!第 N tDiary.Net の作り方
とりあえず以下のものは必要でしょう。
*それなりに速い回線: ADSL 8M くらいは欲しいところ。光なら最高。DNS 登録の関係で、固定 IP アドレスは必須
*それなりに速いマシン: CPU は IA32 系で 1GHz あれば余裕だけど、PenIII 500MHz くらいでも可。メモリは多いほどいい、できれば512MB 以上
*Ruby の読み書き能力。なくてもどうにかなるけど、あったほうが問題が起きたときに自力で対処できて吉。ただし調子に乗っていろんな実験をしまくって利用者に迷惑をかけたりしないように。:)
*[[隊長|http://sho.tdiary.net/]]からの信頼 (これが重要)

準備できましたか? では隊長とコンタクトをとりながら、以下のような流れで設定しましょう。

* アンテナ連携に必要な、Zebedee を導入
* 全文検索に必要な、Namazu (日本語用辞書も忘れずに!) を導入
* disp_referrer プラグインがより快適に使えるように[[ruby-nora|http://rwiki.moonwolf.com/rw-cgi.cgi?cmd=view;name=Nora]] と [[ruby-uconv|http://www.yoshidam.net/Ruby.html]] を導入
*tdiary ユーザアカウントを作って、隊長の ssh 公開鍵を置く
*/etc/httpd/conf/httpd.conf に以下を追加
 Include /home/tdiary/httpd.conf
*/etc/sudoers に以下を追加(その前にsudoを入れるのを忘れずに)
 tdiary ALL=(apache) NOPASSWD: ALL, (root) NOPASSWD: /usr/bin/killall -HUP httpd,/etc/init.d/httpd

あとは、気が付いたら第 N tDiary.Net になっています。:p

! ディレクトリ構造
説明の末尾に「(a)」がついているのは、owner が apache や www-data などの httpd 実行ユーザになっていて、CGI 経由で書き込みができるディレクトリ。それ以外の owner は tdiary。

 /home/tdiary/
    +-- amazon/       改造版 amazon.rb のキャッシュ(a)
    +-- antenna/      HEAD アクセスの高速化キャッシュ(a)
    +-- bin/          共通コマンド
    +-- data/         日記データ(a)
    +-- html/         namazu 検索用静的 HTML(a)
    +-- namazu/       namazu インデックス
    +-- public_html/  共有ファイル
    +-- tdiary/       tDiary 関連ファイル
          +-- core/            CVS 版 tDiary 本体
          +-- namazu/          Namazu のテンプレート
          +-- plugin/          CVS 版プラグイン集
          +-- plugin.default/  実際に使うプラグインを集めるところ
          +-- theme/           CVS 版テーマ集
    +-- rdf/          各ユーザ用 RDF(a) 
    +-- tmp/
    +-- users/        各ユーザ用 CGI
    +-- var/
          +-- log/             Zebedee のログファイル