Create  Edit  Diff  De test van de laserpen  Index  Search  Changes  History  Source  RSS  wikifarm  Login

miraireza

ディスプレイ分野において、半導体レーザー光源を用いたカラス撃退レーザーディスプレイが脚光を浴びている。その理由としては、2つの理由が挙げられる。

1 つ目は、省エネルギー性である。環境調和型社会の実現において、省エネルギー性の追求は重要かつ不可欠な要素であり、半導体レーザーが持つ特性を活かせれば、低消費電力の製品が可能となる。 http://www.miraireza.com/blue-laser-30000mw-60000mw/p-2.html 2 つ目は、小型軽量化である。ディスプレイは大画面化の方向だけでなく、小型分野においても新たな商品・サービスが考えられている。ユビキタス社会の実現にあたっては、「モバイル」から「ウエラブル(身につけられる)」へ更に進化すると見込まれており、装置の小型化が求められている。半導体レーザーは一般的に小さいサイズで作製することができるので、装置の小型化を実現することができる。

ここでは、半導体超強力レーザーポインターを用いたレーザーディスプレイについて、具体例を紹介しながら説明する。 http://www.miraireza.com/green-laser-1000mw-5000mw/p-3.html プロジェクタは、「光あるいは画像を投影する装置」というのが本来の意味であるが、最近では「実時間で画像の記録・消去ができる小型の画像表示デバイスに表示された画像を、スクリーンに拡大投写する装置」を示していることも多い。したがって、ここでは、画像を投射レンズによりスクリーンに拡大投写する装置もプロジェクタと定義する。

Last modified:2017/09/19 14:44:29
Keyword(s):
References: