FrontPage  Index  Search  Changes  wikifarm  Login

《呪文》

《呪文》

  1. キーワード
  2. ・100

定義

イシモ」(《息しつつあるモノ》)とか「タウイジ」(《他者》の《動き》からの《息しつつあるモノ》への《実感》)とか・・

まあ、頭文字。

IMEの「よみ」文字列だったりする。

区別

コンピュータと呪文

  1. コンピュータを扱うための言葉は呪文とよく似ている。
  2. 人間的な意味があるのかないのか、少なくとも、普通の人からみれば意味がわからない言葉。
  3. 呪術は、モノ動かすことを目的とする儀式。呪文モノ動かすことを目的とするコトバ、なので、コンピュータを動かすことを目的とするコトバも呪術である。
  4. 長ーいコトバを間違いなく順番に言わなければならない、というのも、呪文とコンピュータ呪文との共通点。

呪文と「*100」

  1. 何もなくなった空間において、呪文によって《思いこみ》を維持して、生じてくるモノを観察する。

《呪文》コトバ

  1. もちろん、《呪文》コトバである。
  2. 《呪文》は唱えるためのコトバである。《呪文》は、それを唱えることによって、《思いこみ》を想起するためのコトバである。
  3. 《息しつつあるモノ》無限遠点に置いた灯明」なんて唱えていると、唱えているうちに別のことを考えてしまうので、「イシモ・エントウ」と短くして唱える、というためのコトバ。2呼吸以内で唱えられることが重要。3呼吸が限界。「イシロ・コンダク・エントウ」(《息しつつある背後者回路》《混濁》無限遠点の灯明)。

イシフ:《息しつつある複素時空》《息しつつあるモノ》《極座標の原点》とする《複素数の時空》

イシモ《息しつつあるモノ》

イシロ:《息しつつある背後者回路》《息しつつあるモノ》《極座標の原点》とする《複素数の時空》《背後者回路》

エントウ:無限遠点に置いた灯明

エンジョウ:無限遠点に置いた《浄化球》

ジョウキュウ:《浄化球》

ゼツジョウ:『絶望的状況

検索

Last modified:2008/01/11 01:13:20
Keyword(s):
References:[《他者》の《動き》からの《息しつつあるモノ》への《実感》]