FrontPage  Index  Search  Changes  wikifarm  Login

《群れの中の個体》

《群れの中の個体》

定義

区別

《群れの中の個体》と《モノたちの群れの中のモノ

  1. モノたちの群れの中のモノ》のほうが、《群れ》が疎な感じだな。《疎な群れの中の個体》。
  2. 《共振しつつある身体》
  3. モノたちの群れの中のモノ》というのは、「《息しつつあるモノ》の《認識限界》の先の《浄化球》による《浄化》」から派生したコトバ

《群れの中の個体》《混濁》

  1. 《群れの中の個体》なんて、平凡過ぎて面白くない。《健常者》であれば子どもだって知っていることだろう。子どもでさえ知っていることの再発見は面白くない。
  2. 《私》《宇宙史》の中にあり、多次元輪郭空間の中心にある。《ヒトの群れ》多次元輪郭空間の一部分である。その《ヒトの群れ》の中にも《私》は半分足を突っ込んでいる。それゆえに、《私》《ヒトの群れ》の中にある、とも言える。『群れの中の私』である。《私》《ヒトの群れ》《群れの中の個体》のすべての個体にある(はずである=《同質者公理》)。
  3. 《私》《ヒトの群れ》の中にあるか? 《私》《群れの中の個体》であるか? 《私》は半分は《ヒトの群れ》の外にある、半分は《ヒトの群れ》の中にある。《私》《ヒトの群れ》の表面にある。《私》《ヒトの群れの体内感覚》において《ヒトの群れ》を感じ、また、《ヒトの群れ》の体外感覚において《ヒトの群れ》を感じる。それは、《私》《身体》の内部にあって、体内感覚において《身体》を感じたり、体外感覚において《身体》を感じることと同じである。
  4. 《私》は《背後者感覚》において《身体》を感じるのと同様に、《私》は《背後者感覚》において《群れの背後者》と《群れの身体》を感じる(ことができるだろう)。
  5. 《私》《群れの中の個体》である」ということは、《私》は見通すことはできるか?
  6. 《混濁しつつあるモノ》は《モノの群れ》の中にある。モノにはヒトという種類のモノもある。《混濁しつつあるモノ》モノ《繋がりつつあるモノ》である。ヒト《繋がりつつあるモノ》である。《繋がりつつある混濁》である。《繋がりつつある混濁》《群れつつある混濁》に発展する。《今・ここの・このモノ》《群れつつあるモノ》となる。モノ《群れつつあるモノ》であり、ヒト《群れつつあるモノ》である。

検索

モノ - [#「《取り扱い》の目的達成に支障がない《繋がり》」は「正しい指し示し」ではなく「良い指し示し」であるはずである。目的依存的、《視点》依存的な判断、《思いこみ》である。しかし、ヒトはそれを「正しい指し示し」(ホンモノ)という。ヒトは『モノ《思いこみ》《繋がり》が、ある』と思いこんでいる。それを信じることによって、《ヒトの群れ》が成立している。《群れの中の個体》における「正しさ」の問題である。群れの生活における支障が生じる《思いこみ》が『誤り』であり、群れの生活に支障を生じない《思いこみ》が『正しい』《思いこみ》である。]

《群れの思いこみ》 - [#群れの中の個体《思いこみ》循環の経路を形作る構造を記述するコトバである。]

『群れの規則』 - [#群れの規則は、《群れの中の個体》の快不快法則によって形成される。「彼がxxして左遷された」というのは「彼」の《不快》であり、彼を《私》に置き換えた「《私》はxxしてはならない」という規則が形成される。]

『群れの中の私』 - [#群れの規則は、《群れの中の個体》の快不快法則によって形成される。「彼がxxして左遷された」というのは「彼」の《不快》であり、彼を《私》に置き換えた「《私》はxxしてはならない」という規則が形成される。]

相変異》 - [#ある個体の外形の変更が、他の個体の行動様式を変更する。他の個体の外形の変更がその個体の行動様式を変更する。《群れの中の個体》の外形がかわり、個体の行動様式が変わることによって、《群れ》のモードが変わる。]

《ヒトの群れの健康》 - [#《ヒトの群れ》の内部の《群れの中の個体》の不正は、《群れ》の内部の腐敗である?]

大自然の営み》 - [#「会社にとっても価値がある」というのは《ヒトの群れ》にとっての価値《ヒトの群れ》《求める思いこみ》《ヒトの個体》の倫理は《ヒトの群れ》《求める思いこみ》に関連するか? 《群れの中の個体》の不正は、《ヒトの群れ》《求める思いこみ》を害するか? 《ヒトの群れ》の内部が「腐ること」か?  《ヒトの群れ》の病気。《群れの病気》。《群れの健康》。《ヒトの群れの健康》。《ヒトの群れの病気》を予防し、治癒すること。《ヒトの群れ》の内部の腐敗は《ヒトの群れの病気》である。]

《混濁しつつあるモノ》 - [《混濁しつつあるモノ》とは混濁しつつある《群れ》であり、《混濁しつつある群れ》において、《群れの中の個体》が相互に無秩序に繋がりつつある状態である。]

《ヒトの群れ》 - [#《ヒトの群れの体内感覚》《混濁しつつあるモノ》である。《混濁しつつあるモノ》とは、混濁しつつある《群れ》である。《混濁しつつあるモノ》とは《混濁しつつある群れ》において、《群れの中の個体》が相互に無秩序に繋がりつつある状態である。]

ゴミ箱2005-08 - [#正規分布で、群れの中の個体の属性が分布するのは当然ではある。]

Last modified:2008/02/11 20:24:13
Keyword(s):
References:[空気] [《群れの力学》] [《内からの視点》]