FrontPage  Index  Search  Changes  wikifarm  Login

ロジスティック写像

予備知識ロジスティック写像

定義

  1. http://ja.wikipedia.org/wiki/カオス理論
    1. ロジスティック写像
      1. X(n+1)=a*X(n)*(1-X(n)):0<=a<=4、0<=x(0)<=1
      2. ロジスティック写像と呼ぶ。もともとロジスティック方程式という連続時間の微分方程式として、19世紀から知られていたが、写像として時間を離散的にすることで、極めて複雑な振舞いをすることが1976年ロバート・メイによって明らかにされた。

区別

検索

ロジスティック写像 - [タイトルに一致 ロジスティック写像]

自己言及的なモノ》 - [ロジスティック写像と《自己言及的なモノ》]

ゴミ箱2006-04 - [#「ロジスティック写像」が「一定範囲では一つまたは2*N個の不動点を持ち」「ある範囲では無限個の不動点に達し」「それ以降はカオスになる」という性質に興味をもっている。]

『我』情報 - [#メタ認知の次数を上げていくと「ロジスティック写像」と対応関係のあるカオスが生じると思われる。(http://ja.wikipedia.org/wiki/カオス理論)]

ゴミ箱2006-03 - [#問題は、空間的な点としての性質に加えて、その点=《我》情報=が空間把握をしつつあるという意味、やその点がその点自身を知りつつあるという意味合いを含めて、情報として処理しようとした時に生じる。システム論的な表現で言えば、無限ループが生じることになる。論理学で言えば自己言及になる。複雑系の表現で言えば、「ロジスティック写像」のカオスであろう。]

デカルトの《我》は検証可能か? - [メタ認知の次数を上げていくと「ロジスティック写像」と対応関係のあるカオスが生じると思われる。(http://ja.wikipedia.org/wiki/カオス理論)]

カオス - [##ロジスティック写像]

Last modified:2006/06/18 23:20:51
Keyword(s):
References: