FrontPage  Index  Search  Changes  wikifarm  Login

体外世界

キーワード→《体外世界

定義

区別

体外世界》と《近傍物理空間》

  1. 同じか? ○:。×:。

体外世界》と客観世界

  1. 同じか? ○:《視点》を問わない点では同じである。《知りつつあるモノ》《混濁しつつある身体》の中に消滅している。×:客観世界には体内世界も含む。《視点》が異なる。客観世界は『主体がなくても存在する世界』という《思い描き》である。

検索

《息しつつあるモノ》 - [#3 《体外世界》]

《極座標の原点》 - [#《体細胞の群れ》《極座標の原点》というのは、《群れ》の中の情報流通の循環を意味する。情報循環《体細胞の群れ》の外部から体外世界情報を仕入れ、体外世界の中で《群れ》《動き》を作り出す。その情報入手と《動き》の重心が《極座標の原点》である。重心というのは仮想的なモノ《群れ》の重心。・・《思いこみの個体内循環》と言っていた奴だな。]

《思いこみ》 - [#《法灯明》は《自灯明》と同じ。か? 法灯明は、体外世界の《自灯明》である、か? 付近を照らし、《透明化》し、空洞化して、《浄化》する、という点では同じモノ。]

モノ - [#しかし、それを《息しつつあるモノ》《視点》からみると、いびつな線上に並んだ別のモノたちとして見えてくる。そもそも、体外世界の複数のモノたちが、主観からの一本の直線の上に並ぶことは有り得ないではないか。]

《他者からの思いこみ》 - [#《他者》《身体》の外部世界からの《他者》《極座標の原点》を通した《他者からの思いこみ》《他者》体外世界《他者》《身体》による認知→《他者》の体内世界《知った思いこみ》《他者》《極座標の原点》《他者》の背後者世界《他者》《極座標の原点》《他者》の《動く思いこみ》→《他者》の体内世界《他者》《身体》《動き》《他者》体外世界《私》《他者からの思いこみ》。]

《思いこみの噴出》 - [##→個体外への《噴出》体外世界への《噴出》)]

《混濁》 - [#《混濁》《混濁しつつある身体》と混濁していない体外世界とに分離する。]

《プログラミング・オブジェクト》 - [#このヒト、この《肉の塊》はイシイのうちの一つである。体内世界体外世界《身体》表面の区分はイシイのうちの一つである。]

今・ここ》 - [《息しつつあるモノ》 - [#《息しつつあるモノ》世界は、《今・ここの・この肉の塊》《体内世界》−《体外世界》−モノたちの《体内世界》]]

《今・ここの・この肉の塊》 - [『一切』 - [#《息しつつあるモノ》《視点》においては、『一切』は、《今・ここの・この肉の塊》と、《体内世界》と《体外世界》とで構成される。]]

『精神哲学』 - [* 《体内感覚世界》が虚数軸というのは違うだろう。単に、対外世界と異なり、手で測ることができない、また、空間定位が曖昧であるということ、また、《思いこみ》への《入り込み》によって、物質的空間性を見失ってしまう、ということに過ぎない。本当の虚数軸(非物質性)は《知りつつあるモノ》の背後にある世界においてのみである。おそらく、《背後者世界》《体内感覚世界》との混同があるのであろう。まあ、《体内世界》においては両者は一つなのであるから、混同してもかまわない。区別が在るのは《知りつつあるモノ》《知られつつある世界》《背後者世界》とを分割する場面においてのみである。・・てか、区別しているのは、たけ(tk)じゃん。てか、体内世界は物質的存在である。だから、誤り。物質的存在であるのに、認識経路が異なるので、対外世界とは違ったモノのように見えるということ。まあ、物質とは体外世界モノであるとするなら、体内世界モノは非物質的ではある(定義の問題)。]

循環》 - [《極座標の原点》 - [#《体細胞の群れ》《極座標の原点》というのは、《群れ》の中の情報流通の循環を意味する。情報循環《体細胞の群れ》の外部から体外世界情報を仕入れ、体外世界の中で《群れ》《動き》を作り出す。その情報入手と《動き》の重心が《極座標の原点》である。重心というのは仮想的なモノ《群れ》の重心。・・《思いこみの個体内循環》と言っていた奴だな。]]

《体内世界》 - [##《肉の塊》の外部の世界=《体外世界》=とに分離する。]

古い概要1 - [#《息しつつあるモノ》《体内世界》と《体内思いこみ》→《体外世界》と《体外思いこみ》、《私からの思いこみ》→《近傍物理空間》と《モノたちからの思いこみ》。→モノたち、ヒトたち。]

『一切』 - [#《息しつつあるモノ》《視点》においては、『一切』は、《今・ここの・この肉の塊》と、その内部の《世界》である《体内世界》と、外部の《世界》である《体外世界》とで構成される。]

《背後者世界》 - [#世界は《体外世界》と《体内世界》とに分かれる。]

絶望』 - [#《思いこみの世界》の『絶望』(液体状)→《身体》の『絶望』(固体状)→空間の『絶望』(気体状)→モノたちの『絶望』(粒状)→固体状の『絶望』(眠り?、《宇宙史》?)→液体状の『絶望』(夢?《思いこみ》?)→《今・ここの・このモノ》の『絶望』→《体内感覚世界》の中のモノたちの『絶望』。《体内世界》モノたちの『絶望』。((《体内感覚世界》《知った思いこみ》の前面世界であるが、《体内世界》《息しつつあるモノ》世界であり、《知った思いこみ》《背後者世界》を含む))→《体外世界》のモノたちからの『絶望』。→《今・ここの・この世界》の『絶望』の《噴出》《息しつつあるモノ》への《噴出》《息しつつある複素時空》からの『絶望』の《噴出》《息しつつある複素時空》《背後者》からの『絶望』の《噴出》。→後頭部の《痛み》もしくは《ちから》記憶《噴出》。『絶望』の原因となった諸々の記憶《動き》《状況》記憶噴出。→《他者》たちへの記憶。→意志、頭の中央後部の肉の《ちから》としての意志。]

《息しつつある背後者回路》 - [モノ - [#しかし、それを《息しつつあるモノ》《視点》からみると、いびつな線上に並んだ別のモノたちとして見えてくる。そもそも、体外世界の複数のモノたちが、主観からの一本の直線の上に並ぶことは有り得ないではないか。][#説明を求める《背後者回路》は?]]

《群れのアニマ》 - [#《体細胞の群れ》《極座標の原点》というのは、《群れ》の中の情報流通の循環を意味する。情報循環《体細胞の群れ》の外部から体外世界情報を仕入れ、体外世界の中で《群れ》《動き》を作り出す。その情報入手と《動き》の重心が《極座標の原点》である。重心というのは仮想的なモノ《群れ》の重心。]

Last modified:2007/10/18 00:20:24
Keyword(s):
References: