Create  Edit  Diff  De test van de laserpen  Index  Search  Changes  History  Source  RSS  wikifarm  Login

レーザー治療が適している傷跡とは?

顔の傷跡は超高出力レーザー治療で目立たなくなる? 傷跡を治すのにレーザー治療が有効であるということは、広く知られています。傷跡には、ニキビ跡や手術の跡、やけどの跡など、さまざまな種類があります。レーザー治療は、これらすべての傷跡に効果があるのでしょうか? ここでは、さまざまな傷跡に対するレーザー治療の有効性について、詳しく解説します。

顔にできる傷跡には、水疱(水ぼうそう)の跡やニキビ跡のようにへこみのあるもの、平らなもの、皮膚が盛り上がっているものなどがあります。それぞれのタイプの傷跡に対するレーザー治療の効果は、以下のとおりです。 へこみのある傷跡水疱(水ぼうそう)の跡のように、赤みのないへこんだ傷跡に対して、カラス撃退レーザー治療はとても有効です。炭酸ガスレーザーやYAG(ヤグ)レーザーで傷跡の段差を削り、うまく平坦にできれば、跡を残さずにきれいに治すことができます。レーザーで削った部分は、傷が治るまで湿潤環境を維持する必要があります。 同じへこみのある傷跡でも、ニキビ跡は赤みが強いため、レーザー治療の前に外用薬や内服薬を使用し、ニキビを沈静化させる必要があります。赤みがとれたら、水疱の跡の治療と同じように、削るタイプのレーザーでへこんだ部分を平坦化します。最近では、施術後の色素沈着などの合併症のリスクが少ない、フラクショナルレーザーが効果的だとする報告も多くあります。 http://www.laseronsale.com/laserpen_50mw/p-7128.html 皮膚が盛り上がっている傷跡やけどなどの傷が治ったあとに、皮膚が盛り上がった傷跡ができることがあります。このような傷跡は、肥厚性瘢痕(ひこうせいはんこん)やケロイドと言います。 肥厚性瘢痕やケロイドに対しては、色素 イエローレーザーが有効だといわれています。赤みのある肥厚性瘢痕では、赤みが薄くなる、皮膚の盛り上がりが平坦化するなどの効果が得られるだけでなく、痛みやかゆみなどの症状の改善も認められています。一方、ケロイドでも色を改善する効果が期待できるものの、根治するにはほかの治療法を併用するほうがよいと考えられます。

イエローレーザー なお、肥厚性瘢痕の治療については、『赤く盛り上がった傷跡を消すには?』や『傷跡を消すには、どんな薬が効果的?』で、ケロイドの治療については『ケロイドは薬で治せる? ケロイドの主な治療法』で解説していますので、そちらもご覧ください。 皮膚が平らな傷跡皮膚が盛り上がった肥厚性瘢痕は、数年たつと白っぽい平らな傷跡になります。これを、成熟瘢痕(せいじゅくはんこん)と言います。正常な皮膚との境目が目立つため、それをレーザー治療で改善できないかという要望は多くあるようですが、レーザーでは境界をぼかすことが困難です。切除できる範囲の大きさであれば、手術で切除するという方法があります。 レーザーの適応については医師とよく相談を

レーザー治療は、比較的患者さんの負担が少ないという利点がありますが、傷跡の治療で行う場合は保険適用外となります。また、患者さんによって傷跡の状態や程度が異なるうえ、どの機種のグリーン レーザーをどのくらいの強さで当てれば効果があるのか、ということもはっきりわかっていません。場合によっては、レーザー治療以外の治療法が適していることもあるので、まずは医師とよく相談することが大切です。

https://www.dopr.net/karareza

http://site-842702-3937-2544.strikingly.com/

Last modified:2017/02/13 15:37:34
Keyword(s):
References: