Create  Edit  Diff  性犯罪ニュース  Index  Search  Changes  History  Source  RSS  wikifarm  Login

化粧品の基礎知識:洗顔料

化粧品の基礎知識、洗顔料について。

役割

肌を清浄な状態に戻す。

種類

フォーム状洗顔料

歯磨き粉みたいなタイプの洗顔料。

長所:冷水でも泡立てやすい。

短所:合成の物が多く入っている。(詳しい人補足キボンヌ)

使用上の注意点:補足キボンヌ

洗顔石鹸

昔からよくある洗顔石鹸。体を洗う石鹸より、顔を洗うという役割に特化した石鹸。肌に優しい成分が入っていることもある。

長所:比較的、自然なものが多い。コストパフォーマンスが良い。

短所:冷水だと泡立ちにくい。石鹸カスが出る。物によっては変な匂いがする。

使用上の注意点:高温多湿の所に置いておくとぐずぐずになる物もあるので注意。

液体状洗顔料

読んで字の如し。液体状の洗顔料。

長所:補足キボンヌ。

短所:(筆者の偏見だが)他のものより泡がゆるい気がする。

使用上の注意点:蓋をきっちり閉めて、余計な水分が入らないように気をつける。

粉末状洗顔料

酵素入りタイプが多く、さっぱりするものが多い。

長所:酵素入りのものはTゾーンの脂や、毛穴に詰まった角栓などを取ってくれる。

短所:泡立ちが悪い。泡立てネット必須。

使用上の注意点:湿度の高いところに置いておくと吸湿してダマになるので注意。

フォーミングウォッシュ(正確な名前補足キボン)

最初から泡立っていて、ポンプを押すと泡の出るタイプの洗顔料。

長所:泡立てる手間が省けて時間の無いときに便利。

短所:泡がゆるい物が多い。ついたくさん使いすぎる。

使用上の注意点:補足キボンヌ

洗顔について

人によって差はありますが、一日2回は顔を洗うようにしましょう。 朝も、夜のうちに分泌された脂や、顔についた埃を流すためにも洗顔料が必要です。 洗顔料を使う前に手を洗い、泡立てネットを使ってよく泡立てて、ごしごしこすらず、泡のクッション越しに指先で優しく撫でるように洗いましょう。 寒いからと言って熱いお湯を使うと、余計に肌が乾燥します。体温程度のぬるま湯がおすすめです。 頬の端っこや生え際は洗顔料が残りやすいので、十分にすすぎましょう。 顔を洗ったらなるべく早く化粧水等をつけて肌を潤してあげてください。

※一日何枚も脂取り紙が必要なものすごい脂性肌でも無い限り、洗顔は1日2回で十分です。ニキビで悩んでる人も、必要以上に皮脂を取りすぎることはニキビの悪化に繋がります。 肌が乾燥してしょうがない方は、夜は拭き取り化粧水だけにするなどして対応してください。乾燥肌の場合、洗いすぎは禁物です。

Last modified:2005/01/06 03:50:57
Keyword(s):
References: