Create  Edit  Diff  FrontPage  Index  Search  Changes  History  Source  RSS  Note  wikifarm  Login

Rails' Wiki - RailsMeetingKansai-0006 Diff

  • Added parts are displayed like this.
  • Deleted parts are displayed like this.

! 第 6 回 [[RailsMeetingKansai]](運営:[[Ruby 関西|http://jp.rubyist.net/?RubyKansai]])

!! 勉強会
:日時:2007 年 1 月 20 日 (土) 13:00〜17:00
:場所:[[神戸電子専門学校|http://www.kobedenshi.ac.jp/]] (三宮駅北 徒歩 約10分)
:費用:学生の方 500円・社会人の方 1000円(予定:講師の交通費、配布物の印刷代等の実費負担です)
::神戸電子さんのご協力で無料でお借りできました。
:定員:55名!(40 名から18日におおきな教室に変更して頂けました。感謝)
* ネット接続にはケーブル持参必須!


!! 懇親会
:日時:2007 年 1 月 20 日 (土) 夜
:場所:[[ダイニングレストラン KING OF DINING O-Ja|http://r.gnavi.co.jp/k890300/]]
:会費:およそ社会人:学生 = 2:1 の比率でご負担ください。
:締切:2007 年 1 月 19 日 (金) 17:00 まで

!! 勉強会のお題

!!! 「Rails 初心者レッスン第 3 回 − Rails で古式ゆかしきBBSを作ってみよう。」by なんきさん
:発表資料:{{attach_anchor('rails_lesson_6.pdf')}}
:発展課題:[[解答例|http://blog.netswitch.jp/articles/2007/01/22/rails-kansai-6-answer]]
!!! 「RailsでXML-DBにチャレンジ」by モバイル通信兵さん
:発表資料:{{attach_anchor('ATT00093.pdf')}}
!!! 「Rubyist SNS の実装について」by かずひこさん
:発表資料:{{attach_anchor('rubyist_sns.pdf')}}
!!! 「rails tips」by 氏久さん
:発表資料:{{attach_anchor('rails_tips_for_print_ujihisa_2006-01-20.ppt')}} (M+2VM+IPAG-circle.ttfというフォントを使っています)
:Just in Time on Rails:http://jitor.net/
!!! 「やさしいRailsの育て方(仮題)」by 西和則さん
:発表資料:http://wota.jp/ac/?date=20070120#p01

// !! メーリングリスト
// Ruby関西のメーリングリストに参加するには、
//
//  To: learn-ruby-in-kansai@ruby.ml.fdiary.net
//  Cc: babie.tanaka_AT_gmail.com (_AT_ は @ に変換してください)
//  本文: 一言あいさつ等。(メーリングリスト・システムの仕様により、本文がないと参加登録できません)
//
// としてメールを送信して下さい。

// !! イベント参加用SNS
// 勉強会への参加の具体的なエントリーはイベント参加用のSNSで登録していただく必要があります。
// 今回は人数が限られてますのでお早めに!
//
// http://jp.rubyist.net/sns/
//
// 詳しい手順が次のリンクにあります
//
// http://www.fdiary.net/ml/learn-ruby-in-kansai/msg/1443

!! レポート

!!! 「Rails 初心者レッスン第 3 回 − Rails で古式ゆかしきBBSを作ってみよう。」by なんきさん (レポート : アサ)

*Rails入門者(※初心者ですらない)の感想です。

*ログ取る奴が言うのもどうかと思いますが、やった事は資料を見た方がはるかに分かりやすいと思います。
**Helperメソッドとか、名前しか知らなかったのでこれ見ながら使ってみます。

*開始して早々に落ちこぼれた私は、勉強会の後で資料を見ているのですが、それでも充分進められそうな作りです。
**会場でもそれぞれの習熟度に合わせて進めているようでした。
**色々な人が集まる勉強会では個人のスキルにも差がありますし、TAの方もその全部をフォローすることは不可能だと思うので、こんな感じに進められるレッスンがあると嬉しいなーと思いました。

*それから、こういう実習(?)系のお話は、「事前にここまで用意しとくといいよ」みたいな下ごしらえをあらかじめ出しておくと(RubyistSNSあたりにトピック立てるとか、どうでしょうか。質問もそこで受付とか。そっちのがめんどくさいかな)、あんまり本筋と関係ないとこでつまづいたりせずに楽しく遊べるかもしれない→初心者の人も定着しやすいかも。と思います。
**かえって敷居が高くなったりするでしょうか。
***というか発表者の方の負担が大きくなるような。

!!! 「RailsでXML-DBにチャレンジ」by モバイル通信兵さん (レポート:cuzic)
* 自己紹介
* XML とは
** 用途
*** ワープロ、ドキュメントの保存形式
*** 企業間のデータ交換の形式
*** コンピュータ間の連携
** 利点
*** ツリー形式の構造化データを文字列のみで表現できる。
*** 自己記述型で構造が理解しやすい
**** タグを見ると内容が分かる
*** 構造が変化しても柔軟に対応できる。
**** alter table 等のスキーマに対する作業が不要
* カクテルの場合の XML-DB の例
* XML-DB とは
** 特徴
*** XPath 、XQuery で検索できるものが主流になりつつある。
** XML-DB の利点
*** XQuery を利用した効率的な検索
*** インデックスで高速な検索
** XML-DB の種類
*** ネイティブデータベース TX-1
*** リレーショナルDBMS から派生した DBMS (ex. Oracle DB-2)
* サンプルアプリケーションの環境
** Ruby on Rails
** DB2 on Rails
** DB2 V9.1 Express-C (XML-DB)
* 使用するソフトウエア
** DB2 V9.1 Express-C
*** 開発者、パートナー、ユーザが無償で評価・開発・使用できる
DB2 のエディション。
** DB2 on Rails
** REXML
* ここで、PPT はいったん終了。しばらくサンプルアプリの説明
* COCKTAIL の一覧とそのレシピを表示するアプリケーション
** 単純な scaffold の場合
*** recipe という列の中にXML データが保存される
* テーブルレイアウト
** 「t.column "recipe", :xml」  <= 列の属性を "xml"で定義可能
* カクテルリストアプリケーション
** 概要
*** カクテルの番号と名前を表示
** コード
*** find_by_sql 命令で、"xquery "文を利用している。
*** カクテルレシピを照会する XQUERY 文を記述
** レシピ詳細画面
*** 要素の場合に引数にセット
*** WHERE 条件で要素の番号を検索
select * from cocktails
where xmlexists('$r/Recipe[@number="?"]'
   passing COCKTAILS.RECIPE as "r")
** 材料別カクテルリスト
*** 材料の名前を変数にセット
*** 材料の名前のアイウエオ順で表示
** ここで質問。VIEW のコードを見てみたい。
* XML スキーマ
** XML スキーマとは
*** XML 文書に対して、ルールを決めることができる。
*** そのルール(= スキーマ) を検証することができる。
** 検証
*** レコードがXML スキーマに準拠していれば、レコードを返し
*** 準拠していなければ、レコードを返さない
* まとめ
** Rails で XML-DB を扱うには RDB と XML との両方が処理できる
** ハイブリッドデータベースが使いやすい
** パース等の処理を REXML で行うか、 DB2 で行うかが検討事項
* 質疑応答
** 速度はどうなんですか?
*** 遅ければ、インデックスをつけるなどの DB チューニングで対応する。
** モデルはどうなるんですか?
*** リレーショナルデータベース用と同じものが使える
*** update/insert では自分でXMLを構築して、レコードを作成し、保存する

!!! 「Rubyist SNS の実装について」 by かずひこさん (レポート:okkez)

内容の詳細は、かずひこさんの資料を参照した方がまとまっていてわかりやすいです。
ここではokkezの感想などを中心に書きます。

* 日記の表現力をゆたかにしたい
** 複数記法を選択できるようにするらしいです。(mixi風のとHikiDoc風のらしい)
* プログラムのアップロードもできるようにしたい
** 色分けもできるといいな。
* ついでにソーシャルブックマークを組み込む
* アカウントを持ってない人もとりあえず見るだけはできるように
** これは今の段階でほぼ実現できてるみたいです。
** 既存のSNSの不満としては、アカウントが無いと何もできない点なので、アカウント無しでも見られるようになっていれば、雰囲気を見てから参加を決めることもできますね。
* コミットしてるのは二人だけ
** ほとんどかずひこさん、イベント回りをなんきさん。
* 現在のところ、デザインはまったく無い
** たしかに真っ白でした。どんなデザインになるんだろう。
* 求人
** あとで聞いたらコミット権を持ってるのは4人位らしいです。
** 余談ですが、okkezもアカウントは頂いています。

まだ開発は始まったばかりなので、これからどうなっていくのか非常に楽しみです。

!!! 「rails tips」by 氏久さん (レポート : youhei)

*Rails開発初心者向け、ハマりどころ回避方法&事例紹介
**短時間で内容盛り沢山

*HTML入力エスケープ
** ERB::Util#h で必ずエスケープ
***毎回 h を書くのは美しくないので autoescapeプラグインで回避
**エスケープ漏れを防ぐのは重要ですよね。ただ、このプラグインを使えるプロジェクトと使えないプロジェクトを同時並行開発とかする事になったら混乱してしまうかもしれませんね

*CSS/JSでの画像指定
**相対パス指定時に問題が…。
***解決策1:CSS用にViewを作成してERbで対応
***解決策2:Relative Pathプラグインを使って置換
***解決策3:javascriptで対応
**きれいな解決策はまだ無い

*振舞駆動開発(Behaviour Driven Development)
**TDDは小学生まで
**TDDより仕様に近い語彙を使って開発をすることが出来る
***assertではなくshould

*デプロイ(配置)
**早めのCapistrano
**デプロイするまでの道のりが面倒くさい
**作成したRailsアプリを気軽に公開!というわけにはいかない
***Just in Time on Rails:http://jitor.net/
****圧縮してアップロードするだけで公開できる
****悪用厳禁
**自分でサーバを借りて設定して云々、というのは、人によっては手間だと思います。なので自分の作ったアプリケーションをちょっとばかし公開してみる、というのが出来るのは良いですね

*事例紹介:Hightube
**Railsで開発し、実際に運用されているアプリケーションのご紹介

!! コメント
{{comment}}

!! 反応リンク集
// {{trackback}}

* trackback : [[[RoR][JPLife] 6th Kansai Rails meeting in Kobe (ZHlog)|http://d.hatena.ne.jp/zhesto/20070124/1169625087]] (2007-01-24 (Wed) 18:12:49)
"" After small timeout I found a time to put some notes for the last Rails meeting in Kobe. Sometimes StikiPad is down (specially when i need my notes ;) ), so like a work around will try to duplicate..

* trackback : [[Rails勉強会@関西 第6回に行ってきました (AUSGANG SOFT)|http://a-h.parfe.jp/einfach/archives/2007/0123200607.html]] (2007-01-23 (Tue) 20:08:17)
""先週の土曜日に神戸で行われたRails勉強会 に参加してきました。 Railsに...

* http://wota.jp/ac/?date=20070120#p01
* http://bangbangshoot.sakura.ne.jp/tdiary/?date=20070120#p01
* http://blog.netswitch.jp/articles/2007/01/22/
* trackback : [[【Rails関西】Rails屋からデータモデリングに対する回答 (プログラマの思索)|http://forza.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/railsrails_01fe.html]] (2007-01-23 (Tue) 00:35:20)
""1/20に開かれた第6回RubyOnRails関西へ行ってきた。 場所は神戸電子

* trackback : [[Rails勉強会@関西第6回 (ふぇみにん日記)|http://kazuhiko.tdiary.net/20070120.html#p01]] (2007-01-21 (Sun) 22:51:30)
""http://www.fdiary.net/dev/sns/ で開発を進めているRubyist SNSを題材に、Railsのアプリケーション開発のいろんな話題とか、複数の開発者のチームでオープンソースを開発する様子とかのお話をしました。

* http://jp.rubyist.net/sns/?m=pc&a=page_fh_diary&target_c_diary_id=406
* http://jp.rubyist.net/sns/?m=pc&a=page_fh_diary&target_c_diary_id=405
* http://blogs.yahoo.co.jp/tikenaga/11815070.html

// !! 持ってきてほしいもの
// * ノート PC(あれば)
// * 名札(あれば)
// * ケーブルタップ。二股等。(電源コンセントは大量に足りないと予想されるので、多めに持ってきてください)
// * USBメモリ(あれば)
// * ネット接続にはケーブル持参必須!

// !! 参加登録
//
// 参加登録開始しました。
//
// ▼勉強会の登録は
//
// http://jp.rubyist.net/sns/?m=pc&a=page_c_event_detail&target_c_commu_topic_id=34
//
// ▼懇親会の登録は
//
// http://jp.rubyist.net/sns/?m=pc&a=page_c_event_detail&target_c_commu_topic_id=35

// 二つのイベントがありますので、それぞれに参加登録をしてください('''勉強会と懇親会は別イベントでの登録です''')。
//
// '''Rubyist SNS への参加や Ruby 関西コミュニティへの参加だけではイベント登録は完了していませんのでご注意ください。'''