Create  Edit  Diff  プログラミングRuby 1.9 非公式BTS  Index  Search  Changes  History  Source  RSS  wikifarm  Admin

pickaxe3ja's Wiki - FrontPage Diff

  • Added parts are displayed like this.
  • Deleted parts are displayed like this.

!プログラミングRuby 1.9 非公式BTS

『プログラミングRuby 1.9 言語編』および『(同)ライブラリ編』の正誤などをメモします。追記歓迎です。

!! 書誌情報

* プログラミングRuby 1.9 言語編
** Dave Thomas, with Chad Fowler and Andy Hunt著 まつもとゆきひろ監訳 田和勝訳
** B5変 464頁 定価3990円(本体3800円+税)
** ISBN 978-4-274-06809-6
**

* プログラミングRuby 1.9 ライブラリ編
** Dave Thomas, with Chad Fowler and Andy Hunt著 まつもとゆきひろ監訳 田和勝訳
** B5変 496頁 定価4620円(本体4400円+税)
** ISBN 978-4-274-06810-2
**

* 原書: Programming Ruby 1.9: The Pragmatic Programmers' Guide
** by Dave Thomas, with Chad Fowler and Andy Hunt
** Pragmatic Bookshelf, 2009-04, 960 pp
** ISBN 978-1-93435-608-1
**


!!第1刷以前

!!! 『言語編』p.63, 「しらばく…書けるなります」→「しばらく…書けるようになります」

変更前:
  しらばく…書けるなります

変更後:
  しばらく…書けるようになります

!!! 『ライブラリ編』p.101, odd? l.1, 「偶数」→「奇数」

変更前:
  intが偶数のときtrueを返します。

変更後:
  intが奇数のときtrueを返します。

!!! 『ライブラリ編』p.285, DBM l.30, 「"postfix\000"」→「"postfix:\000"」

変更前:
  DBM.open("/etc/aliases", nil) do |dbm|
    p dbm.keys
    p dbm["postfix\000"]
  end

変更後:
  DBM.open("/etc/aliases", nil) do |dbm|
    p dbm.keys
    p dbm["postfix:\000"]
  end

!! Q and A

(まだありません)

!! Inbox

(見つけた誤記の追記はこちらへ)

!!! 言語編 p220
2010 年5 月25 日第1 版第1 刷発行(v20100522, r1070)(PDF版)
p220 第16 章名前空間、ソースファイル、配布

現行の記述:
  このスクリプトが呼び出すコード(lib/runner.rb)によって、他のライブラリが結合されます。

正しいと思われる記述:

  このスクリプトが呼び出すコード(lib/anagram/runner.rb)によって、他のライブラリが結合されます。


!!! 編集制作用トラッカーから見出しのみ転記 (2011-02-28, hmorita)
*  #391 vol2: p.i: 「リファレンス編」→「ライブラリ編」
*  #390 vol2: p.101, odd? l.1, 「偶数」→「奇数」
*  #389 vol2, p.430: ruby-cvs@ruby-lang.orgはコミット通知
*  #388 typo: vol2, p.425: 「connectionbased」→「connection-based」
*  #387 typo: vol2, p.409: 「Rubyのcatchと等価」→「Rubyのthrowと等価」
*  #386 typo: vol2, p.408: 「eval\_intern.h」→「eval_intern.h」
*  #385 typo: vol2, p.404: 「main.c%gap」→「main.c, 」
*  #384 vol2, p.394: 「String.%」→「String#%」
*  #383 vol2, p.385: rb_read_internal()のインデントを正す
*  #382 vol2, p.384: rb_big_mul0()のインデントを正す
*  #381 vol2, p.321: 日本語フォントが変
*  #380 vol2, p.285: 「p dbm["postfix\000"]」→「p dbm["postfix:\000"]
*  #379 vol2, p.269: 「標準ライブラリの多くは外部プロジェクトとしても管理されています」に違和感
*  #378 vol2, p.270: jsonとmatrixは別の項目にしては
*  #377 typo: vol2, p.270: 「The Enumeratorライブラリ」→「Enumeratorライブラリ」
*  #376 vol2: p.275: 「着信リクエスト」
*  #375 vol2: p.278, 279, 334ほか: モジュールメソッドの区切りを「.」に統一する?
*  #374 vol2: p.280: 「Continuation」→「継続」?
*  #373 typo: vol2, p.281, l5: 「vに近くなり」→「File.openに近くなり」
*  #372 typo: vol1, p.280: 「ftype RubyScript="...」の二重引用符が閉じていない
*  #371 typo: vol1, p.279: 「ftp> by」→「ftp> bye」
*  #370 typo: vol1, p.207: 「Build 1.0」→「Builder 1.0」?
*  #369 vol1, p.188: 「result1 = one two "three"」→「result1 = one two {"three"}」
*  #368 vol1, p.125 脚注2: 「Ruby 1.9(1.9)」→「Ruby 1.9」
*  #367 typo: vol1, p.110: 「download_MP3が」→「download_mp3が」
*  #366 layout: vol1, p.97: 「r{,n} rの最高n回の繰り返し」の行のアキが他とそろっていない
*  #365 typo: vol1, p.73: 「find_all?」→「find_all」
*  #364 typo: vol1, p.63: 「しらばく…書けるなります」→「しばらく…書けるようになります」
*  #363 typo: p.v: 「Objective C」→「Objective-C」
*  #362 ライブラリ編目次:Base64(Base64 Conversion Functions)要翻訳
[[http://www.festnetz-dsl-geschwindigkeit-vergleich.de/|http://festnetz-dsl-geschwindigkeit-vergleich.de/Baden-Wuerttemberg/Pforzheim]]