FrontPage  Index  Search  Changes  wikifarm  Login

ボス猿

キーワードボス猿

定義

ボス猿とは、《ヒトの群れ》の支配的個体を言う。または支配的小集団を言う。

ボス猿追従ザルハグレ猿の一つ。

区別

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20070308/264285/?ST=govtech&P=2

    1. あらかじめ管理職には、(1)リーダー、(2)コーチ、(3)スポークスマン、(4)マネージャー、(5).プレイヤーというそれぞれ違った役割があり、管理職というものはそれらすべてをおこなうことが求められることを説明しておく。
(1)リーダー先頭に立って指揮する。目的地(ゴール)を明示する。部下のやる気を引き出す。
(2)コーチ部下のスキル開発を支援して、能力を発揮させる。
(3)スポークスマン他部署や社外に対して、部門を代表して話す。
(4)マネージャー進捗状況をチェックする。軌道修正を指示する。
(5)プレーヤー自ら担当する業務を、責任をもって成し遂げる。
  1. ボス猿の役割の分析概念。ボス猿の5要素。

ボス猿モノ

  1. ボス猿というモノは存在しない? 
  2. 或る《視点》から視るなら、或るモノボス猿である。或る《視点》からみれば、ボス猿モノとして存在する。
  3. ボス猿は、類型であり、パターンであり、《思いこみ》である。
  4. ボス猿への《視点》、からみれば、ボス猿は存在する。《思いこみ》への《入り込み》ボス猿を実在させる《思いこみ》の中に入り込んだ《視点》においては、ボス猿は存在するモノである。『素粒子』を実在させる《思いこみ》の中に入り込んだ《視点》においては、『素粒子』は存在するモノである。
  5. 『素粒子』は、別の《視点》からいえば、「素粒子」ではなく、「おいしい焼酎」であり、「立派な家」であり、「コーヒーカップ」である。
  6. 《視点》依存的なモノは、モノではない? 《視点》依存できでないモノはあるか? 《今・ここ》にあるコーヒーカップは、地球物理学の《視点》においてモノであるか? 《今・ここ》にあるコーヒーカップは天文学においては、天文学的なモノではない。天文学においてはモノではない。《今・ここ》にあるコーヒーカップは、《視点》依存的なモノである。
  7. 《ブッダの「一切」》《視点》においては、コーヒーカップはモノであり、天文学や素粒子は、モノではない。「心の作用」に属するモノである。《私》という唯一確かな存在に依拠する《視点》のみが、唯一確かな《視点》であり、その《視点》におけるモノのみが、唯一確かなモノである、という《視点》《ブッダの「一切」》は天上天下唯我独尊の《視点》である。《ブッダの「一切」》《視点》、天上天下唯我独尊の《視点》から言えば、ボス猿モノではない。『ボス猿』という《思いこみ》である。「心の作用」に属する事柄である。

『大学』とボス猿

  1. 同心円的自己実現としてのボス猿主義
  2. 如悪悪臭、如好好色」としてのボス猿主義
  3. ボス猿の徳目。と、追従ザルの徳目。
  4. 『大学』はボス猿の徳目である。

ボス猿には、

  1. 追従によってボスになったボス猿
  2. ハグレ猿が群れに戻ってボスになったボス猿とがある。

政府とボス猿

  1. 政府はボス猿である。

権力とボス猿

  1. 権力はボス猿である。
  2. 権力には暴力的側面と公正的側面とがある。公正的側面で概念化したモノが政府である。
  3. 権力は、単独人に属する場合、特定階層の代表の集団に属する場合、被治者全体に属する場合とがある。

Last modified:2007/05/22 11:47:22
Keyword(s):
References: