FrontPage  Index  Search  Changes  wikifarm  Login

《地球》

  1. キーワード《地球》
  2. モノ《地球》

定義

《体外直知時空》の中の、足元に広がるモノ《地球》という。

区別

いわゆる「大地」「地球」と言われるモノについての、たけ(tk)《知った思いこみ》感じたことの記憶の総体を《地球》という。か? ○:。×:《地球》は思い描きじゃない、モノだ。

《私》の足元の《認識限界》の表面を《地面》といい、《地面》の向こう側にあるモノ《地球》という。か? ○:。×:細かすぎる分析はやめよう。

《地球》は『伝聞世界』の中のモノである。か? ○:。×:伝聞としての『地球』は問題にしても『意味』がない。足元に広がるモノ《実感》としての《地球》でなければならない。

《繋がりつつある肉の塊》《地球》

  1. 《地球》《繋がり》の先にあるモノである。
  2. 《繋がり》の先に在る《地球》の中心に鏡を置いて、《地球》からの《見通し》を得よ。
  3. 地球と繋がりつつある肉の塊》。チツニ。
  4. 《地球》への《求める思いこみ》は重力である。
  5. 地球からの視点》。チカシ。チカシ・イシモ・100
  6. 地球からの視点》と《私》からの《視点》。《複眼的視点》。
  7. 人類は《地球からの視点》ではどうでもよいモノであるが、《私》からの《視点》では、どうでもよいという訳にはいかないモノ
  8. 《地表のヒトの群れ》は、《地球からの視点》では、わずらわしい苔のようなモノだが、《私》からの《視点》では、『仲間』である。
  9. 地球からの視点》から見ると、《私》はちっぽけなモノであり、《私》の内部の《思いこみ》はさらにちっぽけなモノである。
  10. 《私》からみると、《地球からの視点》は《私》《思いこみ》である。相互包含関係。相互包含関係は二つの《視点》が在る時の基本的な関係である。
  11. 《私からの視点》からの《地球からの視点》からの《私からの視点》からの『一切』
  12. 《私からの視点》からの《宇宙史からの視点》からの《私からの視点》からの『一切』。《私の視点》からの《宇宙史からの視点》は、仮想的な物理世界の時空の『一切』という《思いこみ》からの《視点》である。《宇宙史からの視点》からの《私からの視点》は、ちっぽけな銀河系のちっぽけな太陽系のちっぽけな《地球》《地表のヒトの群れ》の百億分の一の個体のなかの《視点》である。《私からの視点》からの《宇宙史からの視点》からの《私からの視点》は、仮想的な物理世界の時空の『一切』という《思いこみ》《視点》からの、ちっぽけな銀河系のちっぽけな太陽系のちっぽけな《地球》《地表のヒトの群れ》の百億分の一の個体のなかの《視点》である。それの『一切』といってもちっぽけだなぁ。それの『一切』と、《今・ここの・この肉の塊》『一切』とは同じモノなのか?。《宇宙史からの視点》からの《私からの視点》からの『一切』《思いこみの世界》の中の『一切』である。《思いこみの世界》《今・ここの・この肉の塊》『一切』のごく一部である。相互包含関係。『ちっぽけな《私》』は《思いこみ》である。
  13. そういうことではなくて、《群生相》における《思いこみの世界》とどう向き合うか、という問題。
  14. 《群生相》における《思いこみの世界》とは、『そのように思い込むと、うまく立ち回ることができる』と個体的経験から確信している《思いこみの世界》である。
  15. 地球からの視点》に息を吹き込むこと。
  16. 《宇宙史からの視点》に息を吹き込むこと。ウカシ・イシモ・100。《宇宙史からの視点》からのちっぽけなすべてのモノへの《視点》

《地球》と直交座標

  1. http://ja.wikipedia.org/wiki/太陽系
    1. 太陽系は約220km/sの速度で銀河系内を周回しており、約2億2600万年で銀河系内を1公転する。・・秒速220キロ!!。
  2. http://ja.wikipedia.org/wiki/地球
    1. 平均軌道速度 29.7859 km/s・・秒速30キロ弱!!。

ヒトは大地を見失っているか?

    1. 鈴木大拙
    2. 日本の風土の大地と、中国の風土の大地、インドの、ヨーロッパの・・、では異なる。
    3. 日本の大地は、心を込めて耕せば、多くの見返りを返す。四季の順序で規則的に変動する。穏やか、時に台風・地震、災害は待てばおさまる。
    4. その土地の大地の《アニマ》が、国民性を規定する。
    5. 貴族は大地を見失った。学者も、サラリーマンも、大地を見失う。
    6. 大地を見失ったヒトと、大地に根づいたヒトとがある。

《地球》《地球》《アニマ》

  1. 《地球》《アニマ》《地球》に内在する《思いこみ》は、《地球》の歴史と、死者たちの記憶であるように思われる。

《地球》《地表の出来事》

  1. 《地球》《思いこみ》噴出すると、《地球》の表面から《地球》の内部への《思いこみ》噴出を感じる。その噴出《地表の出来事》からの《思いこみ》噴出である。
  2. 《地表の出来事》とは《私》であり、《私》《近傍物理空間》であり、《私》が知ったさまざまな人類や生物や地表のモノたちについての《知った思いこみ》の総体である。
  3. 《地球》《浄化球》《地球》の内部から体内感覚によって感じるモノであり。《地表の出来事》《地球》の外部から体外感覚によって感じるモノ、体外感覚で知った《地球》の表面である。

《地球》と「地球

  1. 一般に言われている「地球」と、たけ(tk)の用語としての《地球》とは同じか?

《地球》と「大地」

  1. 「大地」は、科学的知見によれば、球状のモノなのである。

《地球》「ロビタの大自然」

  1. 「ビルは山、クルマの流れは川のせせらぎ」の「ロビタの大自然」
Last modified:2008/02/10 01:20:46
Keyword(s):
References:[《息しつつあるモノ》]