FrontPage  Index  Search  Changes  wikifarm  Login

極座標モデル

キーワード極座標モデル

定義

《極座標の原点》情報がインプットされ、《極座標の原点》から動きがアウトプットされる。

  1. 《極座標の原点》への情報のインプットと、《極座標の原点》からの動きのアウトプットによって生じた状況情報のインプットによって、《極座標の原点》のまわりに、《極座標の原点の主観世界》が生じる。

極座標モデルとは「直交座標の中に極座標の原点の群れがある」という数学的モデルである。

  1. 極座標と直交座標とは相互に座標変換が可能であるから、不思議なものではないだろう。
  2. 《極座標の原点》は、モノへの認知情報が、モノからの決断情報へ変換される場所にある。
  3. 分子は、それぞれが、《極座標の原点》として、状況からの情報を取得し、状況に対して動く
  4. 状況の全体の動きは、それぞれの分子の動きの総和として生じる。
  5. いわば、「地動説の空間の中に、天動説で世界を認識し行動する主体の群れがある」というモデル。
  6. 主体の群れとは、直交座標に配置された極座標の原点の群れである。
  7. 「主観」を極座標の原点として捉える。
  8. 極座標の原点を《視点》と呼ぶ。
  9. 《視点》と極座標上の点との関係を《見通し》と呼ぶ。《見通し》《視点》からの方向と距離によって定められ、障害物によって《見通し》が妨げられる。
  10. 《視点》から、《見通し》を妨げる障害物までの範囲を《認識限界》と呼ぶ。《認識限界》は凸凹の球面を形成する。
  11. 多数のオブジェクト(インプット、内部状態、アウトプット、変換規則)の《群れ》というモデル。ただし、オブジェクトの《群れ》とは異なり、アウトプットは単なる、オブジェクトの《動き》、である。

区別

デカルトの「《我》あり」(sum)という命題と極座標モデル

  1. どうも、科学的思考の持ち主たちは、誰も、デカルトの「《我》あり」(sum)という命題を科学的命題としては認めていないようだ。
  2. [qualia:7478] 「《思惟しつつあるモノ》がある」という命題は科学的命題たりうるか?〜体内感覚と体外感覚
  3. [qualia:7480] 「これ」(Re: 「《思惟しつつあるモノ》がある」)
  4. 科学的命題ではない、のである。
  5. 科学的命題として扱うためには、科学そのものを修正しなければならない。科学の定義・手法を変更しなければならない。

デカルトの《我》《思惟しつつあるモノ》《知りつつあるモノ》)と極座標モデル

  1. 《知りつつあるモノ》《極座標の原点》の鏡像であろう。
  2. 認知された《知りつつあるモノ》は、認知情報であり、認知情報としての『知りつつあるモノ』であり、《極座標の原点》への認知情報の内容である。
  3. 《極座標の原点》が、自分自身、《極座標の原点》を認知しようとすること、自己言及的認知。無限ループ《知られつつあるモノ》《知りつつあるモノ》であることはできない。ループを無限小に小さくすること、はできるが、ゼロにすることはできない、か? 

《思いこみ》極座標モデル

  1. 《思いこみ》は認知情報であり、かつ、《動き》である。《思いこみ》は自分の《動き》への認知情報である。

極座標モデルモノ

  1. 《極座標の原点》モノの内部にある。
  2. モノにはそのモノ固有の《極座標の原点》がある。
  3. モノには包含関係がある。包含関係にあるモノには、その各々にそのモノ固有の《極座標の原点》がある。
  4. モノへのインプット情報がそのまま、《極座標の原点》へのインプット情報になるわけではない。
  5. 《極座標の原点》モノの内部で、認知情報から決断情報に変換される部分にある。
  6. 《極座標の原点》は一つのモノに一つだけあるわけではない。脳で判断する場合には脳にあり、条件反射で反応する場合にはたとえば足の神経系の内部にある。

極座標モデルと《モノの群れ》、《群れ》

  1. モノの群れ》の数学的モデル。

極座標モデル《アニミズム》

  1. 極座標モデル《アニミズム》の数学的表現である。

極座標モデルとオブジェクトの《群れ》

  1. オブジェクトでは、アウトプットは情報であるとされているが、極座標モデルでは、単なる《動き》である。《動き》はそのままでは情報ではない。《動き》は他のオブジェクトによって認知されるときに、他のオブジェクトにとってのインプット情報となる。
  2. しかし、そもそも、極座標モデルから、《極座標の原点》への情報インプット、《動き》のアウトプットが出てくるのか?

極座標モデル《相対者公理》

  1. 《絶対者公理》と《相対者公理》のどちらが正しいかは別として、極座標モデルで説明してみる、という手法。

極座標モデル《他者》の主体性

極座標モデルクオリア

  1. クオリアとは《極座標の原点》へのインプットである。

《極座標の原点》と「洞窟のイドラ」

  1. http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%A9
    1. イドラ(idola)とはラテン語で偶像の意味。フランシス・ベーコンによって指摘された人間の偏見、先入観、誤りなどを帰納法を用いて説いたもの。4つのイドラがある。
      1. 1. 種族のイドラ…感覚における錯覚であり、人類一般に共通してある誤り。
      2. 2. 洞窟のイドラ…狭い洞窟の中から世界を見ているかのように、個人の性癖、習慣、教育によって生じる誤り。世間知らずの意もあるらしい。
      3. 3. 市場のイドラ…言葉が思考に及ぼす影響から生じる偏見。言葉や言語が引き起こす偏見。口コミなどが挙げられる。
      4. 4. 劇場のイドラ…思想家たちの思想や学説によって生じる誤り。思想家たちの舞台の上のドラマに眩惑され、事実を見誤ってしまうこと。
    2. この4つのイドラを取り除いて初めて、人は真理にたどり着け、本来の姿を取り戻すとベーコンは考えた。

ベルグソンと極座標モデル

  1. 『思想と動くもの』

身体基準の座標系と、世界基準の座標系

  1. 身体基準の座標系は、前後左右上下という座標系。
  2. 世界基準の座標系は、東西南北上下という座標系。これは地球表面基準。
  3. 天文学での座標系は、どのような方向に座標軸を置いているのだろうか?

極座標モデルと天文学での座標系

  1. http://ja.wikipedia.org/wiki/天球座標系
    1. 天球座標系(てんきゅうざひょうけい)とは、天文学で空の中での位置を表現するための座標系である。
    2. 天球座標では地球表面の測地系(経緯度)と同様の座標格子を用いるが、座標格子を天球にどのように投影するかによって、様々に異なった座標系が存在する。それぞれの座標系の違いは基準面をどう選ぶかによっている。この基準面によって空は二つの等しい半球に分けられ、半球の境界は大円になる。(地球の測地系では基準面は地球の赤道である。)それぞれの座標系はこの基準面のとり方によって名前が付けられている。以下に座標系の名前と基準面・極の名前を挙げる。
      1. 地平座標系 - 地平線 - 天頂/天底 - 方位角(A) - 高度(h)
      2. 赤道座標系 - 天の赤道 - 天の北極/天の南極 - 赤経(α, R.A.) または 時角(H) - 赤緯(δ, Decl.)
      3. 黄道座標系 - 黄道 - 黄道北極/黄道南極 - 黄経(λ) - 黄緯(β)
      4. 銀河座標系 - 銀河赤道 - 銀河北極/銀河南極 - 銀経(l) - 銀緯(b)
      5. 超銀河座標系
  2. http://www.fukuoka-edu.ac.jp/~kanamitu/fits/fits_t50/node118.html
    1. 座標の準拠フレーム : 射影平面座標 から天球座標 への変換 : 射影平面座標 から天球座標 への変換
  3. http://www.fukuoka-edu.ac.jp/~kanamitu/fits/fits_t50/node104.html
    1. WCS での基本的な変換手順
    2. WCS の提案 (WCS Paper I) では、ピクセル座標から WCS への変換は、複数のステップ (3つの変換) を踏んで変換されることになる。 ピクセル座標(Pj) 中間ピクセル座標(Qi) 中間世界座標(Xi) 世界座標、である。 このステップの流れ図と簡単な説明は次のようになる。
    3. [ピクセル座標]
    4. ↓ (step1) ← 線形変換する (CRPIXjs, PCi_js or CDi_js キーワード)
    5. ↓ 行列を掛け回転、歪み、(オプションで)スケールの補正
    6. [中間ピクセル座標]
    7. ↓ (step2) ← 物理単位へ再スケーリングする (CDELTis キーワード)
    8. [中間世界座標]
    9. ↓ (step3) ← 座標変換 (CTYPEis, CRVALis, PVi_ms キーワード)
    10. ↓ 球面から平面への射影と、実世界座標への変換
    11. [世界座標(WCS)]
  4. http://www.fukuoka-edu.ac.jp/~kanamitu/fits/fits_t50/node108.html
    1. 世界座標の要素数はピクセル座標の要素数を超過する場合がある。
    2. 例えばロングスリットの分光観測データは通常2次元で、スリットは(空間)ピクセル座標方向に置かれ、分散方向が(分光)ピクセル座標方向となる。
    3. この場合、分散方向の表現は単純で 1分光ピクセル座標は 1分光世界座標(周波数、波長、又は速度)に変換される。
    4. 一方、スリットは天空でどの方向にも向く可能性があるので、スリットの長さ方向に沿ったピクセル座標は 2つの空間(角度)座標、典型的には赤経・赤緯、に変換される。・・
  5. http://www.fukuoka-edu.ac.jp/~kanamitu/fits/fits_t50/node111.html
    1. ある座標軸が 2 つ以上の座標の種類を持っているような場合 (例えば分光軸の周波数・速度・波長のように) に、各軸に対して最大 26までの追加の記述ができるように、オプションキーワードが予約されている。
  6. http://www.fukuoka-edu.ac.jp/~kanamitu/fits/fits_t50/node113.html
    1. 前節で WCS の基本的なコンセプトと座標の変換手順について概説したが、実際の変換にあたっては step3 で扱うのが天球座標の場合と分光座標の場合が想定される。・・
    2. ・・
    3. 【前節の step3 の部分の詳細図:】
    4. [中間世界座標]
    5. (射影平面座標 (x, y))
    6. ↓ ← 座標変換 (CTYPEia, PVi_ma キーワード)
    7. ↓ 平面から球面への射影
    8. (局所(Native)球面座標 (φ,θ))
    9. ↓ ← 球面回転 (CRVALia, LONPOLEa, LATPOLEa キーワード)
    10. ↓ 3つの Euler角を決定して回転
    11. (天球座標 (α, δ))
    12. [世界座標 (WCS)]
    13. ・・
    14. 天球座標 から射影平面座標 への変換
    15. 射影平面座標 から天球座標 への変換
  7. http://www.fukuoka-edu.ac.jp/~kanamitu/fits/fits_t50/node123.html
    1. 分光座標の基本概念
    2. 分光学的座標軸としては 3つの物理量、周波数 (ν)・波長 (λ)・見かけの速度 (v) (ドップラー速度) が考えられる。
    3. ・・
    4. ある天球座標位置での分光軸は、波長・周波数・速度のいずれかについて等間隔目盛りになっているものとする。
    5. 電波および可視光での「速度」は、それぞれ周波数または波長に直接比例する。
    6. 周波数と波長の軸はその対数について等間隔である場合があり得る。
    7. 波長はときどき真空中よりも「空気中」の波長で与えられることがあり、周波数はエネルギー単位(=hv, 単位'eV') やカイザー (波数,=1/λ , 単位'/cm') で表わすこともある。
  8. http://www.fukuoka-edu.ac.jp/~kanamitu/fits/fits_t50/node124.html
    1. 分光座標の計算
    2. 実際に周波数・波長・速度を計算するに際して、スペクトル軸kの中間世界座標を w≡xk と表し、最終的な世界座標を S と表す。
  9. http://www.fukuoka-edu.ac.jp/~kanamitu/fits/fits_t50/node129.html
    1. topocentric フレームから geocentric に変換するのに必要なパラメータは、恒星時と観測所の位置であるが、従来は位置として、緯度・経度・海抜が使われてきた。 しかし topocentric velocity の計算にはこれらは地球中心の直交座標に変換されるので、・・
    2. OBSGEO-X 観測所の X位置(m)
    3. OBSGEO-Y 観測所の Y位置(m)
    4. OBSGEO-Z 観測所の Z位置(m)
    5. MJD-AVG 観測の平均時刻 (JD-2400000.5)
    6. VSOURCEa 観測天体の見かけの速度 (SOURCEの場合)(m*s**(-1))
    7. ZSOURCEa 観測天体の赤方偏移 (SOURCE の場合)(単位なし)
    8. VELOSYSa 見かけの視線速度(wrt standard of rest に対する)(m*s**(-1))
  10. 基本的に極座標系であり、観測者のデータを差し引くことによって、世界座標での配置に置き換える、という方法。

直交座標の回転可能性と無限遠点

  1. 空間の直交座標は回転可能であり、たとえば30度傾けた座標系を想定しても、性質が変わらないと言われる。
  2. 時間と空間の直交座標は、回転可能であろうか?
  3. 複素平面の実数軸と虚数軸とは回転可能であろうか?
  4. 空間同士の直交座標でも、実生活上の東西南北の座標軸は、回転可能だろうか? 上下と南北と座標軸は回転可能だろうか? 世界と言うのは固定された空間であって、その座標軸は固定されているのではないだろうか? (モノたちが固定的に配置された空間)。
  5. 世界の座標軸にはそれぞれに「意味」がある。座標軸を回転させると、座標軸がもっていた「意味」を破壊する。意味を破壊しても構わないのであれば、虚数軸と実数軸でも回転可能である。
  6. 複数の座標軸をもった空間の無限遠点は、それぞれの座標軸の値が無限大になる方向への無限遠点を代表物として考えるのがよいだろう。(0,0,0)からみて(1,1,1)の方向の無限遠点である(∞,∞,∞)を代表として考えればよい。
  7. そのさいに、座標軸が回転可能であるとすると、代表的な無限遠点への方向が決まらなくなる。
  8. 《複素数の時空》での無限遠点を考える場合には、((0,0i),(0,0i),(0,0i),(0,0i))からみて((1,i),(1,i),(1,i),(1,i))の方向の無限遠点である((∞,∞i),(∞,∞i),(∞,∞i),(∞,∞i))を無限遠点の代表と考えればよい。
  9. →「極座標モデル

ボス猿主義極座標モデル

  1. ボス猿主義は、《群れの中の個体》の思考様式である。ボスに従うことで安全を確保できるとする思考様式である。追従ザル行動様式である。
  2. ボス猿主義においては、世界は、《群れの中の個体》のネットワークとして認識される。最も単純なネットワークはボス猿という個体と《私》という個体との関係である。
  3. ボス猿《群れ》全体と、《群れ》の外部への《見通し》を持つ。追従ザル《私》)はボス猿の命令を待ち、ボス猿の命令がない場合には、《私》の周辺の個体への見通しと、《私》の周辺の餌や危険への《見通し》を持つ。
  4. 《群れ》において、《群れの中の個体》の全てが、《群れ》への《視点》《群れ》の外部への《視点》を持つことの、種族維持的価値はあるは? 政治的分業と民衆政治の有用性の比較は? 「(自律的に判断することを)諦めた人々」の発生は防げないのではないか?2:6:2の法則。

ステレオタイプな感覚と極座標モデル

  1. 《健常者》の感覚はステレオタイプな感覚である。感じたことと、行動、行動への価値判断とが融合している感覚である。モノを有用性と有害性とで感じる感覚である。
  2. ステレオタイプな感覚は、フィルターを通した感覚である。有用性と有害性のフィルターを通した感覚である。極座標の原点に与えられる情報のまわりに有用性・有害性のフィルターがある状態である。
  3. ヒトの感覚は、ヒトのフィルターを通した感覚である。われわれは紫外線や赤外線を視ることはできず、超低音や超高音を聞くことはできない。
  4. 生き物の感覚の目的は、餌や安全な場所に近づき、捕食者や危険な場所から遠ざかることであろう。その意味では、有用性フィルターや有害性フィルターは生き物の感覚の目的にマッチしたモノである。すべての感覚は、科学的な感覚であろうと、最終的には有害性・有用性の判断に至るであろう、
  5. 透明な感覚→世界認識→判断→有用性→動きという間接的なIO。に、対して、ステレオタイプな感覚は、感覚→動き、または感覚→判断→動き、という簡素なIOである。思考の経済と言われる由縁である。

堕落と極座標モデル

  1. 『ソクラテス以前以後』(コーンフォード、岩波文庫)
    1. なぜこの知識は他の種類の知識のようには教えることができないのだろうか。それは、他人がわたしに教えることができるような知識はすべて、何か外的な権威あるいは社会そのものによって、これこれの事柄は善いと信じられています、これこれの行為は正しいと信じられています、ということでしかないからだ。この種の情報は教示によって伝達され得る。しかしそれはソクラテスが知識と呼んだものではない。これが善いかあれが善いか、あるいは正しいかということを知るのは、自分自身で直接それを観ることができてはじめて可能だろう。・・むろん思いきって何らかの外的権威を認めてしまって、それからあとはその権威が為せと命じることについていって一切の責任を負ってもらうということも可能だ。しかしどの権威に従うべきかというもともとの選択に対しては依然として責任を免れることはできないのである。p.67
    2. ・・
    3. その「堕落させる」という意味の英語(デーモラライズ)を字義どおりに取れば、彼らの告発は本当だった。・・道徳上の(モラル)支柱や補強壁を取り外す(デー)という意味において、彼らをデーモラライズすることである。p.69
  2. http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=demoral&word_in2=reedeirrf&word_in3=zJPa7DCxJ15687987t
    1. demoralization 【名】 士気喪失{しき そうしつ}
    2. demoralize 【他動】 〜の士気{しき}をくじく、やる気を喪失{そうしつ}させる、〜を困惑{こんわく}させる、混乱{こんらん}させる、〜の風俗{ふうぞく}[風紀{ふうき}]を乱す
      1. ・ Team A demoralized Team B by scoring three goals. 3得点を挙げ、A チームは B チームの士気をくじいた。
      2. 【レベル】12、【発音】dimo'(:)rэla`iz、【@】デモーラライズ、デモラライズ、【変化】《動》demoralizes | demoralizing | demoralized、【分節】de・mor・al・ize
    3. demoralize a market 市場{しじょう}を売り崩す
    4. demoralize an army 軍の士気をくじく
    5. demoralize the troops 軍隊{ぐんたい}を混乱{こんらん}させる
    6. demoralized 【形-1】 やる気をなくした、士気阻喪{しき そそう}した
      1. 【形-2】 困惑{こんわく}[混乱{こんらん}・当惑{とうわく}]した、まごついた、戸惑った
    7. demoralizing 【形】 やる気をなくさせる、がっかりするような
    8. demoralizing fire 威嚇射撃{いかく しゃげき}
      1. Team A demoralized Team B by scoring three goals. 3得点を挙げ、A チームは B チームの士気をくじいた。
    9. become demoralized 気落ちする
    10. feel demoralized やる気を失う
    11. have a demoralizing effect on 〜にやる気をなくさせる
    12. downright demoralizing 紛れもなくがっかりして
      1. ・ "It was just downright demoralizing." He said. 「紛れもなくがっかりしたとしか言いようがない」と、彼は言った。
  3. http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=%91%C2%97%8E&word_in2=%82%A9%82%AB%82%AD%82%AF%82%B1&word_in3=zJPa7DCxJ15687987t
    1. 堕落 backslide // corruption // debauch // decadence // declination // degeneracy // depravation // derogation // descent // deterioration // falling // filth // moral leprosy // moral retrogression // moral turpitude // pravity // prostitution // rot // rottenness // turpitude
    2. 堕落 depravity〔動詞 deprave(悪化させる、堕落させる)から派生した名詞。公序良俗に反するような不健全さやゆがみをいう。性や暴力に絡む反社会的行為(児童ポルノや戦争犯罪など)を指すこともある。心理学、法律、政治、報道といった分野で使われる、教養を感じさせる語。派生語は、形容詞 depraved(堕落した、邪悪な)など〕
    3. アダムとイブの堕落 the Fall (of man)
    4. 意味の堕落 deterioration of meaning // pejoration of meaning
    5. 芸術の堕落 decadence in art
    6. 人間の堕落 Fall of Man // the Fall (of man) // the fall of Adam and Eve
    7. 政治的堕落 political prostitution
    8. 生物学者の堕落 biostitution〔〈参考〉biostitute〕
    9. 全堕落 total depravity
    10. 道徳的堕落 moral contamination
    11. 文化の堕落 cultural degeneration
    12. 民主主義の堕落 degradation of democracy
    13. 高慢には堕落がある。/おごれる者は久しからず ;《諺》 Pride goes before destruction [a fall]. ; Pride will have a fall.
    14. 彼は自分と一緒にあなたをも堕落させた He has dragged you down with him.
    15. 彼女の性格にあった悪い点が、私の幼なじみの少女を完全に堕落させてしまった The bad traits in her character have well and truly subverted the young girl I grew up with.
    16. 堕落させる bring down // drag down
    17. 堕落させる 【形】abjective
    18. 堕落させる 【他動】corrupt // debauch // degenerate // deprave // deteriorate // Neronize
    19. 悪い付き合いが良い習慣を堕落させる。/悪い人間と付き合うと行儀が悪くなる。/朱に交われば赤くなる。 ;《諺》 Evil communications corrupt good manners.
    20. 本当に正直な人物を堕落させるのは不可能だ It's impossible to corrupt a truly honest person.
    21. 堕落させるもの contamination
    22. (人)を堕落させるような影響を与える have a corruptive influence on
    23. 堕落させる人 corrupter
    24. 〜を堕落させる 【他動】rot // subvert
    25. 〜を完全に堕落させる deprave ~ absolutely
    26. (人)の信仰を堕落させる corrupt someone's faith
    27. (人)を堕落させる drag someone down into the gutter // lead someone astray
    28. (人)を一緒に堕落させる drag someone down with
    29. 社会を堕落させる degrade society
    30. 遅かれ早かれ(人)の精神を堕落させる corrupt the spirit of someone sooner or later
    31. 堕落しきった god forsaken // godforsaken
    32. 堕落しきる wallow in one's own inertia
    33. 堕落した 【形】corrupt // corrupted // degenerate // degraded // depraved // fallen // lapsed // putrid // reprobative // scrofulous // vile
    34. ひどく堕落した grossly depraved
    35. 完全に堕落した absolutely depraved
    36. 性的に堕落した sexually degrading
    37. 性的に堕落した 【形】bestial
    38. 生まれつき堕落した vile by nature
    39. 道徳的に堕落した morally corrupt
    40. 彼は悪友と付き合い始めて堕落した He started hanging around with some bad friends and went astray.
    41. 堕落したやつ bathtub scum
    42. 堕落したカトリック教徒 lapsed Catholic
    43. 堕落した学生 degenerate student
    44. 堕落した警官 bent copper
    45. 堕落した考え方 depraved thoughts
    46. 堕落した姿 corrupt figure
    47. 堕落した思考パターンを確認する identify corrupt thought patterns
    48. 堕落した支配者 degenerate ruler
    49. 堕落した社会 corrupt society

極座標モデルと「主観と客観との相互包含関係」

  1. 説明できるかな?
  2. 主観の《視点》においては、客観も主観である。
  3. 客観の《視点》においては、主観は《客観世界》の中に客観的に存在する。
  4. 客観の直交座標の《視点》は、世界の各点に対する同一方向からの《視点》であり、その方向は平行であるので、《視点》の原点の中心は無限遠にあり世界の中にはない。もしくは無限遠点にある。
  5. 極座標の原点からの《視点》において、客観の直交座標の《視点》は、無限遠点にある。そこに鏡を置いて、その鏡に入り込み、《視点》を移動して見る、というのが客観の《視点》《視点》の原点は元の極座標の原点から動かない。従って、客観といっても主観の原点にある《視点》が鏡を通して移動したモノに過ぎない。
  6. 客観の《視点》においては、世界の外部、無限遠点からの《視点》であるので、その世界の中に主観的な《視点》があるようにみえる。それが極座標の原点であるといっても、世界の各点において極座標を想定するという作業の結果として生まれた極座標であり、《客観世界》を理解するためのモデルに過ぎない。
  7. 相互包含関係というのは、最初の《視点》をどちらに置くにしても、別の《視点》を鏡としてそこに移動し、その《視点》から更に、元の《視点》を鏡としてそこに移動する、という《視点の移動》の往復を意味している。

極座標モデルとニューロンの発火

  1. 極座標の主観世界と直交座標のニューロンの発火とは、同じモノの異なった輪郭、《視点》の違いによる見え方の違い。
  2. 極座標モデルはニューロンの発火を前提とするモデルではない。
  3. 素粒子にも主観世界がある。素粒子にはニューロンはない。共通してあるのは《背後者》である。

極座標モデルと《背後者としての身体》

  1. 《背後者としての身体》や、そのまわりの世界=《背後者としての世界》=は、全く未知のモノである、か?
  2. 我々は《他者》を見る場合にも、人間的バイアスを通して見ている。人間的バイアスを通さない「裸の現象としての《他者》」は知らない。しかし、《他者》の内部の《視点》《他者》の現象としての《身体》とは、《私》の内部の《視点》《私》の《背後者としての身体》との関係とパラレルであろう。少なくとも、《他者》からみれば、《私》の《背後者としての身体》は、他者一般の《身体》と何らの違いはない。ただ、その《他者》《視点》も人間的なバイアスを通したモノである、ということに注意すればよい。
  3. 素粒子の《身体》、ビリヤードのボールの《身体》
  4. 素粒子の《知りつつあるモノ》、ビリヤードのボールの《知りつつあるモノ》
  5. ビリヤードのボールの《知りつつあるモノ》はその物体の表面の全部である、か? ヒト《知りつつあるモノ》がある程度の小ささに集中して感じられるのは、そのように進化したためだろう。《知りつつあるモノ》を集中管理することが進化の選択の結果として生じたのだろう。
  6. しかし、《知りつつあるモノ》が物体の表面ないし全体にあるとすると、極座標の原点が分散することになる。原点は点であり大きさを持たない。
  7. 物体の大きさと質量との関係で、力学的モデルでは、重心にすべての質量が集中しているモノとしてモデル化している。《知りつつあるモノ》も実際にはモノの全体に分散しているとしても、《知りつつあるモノ》の『重心』にそのモノ《知りつつあるモノ》があるとしてモデル化しても構わないだろう。
  8. 《知りつつあるモノ》の重心に《知りつつあるモノ》が集中していると想定すると、その《知りつつあるモノの背後者》として、モノ全体が背後に現れることになる。

極座標モデル《知りつつあるモノ》の大きさ。

  1. ビリヤードのボールの《知りつつあるモノ》はその物体の表面の全部である、か? ヒト《知りつつあるモノ》がある程度の小ささに集中して感じられるのは、そのように進化したためだろう。《知りつつあるモノ》を集中管理することが進化の選択の結果として生じたのだろう。
  2. しかし、《知りつつあるモノ》が物体の表面ないし全体にあるとすると、極座標の原点が分散することになる。
  3. 数学的意味における原点は点であり大きさを持たない。その意味では破綻するか? ん?、数学的モデルは、どんなものでも破綻してしまうのではないか? 大きさを持たないモノなど、《モノの世界》には存在しないのだから・・。ある程度捨象されたモデル、大きさを捨象したモデルが数学的モデルなのだろう。『重心』に質量が集中していると想定する、というのが数学的モデル。

極座標モデルモノ《群れ》

  1. モノは、それを構成するモノの群れである。
  2. サブシステム、構成員、構成要素、構成物。・・名前が決まっていないな・・。
  3. 右目と左目。どちらが《見つつあるモノ》なのか? 《見つつあるモノ》はどこにあるのか? 《見つつあるモノ》が両眼からの情報を統合する、両眼とは別のモノであるとするなら、眼は《見つつあるモノ》ではない、ということになるのか?

極座標モデル《複素数の時空》

  1. 極座標モデルの、《視点》=極座標の原点=の背後から《複素数の時空》を導くことができる。というか必然的に生じる、か?。

極座標モデル《混濁》

  1. 極座標モデル《思いこみ》に過ぎない。一つの《視点》である。沢山の《視点》の中の一つである。
  2. 極座標モデルは、たけ(tk)《見通し》《他者》に伝達するためのコトバである。
  3. 《混濁》《知りつつあるモノ》が、極座標の原点である。この原点は直交座標に座標変換することができる、か? 点としては変換することができる。絶対者としては、《視点》としては、どうか? 絶対的な《視点》であって、そこから移動することが出来ない《視点》である。

極座標モデルと「《身体》世界の相互包含関係」

  1. コトバの論理では無限ループになる。が、モノの論理では単純。

極座標モデル《身体》

  1. 極座標モデルは、《身体》との関係において、次のようになる。
    1. 直交座標の中に配置された《視点》のまわりには《身体》がある。
    2. 《身体》《視点》のフィルターとして機能し、《視点》からの《見通し》を歪め、制限している。
    3. とはいえ、《視点》《身体》を通じてしか《身体》の外部への《見通し》を得ることはできない。《身体》のバイアスがあるとはいえ、かなりの程度は正確に《身体》外部への見通しが可能になっていると思われる。
    4. 《身体》内部の《視点》《身体》への《身体》内部からの《見通し》ももつ。(体内感覚)。
    5. 《身体》内部の《視点》は、《複素数の時空》の中にあるとするなら、《視点》の背後にある構造も見通すことができる。それは脳科学的な虚数軸であり、その虚数軸を見ることができる《視点》は、その虚数軸に直交した位置にあるのであろう。
  2. 主観的《視点》から見ると、《身体》は3通りの見え方がする。
    1. 《身体》を外部から見る《視点》《体外感覚世界》の中の《身体》
    2. 《身体》を内部から見る《視点》《体内感覚世界》としての《身体》
    3. 《視点》の背後にあるはずのモノとしての《身体》《背後者》としての《身体》
  3. 《他者》《視点》を客観的に観察するなら、
    1. 《他者》《視点》《他者》《身体》の内部にあり、《視点》の背後にある心理的・脳神経的回路によって駆動されている。
    2. 《他者》《視点》《身体》の中にあるので、《他者》《視点》《他者》《身体》を内部から見る位置にあることは明らか。
    3. 《他者》《身体》外部の物理空間を認識する場合には、《身体》の感覚器官が外界からの情報を取得し、脳回路で分離し、再統合したイメージが、《他者》にとっての「外部的物理空間」のイメージを構成している。
  4. 《他者》の観察結果を《私》の主観的体験と重ね合わせるなら、
    1. 《私》の近傍の物理空間=デカルトの「まつたく疑ひ得ぬ他の多くのものがある。例えば、いま私が此處に居ること、暖爐のそばに坐つてゐること、冬の服を着てゐること、この紙片を手にしてゐること、その他これに類することのごと。まことにこの手やこの身體が私のものであるといふことは、いかにして否定され得るであらうか」=が実は《私》《身体》が取得し、《私》の脳の回路が分析・統合したイメージである、ということになる。そのイメージは、実空間にとっての虚の方向にある《私》《背後者》から出力された情報であることになる。すなわち、《私》《視点》からの《見通し》において、《近傍物理空間》モノたちの位置から虚数軸の方向から噴出してきた情報である、という見方になる。《私》《身体》を外部から見るということは、そのような、《身体》外部の物理空間の中のモノの一つとして《身体》を見るということ。
    2. 《身体》を内部から見る《視点》、というのは、その端緒となる感覚器官が《身体》内部にあり、直接に《私》《視点》に入ってくる、という点では異なるが、実際には感覚器官から脳回路を経由して再構成された情報である点においては、《体外感覚世界》の中の《身体》の場合と同じである。
    3. 《背後者としての身体》は、そもそも、《私》《知られつつある世界》の中にはないのであるから、直接に知ることはできない。ただ、その徴候から推測することは可能である。《私》《視点》は気分によってうつろいゆき、関心の対象や度合も刻々と変わる、それらは《私》《視点》を背後から駆動している《背後者としての身体》からの出力であることを推測させる。
  5. クオリアは感覚異常であるように思われる。《健常者》の感覚においては、輪郭と質感とは分離されておらず、さらに、そのモノのさ3次元的なイメージ、変形可能性の知識、さらには、そのモノの名前、意味、取扱の方法、そのモノに関連して連想されるさまざまなイメージ、善悪の判断、知覚によって生じる衝動なども統合された状態で感覚されるのが、《健常者》の感覚ではないかと思われる。ステレオタイプな認識の方が正常な感覚であろう。モノの感覚から意味を捨象したり、輪郭を捨象したりするのは異常な感覚であろう。異常性を強調してもしょうがないので、分析的感覚と呼んでおこう。対するに《健常者》の感覚をステレオタイプな感覚としておく。
  6. ステレオタイプな感覚から分析的感覚への移行は、外界→《身体》による情報経路の分断(複数の感覚器官→複数の脳回路)→統合の脳回路→《視点》への情報出力のうち、統合回路を経由した感覚からそれ以前の分断された感覚情報に直接アクセスする感覚への移行であろう。また、この移行を《視点》《近傍物理空間》との関係として考えると、《私》《視点》が移動したのか、《近傍物理空間》へ虚数軸の方向から噴出してきた情報が変化したかの、どちらかである。「どちらであるか」は説明方法の選択に過ぎないであろう。
  7. 《近傍物理空間》へ虚数軸の方向から噴出してきた情報が変化として考えるなら、《私》は、ステレオタイプな感覚から分析的感覚への移行、その逆の移行によって、《近傍物理空間》の背後にある脳回路的な仕組みを感じることができるようになる。その仕組みは虚数軸を追加して《近傍物理空間》を感じることによって、《近傍物理空間》に統合されるだろう。その実体は、感覚情報《身体》外部から取得し、分断し、統合して《視点》の現前の《知られつつある世界》に提供するという《背後者としての身体》の仕組みの一部である。
  8. 結局、《私》の主観的世界は、《私》《身体》が取得した情報を再構成して《私》《視点》の現前にあるかのように提供された情報であることになる。《私》《視点》《私》《身体》の内部にあり、《私》世界《私》《身体》の中にある。ということになる。《私》の主観的世界《私》《身体》の中にあるとはいえ、《私》《身体》の外部の世界をある程度反映していると見るべきである。おそらく、《背後者としての身体》は、その外部世界モノたちの状況を刻一刻と検知し、その情報内容がモノたちの状況を適確に把握するような形で《私》《視点》に提供しているはずである。ただ、人間的なバイアスが掛かっていることは明らかである。《私》は超音波の情報や紫外線の状況を無視している。それらは、人間の進化の過程において重要な情報ではなかったからであろう。とはいえ、かなりの程度には外界を反映していると考えてよい。極座標モデルでいえば、《視点》《身体》の内部にあり、《身体》は外部世界の中にあり、《視点》《身体》がもたらすバイアスがあるものの、外部世界への見通しを、方向と距離で把握している。
  9. ステレオタイプな感覚、《健常者》の感覚において、意味が統合されているとするなら、《健常者》の感覚は、科学的数学的な、意味が捨象された実数軸の世界ではなく、虚数軸に広がった《複素数の時空》のなかで、そのモノの虚数軸への広がりとして、そのモノの意味を感じているのではないだろうか。《健常者》《私》に「彼は何を考えているか、何を欲しているか」などを説明してくれるのであるから、《健常者》は《彼》を単なる4次元時空のなかで把握しているのではなく、それ以上の座標軸の中で《彼》を把握しているのであろう。
  10. 《近傍物理空間》脳科学的意味は一つの虚数軸であろう。ある虚数軸が見えるということは、その《視点》はその虚数軸に対して直交した位置にあるということであろう。
  11. 《私》世界《私》《身体》の中にあり、《私》《身体》《私》世界の中にある、という相互包含関係が生じるようにみえる。コトバの論理では無限ループになるだろう。しかし、情報モノとは異なること(離存性)を考えれば、前段は情報レベルでの包含関係、後段はモノのレベルでの包含関係であり、《視点》が異なる。
  12. ----
  13. 世界と、私の《視点》=極座標の原点の位置にある《視点》《知りつつあるモノ》=との間に《身体》がある。
  14. 極座標モデルは、インプット系とアウトプット系とがある。意志はアウトプット系。ここではインプット系について述べる。
  15. 極座標モデルにおいては、《身体》は3つの現れ方をする。《身体》は、《視点》によって知られつつある世界の一部としての《知られつつある身体》と、《視点》を背後から駆動する《背後者としての身体》とがある。《知られつつある身体》には《体外感覚で知られつつある身体》と《体内感覚で知られつつある身体》とがある。
  16. 《背後者としての身体》は、《複素数の時空》の考え方を採用するなら、虚数軸方向に広がっている《身体》ということになる。《視点》《複素数の時空》の中の《身体》の中に、極座標の原点として存在することになる。
  17. 《視点》《身体》の外部の世界《体外感覚世界》=を直接知っているように思っている。
  18. 《知りつつあるモノ》《体外感覚世界》は《背後者としての身体》が取得した各種の情報が統合された情報である。音楽→音色(どの楽器、誰の声)、音程(音の高さ)、音量、メロディー、歌詞。《健常者》の感覚では、統合されている、質感、輪郭、3次元的イメージ、意味(それをどのように扱うか)、名前、が統合されたモノという感覚。ステレオタイプな感覚。
  19. クオリア体験は感覚異常の一種であろう。感覚の分離。質感だけを分離して感じる、というのは感覚異常。分析的感覚は《健常者》の感覚からみれば、感覚異常。ではあるが、極座標モデルのインプット系の情報入手の経路ごとの分離という側面。インプット経路には、感覚器官の違いだけではなく、脳科学的な処理の経路の分離を含む。
  20. 《入り込み》。感覚異常は《入り込み》
  21. 《知られつつある世界》は《背後者としての身体》が《知りつつあるモノ》に提供する情報
  22. 感覚異常(分析的感覚)は、《背後者としての身体》の一部分に入り込むこと。(神経を集中すること)。「誰の声?」というのは、ニューロンの経路としては他から独立した経路で処理されている可能性が高い、その部分に「神経を集中すること」=入り込むこと=が分析的感覚を生み出す。

検索

Last modified:2007/04/01 13:31:12
Keyword(s):
References: