Create  Edit  Diff  FrontPage  Index  Search  Changes  History  Source  RSS  wikifarm  Login

ruby-newtメモ - Entry Diff

  • Added parts are displayed like this.
  • Deleted parts are displayed like this.

!Entry

!!Newt::Entry#new(left,top,initialValue,width,flags)
画面の左からleft、上からtop、初期値initialValueでEntryBoxを作ります。

幅widthは、flagによって意味が違います。

!!!ENTRY_SCROLL
widthより長い入力を許可します。このフラグが指定されて無い場合は、入力はwidthに制限されます。

!!!FLAG_HIDDEN
EntryBoxに入力された文字を表示しません。パスワードフィールドに使います。

!!!FLAG_RETURNEXIT
Entry内部でEnterを押すと、Form実行を停止します。ユーザに対してショートカットを提供します。


!!Newt::Entry#Set(value,cursorAtEnd)
EntryBoxが作られた後に値をvalueにセットします。

!!!cursorAtEnd = 0
現在の位置のまま

!!!cursorAtEnd <> 0
新しい値の最後の位置に移動

!!Newt::Entry#GetValue
EntryBoxの内容を得る。FormがDestroyによって破壊される前に値を得る方がよい。


!!Newt::Entry#SetFlags



!!Newt::Entry#SetFilter
(未実装)
EntryBoxへ入力できる文字列のフィルタを設定する。

!サンプルプログラム
#!/usr/bin/env ruby

require 'newt'

Newt::init
Newt::cls

Newt::openWindow(10, 5, 40, 8, "Entry and Label Sample")

label = Newt::Label.new(1, 1, "Enter a string")
entry = Newt::Entry.new(16, 1, "sample" , 20, Newt::FLAG_SCROLL | Newt::FLAG_RETURNEXIT)
button = Newt::Button.new(17, 3, "Ok")
form = Newt::Form.new(nil,nil,0)
form.AddComponents(label,entry,button)

form.Run
entryValue = entry.GetValue
Newt::finished

printf("Final string was: %s\n", entryValue)