用してください。

AVAILABILITY

Zsh is available from the following anonymous FTP sites. These mirror sites are kept frequently up to date. The sites marked with (H) may be mirroring ftp.cs.elte.hu instead of the primary site.

zsh は, 下に挙げられている anonymous FTP から利用できます。 これらのミラーサイトは, 最新になるように頻繁に更新されています。(H)の マークが付いているサイトは, 一次サイトのかわりに ftp.cs.elte.hu からミラーリングしています。

Primary site

Australia

Denmark

Finland

France

Germany

Hungary

Israel

Italy

Japan

Norway

Poland

Romania

Slovenia

Sweden

UK

USA

MAILING LISTS

Zsh has 3 mailing lists:

zsh には 3 つのメーリングリストがあります:

<zsh-announce@sunsite.dk>
Announcements about releases, major changes in the shell and the monthly posting of the Zsh FAQ. (moderated)

リリースのアナウンス, zsh の大きな変更, 月刊の zsh FAQ。

<zsh-users@sunsite.dk>
User discussions.

ユーザの議論。

<zsh-workers@sunsite.dk>
Hacking, development, bug reports and patches.

ハック, 開発, バグ報告とパッチ。

To subscribe or unsubscribe, send mail to the associated administrative address for the mailing list.

講読を開始, あるいは終了するには, それぞれの管理用アドレスにメールを送ってください。

  • <zsh-announce-subscribe@sunsite.dk>
  • <zsh-users-subscribe@sunsite.dk>
  • <zsh-workers-subscribe@sunsite.dk>
  • <zsh-announce-unsubscribe@sunsite.dk>
  • <zsh-users-unsubscribe@sunsite.dk>
  • <zsh-workers-unsubscribe@sunsite.dk>

YOU ONLY NEED TO JOIN ONE OF THE MAILING LISTS AS THEY ARE NESTED.

これらのメーリングリストは入れ子になっているので, 参加するメーリングリストは, 一つだけで十分です。

All submissions to zsh-announce are automatically forwarded to zsh-users. All submissions to zsh-users are automatically forwarded to zsh-work- ers.

全ての zsh-announce への投稿は, 自動的に zsh-users にも転送されます。 全ての zsh-users への投稿は, 自動的に zsh-workers にも転送されます。

If you have problems subscribing/unsubscribing to any of the mailing lists, send mail to <listmaster@zsh.org>. The mailing lists are main- tained by Karsten Thygesen <karthy@kom.auc.dk>.

もしメーリングリストの講読開始/終了に際して何か問題が発生したら, <listmaster@zsh.org> へメールを送ってください。 メーリングリストは Karsten Thygesen <karthy@kom.auc.dk> によって メンテナンスされています。

The mailing lists are archived; the archives can be accessed via the administrative addresses listed above. There is also a hypertext archive, maintained by Geoff Wing <gcw@zsh.org>, available at http://www.zsh.org/mla/.

メーリングリストはアーカイブされています; アーカイブへは, 上記の管理アドレス経由で アクセスすることができます。 Geoff Wing <gcw@zsh.org> によってメンテナンスされているハイパーテキスト版アーカイブもあり, http://www.zsh.org/mla/ で利用可能です。

THE ZSH FAQ

Zsh has a list of Frequently Asked Questions (FAQ), maintained by Peter Stephenson <pws@zsh.org>. It is regularly posted to the newsgroup comp.unix.shell and the zsh-announce mailing list. The latest version can be found at any of the Zsh FTP sites, or at http://www.zsh.org/FAQ/. The contact address for FAQ-related matters is <faqmaster@zsh.org>.

zsh には, Peter Stephenson <pws@zsh.org> によって メンテナンスされている FAQ リストがあります。 これは, 通常はニュースグループの comp.unix.shell と zsh-announce メーリングリストに 投稿されます。 最新バージョンはいずれかの zsh FTP サイトや http://www.zsh.org/FAQ/ にあります。 FAQ に関する事柄の連絡アドレスは <faqmaster@zsh.org> です。

THE ZSH WEB PAGE

Zsh has a web page which is located at http://www.zsh.org/. This is maintained by Karsten Thygesen <karthy@zsh.org>, of SunSITE Denmark. The contact address for web-related matters is <webmaster@zsh.org>.

zsh のウェブページは http://www.zsh.org/ です。 これは デンマーク SunSITE の Karsten Thygesen <karthy@zsh.org> によってメンテナンスされています。 ウェブページに関する事柄の連絡アドレスは <webmaster@zsh.org> です。

THE ZSH USERGUIDE

A userguide is currently in preparation. It is intended to complement the manual, with explanations and hints on issues where the manual can be cabbalistic, hierographic, or downright mystifying (for example, the word `hierographic' does not exist). It can be viewed in its current state at http://zsh.sunsite.dk/Guide/. At the time of writing, chap- ters dealing with startup files and their contents and the new comple- tion system were essentially complete.

ユーザガイドは現在準備中です。 これは, 補足説明や, マニュアルが神秘的であったり判読しにくかったり 徹底的に当惑させられるようなものであるような部分についてのヒントを 与えることによって, マニュアルの補完を目指すものです。 現在の状態は http://zsh.sunsite.dk/Guide/ で見ることができます。 これを書いている時点では, スタートアップファイルの扱い方とその内容, そして新たな補完システムに関する章はおおよそ書き終えました。

INVOCATION OPTIONS

The following flags are interpreted by the shell when invoked to deter- mine where the shell will read commands from:

下記のフラグは, シェルがどこからコマンドを読み込むかを決定するために, 起動時に処理されます:

-c

Take the first argument as a command to execute, rather than reading commands from a script or standard input. If any fur- ther arguments are given, the first one is assigned to $0, rather than being used as a positional parameter.

スクリプトや標準入力からコマンドを読むのではなく, 最初の引数を実行するコマンドとします。 もし, さらに引数が与えられていたならば, 位置パラメータとして使われるのではなく, 最初のものが $0 に割り当てられます。 (zsh -c 'echo $1' foo bar hoge で bar が表示されるのはどういうことだろう?)

-i

Force shell to be interactive.

シェルを強制的に対話的にします。

-s

Force shell to read commands from the standard input. If the -s flag is not present and an argument is given, the first argument is taken to be the pathname of a script to execute.

強制的に, シェルが標準入力からコマンドを読むようにします。 もし -s フラグが存在せずに引数が与えられた場合, 最初の引数は 実行するスクリプトのパスであると解釈されます。

After the first one or two arguments have been appropriated as described above, the remaining arguments are assigned to the positional parameters.

最初の 1 つか 2 つの引数が上で述べられたように割り当てられた後, 残りの引数は位置パラメータに割り当てられます。

For further options, which are common to invocation and the set builtin, see ZshOptions.

他のオプションは, 起動時と set (組み込み) で共通です。 ZshOptions を見てください。

Options may be specified by name using the -o option. -o acts like a single-letter option, but takes a following string as the option name. For example,

オプションは, -o オプションによっても指定できます。 -o は 1 文字のオプションのように振る舞いますが, 後続の文字列を オプション名であると解釈します。 例えば,

zsh -x -o shwordsplit scr

runs the script scr, setting the XTRACE option by the corresponding letter `-x' and the SH_WORD_SPLIT option by name. Options may be turned off by name by using +o instead of -o. -o can be stacked up with preceding single-letter options, so for example `-xo shwordsplit' or `-xoshwordsplit' is equivalent to `-x -o shwordsplit'.

は `-x' に対応する XTRACE オプションを設定し, さらに SH_WORD_SPLIT オプションを設定します。 オプションは, -o の代わりに +o を使うことによって解除されます。 -o は, それに先立つ 1 文字のオプションとつなげることができます。 従って, 例えば `-xo shwordsplit' や `-xoshwordsplit' は, `-x -o shwordsplit' と等価です。

Options may also be specified by name in GNU long option style, `--option-name'. When this is done, `-' characters in the option name are permitted: they are translated into `_', and thus ignored. So, for example, `zsh --sh-word-split' invokes zsh with the SH_WORD_SPLIT option turned on. Like other option syntaxes, options can be turned off by replacing the initial `-' with a `+'; thus `+-sh-word-split' is equivalent to `--no-sh-word-split'. Unlike other option syntaxes, GNU-style long options cannot be stacked with any other options, so for example `-x-shwordsplit' is an error, rather than being treated like `-x --shwordsplit'.

オプションは, `--option-name' の形の GNU long オプション形式によっても 設定できます。この形式の場合, オプションの名前に `-' を含むことが許され, それは `_' に変換され, 従って無視されます。 例えば `zsh --sh-word-split' は, zsh を SH_WORD_SPLIT オプション付きで 起動します。 他のオプション形式と同じように, 最初の `-' を `+' に置き換えることによって オプションを解除できます; 従って, `+-sh-word-split' は `--no-sh-word-split' と 等価です。 他のオプション形式とは違って, GNU long オプション形式のオプションは 他のオプションとつなげることができません。 例えば `-x-shwordsplit' は, `-x --shwordsplit' と解釈されるのではなく, エラーになります。

The special GNU-style option `--version' is handled; it sends to stan- dard output the shell's version information, then exits successfully. `--help' is also handled; it sends to standard output a list of options that can be used when invoking the shell, then exits successfully.

GNU 形式の特別なオプション `--version' が利用できます; これは 標準出力に zsh のバージョンを出力し, 成功裡に終了します。 `--help' オプションも利用できます; これは標準出力にシェルの起動時に利用可能な オプション一覧を表示し, 成功裡に終了します。

Option processing may be finished, allowing following arguments that start with `-' or `+' to be treated as normal arguments, in two ways. Firstly, a lone `-' (or `+') as an argument by itself ends option pro- cessing. Secondly, a special option `--' (or `+-'), which may be spec- ified on its own (which is the standard POSIX usage) or may be stacked with preceding options (so `-x-' is equivalent to `-x --'). Options are not permitted to be stacked after `--' (so `-x-f' is an error), but note the GNU-style option form discussed above, where `--shwordsplit' is permitted and does not end option processing.

オプションの処理は, 通常の引数として扱われる `-' もしくは `+' で始まる 引数を許し, 2 つの方法で終了します。 第一に, 引数としての単独の `-' (もしくは `+') はオプション処理を終了させます。 第二は, 特殊なオプション `--' (もしくは `+-') です。 単独で指定するか (これは POSIX の標準的な利用法です), これに先立つオプションに つなげて指定します (従って, `-x-' は `-x --' と等価です)。 `--' の後ろにオプションをつなげるのは禁止されています (従って `-x-f' は エラーになります)。 しかし, `--shwordsplit' は許されており, オプション処理を終了させないという, 上記の GNU 形式オプションの議論に注意してください。

Except when the sh/ksh emulation single-letter options are in effect, the option `-b' (or `+b') ends option processing. `-b' is like `--', except that further single-letter options can be stacked after the `-b' and will take effect as normal.

sh/ksh エミュレーションの 1 文字オプションが効いている場合を除き, `-b' (もしくは `+b') オプションは, オプション処理を終了させます。 `-b' は, それとつながっている 1 文字オプションが通常通り効果を持つのを除いて, `--' に似ています。

COMPATIBILITY

Zsh tries to emulate sh or ksh when it is invoked as sh or ksh respec- tively; more precisely, it looks at the first letter of the name by which it was invoked, excluding any initial `r' (assumed to stand for `restricted'), and if that is `s' or `k' it will emulate sh or ksh. Furthermore, if invoked as su (which happens on certain systems when the shell is executed by the su command), the shell will try to find an alternative name from the SHELL environment variable and perform emula- tion based on that.

zsh は sh もしくは ksh として起動された場合, それぞれ sh もしくは ksh を エミュレートしようとします; 正確に言うと, 起動に使われた名前から 先頭の `r' (制限モードを意味すると仮定する) を除いた部分の 最初の文字が `s' か `k' であるならば, zsh は それぞれ sh と ksh を エミュレートします。 さらに, zsh が su として起動されたならば (これはシェルが su コマンドによって 実行された場合に, システムによっては起こる), シェルは環境変数 SHELL から 代わりの名前を探し, それに基いてエミュレーションを実行します。

In sh and ksh compatibility modes the following parameters are not spe- cial and not initialized by the shell: ARGC, argv, cdpath, fignore, fpath, HISTCHARS, mailpath, MANPATH, manpath, path, prompt, PROMPT, PROMPT2, PROMPT3, PROMPT4, psvar, status, watch.

sh および ksh 互換モードにおいては, 次のパラメータは特別扱いされず, シェルによって初期化されません: ARGC, argv, cdpath, fignore, fpath, HISTCHARS, mailpath, MANPATH, manpath, path, prompt, PROMPT, PROMPT2, PROMPT3, PROMPT4, psvar, status, watch.

The usual zsh startup/shutdown scripts are not executed. Login shells source /etc/profile followed by $HOME/.profile. If the ENV environment variable is set on invocation, $ENV is sourced after the profile scripts. The value of ENV is subjected to parameter expansion, command substitution, and arithmetic expansion before being interpreted as a pathname. Note that the PRIVILEGED option also affects the execution of startup files.

通常のスタートアップファイルとシャットダウンファイルは実行されません。 ログインシェルは /etc/profile を実行し, それから $HOME/.profile を実行します。 もし起動時に環境変数 ENV が設定されたならば, profile ファイルの後に $ENV が 実行されます。ENV の値はパスとして処理される前に, パラメータ展開, コマンド置換, および算術展開 されます。 スタートアップファイルの実行には PRIVILEGED オプションも影響を与えることに 注意してください。

The following options are set if the shell is invoked as sh or ksh: NO_BAD_PATTERN, NO_BANG_HIST, NO_BG_NICE, NO_EQUALS, NO_FUNCTION_ARGZERO, GLOB_SUBST, NO_GLOBAL_EXPORT, NO_HUP, INTERACTIVE_COMMENTS, KSH_ARRAYS, NO_MULTIOS, NO_NOMATCH, NO_NOTIFY, POSIX_BUILTINS, NO_PROMPT_PERCENT, RM_STAR_SILENT, SH_FILE_EXPANSION, SH_GLOB, SH_OPTION_LETTERS, SH_WORD_SPLIT. Additionally the BSD_ECHO and IGNORE_BRACES options are set if zsh is invoked as sh. Also, the KSH_OPTION_PRINT, LOCAL_OPTIONS, PROMPT_BANG, PROMPT_SUBST and SINGLE_LINE_ZLE options are set if zsh is invoked as ksh.

シェルが sh もしくは ksh として起動された場合, 次のオプションが設定されます: NO_BAD_PATTERN, NO_BANG_HIST, NO_BG_NICE, NO_EQUALS, NO_FUNCTION_ARGZERO, GLOB_SUBST, NO_GLOBAL_EXPORT, NO_HUP, INTERACTIVE_COMMENTS,KSH_ARRAYS, NO_MULTIOS, NO_NOMATCH, NO_NOTIFY, POSIX_BUILTINS,NO_PROMPT_PERCENT, RM_STAR_SILENT, SH_FILE_EXPANSION, SH_GLOB,SH_OPTION_LETTERS, SH_WORD_SPLIT. さらに, sh として起動されていた場合には BSD_ECHO と IGNORE_BRACES オプションが, ksh として起動されていた場合には KSH_OPTION_PRINT, LOCAL_OPTIONS, PROMPT_BANG, PROMPT_SUBST, SINGLE_LINE_ZLE オプションが, それぞれ設定されます。

RESTRICTED SHELL

When the basename of the command used to invoke zsh starts with the letter `r' or the `-r' command line option is supplied at invocation, the shell becomes restricted. Emulation mode is determined after stripping the letter `r' from the invocation name. The following are disabled in restricted mode:

もし zsh を起動するために使われたコマンドの basename が `r' で 始まっているか, 起動時に `-r' のコマンドラインオプションが与えられたならば, シェルは制限モードになります。 エミュレーションモードは, 起動に使われた名前から `r' の文字を削った後の名前 によって決定されます。 以下の項目は, 制限モードでは利用できません:

  • changing directories with the cd builtin
  • changing or unsetting the PATH, path, MODULE_PATH, module_path, SHELL, HISTFILE, HISTSIZE, GID, EGID, UID, EUID, USERNAME, LD_LIBRARY_PATH, LD_AOUT_LIBRARY_PATH, LD_PRELOAD and LD_AOUT_PRELOAD parameters
  • specifying command names containing /
  • specifying command pathnames using hash
  • redirecting output to files
  • using the exec builtin command to replace the shell with another command
  • using jobs -Z to overwrite the shell process' argument and environment space
  • using the ARGV0 parameter to override argv[0] for external commands
  • turning off restricted mode with set +r or unsetopt RESTRICTED
  • 組み込みの cd によるディレクトリの移動
  • PATH, path, MODULE_PATH, module_path, SHELL, HISTFILE, HISTSIZE, GID, EGID, UID, EUID, USERNAME, LD_LIBRARY_PATH, LD_AOUT_LIBRARY_PATH, LD_PRELOAD, LD_AOUT_PRELOAD の変更と削除
  • / を含むコマンド指定
  • ハッシュを用いたコマンドのパスの指定
  • 出力のファイルへのリダイレクト
  • 組み込みの exec による, シェルの他のコマンドへの置き換え
  • jobs -Z を用いたシェルのプロセスの引数と環境空間の上書き
  • ARGV0 を用いた, 外部コマンドの argv[0] の上書き
  • +r の指定, もしくは unsetopt RESTRICTED による制限モードの解除

These restrictions are enforced after processing the startup files. The startup files should set up PATH to point to a directory of com- mands which can be safely invoked in the restricted environment. They may also add further restrictions by disabling selected builtins.

これらの制限は, スタートアップファイルの実行の後に加えられます。 スタートアップファイルは, 制限モードでも安全に起動できるように PATH を 指定する必要があります。 スタートアップファイルは, いくつかの組み込みコマンドを制限することによって, さらに制限を加えることもできます。

Restricted mode can also be activated any time by setting the RESTRICTED option. This immediately enables all the restrictions described above even if the shell still has not processed all startup files.

制限モードは, RESTRICTED オプションを設定することによっても, いつでも有効にできます。 これは, スタートアップファイルの実行が完了していなくとも, 直ちに制限を有効にします。

STARTUP/SHUTDOWN FILES

Commands are first read from /etc/zshenv; this cannot be overridden. Subsequent behaviour is modified by the RCS and GLOBAL_RCS options; the former affects all startup files, while the second only affects those in the /etc directory. If one of the options is unset at any point, any subsequent startup file(s) of the corresponding type will not be read. It is also possible for a file in $ZDOTDIR to re-enable GLOBAL_RCS. Both RCS and GLOBAL_RCS are set by default.

コマンドはまず /etc/zshenv を読みます; これは上書きすることはできません。 次のふるまいは RCS と GLOBAL_RCS オプションによって変わります; 前者は 全てのスタートアップファイルに作用し, 後者は /etc ディレクトリの中の ものにだけ作用します。 もしいずれかのオプションがどこかの地点ではずされた場合, 後に続くスタートアップファイルでそのオプションに対応するものは 全て読まれません。 $ZDOTDIR ディレクトリにあるファイルで GLOBAL_RCS を再び可能にすることもできます。 デフォルトでは RCS と GLOBAL_RCS はどちらもセットされています。

Commands are then read from $ZDOTDIR/.zshenv. If the shell is a login shell, commands are read from /etc/zprofile and then $ZDOTDIR/.zpro- file. Then, if the shell is interactive, commands are read from /etc/zshrc and then $ZDOTDIR/.zshrc. Finally, if the shell is a login shell, /etc/zlogin and $ZDOTDIR/.zlogin are read.

その後, $ZDOTDIR/.zshenv を読みます。 次に, もしシェルがログインシェルならば, /etc/zprofile と $ZDOTDIR/.zprofile をこの順に読みます。 さらに, もしシェルが対話的ならば, /etc/zshrc と $ZDOTDIR/.zshrc をこの順に読みます。 最後に, シェルがログインシェルならば, /etc/zlogin と $ZDOTDIR/.zlogin をこの順に読みます。

When a login shell exits, the files $ZDOTDIR/.zlogout and then /etc/zlogout are read. This happens with either an explicit exit via the exit or logout commands, or an implicit exit by reading end-of-file from the terminal. However, if the shell terminates due to exec'ing another process, the logout files are not read. These are also affected by the RCS and GLOBAL_RCS options. Note also that the RCS option affects the saving of history files, i.e. if RCS is unset when the shell exits, no history file will be saved.

ログインシェルが終了するときは, $ZDOTDIR/.zlogout と /etc/zlogout がこの順に読まれます。 これは, exit あるいは logout コマンドによる明示的な終了のときでも, 端末から EOF を読んだことによる暗黙的な終了のときでも起こります。 しかし, シェルが他のプロセスを実行したことにより終了した場合は, ログアウトファイルは読まれません。 これらも, RCS と GLOBAL_RCS オプションの影響を受けます。 RCS オプションは, 履歴ファイルのセーブに影響を与えることにも注意してください。 すなわち, もしシェルが終了するときに RCS がはずされていたならば, 履歴ファイルは保存されません。

If ZDOTDIR is unset, HOME is used instead. Those files listed above as being in /etc may be in another directory, depending on the installa- tion.

もし ZDOTDIR がセットされていなければ, HOME が代わりに使われます。 上に挙げられたファイルで /etc にあるものは, インストール時の指定によっては 別のディレクトリにあるかもしれません。

As /etc/zshenv is run for all instances of zsh, it is important that it be kept as small as possible. In particular, it is a good idea to put code that does not need to be run for every single shell behind a test of the form `if -o rcs ?; then ...' so that it will not be executed when zsh is invoked with the `-f' option.

/etc/zshenv は全ての zsh インスタンスに対して実行されるので, 可能な限り小さくしておくことが重要です。 特に, 全てのシェルに対して実行される必要のないコードを `if -o rcs ?; then ...' の形のテストの後ろに置くことは, それは zsh が `-f' オプションと共に起動された場合には実行されないので よい考えです。

Any of these files may be pre-compiled with the zcompile builtin com- mand (see zshbuiltins(1)). If a compiled file exists (named for the original file plus the .zwc extension) and it is newer than the origi- nal file, the compiled file will be used instead.

これらのファイルは全て, 組み込みの zcompile コマンドによって プリコンパイルすることができます(see zshbuiltins(1))。 もしコンパイルされたファイルが存在し(オリジナルのファイル名に .zwc の拡張子を 加えたファイル名), それがオリジナルのファイルより新しい場合, コンパイルされたファイルが代わりに使われます。

FILES

  • $ZDOTDIR/.zshenv
  • $ZDOTDIR/.zprofile
  • $ZDOTDIR/.zshrc
  • $ZDOTDIR/.zlogin
  • $ZDOTDIR/.zlogout
  • ${TMPPREFIX}* (default is /tmp/zsh*)
  • /etc/zshenv
  • /etc/zprofile
  • /etc/zshrc
  • /etc/zlogin
  • /etc/zlogout (installation-specific - /etc is the default)

SEE ALSO

sh(1), csh(1), tcsh(1), rc(1), bash(1), ksh(1), ZshBuiltins, ZshCompWid?, ZshCompSys?, ZshCompCtl?, ZshExpn, ZshMisc, ZshModules?, ZshOptions, ZshParam, ZshZle

IEEE Standard for information Technology - Portable Operating System Interface (POSIX) - Part 2: Shell and Utilities, IEEE Inc, 1993, ISBN 1-55937-255-9.

Last modified:2019/01/25 16:47:35
Keyword(s):[man]
References:[FrontPage]