FrontPage  Index  Search  Changes  wikifarm  Login

《科学信仰》

キーワード《科学信仰》

定義

われわれは宗教も哲学も信じていません。科学だけを信じます。 http://www.asyura2.com/0403/idletalk9/msg/569.html 投稿者 たけ(tk) 日時 2004 年 5 月 23 日 22:06:25:SjhUwzSd1dsNg

    1. http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9930459294
    2. 『デカルトなんかいらない?―カオスから人工知能まで、現代科学をめぐる20の対話』p.54

(記者)社会が科学に倫理的な規範を求め、科学のほうはまさに実生活の体験を排除するところに成り立っているという悪循環はどうしてなのでしょう。

(アンリ・アトラン)確かに、科学的客観性による研究というと、必然的に、ひとつの資格とも思われる無私の態度を意味しています。…自分の研究領域から「主観性」の世界をいっさい排除するわけです。ところがこの主観性の世界がまさに実生活の大部分をなすわけなんですよ。そこのところで、なぜ社会は科学に倫理を求めるのかということになるんですが、それは、科学が厳密な形で発達するのと並行して、伝統的な倫理規範はその信頼度を失ったからなんです。伝統的な規範というのは、哲学であれ宗教であれ、科学によって信じられなくなってしまったものとごちゃごちゃになっている場合があまりにも多いということですね。

あるラジオ番組で視聴者がはっきりとこう言ったんですよ。「われわれは宗教も哲学も信じていません。科学だけを信じます。科学がうまくいっているのがはっきりしているからです。だからわれわれの生き方を示すのは科学者の義務ですよ」って。で、私がしようとしているのは、そういう要求がいかに根拠のないものかということを説明するということなんです。

区別

原理主義と信仰。科学原理主義と《科学信仰》

  1. 信仰は、本来、原理主義だろう。原理主義でない信仰は、不信心でしかない。
  2. 科学原理主義と《科学信仰》では、科学原理主義のほうが病膏肓に聞こえる。というか、科学原理主義は、信じていないけれども、声高に叫んで、それ以外の思考様式を抑圧しようとする、プロパガンダのにおいがする。
  3. 《科学信仰》は、科学原理主義者のプロパガンダに騙されて、単純に信じている人びと、という感じ。
  4. 科学者は、《科学信仰》はないのに、科学原理主義を声高に叫ぶヒトだ。
  5. 科学原理主義はカバラであり、《科学信仰》はタルムードだ。
  6. 科学の原理は懐疑にある。しかし、科学者は、だからこそ科学が(比較的に最も)正しいと主張する。そして、人びとはその結論「科学は正しい」という信仰をもつに至る。

《科学信仰》『悪』である。か?

  1. 被害を被るのは本人だから、『悪』ではない。
  2. 《科学信仰》は、ステレオタイプな思考様式の一種である。
  3. ステレオタイプな思考様式は『悪』である、か?
  4. 科学は善悪について考えることを拒否する思考様式である。善悪について考えることを拒否する思考様式は悪である。真は悪であり。『善』は偽である。存在と当為とはベクトルが異なる。座標軸が異なる。

《科学信仰》と正解主義。

  1. http://www.h5.dion.ne.jp/~japling/main/science.htm
    1.  つまり現状の教育システムでは、なんだかんだ言って高校まではやはり分かりやすさを目指さざるを得ないと思うのです。やはり高校までの知はたった一つの「正解」を目指していくものですし。しかし現実というのは正解が一つでないものなんて山のようにある(そもそも正解なんてないものも山のようにある)わけですよね。それに対して知というものはどうしていくのか。それを教えるのが大学なんだと思うのです。最前線の知というものは固定化された知ではありません。常に試行錯誤し迷っているものなのです。それを追体験することは大学を出ていろいろな場面で効能があると思います。
    2. ・・
    3. まあ科学の限界と可能性というのを常に念頭におきましょう。それが私の言いたいことです。ヘンな科学信仰が払拭されて、科学に対して足に地のついた見方が定着すれば本稿の目的はとりあえず達成されたことになります。
  2. 正解主義。《科学信仰》というのは正解主義的思考様式の問題か。
  3. 高校教育までは、「正解」思考、というのが問題。義務教育レベルで、懐疑的思考を学ぶべきである。そうでなければ、議論は成り立たず、民主主義も成り立たない。
  4. 小人教育は止めるべきである。
  5. 正解主義的教育と、思考力主義的教育。
  6. まえに家庭教師をやったことがあるのだが、子どもが「そんなことより解答を教えてよ」とのたまわったので、やる気を無くした。まあ、小学生なんて・・そんなものか?? しかし、オトナになってもそのレベルの人間が多過ぎる。

《科学信仰》《他者の思いこみ》

  1. 《科学信仰》《他者の思いこみ》だから、扱いが難しいな。

《科学信仰》当為

  1. 科学者は「何故ヒトを殺してはいけないか」について、科学的に答えることができない。原理的に不可能である。なぜなら、科学当為を捨象することによって成り立っているから。
  2. 「何故ヒトを殺してはいけないか」という問いそのものが非科学的である。なぜなら、科学当為を捨象することによって成り立っているから。
  3. 科学者の当為は、人類の共有知としての科学的知識を蓄積することである。
  4. 科学者の当為は、人類の共有知としての科学的知識を蓄積することによって、金銭を得て、食いつなぐことである。
  5. 似非科学者の当為は、他人が蓄積した科学的知識を高く売りつけて、名誉と地位を得て、金銭を得て、食いつなぐことである。
  6. 《科学信仰》は、似非科学者が、科学的知識を高く売りつけるために、科学的知識の有用性を過大に評価させようとした結果として生じる。また、その周辺で、金儲けを考える商売人たちが、科学的知識を過大に評価されるように宣伝した結果として生じる。

《科学信仰》科学

  1. 《科学信仰》の発生に、科学者に責任があるか?
  2. 科学者が科学的知識を作り出さなければ《科学信仰》はない、というのは別にして・・。

《科学信仰》と呪術

  1. コンピュータプログラムは呪術だ。
  2. 呪術において、呪術師は、薬草などの知識を必要とする。彼らは、彼らの呪術の本当の効果が医学的な薬効にあることを知っている。しかし、彼らは、人々に見せる時には、薬効を隠して、儀式が効果をもたらしているように見せる。
  3. コンピュータも同じだ。プログラマは、人々が『魔法の機械』と思いこむようにプログラムを組む。
  4. 人々は、儀式の際に使われる薬草の種類には興味がない。おそらく、それを説明しようとしても、「そんなことより早く儀式をやって、病気を治してくれ」と頼んだだろう。
  5. 人々は、プログラムの背景にある理論や仕組みや設計方針には興味がない。それを説明しようとしても、「余分な説明は要らない。仕事が出来るように早く立ち上げてくれ」という。

テレビ《科学信仰》

  1. nhkの科学番組。科学《視点》があるヒトが見れば、科学的知見の増大に繋がる。
  2. 科学的な《視点》がない人にとっては、《科学信仰》を強めるだけの番組かもしれない。ちゃんとしたヒトなら・・。
  3. 駄目なヒトには何を言っても駄目、ということか・・。
  4. 科学番組は、月を指差す指である。科学番組を見て、月を見るヒトと、指を見るヒトとがいる。
  5. http://www003.upp.so-net.ne.jp/yorunosanpo/mgallery15misty.html
    1. 月を指差すと、愚か者は月ではなく指を見る。「アメリ」という小説に出てくる文章だ。
    2. 指しか見ることが出来ず、「自分は愚か者だ」と傷ついた人に私は囁く。
    3. 「でもどうして彼女の美しい指に見とれ、その先の月を見ないからといって、愚か者にされるのだろう?」とね。
    4. 全ての事に問い掛けをして、出さなくて良い答えまでだし、その結果あらゆる事が相対化され、意味を失ってしまう。
    5. その問い掛けする者を、何と呼ぶのかあなたは知っているだろうか?
  6. http://nafidha.sfc.keio.ac.jp/shubun/06_theSeenAndTheUnseen.pdf
    1. 「あなたが月を指差せば、愚か者はその指を見ている」
    2. (ムフセン・マフマルバフが引いた中国の諺、『アフガニスタンの仏像は破壊されたのではない。恥辱のあまり崩れ落ちたのだ』(現代企画室)2001年、107頁)
  7. 「指が月をさすとき、愚者は指を見る」ということ。「中国の諺に「指が月をさすとき、愚者は指を見る」という言葉がある。出典は『成語林』(旺文社)によれば、「首楞厳経(しゅりょうごんきょう)」(楞厳教と略されることもある)だそうだ。//月を指せば指を認む。「月」を仏法に、「指」を教理にたとえて、道理を教えても文字や言葉のはしばしにこだわって、本質を理解しようとしないたとえ。」(http://www.toyama-cmt.ac.jp/~kanagawa/language/yubi.html)。
  8. 指が月をさすとき、追従ザルは『彼はボス猿かもしれない』(『彼は、私がボス猿とすべきモノかもしれない』)と思う。

《科学信仰》科学者の《アニマ》

  1. ちゃんとした科学者の《アニマ》《科学信仰》とは正反対の、懐疑的な精神である。
  2. コトバを疑い、自らの眼による《見通し》を得るための研究が科学である。

検索

科学 - [科学科学信仰]

ゴミ箱 - [#科学信仰を増大させるテレビ。]

《視点のパラメータ》 - [科学信仰《視点のパラメータ》]

『なすべきこと』 - [存在と当為と科学信仰 - [文科系は、(というか、哲学や法律学は)、「なすべきこと」(当為)に関する学問だと思います。当為は存在ではないのです。なので、「非科学的」なのです。]]

『省察』 - [#デカルトは科学信仰に翻弄されはじめた時代のヒトなのだろう。科学を信ぜよ、(科学の説明に矛盾する)感覚を捨てよ、という信仰。]

《疑いつつあるモノ》 - [#科学者は、自覚しているのだろう。しかし、科学信仰の信者たちはそうではない。まあ、ここでは、科学信仰は無関係。]

ゴミ箱2005-12 - [###「客観的」というコトバが、科学信仰の源泉になっているという厄介な問題がある。]

ゴミ箱2005-11 - [#科学原理主義、ってのは、一般的ではないな。科学を知らない人が多いから。科学信仰というべきか? 科学を「唯一の正しいもの」として信仰すること。「科学以外のものは正しくないモノである」と考えること。]

おまけ - [# 存在と当為と科学信仰 ・・・・・・・・・・・・・・・ 2005/08/02]

ゴミ箱2005-08 - [##存在と当為と科学信仰]

存在と当為と科学信仰 - [タイトルに一致 科学信仰]

ゴミ箱2005-06 - [#むしろ、なぜ「現代科学的なやり方」で知ろうとするのか? 科学信仰の信者、ということだろう。]

おまけ - [# 存在と当為と科学信仰 ・・・・・・・・・・・・・・・ 2005/08/02]

『なすべきこと』 - [存在と当為と科学信仰 - [文科系は、(というか、哲学や法律学は)、「なすべきこと」(当為)に関する学問だと思います。当為は存在ではないのです。なので、「非科学的」なのです。]]

『悪』 - [《科学信仰》 - [""(記者)社会が科学に倫理的な規範を求め、科学のほうはまさに実生活の体験を排除するところに成り立っているという悪循環はどうしてなのでしょう。]]

『省察』 - [#デカルトは科学信仰に翻弄されはじめた時代のヒトなのだろう。科学を信ぜよ、(科学の説明に矛盾する)感覚を捨てよ、という信仰。]

科学 - [#《科学信仰》が問題だ。]

ゴミ箱2006-06 - [##まあ科学の限界と可能性というのを常に念頭におきましょう。それが私の言いたいことです。ヘンな科学信仰が払拭されて、科学に対して足に地のついた見方が定着すれば本稿の目的はとりあえず達成されたことになります。]

ステレオタイプ - [《科学信仰》ステレオタイプな思考様式]

《科学信仰》 - [タイトルに一致 科学信仰]

《他者のアニマ》 - [#問題は知識信仰、《科学信仰》のほうなのだ。信仰は生の世界見失わせる阿片である。ヒトは阿片と暴力によって奴隷化される。うーむ、脳内麻薬。脳細胞を脳内麻薬によって奴隷化することによって、我々の脳は成立しているのかもしれない。科学者は《ヒトの群れの麻薬》の製造業者である。]

《視点のパラメータ》 - [科学信仰《視点のパラメータ》]

ゴミ箱2006-04 - [#科学も記述不可能である。聞き手が《科学信仰》の信者であるなら、記述不可能である。聞き手が理解力を有しないなら、記述不可能である。]

ゴミ箱2006-03 - [#母親の《視点》科学信仰に毒された母親の《視点》。説得力と《視点》。]

《疑いつつあるモノ》 - [#科学者は、自覚しているのだろう。しかし、科学信仰の信者たちはそうではない。まあ、ここでは、科学信仰は無関係。]

ゴミ箱2005-12 - [###「客観的」というコトバが、科学信仰の源泉になっているという厄介な問題がある。]

ゴミ箱2005-11 - [#科学原理主義、ってのは、一般的ではないな。科学を知らない人が多いから。科学信仰というべきか? 科学を「唯一の正しいもの」として信仰すること。「科学以外のものは正しくないモノである」と考えること。]

ゴミ箱2005-08 - [##存在と当為と科学信仰]

存在と当為と科学信仰 - [タイトルに一致 科学信仰]

ゴミ箱2005-06 - [#むしろ、なぜ「現代科学的なやり方」で知ろうとするのか? 科学信仰の信者、ということだろう。]

Last modified:2008/02/09 22:43:03
Keyword(s):
References:[『科学』]