FrontPage  Index  Search  Changes  wikifarm  Login

共振しつつある他者の身体

キーワード→《共振しつつある他者の身体

定義

《私》《共振しつつある身体》共振しつつある《他者の身体》のことを《共振しつつある他者の身体》と呼ぶ。

《共振しつつある身体》共振関係にあるモノが《共振しつつある他者の身体》。

共振しつつある他者の身体》は《他者の思いこみ》噴出し、《私》《共振しつつある身体》がそれを受け取り、《私の身体》の中に《他者の思いこみ》という《思いこみ》を生じさせる。

《他者》への《見通し》において、最初の《認識限界》として現れるモノが《共振しつつある他者の身体》である。

区別

共振しつつある他者の身体》と《私》《共振しつつある身体》

  1. 《同質者公理》によれば、同じ性質のモノである。
  2. どちらも内部の《思いこみ》を外部に噴出し、外部の現れを受け取って《思いこみ》として内部に生成する。

《思いこみのパイプ》と《共振しつつある他者の身体

  1. 《思いこみのパイプ》というのは《共振しつつあるモノ》《共振しつつあるモノ》との間の仮想的な伝達のパイプ。
  2. 共振しつつある他者の身体》に生じるのか? 《共振しつつある他者》との間で生じるのか?

《共振しつつある世界》と《共振しつつある他者の身体

  1. 共振しつつある他者の身体》は《共振しつつある世界》の中の一つのモノである。

《他者》の出現による撹乱と《共振しつつある他者の身体

  1. 他者が出現した時に《共振しつつある他者の身体》を見通しておくと、撹乱の度合が少なくなる。
Last modified:2005/11/06 20:22:07
Keyword(s):
References: