Create  Edit  Diff  トップページ  Index  Search  Changes  History  Source  RSS  wikifarm  Login

(ss)408

作品情報

作者15-463氏初出070126
題名無題

(15-438)

情報統合思念体「キョン君(の行動)を視察してきなさい」
朝倉さん「わかった、キョン君を刺殺してくる」

そして、あの事件が起こった


私は今、お父様に怒られていた。
どうやら私の独断行動が他の情報統合思念体の間で問題となったらしい。
私はお父様の言うことを忠実に行ったのに。

急「一体どうしたんだ涼子!あんなアクションを起こすなんて!
  他の派閥からパパ怒られちゃったよ!」
何だかあまり怒られてる感じがしないわ。
自分でパパというのはもうそろそろ止めてくれないかしら。
急「パパに理由を話してごらん。
  他の派閥には上手くごまかしておくから。」
理由と言われても。
私はお父様の命令に従っただけ。
だからここは正直に言っておく。
涼「お父様にキョン君を刺殺してきなさいと言われたから・・・」
急「確かに私は視察してきなさいと言ったが、
  キョン君を殺すとは言ってないぞ」
お父様、刺殺してきなさいときて殺すとは言ってないって、
それはおかしいわ。
矛盾してるじゃない。
涼「お父様、言ってることに矛盾がないかしら」
急「何を言ってるんだ、私は間違ったことはいってな・・・
  ・・・・ん?」
急にお父様が考え込んだ。
やはり自分が間違ってると思い直したんだわ。
急「涼子、ちょっとこの紙に「視察」って書いてみなさい」
?何を言い出すのかしら、お父様は。
そんな疑問を感じたものの、私は躊躇いなく「刺殺」と書いた。
急「やっぱりか・・・・」
何がやっぱりなの。
急「涼子、私が言いたかったのはこっちの「視察」だ」
・・・・・・・うっかりしてたわ。

急「(涼子には今度平和主義の本を買い与えよう・・・)」

Last modified:2007/02/12 20:38:12
Keyword(s):
References:[旧作一覧その5]