Create  Edit  Diff  De test van de laserpen  Index  Search  Changes  History  Source  RSS  wikifarm  Login

WEBマーケティング Wiki - 女性ドール Diff

  • Added parts are displayed like this.
  • Deleted parts are displayed like this.

家は週末に私たちのものでした。私の汚れた友人2人は、それを最大限に活用しようとしていました。彼らは私よりも数年も歳月が長く、「未成年処女を保護する」レトリックで執拗だった。私が正式に合法になったので、私は現場で最高入札者に私を売りたいという印象を得ました。ジェシカは彼女が私の後ろに来て、私の胸をつかんだように言った。リアルドールが持っていたのは、ほんの一握りのブラウスでした。私は生まれた日と同じくらい平らだった。しかし、私はできる限り最善を尽くしてプレーしました。
https://www.rabudoll.com/
"誰に公正ゲーム?"私は言った。 「私は8年生以降のデートはなかったし、あなたとサラが「V」と「D」について私に嘘をついていない限り、私は自分自身を誰のためのゲームとして見ていない」。「ああ、ファーンに注意してください」サラは「革製ストラップと大きな太いラバーエンドで物を売っているので、急いで「D」の不足を変える可能性があることを知っている。私は1つのために、常にそれを試そうと誘惑されてきました。 "これは今質問するのが良い質問だと思う"とジェシカは言った。 「あなたは伝統主義者ですか、誰とでも楽しいと思いますか?」"何?あなたはセックスをする女の子を見つけるような意味ですか? "私は言った。 「私は自分自身でやり方を知っているだけでも、他人と何をするのかわからない。 "まあ、あなたはいつかやる必要がある!"ジェシカは言った。 "そして、女の子は友好的で、あなたを助けるだろう。少年はちょうど彼をするでしょう。その後、彼は誰もが巨大な王様の寝室だったと伝えます。それが私の初めてのことでした。彼は文字通り18の推力を行った。私は数えました。"
https://www.rabudoll.com/big-breast-love-doll.html
私は台所のテーブルで私の椅子から起き上がり、誕生日のケーキを切断し始めました。セックスは確かに私の心の上にあった。私はそれが欲しかった。悪い。私はちょうど "それが"まだ何かを本当に知りませんでした。"私はあなたに2つの大きなスキームがあり、私を寝かせてくれることが分かっていますが、それほど気にしません。私は無視されることに慣れていたので、なぜ誕生日のために突然変化するのだろうか」。"ああ、あなたは全く気にしないよ、そう?それを試してみましょう "とJessicaは楽しい笑顔で言った。彼女は両手で彼女のブラウスをつかみ、ヤンクを与えた。巨乳リアルドールのシャツを握ったスナップの半分が大きな連続でポップアップし、巨大な裂け目が広がった。
https://www.rabudoll.com/female-doll-03601.html
私は、私が手に入れようとしていたすべてのおっぱいと、私のようなItty-Bitty-Tittyクラブに閉じ込められた6人の女の子のおっぱいがJessicaに行っていたことをかなり確信していました。彼らは確かに魅了されていた。しかし、私は少しひっくり返して、代わりに私のケーキに集中しようとしました。ジェシカは私の目を開いて自分のケーキを持ち上げた。"おっと、愚かな私"と彼女は言って、紙のプレートをひっくり返した。新鮮な霜のケーキの大きな部分は、彼女の胸の上に広場に着いた。それはテーブルに落ちたときに粘着性の白い砂糖の大きな汚れを残しました。彼女は指を女性ドールの裂け目の下で走らせ、長く伸ばした舌で霜付けを舐めた。
私は本当に見たいと思っていたが、私は目を止めてナプキンを彼女に投げつけた。 "あなたはそれをしっかりしているようにするつもりだ"と私は言った。サラは笑った。 "お前はジェスを閉鎖した。しかし、それがどんな慰めであれば、あなたは私に少しずつ行きます。多分、Fawnは男の子だけです。あるいは、私たちはあなたの飛行船よりも少しだけ創造的でなければなりません。
https://www.rabudoll.com/tpe-lovedoll-05901.html
サラは、ストリングビキニよりもTPEラブドールの小さなお尻のほうが少ないまで、彼女のタイトなチアショートを巻いた。光が猫のように、彼女はキッチンテーブルに上がった。彼女の小さなフレームはほとんどすべての4つの私の上にクロールアップとしてテーブルを移動させた。彼女は私の鼻に少しキスをして、周りを振り返って彼女の背中を完全に分割した。小さな体操選手が橋の中に突っ込んで、私の顔から彼女のかろうじて覆われた猫のインチを押す。彼女のショートパンツの滑らかな布は、下にあったものの形を隠さなかった。私は彼女のクリートのぶつかりを見ることさえできると誓った。