Create  Edit  Diff  FrontPage  Index  Search  Changes  History  Source  RSS  Note  wikifarm  Login

Rails勉強会@東京第1回

Rails勉強会@東京第1回

第1回Rails勉強会@東京を、以下の内容で開催いたします。

  • 日時:12月17日(土) 13:00 〜 18:00
  • 場所:秋葉原(詳細な場所については、参加者にのみ連絡します)
  • 集合時刻:12:50
  • 募集期間:12月11日(日)一杯、もしくは新規参加希望者が13名集まるまで
    • 募集は締め切りました。多数の方の応募ありがとうございました。
  • 参加方法:inoue_at_friendic_co_jp まで、参加希望メールを送ってください。こちらで勉強会MLに追加します。なお、夜に懇親会を行いますので、懇親会の参加可否についてもご連絡ください。
    • 参加受付用アドレスは復旧しました。参加を希望される方は、改めてメールの送信をお願いいたします。
  • 当日の準備1:ポジションペーパーを13枚用意してください。内容は、簡単な自己紹介と、何か一つ以上、Railsに関することを書いてください。ポジションペーパーについては http://eto.com/d/PositionPaper.html を参考にすると良いでしょう。
  • 当日の準備2:NotePC(あれば)

開催内容

 オープンスペース形式を取ります。(Thanks to かくたにさん)

 オープンスペースについては、 http://capsctrl.que.jp/kdmsnr/wiki/bliki/?OpenSpace を参照してください。

 具体的には、やりたいことがある人(AWDwRの**章を読みたい、ActiveRecordの国際化に関するプレゼンをしたいなど)が、「こういうことをやります」と立候補して、それに対して、興味のある人/参加したい人が参加登録をして、5〜6名程度のグループを作り、グループ単位でセッションを行います。

 セッション終了後、各グループごとに3分程度、行った内容についての簡単な発表を行います。

 セッションの内容については、当日決めるのではなく、あらかじめWiki上で希望者を募って調整しておくことにします。

 タイムテーブルは以下のようになります。

  • 準備と前半サインアップに30分(13:00 〜 13:30)
  • 前半90分 (13:30 〜 15:00)
  • 前半の各チームの内容のまとめの発表に20分 (15:00〜15:20)
  • 休憩と後半サインアップに20分(15:20 〜 15:40)
  • 後半90分 (15:40 〜 17:10)
  • 後半の各チームの内容のまとめに20分 (17:10 〜 17:30)
  • 後片付けと次回に向けてのKPTに30分 (17:30 〜 18:00)

セッション主催希望者の方は、タイトルにセッションの名前を、オーナーに自分の名前を記入してください。

参加希望者の方は、参加希望者欄に名前を記入してください。

セッション(前半)

番号タイトルオーナー参加希望者
1Rails入門査読会井上泰之きど/よしみかん/hs9587/いがらし
2淡々とRailsのCHANGELOGを読むよかくたにたなか/畠山/kunit/Yugui
3Railsにおけるデザイナーとの分業開発のあり方 (HowToWorkWithDesignerも参考に) 鈴木(光) 恋塚/そめえだ/原田/櫻井/堀井/田中
4Actvie Record Basics(AWDwR Chap.14)を読むよ もろはし
5AWDwR邦訳査読会 高橋征義
6上司に関する愚痴を言うよ&雑談&Rails記事のライターを狩るよ 無人 無人

セッションの概要

  1. Rails入門査読会: 1月末発売予定のとある雑誌(雑誌名は掲載前号発売時に一般公開します)に掲載予定の記事「Rails入門」の査読会を行います。締め切り目前、ほぼ完成稿を持ち込んで、実際に記事を見ながらアプリを作成しつつ、初心者の方はこれでRailsを覚えながら、上級者の方は突っ込みを入れながら、それぞれRailsの理解をより深められるといいかなと考えています。実際にアプリを作るので、できれば無線LANに対応したNotePCを用意してください。
  2. 淡々とRailsのCHANGELOGを読むよ: 1.0リリース記念。いつも量に圧倒されて、ちゃんと読んだことがないです。一緒に読んでみませんか?(というか読み方を教えてもらいたい) 読んだ内容をまとめれば有益かもしれないけど、土曜日までには誰かがblogに書いていそうな気も。
  3. Railsにおけるデザイナーとの分業開発のあり方: 実は、私がこの件をリードできる訳ではなく、自分自身が困っている話題です。有益な方法論をお持ちの方、同じような話題で悩んでおられる方、等々で情報交換ができればと思っております。
  4. Actvie Record Basics(AWDwR Chap.14)を読むよ: その場でAgileにできたセッションです。ARとJavaでのフレームワークの違いやそれぞれのよさを意識しつつ、ARの動的な側面からの特徴(dynamic finderとか)についてAWDwRを読みました。

セッション(後半)

番号タイトルセッションオーナー参加希望者
1Railsのソースコードを読んでみよう。第1回 ActiveSupport井上泰之堀井/いがらし/よしみかん/そめえだ
2switchtower チュートリアル (参考: capistrano) もろはし / たなかかくたに/きど/kunit
3testについて教えてもらう 柳田hs9587/Yugui
4i18n on Rails原田 恋塚/鈴木(光)/大塚
5
6

セッションの概要

  1. Railsのソースコードを読んでみよう。第1回 ActiveSupport: table名(複数形)とモデル名(単数形)を相互変換したり、1.week.agoというような不思議なメソッドを定義しているActiveSupportを、読める限り読んでみましょう。
  2. switchtower チュートリアル DHH が Rails のサブプロジェクトとの位置付けとして現在開発中の switchtower のお勉強をしてみようというセッションです。アプリケーションをいかに効率よくデプロイするかという事を目的としたアプリケーションらしいので、もしかすると Rails に限った話でなく一般的なシステム開発などにおいても得るところがあるかも。まずはチュートリアルを参考に基本的な使い方からお勉強してゆきたいと思います。
  3. testについて教えてもらう Railsで開発する際の「テスト」について語り合ってみましょう。
  4. i18n on Rails RailsのLocalizationに関する情報と現状の確認。

各セッションについて、質問や意見がある場合は、こちらへ。


ふりかえり

第1回をふりかえってみませんか。次回以降に活かせる気づきが得られるかもしれません。

よかったこと(続けたいこと)

  • オープンスペース形式(+2)
  • 素早い撤収

よくなかったこと

  • 時間配分がうまくなかった(+1)
    • セッション終了時間の通知方法が決められていなかった
    • 開始前準備に時間がかかりすぎている
    • "会場準備係"を事前に決めたほうがよいかも。先着5人立候補とかで。
  • セッションのネタが少ない
  • 懇親会の場所が確保できていなかった

次回、試してみたいこと

  • 当日の役割分担を明確にできないだろうか
    • 早めにきてセッティング回りや人の誘導をする人を募ってみるのはどうでしょう?
  • 開始前の準備を手順化
  • セッション時間終了通知を明確に

次回(以降)のネタ候補

  • みんなのRailsを使うときの開発環境は?
    • Radrails / textmate デモみたい
  • みんなのRailsの実行環境は?
    • ruby-ajp13を動かしてみようじゃないか
  • ソースコード読みは面白かったので次回も是非。
    • デーモン君のソース探検 on Rails
  • Testについて (AWDwR 12章を読む)
  • ○○分でできるシリーズ。10分でできるTodoのAjax化とか。
  • 1ヶ月もあると、またみんなで読む位のChangelogがたまる悪寒。
  • オレRailsアプリのソースにツッコミを入れて頂きたい
  • ...

感想・レポートをblog/日記に書いたらトラックバックをお願いします。

ちょっと時間があきましたが、switchtowerセッションの議事録をば。 なにはともあれ[http://manuals.rubyonrails.com/read/chapter/97:title=本家のチュートリアル]がお薦め。 switchtowerの動きの解説 --apply-toではconfig/deploy.rbとlib/tasks/switchtower.rakeが生成され..

Rails勉強会@東京第1回参加レポート by Yugui

Rails勉強会@東京第1回に参加の為、秋葉へ。 自転車でいつもの道を「だー」っと走って、後楽園のところで内側へ。そこからお茶の水経由で秋葉へ到着。 駅側に位って人を探すと女性が「Rails」の本を持って待っているので声をかけてみる。 正解。 って事で自転車を駅にくくりつける。 んで、待つと人が大量に。そこから会場へ行く。 こんな感じの会場でした。

Read more...

行ってきました。今回も楽しかったです。 前後半にわかれてオープン分科会形式でやったんですが、前半は『Chap.14 ActiveRecord Basicsを読むよ』、後半は『switchtowerを使ってみるよ』に出てきまし た。 switchtowerはid:drawnboyさんから誘われて立候補したものの、準備不足で結構メタメ タになっちゃってました。申し訳ないです。。特に[http..

Rails入門査読会の感想や、ActiveSupportの議事録を置いてます。よろしければどうぞ。(自分のBlogのTBが壊れているので手動TB)

Last modified:2007/05/30 14:13:18
Keyword(s):
References:[HowToWorkWithDesigner] [Rails勉強会 @ 東京] [Testing] [capistrano]