FrontPage  Index  Search  Changes  wikifarm  Login

虚数軸の世界

キーワード→《虚数軸の世界

定義

《背後者世界》《知られつつある世界》《知りつつあるモノ》の背後にある世界である。《知られつつある世界》をプラスの実数の距離の世界(極座標系)とするなら、《背後者世界》《知りつつあるモノ》から見てマイナスの距離世界、数学的に整理するなら虚数の距離世界(極座標系)である。すなわち、そこに直交座標を想定するなら、《背後者世界》は、その座標軸が虚数であるような世界である。これを虚数軸の世界という。

  1. 極座標の場合には虚数の方向と虚数の距離が問題になる。
  2. 《モノの世界》の各点において、その点からの虚数の距離世界虚数軸の世界があるのなら、世界《複素数の時空》になる。

たけ(tk)《モノの世界》が実数軸の世界であり、《思いこみの世界》虚数軸の世界だと思うのだが、友人との対話で《モノの世界》を説明するときに、《思いこみの世界》から見て虚数方向にあるのが《モノの世界》だ、と説明したら、納得してくれたようだ・・。

  1. →「《モノの世界》を《コトバ》で説明することと自己言及

区別

検索

《混濁しつつあるモノ》 - [#《いま・ここ》という何もないはずの一点から、その《背後者》から《混濁》噴出している。《いま・ここ》の《背後者》から《混濁》噴出する。《いま・ここ》の《背後者世界》からの噴出。《いま・ここ》の《過去》からの噴出。《いま・ここ》の虚数軸の世界からの噴出。《いま・ここ》の《未来》からの噴出。《いま・ここ》の《虚数軸の世界》からの《実数軸の世界》への噴出。《いま・ここ》の《虚数軸の世界》の《浄化》。]

8次元時空》 - [《背後者》への見通し - [### 「虚数軸の世界としての《背後者》」]]

《今・ここの・このモノ》 - [#《私》《思いこみ》虚数軸の世界)の中から実空間の中の《他者》を見通すことによって、複素数空間のなかに《他者》を見る。]

《背後者》への見通し - [### 「虚数軸の世界としての《背後者》」]

Last modified:2006/03/05 00:58:05
Keyword(s):
References: