FrontPage  Index  Search  Changes  wikifarm  Login

発達段階

キーワード→《発達段階

定義

区別

生きモノの思考様式の段階、《思いこみ》の思考様式の段階、《他者》を主体とする思考様式、追従ザルの思考様式の段階、

  1. 《群生相》、群生活動状態、群生待機状態、群生想起状態、イデア的想起状態、対自的思考状態、カオス状態、自覚状態。《孤独相》
  2. 赤ん坊の記憶を失うのは、モノの思考様式から、《思いこみ》の思考様式に変化するためではないか?

ブッダと《発達段階

  1. ブッダやアリストテレスは、人々の《発達段階》の自然な延長にある、と示す必要がある。
  2. 《思いこみのサル》の《発達段階》と《見通しのサル》の《発達段階》。《混濁》・狂気・錯乱の《発達段階》。

「近代人」と《発達段階

  1. http://kamakura.ryoma.co.jp/~aoki/paradigm/theory-of-everything.htm
    1. 近代人は、世界観を物だけ、右だけ、の象限へと折りたたみ矮小化してしまった。だから、近代は価値や意味や真善美の見えない、単調で荒涼とした、フラットランド(平板な世界)になったのである。
  2. 「近代人」の特徴ではない、「小人」の特徴である。同じて和せずの小人の特徴である。
  3. 「小人」を「近代人」と言おうとする傾向の原因は、そのように言うヒトの、過去の人類への過大な評価が在る。我々が知っている過去のヒトは、その伝承が残っているヒトである。その伝承を伝える価値があると人々から評価されたヒトの伝承が伝わっているのである。我々が「近代人」と呼んでいる過去の「小人」たちの伝承は伝わってこなかったので、過去のヒトは「小人」ではない、と誤解してしまうのである。
  4. 近代の「科学」が人々の世界観の退行を強化しているという要素はあるかもしれない。しかし、そうでもない、昔は宗教が退行を強化していた。科学は、その役割を、宗教に取って代わった、ということに過ぎない。

月を指差す指を見て、指差すポーズをまねする人々と、《発達段階

  1. 発達段階》にあると信じよう。

検索

発達段階》 - [タイトルに一致 発達段階]

《描かれつつある思いこみ》 - [#むずかしいのは真実を見通すことではない。むずかしいのは見通した真実を《他者》に伝えることだ。アリストテレスの努力は尊敬に値する。しかしながら、彼のコトバを聞いた者は、彼の指先を眺めて尊敬するだけに終わってしまった。指が月を指せば、人々は指を見る。人々は月を指差すポーズをまねするようになる。人々は発達段階に在る。]

《他者の思いこみ》 - [《他者の思いこみ》発達段階論。]

『生存目的』 - [『生存目的』への《求める思いこみ》は、《私》に命令するモノ《求める思いこみ》であり、《私》への命令という《他者のコトバ》《求める思いこみ》である。要求言語の発達段階《求める思いこみ》である。]

コトバ - [コトバ発達段階]

ゴミ箱2006-10 - [##東大教授(日本文学)の小森陽一氏は「問答無用というのは人間の発達段階でいうと2歳半だ。(政治が)幼児化すると、ナショナリズムをあおる政治家が民衆を吸引していく」と語った。]

ゴミ箱2006-06 - [##ところで、フランス構造主義の精神分析学者ジャック・ラカン(1901-1981)は、有名な『鏡像段階論』という考え方を提唱しました。それは、ごく簡単に言うと次のようなことです。人間は必ず神経系が未熟で自他の区別がつかない状態で生まれるが、6〜18ヶ月位になると『鏡像段階』という発達レベルとなり、鏡に映る自分の像(または現実の母親の姿)を見て、そこに“何か”を認識できるようになる。ただ、その時の幼児は、その“何か”によって自分が消滅させられたくないし、自らの場をその“何か”から勝ち取りたいので、その他者に対して自分を認めさせるため「攻撃」という感情を身につける。つまり、この発達段階で「人間存在の攻撃性」が生まれる。が、未だ、そこでは自者と他者の存在が混同しており、自分の欲望(感情)と他者のそれが混然一体となっている。だから、この段階で、母親の欲望(感情)が強ければ強いほど、その幼児の欲望(感情)も強いものとなる。この後、人間は「ナルシシズム(自己愛的)段階」(2〜11歳)、「思春期」(12〜17歳)と次第に確固たる自我の形成段階へ向かって成長する。ここで言えることは、本当にアメリカという国が<skull & bones>のようなものに支配されているとするなら、アメリカ合衆国は、人間の発達段階で言えば「ナルシシズム」以前の「鏡像段階」という幼児期に止まっているトンデモナイ国だということになります。こんなことは信じたくもありませんが、近年のアメリカの振る舞い、つまり“視野狭窄的な一国主義、攻撃性(戦争好き)、論理矛盾と身勝手、傍若無人”等々の行動を見ていると、これは嘘とも言えないナと思えてきます。]

排他的集団主義 - [## このことを特に強調しているのが、アメリカのL・コールバークです。彼は、ピアジェの認知発達理論を引き継ぎ、人間の道徳性の発達について、幼児期から成熟した成人に至るまで、考察をすすめています。彼は、道徳性をその行動の善し悪しで判定するべきではなく、その行動をどんな理由で行なったかで評価するべきだという立場から、6つの発達段階を設定しました。]

ゴミ箱2005-10 - [##意識の発達段階]

Last modified:2006/11/19 17:12:46
Keyword(s):
References: