FrontPage  Index  Search  Changes  wikifarm  Login

山川草木悉皆成仏

予備知識山川草木悉皆成仏

日本的アニミズムの哲学的スローガン

「成仏」とあるのでもともとは仏教でのコトバだが、中村元の『日本人の思惟方法』によると、儒教でも神道でも西洋哲学でも日本に入ってくるとこの日本的アニミズムの一部として理解されてしまうらしい。

* 箱しか残っていない。もう一冊買わねば、って、\3500はきついなぁ・・。

たけ(tk)思うに

日本人の心象はアイヌと同じだと思う。お盆というのはアイヌのイチャラパと同じだ。仏教ではない。大木や滝に霊性を感じるのもアイヌと同じだろう。

日本人とアイヌとの違いは、生活の違いだ。アイヌは自然の恵みを直接感じる生活をしていたが、日本人は組織的な労働に組み込まれる生活をしていた。それで、アイヌの人々が大地に感じ取ったカムイを、日本人は組織・小集団や権力者の脅威に置き換えて感じるようになった、ということだ。

本稿との関係

たぶん、本稿は、デカルトのアニミズム的再構成ということになるでしょう。

参考url

検索

《アニミズム》 - [「山川草木悉皆成仏」と《アニミズム》]

梵我一如と《めまい》 - [これは「山川草木悉皆成仏」の思想ですね。「忘却している」というのは「もともとは知っていたのに、今は忘れてしまった」という意味ですね。「もともとは知っていた」と言えるかどうかが分からないので「否認する」という表現にしました。]

ゴミ箱2005-12 - [#「山川草木悉皆成仏」の日本的アニミズムの根源でもある。]

ゴミ箱2005-11 - [山川草木悉皆即仏]

《思いこみのサル》 - [人類が《思いこみのサル》から《見通しのサル》へと進化するためには、個々の《ヒトの個体》がサナギにこもって脱皮しなければならない。自覚者(ブッダ)というのは《見通しのサル》のことだと思う。『神格化されたブッダ』の《思いこみ》を捨てて、自分を見れば、自分の中に自覚者の種を見つけることができるだろう。山川草木悉皆成仏なのだ。]

ゴミ箱2005-10 - [#山川草木悉皆諸神。祖霊は自然の物の神と一体になる。]

予備知識 - [# 山川草木悉皆成仏]

ゴミ箱2005-08 - [#地涌仏は山川草木悉皆成仏である。]

引きこもりこそが人類の進化の希望である - [人類が《思いこみのサル》から《見通しのサル》へと進化するためには、個々の《ヒトの個体》がサナギにこもって脱皮しなければならない。自覚者(ブッダ)というのは《見通しのサル》のことだと思う。『神格化されたブッダ』の《思いこみ》を捨てて、自分を見れば、自分の中に自覚者の種を見つけることができるだろう。山川草木悉皆成仏なのだ。]

Last modified:2006/03/10 01:42:42
Keyword(s):
References: