FrontPage  Index  Search  Changes  wikifarm  Login

八正道

  1. キーワード
  2. 予備知識→「八正道

定義

http://ja.wikipedia.org/wiki/八正道

    1. 1 正見 (samyag-dRSTi, sammaa-diTTi)
    2. 2 正思惟〈samyak-saMkalpa, sammaa-saGkalpa〉
    3. 3 正語 (samyag-vaac, sammaa-vaacaa)
    4. 4 正業 (samyak-kalmaanta, sammaa-kammanta)
    5. 5 正命 (samyag-aajiiva, sammaa-aajiiva)
    6. 6 正精進 (samyag-vyaayaama, sammaa-vaayaama)
    7. 7 正念 (samyak-smrTi, sammaa-sati)
    8. 8 正定 (samyak-samaadhi, sammaa-samaadhi)

たけ(tk)思うに・・

    1. 1 正見 (samyag-dRSTi, sammaa-diTTi)。己のモノとしての構造への《見通し》見失わないこと。《知りつつあるモノ》《動きつつあるモノ》との《繋がり》への《見通し》を維持すること。《私》《他者》との《繋がり》への《見通し》見失わないこと。《他者》の構造への《見通し》見失わないこと。
    2. 2 正思惟〈samyak-saMkalpa, sammaa-saGkalpa〉。《思いこみ》にとらわれることなく、《思いこみ》を正しく操ること。
    3. 3 正語 (samyag-vaac, sammaa-vaacaa)。コトバ《思いこみ》にとらわれることなく、コトバを正しく操ること。
    4. 4 正業 (samyak-kalmaanta, sammaa-kammanta)。《思いこみ》《他者》《動き》にとらわれることなく、《動きつつあるモノ》を正しく操ること。
    5. 5 正命 (samyag-aajiiva, sammaa-aajiiva)。正しく目標を設定すること。
    6. 6 正精進 (samyag-vyaayaama, sammaa-vaayaama)。目標に向かって、正しく努力すること。目的的な《動き》コトバ《思いこみ》《知りつつあるモノ》
    7. 7 正念 (samyak-smrTi, sammaa-sati)。《私》目的的な《動き》がどのようなものであるかを知ること。《思いこみ》を駆使して捉えなおすこと。
    8. 8 正定 (samyak-samaadhi, sammaa-samaadhi)。《私》目的的な《動き》がどのようなものであるか、への《見通し》見失わないこと。主体であるところの《私》と、主体であるところのモノたち、《他者》たちとが織り成す《繋がり》の必然を、満足すること。

区別

検索

Last modified:2007/10/16 01:39:59
Keyword(s):
References: