FrontPage  Index  Search  Changes  wikifarm  Login

循環

キーワード→《循環

定義

モノの内部、もしくは、複数のモノの間を《思いこみ》循環すること。

区別

コマと《循環

  1. コマってのは、作用に対して反撥するんだよね。
  2. ヒトの社会でも、圧力を掛けると反作用の方が大きかったりするね。

ヒエラルキー思考とループ思考

  1. 『究極の原因者』というヒエラルキー思考
  2. 生きモノの特徴は無限ループである。

循環と相互包含関係

  1. 相互包含関係は循環関係である。

検索

《繋がり》 - [《私》動き《他者》がそれを感じ、感じた結果として、《他者》動き《私》がそれを感じ、その結果として、《私》動く、という無限循環関係を《繋がり》と言う。]

《動き合い》 - [《私》動き、(《他者》がそれを感じ、感じた結果として)、《他者》動き、(《私》がそれを感じ、その結果として)、《私》動く、という無限循環関係を《動き合い》と言う。]

《サル山のサル》 - [#《思いこみ》《動き》循環関係により、あたかも、モノであるかのごとき外見を作り出したモノ、に名前を付ける必要がある。]

《息しつつあるモノ》 - [#4 《繋がり》《感じ合い》《動き合い》《繋がり》《私》と《彼ら》との感受性と表出との循環関係。モノのレベルでの《繋がり》。魄の《繋がり》《身体》《内からの視点》。繋がった《身体》《内からの視点》。《繋がりつつある身体》の《内からの視点》《今・ここの・この肉の塊》モノのレベルでの感受性と表出モノのレベルでの《知ること》と《動くこと》への《内からの視点》からの《見通し》モノのレベルでの《繋がり》への《内からの視点》からの《見通し》。モツウミ=モノのレベルでの繋がりへの内からの視点からの見通し。]

ユートピア』 - [#《マモンのシステム》でないと公定歩合は効果がない。従って、公定歩合の行動様式を維持するために、《マモンのシステム》を維持する。という循環が生じる可能性がある。]

《知りつつあるモノ》 - [#《知りつつあるモノ》《肉の塊》の中の情報循環の一つの点である。《知りつつあるモノ》《肉の塊》の中の作用である。]

《求める思いこみ》 - [#《求める思いこみ》は、循環する座標軸の上に在る。内部状態は、《思いこみ》循環である。《思いこみ》無限遠点《身体》である。《思いこみ》の始点も《身体》である。直進すると、元に戻るような座標系である。]

民主主義 - [世代循環 - [ゴミ箱2006-04 - [##全共闘世代の責任も重い。ちまちました「個人」に収斂せず、大いに声をあげよ。もうすでに声をあげている人には申し訳ないが、60年代後半から70年にかけて「戦後民主主義の欺瞞」を告発した学生諸君。現代版治安維持法が可決・成立しようとしている時に「完全黙秘」はないでしょう。人間としての誇りをかけて、この11日間、あなた方が声をあげれば日本は変わる。][#ホモンクルスという表現はよくない。脳内小人のイメージが強過ぎる。《知りつつあるモノ》世界(感覚情報処理領域)から《背後者》志向性情報処理領域)への《思いこみ》噴出のゲートである。「感覚と行動のサイクルのうち、感覚から行動までの間が私で、行動から次の感覚までの間が私以外」(ジャック天野)なのである。《知りつつあるモノ》個体内循環の入力ゲートなのである。《私》個体内循環の入力ゲートと出力ゲートを一つにまとめたモノだろう。]]]

cogito, ergo sum - [#思惟に関しては、たけ(tk)は、コトバ《噴出》コトバに付随する《思いこみ》《噴出》《噴出》された《思いこみ》コトバ《知りつつあるモノ》、反省的・自己言及的な認知によって再度生じる《噴出》、その循環、それらの循環の背後にある《求める思いこみ》、それらを支える《肉の塊》等々の要素からなる作用であり、単純な作用・属性であるとは思えない。]

モノ - [#システムは自律的であり、自己形成的であり、自己維持的であり、循環的である。]

目的 - [#『為し合わす』というのは、内外のモノとの間の《求める思いこみ》循環を意味する。《求める思いこみ》循環が滞りなく行われている状態を「為し合わせ(幸せ)」という。]

《仕合わせ》 - [#アリストテレスには循環の概念がない。]

《視点》 - [『ユートピア』 - [#《ヒトの群れの健康》という視点からは、合理的だ。身体の中で栄養不足で死滅する部分が出るのは不健康というべきだ。身体の中で栄養過多の部分が出るのは不健康だ、うっ血状態だ。身体の中で循環(血液、栄養、酸素、神経)から外れる部分が出るのは不健康だ。心臓は強制的に血液を全身にまわらせる。]]

『デ・アニマ』p.0-10 - [#《死んだ肉の塊》と《生きつつある肉の塊》とでは何が違うのか? 《生きモノ循環》と《モノ循環》。ホメオスタシス?。システム的循環?。]

《今・ここの・この肉の塊》 - [『仕事』 - [#『仕事』《息しつつあるモノ》の無限循環である。『仕事』《息しつつあるモノ》と具体的な《他者》からの《求める思いこみ》との無限循環である。《息しつつあるモノ》→この《肉の塊》《動き》《他者》からの《求める思いこみ》《息しつつあるモノ》。]]

《共振しつつあるモノ》 - [《他者の群れ》 - [ゴミ箱2005-02 - [共振しつつある他者の群れと背後者と息しつつあるモノとの循環。]]]

《混濁》 - [#(3)これは《肉の塊》《思いこみの個体内循環》《思いこみの個体間循環》である。あと、栄養的要素の個体内循環個体間循環『デ・アニマ』)。《思いこみの個体内外循環》。]

《思いこみつつあるモノ》 - [《思いこみの個体内循環》においては・・]

《肉の塊》 - [#《私》《肉の塊》の中に在る。《肉の塊》の中の情報として在る。《私》情報循環の特異点という情報として在る。『情報循環の特異点』を《私》であると考えることもできるが、通常の意味での《私》はそのような意味のモノとしては捉えられていない。]

《背後者》 - [#《息しつつあるモノ》《視点》では、《我》はこの《肉の塊》の中の情報循環の一部でしかない。《背後者世界》はこの《肉の塊》の中の、《我》によって区別された部分であるに過ぎない。]

コトバ - [#個体内循環におけるコトバ]

《思いこみの動き》 - [《浄化球》 - [#《動き》の4点循環《知った思いこみ》《動き》《求める思いこみ》《動き》《動きつつあるモノ》《動き》《知られつつある世界》《動き》《知った思いこみ》《動き》→・・。《動き》の4点循環無限遠点の先に《浄化球》を置く。]]

《思いこみ》 - [#ヒト《思いこみ》を持つ、ということは、客観的に見て、あり得るのか? モノの内部で情報循環するということは、客観的に確認できる、のか?]

《プログラミング・オブジェクト》 - [#《プログラミング・オブジェクト》は《体外思いこみ》の中のモノである。《私》とコンピュータとの間の空間にある、《私》から噴出した《体外思いこみ》の世界の中に在る。《思いこみ》個体間循環の中に在る。]

ベーシックインカム - [#貨幣は血液のようなモノ《ヒトの群れ》の中を循環すれば役に立つが、循環しなければ、うっ血状態になり、《ヒトの群れ》は病気になる。心臓は、血液を強制的に末梢にまで運んでいる。脳や心臓が重要だからと、脳や心臓に血液を溜め込めば、末梢は死に絶えて、ヒトは死んでしまう。]

《視点のパラメータ》 - [#法律の《視点》は情けない。本来は、公平とか、《ヒトの群れ》の維持とかいった、本来の《求める思いこみ》が在るのだが、そのときどきの気ままな立法者の作った法律の解釈を、正当化を要求されて、支離滅裂な《視点》になっている。法律は《ヒトの群れ》の骨格にあたる《思いこみ》である(本来は・・)。《ヒトの群れ》の設計図、構造図にあたる《思いこみ》である。しかし、司法は、お金持ちの紛争、にしかかかわらない。権力の紛争にもかかわらないし、貧乏人の紛争にもかかわらない。《ヒトの群れ》のなかの紛争のごく一部にしかかかわらない。行政法規は《ヒトの群れ》の神経系にあたるが、実体とは異なった表面上の原理を規制しているに過ぎない。経済法規も、栄養循環器にあたるのだろうが、実体とは異なる表面的な原理にしかかかわらない。法律の《視点》では、《ヒトの群れ》の全体像は見えてこない。これは、体内感覚《身体》の全体像をもたらさないのと同じか?]

『仕事』 - [#『仕事』《息しつつあるモノ》の無限循環である。『仕事』《息しつつあるモノ》と具体的な《他者》からの《求める思いこみ》との無限循環である。《息しつつあるモノ》→この《肉の塊》《動き》《他者》からの《求める思いこみ》《息しつつあるモノ》。]

『道徳感情論』 - [#《ヒトの群れ》における快を享受するためには、《ヒトの群れ》に参加する諸々の《群れの中の個体》間の個体間循環についての法則性を観察しなければならない。]

古い概要1 - [#この《肉の塊》は、《他者》との《繋がり》を有する。《他者》との情報循環を有する。《他者》から情報を得、《他者》からの情報を内部に蓄積し、処理し、動く。この《肉の塊》《動き》は、《他者》情報として伝わり、《他者》はこの《肉の塊》の疎きからの情報を蓄積し、処理し、《他者》動く。その《他者》《動き》からこの《肉の塊》は、情報を取得する。]

《背後者世界》 - [#《息しつつあるモノ》《視点》では、《我》はこの《肉の塊》の中の情報循環の一部でしかない。《背後者世界》はこの《肉の塊》の中の、《我》によって区別された部分であるに過ぎない。]

モノたちとの対話 - [#君たちに内部循環はあるの?]

《ヒトの群れ》 - [#それらは資本制生産様式が作りだしたヒトの群れの苦しみである。資本制生産様式にはメリットがある。メリットがあるから現在しているのである。資本制生産様式はヒトの群れの活動性を活発化させ、ヒトの群れの中の富の循環を活発化させる。]

『なすべきこと』 - [#前方:《知られつつあるモノ》、上方:《知った思いこみ》、後方:《求める思いこみ》、下方:《動きつつあるモノ》《動き》の4点循環。下方は毒ガスの吹き出す河原の様だ。]

《共振しつつある身体》 - [#《息しつつあるモノ》からの《視点》で見れば、《知りつつあるモノ》《体内世界》の一部分であり、《思いこみ》循環の一つのポイントである。その《背後者》《体内世界》にある。《体内世界》は、《体内感覚世界》と、《体内背後者世界》とに分かれるが、その区別は、《知りつつあるモノ》からの《視点》による区別であって、《息しつつあるモノ》からの《視点》においては、明確に区分できるような区別ではない。]

《他者》 - [#物理的・空間的な《繋がり》共振関係における《繋がり》《思いこみ》循環における《繋がり》《思いこみの共有》における《繋がり》。『群れへの帰属』の《思いこみ》における《繋がり》。]

《愚かな人々》 - [#まあしかし、いずれ戦争を経て、世界政府ができて、世界民主主義の時代が来るかもしれない。しかし、その後は、世界政府の中で腐敗した人々が腐敗した権力を行使するようになるだろう。ボス猿になりたい人々は、権力の階段を上ろうとする。平和になれば、自己の欲望達成の手段として権力をのぼろうとする。権力は腐敗して、内乱になり、分裂し、戦争の時代になるだろう。その循環を何度か繰り返せば、ヒトは、少しは賢くなるのだろうか? 戦争こそは平和である、暴力的支配こそ平穏である、みたいな智恵で落ち着くのだろうか?]

《自己言及しつつあるモノ》 - [ * 《相対者公理》 - [#絶対的認識者と相対的認識者との相互包含、相互循環、相互言及、相互的自己言及カオスへ。絶対的・相対的認識者のカオスコトバの問題かも。視点の問題。]]

《私》 - [#このモノには、《思いこみ》循環と、《思いこみ》循環を支える構造がある。]

《相対者公理》 - [#絶対的認識者と相対的認識者との相互包含、相互循環、相互言及、相互的自己言及カオスへ。絶対的・相対的認識者のカオスコトバの問題かも。視点の問題。]

自己言及 - [の場合は、「この文章は間違いである」という文章が正しいのであれば、この文章は間違いである。「この文章は間違いである」という文章が間違いであるなら、この文章は正しいことになる。よって、「この文章は間違いである」という文章の真偽は真であれば偽となり、偽であれば真となる、というように循環してしまう。]

離存性 - [#定義は、ひとつのコトバを他のコトバに置き換えたものに過ぎない。《コトバの世界》の中で循環しているだけである。]

『悪』 - [#法は宙に浮いているものではない。《ヒトの群れ》の中を循環する《群有思いこみ》として存在しているのだ。法を、どうしても、《ヒトの群れ》から切り離して考えたいということかのか? 法実在論、イデア実在論。法のイデアを実在とみなす思考法。法を《ヒトの群れ》循環しつつある情報として実在する、という思考法。]

《快》 - [#《こころよい》とは何か? 《思いこみ》循環がスムースに行われる状態。]

《他者の思いこみ》 - [#極座標モデルからいえば、情報の内部循環。アウトプット情報が内部で循環してインプットされる状態。]

《今・ここの・このモノ》 - [#《体細胞の群れ》の内外で循環する《思いこみ》である。その内外で《思いこみ》循環する《体細胞の群れ》である。]

六道 - [三時代循環説]

世代循環 - [タイトルに一致 循環]

《混濁しつつあるモノ》 - [#《こころざし》《見通し》を妨げる、か? 《こころざし》は、《こころざし》の中での《見通し》を生み出す。《思いこみの中での見通し》である、か? 《繋がりの中での見通し》だな。《繋がりの中での見通し》とは?《繋がり》ヒトの個体間の動的な《思いこみ》循環。相互確認的な《思いこみ》《繋がり》《共有思いこみ》の確認作業。]

《視点の移動》 - [#操り人形は観客を操る。観客は人形つかいを操る。人形つかいは人形を操る。という循環が生じる《視点》《視点》が浮遊しているのである、か? 劇場を外部から眺めているヒト《視点》か?]

動かしつつあるモノ》 - [#観客の空気は操り人形の《動き》《かたち》によって影響されるのだから、影響関係は循環している。《動かしつつあるモノ》は循環してしまう。]

《ブッダの「一切」》 - [#《ヒトの群れ》《思いこみ》のインプットとアウトプットと内部循環、それが《ヒトの群れ》『一切』である。]

《知った思いこみ》 - [#《体細胞の群れ》《知った思いこみ》を持つ。《体細胞の群れ》は、その内部で《知った思いこみ》循環させる。認知情報循環させる。]

セフィロト - [#《モノの世界》《知った思いこみ》《モノの世界》《知った思いこみ》であり、《知った思いこみ》《モノの世界》の中にある。その無限循環の先にあるモノが、《モノの世界》の正体である。]

ゴミ箱2007-02 - [##いざなぎ景気を超える長期の経済成長を記録しながら、労働条件は劣化を極めワーキングプアと呼ばれるグループに属する労働者を急増させてしまった。ドル資本が計上した収益は、日本の市場で循環することなくアメリカ本国へと還っていったからだった。これによって日本市場には流動性の厚みというものが失われ、名目上の数字は伸びても国民に還元されるべき余沢が消えてしまったのである。]

《かたち》 - [自己言及 - [#《自己言及無限ループ》は《思いこみ》循環である。一つの《思いこみ》《かたち》である。《思いこみ》循環《かたち》である。『自己を知りたい』という《求める思いこみ》循環《かたち》である。]]

ゴミ箱2007-01 - [## 今の日本を覆う暗雲は、合成の誤謬に由来している。個々の企業は労働コストを削減するために非正規雇用を増やし、サービス残業を強いている。その結果、低賃金労働を余儀なくされる若年世代はとても家族を持つ余裕などなく、少子化は一層加速する。その悪循環は分っていても、厳しい競争にさらされている個々の企業は、雇用の仕組みを自分だけかえるインセンティブを持たない。一社だけで社員を大事にしても、他社が変わらなければ競争に負けるだけである。こういう問題こそ、頂上団体が取り組むべきである。個々の会社の利害を超えて、日本社会の持続的発展を図るために経営者が何をなすべきか理念と方法を示すのが、経済団体の役割ではないか。]

《地表のヒトの群れ》 - [#細胞の分子運動による循環から、血管による循環へ。]

《怯えつつあるモノ》 - [#未来から過去への噴出は、反復・循環する。日の循環、年の循環、という地球的自然における循環、週、月という人工的な循環(月の循環は自然的循環に基礎がないわけではないが・・)。]

《背後者回路》 - [#《背後者回路》の中を循環するコトバ。]

共振 - [《思いこみ》循環共振]

《息しつつある背後者回路》 - [《他者》への見通し - [《同質者公理》によれば、《共振しつつある他者の身体》は、《私》《共振しつつある身体》と同じ性質のものである。すなわち、《他者の身体》の内部には《知りつつあるモノ》《息しつつあるモノ》があり、《思いこみ》循環している、ことになる。そして、《思いこみ》《身体》の表面を通じて言動として噴出し、《身体》世界を感じることによって《身体》内部に《思いこみ》を発生させていることになる。][《私》《他者》の内部に《背後者回路》を感じる。《他者》の構造を感じる。]]

『マモンの原理』 - [#税金だけが在って、ベーシックインカムのない社会は、静脈だけがあって動脈のない生物のようなモノである。栄養素を中枢に集めるだけで、中枢から末梢に栄養素を配布する仕組みのない生物のようなモノである。そのような生物もある。細胞間の浸透圧で栄養素を外壁(胃腸)から取得し、内部に配布する生物がある。しかし、生物の大きさが大きくなると、それではうまくいかなくなる。強制的に栄養素を循環させる仕組みが必要になる。それが血管と血液だ。]

《我》 - [《我》自己言及的な《思いこみ》循環というモノである。]

《科学信仰》 - [""(記者)社会が科学に倫理的な規範を求め、科学のほうはまさに実生活の体験を排除するところに成り立っているという悪循環はどうしてなのでしょう。]

ゴミ箱2006-12 - [##もしもそこに処方箋があるとしたら、それは子どもにも大人にも「自分なりの意見や考えを持ちなさい」と言うよりも先に「他人が自分なりの意見や考えを持つことを許す人間になりなさい」と教えることであろうと思うが、そうなるとまた「他人のワガママが怖い」ってことで悪循環がはじまるのだ。]

《群れのアニマ》 - [#「《群れ》の主観性」:=モノ《群れ》《群れ》の外部環境から情報を取得し、《群れ》の内部で情報循環させることを「《群れ》の主観性」と呼ぶ。((客観的主観性/客観的主体性と呼ぶべきか?、《アニマ》は主観的主観性と主観的主体性。「《群れ》からの認知過程」/「《群れ》からの決断過程」「《群れ》からの《動き》」))]

輪郭 - [ゴミ箱2005-08 - [#自己言及《思いこみ》循環状態というモノ(輪郭を有する状態)である。]]

《群れの思いこみ》 - [《群れの思いこみ》は、コトバとして《ヒトの群れ》の中を循環する。]

ゴミ箱2006-11 - [##原子炉が動くっていうことは、すなわち「炉心冷却水が常時動いてる」ってことに他ならず、この冷却水を循環させるにはポンプが要る。最近の原潜は、低出力運転時(巡航出来るかどうかは疑問)は自然還流で冷却することが出来るらしいが、どっちみち海中で航行するときはポンプを動かすって点に余り変わりはないと言っていい。]

《浄化球》 - [#前方:《知られつつあるモノ》、上方:《知った思いこみ》、後方:《求める思いこみ》、下方:《動きつつあるモノ》《動き》の4点循環。下方は毒ガスの吹き出す河原の様だ。]

キーワード - [# 《思いこみの個体内循環》]

ゴミ箱2006-10 - [## これでは、戦争が起きないほうがおかしい。ユダヤ教に忠実であろうとすればするほど戦争が起きるという悪循環を感じます。]

クルアーン - [#《仕合わせ》ヒトヒトとの《思いこみ》の円滑な循環である。]

『デ・アニマ』 - [#アリストテレスは「循環的な動き」を否定しているのかな?]

ゴミ箱2006-07 - [##悪循環の山。 ]

《アニマ》 - [#モノに内在する情報モノの内部で循環し、蓄積し、作用し、変形し、加工され、創出され、そのモノ動きを決定し、モノの外部に噴出する。もちろん、モノの内部の情報は、モノの外部からの影響でも、モノの内部に生成する。]

《群れの中の個体》 - [《群れの思いこみ》 - [#群れの中の個体《思いこみ》循環の経路を形作る構造を記述するコトバである。]]

ゴミ箱2006-06 - [##オートポイエイシスは、初めに構成要素が存在するのでなく、システムが作動することよって構想要素が産出され、次に産出された構成要素間の関係によってシステムが再産出される循環関係をとるシステムである。]

自己言及的なモノ》 - [#《私》は孤立モードにおいては、《思いこみ》は個体内で循環している。]

《楽しみ》 - [#ビルのベランダの植え込みの樹と対話した。彼は、命とは求め続けることだと言う。或る時は葉を伸ばすことを求め、或る時は花を咲かすことを求め、花が枯れたら種を飛ばすことを求め、或る時には、冬に備えて葉を落とすことを求める。毎年、同じ時期に、同じような求めることの循環をする。そして、成長することを求め、最後には枯れることを求める。そして、種に属する個体としての生命と成長と死とを求め、種としての発生と繁栄と絶滅とを求め、もっと大きな地球上の生命としての進化を求め、地球上の生命の発生とぜめ絶滅の循環を求める。]

《極座標の原点》 - [#《体細胞の群れ》《極座標の原点》というのは、《群れ》の中の情報流通の循環を意味する。情報循環《体細胞の群れ》の外部から体外世界情報を仕入れ、体外世界の中で《群れ》《動き》を作り出す。その情報入手と《動き》の重心が《極座標の原点》である。重心というのは仮想的なモノ《群れ》の重心。・・《思いこみの個体内循環》と言っていた奴だな。]

《他者の知りつつあるモノ》 - [#《思いこみのパイプ》の先にある他者の個体間循環への見通し。]

被指示性 - [#定義は、ひとつのコトバを他のコトバに置き換えたものに過ぎない。《コトバの世界》の中で循環しているだけである。]

《動き》の4点循環」 - [タイトルに一致 循環]

《動き》 - [#《知られつつある世界》の中に《動きつつあるモノ》《動き》があり、それが《知られつつある世界》《動き》をもたらし、それが《知った思いこみ》《動き》をもたらし、それが《求める思いこみ》《動き》をもたらし、それが《動きつつあるモノ》《動き》をもたらし、・・という循環が成り立つ「動き」を《動き》と言う。《動き》の4点循環。主体の《動き》。主体的《動き》。]

《共振しつつある宇宙史》 - [《宇宙史》《思いこみ》循環《共振しつつある宇宙史》]

ゴミ箱2006-04 - [#ホモンクルスという表現はよくない。脳内小人のイメージが強過ぎる。《知りつつあるモノ》世界(感覚情報処理領域)から《背後者》志向性情報処理領域)への《思いこみ》噴出のゲートである。「感覚と行動のサイクルのうち、感覚から行動までの間が私で、行動から次の感覚までの間が私以外」(ジャック天野)なのである。《知りつつあるモノ》個体内循環の入力ゲートなのである。《私》個体内循環の入力ゲートと出力ゲートを一つにまとめたモノだろう。]

ゴミ箱2006-03 - [##栄養となる太陽エネルギーは昼夜の循環で増加し、一定割合で減少する。]

古い目次1 - [# 《思いこみの個体内循環》への見通し insight to "circulation of thought inside body"]

主観的価値絶対主義と客観的価値相対主義と・・ - [!!!(7)主観的価値絶対主義と客観的価値相対主義の循環関係。]

《ヒトの群れの健康》 - [#体細胞の《群れ》としての《私》は、《私》を構成する体細胞の《個体》が害されることを望まない。体細胞の《個体》が、その自然において死滅することには気を止めない。それは自然であり、循環であり、予定されたことであり、日常的に処理される事柄だからだ。だからといって、体細胞の《個体》が病気やケガによって害されることは望まないし、《私》はそれを避けようとする。]

ゴミ箱2006-02 - [##東京財団では、折に触れ海外から人を招くプロジェクトを実施している。今年の8月1日から来日したのは、10年前に当時15歳の長女を自爆テロで失ったユダヤ人小学校教師のアヤレットさん(50)と、祖母、叔父、兄の3人をイスラエル兵により殺されたパレスチナ人弁護士のシリーン(27)さんだ。ふたりは、同じように紛争で家族を亡くしたイスラエル・パレスチナ双方の住民が結成した遺族会のメンバー。遺族会は、報復の悪循環を断ち切るために、双方が対話し、互いを人間として認め合うことにより和解することができると信じて、啓蒙教育活動を続けている。]

《他者の群れ》 - [ゴミ箱2005-02 - [共振しつつある他者の群れと背後者と息しつつあるモノとの循環。]]

《ヒトの群れの体内感覚》 - [#たけ(tk)の有機体論は、身体の健康は全身の健康であり。全身の活性化が、循環が必要であるとする有機体論だ。]

《モノと思いこみの世界》 - [#《繋がり》モノの内部から外部への《思いこみ》噴出噴出された《思いこみ》モノの内部への噴出、その循環にある。モノ《繋がり》は、モノモノとの間の《思いこみ》循環である。]

ゴミ箱2006-01 - [##日本銀行の「資金循環勘定」によれば日本人全体の個人金融資産は1421兆円(2001年末時点)となっています。その1421兆円の内訳は次のようになっています。] 《モノの思いこみ》 - [#たけ(tk)情報の定義は、モノAが別のモノBから受け取る刺激であって、モノAの動きを決定するモノ(外部情報)。モノAの内部においてモノAの動きを決定する内部的な刺激を内部情報という。内部情報モノAを構成する部分Cにおいて部分Dから受け取る外部情報である場合もあるし、部分Cが自ら発した刺激を自ら受ける循環情報である場合もある。モノAが外部に発した刺激を自ら受け取って自らの動きを決定する場合を循環情報という。「林雄二郎||可能性の選択指定作用を伴う事柄の知らせ」が近いかも。「吉田民人||物資・エネルギーの時間的・空間的・定性的・定量的パターン」も近いか?]

《繋がりの世界》 - [#8の字型の《思いこみ》循環か、0の字型の《思いこみ》循環かの違い。]

ゴミ箱2005-12 - [#貨幣供給量が貨幣循環に与える影響は少ない、という意味ではそうだろう。]

《思いこみを求める思いこみ》 - [## 第五に、しばしば予言の自己成就のメカニズムが作動する▼21。そもそも「差異」から「差別」がうまれるのではなく、「差別」から「差異」が想定されるのであるが▼22、ひとたび「逸脱」の側に〈振り分け〉られてしまうと、アイデンティティの危機に適応するため、どんなに不当でもその社会的期待を受け入れざるをえない状況に追い込まれていく。「落ちこぼれ」「秀才」「非行少年」――呼ばれたものになっていくメカニズムが作動する。社会学者はこの現象を「予言の自己成就」と呼ぶが、犯罪・非行の文脈では「悪の劇化」(dramatization of evil)または「第二次逸脱」(secondary deviation)と呼んでいる。たとえば非行歴のある少年が悪者のレッテルを貼られたため就職などの合法的な再出発ができず、生きていくためにふたたび非合法な行為においこまれていくといった悪循環のプロセスをさす▼23。」(http://www.socius.jp/lec/20.html)]

《ヒトの個体》 - [《他者》を「《知りつつあるモノ》を撹乱するモノ」と定義した。(でも、最近では、いろいろなモノ動きに撹乱されるようになってしまったのよね)。《知りつつあるモノ》が撹乱されるというのは、そのモノからの呼びかけに対して即応できるような状態に変化する、ということだ。《私》の状態が個体内循環の状態から個体間循環の状態に変化することだ。]

ゴミ箱2005-11 - [##それはまた、スパイ組織を抱える国家の陥りやすい悪循環を示していると言っても]

ゴミ箱2005-09 - [循環器系経済論]

《ニーズ・イーター》 - [宗教的な人々は個体的な魂の自律的な循環を宗教共同体の大きな循環の一部として捧げる。稲や小麦は、個体的な生命の自律的な循環を、稲・小麦+人類という共生生命(共生生物種)という大きな循環の一部として捧げる。 ]

ゴミ箱2005-08 - [#自己言及《思いこみ》循環状態というモノ(輪郭を有する状態)である。]

ゴミ箱2005-07 - [#《思いこみ》の内部循環はあるはずだ。話しはじめれば、いろいろなことを知っている。]

《宇宙史を動かす噴出》 - [宇宙史の内部的な循環。]

ゴミ箱2005-06 - [#2005-07-01(金)そうじゃないな。暴走と謹慎の循環。状態の循環が定常状態であるという認識。]

《他者》への見通し - [撹乱の正体は、《思いこみ》循環が、個体内に留まっている状態=《思いこみの個体内循環》=から《思いこみ》が、《私》《他者》との間の共振状態を通じて、個体間で循環するようになること=《思いこみの個体間循環》=にある。いわば、《私》《思いこみ》循環のモードが変化するのである。]

《思いこみのパイプ》への見通し - [##《思いこみのパイプ》《思いこみの個体間循環》のパイプである。]

《他者の背後者》 - [#《私》《私》《背後者》に構造を感じることができない、《思いこみ》循環を感じるだけである。《私》《他者の背後者》には構造を感じることができる。]

《思いこみの個体内循環》 - [タイトルに一致 循環]

個体内循環 - [タイトルに一致 循環]

《思いこみの個体間循環》 - [タイトルに一致 循環]

複雑系脳理論・ノート - [##リミットサイクル(周期解)というのは一定の状態群を循環して元に戻るような状態変化のパターンをあらわしている。]

ゴミ箱2005-02 - [コンピュータからの混濁の噴出と、混濁に《ちから》を加えること。散逸構造は、外部システムとの間でのエントロピーの循環によって生じる。混濁に《ちから》を加えるということは、そのシステムと外部システムとの間でエントロピー(混濁)の循環を生じさせるということ。]

ゴミ箱2005-05 - [現実感覚と《思いこみ》世界との無限循環。現実感覚の先に《思いこみ》世界が広がり、その《思いこみ》世界の先には現実感覚の世界が広がる。《思いこみ》世界を維持する緊張が続かないということかもしれない。]

《息しつつあるモノ》による再構成 - [!!《共振しつつある身体》の内部での《思いこみ》循環]

無限ループ - [無限に循環しつつある状態を無限ループという。]

ゴミ箱2005-04 - [《思いこみのパイプ》を通して、モノたちの個体内循環見通してみよう。]

個体間循環 - [タイトルに一致 循環]

ゴミ箱2005-03 - [《息しつつある身体》《思いこみ》噴出するとき、《思いこみ》《近傍物理空間》との循環が始まる。これは0字型ループ。孤立モードでの個体間循環の一種。]

《思いこみの共有》への見通し - [#《思いこみの個体内循環》共振を通じて《思いこみ》が共有される。《他者》コトバを聞いて《私》《身体》の中に《思いこみ》を生じたとき、《私》は、その《思いこみ》《他者》の内部に同じ《思いこみ》があると思いこむ。同一の《思いこみ》《他者》《私》によって共有されたと思いこむ。《私》《他者》コトバを語り、《他者》がうなずいたとき、《私》《私》《思いこみ》と同じ《思いこみ》《他者》にも共有されたと思いこむ。(たけ(tk)思うに、これはとんでもない誤解である。ヒトはそれが誤解であると気づいたときに欝になる。しかし、言語的コミュニケーションは、この共有の可能性を信じることによって成り立っているのである)。]

《思いこみの個体内循環》への見通し - [タイトルに一致 循環]

《個体間関係》への見通し - [《私》《他者》とが対話する時、《私》から《他者》への《私》《思いこみ》の伝達と、《他者》から《私》への《他者の思いこみ》の伝達とが同時に行われる。また《私》の内部での《他者の思いこみ》の再生と《他者》の内部での《私》《思いこみ》の再生とが同時に行われる。そして、《私》の内部での《他者の思いこみ》の認知に対する《私》《思いこみ》の付加と噴出《他者》の内部での《私》《思いこみ》の認知に対する《他者の思いこみ》の付加とが同時に行われる。対話においては《私》《思いこみ》《他者の思いこみ》とが、《私》《他者》の間で循環するのである。これを《思いこみの個体間循環》と呼んでおく。]

Last modified:2007/07/11 21:08:41
Keyword(s):
References:[《他者の求める思いこみ》]