Create  Edit  Diff  FrontPage  Index  Search  Changes  History  Source  RSS  Note  wikifarm  Login

RailsMeetingTokyo-0044

Rails勉強会@東京第44回

Rails勉強会@東京第44回を下記の要領で開催します。

  • 日時:2009年10月18日(日)
  • 場所:株式会社永和システムマネジメント -- 地図 入館方法
  • 集合時刻:12:50
  • 募集期間:
    • 10月10日〜10月17日(土)一杯、もしくは参加希望者が35名集まるまで
  • 応募方法:このページ上で募集を行います。
  • 持ち物
    • 名札: 名前またはハンドルを識別できるものを持ってきてください。名刺をクリップなどで止めても構いません。
    • ポジションペーパー: 詳細はRails勉強会@東京のしおりを参照してください。Webで見れる場合は紙での準備は不要です。
    • ノートPC: 必須ではありませんが、あると便利なことが多いでしょう。
  • その他連絡事項
    • 公式タグは「railstokyo」です。ソーシャルブックマークを使う際にこのタグをつけてくれると嬉しいです。
    • プロジェクタは使えます。
    • 無線LANがあります。ただ、確実につなぎたい場合はご自身でe-mobileなどを持ってきてください。
    • 当日のセッションの様子をustで中継します。→ http://www.ustream.tv/channel/rails-tokyo

参加する方は下記フォームからサインアップしてください。

当日の開催形式については、Rails勉強会 @ 東京Rails勉強会@東京のしおりを参照してください。 また、ポジションペーパーは電子データとして作成し、参加フォームのコメント欄からリンクを張っておいてください。(GoogleDocsなどが人気のようです)

ひとことは「よろしく」とか「会場係です」とかテンプレ的なのではなく、興味のあることなどを書いてください。

参加募集

orderお名前勉強会PP, Blog, Twitter or Githubひとこと
1もろはしhttp://github.com/moro/OSC2009 Tokyo/Fallもでます。よろしくお願いします。
2あいざわ×http://twitter.com/ayuminOSC2009 Tokyo/Fall聴きに行きます。仕事でRedmine運用して一ヶ月半・・・いろいろ課題も出てきました。すみません昨日夜中に障害が発生したようで本日休日出勤となってしまいました。。。
3おおかゆかhttp://ja.verbmode.net/前回のScalaセッションがそこそこ評判良かったので、調子に乗ってまたやります。でも私も始めてからそんなにたってないので、鋭いツッコミは誰か助けてください。
4あるがじゅんhttp://d.hatena.ne.jp/happybirthday/20091004試しに、名札を会場で購入できるよう持ってきます
5しのだhttp://www.word-iteration.jp/久しぶりの参加です。はてな界隈でMVCがどうのとかの話題を読み、改めてRailの乗り方的な話に興味がでてきました。
6takkanmhttp://twitter.com/takkanm会場係2です。
7ursm×http://friendfeed.com/ursm環境構築が終わらない
8fistfvckhttp://twitter.com/fistfvckえせMVCとか、PofEAAとか、エンタープライズRailsとか
9Yuumi3http://twitter.com/yuumi3希望者がいれば初心者セッションやります。
10Rust/OGAWAhttp://twitter.com/conceal_rsMVCとかScalaとか
11志村http://d.hatena.ne.jp/hs9587/searchdiary?word=%2a%5bRails%5dScala の話し聞きたいです
12松田http://twitter.com/a_matsuda仕事ではレガシーRailsやってます。でもARelが気になってます。 http://github.com/nkallen/arel
13玉置http://tmk.plala.jp久しぶりの参加です。よろしくおねがいします。
14garalohttp://twitter.com/garalorails log 分析はどう?
15くりばやしhttp://twitter.com/kuribayashi9参加します。
16いえながhttp://twitter.com/haru01永和の中のひとだが、会場係のようで、ないような。
17takahashimhttp://twitter.com/takahashim/やっぱりMVCの話をしに行きます
19ひろし×http://twitter.com/hironen今更なのですが、Rails on GAEとか。
order
お名前
勉強会 (○:15, ×:3, ?:0)
PP, Blog, Twitter or Github
ひとこと
  • ひとことは「よろしく」とかテンプレ的なのではなく、興味のあることなどを書いてもらえると嬉しいです。
  • orderは勉強会当日に「1番のもろはしです」という言い方でその人のPPを探しやすくするための番号です。シーケンシャルナンバーを振ってください。
  • PPはPosition Paperの略です。ポジションペーパー。サンプルはRails勉強会@東京のしおりをご覧ください。
    • ポジションペーパーが準備できるまでは、ご自身のBlogや日記のURL、TwitterのURLなどを書いておいていただけると助かります。

セッション

聞いてみたいことがあれば、がんがん追加を!今までにやったことがあるセッションの場合Rails勉強会 @ 東京のセッション別まとめへのリンクがあることが望ましいです。

セッションの概要

(セッション名)
(セッション概要)
Scalaで学ぶ関数型プログラミング
よいRubyistになるにはLisp(関数型言語)を学ぶこと、とMatzは言いました。でもLispはとっつきにくい…、そこでScalaですよ。Scalaのごくごく基本の文法を紹介した後、高階関数、クロージャ、パターンマッチング、カリー化、遅延評価といった関数型プログラミングのエッセンスをScalaによるサンプルコードを用いて学んでいきます。Scalaがどんな言語か知らない方は、「Ruby使いのためのScalaのススメ」を読んできてください。
初心者向け「Scaffoldの半歩先へ」
できれば 開発環境を準備してきて下さい。テキスト、インストール手順など→ http://www.ey-office.net/redmine/wiki/rails/

時間割

前半セッション(13:30 - 15:00 (90min))

休憩 (15:00 - 15:30)

後半セッション(15:30 - 17:00 (90min))

ふりかえり (17:00 - )


セッションのタネ

セッションになるかどうかわからないけど、 ネタになりそうなテーマや質問あればどんどん投稿しましょう。

  • 2009-10-13 (火) 19:42:54 Yuumi3 : そんな事ないですよ ^^) RT でもLispはとっつきにくい…
  • 2009-10-15 (木) 10:17:44 もろはし : Cucumberハンズオン、前回でふいんき()がちょっとわかったので、同じことを繰り返そうか。
  • 2009-10-16 (金) 08:44:12 松田 : 前回のtryの会場に入る方法 http://qwik.jp/asakusarb/esm_ueno.html
  • 2009-10-16 (金) 16:49:59 a_matsuda : RT @t_wada MVC の話を今週末の Rails 勉強会東京で議論してみるのは面白いかもしれませんね(もう食傷気味?)
  • 2009-10-17 (土) 06:45:44 あるが : 「会場に入る方法」ありがとうございます。
(comment plugin is disabled).

今回のふりかえり

Keep

  • みんなで参加するセッション
  • PoSA
  • 名札売人
  • Twitter放流職人
  • チェックアウトの時間
  • 人数が少ない(一体感が有ってよかった?)

Problem

  • 案内が遅かった
  • 喋る人が固定されている
  • Scalaはustすればよかった
  • 人数が少ない(さびしい?)

Try

  • RailsConf09どうなった?
  • Rails3どうなる?
  • 求む! ust番長
    • MLで募集する
  • Railsに近い話をしよう
  • 困ったことを聞くセッション
    • 困ったことを聞くセッションのオーナーになればよい
    • Wikiのひと言欄に書く or コメントに書く
    • ことを周知していく

前回のふりかえり

Keep

  • bugmashよかった(またやりたい)
    • お勉強するだけじゃなくて、貢献につながる活動ができた
    • 人の作業している様子を見れて勉強になった(a_matsudaさんのシェルとか)
    • 参考図書が会場に豊富にあった
  • 勉強会全体の流れを最初に話し合ったのがよかった
  • Scalaの発表のためにおおかさんがちゃんと準備してきてくださっていた
  • いろんなレベルのセッションがあった。特に、初参加の人にも参加しやすいセッションもあった

Problem

  • リアルタイムで雑談+あとでそれを参照したい
  • 勉強会の内容が蓄積されない
  • 遅れた場合の参加方法がわからない
  • 終了時間が30分押していた
  • 名札をつけてない人がいた

Try

  • 次回(?)はRailsWikiMashをやってみたい
  • だらだらやらない。押しても15分ぐらいまでに終えるようにする
  • 名札を忘れた人は売人から購入する
  • 勉強会の内容を蓄積する
    • 内容をどこかにまとめる(ブログ等)
    • それをハッシュタグ#railstokyoを付けてtwitter、はてブする
  • 会場へ入る方法をWiki、メーリングリストで流す
    • Asakusa.rbのサイトにあるらしいのでリンクする
  • 応募フォームからustカラムを削る
  • 次回の日程は10/18(日)

感想・レポートなど

公式タグは「railstokyo」です。感想記事を書いた方はこのタグでセルクマしてください。また、勉強会の記事を見つけた方もブックマークしてくださると追っかけやすくて嬉しいです。

はてなブックマークでrailstokyoタグ記事は、下記から追いかけられます。

http://b.hatena.ne.jp/t/railstokyo?sort=eid

Last modified:2009/11/11 13:49:17
Keyword(s):
References:[Rails勉強会 @ 東京]