Create  Edit  Diff  トップページ  Index  Search  Changes  History  Source  RSS  wikifarm  Login

(ss)496

作品情報

作者17-43氏初出070215
題名無題

 ……と、言う訳で。たまにはあの二人から離れ、朝倉と二人だけで遊ぼうと街へ誘い出して見た。
「何処に行くの」
 そうだな……この手に似合う、キラキラと光り輝くモノが沢山ある場所なんてどうだ。
「え、それってもしかして……」

「「ナイフショップ」」

「あは、息ぴったり」
 そんな店でピッタリ合うのもどうかと思うがな。
 と言うか、もっと一般人っぽくアクセサリーとかにも興味を持ったらどうなんだ?
「忘れてない? わたしたちインターフェースはゴールドでもジュエリーでも簡単に創り出せるのよ」
 そう言えばそうだったな。って、なら何でナイフは創らないんだ?
「鉄や簡単な刃物は構成できるわよ。でも洗練された刃はどうやっても無理。
 あなたたち人間はあまり深く考えずに創り出してるみたいだけど、あの刃の構成は正直に言って何よりも神秘よ。人の生み出す奇跡の産物と言っても良いわね」
 良く判らんがそんなモノなのかね? ……そうだ。
「朝倉。お前、本物の日本刀って見た事あるか?」
「日本刀って、時代劇でちゃんちゃんバラバラしてるあのすぐに折れそうな片刃剣?」
 なるほど。こんな感想を言うって事は、こいつ本物は見た事ないな。
 よし、今日は予定を変更して美術館だ。ちょうど近辺で名刀展をやってる場所があるんだよ。
「えー、ナイフじゃないの?」
 わかった、わかった。日本刀見てまだ不服だったらその足で連れて行ってやるさ。
「それなら良いかな。じゃ行こっ」


「……キョンくん……あの『せいしゅう』って入口の売店でも売ってる?」
 刀を入口で売る美術館は何処にも無いなぁ。あと正宗は『せいしゅう』じゃなくて『まさむね』な。
「正宗……いいなぁ、正宗……欲しいなぁ……持って見たいなぁ……アレでキョンくん刺したいなぁ……」
 ……最後の物騒な部分は聞かなかった事にしておこう。

 どうだ、今日は楽しかったか?
「うん! ……またキョンくんと見に来たいな」
 また、な。それじゃ帰るか。あの二人がきっと待ってるぜ。
「そうね。じゃ、帰ろ」


『……朝倉さんに何を吹き込んだんですか!? 帰ってきてからずっと正宗、正宗って暴走していてもう大変なんですよっ!!』
『……落ち着いて』
『落ち着けないわよ! 長門さんは自分が未読の名作の存在を知ったら落ち着ける!?』
『無理』
『TFEI怪盗団出撃よーっ!!』

 ……あー、正直すまなかった。

Last modified:2007/02/16 00:32:55
Keyword(s):
References:[旧作一覧その5]