FrontPage  Index  Search  Changes  wikifarm  Login

動かす

キーワード→《動かす

定義

区別

動く》ことと《動かす》こと

たけ(tk)と《動かす》こと

  1. たけ(tk)は、《他者》を《動かす》ことは絶対の悪であるを信じているようだ。
  2. たけ(tk)は、《他者》によって《動かされる》ことが大嫌いだからだ。

動かしつつあるモノ》と『動かすこと』

  1. 動かすこと』ができるのは、《私》《身体》だけである。
  2. 動かすこと』ができるモノ《身体》と呼ぶ。
  3. 《身体》の自動的な《動き》を「動かしつつあるモノ」と、
  4. 《身体》の自覚的な《動き》を《動かしつつあるモノ》。

動くこと、《動き》と『動かすこと』。

検索

《息しつつあるモノ》 - [#《息しつつあるモノ》は自覚的に動かすこともでき、非自覚的に自動的に動くものでもある。自覚的に《息しつつあるモノ》でもあり、非自覚的に《息しつつあるモノ》でもある。息を止めたり、意図的に激しく息をしたりすることもできるが、無意識的に息をしている時間も長い。また、長時間にわたって意図的に息を止めることは、できない。自覚的に息をするということは、《知りつつあるモノ》がその背後において《息しつつあるモノ》《繋がり》を持ち、《知りつつあるモノ》《息しつつあるモノ》の制御者として振る舞う状態を言う。無自覚的な《息しつつあるモノ》を観察するというのは、《背後者》における《繋がり》をもたない場合を言う。]

ゴミ箱 - [## タカラトミーが10月に発売する「Omnibot 17μ i-SOBOT」(アイソボット)は、全身に17個のサーボモーターを搭載した本格的な二足歩行ロボットだ。付属のコントローラで自在に動かすことができ、多彩なアクションとセリフをプリセット。音声認識機能まで備えた(別記事を掲載予定)。身長は165ミリメートル、体重350グラム。ギネスブックに「世界最小ヒューマノイド」というお墨付きをもらっている。]

《サル山のサル》 - [#《私》が『なし得ること』は《私》《身体》動かすことだけである。]

モノ作りの視点》 - [《サル山のサル》 - [#《モノ作り》とは土くれの場所を動かすことである。土くれの場所を動かすことによって、人々の欲求を満たすというのはどういうことか? 食べるということも、土くれの場所を動かすことである。天地創造も土くれの場所を動かすことでしかない。]]

《求める思いこみ》 - [#《息しつつあるモノ》は、《知りつつあるモノ》《視点》では、比較的輪郭がはっきりしているが、《肉の塊》《視点》では、輪郭が不明確になる。《肉の塊》《視点》においては、《息しつつあるモノ》は、《息しつつある肉の塊》と、それを動かす原因者としての《息させつつあるモノ》とに分離する。]

《元気》 - [#《元気》は、現実にそのモノ動かす《ちから》となるような《求める思いこみ》である。]

『なすべきこと』 - [#『なすべきこと』《求める思いこみ》は、《為しつつあるモノ》動かす。]

《極座標の原点》 - [#《とる》という動作は、身体的な支配領域の中に、そのモノ動かすことである。]

《ちから》 - [モノ動かす原因となるモノ。]

『よい』『わるい』 - [《人を動かすこと》と『よい』『わるい』]

テリトリー - [#《とる》という動作は、身体的な支配領域の中に、そのモノ動かすことである。]

《身体》 - [#《とる》という動作は、身体的な支配領域の中に、そのモノ動かすことである。]

循環》 - [ゴミ箱2006-11 - [##原子炉が動くっていうことは、すなわち「炉心冷却水が常時動いてる」ってことに他ならず、この冷却水を循環させるにはポンプが要る。最近の原潜は、低出力運転時(巡航出来るかどうかは疑問)は自然還流で冷却することが出来るらしいが、どっちみち海中で航行するときはポンプを動かすって点に余り変わりはないと言っていい。]]

《繋がり》 - [ゴミ箱2005-05 - [《他者》もまた4次元の筒である。《私》《他者》との関係の中にある。《私》《他者の思いこみ》を知り、《私の思いこみ》は《他者》動かす。]]

概要 - [##《身体》動かす時にも、《知りつつあるモノ》の背後を経由して《身体》動かす。]

ゴミ箱2007-06 - [##現実を動かす力は理論だとしても、そのような理論を過去のものとしてしまう現実を変える力は価値観です。]

《知りつつあるモノ》 - [#《群れ》動くということは《群れ》が知るということである。《群れ》《動き》《群れの中の個体》《動き》の総和である。《群れ》が知るということは、《群れの中の個体》が知ることの総和である。《群れ》《知りつつあるモノ》《群れの中の個体》《知りつつあるモノ》の総和の重心(仮想的な計算上の位置にあるモノ)である。《群れ》の形は《群れの中の個体》の位置関係である(《群れの中の個体》の形の総和ではない)。《群れ》の形の《動き》は、《群れの中の個体》の位置関係の変化である。《群れ》の位置は《群れの中の個体》の位置の重心である、《群れ》の位置の《動き》《群れの中の個体》の位置の重心の《動き》である。《群れ》の状態は《群れの中の個体》の状態の総和にプラスして《群れの中の個体》の位置関係、《群れの中の個体》間での情報循環の状態である。《群れ》《動き》《群れの中の個体》《動き》の総和ではない、それ以上のモノである。《群れ》が知るということは、《群れの中の個体》が知ることの総和以上のモノである。《群れの中の個体》が知るというのは、《群れの中の個体》《動き》原因となる情報を取得することであるが、《群れの中の個体》《群れ》《動き》原因となる情報も取得するようになる。《群れの中の個体》は、個体自身の《動き》に加えて、《群れ》《動き》をもたらす《個体》の《動き》を行うようになる。《群れ》の内部で、《群れ》動かす情報循環するようになる。]

モノ - [#モノ《思いこみ》を持つか? 原子は引力の《思いこみ》を持つ。引力は《求める思いこみ》であり、他のモノ動かす。説明方法(ロゴス)の問題である。モノに内在する《思いこみ》《アニマ》という。]

ミラーニューロン - [##では、大本のひな形のニューロン群はどのようにして形成されたのかという問題があります。そのことについては、この論文では全く触れていません。大本の、行動様式についてのひな形のニューロン群はきっと生得的なものだと思います。赤ちゃんは生まれ落ちたときから、赤ちゃんが生きていくのに必要な行動をしてくれるからです。呼吸はもちろん、おっぱいを吸う口の動き、目の動き、泣く、手足体を動かすことなど、生得的と考えられる行動はたくさんあります。]

《共振しつつあるモノ》 - [《個体間関係》への見通し - [《他者》《求める思いこみ》《私》《身体》動かす《私》《求める思いこみ》《私》《身体》動かすのと同じである。そればかりではなく、《私》《身体》は、モノたちとも共振して、モノたちの《求める思いこみ》にも反応して動く。しかし、そのように動いたのでは《私》《身体》は分裂してしまう。それゆえに、《私》は、動かずに、衝動として《私》の隠れた《求める思いこみ》として《私》《身体》の中に《他者》《求める思いこみ》を保持する。しかし、それでも《私》《思いこみ》は破裂してしまう。それゆえに、《私》は、衝動としての《思いこみ》を無害な形で噴出する必要がある。]]

《混濁》 - [#否、虚数軸と見たほうがよいだろう。頂点(《視点》)がX=0にあるときに、X=−1の《視点》から見た世界を見るためには、・・というか、そもそも、X=0の世界しか「実」の世界として認識されない。X=−1とかX=+1というのは「実」の世界には存在しない。Xは「虚」の座標軸なのである。我々は「X=0」である世界しか「実」の世界であると認識しないのである。ということは、《視点》は虚の座標軸方向に移動する。虚の座標軸方向に移動した《視点》は実の世界には存在しない。実の世界に存在する《視点》は、《混濁》《視点》だけである。・・うむー。デカルトは、「自己自身を動かす力、同じやうに、感覺する、あるひは思惟する力を有することは、決して物體の本性に屬しない」「私がこの身體なしに存在し得るといふことは、確かである」(《思惟しつつあるモノ》《視点》が三次元的な空間中の《身体》とは別の場所に存在する。《思惟しつつあるモノ》《視点》は、三次元的な実数軸とは別の軸、虚数軸の方向に移動した位置に存在する)と言っているな・・。デカルトの「幽霊」=「私がこの身體なしに存在し得る」=と《複素数の時空》。]

『省察』 - [「物體とはすべて、何等かの形體によつて限られ、場所によつて圍まれ、他のあらゆる物體を排する如くに空間を充たすところの性質を有するもの、すべて、觸覺、視覺、聽覺、味覺、あるひは嗅覺によつて知覺せられ、そして實に多くの仕方で、決して自己自身によつてではなく、他のものによつて、そのどこかに觸れられて、動かされるところの性質を有するものである、と。すなはち、自己自身を動かす力、同じやうに、感覺する、あるひは思惟する力を有することは、決して物體の本性に屬しないと私は判斷したのであり、のみならずかやうな能力が或る物體のうちに見出されることに私はむしろ驚いたのである。」]

『一切』 - [#《身体》《私》動かすべきモノである。]

コトバ - [#コトバには《身体》動かす《ちから》がある。]

《状況》 - [#《知りつつあるモノ》とリンクしない《動きつつあるモノ》はあるか? 素粒子であっても、他のモノとの関係においてのみ《動きつつあるモノ》であり得る。他のモノとの関係における素粒子は、他のモノ《知りつつあるモノ》である。《私》《思いこみ》動かす時、《思いこみ》《動きつつあるモノ》である。《思いこみ》《私》《知りつつあるモノ》か?]

《思いこみ》 - [##「魂は、動物のそれは、二つの能力で定義されている・・すなわち識別する能力と・・(身体を)場所的に動かす能力によって定義されている」(p.131、『デ・アニマ』)]

《ヒトの群れ》 - [#関心があり、思慮深くても、その個体がどのように動けば、《ヒトの群れ》動かす力に繋がってくるのかが、分からない。]

科学 - [#赤ん坊が自分の手を(動かして)見て《我》を知る。動かすことができる手とそれを動かしているモノであり、かつ、それを知っているモノとしての《我》の存在を知る。]

ゴミ箱2007-05 - [##神=自分の力で全てを動かす]

《ライフオブジェクトの群れ》 - [#動かす。]

《他者の思いこみ》 - [##個人を動かすもっとも基本的な欲求は、自己自身を維持し、強化し、自律を獲得していこうとする前進的な志向である、とする。]

暴力》 - [《他者》動かす《動き》を《暴力》という??]

「AならばB」 - [#《身体》への欲求。「動かすことができるモノ」への欲求。]

世代循環 - [ゴミ箱2006-11 - [##だが数年後、思わぬ形でしっぺ返しを受けることになる。「二〇〇七年から団塊世代が定年を迎えます。その数は五年で全杜員の二割強。ところがこの一〇年、各職場に配属された新人はトータルでひとりいるかいないか。後継者の育成がまったくできていない・・・現場はいま大混乱です」][##原子炉が動くっていうことは、すなわち「炉心冷却水が常時動いてる」ってことに他ならず、この冷却水を循環させるにはポンプが要る。最近の原潜は、低出力運転時(巡航出来るかどうかは疑問)は自然還流で冷却することが出来るらしいが、どっちみち海中で航行するときはポンプを動かすって点に余り変わりはないと言っていい。]]

《混濁しつつあるモノ》 - [#大きな《群れ》の奥底で、大きな《群れ》見通して、動かす、というのは快感か?]

《複素数の時空》 - [#《複素数の時空》《視点のパラメータ》を記述する虚数軸を配置すれば、《視点》が視覚的空間の中に現れる。その視覚的空間の中の《視点》に鏡を置くことによって、原点たる《視点》動かすことなく、さまざまな《視点》に移動することができる。]

ゴミ箱2007-02 - [## 日本がもし金を買い続けてきていたら、外貨準備高は大きく減っていただろうと思われます。そして円高になればなるほど、少ない円でより多くの金を買うことができていた筈なのです。金を実際に動かす必要は今のところありませんが、日本の資産だけが増えるようになる結果、アメリカが資産の海外移転を凍結してしまう懼れがどこかで生じるかも知れないのです。だから浮遊資産等は、できるだけ多くを、早く、国内に戻しておくべきだと言わなければなりません。]

ゴミ箱2007-01 - [## 蟻は一千種以上もあって、ブラジルなどでは、この国は人間のものではなく蟻のものだといわれているほど、その繁殖の盛んな動物である。けれども同じ巣または同じ植民団体の間には、いわゆる生存競争を少しも見出すことができない。もっとも異なれる種の間には激烈なる戦争が行われ、またかかる戦争にはずいぶん残虐な行為も見出される。しかし一社会の間には、相互扶助、犠牲、献身等の道徳が、その社会の動かすべからざる条規となっている。白蟻や黒蟻はいわゆる生存競争を努めて排斥しているのであるが、彼等が自然界の優者となったのも実はそのためなのである。]

《地表のヒトの群れ》 - [##これは銀行のみに与えられた特権で「信用創造」といいます。こうして銀行は右から左にお金を動かすだけで次々にお金を生み出すことができるのです。そして、このとき貸し出されたお金は、みな「利子」という使用料のかかるお金なのです。]

《背後者回路》 - [#目的達成状態の表象表象への快不快評価、一連の表象を一塊として表象する回路、最後の表象目的達成状態)への快不快評価を最初の表象(身体的動き)への快不快評価とする回路、快なる身体的動き表象によって身体を実際に動かす回路。]

《息しつつある背後者回路》 - [原因 - [《求める思いこみ》 - [#《息しつつあるモノ》は、《知りつつあるモノ》《視点》では、比較的輪郭がはっきりしているが、《肉の塊》《視点》では、輪郭が不明確になる。《肉の塊》《視点》においては、《息しつつあるモノ》は、《息しつつある肉の塊》と、それを動かす原因者としての《息させつつあるモノ》とに分離する。]][《動き》 - [#《4原因説》=内部因は《求める思いこみ》そのもの。外部因、将来因はそのモノによって知られることにより、《求める思いこみ》を形成する原因になる。過去因は《背後者回路》として《求める思いこみ》を形成する原因となる。]]]

『マモンの原理』 - [#『カネ』を《求める思いこみ》は、関係欲求(R)か? 『カネによって人びとを動かす』という対他的な関係への欲求ではないか? 対他的な《ちから》への《求める思いこみ》。『関係における《ちから》』を《求める思いこみ》は関係的欲求か? 支配欲求は関係的な《求める思いこみ》か? それこそが、関係的欲求だろう。『より健全な関係』を《求める思いこみ》は成長欲求というべき。]

ゴミ箱2006-12 - [関心があり、思慮深くても、その個体がどのように動けば、《ヒトの群れ》動かす力に繋がってくるのかが、分からない。]

《群れのアニマ》 - [#《群れ》《動き》の、《群れの中の個体》《動き》からの独立性が、《群れ》の主体性の、《群れの中の個体》の主体性からの独立性が、《群れ》の主観性にも影響する。《群れ》の主観性は、《群れの中の個体》の主観性、すなわち、《群れの中の個体》による情報取得と情報伝達の総和ではあるが、そこで取得され伝達される情報の意味が変化し、内容が変化する。当初においては、取得・伝達される情報は、《群れの中の個体》にとって意味があるモノに限られるが、《群れ》《動き》の独立性は、その《動き》をもたらす情報の取得と伝達とを要請するようになる。すなわち、《群れの中の個体》にとって意味がある情報に加えて、《群れの中の個体》にとっては直接の意味を有しないが、《群れ》《動き》にとって意味がある情報が取得・伝達されるようになる。《群れの中の個体》《群れ》にとって有意な情報を取得伝達して《群れ》動かすことによって、間接的に《群れ》から守られる存在となる。《群れ》《動き》を通じて間接的に自らを守る存在となる。((ただし、そのことから、《群れの中の個体》《群れ》というモノ表象するようになる、というわけではない。表象情報《群れの中の個体》が持っているとはかぎらない))。]

自灯明》 - [#モノ《思いこみ》とが混淆した世界モノたちを照らし出す。モノ《思いこみ》《噴出》し、《思いこみ》モノ動かす世界を照らし出す。モノ《思いこみ》を呑み込み、《思いこみ》モノたちを呑み込む世界を照らし出す。あら、左目の《視点》、右目の《視点》《息しつつあるモノ》《視点》で、『年末調整』の外部が《浄化》されてしまった。純粋な『年末調整』の《思いこみ》が浮かんでいる。『年末調整』は《思いこみ》《極座標の原点》である。そこからのマイナスの距離世界、反転世界が在る。『年末調整』の《思いこみの世界》が在る。『年末調整』の《思いこみ》からのマイナスの距離世界が在る。]

原因 - [#p.153『形而上学』上。《動き》の「始まり」「出発点」。「動かすモノ」。「統治(モナキーのアキー)」。「原理」。]

ゴミ箱2006-11 - [##原子炉が動くっていうことは、すなわち「炉心冷却水が常時動いてる」ってことに他ならず、この冷却水を循環させるにはポンプが要る。最近の原潜は、低出力運転時(巡航出来るかどうかは疑問)は自然還流で冷却することが出来るらしいが、どっちみち海中で航行するときはポンプを動かすって点に余り変わりはないと言っていい。]

キーワード - [# 《宇宙史を動かす噴出》]

自発的服従 - [ゴミ箱2005-07 - [#コトバがコンピュータを動かす仕組み:機械語への翻訳、電力によって、無限に動き続けようとするように仕組まれている、無限に動こうとするときに、機械語のコマンドに従って動こうとしている。自発的服従。]]

ゴミ箱2006-09 - [##東大出身の参議院議員舛添要一は指摘する。「最近の東大生が理想とするのは、堀江貴文や村上世彰などの東大出身の株式市場の有名人であることが多い。そのため、彼らはたとえ政界に身を投じれば「国家」という巨大な機械を動かすことができると思っても、堀江や村上がそうであるように、儲ける機会のない世界には足を踏み入れない。]

《特別者公理》 - [#キリスト教における《神の視点》とは「モノは自ら動くのではなく、他のモノによって動かされる」「他のモノも他のモノに動かされる、究極的に動かすモノが、この世の世界の外にある」という説明方法。]

『デ・アニマ』 - [「果たしてもし魂が動かされるとすればだが、何よりも感覚対象によって動かされるはずだ、と人は言うことができよう。(したがって魂は「本質的に自己を動かすもの」ではあり得ないだろう。)」p.21]

『デ・アニマ』p.10-20 - [「「(何かを)動かすものは、それ自体も動く」とは限らない・・(『自然学』八5)」p.18]

military shrine - [#呪術は、神や超自然的存在を作用させて、自然界のモノや人間を動かす・変える。]

ゴミ箱2006-07 - [## このように、数年前まで国会ではほとんど審議されず、マスコミもめったに報道せず、財務省の査定もずさんだった特別会計は、官の「沈黙の会計」として、ひそかに都合よく使われてきた。すなわち、特会の財源は各所管省庁が管理・運用し、外部からのチェックなしに実質、意のままにカネを動かすことができる「重宝な資金源」であった。]

《アニマ》 - [#情報は、その受け取り手にとっての意味があるかぎりにおいて情報でありうる。意味があるというのは受け取り手を変化させ、動かす動きを変化させる)という意味である。情報記憶するというのは、受け取り手の内部の状態を変化させることであり、受け取り手を動かすことである。情報は受け取り手に依存する主観的な存在である。]

『群れの中の私』 - [#『なすべきこと』《求める思いこみ》は、《為しつつあるモノ》動かす。]

ゴミ箱2006-05 - [#カメラを動かす代わりに、複数のカメラからの情報を再構成して中間地点での映像を作成できればよい、という提案。]

梵我一如と《めまい》 - [《知りつつあるモノ》《知りつつあるモノの背後者》を見通すということは、《知りつつあるモノの背後者》から《知りつつあるモノ》へともたらされる《ちから》を破壊することである。《知りつつあるモノ》は自らを動かす《ちから》を破壊し、《知りつつあるモノ》は自らの《ちから》を失う。《知りつつあるモノ》《背後者》を知ろうとすればするほど、《知りつつあるモノ》は知る《ちから》を失う。《知りつつあるモノ》《背後者》に迫れば迫るほど、自らの存在原因を失う。 ]

《他者のアニマ》 - [####自己主張が強く、絶対的な力を信じ、その力によって皆を動かすことを好みます。]

ゴミ箱2006-03 - [#指を動かすと、前頭前野が活性化する。目的や意欲をもって指を動かすときに、前頭前野が活性化する。他人とコミュニケーションする時に前頭前野が活性化する。やる気や集中力が前頭前野から発生する。]

『群れの規則』 - [#規則(当為)は《思いこみ》である。《思いこみ》モノ動かす。]

《他者のコトバ》 - [#《モノコトバ》のほうが、ヒト動かす《ちから》が大きいのか?]

《操りつつあるモノ》 - [#主体AがモノBを動かすとき、主体Aを「モノBを《動かしつつあるモノ》」という。]

8次元時空》 - [##実はE=mc2という式は、アインシュタインが作ったものでもなければ、相対論によって始めて導かれたものでもない。純粋に電磁気学的な計算から、電子のような荷電粒子を動かす時の抵抗(慣性に相当する)が、回りの電場のエネルギーの分だけ増えることを電磁気の法則から導かれていた。簡単に言うと、電子を動かそうとすると、回りの電場も動かさなくてはいけない。しかし、電場は電子と全く同じように時間的に変化することはできず、電場の変化は電子の運動に、少し遅れることになる。この遅れた電場は電子を加速と逆方向にひっぱるのである。]

ゴミ箱2006-01 - [##米国財務省元長官のロバート・ルービン氏はウォール街を動かす世界最大の投資銀行ゴールドマン・サックスの元会長。退任後は全米最大の商業銀行シティーグループ会長に就任。]

エニアグラム - [###自己主張が強く、絶対的な力を信じ、その力によって皆を動かすことを好みます。]

ゴミ箱2005-11 - [##(歴史は唯物史観的に動くのではなく生身の人々が動かすものです)]

ゴミ箱2005-10 - [#人々は、彼が知った《他者の思いこみ》に従って動く。命令のコトバ。他者の意図は、命令として機能して、彼を動かす。]

アニマ - [#絵を動かすことによって、絵に魂(アニマ)を吹き込むことをあアニメートという。]

ロジャーズの「自己概念」 - [#個人を動かすもっとも基本的な欲求は、自己自身を維持し、強化し、自律を獲得していこうとする前進的な志向である、とする。]

ゴミ箱2005-08 - [#まず、《私の動き》がなければ状況は見えてこない。《私》世界動かすモノでなければならない。]

ゴミ箱2005-07 - [#どうしてそうなったのかは、おおよそ見当がつく。環境に適応しているのだ。原因は分かるが、対策が分からない。対策も分かるが、対策を実行する方法が分からない。彼の『環境』を変える方法が分からない。人を動かす、という、こと、が分からない。]

《宇宙史を動かす噴出》 - [タイトルに一致 動かす]

《混濁》への見通し - [#《知りつつあるモノ》が意図すると、そのまま《身体》動かす《ちから》になるように思われることである。]

《混濁の世界》の《認識限界》と《背後者》 - [《身体》の特殊性は、《身体》が感じたものはそのまま《知りつつあるモノ》が感じることができること、および、《知りつつあるモノ》が意図すると、そのまま《身体》動かす《ちから》になるように思われることである。]

ゴミ箱2005-06 - [#* 「アコフの目的主義」:これはいまいちかも。研究者が目的を持っていて、その目的の視点で対象を切り出している、というのは事実であるが、それは認識の客観性の限界を示すもの。「知ること自体を目的とする」目的主義が必要だろう。しかし、問題とすべき「目的」とは、対象の側の目的ではないのか? 「システム(個人)を動かすもっとも基本的な欲求は、自己自身を維持し、強化し、自律を獲得していこうとする前進的な志向である、とする。」というロジャーズのシステム目的論。]

《他者》への見通し - [《同質者公理》によれば、《私》の背後にも《背後者回路》がある。しかし、それは、原理的に認識不可能であると思われる。というのは《私》《私》《背後者回路》に気づくことがあるが、《私》によって自覚的に認識された《背後者回路》は、背後から《私》動かすものではなく、《私》の自覚的自我の一部になってしまうからである。]

ゴミ箱2005-02 - [モノから意味を受け取り、表出しつつあるものの作用として、身体や表出動かすこと。]

ゴミ箱2005-05 - [《他者》もまた4次元の筒である。《私》《他者》との関係の中にある。《私》《他者の思いこみ》を知り、《私の思いこみ》は《他者》動かす。]

ゴミ箱2005-04 - [* アリストテレスは、身体は「動かされるモノ」であるとしているが、これは「動かすモノ」としての魂を前提とした立論。]

《個体間関係》への見通し - [《他者》《求める思いこみ》《私》《身体》動かす《私》《求める思いこみ》《私》《身体》動かすのと同じである。そればかりではなく、《私》《身体》は、モノたちとも共振して、モノたちの《求める思いこみ》にも反応して動く。しかし、そのように動いたのでは《私》《身体》は分裂してしまう。それゆえに、《私》は、動かずに、衝動として《私》の隠れた《求める思いこみ》として《私》《身体》の中に《他者》《求める思いこみ》を保持する。しかし、それでも《私》《思いこみ》は破裂してしまう。それゆえに、《私》は、衝動としての《思いこみ》を無害な形で噴出する必要がある。]

Last modified:2007/09/03 19:44:20
Keyword(s):
References: