FrontPage  Index  Search  Changes  wikifarm  Login

永遠の今

キーワード予備知識引用文献

定義

区別

永遠の今》と『永遠の今

  1. 公理として考えるなら、『永遠の今』。
  2. 《絶対者公理》における、あり方、として考えるなら《永遠の今》。
  3. 《たけ(tk)の思いこみ》キーワードとしては《永遠の今》だろう。

検索

古い概要1 - [##《知りつつあるモノ》は常に、《いま》の中に在る。これを《永遠の今》と呼ぶ。]

《プログラミング・オブジェクト》 - [#《息しつつあるモノ》と、モノたちの《動き》記憶または現認。《動きつつあるモノ》ではなく、始めと終わりのある《動き》のイメージ。四次元時空の中の《動き》。《息するモノ》は四次元時空の中で始めと終わりのある《動き》である。《息しつつあるモノ》永遠の今の中での持続である。]

ゴミ箱 - [#これは《絶対者公理》ではない。《我》時間にも依存しない。時間《我》がなければ存在しない。《絶対者公理》における時間は、《我》が依存するモノではない。おそらく、《今・ここの・このモノ》と共にある、《永遠の今》が《絶対者公理》の帰結になると思われる。]

《息しつつあるモノ》 - [#《息しつつあるモノ》からの《視点》では、《息しつつあるモノ》永遠の今の中に在る。]

《知りつつあるモノ》 - [#《知りつつあるモノ》《動き》を知る、が《いま》が瞬間であるなら、《動き》を知ることはできないはず。《知りつつあるモノ》によって《知られつつあるモノ》としての《いま》にはある程度の時間的な幅がある。《永遠の今》ではあるが、《動き》への認知を許す程度の時間的な幅がある。《動き》は無時間でも、認知可能なのか? 動体視力は、静態視力とは別の経路をたどって、意識に入ってくるらしい。]

《混濁》 - [#この《混濁》は『永遠の今』の中にある。この《混濁》は、「この」も「あの」もない唯一の《混濁》である。]

《繋がり》 - [時間 - [#イキモノとしてのおじいさんの魂は、座標軸の時間の今の位置には存在しなくなった。しかし、永遠の今の中には、永遠の今記憶の中に、永遠に存在する。永遠の今記憶四次元チューブの認識かもしれない。四次元チューブと《今ここの私》との関係かもしれない。]]

《内からの視点》 - [永遠の今《内からの視点》]

公理 - [#永遠の今時間公理(今は永遠に今である)・・永遠の今以外のモノは存在しない。時間は存在しない。四次元時空からの《視点》。四次元時空の《中からの視点》。]

《モノの世界》 - [#永遠の今時間公理、持続する時間公理、断絶した時間公理、座標軸の時間公理四次元チューブ時間公理。軌跡の時間公理。]

時間 - [#《混濁》は持続において、永遠の今の中にある。]

《視点》 - [#永遠の今は、四次元時空の《中からの視点》]

自灯明》 - [#希望か諦めか? 諦めてガマンしていれば、いずれ良いこともある。ってのは、諦観的希望の在り方。日本的風土の帰結だな。砂漠なら諦めればミイラだ。《サルの希望》は諦めることである。諦めて、粛々と《空気の定め》に従っていれば、いずれ良いことも在るだろう、という希望。目標がないのだな。現在の維持が目標なのだ。『永遠の今』が目標なのだ。道具をつくるヒトではなく、道具を使うヒト道具は作るモノではなく、自然に生まれるモノ。粛々と『なすべきこと』をしていると、便利な道具は自然に生まれる。粛々と『なすべきこと』をしていると、美しい造形も自然に生まれるモノ。]

《近傍物理空間》 - [#持続公理によっても、《知りつつあるモノ》は今ここにしか存在しえない。従って《知りつつあるモノ》永遠の今のなかにある。]

ゴミ箱2005-12 - [#永遠の今における政治とは、見世物なのである。]

ゴミ箱2005-11 - [#永遠の今《私》《私》を感じるたびに今を感じる。《私》は常に「今」の中にある。《私》は永遠に今の中にあるのである。永遠に今の中にある《私》は、過去にもあり得ないし、未来にもありえない。過去の『私』は今の《私》ではない、未来の『私』は今の《私》ではない。過去の『私』や未来の『私』は、今の《私》が想像している《思いこみ》に過ぎない。《私》は過去や未来には無く、永遠に今にある。]

ゴミ箱2005-06 - [#「時間は何らかのダイナミックスと密接に関わらなければ時間たる本質はない」(http://www.freeml.com/ctrl/html/MessageForm/qualia@freeml.com/487/):「永遠の今」に時間は流れない。のか?神話の時間。忘却への恐怖の有無。]

ゴミ箱2005-03 - [熱い社会と冷たい社会。人々にとっては冷たい社会もよいのかもしれない。変化のない、永遠の今の社会だ。]

ゴミ箱2005-06 - [永遠のいまと、宇宙の中心としてのここ。]

Last modified:2007/06/14 23:16:53
Keyword(s):
References: