Create  Edit  Diff  FrontPage  Index  Search  Changes  History  Source  RSS  wikifarm  Login

世界で有名な日本史上の人物っているの?

20041120wiki掲載 (以下はまだ未整理です)

テキスト修正したいかたは、「ボランティアについて」のページをご覧のうえ修正してください。


(1)「東条秀樹くらいですか? 」(1)

(2)「竹崎季長。意外に欧州で有名。少なくとも北条時宗を圧倒してる。」(2)

(4)「竹崎季長って文永の役の戦功で恩賞もらうために鎌倉まで半年〜1年かけて出向いて安達泰盛に直訴して恩賞もらって帰った、あの竹崎季長ですか・・蒙古襲来絵詞で有名なんですか?それとも何で有名なのですか」(4)

(5)「(山野野衾 ◆F6mxNHihgE )幕府関係と平清盛・織田信長・豊臣秀吉。大石義雄まで知られている。しかし後三条天皇なんて日本人でもまず知らない・・・。>4日本の英雄扱いですよ。画像が出てくるからでしょう。相手が相手でしたし。」(5)

(14)「>>5後三条天皇がなぜ海外で有名なんでしょう?」(14)

(20)「(山野野衾 ◆F6mxNHihgE )>14日本史上でも重要だからでしょう。一応誰もが日本史の時間に学んで忘れる方。」(20)

(3)「昭和天皇。」(3)

(6)「野口英世」(6)

(7)「名前が知られているかは分かりませんが、雪舟は切手になってます。」(7)

(8)「(7)ちょっと訂正。雪舟は海外ではじめて切手に描かれた日本人だそうです。」(8)

(9)「(山野野衾 ◆F6mxNHihgE )>7紫式部同様、ユネスコか何かで表彰されていたような。葛飾北斎、清少納言も有名らしいです。「枕草子」はローランサンも読んでいた。」(9)

(10)「東郷平八郎を忘れちゃいかんだろ」(10)

(16)「>>10東郷平八郎はかなり風化されてるらしいもはやトルコやフィンランドでもましてや日本やロシアですらかなり忘れられた存在日本でも教科書は日露戦争で東郷の名前出すほうが珍しいし」(16)

(18)「フィンランドでトウゴウビールはあってもなんで「トウゴウビール」かは知らんらしい」(18)

(11)「世界の歴史学者って日本史上の人物についてどう評価してるんでそうかしょぼ〜い、なんて心のどっかで思ってるのかな」(11)

(13)「>>11特別低くはないでしょ。日本自体がイエローのくせに頑張ったから。」(13)

(12)「新渡戸稲造も。」(12)

(15)「(sexyQ)杉原千畝はどうなんだろう」(15)

(16)「>>15イスラエルしかしらんだろイスラエルでも誰でも知ってるかは疑問」(16)

(17)「トルコ人は山本五十六を知っているらしい。」(17)

(19)「宮崎駿。」(19)

(21)「岡本公三は?」(21)

(22)「( )イチロー、中田、小野、松井」(22)

(23)「ヨーロッパ人のどれだけ「松井」「イチロー」を知ってんだよ(w」(23)

(24)「スポーツ選手はトップクラスなら世界的な知名度はあたりまえ。つまりはそのスポーツ自体が世界的にメジャーかどうか。というか、スポーツ、文化、ノーベル賞などの世界的大会・選考で入賞したっていうのは論点が違うだろ」(24)

(27)「Do you know me? by Mr. Nagashima」(27)

(28)「水星にはムラサキシキブ・クレーターがある。紫式部は世界どころか宇宙的有名人。」(28)

(29)「>28地球人しか知らないと思うぞ・・・」(29)

(30)「(惣流飛鳥蘭昏)ところで「浦島太郎」は世界最古のSF小説なんでしょ?竜宮城=宇宙船で、相対性理論が絡んでいるとか。」(30)

(31)「(山野野衾 ◆F6mxNHihgE )>30類話なら世界中にありますよ。そもそも小説というわけでもない。フランスには仙境に行った騎士が帰ってみると三年の筈が三百年も経っており衝撃のあまり妖精の女性に「教会の鐘が三度鳴るまで落とさないように」と言われていた三つの林檎を落として老人になって死んでしまったという話がある。八百比丘尼の話も面白いですが、これも朝鮮半島に類話があります。SFというのなら文化6年(1809)に成立した石川雅望の「飛騨匠物語」が古い。カラクリ仕掛けで動く蟹や木馬が登場します。もっともカラクリ馬なら「千一夜物語」にも出て来ますが。」(31)

(33)「>山野氏スレ違いぽくなるけど、その辺の話キボン。竹取物語の原型がチベットの「斑竹姑娘」だってことくらいしか知らない。」(33)

(34)「(山野野衾 ◆F6mxNHihgE )>33チベット云々は現在ではほぼ否定されています。逆に日本から(河口師か?)伝えられたという話があるくらいですよ。因みに『竹取物語』には『海道記』、『神道集』、『今昔物語集』などに異伝が書かれていますが中には鶯の卵から生まれたというものもあって面白い。「その辺」というのがどの辺かよく分かりませんが、とりあえず八百比丘尼の話をしてみると室町時代前期には『臥雲日件録』などに京都で見世物になっていたという話があるのでかなり古いらしい。ただ「白比丘尼」という異名を新羅比丘尼の転訛したものだとする説もあるのです。そっくりな話がありますので。」(34)

(35)「>山野氏ゲゲッ!そうなの?>チベット云々たはー、知らなかった世…。その辺、てのはつまり説話の伝播とかそういう話。でもスレ違いだから、「文化の伝播と変容と受容」とかいうスレ立てたほうがいいかも。あと今思い出したけど、トルストイの書いた童話に毛利元就の3本の矢にそっくりな話があったりして、これも原型はインドか中国かどっかかなあ、なんて勝手に想像してますが。」(35)

(42)「(山野野衾 ◆F6mxNHihgE )>>35☆ユダヤの場合☆ロスチャイルド家の祖は、五カ国に分かれて商売をする事となった息子らにそれぞれ矢を折らせた後、五本の矢を示してこう言ったという。「よいか、一本の矢は折れ易いが五本であれば(以下略)。」★モンゴルの場合★遥かな昔、五人の子供らと生活していた未亡人が五本の矢を(以下略)。男女五人のうち一人がチンギス・ハーンの先祖であったという。トルストイの場合、モンゴル方面からのものかも知れませんね。ただモンゴルの話を持ち出して「これぞ三矢の訓え」の起源だという作家が何人か居ましたが感心出来ません。似た話を持ち出すだけではなく、もっと資料を集めて発言するべきです。」(42)

(36)「朝鮮人のプロパガンダを鵜呑みにしてはいけない。世界史に燦然と輝く日本は世界では一等国。みじめな朝鮮人に光は無い(ワラ」(36)

(37)「歴史上の人物はむずかしが、例えば現代人ならアメリカ(ある程度からの知識層?か)で知られた有名な日本人はクロサワ、オザワ、テンノウヒロヒトだけだそうだ。全米の一般人じゃ一部野球ファンのイチロー、マツイ位か?」(37)

(38)「日本仏教美術の起源は韓国 http://japanese.joins.com/html/2003/0424/20030424191440700.html 韓国と日本の仏教遺物が米国社会で大きな話題となっている。 9日からニューヨークジャパンソサエティーギャラリーで開かれている 「神性像の伝来:韓国と日本の初期仏教美術展」(6月22日まで)がその現場だ。 米国で初めて展示された韓日美術品比較展は、 これまで隠されてきた韓日交流史の「陰の部分」を明らかにしている。 よく似た姿の仏像、瓦などを見た「ニューヨークタイムズ」の 美術評論家ホーランド・コッター氏は6日の記事で 「ざっと見渡しただけでも、仏教芸術の発展において韓国の役割が非常に大きく、 日本が隣国から受けた影響は莫大だということが分かる」と書いた。 」(38)

(41)「>>38こりゃまたいやに産経新聞くさい記事だなあって向こうの新聞か。どーりで。漏れがハア?と思ったのはむしろこっちの方。> 韓国から参加したウ・ヒョンス氏は>「日本はこれまで日本仏教文物の伝来と仏教文化の形成において>韓国の影響力と役割を意図的に縮小してきた」とし>「今回の美術展は日本が主張してきた仏教の中国直接伝来説を払しょくし、>北東アジアの仏教伝播における韓国の役割を>世界の学界に新たに認識させる重要な機会になるだろう」と語った。 漏れが中学校のときの教科書にだって日本の仏像と百済の仏像が並べて掲載されてたりしたから、何言ってんの今更って感じ。つうか「大きな影響を受ける」てのと「期限は韓国」てのは激しく違うと思うんだが…。つうか仏教の中国直接伝来説って何だ。そんな説聞いたことねえぞ。日本以外ではそんな説も出回ってるってことか?だとしたらそれは百済の名誉を不当に傷つけることだから、こういう主張をしたがるのもワカランではないが…。」(41)

(39)「結局>>1の言う「世界」って欧米のことでしかないの?」(39)

(40)「世界=中国と半島ですが何か?」(40)

(43)「ソニーの創業者、東條秀樹、ヒロヒトラーくらいか。毛沢東はTIMEの20世紀の100人にも乗ってるのにな。」(43)

(44)「>>433対1じゃん。」(44)

(46)「>43タイムの表紙が「世界で有名な史上の人物」の基準かよ?じゃ、タイム創刊以前にはそういう人物はいないんだな。」(46)

(47)「(山野野衾 ◆F6mxNHihgE )>43ではこれは?http://homepage2.nifty.com/madhatter/katayoku.swf」(47)

(48)「(43)>>46?「TIMEが選ぶ20世紀の偉人100人」という企画ですが?日本人は森田昭雄、中国人は毛沢東だけだったと思う」(48)

(49)「>山野氏あなた、こういうことも出来る人だったのね。」(49)

(50)「>>48だから(ry」(50)

(51)「(43)これだな。ヒトラーも入ってるよhttp://www.time.com/time/time100/」(51)

(52)「>>50もちつけ。タイムいいじゃないか、ひとつの基準として。」(52)

(53)「(43)創刊とか、わけ分からんこと言うなよ。TIMEを一つの指標としないなら何を指標にするの?」(53)

(54)「(山野野衾 ◆F6mxNHihgE )>49そういうことです(笑)。偉人○人といえば英国かドイツの新聞社が挙げた「1000年から2000年までの偉人20人」の中に源頼朝が居ました。一世紀に二人、一位と二位が選ばれる企画で二位でしたが一位は不明。リチャードやバルバロッサだったら納得がいきません。」(54)

(55)「(52)訂正。なんか、1位がプレスリーに見えるのは俺の気のせいか。12位に「アメリカ兵」とかあるような気がするのは幻覚だろうか…?>山野氏頼朝?そりゃジャパーンのオリエンタルサミュライレジームの創始者だからじゃないですか。簡単な概説書だと鎌倉室町江戸全部ごっちゃ混ぜで「サミュライレジームは700年続いた」とか書かれることも珍しくないし。」(55)

(56)「(山野野衾 ◆F6mxNHihgE )>55ええ。ちゃんとそう理由が書かれていました。幕府の歴代将軍は各幕府ごとにはじまっているのではなく頼朝が初代で慶喜が末代と扱われる事があるそうですね。」(56)

(57)「(52)>56ああ、やっぱり。一位はサラディンかなあと予想するのですがどうでしょう。」(57)

(59)「(山野野衾 ◆F6mxNHihgE )>57私もそう考えます。確認のしようがありませんが・・・待てよ、もしかして「チンギス・ハーン」かも。13世紀に回されたかもしれませんが。」(59)

(45)「クロサワアキラ七人のサムライは毛唐にも感銘を与えた」(45)

(61)「人口なら中国・インドで知られてるかだな。」(61)

(63)「寅さん」(63)

(64)「ジンギスカンって源義経なんでしょ?」(64)

(65)「それって半島人っぽい発想で嫌い。」(65)

(66)「(「ど」の字)>>64 そもそも、源義経の首を盛夏に42日も(!)かけて休み休み運んだのが義経生存伝説のおこり。 陸奥や蝦夷には、それらしい伝説が幾つか残っている。 義経北行伝説には、幾つかの真実があったかもしれない。 が、ジンギスカンが義経と同一人物という説は全く無理がある。 義経の騎兵運用は、隘路を利用した迂回戦術(義経は迂回戦術の達人)。 ジンギスカンによって成立したモンゴル騎兵運用は、戦略的改革(モンゴル騎兵は前近代までで最強の兵)。 ジンギスカンは、モンゴルに生まれたとは思えないほど支那の教養を持っていたとは言われるが。 その生涯における言行を見ると、日本人の思想では理解し難いものに溢れている。 敵を皆殺しにし、その女を後宮に繋ぐことこそ悦びという思考形態は、どちらかというと当時の世界標準。 また、馬を消耗品として扱いスペアを揃えておくという考え方は、モンゴル特有のもの。 一頭一頭の馬を後生大事にし、敵を掃滅することをしない、日本的思考を持つ義経との同一視には無理がある。 ちなみに義経=ジンギスカン伝説は、江戸時代の作家による贋作歴史の産物。当時からすでに電波扱い。 それこそ重商主義の海外膨張主義者明智光秀=重農主義の鎖国主義者天海と同じくらいの怪説。」(66)

(67)「さらに言えば、政治オンチの義経は、とうてい、多民族国家を束ねる器じゃない。大陸に渡ったとしても、チンギス・ハーンになるのは無理。」(67)

(68)「 だから、旗印はあってもハーンを名乗れるほどの地位にはいなくて、一族に入れてもらったという程度でしょう。いってたとしても。」(68)

(69)「江戸時代の段階では義経=清朝の遠祖。乾隆帝御筆の歴史書に「朕の姓は源、その祖は清和、故に国を清と号す」云々とあるとの説が一部の学者の間でまことしやかに囁かれたのだとか。」(69)

(70)「箕子が逃げて朝鮮王になったり、水滸伝の好漢がシャム国を乗っ取ったりする悲劇の英雄王族は海を渡って外国の王様になりますたっていうあのパターンのお話だろ。日本だと椿説弓張月か。」(70)

(71)「日本人だと勘違いされている、アジア・アフリカ・中南米をふくむ全世界で知られている有名人なら、ブルース・リー。北アフリカを旅行中、しょっちゅう「ブルース・リー、ブルース・リー」と話しかけられてまいった。素手で白人連中をバッタバッタとやっつけるのが楽しいのでしょう。トルコでタクシーの運転手に「あなたは日本人なら空手をやるね。俺は空手ができないから日本人とは喧嘩をしないようにしてる」と英語で言われたこともある。海外旅行にでかける方は、ブルース・リーの映画を一通り観ておくことをお勧めする。黄色人種のグローバル・スタンダードだからね。その上で、あれは香港人で、ブルース・リーの映画に出てきた何々と比べて、日本の何々はどうこうで」と説明すれば、日本文化をヨリ効率的に理解してもらうことができるでしょう。」(71)

(146)「>>71日本人はリーを香港人と思い、アメリカ人はリーを日本人だと思っている人が多い。解釈の違いもあるが、実際はアメリカ人。本人も私はアメリカ人であると語っている。」(146)

(72)「何か議論が細かいところに行っちゃって、結局誰が有名なのか全然分からない。世界=欧米ってことでもいいから、子供が知ってるような有名人って誰なの。」(72)

(73)「子供でも知ってるとなるといないのではないか。欧米に限定しても思い浮かばない。」(73)

(74)「>>72単に欧米向け有名人ということでいいなら オノ・ヨーコ あたりでは?歴史に残るかどうかは・・・」(74)

(75)「近代に至るまでほとんど孤立した世界の中で欧米とはほとんど接触せずに生きてきた国の人間が欧米人の子供に知られているとはちょっと思えないな。中国・朝鮮人なら豊臣秀吉とか伊藤博文、石原莞爾あたり知ってると思うが。」(75)

(76)「もしかすると、手塚治虫や藤子が有名だったりして。と、言ってみる。」(76)

(81)「>>76それを言うなら宮崎駿だろう。ヨーロッパとアメリカで同じ作品が賞取ったのは彼くらいのもんだ。死後どうなるかは知らんがな。」(81)

(77)「日本史上と言えないかもしれないけど、中曽根、黒澤、坂本は有名じゃないの?日本近代史ということで。あ、でもアメリカだけかな。」(77)

(83)「坂本って誰」(83)

(78)「ピカチューだろ」(78)

(79)「忍者」(79)

(80)「渋沢栄一」(80)

(85)「笹川良一は?WHO本部に胸像が飾られている。ノーベル賞貰わなかったのが不思議な人。何故か日本での評価は最悪極まりないが。」(85)

(86)「( )信長は?ノブナガトーナメントとかいう射撃大会があるって何かで読んだ」(86)

(87)「八木アレイは今でも八木アレイと呼ばれているのでつか?」(87)

(91)「>>87の八木アンテナの情報きぼんぬ」(91)

(88)「1番はダントツで昭和天皇だと思うが・・・。」(88)

(89)「(世界史@名無史さん)外国の百科事典(Lerousseなんか)を引くと、HirohitoとHitlerが同じページに載ってる。」(89)

(92)「『世界に影響を与えた100人』とかいう本を立ち読みしたが、ベスト100に日本人はなし。ベスト200に唯一ランキングされていたのは明治天皇だった。」(92)

(96)「皆さん博識でいらっしゃるがね東条秀樹って誰だね?だれも気がつかなかったんか?」(96)

(97)「ttp://www.shogi.or.jp/taikai/amamei/1990.html過去のアマ名人戦代表者の一人」(97)

(99)「(96)>>97サンクス(W」(99)

(98)「鳥山明」(98)

(101)「(もうもう ◆I1TJG2HVUo )>>98鳥山先生のサインください。」(101)

(100)「(96)ついでに100げっと!」(100)

(102)「(ぼっぱると)「世界から見たニッポン人」という、97年ごろの番組では、黒澤明が総合一位だった。「歴史上」には苦しいか。」(102)

(103)「(ホウライ ◆ozOtJW9BFA )>>93日本についてヒトラーは、イギリスでなく「ドイツ軍人の血は日本、アメリカ、その他との戦いのためにのみ使用されるべき」とも言っています。ただ、敗戦が近づくにつれ日本への好意的言葉も多くなったようです。どちらが正しいということは、ないですが一方的に日本が愛好してもそれに純粋に応えるほど甘い政治家ではないでしょう。」(103)

(106)「電撃ネットワーク(TOKYO SHOCK BOYS)」(106)

(107)「八木アンテナの八木博士も、アンテナの発明者より有名なのは日本だけ。やっぱり湯川秀樹だろ。東洋人で最初にノーベル賞を受賞した。」(107)

(113)「(山犬@ ◆R200HRTAe. )>>107さん東洋人初のノーベル賞受賞者は、インドのタゴールです。」(113)

(151)「>>113横レスだが、インド人を東洋人とはいわんだろ。普通の日本人から見てな。アジア人初とか言ったら突っ込んでもいいかもしれんが、東洋人で始めてなら、間違いではないと思われ。」(151)

(156)「>>151「東洋」という物に実体は無くあえて言えば「西洋=欧米」以外の世界即ち中近東インド内陸アジア極東を指すと高校時代に習ったが。」(156)

(108)「 世界どこでも有名な奴なんていないだろう。」(108)

(110)「(日本@名無史さん)昭和天皇」(110)

(111)「星新一の親父さんは台湾方面で有名人らしい」(111)

(116)「>>111星一は当の日本人が知らないだけ。近代製薬業の父。」(116)

(115)「葛飾北斎は普通に有名。特に美術館賞に興味がある人ならば広重、写楽も含めてほぼ確実に知っているらしい。ちなみに「富岳三十六景 神奈川沖浪裏」は世界で2番目に有名な絵だそうな。ちなみに一位は「モナリザ」。」(115)

(117)「>「富岳三十六景 神奈川沖浪裏」は世界で2番目に有名な絵だそうなしかし、きちんと題名を言える人間は日本人でもほとんどいない。」(117)

(118)「正直、葛飾北斎の良さがわからないなんだあの富士山は」(118)

(119)「「人斬り抜刀斎」が実在していたと勘違いしている外人もいるかもね・・。アメリカのCATVで大人気だったらしいから。斉藤一はいたんだけど、剣心はいなかったんだよと、説明してもわからんだろうなあ。」(119)

(122)「そういえば昭和天皇が亡くなった時にイギリスの新聞が「ヒロヒト!地獄でヒトラーが待ってるぞ!!」という記事で戦前の日本軍の行為と昭和天皇が戦争の責任をとってない事を激しく非難したんだよな。」(122)

(123)「>>122どーせサンかどっかだろ。タブロイド紙なんかその国の世論を代表しちゃいないよ。夕刊フジとかゲンダイとかと一緒。毎日毎日年がら年中「○○(時の首相の名を入れよ)はインチキ」「この国はお先真っ暗」とか、そんなんばっかし。」(123)

(124)「>>122http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h11_2/jog116.htmlこういうのを読むと・・・。」(124)

(126)「>>122サンだったよ」(126)

(127)「なんだサンか。大衆紙じゃん。」(127)

(128)「イギリスの大衆紙なんて、日本のゴミ週刊誌も真っ青のDQN振りだからな。レベル的には世界最低だろ。まさに、イギリス叩きの連中にとってはコピペ元としての聖典だ。アメリカには、あそこまでひどいのはあまりないよな。イギリスっちゅうのは不思議な国だ。」(128)

(129)「( )ヨーロッパの新聞はキオスク売り(新聞配達システムは無い)だから、すみわけができてるよ。エリートが読む新聞と、労働者が読む新聞は違うし、右、左、保守、推進、色々あるんじゃないの?」(129)

(125)「>>1誰も東条秀樹には突っ込まんのか?東條英機だろ?」(125)

(130)「ヒトラー、ムッソリーニに併記されるのはヒロヒト?ヒデキ?」(130)

(131)「トージョーは在任期間もそんなに長くなかったし、「皇帝」というイメージのあるヒロヒトの方が前記のふたりに負けないインパクトがあるから昭和天皇でしょう。」(131)

(132)「ジョン万次郎」(132)

(133)「麻原焼香」(133)

(134)「テルアビブ乱射事件の岡本公三などもその手の筋では「画期的なことをした人物」として有名な日本人らしい。自爆的(実行の後の生還を計画に入れない)なテロリズムをはじめて実行したとして。」(134)

(136)「自爆」(136)

(137)「ドクター中松だろ」(137)

(138)「中野浩一」(138)

(139)「日本で子供でも知ってるフランス人はノストラダムスかも。(フランス人が知ったら、イヤな顔をするかな) 」(139)

(140)「ジダンかナポレオンかオスカルだろ」(140)

(141)「(一般人)フランス ナポレオンドイツ   ヒトラーイギリス エリザベス女王アメリカ ワシントンかリンカーン イタリア ダビンチロシア  レーニン中国   毛沢東日本   ?」(141)

(143)「新聞もほとんど読まないうちのおかんは・・・フランス ミッテラン(ナポレオンはどこの国の人か知らないそうだ) ドイツ   ヒトラー イギリス ビートルズ! アメリカ ブッシュイタリア 知らんわ(ダビンチやガリレイは知っていたが、どこの人かは            知らないそうだ)ロシア  ゴルバチョフ中国   陳健一!(日本生まれだと言うと、「じゃ毛沢東」とのこと)世界で有名な日本人は?  緒方貞子(ワイドショー情報らしい)」(143)

(153)「>>143けど女性は概してそんな感じだよね。」(153)

(144)「>>139日本では子供でも知っていて、フランスで無名なフランス人はファーブル。フランスでは大きな人名辞典に数行載っている程度の存在。」(144)

(145)「フランス ベクレルドイツ アインシュタインイギリス ニュートンアメリカ ホーキングイタリア ガリレオロシア メンデレーエフ中国 ?日本 湯川秀樹」(145)

(157)「>>145中国 郭守敬  はどうよ?」(157)

(142)「石野卓球」(142)

(147)「新庄剛志」(147)

(150)「(三島由紀夫)大東亜戦争を語るー 三島「文明開化の敗北が、大東亜戦争の敗北なんじゃないですか。僕は大 東亜戦争の前、支那事変までの国家主義運動と大東亜戦争と、どうしても 頭のなかでいっしょにならない。」 彼のHARAKIRIは世界的に有名だろ。」(150)

(152)「中川順庵はツンベリーの本に「日本で一番偉大な学者」て載ってるけどいかがしたもんか」(152)

(154)「ケネディじゃなくても上杉鷹山は海外で著名なのでしょうか?」(154)

(155)「室伏」(155)

(158)「(日本@名無史さん)クロサワ」(158)

(159)「オノヨーコとか。」(159)

(160)「「オノヨーコ」とは良く言われるところだね。オランダリーグの小野信二も「ヨーコ」と呼ばれたとか。イタリアでは間違いなく中田英寿。意外なところでは、吉本ばななも有名。」(160)

(161)「東欧は坂本龍一が何故か有名・・・」(161)

(162)「よしもとばなな、村上春樹は小説家としては有名だと思う。ヨーロッパ、特にフランス人は小津安二郎好きがやたら多い。オマージュ作品撮る監督もいるくらいだし、何かっつーとオヅオヅ言い出す映画関係者は山のようにいる。」(162)

(163)「マス大山って、本当に有名だったのか」(163)

(165)「>>163ウリが言うから本当ニダ」(165)

(164)「マコ岩松 」(164)

(166)「岩本徹三は結構有名。」(166)

Last modified:2004/11/20 12:11:36
Keyword(s):
References: