FrontPage  Index  Search  Changes  wikifarm  Login

《ベーシック・インカム》

《ベーシック・インカム》の関連ページは?

  1. キーワード
  2. 予備知識
  3. 《ユートピア》と《ベーシック・インカム》
  4. 《ベーシック・インカム》を阻むモノ
  5. 《ベーシック・インカム》とスウェーデン
  6. 《ベーシック・インカム》と社会有機体論
  7. 《ベーシック・インカム》と所得控除
  8. 《ベーシック・インカム》と勤労意欲
  9. 《ベーシック・インカム》と財源

格差問題や貧困問題で重要なのは、このグラフ。 「所得100億円超は所得100万円より税・社会保険料の負担が低い」 DBewnOwUwAABhkO.jpg

http://ameblo.jp/kokkoippan/entry-11145593917.html 日本の年収100億円の富裕層は年収100万円の貧困層より税・社会保険料負担が低い(2012-01-25 13:29:00)

定義

http://d.hatena.ne.jp/essa/20050919/p1 http://amrita.s14.xrea.com/d/?date=20050919 に「五人国家のベーシックインカム」という簡単なシミュレーションがあります。

http://www.ipss.go.jp/syoushika/bunken/data/pdf/14133812.pdf

  1. マイナスの所得税(BIの旧称?)は労働意欲を減少させない。むしろ現行の生活保護制度よりも、一時間あたりの賃金があがった、という実験報告。

http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=16922351&comm_id=2018824&page=all

  1. 長々とした議論。
  1. http://wwwdbtk.mhlw.go.jp/toukei/kouhyo/data-kou6/data14/h14hou.pdf
    1. 所得再分配調査報告書(平成14年)
    2.  OECDなどでは一律に世帯人員の平方根で除して、それを世帯員単位の所得とみなすという方法がとられる。今回の所得再分配調査においても同様に、世帯の所得を世帯人員の平方根で除した数値(これによって得られた所得を「等価所得」と呼ぶ。)を基に、世帯員単位の集計を行った。

http://www.ipss.go.jp/syoushika/bunken/data/pdf/18191906.pdf

    1. 『海外社会保障研究』no.157、2006年12月、に国立社会保障・人口問題研究所の山本克也さんが「『所得再分配調査』を用いたBasic Incomeの検討」という論考を発表されています。

http://orc.lolipop.jp/pukiwiki/pukiwiki.php?%B3%D7%CC%BF%2F%A5%D9%A1%BC%A5%B7%A5%C3%A5%AF%A5%A4%A5%F3%A5%AB%A5%E0%20%2F%B5%BF%CC%E4%A1%A2%C8%BF%CF%C0%A1%A2%B5%C4%CF%C0

    1. 革命/ベーシックインカム /疑問、反論、議論

疑問

  1. 理論的基礎は?
    1. 生産性向上のパラドックス。
    2. 労働市場の正常化
    3. 選別主義の弊害。

記述

区別

強制執行と《ベーシック・インカム》

  1. 会社がつぶれて、失業して、アパートの家賃を滞納して、明け渡しの強制執行をくらった、という場合。なんで、居残るかというと、不安だからだ。月10万円の(給料に比して)ぜいたくなアパートは引っ越して、もっと安いところへ移れ、と言っても、収入がないのでは、引っ越すに引っ越せない。失業中のヒトに新しく部屋を貸す大家はいないのではないか。《ベーシック・インカム》があれば、それなりの安い部屋を借りやすくなる。元の大家が、借家人の居残りによって損失を被るのは、《ベーシック・インカム》がないからだ。てゆーか、強制執行はかわいそうなんだよね、《ベーシック・インカム》がないと。強制執行で追い出された後にホームレスになって路上死の可能性がある、と思うと、自分が殺人者になったような気になるよ。
  2. 《ベーシック・インカム》をもらって、飲み食いに使って、家賃を払わないヒトも出てくるも知れない。そういうヒトは強制執行しても、かわいそうではない。

《ベーシック・インカム》は在日の外国人に支給すべきか?

  1. ○:。
  2. ×:
    1. 観光客や観光ビザで働いている人には支給されない。
    2. 研修ビザでは?
    3. 労働ビザでは?
  3. △:10年以上所得税を納めた場合に満額。6年で20%、7年で40%、8年で60%、9年で80%、10年で100%。日本で生まれた外国籍の子供については、親の納税期間との通算で支給する。

《ベーシック・インカム》で経済が成り立つのか?

  1. http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=24872335&comm_id=309137&page=all
    1. BIで実態経済が成立し得るのか、どう変わるのかの方が、遙かに重要な論点だと思います。
    2. 無駄な競争がなくなり生産性が上がるのか?
    3. 怠惰な社会になり経済が機能しなくなるのか?
    4. それとも、より大きな格差社会となるのか?
    5. 理念が素晴らしければ、現実も素晴らしいとは限りませんからね。
  2. 26 2008年04月18日 08:28 マツモト@労働党
    1. 親から(事実上の)BI受けている人が、BI社会のサンプルになるのではないでしょうか。
    2. 彼らを見る限り、非人間的な職場が消滅するというよりは、学生や無職がふえるような気がしますね。
    3. そして、最低生活費以上の生活がしたい人は、非人間的な職場で、不当労働行為に耐えながら働くでしょう。結論として、BIは労働環境には影響しないように思います。
  3. 28 2008年04月18日 15:13 マツモト@労働党
    1. オランダはNPOでも有名ですよね
    2. 日本なら不採算公共セクターに相当する分野を、ボランティアが担うという仕組みは、パート王国だから成立つのかもしれませんね。

働き方と《ベーシック・インカム》

  1. http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=24872335&comm_id=309137&page=all
    1. BIがあるのですから、嫌なら働かないのは当然です。
    2. 最低賃金制度なんかなくてもいいのかなとは思います。
  2. 29 2008年04月18日 18:06 星の子
    1. >親から(事実上の)BI受けている人が、BI社会のサンプルになるのではないでしょうか。 彼らを見る限り、非人間的な職場が消滅するというよりは、学生や無職がふえるような気がしますね。
    2. 非人間的な職場は間違いなく改善or消滅に向かうと思いますよ。BIが実現すれば誰もそんなところに就職しようとはしないでしょう。同時に学生や無職は増えるかもしれませんが、それのどこがいけないのですか?それがもし極端にそうなるのであれば、BIを減額すればいいと思います。ベストなのは徐々にBIを増額することだと思いますけどね。
  3. 30 2008年04月20日 17:04 マツモト@労働党
    1. 「BI導入」=「非人間的な職場が減少」という話に飛躍を感じてしまうので、もう少しご説明いただけたらと思っているだけです。
    2. 「非人間的な職場」を作っているのは、そういう職場を作るような人たちであって、その人たちが減少しない限り、そういう職場が減るようには思えません。
    3. またBIが、無職=BIのみ、労働=賃金+BI という仕組みである以上、
    4. BI以上の収入を得たい人は、やっぱり就職するわけで、
    5. BI導入以前に、非人間的な職場に就職していた人は、
    6. やっぱりそういうとこに就職するのではないでしょうか。
  4. 32 2008年04月27日 21:02 星の子
    1. 給料は労働市場の需給関係によってきまるでしょう?BIが導入されたら求人数が減ったり求職者が増えたりしますか?
    2. ボランティアや短時間労働者、暇潰しで働く人、やりがいだけを求めて働く人の給料は0もしくは低水準だけど、低付加価値労働しかしない労働者は存在しない方がよいと思いますか?
    3. そもそも給料を第三者が操作しようなど傲慢極まりない発想だと思いますよ。現行制度下においては必要であり次善の策だと思いますけど、本来的には必要悪です。
  5. 36 2008年04月29日 00:07 Robert_Kurosaki
    1. BIになると、所謂「搾取」が出来なくなるということです。
    2. 嫌なら働かなければ良いのですから。
    3. 高次な仕事でも、使命感があればボランティア(無給)でやるでしょう。
  6. 47 2008年05月04日 11:18 Robert_Kurosaki
    1. 私がBIを理念として主張するのは、現代社会では「お金」が無ければ生きて行くことができず、まさに「生存権」の問題だからです。それを「公平」に実行するには、所得や資産に関わらず、BIを一律に給付するのが理想ということになります。
    2. BIによって、働くという生き方、働かないという生き方、時々働くという生き方など、生き方の選択肢がまず増えます。
    3. お金のために働く人がいても良いし、資産や所得に格差があっても良い。
    4. ただ、公平に生存権を保障する。
    5. その意味で、現行の福祉は甚だしく不公平だと思いませんか?
  7. 48 2008年05月04日 12:19 マツモト@労働党
    1. 国は生存権だけ保証し、それ以外は干渉せず、私人間の自由とする。
    2. そのためのツールがBIであり、過去に於いて労働法が整備されてきたのは、良いツールが無かったためであり、BI社会には必要の無いものである。
    3. という感じの意味でしょうか?
  8. 50 2008年05月05日 11:16 マツモト@労働党
    1. 今日、奴隷契約がみられないのは、労働法の存在が大きいと思いますよ。
    2. BI等で生存権が保証されるなら、「そういう契約はする必要がないから、労働法などは必要ない。」
    3. といった考え方は、平時の思考であり、労働法は想定外のことが起き、私人間の交渉が必要になった際の基準という役割の方が大きいと思います。
  9. 51 2008年05月07日 21:00 星の子
    1. 労働法の意義は誰も否定しないと思いますけど、その目的とするところのものは突き詰めれば
    2. BI
    3. なんだと思います。

バウチャーと《ベーシック・インカム》

  1. http://www5.cao.go.jp/keizai3/2001/0706seisakukoka8-s.pdf
    1. 公共政策におけるバウチャーの一般的な定義は「個人を対象とする使途制限のある補助金」である。古典的なバウチャーは、クーポン券(切符)の形で交付され、それを財貨・サービスと引き換えるものである(図表A)。しかし、現在ではカード式のバウチャーもあり、さらに、切符やカードが発行されず、サービス等の契約・購入後に補助金が支給されるケース、利用者数に応じて供給者に補助金が支給されるケースも多い。その意味では、我が国における日本育英会奨学金の利子補給部分や教育訓練給付はバウチャーの一種である。
    2. いずれの形態をとるにせよ、バウチャーには「選択」と「競争」を促すという機能がある。すなわち、供給者への直接的な補助金と比べ、一定範囲内ではあるが受給者が自分のニーズに合ったサービス等を選択でき、供給者間では競争が活発化してサービス等の向上につながる。
    3. なお、バウチャーに対する批判として「ばらまき」になる、というものがある。これは、バウチャーを交付しなくともその財貨・サービスを十分に消費したであろう、そもそもバウチャーが必要ない人に交付することを指していると思われる。これはバウチャーの設計の問題であり、所得その他の属性によって交付対象を的確に絞れば「ばらまき」とはならない。逆に、供給者への直接補助では個人の属性に応じた選別が困難となりやすい。
  2. フードスタンプ、野菜スタンプ、保育スタンプ、介護スタンプ、住居スタンプ、教育スタンプ、・・・。
  3. 全員にあげれば、《ベーシック・インカム》の一種である。選別すれば、《ベーシック・インカム》ではない。

《ベーシック・インカム》と給付決定

  1. 《ベーシック・インカム》では給付決定は要しない? ○:。×:受給権を有するかどうか(居住者であるか)、需給方法(口座振り込みか)などの確認行為+給付決定は必要。

具体的な受給権として権利を有するか? ○:もちろん。×:。

立法が必要か? ○:必要でしょう。×:憲法の直接適用。

  1. 「給付決定により、一定の相手方に対して一定の給付を行うべき給付主体の義務とそれに対応する相手方の権利の具体的な内容が決定され」(『行政法』上、p.226、小早川)のか? ○:。×:。

相手方の申請が必要か? ○:。×:。

  1. 『行政法』上、p.226、小早川
    1. 給付決定がなくても、ある一定の給付を享受する権利、すなわち受益権を認めるべき場合があり得る。
    2. まず、生存権、すなわち最低限度の生活に必要な給付を与えられる権利についての憲法25条1項、教育を受ける権利についての26条1項、職を得て勤労する権利についての27条1項等は、それぞれ一定種類の受益を、いわゆる社会権として保護しようとするものである。・・そのほか、個々の給付作用について定めるさまざまな法令の規定にもとづき、当該給付を受けつ権利が一定の場合において一定の者に認められる。
    3. 以上のような権利については、給付主体の側はこれを尊重し、とりわけ、上述の給付決定の仕組みが取られている場合であれば、相手方の権利を満足させるような内容の決定を行うべき立場に立つ。

《ベーシック・インカム》と労使関係

  1. http://blog.goo.ne.jp/yamazaki_hajime/e/df9729ff82024e97dd3447d08d9c5f27
  2.  労使関係は、どうなるか。
    1.  ベーシック・インカムを持っていると、労働者が、自分の働き方を選択する幅が大きく拡がる。「不当な条件では働きたくない」と低賃金労働を嫌うかも知れないし、「安くても、ベーシック・インカムにプラスされるのだから、暮らせる」と低賃金でも働くのか、どちらになるのか、判断の難しいところだが、危険な仕事、過重な労働負担、などは、労働者が、意識してこれらを避けることが出来るようになるだろう。
    2.  貿易によって、製造業賃金の「要素価格均等化」が働きやすくなるし、ソフウェアト開発のような仕事では、外国の労働者と、まともに競争することになる。また、労働者が提供するものが、製造業的肉体労働から、知識や判断によって貢献する労働に変化すると、個々人が提供できる経済価値の上下の幅は大きく拡大すると考えられる。労働の価値に連動した報酬しか受け取れないとした場合には、この報酬が、特定の地域や生活習慣の下での「人間らしい生活」をファイナンスできなくなる可能性が大いにある。ベーシック・インカムは、こうした変動を吸収するバッファーの役割を果たすだろうし、労働者が自由な意思に基づいて雇い主と対等に取引する主体であるための基盤を提供するだろう。
    3.  これで直接的に組合が壊れるわけではないだろうが、組合の必要性は、ますます薄くなるだろうし、それは、望ましいことだと、私は考えている。
    4. 一方、経営者は、自分が人殺しになる心配をせずに、稼ぎに専念できる。これは、これで、結構いいのではないか。
  3. http://blog.goo.ne.jp/yamazaki_hajime/e/df9729ff82024e97dd3447d08d9c5f27
    1. ベーシックインカム受給を前提とするなら、企業は報酬を絞るでしょう

ばらまきと《ベーシック・インカム》

    1. http://blog.goo.ne.jp/yamazaki_hajime/e/df9729ff82024e97dd3447d08d9c5f27
    2. バラマキといえば、バラマキで、これは、私が嫌いだったはずのものです(今も嫌いですよ、基本的には・・)。
    3. ただ、公的バラマキには、四つの難点があります。
      1. 1)当事者の自発的意志と合意による富の移転でない、
      2. 2)バラマキの使い道や生活形態が公的に制限される、
      3. 3)バラマキの仕組みを私的利益に利用する民間人と公務員が生じる、
      4. 4)バラマキの使途が多くの場合非効率的だ、
    4. の四つです。
    5. このうち、(1)は解消しませんが、この程度の人助けがある方がいい(困った人にに死ねとは言いにくい)、社会が良くなりそうだ(仕事に追われる人ばかりだとツマラナイ)という外部経済効果、様々なリスクを考えるとお互い様だという広義の社会的保険、というようなことを考えると、負担率によっては、納得できると、私は、思います。
    6. (2)、(3)、(4)は、何れも、自由主義的な考え方に大いに反する内容です。これらを無しで済ませて、実質的に政府を小さくすることが出来るなら、ベーシック・インカムに賛成していいだろう、というのが、目下の、私の考えです。

《ベーシック・インカム》の正当理由

  1. http://blog.goo.ne.jp/yamazaki_hajime/e/df9729ff82024e97dd3447d08d9c5f27
    1. ベーシック・インカムが正当化される根拠は何か。それで世の中が上手く行くなら、哲学は、暇な人が考えればいいが、「どのように正当か」という理由にも、現実的な重要性はある。
    2.  現在の人は、これまでに出来上がっていた地球、土地、人類、社会、各種の制度(昔の人が作った)、といったものを前提にして「稼ぐ」ことができるのであるから、資本その他への所有権を尊重するとしても、或いは個々人の労働の成果が主としてその人に帰属すべきだとしても、これらは環境・制度といった与件共に機能している。従って、いわば環境財・制度財に帰属するはずのメリットは、社会の成因全体で平等に分けてもいいのではないか。というのが、最大の正当化理由だ。マリー・ロスバードは、私的所有権(自分の肉体及び自分が正当に手に入れた所有物の)を、一種の自然権として解釈したが、これを、もう少し謙虚に、自分と社会の成員全体(最終的には人類全体を目指すべきだろう)の自然権としての所有権として、私的所有権を捉え直せば、リバタリアンは、割合抵抗無くベーシック・インカムを受け入れられるのではなかろうか。
    3.  まあ、面倒なことを考えなくても、単に、メンバー全員を、生かし、自由な人として行為させる、ということを、社会として目的化することに合意すればいいのだ。
  2. http://blog.goo.ne.jp/yamazaki_hajime/e/df9729ff82024e97dd3447d08d9c5f27
    1. 考えてみると、色々な問題が、「おぼっちゃまくん」のテーマソングの歌詞のように「金で解決」でき、その方がシンプルで、無駄や不正が起こりにくいと思います。
  3. http://blog.goo.ne.jp/yamazaki_hajime/e/df9729ff82024e97dd3447d08d9c5f27
    1. 国家に判断の余地を与えずに、お金を配るシステムを作る、というのが、ポイントです。

《ベーシック・インカム》と景気

  1. http://blog.goo.ne.jp/yamazaki_hajime/e/df9729ff82024e97dd3447d08d9c5f27
    1.  景気には、どうか。
    2.  一般に、低収入な人は消費性向が大きいので、ベーシック・インカムによる所得移転には、多少なりとも景気拡大効果があるだろう。
    3.  公共事業は、お金の使い方として、非効率的な場合が多く、所得再配分の手段には適さないと、私は、一応、考えている。ベーシック・インカムを導入して、公共事業は減らす、ということでいいのではなかろうか。

《ベーシック・インカム》と愛国心

  1. http://blog.goo.ne.jp/yamazaki_hajime/e/df9729ff82024e97dd3447d08d9c5f27
    1. 「負の所得税」という呼び名は、いかにも陰気だし、所得を申告し、精算して、幾らかを受け取る、という仕組みよりも、その前に、「一人分、○○○円は、あなたの権利です!」と気前よくくれる方が、思想としても正しいし、制度として明るいのではないか。
    2. ・・可処分所得は550万円になる。まあまあ、ではなかろうか。家庭の規模の経済効果を考えると、子だくさんが得かも知れない。
    3.  負担率の40%は、これで、消費税を含めた税金も、年金も、込み、ということなら、私は、全く文句はない。今度こそ、愛国心が湧いてくるかも知れない。

《ベーシック・インカム》の論点

  1. http://blog.goo.ne.jp/yamazaki_hajime/e/df9729ff82024e97dd3447d08d9c5f27
    1. ベーシック・インカムについては、(1)幾らにするか、(2)財政的に可能か、(3)働かない人にも払っていいのか、(4)対象範囲をどうするか(外国人は?、子供は?、等)といった大きな問題がある。
    2. ・・労働のモチベーションと、人口の増えすぎが心配だ。

《ベーシック・インカム》と自己責任

  1. http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50907051.html
    1. 評論家・山崎元の「王様の耳はロバの耳!」 「ベーシック・インカム」を支持します
    2. ベーシック・インカムとは、社会の構成員、全員に、個人単位で、暮らすに足る一定の収入(=ベーシック・インカム)を、定期的に現金で配るシステムを指す。
    3. その理由は、ただ一つ。
    4. それはベーシック・インカムが、受給者、すなわちこの場合は全ての人々に、選択権を与えることと同様だからだ。
    5. もう少しひねくれた言い方をすれば、ベーシック・インカムとは、「何が生活に必要なのか」を、支給者ではなく受給者に考えさせる仕組みとも言える。例えば同じ5万円を、そのまま渡すのと、それで食料を買って渡すのとでは、資本主義社会では意味合いが異なるのだ。
    6. ・・
    7. ベーシック・インカムが始まれば、当然それで飲んで打って買うものも出るだろう。しかしそういった行動にオカンのごとく文句を付け、「正しい行動」を押し付けるのは、自由主義の主張に悖る。ベーシック・インカムの世界においては、それで身を持ち崩すことに対する言い訳は出来ないのだ。繰り返すが、ベーシック・インカムは、その意味において決して優しいだけのものではない。それをどう活かすかは、自分の頭で考えねばならないのだから。
  2. http://blog.goo.ne.jp/yamazaki_hajime/e/df9729ff82024e97dd3447d08d9c5f27
    1. 生活保護を受けられずに餓死したり、受けられたとしても、「どうして、お前は働けないのだ」とさんざん言われて、惨めな思いをするようなことはない。ベーシック・インカム分の収入は、権利として、堂々と受け取ればいい。もちろん、使い道は自由だ。
    2. ・・今日の生き方の多様化を考えると、主として、世帯を単位とする現在の各種の税制や社会保障制度などは、婚姻の形態をはじめとして、個人の生活に不当に介入している。
    3. ・・人には、働かない自由もあっていいだろう。少なくとも、働かなくても、生存できるくらいの収入が保証されていれば、クビが怖くないから、個々の労働者が、もっと自由な働き方ができるし、雇い主と、より対等に交渉できるだろう。

#((働かない自由があれば、働く自由も、もっと自由に行使できるようになる。))

いくら?

  1. http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50907051.html
    1. いくらぐらいが適当なのだろうか。私は月額5万円、年間60万円程度がよいと思う。少ないように思えるが、家族単位だと生活保護の支給額より多い。例えば「生活保護」によると、板橋区の一家四人に支給されるのは126,110円。一人当たり3万円に過ぎない。それでいて、これは国民年金の支給額よりも少し少ない。「ベーシック」としては、これくらいが妥当で、この程度であれば現在の所得再配分システムの手直しでまわせるのではないか。
  1. http://www.asyura2.com/08/idletalk29/msg/203.html
    1. 労働することが自立の絶対条件ではなく、社会的な文脈の中で「労働=自立」が編成されてきた
  2. 自然状態でも、労働(生産活動)しなければ餓死するだけだよ。
  3. 「自立」とカンケーね−だろ。
  4. 自給自足的生産か、商売か、賃労働。

http://www.asyura2.com/08/idletalk29/msg/203.html

    1. 生活保護制度の「自立支援プラグラム」を取り上げ、所得保障よりも、自立支援(就労できるようにスキルを身につけたり、就労自立に向けて努力すること)に力点を置き、労働と所得の結びつきを強化する方向になっていると指摘し、一方でベーシック・インカムでは、労働と所得の結びつきを切断する働きがあるとしています。
  1. 「ベーシック・インカムでは、労働と所得の結びつきを切断する働きがある」というのは変な説だ。
  2. 『生活保護制度の「自立支援プラグラム」・・労働と所得の結びつきを強化する』これがそもそも、変だ。
  3. そもそも「労働と所得の結びつきを強化する」とか「労働と所得の結びつきを切断する」とかいうのが、意味不明だ。「労働と所得の結びつきを切断したい」という願望の持ち主が、《ベーシック・インカム》はなら、現状よりも自分の願望に近いような気がする、という印象を語っているだけではないか?
  4. 「労働と所得の結びつきを切断したい」という願望は、家事労働への正当な評価を要求したい、というときに出てくるもの。それ自体は分かる。しかし、《ベーシック・インカム》とは無関係だろう。別に、賃労働ではない家事労働で《ベーシック・インカム》をもらって生活したっていいが・・。それは《ベーシック・インカム》の本筋じゃない。
  5. 「一人前に働けるように能力を引き出す」という意味での「自立支援」は大いに結構。現状の生活保護制度の問題は、「一人前に働けるように能力を引き出す」ことができない人に「自立」を強要したり、また、「自立」した途端に経済的援助が打ち切られて、「自立」が不利になるようなシステム、経済合理人であれば「自立しないことが合理的である」ようなシステムになっていること。
  6. 多分、kanonさんは「一人前に稼いでいない」のだろう。
  7. 「一人前に稼ぐ」ためには、働かなければならない。賃労働をするか、自分で商売をするか、バクチや投機で稼ぐが、やくざになってカツアゲするか。
  8. 「一人前に稼ぐ」ことが不可能なヒトもいる。身体障碍、知的障碍、精神的障碍、人格的障碍、心理的障碍。
  9. 「一人前に稼ぐ」とか「働かざるモノ食うべからず」は、道徳訓としては大いに賛成です、が、現実はそうなっていないし、それを制度化したら大変なことになる。非現実的な道徳訓なのです。
  10. 「自立」も非現実的な道徳訓です。「自己決定」は「騙されたほうが悪い」「騙したもの勝ち」という意味。「他人に依存せずに稼ぐ」というのも不可能。労働者は経営者に依存し、経営者は労働者に依存している。商売人はお客さんに依存している。国民は政府に依存しているし、役人は国民の税金に依存している。「他人に依存している自覚が無い」ヒトならいますけどね。
  11. http://www.asyura2.com/08/idletalk29/msg/203.html
    1. 2006年12月号の現代思想の特集が「自立を強いられる社会」・・『分類の拒否』(堅田香緒美+山森亮)
  12. この二人、『ベーシック・インカム(トンデモ)宣言』の二人じゃないのか?
  13. http://asyura2.com/08/idletalk30/msg/263.html
    1. 現代思想の2006年12月号の中で、堅田香緒里さんと山森亮さんの二人が書かれている『ベーシック・インカム宣言』
  14. 「分類の拒否」の発想に甘い香りを感じるとするなら、母胎回帰願望だろう。二分法拒否も同じことだ。母胎主義的アナキズムも同根だ。

《ベーシック・インカム》と自立

  1. http://www.asyura2.com/08/idletalk29/msg/113.html
    1. 現実の社会は、国民の立場を真剣に考え、
    2. 良い案を実行してくれるという政治分野が存在していないのでは
    3. なかろうかと、この社会情況の中での空洞化を痛感しています。
    4. この現状に一石を投ずる為の、研究の一貫との認識でもありますが
    5. ベーシックインカム」についても取り組んでみたいと思うのです
    6. ベーシック・インカムの前提となる個人の自立を考えた場合、「自立」をどう捉えていくかもポイントになってくるかと思います。分かりやすくいえば、
      1. 今、日本でいわれている「自立した個人」は自己決定できる人間のことを指していますが、
      2. 私たちが、日頃、身近な友人たちに「自立した」といった場合、それは、一人前に稼げるようになったことを指しています。だから、
      3. ネオリベなどが想定している「自立した個人」と
      4. ベーシック・インカムで求められる「自立」との違いも意識していかなければならないかと思っています
  2. 「一人前に稼げる」というのは経済的自立、というモノだな。
  3. 「自己決定」というのは「騙されたほうが悪い」「騙したほうはわるくない」ということ。
  4. しかし、それと、《ベーシック・インカム》との関係は?
  5. http://www.asyura2.com/08/idletalk29/msg/113.html
    1. 歴史を踏まえながら、現状の流れで即して考えた場合、
      1. 自由放任で市場が暴走して人々は個々の利益の追求に向っていたものが、
      2. 格差の拡大傾向により歯止めがかかり、
      3. 今度は国民のネーションの感情が
      4. 公正な配分の方(効率より公平)へ転換したものと考えられるかと存じます。前者の市場優先主義がリベラリズムで後者は福祉国家的な社会民主主義と呼ばれましょう。
  6. そうか、社会民主主義的な《ベーシック・インカム》なのね。
  7. 誰かの世話にならずに「一人前に稼げる」ということはあり得ない。お客さんの世話になるし、社長は従業員の世話になっている。国民は政府の世話になっているし、役人は国民の世話になっている。

《ベーシック・インカム》と権力

  1. http://orc.lolipop.jp/pukiwiki/pukiwiki.php?%B3%D7%CC%BF%2F%A5%D9%A1%BC%A5%B7%A5%C3%A5%AF%A5%A4%A5%F3%A5%AB%A5%E0%20%2F%B5%BF%CC%E4%A1%A2%C8%BF%CF%C0%A1%A2%B5%C4%CF%C0
    1. ベーシックインカムがつつがなく導入/運営されたら、中央の権力がますます強くなんじゃん?
    2. だって、タダでお金くれるっていう人に逆らえないじゃん!
    3. 権力がはたらくのは評価と選別の場面だから、(たとえば市会議員さんが権力を発揮するのは生活保護の受給の口利きだったりする。)評価も選別も一切無し、全員一律に無条件っていう制度だと権力の介入する場面は無いし、不正も起こりようが無い。
      1. 第一、制度の導入が主権者たる国民の多数意志で決定されたなら「お金をくれる」のは国家でも政府でもない。 -- 宮本浩樹 2007-05-10 (木) 15:24:35
    4. 民主主義を実現したくない、怖いから…。
      1. ってことならここから退出してくださって結構ですよ。どなたさまでも…。 -- 宮本浩樹 2007-05-22 (火) 23:06:09
    5. うん、「中央の権力」に参入するのはありだと思う。
      1. その方向で考えてみよう。 -- 宮本浩樹 2007-05-23 (水) 21:50:02

《ベーシック・インカム》価値を生み出すモノ

  1. http://orc.lolipop.jp/pukiwiki/pukiwiki.php?%B3%D7%CC%BF%2F%A5%D9%A1%BC%A5%B7%A5%C3%A5%AF%A5%A4%A5%F3%A5%AB%A5%E0%20%2F%B5%BF%CC%E4%A1%A2%C8%BF%CF%C0%A1%A2%B5%C4%CF%C0
    1. 日本が世界の最先端で、もっとも価値を産み出している部門は何だろう。自動車?家電製品?### いや、アニメや漫画、ゲームなんかじゃないのか。
      1. じゃあそれは何故なんだろう。世界一「うるさい消費者」が居たからじゃないのか?
      2. 細かな差異を見分け、いいものと良くないものを的確に評価する。生産者以上にその分野に詳しい「オタク」達。彼等の優秀な消費者としての能力とその集中力。 「冨」は、それを享受する能力がなければ冨とはならない。
      3. 生産と消費をそんなに厳密に区分できるだろうか。日本のアニメが優秀なのはクリエイターたちが優れているからだけだろうか?(araikenさんが優秀なのは間違いないけど…。) 優れた消費活動は「価値を産み出して」いないだろうか? -- 宮本浩樹 2007-05-16 (水) 22:39:18
    2. いやいや照れるじゃないですかあ。  じゃなくて、消費は労働だと小倉先生が言ってましたが、確かにアニメオタクはみな立派な労働者だと思います。 -- araiken 2007-05-16 (水) 22:48:48
    3. なら彼等/彼女等にちゃんと支払ってやろうじゃありませんか! 制作者のaraikenさんだけに支払うんじゃなく。 -- 宮本浩樹 2007-05-16 (水) 22:51:30
    4. なるほど -- araiken 2007-05-16 (水) 22:55:49
    5. この上でいわれる「価値」はあくまで個人の選好の話ですよね。それ言い出したら、話行き詰まりますよ。 -- 英司? 2007-05-17 (木) 08:33:06
    6. 「評価」の話です。評価が価値を産むのです。 -- 宮本浩樹 2007-05-17 (木) 08:55:37

《ベーシック・インカム》と普遍主義

  1. http://orc.lolipop.jp/pukiwiki/pukiwiki.php?%B3%D7%CC%BF%2F%A5%D9%A1%BC%A5%B7%A5%C3%A5%AF%A5%A4%A5%F3%A5%AB%A5%E0%20%2F%B5%BF%CC%E4%A1%A2%C8%BF%CF%C0%A1%A2%B5%C4%CF%C0
    1. 「全員8万円」に何でこだわるのかが僕にはわからない。「こどもは4万円」だとか、差をつけてもいいじゃん。例えば僕は思うんだけど「正社員に限って」ならば(例えばだよ?)、社会保険等で会社とあわせて6万円から払っているわけで、「正社員に限る」なら、そのまま6万円はすぐにでも可能、と言えるでしょ?是が非でも「一律8万円」と言ってしまうからコンセンサスが得難いのであって、児童手当みたいなものよりBIによる支給が高ければそれなりに「少子化」への効果は出るんじゃないかな。「一律8万円」は、いきなりでは無理だと思うよ。手続き手続き。なし崩しの。そこがBIを声高に言う人には(ラディカルな人が多そうなだけに)足りないんじゃないのかと思ったりするんだけどどうなのよ。やって出来ない話ではないんだし。 -- フニャコ 2007-05-11 (金) 21:29:14
    2. 「こどもと大人」「正社員と非正社員」「男と女」…。選別には金と手間がかかる、選別してないみかんは安い。「こどもは4万円」にしないで、全員一律にすれば支給のコストが下がるだけじゃなく、八分の三を教育バウチャーで支給することによってこどもの教育を両親の義務に一本化できる。・・ -- 宮本浩樹 2007-05-14 (月) 21:52:17

《ベーシック・インカム》と私有財産制

  1. http://orc.lolipop.jp/pukiwiki/pukiwiki.php?%B3%D7%CC%BF%2F%A5%D9%A1%BC%A5%B7%A5%C3%A5%AF%A5%A4%A5%F3%A5%AB%A5%E0%20%2F%B5%BF%CC%E4%A1%A2%C8%BF%CF%C0%A1%A2%B5%C4%CF%C0
    1. ところで、このベーシックインカム制度は私有財産認めるんですか? -- 英司? 2007-05-10 (木) 16:26:50
    2. もちろん認めます。というより、現政権が進めようとしている政策を実現するためにはBI制度は不可欠ともいえます。
      1. いわく、小さくて効率的な、筋肉質な政府。誰でも何度でも再チャレンジ可能な社会…。 -- 宮本浩樹 2007-05-10 (木) 19:24:35

内需主導型経済と《ベーシック・インカム》

  1. 《ベーシック・インカム》は内需主導型経済の決定打だろう。

輸出産業と《ベーシック・インカム》

  1. 《ベーシック・インカム》だと輸出産業が衰退するか? ○:輸出は生産効率の問題である。生産効率と《ベーシック・インカム》とは矛盾しない。×:内需主導は輸出へのインテンシブを減少させる。

消費/収入

  1. http://www.kakeiken.or.jp/press/p12-1.pdf
    1. 消費支出(実質)の伸び率の推移(1994年から2004年)
    2. 付表 収入階層別、9月世帯所得(手取り)中央値
    3. (単位:万円)
・・所得第1分位所得第2分位所得第3分位所得第4分位所得第5分位
2004年26.4 34.1 38.7 44.8 61.0
    1. 付表 収入階層別、9月消費支出中央値
・・所得第1分位所得第2分位所得第3分位所得第4分位所得第5分位
2004年19.0 22.1 25.0 28.2 35.4
  1. 消費/所得
・・所得第1分位所得第2分位所得第3分位所得第4分位所得第5分位
2004年71.96%64.81%64.60%62.95%58.03%
  1. http://www.stat.go.jp/data/kakei/sokuhou/nou/zuhyou/fies_t1.xls
    1. 「消費性向」というらしい。
    2. 実収入 可処分所得 消費支出 平均消費性
  2. 国民の間には所得格差が存在しない、という前提の調査しかしていないのか?
  3. 家賃が《平均》17000円??、持ち家の人は0で、賃借の人はxx万、で平均した数字に何の意味があるというのか?
  4. 「所得」に「預金引出」が含まれている可能性がある。
  5. http://wp.cao.go.jp/zenbun/keizai/wp-je76/wp-je76bun-1-26z.html
    1. 所得階層別にみた家計の消費性向
    2. 1層:100%、2層:80%⇔5層:70%。
  6. http://www.meti.go.jp/report/downloadfiles/g11015fj.pdf
    1. (5分位ごとの)消費性向の推移

《ベーシック・インカム》を居住経費

  1. http://www.lotus21.co.jp/data/news/0601/news060127_03.html
    1. 家賃自体には消費税はかからない。
    2. アパートの建築費には消費税がかかる
    3. 家賃にはアパートの消費税が上乗せされている。ので、実質的には家賃にも消費税がかかっている。
    4. アパートに駐車場をつけて、建築年に駐車場の課税売り上げ100%(家賃0%)にすると、アパートの建築費の消費税が還付される。
    5. 価格転嫁の理論。経費がかかれば消費者に付けが回り、経費がかからなければ売り手の利益になる。競争市場においては、もっとも利潤率の低い企業のコスト+最低限の利潤で価格が決まる。
    6. 各企業の生産性にばらつきがある場合には、生産性の高い企業は多大な利益を得ることができる。生産性にばらつきがなくなってしまえば、各企業の利益は最低限になる。
    7. 生産性のばらつきが独占に繋がる場合には、(市場価格ではなく)独占価格になるので、高利益を得ることができる。
    8. 製品開発は、(その技術が普及するまでの間)一時的に独占価格をもたらす。

雇用政策と《ベーシック・インカム》

  1. http://www.asyura2.com/08/idletalk29/msg/220.html
    1. 民間のネックは儲けにならない事はやらないという事です。
  2. 《ベーシック・インカム》を実現すると、雇用政策によい影響を与えるか? ○:。×:低所得者むけ小売り店なども生産性向上のパラドックスによって、雇用促進にはならないだろう。
  3. 《ベーシック・インカム》を実現すると、人的サービス業が可能になるか? ○:人的サービスを必要とするヒトに金が渡る?。貧者同士の《無償》のサービスでも仕事は仕事。社会的に有用な仕事。提供者に《ベーシック・インカム》があれば、低賃金でもよい。×:生産性向上の《パラドックス》は解消するが、生産性向上がもたらす失業問題を解決するわけではない。
  4. 福祉関係の実業労働者が生活不安を抱えている、という現実がある。
  5. 《働き》とは何か、ヒトのためになる活動(他人の欲求を満たすための活動)を言う。お年寄りのために、無駄話や、囲碁将棋に付き合うのも《働き》である。
  6. 雇用政策は人的サービス業の拡大政策。

石油枯渇と《ベーシック・インカム》

  1. 石油枯渇で生産性が低下すれば、《ベーシック・インカム》は無理だね。
  2. 太陽電池のEPRは10くらいあるらしい。作れば作るほど、エネルギーの生産量が上がる。全戸の屋根に太陽電池を設置すれば、電力需要は満たせるだろう。電力があまれば、水素燃料の生産に回せばよい。

老子と《ベーシック・インカム》

  1. http://ja.wikipedia.org/wiki/老子道徳経
    1. 「自然の現象をよく観察すると、生命は循環しており、何か不足すれば、余っているところから補われて全体のバランスをとっている。ところが人間社会の制度は、これと正反対のことをやっている。欠乏している百姓から高い税を取り上げて、すでにあり余って満ち足りている君主に差し上げる。どこかの君主がそのあり余る財力で、天下万民のために何かをしてくれるとしたら、それこそ有道の君主と評価できるのにねえ(天之道、損有餘而益不足、人之道則不然、損不足以奉有餘、孰能有餘以取奉於天者、唯有道者乎)」(第七十九章)

現状を《ベーシック・インカム》で計算しなおしてみる。

  1. http://wwwdbtk.mhlw.go.jp/toukei/kouhyo/data-kou6/data14/h14hou.pdf の「表3 当初所得階級別所得再分配状況」を使うことにする。
当初所得階級当初所得再分配所得再分配係数拠出 ..受給総額
. 万円(A) 万円(B) (B-A)/A % 税金社会保険料万円
総 数  510.8   575.2   12.6 48.6   47.6160.6
50 万円未満   4.3   306.2  7092.7 7.4   10.5319.8
50 〜 100   73.0   230.0   215.0 7.9   11.5176.5
100〜 150  123.0   249.9   103.2 8.2   13.5148.7
150〜 200  171.3   292.7   70.9 13.7   21.8157.0
200〜 250  222.2   327.2   47.3 15.7   25.3146.1
250〜 300  272.4   361.3   32.7 17.3   29.3135.6
300〜 350  320.5   386.9   20.7 21.3   35.0122.8
350〜 400  372.8   410.5   10.1 21.9   38.6 98.2
400〜 450  419.2   450.5   7.5 25.0   39.6 95.8
450〜 500  471.7   514.2   9.0 29.5   47.5119.5
500〜 550  519.5   543.2   4.6 30.4   49.2103.3
550〜 600  573.1   582.0   1.5 39.4   59.5107.7
600〜 650  619.3   617.3   -0.3 46.4   58.1102.5
650〜 700  672.8   689.7   2.5 49.4   65.1131.3
700〜 750  722.5   694.5   -3.9 54.5   67.2 93.7
750〜 800  771.6   722.8   -6.3 66.5   72.9 90.6
800〜 850  821.1   787.5   -4.1 64.3   77.4108.1
850〜 900  874.2   841.2   -3.8 70.0   79.1116.0
900〜 950  920.5   885.4   -3.8 82.3   84.8132.1
950〜 1,000  973.1   923.6   -5.1 86.7   87.0124.2
1,000万円〜  1480.3  1317.5   -11.0183.5   110.9131.6
  1. これじゃ駄目だ。受給額の中に医療費の補助や、年金なんかが入っている。もらっているヒトと、もらっていない人との格差が出てきていない。医療費は偶然的な事故への現物支給なので除外する必要がある。
  2. 医療費は「160.6*(10.8/31.4) = 55.23」55万円平均らしい。
  3. 世帯あたりの所得の表。
  4. 50万円未満の人の平均所得が4.3万円(!)でどうやって、税金7.4万円と社会保険料10.5万円を払っているのか??
  5. 50万円未満というのは、おそらく病気や障害・老齢で働けない人なのだろう。医療費が多くなっているはずだ。
  6. 消費税が入っていないのではないか?
  7. 全体で給付のほうが多い、というのもあり得ない話。法人税で補完している??
  8. 等価所得の表を使うべきか?
  9. 現状で実効拠出税率を出してみよう。
  10. 現行制度での実効拠出税率を出してみる。
当初所得階級当初所得拠出.. 拠出額実効拠出税率
. 万円(A) 税金社会保険料..
総 数 510.8 48.647.6 96.218.83%.
50 万円未満 4.3 7.410.5 17.9416.28%←あり得ない
50 〜 100 73.0 7.911.5 19.426.58%←最高税率!
100〜 150 123.0 8.213.5 21.717.64%.
150〜 200 171.3 13.721.8 35.520.72% ←2番目に高税率
200〜 250 222.2 15.725.3 41.018.45%.
250〜 300 272.4 17.329.3 46.617.11%.
300〜 350 320.5 21.335.0 56.317.57%.
350〜 400 372.8 21.938.6 60.516.23%.
400〜 450 419.2 25.039.6 64.615.41%.
450〜 500 471.7 29.547.5 77.016.32%.
500〜 550 519.5 30.449.2 79.615.32%.
550〜 600 573.1 39.459.5 98.917.26%.
600〜 650 619.3 46.458.1104.516.87%.
650〜 700 672.8 49.465.1114.517.02%.
700〜 750 722.5 54.567.2121.716.84%.
750〜 800 771.6 66.572.9139.418.07%.
800〜 850 821.1 64.377.4141.717.26%.
850〜 900 874.2 70.079.1149.117.06%.
900〜 950 920.5 82.384.8167.118.15%.
950〜 1,000 973.1 86.787.0173.717.85%.
1,000万円〜 1,480.3 183.5 110.9294.4 19.89% ←3番目だが20%に達していない。

海外アウトソーシングと《ベーシック・インカム》

  1. http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20071225/143931/?P=2
    1.  むしろ、原油価格が10倍になっても物価全体が跳ね上がらないところに、21世紀の世界経済が、強い物価下落圧力の下にあることを浮き彫りにしています。
    2.  その最大の原因が、工場での大規模な生産現場はもちろん、ソフトウエアの開発や会計事務や証券分析やコールセンターなどのオフィスでの仕事までも、従来の先進国での仕事が中国やインドやベトナムなどのコストの低い良質の労働力が動員可能な所に移っているからです。それに伴い、工場やオフィスなどの不動産の立地もコストの低い国や地域に移ります。
    3. ・・
    4.  こうして、労働、不動産、マネーの価格が、加重平均してみれば、世界的に低下を続けました。これがグローバリゼーションのもたらすデフレ効果です。その最大の原因は、中国やインドなどにおける労働と不動産のコストの安さです。見方を変えれば、貧しさが強力な武器になったのです。
    5.  その反面、先進国では、勤労者の収入が相対的に低下するワーキングプアと言われる現象が生まれました。日本においても一億総中流社会が崩壊し、格差社会が生まれたのも、最大の原因はこの力学によるものです。
    6.  しかも、ガソリンや灯油、食料、日用品などの値上がりは勤労者や非正規雇用層を直撃し、実質所得の切り下げになります。こうした現象への対処の仕方で、先進国社会での活力に差がつきます。
    7. グローバル経済で活動する企業と人が大きな収益を得られる
    8.  そうなると、世界で最もコストの安い所で生産を行い、先進国をはじめとした世界への販売ができる企業の収益は爆発的に向上します。日本でも、キヤノン()、商船三井()、ファナック()、トヨタ自動車()、ホンダ()といった海外での売り上げが半分以上を占める限られた数の世界企業の収益が爆発的に向上しているのは、こうしたグローバリゼーションの流れに乗ったからです。逆に、国内を主たる市場とする日本の新興企業の多くは業績も株価もさえません。
    9. ・・
    10. 日本の低迷の根本的な原因は、いまの日本の経済モデルが新しい世界に適合していないことなのです。
    11. ・・
    12. 中国を中心に、経済構造が、米国など先進国への輸出型経済から国内経済中心、内需中心のものに変わっていくからです。
    13.  この変化は2006年から表れましたが、今年はそれが加速するでしょう。それに伴って、新経済大国の国内企業が大きく成長を遂げるでしょう。
    14. ・・
    15. 80年代で有効性が終わった東京一極集中の製造業中心、輸出中心の国家モデルから脱却していません。ところが先進企業は海外に出ていきますから、国内経済の空洞化は着実に進んでいるのです。
  2. この著者は日本だけが同じ条件で体力を失いつつある、いまの日本の経済モデルが新しい世界に適合していない、と指摘しているのに、その内容も原因も対策も、何の回答も示していない。内需拡大のための《ベーシック・インカム》が視野に入っていない。
  3. 海外アウトソーシング経済は世界全体として結構なことだ。輸出産業が大もうけするのも結構なことだ。問題は、その結果として、国内での格差によって、内需が減少し、国内経済が破綻し、人心が荒廃する、という政策を続けていることだ。
  4. 「輸出中心の国家モデルから脱却していません」ちょっとは指摘していた。

「効率の良い政府」と《ベーシック・インカム》

  1. 申告者数が10倍くらいに増えるかもしれないが、税務署だけですんでしまう。
  2. 選別主義の調査、審査が不要になる。

日本版ベーシックインカムは国家社会主義的再配分になってるんです^^; http://www.asyura2.com/07/idletalk28/msg/632.html 投稿者 kaname 日時 2008 年 1 月 07 日 05:27:59: 3X28X40b0xN.U

    1. 本流のベーシックインカムとは、市場原理重視・自己責任・民間重視・自助努力・高税率が特徴なので、実現性が高いワケですね。
    2. が、
    3. 日本版ベーシックインカムは、市場原理否定・自己責任否定・お上に丸投げ・自助努力否定・低税率ということになっている。とてもじゃないけど実現性が少ない。んな財源ねぇよ(笑)
    4. どんな勢力であっても、いい政策をやってくれるのであれば、全然構いません…というのは、まったく仰るとおりなのですが、残念ながら、今、日本の政治の世界において、ベーシックインカム!と連呼してる方々の発想では実現が困難というワケです。
    5. 共産党が典型で「増税反対・高福祉」と言ってます。無理です。残念ですが、諦めて下さい。可能なのは「増税賛成・高福祉」だけです。東欧各国を見て下さい。
    6. 無理して、やろうとすると、北朝鮮の食料配給みたいになって、お上がコミットする度合いが高まってしまいます。ベーシックインカムが「元々はリバータリアンの思想」=「国家から個人へ」だったことを踏まえると、方向性が180度違っています。
    7. それはベーシックインカムではない。国家社会主義的な再配分というやつだ。旧・ケインズだ。

《ベーシック・インカム》とは?

  1. 現行の所得再分配制度(税金、社会保障、年金、失業保険)を一本化して簡素化するシステム? ○:。×:。
  2. 所得再分配政策の一つの方法? ○:簡素化する方法。(当所所得+再配分支給額)*(1−実効税率)=再分配所得、という計算方法で再計算する方法。×:。
  3. http://ja.wikipedia.org/wiki/富の再分配
    1. 富の再分配(とみのさいぶんぱい)または所得再分配(しょとくさいぶんぱい)とは、所得を公平に分配するため、租税制度や社会保障制度、公共事業などを通じて一経済主体から別の経済主体へ所得を移転させることをいう。
  4. 生産性向上が失業を生み出すというジレンマの解決方法の一つ? ○:。×:。
  5. 弱者保護? ○:。×:。
  6. 社会の中でモノ循環させるための仕組みの一つ? ○:。×:。

具体的支給額は?

  1. 完全一律? ○:。×:。
  2. 年齢別の一律? ○:。×:。
  3. 世帯の等価所得? ○:人数の平方根に比例して支給する。×:。

居住用財産の譲渡所得の特別控除(3000万円)とBI

  1. 儲け=譲渡益=譲渡価格−取得費=があるのに、課税されないのはおかしい、のではあるのだが、実際には、取得費*インフレ率で取得費を計算すべきモノ

給与実態調査とBI

  1. 給与実態調査では(a)源泉徴収で申告ナシ、(b)源泉徴収+申告あり
  2. 申告所得税調査では、(b)源泉徴収+申告あり、(c)源泉徴収なし+申告あり
  3. http://www.nta.go.jp/kohyo/tokei/kokuzeicho/minkan2005/menu/pdf/00.pdf 平 成 17 年 分. 民間給与実態統計調査. −調査結果報告−. 平 成18年 9 月. 国税庁長官官房企画課
  4. 平成19年9月に、平成18年分の調査報告が出るはず。
    1. 平成17年12月31日現在の給与所得者数は、5,304万人(対前年比0.6% 増、34万人の増加) となっている。また、平成17年中に民間企業が支払った給与の総額は201兆5,802億円( 同0.1% 減、1,940億円の減少)で、源泉徴収された所得税額は9兆364億円(同1.6% 増、1,385億円の増加)となっている。なお、給与総額に占める税額の割合は4.5% となっている。
    2. ( 第14表) 給与階級別給与所得者数・構成比
区 分平成13年分..平成14年分..平成15年分..平成16年分..平成17年分..
.. 千人%千人%千人%千人%千人%
100万円以下3,1196.93,1237.03,2987.43,4177.73,5557.9
100万円超 200万円以下5,49612.25,40712.15,72312.86,21514.06,25713.9
200万円超 300万円以下6,87815.37,06315.87,04715.87,03115.87,10415.8
300万円超 400万円以下7,87517.57,99617.97,83017.57,56917.07,71517.2
400万円超 500万円以下6,60014.66,49514.56,47014.56,41814.46,38914.2
500万円超 600万円以下4,83010.74,72410.64,59110.34,47910.14,52010.1
600万円超 700万円以下3,1537.03,0906.92,9636.62,8636.42,8756.4
700万円超 800万円以下2,2545.02,2265.02,2094.92,0994.72,0854.6
800万円超 900万円以下1,5363.41,4383.21,4173.21,3823.11,3653.0
900万円超 1,000万円以下9832.29942.29042.08792.09242.1
1,000万円超 1,500万円以下1,8274.11,6563.71,7033.81,6463.71,6023.6
1,500万円超 2,000万円以下3630.83420.83310.73370.83350.7
2,000万円超1810.41720.41770.41960.42100.5
合  計45,097100.044,724100.044,661100.044,530100.044,936100.0
    1. ( 第19表) 給与階級別の給与所得者数、給与総額及び税額
    2. 給与者数、給与総額、税額

( 第19表) 給与階級別の給与所得者数、給与総額及び税額 給 与 所 得 者 数給 与 総 額 内 納税者 内 納税者 構成比構成比構成比構成比構成比

(給与階級)千人千人億円億円億円
100万円以下3,5557.95441.429,0231.54,2800.21430.2
100万円超200万円以下6,25713.94,65312.192,0674.771,8693.91,4331.6
200万円超300万円以下7,10415.86,49816.9179,6029.2164,4108.94,4825.0
300万円超400万円以下7,71517.27,28418.9270,12813.8255,12013.87,4418.3
400万円超500万円以下6,38914.26,02615.6286,02814.6269,83014.68,3379.3
500万円超600万円以下4,52010.14,27811.1248,03712.6234,86812.77,7158.6
600万円超700万円以下2,8756.42,7627.2185,9899.5178,7679.76,2016.9
700万円超800万円以下2,0854.62,0495.3155,4847.9152,7878.36,1856.9
..40,50090.134,09488.51,446,35873.71,331,93172.141,93746.8
800万円超900万円以下1,3653.01,3593.5115,6425.9115,1396.25,5866.2
900万円超1,000万円以下9242.19242.487,5144.587,5104.75,0385.6
1,000万円超1,500万円以下1,6023.61,6024.2189,3949.6189,39410.214,75616.5
1,500万円超2,000万円以下3350.73350.957,6742.957,6743.17,5918.5
2,000万円超2,500万円以下1010.21010.322,9871.222,9871.24,0154.5
2,500万円超1090.21090.343,2102.243,2102.310,70611.9
..4,4369.94,43011.5516,42126.3515,91427.947,69253.2
合 計44,936100.038,525100.01,962,779100.01,847,845100.089,630100.0
    1. 第3表 給与階級別の総括表
    2. 平均勤続 給与所得 年  数者  数総  額平  均総  額平  均総  額平  均 性・給与階級 区分給  料・手  当賞      与給      与

平均年齢

    1. 第8表 企業規模別及び給与階級別役員の給与所得者数・給与額(続)
  1. エクセルの表は無いのかな?
  2. http://www.nta.go.jp/kohyo/tokei/kokuzeicho/jikeiretsu/01_02.htm

"給与総額は222.8兆円"と"所得金額は43兆7,149億円"の謎

  1. http://www.nta.go.jp/kohyo/tokei/kokuzeicho/shinkokuhyohon2005/hyouhon.htm だと"所得金額は43兆7,149億円で、税額は5兆1,227億円である。"
  2. http://www5.cao.go.jp/keizai3/2002/1105wp-keizai/setsumei.pdf によると、課税所得/給与総額はだいたい43%。222.8兆円というのは2002年度の給与総額で、課税所得は97兆円。43兆円は2005年度の所得税の所得金額。・・あわない・・。
  3. http://www.taxcom.co.jp/snews/zeimu/2006/2006_05/zeimu2006_05_24_001.htm によると「国税庁がまとめた2005年分所得税の確定申告状況によると、・・確定申告書提出者のうち、申告納税額がある人は、前年に比べ11.5%増の829万4千人、その所得金額は同8.8%増の43兆7149億円、申告納税額は同11.1%増の2兆6734億円だった。」とあるので、43兆円は確定申告をした人の総額であって、源泉徴収で納付して、確定申告をしない人の給与所得は含まない?。しかし、こんどは、「申告納税額は同11.1%増の2兆6734億円」と「税額は5兆1,227億円」とがあわないぞ。「申告納税額」+「源泉納付額」=「税額」なのか?
  4. 「平成17年分の申告所得税の納税者数、所得金額及び税額は、それぞれ829万人、43兆7,149億円、5兆1,227億円となっている(第1表参照)。」の「申告所得税」には「源泉所得税」を含まない、ということか。意味ね−。

社会保障給付の内訳。

  1. http://www4.sia.go.jp/infom/pamph/dl/shosaihen.pdf
    1. 年金53.1%
    2. 医療31.6%
    3. 福祉その他15.3%

健康保険とBI

  1. 健康保険は、保険事故型なので、BIとは別枠。

国民年金とBI

  1. 保険料。月13,860円*12*40=6,652,800
  2. 国民年金はBIに統合される。
  3. 老齢年金、年792,100
  4. 6,652,800.0/792,100 = 8.398939528 いちおう9年で元が取れる。

障害年金とBI

  1. 障害基礎年金(1級)。年990,100円
  2. BIに統合されるか? ○:。×:一律なので別枠。BI分は減る。

失業保険とBI

  1. 雇用保険料は不要になる。給与所得の1.5%。

勤労所得と不労所得。

  1. フロー所得とストック所得。?。所得はフローである。資産(ストック)に起因する所得もフローである。

現在の社会保険給付とBI

  1. 平成15年度の社会保障給付費は83.54兆円。そのうちBI相当の現金給付は48.3兆円。
  2. 8万円のBIで、人口1億2781万人で、122.7兆円。

累進所得税とBI

  1. 関係があるか?
    1. ○:フラットタックスがBIの特徴であるかのように言われている。小沢の試算は「既存の所得税のほかに50%のBI税」であるから、50%から始まる累進課税ということ。
    2. ×:BIのシミュレーションにおいてフラットタックスになっているのは、支給総額と税額総額から平均税率をはじき出すためのもの。平均税率としてxx%の税率が必要、というだけであって、累進税率でも平均税率が出てくる。
  2. BI=200万円として、BI(200万)までは30%、BI*2(400万)までは40%、BI*4(800万円)までは50%、BI*8(1600万)までは60%。BI*16(3200万)までは70%、BI*32(6400万)までは80%、それ以上は90%という累進課税。所得税以外の税金の支払い額は、支払い額の80%を税額控除。合計額が90%を超える場合には、超える額の全額を税額控除。

年金とBI

  1. 基礎年金はBIに統合する。
  2. 付加年金は生涯納税額比例還付型年金とする。
  3. 厚生年金の平均受給額は月16.9万円。
  4. 基礎年金は40年加入で、月6.7万円。

世帯単位か、個人単位か

  1. 世帯単位?
    1. ○:
      1. Lermer(1999)では個人別(年齢別3種類、$3,000、$5,000、$7,000)+世帯あたり$5、000。
      2. 固定的必要経費(家賃等)は世帯において生じる。個人あたりの生存必要経費は世帯人数によって異なる。
      3. 必要費控除で世帯単位、等価経費で控除する。
      4. 等価所得給付。
    2. ×:。
  2. 個人単位?
    1. ○:
      1. 生涯納税額還付型年金なら年齢が上がると給付額が上がる。
      2. 個人あたり定額給付がBIである。
      3. 支給においては個人単位てよい。所得税の生存必要費控除においては、世帯等価経費で控除額を決める。
      4. 単身世帯のヒトが単身世帯でなければならない理由はない。共同生活を営んで、世帯経費を圧縮することは可能である。ルームシェア方式。
    2. ×:
      1. 一人世帯で10万円/月だと少ないが、4人世帯で40万円/月なら多い。
      2. 家計の経費は世帯人数の平方根に比例する、という推定方法。等価所得。
  3. http://wwwdbtk.mhlw.go.jp/toukei/kouhyo/data-kou6/data14/h14hou.pdf : OECDなどでは一律に世帯人員の平方根で除して、それを世帯員単位の所得とみなすという方法がとられる。今回の所得再分配調査においても同様に、世帯の所得を世帯人員の平方根で除した数値(これによって得られた所得を「等価所得」と呼ぶ。)を基に、世帯員単位の集計を行った。

一人あたり一律か?

  1. ○:生涯納税額還付型年金を併用すれば、年齢が上がると給付額が増える。
  2. ×:Lermer(1999)では年齢別に3種類。

マイナスの所得税とBI

  1. 同じ? ○:。×:http://www.ipss.go.jp/syoushika/bunken/data/pdf/18191906.pdf

 には「税制上のゆがみを(負の所得税という)税によって統御できるであろうか」とあり、別のモノと考えているようだ。

住居経費とBI

  1. 居住用資産の相続。
  2. 居住用資産購入の場合の減税措置。
  3. 現行法において行われている「居住用資産」の優遇を「居住用経費」に拡張すること。
    1. 居住用資産の売却益
    2. 居住用資産の相続における評価額。小規模宅地の80%の評価減。240m2。
    3. 居住用資産の相続による取得
    4. 居住用財産の(買い換え・単純譲渡)における譲渡損失の繰り延べ
    5. 居住用財産の買い換えの非課税(譲渡益の繰り延べ=取得費の引継)。
  4. 分離課税には反対。20年の分割先払い方式。
  5. 居住用資産の優遇は、持てる者に対する優遇である。持てない者に対する同様の優遇が必要、家賃支払も80%の評価減で所得控除。

生涯総納税額比例の還付型年金とBI。

  1. 関係あるか?
    1. ○:フラットタックスでも総額において受給者になるヒトと、総額において負担者になるヒトとがでる。総額において負担者になったヒトにはBIを割り増ししようという案。
    2. ×:生涯総納税額比例年金は年金制度の合理化のための議論。生涯総納税額比例年金は高累進課税を前提とした議論。高累進課税を高額納税者に説得するための議論。
  2. 60才から支給を受ける場合には、生涯総納税額の6%を還付型年金として支給。
  3. 100億円の納税額なら、6億円の還付型年金の支給。ただし、累進型所得税なので、1億円程度の支給になる。

BIと生存権

  1. 金銭給付で済むなら、安いものだ。それ以外の経費がかからない。
  2. すでに、生活保護制度がある。これを簡素化したのがBI。
  3. 生活保護制度の欠陥。労働への動機づけを削いでしまう。働いて稼いでしまうと、生活保護の受給資格を失う。「働きます」と言わせられて、餓死したヒト
  4. 日記に「おにぎり食べたい」 生活保護「辞退」男性死亡 [朝日新聞] http://www.asyura2.com/07/social4/msg/595.html 投稿者 white 日時 2007 年 7 月 11 日 19:39:05: QYBiAyr6jr5Ac

最低経費

  1. 食費。4万円。1000円/日では必要摂取カロリーも無理。500円/日では餓死しない程度。100円のおにぎりを3食。
  2. 住居・光熱費。2万円。地域による。都内でも間貸しなら2万円。
  3. 衣服費。
  4. 200円の控除→一日1000円で暮らしているヒトにとっては大金。
  5. まあ、最低で9万円。憲法25条。
  6. 自律するベース。気力・体力。飼い殺し。

健康保険とBI

  1. 健康保険料はBIから支払ってもらう。
  2. 健康保険税として、強制徴収する。控除して支給する。

統計とBI

  1. Googleでスプレッドシートを公開してみる。
    1. http://spreadsheets.google.com/ccc?key=o01002559607779069917.3019000509031340854&hl=ja#
  2. http://wwwdbtk.mhlw.go.jp/toukei/kouhyo/indexkk_6_3.html
  3. http://wwwdbtk.mhlw.go.jp/toukei/kouhyo/data-kou6/data14/h14hou.pdf
    1. OECDなどでは一律に世帯人員の平方根で除して、それを世帯員単位の所得とみなすという方法がとられる。今回の所得再分配調査においても同様に、世帯の所得を世帯人員の平方根で除した数値(これによって得られた所得を「等価所得」と呼ぶ。)を基に、世帯員単位の集計を行った。
  4. 健康保険の現物給付は除外すべき。当所所得、総所得で支給額を判断すべき。
    1. 5 総所得 当初所得に社会保障による現金給付額を加えたものである。
  5. 統計では現物給付を含めた「(1) 再分配所得 当初所得から税金、社会保険料を控除し、社会保障給付(現金、現物)を加えたものである。」が使われている。

等価所得とBI

  1. 一人あたりのBIと世帯宛BIに分割して支給すべきか?
  2. 現在の社会保障では、所得ゼロ(7.7万円)で一人あたり232.2万円の等価所得になっている。老人世帯で1.6人、母子家庭で2.6人、通常世帯で3.1人平均。
  3. 三人世帯なら、3の平方根は1.73だから、402.2万円の支給、というのが現状。
  4. BIとしては、一人100万円+世帯員数の平方根*100万円で、三人世帯で473万円、そこから20%程度の所得税を控除したくらい。
  5. BIとしては、一人200万円+世帯員数の平方根*200万円で、三人世帯で946万円、そこから50%程度の所得税を控除して473万円、一人あたり160万円弱。一人世帯で400万円−50%で200万円。
  1. 0-500 50
  2. 500-1000 60
  3. 1000-2000 70
  4. 2000-5000 80
  5. 5000-10000 90
  6. 10000- 90

議論、主張、批判と再論

財源がない?

  1. ○:。
  2. ×:50%税。

「ワークフェア」に資する?

  1. 「自由主義レジーム」と「社会民主主義レジーム」に共通する原理、あるいはいずれのレジームにも収斂現象を引き起こしている原理は何か。国民生活の底流を支える雇用に対する考え方に着目すれば、それは「ワークフェア(勤労福祉)」と呼ばれる理念である。これは、「福祉給付受給者やその予備軍の就労インセンティブを高め、出来る限り多くの人々の勤労を促すべき」とする理念である。
  2. ○:働けば収入が増える。
  3. ×:餓死への恐怖がなければ働かない。失業給付や公的扶助の受給資格として一定の就労義務を賦課する。

大きな政府は『わるい』?

  1. ○:新自由主義。弱肉強食が『よい』
  2. ×:。

無条件が『よい』

  1. ○:
    1. 日本でも生活保護支給金という制度はある。しかし、あくまでも制度であって、日本人でも資格を満たしてないとその支給を受けることが不可能である。支給を受けるにはまず住民票が必要だ。
    2. 日本では肉体疾患または知能指数が劣ったりする精神疾患者は法律でそれ相当に保護されますが、心の病を持った人、ストレスに悩まされてる人、パートナーに虐待を受けている人、学歴や職歴が無く失業している者は日本で健康な人とみなされ、社会福祉の対象にはならない。
  2. ×:。

国民にかぎる?

  1. ○:。
  2. ×:オランダではオランダ国籍を持った国民に限らずオランダに住んでいる人間なら誰でもが、その対象になる。だから、ホームレス、ルーフレス、社会の落ちこぼれになる端すれすれに生活しているマージナルから社会の保護が必要な人々全て社会福祉が適応になる。だから、オランダNPO施設の60%は発展途上国などから来た外国の人で一杯である。

大量消費の市場経済から解放される?

  1. ○:。
  2. ×:関係ない。

労働から解放される?

  1. ○:
    1. 働くのは偉いという価値観は終わりを迎えてる。労働はもはや美徳ではない。前述のようにオフィスや工場ではロボットやコンピューターの性能が上がり、人間の100倍1000倍以上のスピードで作業をこなせるようになった。文字通り人がいらなくなってるはずなのである。
    2. 労働が神聖なのは人のために作ることが人間性の現れであるが故であって、カネのために働かざるをえない状況を作って強制すべきものではない。
  2. ×:労働は神聖なものである。

衣食足りて礼節を知る?

  1. ○:立って半畳、寝て一畳、天下取っても2合半。ビジネスマンが高給をとると怠惰になる? 江戸時代は武士と農民と商人と職人の身分があった。企業という概念は無く、仕事をしていないでブラブラしてる人がたくさんいたといわれている。それでも、江戸時代の人は生活に困らなかった。
  2. ×:金銭欲にはかぎりがない。証明されていない。衣食足りれば怠惰になる。

金持ちが賛成するはずがない?

  1. ○:。
  2. ×:社会生活上のメリットがあれば賛成する。

年金・社会保障の制度維持のための経費が節減できる?

  1. ○:年金など破綻しかかってる制度も白紙に戻してすべてBIに置き換えることにより、行政コストを圧縮し社会福祉の簡素化もできるのである。
  2. ×:税務署の負担が増える。

社会不安が減る?

  1. ○:低所得者でも生活の不安がなくなる。
  2. ×:犯罪が減るわけではない。粗暴犯など。おカネがあっても犯罪を犯すヒトはいる。

ビッグブラザーになる?

  1. ○:国民総背番号制が必要になる。
  2. ×:理論的繋がりがない。国民総背番号制の問題は政府に対する不信、透明性、監視、国民意識の問題。国民が税金を払う、納税者意識を持って政府を監視する。国民が主権者であり、政府は国民からカネを貰って国民のために実務を行う受任者に過ぎない。

働くなくなる?

  1. ○:働かない自由も得られる。
  2. ×:ペンシルバニア州の都市住居家族1300世帯の実験。働いてる人は(労働賃金+BI支給金額)で収入が得られるため、働くことに対するインセンティブが失われるという恐れもない。

国民は、生きているだけで、国家に貢献している。国民が生きていなければ国家は成り立たない。その貢献に対する対価がベーシックインカム

  1. ○:。
  2. ×:。

「防衛と文化的生活保障は、国民国家の最初の義務だよ、ワトソン君」

  1. ○:。
  2. ×:。

区別

http://d.hatena.ne.jp/essa/20050919/p1 http://amrita.s14.xrea.com/d/?date=20050919

    1. 2005-09-19 [長年日記]
      1. 五人国家のベーシックインカム
    2. ベーシックインカム(以下BI)については、いろいろな反応がありましたが、まず「ほんとうに実現可能なものかどうか?」が気にする人が多いようだし、私自身も気になります。
    3. そこで、国民が五人しかいない国を想定して、そこでBIを導入するとどうなるか考えてみます。
    4. 所得格差がない場合
    5. //
    6. 所得格差がある場合
    7. ・・
    8. 極端な所得格差がある場合
    9. ・・
    10. 世帯を含めたモデル
    11. ・・
    12. まとめ
    13. もちろん、これは非常にアバウトなモデルですから、いかなる意味でも、この数値が今の日本にそのままあてはまるものではありません。ただ、これが全く非現実的なものではないことは、これによって理解できると思います。
    14. また、以下のことは、ほぼBIの基本的な特性や効果と考えてよいのではないかと思います。
      1. * 平均所得以上の人は、BI給付より税の方が多く収入減
      2. * 平均所得以下の人は、BI給付より税の方が少なく収入増
      3. * 平均所得の人は変化なし
      4. * 森永卓朗モデルには適する
      5. * 設計によっては児童手当や年金等の過去の制度を代替する(かなり強力で強引な所得再分配効果がある)
    15. また、私は一貫して、BIの負担を税率一定の所得税に求めました。この考え方は、BI自身とは独立の私自身の考えを反映したものです。BIの負担方法は、給付方法と独立に議論されるべきものですが、よほど極端な手段を用いない限りは、実質的な負担としてはこれと似たようなものになるのではないかと、私は考えています。
    16. モデルの作成にあたっては、下記エントリで取り上げた「自由と保障」を参考にしました(があまり参考にはなりませんでした)。

厚生年金の分割とベーシックインカム

  1. 結局だな。不公平な制度を作っていたから、それを部分的に、特定の条件のときに、公平になるようにする、という制度への改正。
  2. 根本的には、保険料を所得税でまかなって、税金から公平に支出すべきなのだ。ベーシックインカム
  3. 過渡的には、保険料を総合課税の源泉扱いにすればよい。分かる意味無いけど。
  4. 収入が多かったヒト、納税額が多かったヒトには、逓減比例で、支給額を増やせばよい。

ベーシックインカムと税の所得再分配機能

  1. http://ja.wikibooks.org/wiki/%E7%B5%8C%E6%B8%88%E5%AD%A6_%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E7%B5%8C%E6%B8%88%E3%81%AE%E4%BB%95%E7%B5%84%E3%81%BF_%E8%B2%A1%E6%94%BF
    1. 財政とは
    2. 政府がする経済活動のことを財政といいます。リチャード・マスグレイブ(Richard Abel Musgrave)は著書『財政理論(The Theory of Public Finance 1959)』で財政の機能を資源の分配,所得再分配,経済の安定化という3つに分類しました。どれも市場の失敗を補う機能です。19世紀までは財政は必要最低限度にされてきましたが,現代では財政規模は大きくなり,問題化しやすくなっています。
    3. ・・
    4. 財政政策
      1. 資源の分配機能・・資本主義経済では市場を通じて資源を再配分しますが,公共財は市場を通じて取引されるのではありません。したがって,公共財は政府を介して配分されなければなりません。
      2. 所得再分配機能・・市場が所得を公平に分配することはできません。政府が,高所得者には所得税などの累進課税を,低所得者には社会保障などの租税の振替支出をすることで所得を均衡にしようとする財政の機能のことです。
      3. 経済の安定化機能・・市場経済では景気の変動に波があり,非常に不安定です。経済の安定化機能または景気調節機能といいます。
  2. 公共支出で再分配する、のと、ベーシックインカムで再分配するのとでは、どちらが効率的か?
  3. 所得の再分配機能というのは、端的に累進課税のことなのか・・。
  4. [所得再分配]日本は欧米と比べ低所得層に恩恵薄い|毎日新聞 http://www.asyura2.com/07/senkyo29/msg/713.html 投稿者 white 日時 2007 年 1 月 05 日 22:49:24: QYBiAyr6jr5Ac
    1. リポートは、日本は税金や社会保障負担を引く前の所得では欧米平均より格差が少ないが、所得再分配した後の可処分所得では格差があまり改善しないと指摘。日本の税・社会保障の負担率は、低所得層では欧州並みだが、平均世帯年収が500万円以上の層では欧州より低いことが原因。ドイツでは再分配により低所得層の所得と平均所得の格差は20.5%も縮小したが、日本では、米国の5.4%より小幅の2.0%の改善にとどまるという。
  5. むしろ、日本では租税による所得再分配機能が機能していない、と言うべきではないか? 2%の改善では、改善のうちに入らない。統計誤差のうちだ。
  6. 日本人の従順さをなめているな。

ベーシックインカムと『ユートピア

  1. 1億人に120万円支給すると、120兆円必要になる。25%基礎、25%納税割合加算とすると、480兆円の税収が必要になる。
  2. 貨幣は血液のようなモノ《ヒトの群れ》の中を循環すれば役に立つが、循環しなければ、うっ血状態になり、《ヒトの群れ》は病気になる。心臓は、血液を強制的に末梢にまで運んでいる。脳や心臓が重要だからと、脳や心臓に血液を溜め込めば、末梢は死に絶えて、ヒトは死んでしまう。
  1. http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/d/b03003.htm
    1. ベーシックインカムが実現したとしても、それは国民国家、特に裕福な上に社会権の思想がある程度共有されている先進諸国家(すなわち西欧であり、アメリカは違う)において「正当な」社会の成員であると認められている人間に対してのみ与えられる権利である。その意味ではベーシックインカムは決して「ユニバーサル=全世界的」ではない。
    2. A・ネグリが「帝国」においてマルチチュードの三つの要求の中の二番目に「最低限の所得保障」を掲げた
    3. ベーシックインカムが財政的に実行可能であるとしても、それは政治的には絶対に実行不可能であると指摘される。
      1. 先進国においてベーシックインカムは多数派の賛同を得られない、という点も政治的フィージビリティの問題であるが、
      2. グローバリゼーションの文脈でベーシックインカムの政治的フィージビリティが問題となるのはキャピタルフライトと国境管理について語られる場合である。一国レベルでのベーシックインカムの導入は、個人所得税でまかなうにせよ、富裕税などでまかなうにせよ、金持ちの海外逃亡と貧乏移民の大量流入をまねくとされる。世界規模の政治的意思決定機関を欠いた現在の国家間体制では各国が互いに牽制しあってベーシックインカムの導入には至らない、という結論になる。
    4. この問題はベーシックインカムの擁護者たちの間でもかなりの関心を集めていて、
      1. まず先進諸国でベーシックインカムを導入し、後進各国にも倣わせてゆくか,
      2. まず世界規模で広く薄いベーシックインカムを立ち上げて徐々に水準を高めてゆくか、という二つの戦略が拮抗している。
    5. ただし、あまり低すぎるベーシックインカムを拙速に導入しても、その効果の薄さに人々の失望を誘い、ベーシックインカムが愚策の代名詞となってしまい、それ以後一顧だにされなくなってしまうような事態を懸念する向きもある。これについては、わが国で数年前に出された公明党の「地域振興券」などが物笑いのタネになっていることを考えれば、故なしとはしえない懸念であろう。
    6.  本稿において、ヴァンパライスはベーシックインカム世界規模のプロジェクトとするには、二つの方途を分けて考えてみるべきだとする。第一にベーシックインカムの「膨張swelling」であり、第二にベーシックインカムの「拡散spreading」である。
      1.  「膨張」戦略とは、ベーシックインカムを真にユニバーサルな仕方で――グローバルレベルでの運営・ファンド――組織することである。
      2. 次に「拡散」戦略であるが、これは一国レベルのベーシックインカムを先進福祉国家だけでなく、後進国でも導入させようというものである。
    7. 私としては、その国の一人当たり所得の50%を下回るべきでないとした Patrice Spadoniの言を容れたい(BIEN News Flash No. 8、 p.4)。
    8.  現行政策(ODA)および代替案――ILO議長のJuan Somaviaによる提案:一日当たり1ドル以下で生活する人12億人に対して1日1ドルを支給――、そしてPWCIのコストを比較すると以下のようになる。
    9. Juan Somavia案(1ドル以下の人々に1ドル)        0.44(兆ドル)
    10. Juan Somavia案への上乗せ(2ドル以下の人々に1日2ドル) 1.47
    11. 50%(=$2590/year)                  15.2
    12. また、PWCIを世界の所得階層上位25%のみで負担させると、以下のとおり。
    13. 50% 15.2兆ドル 粗負担率64.4 純負担率48.3
    14.  グローバル化の時代において――すなわち、各国家が自らの国境に対する支配力を喪失した時代において――ベーシックインカム受給の適格性とは何であろうか?グローバル化の時代において、旧来のベーシックインカムの議論は二つの点で見直しを迫られている。
      1.  米辰縫茵璽蹈奪僂如飽槎韻恒常的現象となっている時代において、シティズンシップがベーシックインカムを求める妥当な原理となりうるのか?
      2. 個別諸国家が政策の自律性をますます喪失している過程で、国家はなおもベーシックインカムの適切な分配単位でありうるのか?
    15.  国内レベルでは、このスタートラインの不平等を是正するものとして「再分配」が拡張されてきたし、デモクラシーの制度上、それを今後も拡張することは可能であろう。しかし、国家間でのこの不平等の大きさは、先進諸国内の不平等の大きさの比ではないし、国際社会にはそれを矯正する制度が決定的に欠けている。やはり、グローバルな再分配のネックは強制力ある不平等の矯正装置(政府)の不在に尽きるのである。
  2. http://homepage3.nifty.com/civilsocietyforum/page061.html
    1. 日本での可能性
      1. ・現行の生活保護の生活扶助の水準を参考に一人あたり月8万円(年間96万円)をBIに想定し、日本の総人口を掛けると、年間115兆2000億円の財源が必要。 
      2. ・年金や生活保護の給付など社会保障給付費のうちの現金給付分(99年度で45兆5千億)はすべてBIに置き換えられる。
      3. ・給与所得の所得控除は全廃され比例課税されると、財源確保のために税率は51.6%に。
  3. http://www.ier.hit-u.ac.jp/~yosihara/rousou/ronsou-9.htm
    1. 数学みたいな式の羅列・・・。印刷して読む必要がありそうだ。
  4. http://www.kin-ikyo.or.jp/headquarter/tokusyuu/fukushikokka/sweden.htm
    1. 直面する困難 最後に今スウェーデンが直面している問題についてふれます。一つは、これまでスウェーデンの福祉はみんなが働くという考え方を前提に、働く条件をつくってきた。ところが生産力が高くなってそれほどの労働力を必要としなくなり、従来のような仕組みを維持しようとするとどうしても働けない人が出てきた。今スウェーデンの失業率は4%ですが、これだけいろいろ手をうっても完全雇用を実現できなくなってきている。
    2. 新しい構想 もう一つの問題として所得比例型の保障をやってきたわけですが、みんなの所得がどんどん高くなり、それに社会保障の水準を合わせていくと切りがないわけです。そこで出てきた新しい考え方を一つだけ紹介します。それが基礎所得ベーシックインカムという考え方です。これまでのように子供ができたら児童手当、失業したら失業手当、年をとったら年金等々、個別の社会保障プログラムを全部やめちゃうんです。そして所得調査なんか一切しないで、全ての人に無条件で最低限所得を保障しちゃう。こういう考え方です。非常に夢物語めいて聞こえるかもしれませんが、今ヨーロッパでは大変注目されている考え方です。
    3.  そんなことがそもそもできるのかという事です。財源はどうするのかということですが、いろんな人がいろんな計算をすると結構いけそうなんです。たとえば生活保護を見てみると、生活保護給付として当事者に渡るお金より、生活保護なんてあきらめろと説得するための事務所経費やそこでの職員の人件費のほうが高い。ベーシックインカムは年金もやめるし、お年寄りはずっと最低限給付をもらえるから生活保護もなくなるわけです。というかみんなが生活保護もらえるわけです。つまり行政経費を全部給付の方に回してしまうわけです。
    4.  イギリスの研究者が実際計算してるんですが、イギリスで今808億ボンド社会保障にお金使ってるんですが、行政経費を合わせると、1518億ポンドになる。これをベーシックインカム基礎所得として全てのイギリス人に回すと、1人が週53ポンド、赤ちゃんからおじいちゃんまで月4・5万円もらえる。4人家族ならばそれだけで20万円くらいになります。
    5.  そうするとみんな働かなくなるのではないかという考え方もあります。ところが、むしろみんなが働くような条件があるのではないかという見方がでてきている。ベーシックインカムがもらえて週2回でもマクドナルドで安い時給ですが働けば、それが全部積み上がっていくわけです。
    6.  世の中には断固として働きたくないという人もいます。北大農学部の先生達がアリの巣の観察をしてみると、2割の働きアリは四六時中サボってだらだらしている。「けしからん奴らだなー」と2割の働きアリのうち1割くらいを横に出すと、働いていたアリの1割くらいが働かなくなって、2割に加わる。
    7.  けっこう世の中ってそういう所がありまして、よく226の法則とかいって、2割の人は御神輿をかつぐよりは、そこにぶら下がっている。6割位はなんとか肩に乗っけている程度で本気でかついでいるのは残りの2割だと。ぶら下がっている2割の人たちはいろいろ人生観があるわけですよね。そういう人たちをむりやり働かせるには別な労力が必要になって、その人たちのためにもいいかどうかわからないし、社会のためにいいかどうかもわからない。だったらベーシックインカム出した方がいいんじゃないかということです。
    8.  この考え方がスウェーデンでは部分的に導入されています。フリーイヤーといって1年間に限って失業保険のさらに85%、所得の7割弱を1年間、理由の如何を問わず休みたいという人に出す制度です。どういう効果があるかを調査中で、12の自治体がこの制度を導入しています。けっこうみんな生涯教育を受けたり育児に専念したり、それなりに生産的な時間の使い方をしているという調査が集まってきています。これが良かったということになりますと、来年度から正式に制度化されます。
    9. ・・
    10. http://www.kin-ikyo.or.jp/headquarter/tokusyuu/fukushikokka/sweden.htm
    11.  スウェーデンの話をすると、私たちはどうすればいいんでしょうかという質問がよくあります。それは正直いって私にはわかりません。現場にいて頑張ってらっしゃるみなさんが一番どうすればいいのかを考え出す能力をお持ちなのではないかと思います。
    12.  ただ一つ言うならば、日本では疑似福祉の三位一体構造、企業頼み・公共事業頼み・家族頼みの生活保障が破綻し、それでアメリカ化ということになっているわけですが、これがどういう道かは冒頭お話しした通りです。こういう中で、それこそみんなが元気になる福祉のあり方を、みんなにわかってもらうチャンスなんですね。そのためには、あまりにも福祉国家についての事実が知られていないわけです。特にそれがどうしてみんなを元気にして経済も活性化しているか、からくりが知られていない。だから是非この事実を広げていただいたらどうだろうかということです。
    13.  スウェーデンの国家の歴史を考えてみると、少子化をめぐって保守の人たちを福祉の支持者に引き込みました。それから、経済が豊かになってきたときには自由選択社会、福祉こそがみんなの選択の幅を広げるんだよという考え方で中間層を福祉の味方にしました。そういう形で福祉についての合意をどんどん広げてきたわけです。
    14.  事実をきちっと認識し伝えるということと、そのことを通して合意を広げていくということ、この2点が大切なのだと思います。
  5. http://www.asyura2.com/07/senkyo29/msg/321.html
    1. もしハリーポッターの翻訳家が、どこか田舎の村に住居でも移して住民税を払えば・・・、素晴らしい話になったはずだが、10%の節税のために、本を買ってくれた日本の読者には何の還元もしませんとは、こりゃまた世も末の金がすべてのあんぽんたん。日本低国民、もうハリーポッターなんて買うな! 
    2. そうやって日本の税金が外国に逃げ、資産家が外国に逃げるから、金持ち優遇税制をもっとしなくてはという暴論がある。しかしその種の恥知らずの拝金主義者には逃げてもらっていっこうに構わないのだが・・・。
    3. ・・
    4. ちなみにテニスのビヨン・ボルグはスウェーデンの税金が高いので所得税ゼロ(?)のモナコへ住居を移し節税節税、引退してからはやっぱり老後が心配、福祉が充実しているスウェーデンが良いとそこへ引っ越し(注:橘木俊詔『格差社会』岩波新書 ―─より)。ここでもハリーポッターの翻訳家の話と同様に、・・・要するに、利己的な拝金主義者が節税のため国外へ流失してもいっこうに構わないと言い切ることだ。
  6. 全員に強制的に、生存給付金(生活保護費)を給付するという制度。
  7. 所得の再分配。《ヒトの群れ》の全身に貨幣を行き渡らせる。
  8. 「無為徒食の怠け者を、税金で養う」という批判。働かないでも生きていける、としても、「より良き人生のために稼ぐ」というヒトはなくならないだろう。最低限の生存では満足しない人が多いだろう。もっとも、たけ(tk)は、最低限の生活でよいから、働きたくない。生物学的生存の危機を避けるために働くことと、ヒトとしての生存の向上のために働くこと、では、違うか?
  9. 「泥棒を税金で養う」という批判。泥棒をしなくても食べていけるなら、「食べていけないから泥棒をする」というタイプの泥棒は減るだろう。
  10. 「借金で贅沢して、破産するヒトはなくならないだろう」という批判。「贅沢して破産したヒトを税金で養う」という批判。破産した後に、借金ができない状況になれば「借金で贅沢する」ということができなくなる。
  1. 生存給付金
  1. 《ヒトの群れの健康》という視点からは、合理的だ。身体の中で栄養不足で死滅する部分が出るのは不健康というべきだ。身体の中で栄養過多の部分が出るのは不健康だ、うっ血状態だ。身体の中で循環(血液、栄養、酸素、神経)から外れる部分が出るのは不健康だ。心臓は強制的に血液を全身にまわらせる。

『弱肉強食主義』とベーシックインカム

  1. 市場競争を生き抜いて成功したヒト、権力闘争を生き抜いて成功したヒト、は『弱肉強食主義』に成るのか?
  2. 『弱肉強食主義』の心理学的分析は?
  3. http://am.tea-nifty.com/ep/2004/03/post_23.html
    1. 男はものごとを「争い」として解釈したがる傾向がある
    2. 性淘汰&社会文化の共進化で男のアタマがそうなっちゃってるのかな、
    3. 心理学をかじっているならかえってそういう認知性差な話は私のほうが教えてほしい部分なんだ
  4. 弱肉強食の自然選択説?? 自然選択説って、弱肉強食じゃないよ。弱死強残だよね。まあ似たようなモノか。
  5. マモンの支配下における自然選択は、人間をアメーバに進化させることになる。環境資源を食べ尽くして絶滅するアメーバに進化させる。アメーバなら、胞子を飛ばして、新天地で生き残る道が在るが、人類にはその道も残されていない。

検索

ユートピア』 - [ベーシックインカム][ベーシックインカム]

ゴミ箱2006-08 - [#フードスタンプとベーシックインカムには共通点がある。][#フードスタンプとベーシックインカムには共通点がある。]

ゴミ箱2006-01 - [#しかし、むしろ、これはベーシックインカムを正当化する理由になるだろう。][#しかし、むしろ、これはベーシックインカムを正当化する理由になるだろう。]

ゴミ箱2005-12 - [#貧困層へのベーシックインカム補給は、貨幣の回転を活発化させる。][#貧困層へのベーシックインカム補給は、貨幣の回転を活発化させる。]

ゴミ箱2005-11 - [##ベーシック・インカム(BI)構想とは?][##ベーシック・インカム(BI)構想とは?]