FrontPage  Index  Search  Changes  wikifarm  Login

世代循環

キーワード世代循環

定義

修羅・地獄の世代→天上・人間の世代→畜生・餓鬼の世代→修羅・地獄の世代という循環が行われる、という《思いこみ》

  1. 戦争の時代に育った人々は修羅(闘争心)と地獄(被害)を体験する世代。
  2. 戦争の時代に育った人々は理想(天上)を求め、戦争が終わると理想を実現する制度を作る。
  3. 理想的な制度の時代に育った人々は、天上(理想)と人間(じんかん、理想への追従)を体験する。
  4. 理想的な制度の下で、人々は、自己の欲望の充足に励むようになる。
  5. 欲望が解放された時代に育った人々は、理想は過去の遺物として蔑むようになり、畜生(欲望追求)と餓鬼(欲求不満)を体験する世代である。
  6. 欲望充足のために、制度は徐々に骨抜きにされ、争いが徐々に拡大していく。小さな争いを隠蔽していくうちに、争いの規模は大きくなっていく。そして、戦争や革命の時代になる。
  7. ヒトは、歴史の記憶を持って生まれてくるのではない。自分が育った時代状況が、彼の『現実』なのである。歴史から学ぶヒトは小数である。大多数は歴史から学ぶことはない。歴史から学ばない大多数の人々が、その時代を作っていくのである。

適切な名前が決まっていない。

  1. [3/三/(なし)][世代/時代/六道/修天畜]循環[説/論/(なし)]
  2. 修天畜世代循環論? ○:。×:。
  3. 六道世代循環論? ○:。×:循環するのは、世代か、時代か。
  4. 六道循環論? ○:。×:。

区別

サーカー氏が見出した『社会循環の法則』と世代循環

  1. http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4901318535/asyuracom-22
    1. 私の理解している限りでは、ラビ・バトラ氏がこれまでの著作で述べてきたことが、本書では“簡にして要を得る”形でまとめられている。
    2. “労働者の時代→武人の時代→知識人の時代→富裕者の時代→労働者の時代(社会革命)→武人の時代→・・・”、という著者の恩師であるP.R.サーカー氏が見出した『社会循環の法則』によれば、2010年頃に「アメリカ革命」が起こることは必然と説く。
    3. 2006年での各国の状況を『社会循環の法則』に当てはめた紹介がある。中国は「武人の時代」のピークにいる。欧米・印度・中南米は「富裕者の時代」の末期にあって「社会革命」を迎えようとしており、その後は「武人の時代」に突入する。ロシアとイスラムは「知識人の時代」の初期にあるため、「武人の時代」にある国と連携する可能性がある。日本だけが「富裕者の時代」のピークにあって、「武人の時代」にある国々から排斥される。これを読む限り、日本が一番深刻な状況に置かれるようだ。
    4. これまでの著作では、共産主義と資本主義の崩壊後には新しい経済システム「プラウト」が生まれると述べていた。その「プラウト」が日本で一番最初に実現すると述べてきたのは、日本が最悪の状況に直面するからなのだろうか?
  2. 労働者の時代(社会革命)→武人の時代:修羅の時代
  3. 知識人の時代:天上の時代
  4. 富裕者の時代:畜生の時代
  5. 労働者の時代(社会革命)→武人の時代:修羅の時代

何故、政治権力者は、経済権力の畜生原理に従属するのか?

  1. 経済学者に言わせれば、「当然だ。《ヒトの群れ》は経済原理で動いているのだ」というだろう。しかし、政治が経済原理で動けば、貧困と戦争にならざるをえない。経済学者曰く「戦争も経済原理で生じるのだ」とかや。戦争が終わった後の理想的制度も、経済学者曰く「制度も経済原理で作られるのだ」とかや。しかし、経済学者は、じっさいには、なんにも説明していないのだけどね。
  2. シャウプ税制の骨抜き化。
  3. 律令制における荘園の免税化。
  4. 経済権力のほうが政治権力よりも強い、というのは、残念ながら、事実だけどね。

権力の正当性と暴力性と、天上−畜生−修羅の循環論:

  1. 権力のの正当性と暴力性というのは権力の天上性と修羅性と言い換えることができる。 時間循環でなく同時的共存が必要という理論だな。同時的共存が必要である、という理論にもかかわらず、一度確立された正当性は時間とともに修羅のカオスに至る、というのが時間循環論。
  2. 権力が人体の脳の役割を果たすようになるためには、権力を構成する人々が、ニューロンのような単機能な・過酷な役割に耐えなければならない。
  3. 権力の三要素。
    1. 暴力(修羅:警察、軍隊)、
    2. 金力(畜生:税金、公務員給与、福祉)、
    3. 知力(天上:情報収集、プロパガンダ)。

律令制と世代循環

  1. 白村江(修羅)→律令制、公地公民制(天上)→荘園制(畜生)→戦国時代(修羅)→徳川(天上)→元禄(畜生)→幕末(修羅)→明治初期(天上)→大正時代(畜生)→太平洋戦争(修羅)→戦後(天上)→高度成長(畜生)→??(修羅)

「親は働く、子は楽をする、孫は河原で 乞食する」と世代循環 http://asyura2.com/0510/idletalk16/msg/274.html

    1. 「親は働く(初代は貧乏から抜け出そうと懸命に働き豊かになる、修羅)、
    2. 子は楽をする(2代目は、1代目の遺した財産で幸福に暮らす、天上)、
    3. 孫は河原で乞食する(贅沢な暮らししか知らずに財産を食い潰した三代目は、初代の頃よりもっと貧乏になる、餓鬼)」
  1. 7775だね。

検索

《サル山のサル》 - [#3時代循環論。畜生の繁栄の後の世代が『夢』を失うのは、自然だ。][#3時代循環論。畜生の繁栄の後の世代が『夢』を失うのは、自然だ。] 《他者の思いこみ》 - [#前の世代には天上の当為であったモノが、次の世代には天上からの抑圧の存在となる。][#極座標モデルからいえば、情報の内部循環。アウトプット情報が内部で循環してインプットされる状態。]

《ヒトの群れ》 - [《ヒトの群れ》六道循環説、修羅・天上・畜生の循環、3世代循環論。三世代循環論。修天畜循環。][#それらは資本制生産様式が作りだしたヒトの群れの苦しみである。資本制生産様式にはメリットがある。メリットがあるから現在しているのである。資本制生産様式はヒトの群れの活動性を活発化させ、ヒトの群れの中の富の循環を活発化させる。]

ゴミ箱2007-02 - [##これら人物が米国により戦犯容疑者から無罪放免してもらい、その代わりに米国の手先になって米国の日本占領に加担したという、いわゆる戦後の暗黒史が実は歴史的事実だったということを、ここであらためて我々に確認させてくれたことにある。昭和の歴史を体験している人々が死んでいき、戦後生まれの世代が日本人の大勢となる時代が来ようとしている今日こそ、暗黒史を正史として残す作業は誰かの手で続けられなければならないのだ。][##いざなぎ景気を超える長期の経済成長を記録しながら、労働条件は劣化を極めワーキングプアと呼ばれるグループに属する労働者を急増させてしまった。ドル資本が計上した収益は、日本の市場で循環することなくアメリカ本国へと還っていったからだった。これによって日本市場には流動性の厚みというものが失われ、名目上の数字は伸びても国民に還元されるべき余沢が消えてしまったのである。]

ゴミ箱2007-01 - [## 今の日本を覆う暗雲は、合成の誤謬に由来している。個々の企業は労働コストを削減するために非正規雇用を増やし、サービス残業を強いている。その結果、低賃金労働を余儀なくされる若年世代はとても家族を持つ余裕などなく、少子化は一層加速する。その悪循環は分っていても、厳しい競争にさらされている個々の企業は、雇用の仕組みを自分だけかえるインセンティブを持たない。一社だけで社員を大事にしても、他社が変わらなければ競争に負けるだけである。こういう問題こそ、頂上団体が取り組むべきである。個々の会社の利害を超えて、日本社会の持続的発展を図るために経営者が何をなすべきか理念と方法を示すのが、経済団体の役割ではないか。][## 今の日本を覆う暗雲は、合成の誤謬に由来している。個々の企業は労働コストを削減するために非正規雇用を増やし、サービス残業を強いている。その結果、低賃金労働を余儀なくされる若年世代はとても家族を持つ余裕などなく、少子化は一層加速する。その悪循環は分っていても、厳しい競争にさらされている個々の企業は、雇用の仕組みを自分だけかえるインセンティブを持たない。一社だけで社員を大事にしても、他社が変わらなければ競争に負けるだけである。こういう問題こそ、頂上団体が取り組むべきである。個々の会社の利害を超えて、日本社会の持続的発展を図るために経営者が何をなすべきか理念と方法を示すのが、経済団体の役割ではないか。]

ゴミ箱2006-11 - [##だが数年後、思わぬ形でしっぺ返しを受けることになる。「二〇〇七年から団塊世代が定年を迎えます。その数は五年で全杜員の二割強。ところがこの一〇年、各職場に配属された新人はトータルでひとりいるかいないか。後継者の育成がまったくできていない・・・現場はいま大混乱です」][##原子炉が動くっていうことは、すなわち「炉心冷却水が常時動いてる」ってことに他ならず、この冷却水を循環させるにはポンプが要る。最近の原潜は、低出力運転時(巡航出来るかどうかは疑問)は自然還流で冷却することが出来るらしいが、どっちみち海中で航行するときはポンプを動かすって点に余り変わりはないと言っていい。]

ゴミ箱2006-07 - [##ネットの中立性の破棄を目論む側は、こうした意見を単なる過剰反応だとして片づけており、アメリカにおいて次世代のインターネットインフラストラクチャを構築しようとすれば参加者の全員一致が求められるため、むしろネットの中立性こそがブロードバンドプロバイダをして二の足を踏ませているのだと主張している。][##悪循環の山。 ]

ゴミ箱2006-06 - [## 雨宮処凛(アマミヤ・カリン)という30代の作家の「次世代と愛国心」に関する意見(朝日新聞5/19)を読んで、考えさせられました。][##オートポイエイシスは、初めに構成要素が存在するのでなく、システムが作動することよって構想要素が産出され、次に産出された構成要素間の関係によってシステムが再産出される循環関係をとるシステムである。]

六道 - [世代論と六道][三時代循環説]

ゴミ箱2006-04 - [##全共闘世代の責任も重い。ちまちました「個人」に収斂せず、大いに声をあげよ。もうすでに声をあげている人には申し訳ないが、60年代後半から70年にかけて「戦後民主主義の欺瞞」を告発した学生諸君。現代版治安維持法が可決・成立しようとしている時に「完全黙秘」はないでしょう。人間としての誇りをかけて、この11日間、あなた方が声をあげれば日本は変わる。][#ホモンクルスという表現はよくない。脳内小人のイメージが強過ぎる。《知りつつあるモノ》世界(感覚情報処理領域)から《背後者》志向性情報処理領域)への《思いこみ》噴出のゲートである。「感覚と行動のサイクルのうち、感覚から行動までの間が私で、行動から次の感覚までの間が私以外」(ジャック天野)なのである。《知りつつあるモノ》個体内循環の入力ゲートなのである。《私》個体内循環の入力ゲートと出力ゲートを一つにまとめたモノだろう。]

ゴミ箱2006-03 - [##[概要]防衛庁はミサイル防衛(MD)システムで日米が共同技術研究を進めている次世代型迎撃ミサイルで、日本が担当している「ノーズコーン」の性能を確認するハワイ沖での試験に成功したと発表した。ノーズコーンは海上配備型迎撃ミサイルSM3の先端に取り付けるカバーで、敵の弾道ミサイルを識別する「赤外線シーカー」を空気との摩擦熱から保護し、迎撃直前にミサイル本体から分離される。][##栄養となる太陽エネルギーは昼夜の循環で増加し、一定割合で減少する。]

ゴミ箱2006-02 - [##1世は木村愛二さんとか救国の草莽の志士さんのように(笑・・失礼!)、とにかくまっすぐ、サムライ・スピリッツで毅然と生きる。2世は、ライス国務長官が黒人たちから「オレオ・クッキー」と呼ばれるのと同じで、「バナナ」と言うのは「外は黄色で、中身は白」。そして3世の「爆竹」と言うのは、そうして白人化する親を見て、逆に祖父母世代の生き方に自らのアイデンティティーを見出し、反体制的になる(といっても、皆が皆、そうではありません)ということです。][##東京財団では、折に触れ海外から人を招くプロジェクトを実施している。今年の8月1日から来日したのは、10年前に当時15歳の長女を自爆テロで失ったユダヤ人小学校教師のアヤレットさん(50)と、祖母、叔父、兄の3人をイスラエル兵により殺されたパレスチナ人弁護士のシリーン(27)さんだ。ふたりは、同じように紛争で家族を亡くしたイスラエル・パレスチナ双方の住民が結成した遺族会のメンバー。遺族会は、報復の悪循環を断ち切るために、双方が対話し、互いを人間として認め合うことにより和解することができると信じて、啓蒙教育活動を続けている。]

ゴミ箱2006-01 - [##一般的な安定装置としての戦争。この心理機能は、他の動物においては他の行動パターンで実現されるが、肉体的に衰弱した高齢世代が若い世代のコントロールを維持し、必要ならかれらを抹殺することを可能にする。][##日本銀行の「資金循環勘定」によれば日本人全体の個人金融資産は1421兆円(2001年末時点)となっています。その1421兆円の内訳は次のようになっています。]

ゴミ箱2005-12 - [#僕たちの次の世代の人々は、僕たちが暴れて、失敗したから、自由にモノを考えられなくなった、と、僕たちの責任にした。][#貨幣供給量が貨幣循環に与える影響は少ない、という意味ではそうだろう。]

ゴミ箱2005-11 - [#合理的人間像、合理主義というのは「《私》目的→手段→行動→《私》」。この定式化のレベルでは「正しい」というしかないだろう。この定式は当為であって、存在ではない。『私』を『ヒトの群れ』の中に存在する客体として捉える、自己概念としての『私』。plan-do-see。当為としてかかげられた理念が、次の世代には存在として批判される、という、当為と存在の混同の問題ではないのか? 当為の主張を、「存在として誤っている」と反論するのは簡単だ。当為の問題を、当為の問題として議論するための論理学が必要だ。][##それはまた、スパイ組織を抱える国家の陥りやすい悪循環を示していると言っても]

ゴミ箱2005-09 - [##◎だからこそ私がここに居るのですよ。我々は蝶のように、花から花へと巡り、そして良い新しいものを運んできます。魂は死んでいない。人々は生き続けているのです。ロシアは敵に打ち勝つすばらしい武器を作りました。つまり、翻訳して配布すべき多くのすばらしい本です。我々の世代だけではなく、その以前の人々のものもです。彼らは特にロシアの中に受け継がれたものから発想を得ました。そして、現状にもかかわらず、ロシアは原動力であり続けうるのです。我々はこの原動力を支えなければなりません。これらの共感と意見という原動力は支援を必要とするのです。いつになるか分からないけど、そういったことが、きっとこの状況から我々を救い出し我々を進歩させるでしょう。][循環器系経済論]

《ニーズ・イーター》 - [#結局、修羅→天上→畜生→修羅の循環説になる。ヒトは世代交替を越えることはできない。 ][宗教的な人々は個体的な魂の自律的な循環を宗教共同体の大きな循環の一部として捧げる。稲や小麦は、個体的な生命の自律的な循環を、稲・小麦+人類という共生生命(共生生物種)という大きな循環の一部として捧げる。 ]

ゴミ箱2005-08 - [##議員と役人の利権の為にどれだけの人が冷や飯食わせられたのだろう。諫早の干拓、川辺川ダム、吉野川可動堰、長良川河口堰、関西空港、整備新幹線、年金やそれを流用しての赤字保養施設建設、etc etc。諫早の干拓が典型ですが、本来同じ立場の弱者(漁民)が対立させられたりしてきました。(「諫早の叫び」 永尾俊彦著 岩波書店)年金もそう。受給世代と私の世代やもっと下の世代の対立の原因は年金制度にあります。ここにも利権が絡む。][#自己言及《思いこみ》循環状態というモノ(輪郭を有する状態)である。]

ゴミ箱2005-07 - [##表象は、観察された思考である。」(「第三世代システム オートポイエーシス」青土社275ページ)と言うときに使う「表象」という言葉は、Mさんご指摘のとおり、][#《思いこみ》の内部循環はあるはずだ。話しはじめれば、いろいろなことを知っている。]

ゴミ箱2005-06 - [#結局、修羅→天上→畜生→修羅の循環説になる。ヒトは世代交替を越えることはできない。][#2005-07-01(金)そうじゃないな。暴走と謹慎の循環。状態の循環が定常状態であるという認識。]

Last modified:2008/02/17 21:51:00
Keyword(s):
References: