FrontPage  Index  Search  Changes  wikifarm  Login

多次元輪郭空間

キーワード多次元輪郭空間

定義

多次元の輪郭空間。(^^;)

輪郭空間というのは、モノの輪郭を再構成する場所のこと。

  1. モノを片目で見れば平面的な二次元の輪郭空間で輪郭が再構成される。
  2. モノを両目で見たり、片目だけでも自分が移動したり、モノを回したりすれば、モノの輪郭は3次元の輪郭空間の中で再構成される。
  3. モノ時間の中で再構成すれば、4次元の時空の輪郭空間の中でモノの輪郭が再構成される。
  4. モノを各種の理論的な分析の視点で見れば、異なった輪郭が浮かび上がる。それらの異なった輪郭を統合した輪郭への《見通し》を得るためには、多次元の輪郭空間の中でそのモノの輪郭を再構成すればよいということになる。

一次元の世界、一つの座標軸(数直線)だけで記述可能な世界で考えてみる。

  1. 《私》は一次元世界の原点(O)=値(0)の位置にあり、《他者》Aが点A=値(a)の位置にあるとする。《私》世界においては、《私》は原点(0)の位置から値(a)の位置に《他者》Aを見通すことができる。
  2. 《私》世界《他者》Aの世界座標変換するには、《私》世界でのそれぞれのモノの座標値から値「a」を引くだけでよい。《他者》Aの世界においては、《私》は値(-a)の位置にあり、《他者》A自身は値(0)の位置、すなわち原点に在る。
  3. 一次元の世界の単純な座標変換においては必要なパラメータは差し引きべき「a」という値だけである。(縮尺の違いや歪みは無いものとする)。
  4. 座標変換に必要なパラメータが一つなので、《私》の一次元世界に直交するように座標変換に必要なパラメータの値の座標軸を一つ追加する。
  5. これで、《私》は二次元の平面的な世界に置かれることになる。これが多次元輪郭空間の最も単純な形である。
  6. この多次元輪郭空間においては、《他者》世界における《私》は、値(-a,-a)の位置にあることになる。平面上の下に値(a)だけ移動し(これで《他者》の一次元世界に移動する)そこから値(-a)だけ移動した位置(左にa移動した位置)に「《他者》Aの世界における《私》」が存在する。
  7. 《私》を原点とする二次元の多次元輪郭空間において、「《他者》Aの世界における《私》」は左下(-a,-a)の位置に見通すことができるようになる。
  8. 多次元輪郭空間の最初の引数は、0である場合には「《私》世界」をあらわす。
  9. 多次元輪郭空間の最初の引数が(-a)であれば「《他者》Aの世界」をあらわすことになるだろう。
  10. 多次元輪郭空間における値(0,a)の位置には「《私》世界における《他者》A」がある。
  11. 《他者》Xの世界における《私》」は(-x,-x)で表され、「任意の《他者》世界における《私》」は(-x,-x)の集合、すなわち、正比例の直線のグラフになる。それが多次元輪郭空間における「任意の《他者》世界における《私》」の輪郭である。「任意の《他者》世界における《他者》A」の輪郭も同様に多次元輪郭空間の中の直線のグラフになる。
  12. この直線が一つのモノをあらわすのであるから、これを点に変換する。ただし、これでは、すべての位置から見た輪郭が重なってしまうので、パラメータ値を角度に変換するか、座標軸の原点をずらした直線上に《他者》世界が生じるようにする。いずれにしても三次元の座標系になる。主観系と客体系の裏表がある二次元空間でもよい。
  13. 一つのモノにたくさんの輪郭が生じる。たくさんの輪郭があるが一つのモノであり。その輪郭は多次元の空間の中で一つの多次元の輪郭として把握することができる。

ヒトが、自分の本来の見方を保持しながら、他人の見方でも物事を見ることができるなら、ヒトは既に多次元輪郭空間を知っている、というべきである。

区別

名前は?

  1. 多次元輪郭空間》? ○:。×:。
  2. 《視点配置空間》? ○:。×:。

《モノの世界》《視点》と、《モノの世界》の中のモノたちからの《視点》

  1. 《モノの世界》自体の《視点》では、『よい』『わるい』はない。すべての存在するモノ『よい』ものである。
  2. モノたちからの《視点》においては、それぞれのモノにとっての『よい』モノ、『わるい』モノがある。モノ目的がある、か? モノ目的はそのモノの存在の持続である、か?

《視点》『よい』『わるい』

  1. 《視点》を固定するなら、かつ、それが目的的な《視点》であるなら、『よい』『わるい』が判定可能。『よい』『わるい』の座標軸が現れる? 他の《視点》に対して『よい』《視点》、『わるい』《視点》の区別が出てくる。
  2. 《視点》目的性とは、『いまの《モノの世界》』とは異なる『未来の《モノの世界》』のあり方への《求める思いこみ》である。その差が目的性の座標軸である。その座標軸において、『未来の《モノの世界》』に近づく要素となりうるモノ『よい』モノであり、それを阻害するモノが『わるい』モノである。
  3. 《モノの世界》からの逸脱の方向が《求める思いこみ》の方向であり、目的的な《視点》の方向である。《視点配置空間》における目的的な《視点》が位置する方向である。
  4. 《視点》配置空間の原点は《モノの世界》である。

「多次元座標空間における方向」と《視点配置空間》

  1. 方向は角度で表わすことができる、か? ○:。×:。
  2. 方向はベクトル成分で表わすことができる、か? ○:。×:。

イデア主義の《視点》《モノの世界》《視点》

  1. 《コトバの世界》(論理的整合性をもったコトバの体系、公理系)の《視点》

目的的な《視点》と観想的な《視点》

  1. 目的性の《視点のパラメータ》
  2. 目的性には多様な方向がある。
    1. 目的性の《視点のパラメータ》は一つではない。
    2. 目的性の《視点のパラメータ》は一つであり、目的性の強さを表わす。

《他者》からの《視点》と《視点配置空間》

  1. 我々は《他者》からの《視点》を理解することができる。《他者》からの《視点》《私》からの《視点》とが違っていることも知っている。《他者》《視点》《私》《視点》とが、どのように違うのかも、うすうす理解している。
  2. 我々が、《他者》からの《視点》を、《私》からの《視点》との違いを理解するとき、我々は、《他者》からの《視点》《私》からの《視点》とを《視点配置空間》に配置して理解しているということができる。
  3. 《視点》の違いは、《視点配置空間》における《視点》の場所に違いに還元することができる。場所の違いは方向と距離で表わすことができる。((もちろん、その「方向」(《視点》の違いを指し示す方向)は3次元空間の方向ではない、3次元空間から見れば虚の方向である))。

《他者》からの《視点》多次元輪郭空間

  1. 《私》《他者》《視点》からの輪郭を把握しているわけではない。

双極座標《視点配置座標》

  1. 両眼は主として、方向の差からモノを把握する。三角形の底辺とその角度で頂点の位置が決まる。

《視点配置空間》と多次元輪郭空間

  1. 名前が決まらぬ。
  2. 「輪郭」か「視点」か?
  3. 世界」か「空間」か「座標」か?

《視点配置座標》多次元輪郭空間

  1. 多次元輪郭空間《視点》を配置する座標空間なのだ。
  2. 同一のモノの輪郭の違いから、《視点》の違いを逆算する。というのが多次元輪郭空間

《視点分布空間》と《多次元輪郭空間

  1. 《視点分布空間》のほうが分かりやすいか?
  2. 視点分布の座標軸。《群れ》の「内側からの《視点》⇔外側からの《視点》」の《視点分布の座標軸》(《群生相》《視点》《孤独相》《視点》)。《群れ》の「上からの《視点》⇔下からの《視点》」の《視点分布の座標軸》(《おおやけ》《視点》⇔《わたくし》の《視点》)。
  3. 絶対者の《視点》⇔相対者の《視点》。個体の内側からの《視点》⇔個体の外側からの《視点》
  4. 《動きつつあるモノ》《視点》ルールの上に在る。《知りつつあるモノ》《視点》ルールの下に在る。

《複眼的視点》と《多次元輪郭空間

  1. 《複眼的視点》の方が、用語として、分かりやすいのではないか?
  2. 《視点のパラメータ》は両眼の位置を記述すること。《複眼的視点》のそれぞれの《視点》の位置を記述するパラメータのこと。
  3. ××は、外から見れば××であり、内から見れば××である。原因から見れば××であり、結果から見れば××である。

多次元輪郭世界《複素数の時空》

  1. 基本的には無関係? 《多次元輪郭空間》と《複素数の時空》とは無関係。
  2. 多次元輪郭空間》は理念型であり、《多次元輪郭世界》は主観的世界である。
  3. 多次元輪郭世界》は《近傍物理空間》《複素数の時空》の延長にある。
  4. 《複素数の時空》は3次元的な《視点》に、《背後者》《視点》への《視点のパラメータ》の座標軸を加えた多次元輪郭世界である。《多次元輪郭空間》の単純な形。
  5. 多次元輪郭世界》は、《多次元輪郭空間》の座標軸の原点を、《今・ここの・このモノ》《視点》に置いた場合の《多次元輪郭空間》である。
  6. 多次元輪郭世界》は、《多次元輪郭空間》の《思いこみ》《今・ここの・このモノ》《視点》重ね合わせたものである。

多次元輪郭空間》とミラーニューロン

  1. 我々が《他者》《視点》モノを見ることができるのは、ミラーニューロンの働きらしい。

多次元輪郭空間》と《視点》

  1. 多次元輪郭空間》はさまざまな《視点》を統合するための座標系である。
  2. 多次元輪郭空間》はそれ自体としてひとつの《視点》である。《多次元輪郭空間》の《視点》がある。
  3. 多次元輪郭空間》の《視点》《今・ここの・このモノ》《視点》とは異なる。《今・ここの・このモノ》《視点》から、《私》は、《多次元輪郭空間》の《視点》見通し、それを鏡としてそこからさまざまな《視点》を見通す。
  4. 多次元輪郭空間》の《視点》は、《多次元輪郭空間》の座標系の原点の《視点》である。原点はどこにおいても構わない。
  5. 多次元輪郭空間》の座標系の原点を、《今・ここの・このモノ》《視点》の位置に置くことが可能である。
  6. 多次元輪郭空間》の座標系の原点を、《あの時・あの場所の・あのヒト》の《視点》の位置に置くことが可能である。
  7. 多次元輪郭空間》の《視点》は、《道具的な思いこみ》のひとつとしての《多次元輪郭空間》の位置に置いた方が記述しやすいだろう。

《道具的な思いこみ》《視点》と《多次元輪郭空間

  1. 《道具的な思いこみ》《視点》があるか? 《思いこみ》《視点》があるか?
  2. 《思いこみ》《視点》は、《今・ここの・このモノ》《視点》から見て、《思いこみ》の中にある。《今・ここの・このモノ》《身体》の中の《思いこみ》の中にある。実際には、心の作用であり、《身体》の中にあるのだが、《身体》の外部あるように感じられる。《身体》の外部のものに《重ね合わせ》ることもできる。虚数軸の方向にある。虚数軸の方向に膨らんだ《身体》の中にある。《虚数軸の方向に膨らんだ身体》。《重ね合わせ》とは、虚数軸方向にある《思いこみ》を、実数方向にある《身体》外部のもの、や、別の《思いこみ》などに重ね合わせることである。

多次元輪郭空間》と《多次元輪郭座標》

  1. 多次元輪郭空間》は座標系である。
  2. 多次元輪郭空間》ではなく《多次元輪郭座標》と言うべきか?

多次元輪郭空間》と《他者の思いこみ》

  1. 多次元輪郭空間》は《他者の思いこみ》を理解するための座標系なのか。

多次元輪郭空間》と《混濁》

  1. 《今・ここの・このヒト》の《今・ここの・この視点》が《多次元輪郭空間》の絶対的原点である。《今・ここの・このモノ》《視点》
  2. 今・ここの・この視点》のまわりに《多次元輪郭空間》を想定すること。その《多次元輪郭空間》に、かつて知ったことのあるすべての《視点》を配置すること。配置したすべての《視点》に鏡を置いて、《今・ここの・この視点》からその鏡を通して世界を見ること。
    1. 科学の視点》
    2. 革命家の《視点》
    3. ブッダ《視点》
    4. アリストテレスの《視点》
    5. さまざまなヒト《視点》
    6. 数学の《視点》
    7. さまざまな《思いこみ》《視点》
    8. ・・・・
  3. 多次元輪郭空間》は《混濁》ノイズである。《多次元輪郭空間》のノイズによって《混濁》は《多次元輪郭空間》の世界になる。《多次元輪郭空間》は座標軸たちとモノたちと《視点》たちとに分離する。《混濁》に「《視点》たち」をノイズとして追加すると《多次元輪郭空間》になる。

呼吸停止の実験は、《今・ここの・この視点》から見ると主観的体験である。《今・ここの・この視点》から《脳科学の視点》を通してみると、ニューロンの現象である。《今・ここの・この視点》から《他者》《視点》を通してみると、アホな変人の奇妙な行動である。

  1. 『なすべきこと』《視点》から見るとどう見えるのか、《私》が捨ててしまった《視点》を復活させて、その《視点》を通して見ること。
  2. 《今・ここの・このモノ》《視点》、《今・ここの・このモノの・視点》

3次元世界《視点のパラメータ》

  1. 3次元世界の場合には《視点のパラメータ》は、《彼》の位置に極座標と鏡を置くだけでOK?
  2. 《彼》の《視点》は3次元世界の中にあるか?

多次元輪郭世界と《多次元輪郭空間

  1. うむ・・。
  2. 《私》《視点》を中心とした《多次元輪郭空間》が多次元輪郭世界・・、て、《多次元輪郭空間》の絶対的中心は《私》の《今・ここの・この視点》である、と言っているのだから、同じじゃん。

多次元輪郭空間とゴルトシュタインの「抽象的態度」

  1. 「事態に対して種々の角度から考え、本質的な面を拾いあげ、全事態に適するように行動しようとする態度を、抽象的態度という。それは積極的かつ想像的態度であり、外界の刺激に直接規定されない行動を起させる」(p.312、9-4『心理学の基礎知識』)だそうな。
  2. 《思いこみ》の内部に想定された、「種々の角度から事態を考えることができる空間」だら、多次元輪郭空間
  3. ゴルトシュタインの「抽象的態度」は、多次元輪郭空間《思いこみの世界》の中に事態を置く《思いこみつつあるモノ》である、と言えそうだ。
  4. 「抽象的」態度というのは「《思いこみの世界》における」態度。

多次元輪郭空間世界

  1. モノ多次元輪郭空間の中に在るのか?
  2. モノの輪郭は視点に依存する。多次元輪郭空間は複数の視点による複数の輪郭の統合の方法である。
  3. モノ世界は視点に依存するのか? モノは、認識者の存在の有無に関らず存在する、客観的なモノである。モノ世界もまた、認識者の存在の有無に関らず存在する、客観的なモノである。客観的なモノとしてのモノやそのモノ世界は、視点には依存しない。
  4. モノ《私》記憶である。モノは、《私》がそのモノとの接触によって感じ取ったものの総体である。感じ取ったものの総体を《私》の輪郭空間の中で再構成した輪郭である。
  5. 《私》世界座標変換パラメータ軸が存在するなら、《同質者公理》によれば、モノ世界にも座標変換パラメータ軸が存在する。すなわち、モノ多次元輪郭世界の中に在る。

多次元輪郭世界多次元輪郭空間

  1. 《私》世界としての多次元輪郭空間多次元輪郭世界という。
  2. 《私》世界の座標軸に座標変換パラメータ軸を加えたものを《私》多次元輪郭世界という。
  3. 《浄化球》からの視線における輪郭と、《知りつつあるモノ》からの視線における輪郭とでは差異がある。《知りつつあるモノ》の視点から《浄化球》への視点への座標変換のパラメータの座標軸を《私》世界に追加すること。
  4. ジョウキュウ・タリセ。《浄化球》《知りつつあるモノ》とを、多次元輪郭世界の中に置くこと。

《入り込み》多次元輪郭世界

  1. 《入り込み》における視点の移動は、多次元輪郭空間における視点の移動の元になる。
  2. 《入り込み》による《視点の移動》の問題点は、《入り込み》よって新たに獲得した世界は、前の世界とは別の世界である、ということ。前の世界と後の世界との関連が見つからないということ。それを関連つけるものが座標変換パラメータである。《入り込み》による後の世界と前の世界とを統合するために、座標変換パラメータ軸を加えたものが多次元輪郭世界である。

鏡による鏡像への視線と多次元輪郭世界での視線

  1. 鏡像への視線は、多次元輪郭世界での視線のアナロジーとしては分かりやすい。
  2. 鏡像への視線は、屈折している。多次元輪郭世界での視線は屈折した視線も可能だが、直接の視線が可能になる。

科学からの輪郭と《私》からの輪郭と多次元輪郭空間

  1. 科学からの視線は《思いこみの世界》入り込んだ《知りつつあるモノ》からの視線である。
  2. 《私》の視線で構成される世界から科学の視線で構成される世界への座標変換のパラメータを、《私》世界の座標軸に加える。《私》世界多次元輪郭空間に変換する。《私》世界としての多次元輪郭空間多次元輪郭世界という。
  3. 《私》世界多次元輪郭世界か? 《私》の《今ここ》から別の視点からの視線を通して見通すこと。《今ここ》からの視線から別の視線に変換するパラメータ。は、《今ここ》からの視線において《別の視点》を記述するためのパラメータのマイナス値であろう。別の視点において《私》の《今ここ》の視点を記述するためのパラメータを差し引くことが座標変換になる。座標変換パラメータ軸。《私》世界の座標軸に座標変換パラメータ軸を加える。《私》の視線において科学の視線の視点が(x)の位置に見通され、科学の視線において《私》の《今ここ》が(-x)で表されるなら、座標変換パラメータ軸を(-x)移動した地点に科学の視線の世界が広がり、その世界において《私》は(-x)の位置に存在する。《私》は、《私》多次元輪郭世界において(-x,-x)を見通すことによって「科学世界における《私》」を見通すことができる。《私》は、《私》多次元輪郭世界において(-x)を見通すことによって「科学世界」から《見通し》を、《私》《見通し》として見通すことができる。(実際には、傾き、縮尺、ゆがみ方の補正が必要なので、パラメータはたくさん必要であろう)。

《浄化球》多次元輪郭空間

  1. ジョウキュウ・タリク。

多次元輪郭空間《知った思いこみ》

  1. 再構成というのだから、《知った思いこみ》への再構成である。
  2. 多次元輪郭空間《知った思いこみ》《思いこみの世界》である。《知りつつあるモノ》が存在する場所である。《知りつつあるモノ》世界である。《知りつつあるモノ》多次元輪郭空間という《思いこみの世界》入り込むこと。
  3. 多次元輪郭空間《知った思いこみ》を得るための《道具的な思いこみ》である。《道具的な思いこみ》というのは何らかの《求める思いこみ》目的の手段として、あえて思いこむことによって作り出した《思いこみ》のことを言う。
Last modified:2008/02/18 20:50:25
Keyword(s):
References:[《視点配置座標》]