FrontPage  Index  Search  Changes  wikifarm  Login

ゴミ箱2007-07

2007-07-31(火)

解散は《絶対にやらない》だろう。解散するかしないかは憲法に従って(与党の有利な時に)決めます。とかね。

http://www.asyura2.com/07/senkyo39/msg/909.html

    1.  ところが、小泉氏は実に淡々としていた。
    2.  「この選挙は『勝ってよし、負けてよし』だ。首相は何も気にすることはない。前に言った通りだよ」
    3.  小泉氏が「前に言った」のは、3月7日夜の会合だった。小泉氏は「参院選は負けた方が面白いぞ。民主党の小沢一郎代表は自民党内に手を突っ込んでくる。民主党の反小沢勢力も黙ってはいまい。そうなれば政界再編だ」と断言し、「政権選択の選挙は衆院選だ。首相はそれだけを考えていればいいんだ」と結んだ。
    4. 「自民敗北」をむしろ歓迎する小泉氏の考えは、4カ月間余りまったく変わっていなかったわけだ。
    5.  小泉氏は選挙戦終盤に窮状を訴えてきた自民中堅を「参院1人区は小選挙区だから、風が吹けばひっくり返るのは当たり前じゃないか」と喝破した。
    6.  中曽根康弘元首相も先週、首相官邸にメッセージを送った。
    7.  「参院選でいかなる結果がでようとも、首相は自らの政治信条に従い、豪胆にやればよい」
    8.  中曽根内閣のスローガンは「戦後政治の総決算」。小泉内閣は「聖域なき構造改革」。安倍内閣の掲げる「戦後レジームからの脱却」はその延長線上にある。両氏はそれほどのテーマに取り組むならば、世論の反発は当然で、むしろ歓迎すべきだとの思いを伝えたかったようだ。
    9. 「この状況で首相が退陣すれば、自民党が瓦解する。まさに小沢氏の思うつぼではないか」(閣僚経験者)との声もある。首相の盟友で、「ポスト安倍」の有力候補でもある麻生外相もそうした考えだ。
    10. 7月6日の閣議後、首相執務室に立ち寄った麻生氏はこう切り出した。
    11. 「うちのじいさん(故吉田茂元首相)の内閣では、参院で自由党(自民党の前身)が過半数を取ったことは一度もないってご存じでしたか?」
    12.  麻生氏は、吉田元首相が、昭和26年のサンフランシスコ講和条約調印式に国民民主党の苫米地義三最高委員長を野党代表として同席させるなど、反対勢力をあの手この手で籠絡した逸話を紹介し、こう結んだ。
    13.  「逆風とかいろいろ言われてますがね…。まったく心配いりません。お国のために筋を通せば国民は理解してくれますよ」
  1. ここらへんの肝の据え方は、見習う必要がある。
  2. http://kotowaza.exblog.jp/5619325/
    1. 断じて行えば鬼神もこれを避く(だんじておこなえばきじんもこれをさく)
    2. 無理を通せば道理引っ込む。

2007-07-30(月)

http://www.asyura2.com/07/bd50/msg/289.html

    1. これを称して人は「民心の混乱」というのです。
    2.  まだ明治の夢をみている役人と伝統主義者とは驚きました。
    3. 「民心統一」せざるべからずと考えたのです。しかし、彼らが従来人民を導きえたのは西欧文化という他人からもらった目標をもっていたからです。ただそれだけを目標として別に深く考えることなしに指揮的態度をつづけてきたのです。ところが今、ようやく追いつきかけたと思うころに欧米はもはや新しい別な方向に向かって進もうとしている。否、すでに進みはじめました。ここにおいて役人と伝統主義者とはもはや彼を追うことはできないということに気がついた。けれども、しからばみずからに独自な別個の目標ありやというに、むろんそれはない。
    4.  彼らは従来、あまりに修養を怠りすぎたのです。「自分ははたしてどっちへ行ったらいいのだろう?」彼らはこう疑いはじめたのです。独自力のない彼らはそのとき考えました。欧米もはや追うべからずとせば、わが国みずからの古きに返るよりほか仕方がない。こう考えた彼らは、たちまち復古主義者となって、五〇年来深いお世話になった、そうしてみずから神のごとくにあがめていた、欧米の文化をたちまち弊履のごとくなげうって口汚くののしりはじめました。
    5.  そうして外来思想を非難し、魂の抜けた「えせ武士道」を鼓吹し、はなはだしきに至っては物質文化まで排斥し、精鋭な新武器をすてて再び刀をかつぎだすようなことを唱えはじめたのです。彼らの「民心統一」といい、「民力涵養」といい、「淳風美俗」というものがすなわちそれです。しかし、彼らの「復古」はただ昔の「さび刀」をたち切った上新たにこれによって新武器をきたえあげたのではありません。それがためには彼らはあまりに独自力が足りないのです。

http://www.asyura2.com/07/bd50/msg/289.html 「さてわれわれはこれから何を目標として進もうか?」そのとき国民は役人に向かっていいました。「さてわれわれはどこへ行けばいいのですか? あなたはわれわれをどこへつれてゆくつもりですか?」と。しかし役人は十分この問いに答えることができませんでした。その答えをきいた国民が疑いはじめたのは当然です。不安を感じた彼らは、あたかも成年に達したか達せぬかの子供が突然その父母を失ったと同じように、これからは自分の進むべき道を自分でさがさねばならないのだと考えはじめました。しかし、今まで盲目的に導かれて走ってきた者が、突然指導者を失って急に目をあけてみても、さて自らどちらへ行っていいのかを判断することはきわめて困難です。それはちょうど戦地において敵の軍使を迎える際にまず布をもって彼の目をおおうた上、車をもってある距離を走らしめ、しかる後はじめてその布を除く、かくして目かくしを除かれた軍使には、とうてい敵陣の様子を十分知ることができないのと同じことです。また現在、自己がどこに立っているかを知らぬ者にとっては、いかに詳細な地図もなんらの効能もないのと同じことです。国民はおのおの自己のよしと思うところをたずねて動きはじめました。ある者は古きをたずね、ある者は新しきを追うて。そうしてそのうちきわめてわずかな者だけがみずから考えはじめました。これを称して人は「民心の混乱」というのです。

http://www.asyura2.com/07/bd50/msg/289.html

    1. 法治主義のもとにおける最小限度の要件は「役人」がわれわれとだいたい同じような考え方をしてくれるということです。「役人」もわれわれと同じように、美しきを見ては美しいと思い、悲しきを聞いては悲しいと泣いてくれてこそ、われわれも安心できるのである。ところが現在の実際はともすれば、この理想を離れがちになります。それははたしてなぜでしょうか? 私はそれを解して、せっかく「人間の世界」から借りてきた「役人」が、その昔「役人の世界」に住んでいた代りに、今度はまた新たに「法律の世界」という新しい別世界に住みたがるためだといいたいのです。すなわち、せっかく骨を折って作り上げたデモクラシーが精神を失って再び官僚主義におちいらんとしているためだといいたいのです。

http://www.asyura2.com/07/bd50/msg/289.html

    1. 「カエサルのものはカエサルに返せ、神のものは神に返すべし」
  1. ヒトのものはヒトの手元に。かな?

http://www.asyura2.com/07/bd50/msg/289.html

    1. 古来、暴君はしばしばその救治策として「道徳」を命令してみました。そうして人民をして暴君みずからの欲する法に近づかしめようとはかりました。現在わが国の政治家、ことに警察ないし司法に関係している役人の中には、今日なお同じような思想をいだき、法をもって「淳風美俗」をおこそうと考えているものが少なくないようです。しかし、この策が古来一度も成功しなかったこと、ことに近世に至っては全く失敗に終っていることは歴史上きわめて顕著な事実です。

http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/watch2006/watch04b.html

    1. Linuxで標準的に利用されているファイルシステムは、おそらくext3でしょう。ext3ファイルシステムは、その以前に事実上の標準として採用されていたext2にジャーナル機能などを追加したものです。ジャーナリングファイルシステムであるため、クラッシュした後の起動時にfsckが高速に終了しますが、その代償としてジャーナルを記録するためのオーバーヘッドがあります。このオーバーヘッドを嫌って、ext2を使うという選択も十分あり得ることです。

http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/watch2006/watch06b.html

    1. カーネルに変更を加えることでvsyscallのロードアドレスをランダムに変更することは可能なのですが、
    2. その結果「Fedora Core 1が起動しなくなる」とAndrew Mortonが報告しました。
    3. glibc 2.3.2のld.soは、VDSOがリロケーション可能な場合に対応できないらしいのです。
    4. 「Fedora Core 1は古いし、ユーザー空間のバグなのだから無視してもよいだろう」という意見も出ましたが、
    5. Linus Torvaldsはそうした意見に対して「ユーザー空間の互換性が重要だというのが分からないのであれば、カーネル開発者のふりをするのはやめて、例えばHurdみたいなおもちゃシステムの開発者になった方がよい」と制しました。

http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/watch2007/watch01b.html

    1. 12月8日、Marc Haberが「ext3ファイルシステムを利用しているのだが、Debianのパッケージ管理システムaptitude(注)の制御ファイルのデータが破損するという問題が起きている。どうやら2.6.19で発生しているようだ」という報告をメーリングリストに投げました。
    2. 12月17日には、Andrei Popaが「rtorrent(注)を実行してファイルをダウンロードすると、ダウンロードしたデータが壊れている場合がある」という、一見まったく関連性のなさそうな報告を投稿しました。
    3.  この問題を解析していくと、
      1. 「ext3ファイルシステムを利用している
      2. 2.6.19を利用している
      3. aptitudeやrtorrentを利用している
    4. 環境においてデータ破損が発生しているようです。
    5. Andrew MortonやLinusが乗り込み、問題の解決に挑みました。問題を絞り込むと、aptitudeとrtorrentの共通点として、「mmapを利用している」ことが判明しました。
    6. 長いデバッグ期間を経て、12月28日にLinusが毎回同じ問題を再発させるプログラムを編み出しました。それを利用して、とうとう問題解決に至りました。
    7. mmapされたメモリ領域においては、データ書き込みが発生したメモリのページは、msync命令(注)が発行された時点でディスクに書き込む必要があります。メモリ領域にアクセスが発生したことを管理しているのはCPUです。その情報をカーネル内部では複数個所で管理しており、その伝播がうまくいっていなかったのが問題だったそうです。
  1. バグ再現プログラムの開発。

2007-07-29(日)

考えてみれば、9条ネットこそ、社民党と共産党の応援団になるべきではなかったのか?

  1. 自律的・独立的な応援団・圧力団体。という形態。

米政府、イスラエルに10年で300億ドルの軍事支援に合意 = AFP http://www.asyura2.com/07/war94/msg/493.html 投稿者 ダイナモ 日時 2007 年 7 月 29 日 22:26:06: mY9T/8MdR98ug

「一丁上がり!」と歓喜のブッシュ政権。”イランの脅威”を利用して、アラブ湾岸諸国相手に200億ドルの軍需ビジネスが成立 http://www.asyura2.com/07/war94/msg/490.html 投稿者 Sun Shine 日時 2007 年 7 月 29 日 18:16:29: edtzBi/ieTlqA

http://www.asyura2.com/07/dispute26/msg/300.html

    1. 日本人民共和国憲法(草案)

思うに、民主党は10年前の自民党なのである。いまの自民党は、コイズミ自民党であり、アメリカのお代官政党なのである。故に、国民が選んだのは、10年前の自民党なのである。

  1. 東京で自民の現職が落ちたのも、コイズミ自民党に対するnoである。
  2. 退陣できないだろう。人材を切り捨ててしまったのだから。

http://slashdot.jp/articles/07/03/29/2253204.shtml

    1. 車載システムの場合、一つのサブシステムごとにMPUが一つあります。 例えば、パワーウィンドウ用のサブシステム、ドアミラーのサブシステム、など。
    2. 基本的に、各システムは独立して稼働します。 パワーウィンドウの制御に忙しくてABSが働かないとかになったら困りますから。
    3. で、それらは車内LANで繋がって、車全体として機能するようになってます。 最近のセダンだと100個以上のMPUが載っているはずです。
    4. もっとも、個々のMPUの性能は大したことはないですが。
    5. ----
    6. 自動車1台の中にECU(小規模だったり中規模だったりのMPUにいろいろ周辺のものを組み込んだもの)は1や2どころか50や100が積まれています。
    7. で、基本的に一つのECUは一つの仕事しかしません。パワーウィンドウの制御のみとか、点火タイミングの制御のみとか。最近では個々のECUをまとめて制御するさらに上位の機構があったりもしますが、通信系にトラブルがあったりする場合も想定して通信障害などの場合でも個々のECUで独立に通常の駆動は可能になっています。まあこれも将来的にはもっと一括制御的になってくるんでしょうが。
    8. 個々のECU等は自己診断が出来るようになっており、異常を検知すると安全側に落ちるようになっています。
    9. エンジンだったらとりあえず止めるとかそんな感じで。多重化されている場合はサブに切り替わることもありますが、そんなに冗長性があるわけではありません。何せ航空機などに比べれば、「とりあえず止まっとく」という選択肢がありますので。
    10. #故障時には突然エンジンが停止することがありますので、車間距離の確保は確実に。
    11. ----
    12. 安全側に落ちるというのは確かですが、とりあえず止めるような
    13. 乱暴なことはしないと思う。(不幸にしてそうなることもあるかもしれないけど)
    14. トラブルが起きた時ECUがどんな事してるか・・・某車のV8エンジンだと、
    15. 点火系が左右シリンダー列のうち二本ずつ、計四本分づつ分けられて二系統あります。
    16. 左右に四本づつある燃焼室のそれぞれ片側二本を受け持ってます)
    17. 異常が起きたら、そのシリンダーを含む配電系統と燃料噴射系を停止して
    18. 残りの正常な四気筒でどうにかおうちに帰れるように、あるいはサービス拠点にたどり着けるようにがんばってくれます。
    19. エアコン関連のECUだと、壊れた場合のフェイルセーフの動作が温度調整がフルホット固定になったりもします。
    20. (最悪凍死しないようにという配慮かもしれないけど、暑かった)
    21. ----
    22. >ECUってのは普通エンジン制御だぞ。
    23. そちらはEngine Control Unit.
    24. 50や100ある方のECUはElectronic Control Unitで電子制御系一般らしいですよ.
    25. #どちらもECUと略すからいかんと知人が言っとりました.
    26. ----
    27. ちょい前のエンジン(1G-FEとか)だと点火系が1発でも死ぬとフェールセーフが働いてエンジン止めてしまいます。
    28. 生ガスで触媒加熱がおこるからなのう?
    29. 最近のはそうでもないです。でさらに昔のはそんな機能はないので止まらないと
    30. ----
    31. すでに何人かが書かれていますけど、PCみたいにメインCPUがあって、という構成ではありません。
    32. 要素フロックごとに、小さなCPU(マイコン)を独立して搭載しています。
    33. それらをCAN(車載LAN)に接続して、お互いの情報はやり取りしています。
    34. したがって、自動車一台では小型マイコンが数十個〜数百個近くも載っているので半導体メーカーとしては非常においしい市場です。
    35. この分野では、モトローラが強いのですが、最近ではNECやルネサスも積極的に売り込みをかけてますね。トヨタの場合は、NECの採用例が多いようですが。
    36. また、小さなサブシステムの場合は組み込みソフトウェアにはOSと呼べるレベルまでのものは少なく、複雑なエンジン制御、トランスミッション系にリアルタイムOSが使われている程度です。
    37. 今回の発表はトヨタがこういった組み込み向けのソフトウェアの標準化に乗り出した、ということでしょうか。
    38. CPUを供給する半導体メーカーの動きにも注目ですね。
    39. ----
    40. ボーイング旅客機の場合は、各モジュールが3台構成になってます。
    41. オートパイロット装置などの電装品も原則3台構成です。
    42. 油圧等の特に重要な部分は4系統あったりします。
    43. そうじゃない部分もあるにはあるわけですが。
    44. # 例えば計器や操縦桿は2つしかない
    45. ちなみに747-400の場合はCPUは16ビットです。
    46. 配線も目で追えるくらいです。
    47. メーカからの修理情報は原則として航空会社の整備部門で対応しますが
    48. ジャンパを飛ばすなんてのはフツーです。
    49. # 最新の777で32ビットになったんだっけな。
    50. # 基本的にチップは軍規格品を使うんだけど、最近のCPUってミルスペック品はあるのかな?
    51. ----
    52. 独米の自動車メーカ中心のAUTOSARに対して,日本の自動車メーカもJasPar [jaspar.jp]という標準化推進団体を立ち上げています。
    53. 非競争領域を日本メーカ各社で協調して開発 [jaspar.jp]するのが目的と,カーメーカ間の競争領域とは明確に区別していますので,トヨタがJasParとは別の道を歩むということでは全然ないのですけれど。
    54. 関係者でも何でもなく名前を聞き知ってるというだけです,はい。

whiteさんの投稿を転載していたら、「あなたの今日の投稿可能数を超えました」が出てしまったぞなもし。 それにしても大量にある。記事を厳選してもらうために、投稿数の制限もよいかもね。


http://www.asyura2.com/07/social4/msg/618.html

    1. ー ケータイにどっぷり浸かっていて、もしかしたら学校裏サイトに書き込みをやっているかもしれない子どもを持つ親の場合は、どう対処すればよいのでしょうか。もう手遅れなのでしょうか。
    2. 下田氏:いや、そんなことはありません。ただし先ほども話したように頭ごなしに「やめろ」と言っても、思春期の子どもは反発するだけです。最近は情報モラル教育を行う学校が増えていますが、多くの子どもはバカにして話を聞こうとはしません。
    3.  けれども説教や道徳論には耳を傾けない子どもでも、「ネット世界で危険な目に遭わないためにはどうすればいいか」といったリスク情報には強い関心を示します。「危険な目に遭ってもいい」と思っている子どもはいませんからね。ケータイ、インターネットの落とし穴に落ちないようにするにはどうすればいいのか、説教ではなくリスク回避の方法を伝えていくことが、子どもの心に一番響くと思います。

2007-07-28(土)

http://www.marino.ne.jp/~rendaico/mascomiron_haigoseiryokuco.htm

    1. 郵政民営化が参議院で一旦否決されて、総選挙となる8月5日の3日前の8月2日に、アメリカの広告代理店業界のドンである、アレン・ローゼンシャイン Allen Rosenshine なる人物が、突如首相官邸を訪れ、小泉首相と極秘会談を持ったという事実を、いち早く指摘したのは実は私であった。このブログに書いた内容を、何人かの人が「阿修羅」などの掲示板サイトに紹介してくれて、一気にブロガーの間でこの情報が広まった。私の尊敬する森田実氏も何度かご自分の情報網による情報とあわせて警告を発しておられた。
    2.  このBBDOという広告会社は、現在、日本では電通・博報堂とならぶ、アサツー系の広告代理店を吸収する形で日本に進出しており、正式にはI&S/BBDOという社名である。この会社のクライアントには、自民党もしっかりと入っている。森田実氏の話では、電通もこのBBDOに乗っ取られつつあるということだ。
    3.  そして、ここからが重要なのだが、このBBDOの親会社であるアメリカのオムニコムOmnicom Group という広告代理店は、昨年の衆院選で民主党のアドバイザーとなった、フライシュマン・ヒラードというアメリカの広告代理店も傘下に収めているのである。つまり、このフライシュマンとBBDOは同じ資本で動いているということだ。8月2日のローゼンシャイン会長の訪問は、おそらくはアメリカの在日商工会議所などとの連携した動きだろう。
    4.  自民党の広報チームの世耕弘成などによれば、在日米商工会議所の系列の広告会社である、プラップ・ジャパンという会社が、公式には自民党の選挙戦略を立案したことになっている。ところが、今回の選挙に関しては、これらの広告会社が、共同してチームを作って動いていたというのが事実であろう。
    5.  つまり、電通、プラップ・ジャパン、I&S/BBDO、フライシュマン・ヒラードといった主立ったPR会社が、「アメリカの金融資本のための郵政民営化」を実現するために、大がかりなチームを組んでいて、その総責任者がアメリカの金融資本の命令を受けて動いている、ローゼンシャイン会長であったということだ。

http://www.marino.ne.jp/~rendaico/seito_palesutina_yudayaginmondai_giteisyoco_itizuke.htm

    1. WTCで、いくつかの不可解な点があった。
    2. (一)ペンタゴンとWTCで働いていたイスラエル人約4000人が、その日に限って休んでいた、
    3. (ニ)WTCに働いていたモルガンスタンレー3500人のうち行方不明者は5人だけで、ゴールドマンサックスの社員には前もって警告メールが来ていた、
    4. (三)シャロンは、アメリカ東海岸への旅行を事件の直前にキャンセルした、
    5. (四)CNNは始め2機目の突入から撮影したと発表していたが、いつの間にか1機目の突入の映像も流れていた?

http://www.marino.ne.jp/~rendaico/bensiyoshu/sinseimondo.htm

    1. もし敗北をおそれて選挙戦を回避するようになれば、政党は衰退し、やがて消滅する。そして民主主義は死滅する。(モンテーニュ?)

http://www.marino.ne.jp/~rendaico/bensiyoshu/sinseimondo_funto.htm

    1. ぼくの秘密を教えてあげよう。とても簡単なことさ。それは、心で見なくちゃものごとはよく見えないということなんだ。肝心なことは目では見えないんだよ。(『星の王子さま』)

http://www.marino.ne.jp/~rendaico/bensiyoshu/sinseimondo_work.htm

    1. 聖書に、「働かざる者食うべからず」(新約聖書)という名格言がある。 この言葉は戦後日本において二つの意味で使われた。
      1. 一つは、食糧も富も何もない時代に人々は働くしか生きる道はなく、労働者の勤労意欲を高め、ときには自らに言い聞かせて労働意欲を奮い立たせるために、この言葉が使われた。
      2. もう一つは、大地主や財閥など自らは働くことなく勤労者を搾取し、その富で贅沢に暮らす支配階級、闇取引で大儲けしている悪徳商人、勤労を嫌う怠け者などを批判し、労働者階級の闘争意欲を鼓舞するために使われた。労働運動の指導者が演説や講演のなかでこの言葉をよく引用した。左翼のなかには、レーニンの著作のなかにこの言葉があったためにレーニン作だと思い込んでいる者が多かったが、これは、実は、聖書のなかの言葉である。

http://www.marino.ne.jp/~rendaico/bensiyoshu/sinseimondo_taikan.htm

    1. 今日の知の発達は史上未曾有規模であり、この流れはま止まるところを知らず益々総花的に進展していくであろう。しかし、これを我々個々の人生から見れば、それは知の洪水であり、来襲でさえある。もはや、誰一人これを制御しきれる者はいないほどに肥大化しつつあるというのが実際である。判明しつつあることは、知はどうやらそれ自身価値を持っておらず無原則なまでに膨張していくのがその本質であるということである。知−これを科学的知識と置き換えて見れば良い−のこの厄介性を知ることが知恵であろう。この知恵を生む為に何に依拠すべきか、ここに体感、体験、経験がある。このフィルターを通じて濾過された知恵を核として知を集積していくことが、真の知の使い手であり、この逆を行うものは浪間に漂う知の遭難者といっても過言でなかろう。
  1. 人類にとっての知は、大鹿の角(絶滅の原因)になりつつある。

http://www.marino.ne.jp/~rendaico/bensiyoshu/sinseimondo_orifushi.htm

    1. 第一期 青年期 勉学中心。関心の中心は「愛欲」で「美」の価値が求められる。判断は感覚的。
    2. 第二期 壮年期 家庭中心。「利得」に関心を注ぎ「利」が求められる。又は「真」の価値を求める傾向の者も現われる。
    3. 第三期 林住期 子供も成長し家を出て(出家して)林に住むので林住期と呼ばれる。自己を客観視し、関心事は「戒法(ダルマ)」に順ずることに移り、「善」を追及。判断は道徳的。
    4. 第四期 遍歴期 道徳的であることに満足できず「完全なる自己解放(解脱げだつ)を求め遍歴する。相対有限の次元を越えた永遠なるなるもの、絶対的世界に触れること(これを「聖」の価値とする捉え方がある)に価値を見出そうとする。判断は宗教的。」
    5. 生き方の根底を為す価値観探求の軌跡を、「美→利→善→聖」というサイクルパターンにしていた

http://www.marino.ne.jp/~rendaico/bensiyoshu/sinseimondo_kati.htm

    1. 「人間が生きる目的はただ食べることではない。人間には食うこと以上に大切なことがある。人間はより高い理想の実現のために生きるべきだ。世界平和のために、搾取のない自由で平等な社会をつくるために生きるべきだ」
  1. 大体に於いて賛成だが、どのような社会が『よい』かは、もっと詳細に検討する必要がある。

http://www.marino.ne.jp/~rendaico/bensiyoshu/sinseimondo_kati.htm

    1. ストア学派の思想は、ヘラクレイトス、アリストテレスの影響を強く受けた学派で、認識論、自然学、倫理学の三部門からなっている。
    2. エピクロス哲学は倫理学、物理学、論理学から成っているが、倫理観は快楽主義だった。快楽を幸福有徳な生活の最高原理と考えた。
  1. ストア派は《内からの視点》で、エピクロス派は《外からの視点》

[barbaroi:6156]Re:「押込」〜「諌死」

    1. 「正成は、後醍醐の政権が人心からまったく孤立してしまったことを、はっきりみてとっていた。そしてそれは、正成が最後の可能性まで追求した『天皇中心の統一王権』という理想が破綻したことを自ら確認したことにほかならない。しかも彼は建武以来の栄達によってもはや平凡な土豪的武士としての去就の自由を失ってしまっていたから、すでに引き返すすべもない孤立に陥っていたのであり、また金剛山以来の面目にかけてもいまさら敵方の 「武家」に屈服して生きながらえることを潔しとしなかった。延元元・建武三年(一三三六)五月二十五日、正成は湊川でわずか数百の軍兵をもって尊氏の大軍と戦い、最後に弟正季ほか一族五十余人とともに自害して果てた」(p.160-161)。
  1. 幕末の会津藩なども同じだろう。将来の日本も「アメリカの政権が人心からまったく孤立してしまったことを、はっきりみてとっていた」としても、自爆せざるをえないような状況に追い込まれることになるだろう。

[barbaroi:6155]Re:「押込」〜「諌死」

    1. 「主君『押込』が慣行として定着した近世中期以降は、家老以下の重職者の職権(「職分」)に属する行為と見做されていたらしいことが推測される。いわゆる『諌言』が家老の職権の一つであることはよく知られているが、主君『押込』行為はこの『諌言』の直接の延長線上にある、それが容れられない場合の非常措置として、家老の職権に属する行為であることが認知されていた模様である」(135頁・161-162頁)
    2. 「主君が『押込』に処されるということは初期の時代には、直ちに強制隠居を意味したであろう。しかし中期以降の事例によるならば、それは監禁が解除されて君位に復帰する可能性を有するものとなっていた。『押込』の解除は、当時『再(御)出勤』と呼ばれていた」(142頁・170頁)
  1. はああーーー。
  2. 「殿御乱心」。で「押込」行き。

[barbaroi:6154]「神道」の常識

    1. いままでの神道史は、すべてそのような抽出によって一筋の連続性だけを強調し、そうすることで「神道」を全体から切り離す"神仏分離″の整形手術を、全時代について施した。
  1. これは、言えているかもしれない。まあ、古今の学者のアホさ加減の一例でしかないが・・。直感的結論の正当化、慰めの証拠集めしかしなければ、そういう結論も出せる。ちゃんとした仮説と検証の方法によれば、そうならない。ということ。

[barbaroi:6154]「神道」の常識

    1. 神道が世俗的役割をもち仏教とは異なる次元の存在であったとする主張にたいして、その"世俗性″こそが仏教的原理の貫徹の姿であり宗教的なものであることを論ずる。
  1. うーーー。仏教は、導入当初において国家主義であり、後には、個人主義である。「祭り」は《群れ》の宗教である。仏教は村祭りを行わないのでは? 収穫祭であり、農作業の集合号令としての祭り。

[barbaroi:6154]「神道」の常識

    1. 通説が「神道」という語に民族的自意識が含まれていると強調する
  1. これは、ありえねぇよな。だって、神道が生まれた時代に国家も民族もなかったもの。他の地域との比較において成立した行動様式ではない。

http://www.amazon.co.jp/%E6%AD%A6%E5%A3%AB%E9%81%93%E3%81%AE%E9%80%86%E8%A5%B2-%E8%8F%85%E9%87%8E-%E8%A6%9A%E6%98%8E/dp/4061497413/ref=pd_sim_b_1_img/249-9042838-0859500

    1. 武士が生きた時代に、武士の武士たるあり方として形成された「武士道」と、武士が退場した時代に、日本国民の日本国民たるあり方として編成された「明治武士道」とは明確に違う。これが、一読すればすぐ分かる本書の核心である。
    2. 本来の「武士道」、即ち自己と守るべき妻子や領地や主君とを徹底的に守り抜こうとする私的戦闘者としての武士。
    3. それが何ゆえに、またいかにして、近代国民国家日本において“復興”され、高唱されたのか。この点を論じた第五章はスリリングな展開を見せ、思わず手に汗を握る。武士の私的な主従関係を徹底的に否定しながら、その関係を天皇と国民との関係にスライドさせる。その綱渡りのような危うさは、しかし矛盾をはらみつつも、近代日本ネイションの構成原理として国民国家の中心に据えられたのである。
    4. そうした原理が否定された戦後日本。だが、筆者は言及していないが、依然としてそこにも「戦後武士道」とでも称すべきものが存在するように私には感じられる。例えば司馬遼太郎・早乙女貢・『プレジデント』誌・戦国時代史や幕末維新史の根強いファン…。彼等の扱う論理もまた、「武士道」の名を冠しつつも、本来の「武士道」とは違うものである。「明治武士道」とも違う。ではいったい「戦後武士道」とは何か。今後に残された課題であろう。

http://www.marino.ne.jp/~rendaico/bensiyoshu/sinseimondo_mokuteki.htm

    1. 「世の中を厭(う)しとやさしと思へども飛び立ちかねつ鳥にしあらねば」

http://cgi.katoweb.net/usr/budou/nikki.cgi?see_key=2007-5-10&now_key=2007-6-28-6

    1. 参議院選挙の準備
    2. 私は、先週に大阪市内で社民党大阪府連合の選挙対策会議に参加しました。参加者は、常任幹事や支部連合の代表、地方議員が中心でした。
    3.  会議には、辻元清美衆議院議員と服部良一参議院大阪選挙区候補者が同席しました。
    4.  会議は、社民党大阪府連合と9条ネット、みどりの議関西が共同で支援する服部良一氏の選挙対策とそれぞれの専門スタッフ、宣伝ビラの配布、公営掲示板へのポスター張りなどを議論しました。辻元氏が、参加者に向けての指名をしました。参加者が、それぞれの地域で役割分担を決めることになりました。\(^O^)/
    5.  しかし、会議では、国内外の情勢分析と職場・地域での大衆の不満の取り上げ、主要な矛盾、政治の内部矛盾、政策づくり、闘いの方針化の具体化と議論が、皆無に近いのです。参加者の大半は、社民党の名前が人民大衆に受け入れられると考えているのでしょうか。(;^_^A
    6.  私は、人民大衆の不満や安倍政権との主要な矛盾を明らかにして、それを前提にした政策づくりと宣伝をするべきと考えています。選挙の実務は、選挙対策で徹底的な議論を尽くし、党員が納得して取り組めば、やる気が出るのです。(*^_^*)
    7. 2007年6月10日

2007-07-27(金)

http://mixi.jp/view_diary.pl?owner_id=706839&id=510784753

    1. ガッチャンさんの日記 全体に公開
    2. 2007年07月27日
    3. 07:39 ロスト・ジェネレーション
    4. 政治の世界では昨今、20代・30代の青年層を「ロスト・ジェネレーション」というらしい。明確な政治的姿勢が無く、時によって考えや行動がコロコロ変わるので、こんな呼ばれ方をするらしい。
    5. そこに当てハマる私はといえば、以前にも書いたとおり「野党派」で、特に何かない限りは、基本的に野党に投票する。そういう意味では姿勢は一貫しているといえばそうだが、そうでない面もはなはだ大きい。普段は野党第一党の民主党に投票する場合が多いが「野党ならどこでもいい」という人なので、状況や気分次第では、当選にははるかに及ばない泡沫候補にも投票する。
    6. それじゃ「死に票」を投じるのと同じじゃないか、投票所に行くだけ無駄じゃないか、と言われればその通り。それでもかまわないと思っている。選挙に行くのはいわば「姿勢を示しに行く」ために行っているのであって、票を投じた候補に必ず通ってほしいと思っているわけでもない。「たかだか自分の1票で、その候補が通るかどうかが決まるわけじゃない」というのも事実で、その点は多くの「ロスト・ジェネレーション」世代が考えているとおりだ。
    7. それでも私は「選挙にも行かないようなヤツは政治に文句を言う資格は無い」と思っているので、選挙には行く。日常生活の中で、政治について周囲の人とあれこれ意見を交わす行為の延長としての、最も重要な行動が「投票」だと思っている。
    8. 与党悲鳴「投票率60%で惨敗」
    9. http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=261316&media_id=4
  1. 選挙に行くのは《私》の『姿勢』の問題である。

護憲勢力”ゼロ”の衝撃    今日の出来事 http://www.asyura2.com/07/dispute26/msg/227.html 投稿者 Kotetu 日時 2007 年 7 月 27 日 04:11:54: yWKbgBUfNLcrc

  1. http://www.asyura2.com/07/idletalk25/msg/225.html
    1. 朝日新聞と東大蒲島研究室による2005年衆議院議員候補者アンケートによると、「憲法を改正すべきか」の問いに対し、自民党では「改正すべき」と答えた候補者が87.2%。「どちらかといえば改正すべき」を含めると97%にもなる。
    2. 一方、民主党はというと、「改正すべき」が46.3%。「どちらかといえば改正すべき」を含めて71.3%。そして、「改正すべきでない」「どちらかといえば改正すべきでない」は、合わせても僅か17.3%。

http://www.asyura2.com/07/idletalk25/msg/225.html

    1. それにしても、かつて社会党を破滅させた「与党にならなきゃ意味がない論」をまたぞろ持ち出すあなたの神経がわからない。
    2. 最大の護憲政党だった旧社会党に続き、今度は共産党を解体するつもりなのか。

2007-07-26(木)

【コラム】 世界のブログのなかで日本語がダントツ1位! その理由は? [R25] http://www.asyura2.com/07/geinou1/msg/108.html 投稿者 white 日時 2007 年 7 月 26 日 18:15:29: QYBiAyr6jr5Ac

    1. 国連の統計によると、世界のウェブサイトの約8割は英語で書かれているという。だがそんななか、06年第4四半期にブログでもっとも投稿されていた言語は、日本語だったそうだ。
    2. このレポートを発表した、ブログ検索会社のテクノラティ(米)の調査によると、世界には約7000万のブログが存在し、1日あたりの投稿数は150万。そしてそのうち、日本語のブログ投稿数は全体の37%を占めていたという。2位は英語で36%。これはスゴいことだ。世界で一番ブログが書かれている国は、日本なのだ。でもなんでだろう? 日本中のブログやレビュー記事を紹介するSHOOTI編集部の古川健介さんに聞いた。
    3. 「海外のブログが、ニュースを自分なりに読み解くジャーナリスティックなものが主流なのに対し、日本は完全に日記文化になっています。およそ8割以上のブログが日記だと思いますね。日本人の、日記やメモをしたためる文化とブログがマッチしたんでしょう。そして投稿数が多い理由ですが、携帯電話との連動により、劇的に敷居が低くなりました。モブログというのですが、若い世代が携帯電話を使い、毎日大量に投稿しています」(古川さん)
    4. 確かに日本は、もともと海外に比べて識字率が高く、江戸時代では70%を超えていたという。古来より日本人には、読み書きの文化が根付いているのだ。
    5. 「モチベーションの違いはともかく、日本では海外と違ってゆるい発信がなされています。よく『日本人の場合は情報発信ではなく、放電だ』なんていわれています。また匿名性が高いのも特徴。自分の素性を明らかにして書く人は少ないですね」(同)
    6. “目立ちたくはないけど、誰かに知ってほしい”。そんな日本人のプチ自己顕示欲的な気質もブログに合っているのかも。
    7. もともと日記を書く文化があり、インフラが整い、誰でも気軽にブログを書く環境が揃っている日本。世界一なのもある意味、当然のことなのだ。
    8. (R25編集部)
  1. ふーむ。ニホンジン。

http://www.asyura2.com/07/war94/msg/437.html

    1. 松尾 ミサイル実験があれば、米国も黙っていないのでは。
    2. シーガル もし核弾頭を積んでいないのなら、米国にとってさほど気にならない。それより米国にとって、いま最も重要なのは、プルトニウム問題に早く結論を出して、ウラン濃縮問題に取り組むことなのだ。
  1. あたりまえや。自国に飛んでくる可能性のないミサイルに大騒ぎするものか。

http://www.asyura2.com/07/war94/msg/437.html

    1. シーガル とにかく次回の六ヵ国協議で北朝鮮はテロ支援国家リストに集中してくるだろう。なぜか。日本に対して、交渉に応じるよう圧力をかけたいからだ。彼らは日本を困らせたいのではない。日本と交渉をしたいのだ。問題は、日本が交渉をせず、ただ拉致問題を解決しろと言っていることだ。北朝鮮側は非常にしたたかだ。もし日本が拉致問題だけでなく平壌宣言全体に関して交渉を開始しなければ、テロ支援国家リスト問題に集中することによって日本を孤立させようとするだろう。
    2.  では、北朝鮮がテロ支援国リストに載っているのはなぜか。米国法によれば理由はただ一つ、航空機ハイジャック犯の日本赤軍メンバーをかくまっていることだ。
    3. 松尾 本当にそれだけなのか。
    4. シーガル 法的には、それだけが理由だ。しかも、ハイジャック犯は、もう六十代で、数人しか残っていない。もし平壌が彼らを追い出せば、テロ支援国家に指定する法的な理由はなくなる。拉致問題に関して、確かに米議会は別個に決議を採択した。だがライス国務長官は、それに拘束されない、と答えている。
    5. よど号乗っ取り犯を強制送還か
    6. 松尾 北朝鮮が赤軍メンバーを帰国させるかもしれない、ということか。
    7. シーガル 一九八八年以来の北朝鮮の立場は、彼らをいつでも帰国させる用意がある、というものだ。そして全員が、帰国を切望していることを表明している。そもそも拉致問題は、米国の法律とは無関係だ。下院と上院の決議をブッシュ政権は当初、後押しした。交渉したくなかったからだ。

http://www.asyura2.com/07/war94/msg/437.html

    1. シーガル 七月に入ればIAEA(国際原子力機関)が北朝鮮に入り、プルトニウム計画は事実上閉じられる。ここまでは確かだ。われわれとしては原子炉と再処理施設の無力化という次の段階に向けて、いわゆるすべての核関係リストの提供問題の交渉に入りたい。次回以降の六ヵ国協議では、このリスト問題をめぐって、われわれが要求を出し、彼らが要求を出し、互いに取引することになる。
    2.  その際に北朝鮮が態度を変えて、わかった、喜んで無力化しよう、リストも準備しよう、その代わりテロ支援国家リストから外してくれ、と言ったら、われわれはどうするのか。もし、リストに載せ続けると言い張れば、面倒なことになるだろう。二月の合意では、もし北朝鮮側が望み、われわれが同意すれば、彼らをテロ支援国家リストから外す手続きを開始することになっている。
    3.  そこで日本への私の助言だが、北朝鮮に対してまず拉致問題を解決すべきだと言い続けることによって、問題の解決を得ることはできないだろう。 
    4. 松尾 いわゆる圧力を緩和しろ、ということか。
    5. シーガル 日本は、二〇〇二年の日朝平壌宣言の全条項に基づいて北朝鮮と交渉せざるを得なくなるだろう。前回の六ヵ国協議が行き詰まった原因は、日本が拉致問題の解決を言い続け、北朝鮮側も日本に対して、平壌宣言に基づいて動くべきだと言い続けたせいだ。日本が拉致問題が先だと言い続ければ、交渉は全く始まらない。交渉には見返りがつきものだ。われわれはみな、それを理解している。相手には欲しいものがあり、こちらにも欲しいものがある。だったら取引しなければならない。
  1. 日本人の欠点というのは、「交渉には見返りがつきものだ」ということを、非常に嫌うことだ。相手には見返りなしの服従を求め、自分は制限なしの自由の地位を確保して始めて、思いやりが開始する、というおかしな心情の持ち主なのだ。

http://www.asyura2.com/07/war94/msg/437.html

    1. 松尾 ネオコンの上に乗ってきたブッシュ大統領はなぜ気を変えたのか。
    2. シーガル 私は常にこう言ってきた。ブッシュ大統領を強硬派だと思い込んではならない、と。彼は、本能的な金正日嫌いだ。だが、北朝鮮に関して政権内で起きていたのは、強硬派が大統領を一つの方向に押しやり続けたことだ。時にはパウエル前国務長官などの話し合い派が、大統領を別の方向に押し、パウエルが望むことを大統領がすることもあったが、そうなるとチェイニー一派が押し返し、元に戻してしまう。北朝鮮に関しては、これがたびたび起きたのだ。つまり大統領には心が二つあって、あっちへ行ったりこっちへ行ったりする。
  1. ブッシュは傀儡(お人形さん)なのよ。

http://www.asyura2.com/07/war94/msg/437.html

    1. 松尾 そのメッセージが、核実験の後で北朝鮮に渡ったことが、日本にとっては気になる。それは、米国が北朝鮮の核保有を事実上容認するという意思表示ではないのか。
    2. シーガル いや、絶対に違う。六者協議の枠組みを見れば分かるが、その目的は常に最終的な核の撤廃だ。
    3.  ただ、その過程が段階的なものになることを、われわれは承知している。なぜなら北朝鮮は、米国の姿勢は完全に変化し、自分たちを敵扱いしなくなった、と確信するまで、核を手放さないからだ。そして、それには何年もかかる。即座にできることではない。
    4.  問題は、北朝鮮が核を放棄するかどうか、誰にも分からないことだ。いろんな人物があれこれ言っているが、そうした発言は無意味だ。なぜなら、鍵を握っているのはただ一人、金正日総書記だからだ。彼はまだ心を決めかねているのかもしれない。
    5.  だからこそ、段階的に交渉する必要がある。核計画を放棄させ、核兵器と核物質を再び査察の下に置かせる。この道を進む際、交渉材料を持っておくことが大事だが、いまのわれわれには、あまり手持ちがない。軍事力行使はできない、制裁はできない、大きな見返りを与えることもできない。
  1. ちゃんと、現実的に認識し、その認識を理論的に説明できるヒト

http://www.asyura2.com/07/war94/msg/437.html

    1. レジーム・チェンジ政策など最初から存在しなかった
    2. 松尾 「レジーム・チェンジ」政策の否定をはっきりと伝えたということか。
    3. シーガル その選択肢は最初から存在しない。軍事的オプションもないうえ、韓国と中国が制裁に加わらないからだ。彼らが制裁と封鎖で北朝鮮を完全に締め上げる気にならない限り、米国はレジーム・チェンジなどできない。とにかく、重要なのは、こうしたメッセージが、胡錦濤主席を通じて北朝鮮に渡ったということだ。
  1. ふーん・・・。

【2007参院選】何たる選挙戦(産経新聞)-産経新聞の「悲鳴」 http://www.asyura2.com/07/senkyo39/msg/386.html 投稿者 JAXVN 日時 2007 年 7 月 25 日 08:42:46:

  1. 護憲派たけ(tk)ちゃんとしても、選挙民の動向は、情けないの一言である。
  2. 結果オーライならよいのか? ○:。×:。
  3. 選挙民が、重大な政治的選択にたいしてではなく、政治家の態度や醜聞に対して反応するというのは、日本に限ったことではない。けれども・・・・。
  4. 『大学』のリアリズムは、民衆の反応様式にたいするリアルな認識でもある。それゆえに君子は独りを慎む、のである。

http://www.asyura2.com/07/senkyo39/msg/466.html

    1. 世に醜聞と失言の種は尽きまじ

2007-07-25(水)

「日本中に放射能が飛散して危険」 欧州駆け巡るトンデモ事故情報 [J-CASTニュース] http://www.asyura2.com/07/bd50/msg/254.html 投稿者 white 日時 2007 年 7 月 25 日 20:06:48: QYBiAyr6jr5Ac

    1. Jリーグ・横浜FC、磐田、千葉の3クラブは2007年7月24日、「カターニャジャパンツアー」を中止すると発表した。カターニャは07年7月26日に来日し、7月30にから8月5日にかけて、Jリーグ3クラブと計3試合を行う予定だった。カターニャには日本人FW・森本貴幸選手が所属しており、日本人のサッカーファンにとっては注目の試合となるはずだった。
    2. ツアー運営会社の発表によれば、07年7月16日に新潟中越沖で発生した地震と柏崎刈羽原子力発電所から放射能が漏れた疑いがあるというニュースや、「放射能漏れによる避難民の発生」という「誤報」がイタリア国内で連日報道され、これを深刻に受け止めたカターニャ側から「ジャパンツアー」を延期したいとの要請があったという。運営会社は、在日イタリア大使館とともに安全性に問題が無いことを理解してもらうために説得を続けたが、「クラブ内の各レベルからの反発が強い」として、ツアーを中止せざるを得なかった。
  1. マスコミの『真実度』。

Operaって、選択してから右クリックすると、翻訳メニューが出てくるんだ。

    1. After the Opera っ て, selecting, when the right it clicks, the translation menu coming out, you wrapped(くるんだ).(^^;)...

タリバン、韓国と直接交渉…人質の身代金目的か [中央日報] http://www.asyura2.com/07/war94/msg/405.html 投稿者 white 日時 2007 年 7 月 24 日 20:23:29:

    1. ◆早期解決へ=タリバンスポークスマンであるカリ・ユスフ・アマディもこの日AFPとの通話で「韓国の人質たちは元気な状態」と明らかにし「あんな(劣悪な)状況で人質たちの面倒を見るのは大変難しいので、我々はこの問題が早く解決されることを願う」と話した。
    2. タリバン指揮官であるアブドーラ・ジャンのスポークスマンも3次交渉時限を控え、韓国政府との直接交渉を重ねて促し「アフガニスタン政府との交渉でど何も結果が出ないもようだ。我々はこれ以上待つことができない」とし、早期解決したいことをほのめかした。
    3. 最後の可能性はタリバンが、同僚収監者釈放が不可能だという判断に至り、あきらめて金銭的な利得を取ると決めることだ。韓国政府との交渉テーブルで人質たちの身代金を取ろうということだ。これはタリバン罪囚釈放よりはずっと韓国側が受け入れやすいカードになるだろう。
  1. 「身代金目的」というのは実行時の目的のことだろ!!。目的は行為より先にある場合に、目的というのだ。交渉の結果として、「(政治的な目的を)あきらめて金銭的な利得を取ると決めること」は目的とは言わない。

映画「TOKKO -特攻-」 生きたかったよ 死にたくはなかったよ(反米嫌日戦線) http://www.asyura2.com/07/war94/msg/402.html 投稿者 吐息でネット右翼 日時 2007 年 7 月 24 日 19:44:20: fq6z4wyhxyxZg

    1. さてさて、内容は素晴らしいもので、インタビューされた特攻隊員は4人おられたが、中でも中島一雄さんの話がホンネが伺えて興味深かった。「生きたかったよ 死にたくはなかったよ」というのは中島さんの言葉だ。
    2. 彼は、ラバウルでの歴戦の勇士であった浜園重義さんと特攻当時は旧式となっていた九九式艦上爆撃機(ドイツ・ハインケル社のコピーといわれている)たった3機で沖縄に向けて出撃した。中島さんは後部の対空機銃を担当。操縦は浜園さんだ。
    3. 当然のことながら途中で米海軍コルセア戦闘機に遭遇(特攻機のほとんどは突入せずに撃墜されている)。
  1. 歴戦のパイロットとしてのコトバとしては納得できる。紫電改のタカ鷹。
  2. http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%AB%E9%9B%BB%E6%94%B9%E3%81%AE%E3%82%BF%E3%82%AB 。主人公の滝城太郎は新戦法をあみだし、やがて撃墜王となってゆくが終戦間近にして最後は特攻隊員として出撃してゆくという物語。

[barbaroi:6151]Re:生存者罪悪感

  1. 「生存者罪悪感」というのは、殺人者の罪悪感だろう。心中的殺人者の罪悪感。俺も死ぬのだから、お前も死ね、と自殺を強要したモノの罪悪感。
  2. 共に生きようとして、努力したにもかかわらず、相手が死んでしまった場合は、どうなんだろう? 救えなかったことへの、罪悪感?

2007-07-24(火)

ロシア外相:アメリカがコソボの独立を認めるのなら、ロシアはカリフォルニアを独立した国とみなす http://www.asyura2.com/07/war94/msg/401.html 投稿者 Sun Shine 日時 2007 年 7 月 24 日 19:09:17: edtzBi/ieTlqA

  1. 最近のロシアは面白いことをよく言うようになった。
  2. アメリカが恐怖の対象ではなくなった、ということか? 革命はおちょくりから始まる。

http://www.asyura2.com/07/war94/msg/395.html

    1. ▼イスラエルを見放すユダヤ人社会
    2.  意図的な策略の結果なのかどうかは別としても、シオニスト強硬派が、結果的にアメリカとイスラエルを窮地に追い込んでいることは間違いない。こうした状況下で、欧米のユダヤ人社会では、これまで政治力が強かったシオニスト強硬派を敬遠する動きが見られる。
    3.  最も象徴的だったのは、6月26日、ヨーロッパのユダヤ人社会の意志決定機関である欧州ユダヤ人会議(EJC)の新会長(president)に、プーチン大統領と仲が良いロシアの実業家であるモシェ・カンターが選出されたことだ。(カンターは肥料メーカー経営者。ロシア・ユダヤ人会議の会長)
    4.  先代のEJC会長だったピエール・ベスネノ(Pierre Besnainou、アルジェリア系フランス人)は、シオニスト強硬派で、EJC会長としてEU諸国の政府高官と会うたびに、イランを制裁すべきだと求め続けていた。ベスネノは「欧州のユダヤ人には未来がない」と明言し、欧州のユダヤ人にイスラエル移住を奨励するイスラエル至上主義者で「EJCは、イスラエルのために欧州諸国の政府に圧力をかける(AIPACのような)政治団体であるべきだ」と主張してきた。
    5.  これに対してカンターは、欧州のユダヤ人文化を重視する姿勢を打ち出し、選挙で再任を目指すベスネノと対決して勝った。ユダヤ人社会の中でも、イスラエル重視のシオニストは、イーデッシュ語文学など欧州のユダヤ人文化を軽視し、ユダヤ人は全員ヘブライ語を勉強してイスラエルに移住すべきだと主張しているのに対し、非シオニストは逆に、欧州のユダヤ人文化を重視する。カンターの姿勢からは、彼がシオニストではないことがうかがえる。
    6. ・・
    7.  プーチンは、天然ガスや石油の欧州供給によってEUを抑えており、EUの中でも特にイギリスは、ロシアと対立傾向を強めている。欧州のユダヤ人有力者たちは、イスラエルやEUより、エネルギー利権をおさえているロシアに未来があると考えているのかもしれない。カンターはイスラエルの新聞のインタビューで、プーチンはロシア人に支持された強い権力者(皇帝)であり、自分がEJC会長になってユダヤ人社会がプーチンとの関係を強化することは良い結果を生むだろうと述べている。
    8.  EJCの上部団体である世界ユダヤ人会議(WJC、本部ニューヨーク)では今年3月21日、エドガー・ブロフマン会長(シーグラム経営者)が、ホロコーストに対する補償金をドイツ企業などから徴集してWJCを大組織にしたイスラエル・シンガー議長(chairman)を突然解任した。これは、WJCにおける「シオニスト強硬派」の追い出しだったようで、シンガーの解任が発表された同日の国際電話会議では、EJCのベスナノ会長と、イスラエルのユダヤ人会議の会長から、強烈な反論が出され、ブロフマンは途中で電話線を切って会議を強制終了させている。
    9.  この強制終了された会議以来、ユダヤ人会議の上層部では、イスラエルから距離を置こうとする勢力と、最後までイスラエルを支持しようとするシオニスト強硬派との対決が続いた。3カ月後のEJC会長選挙でのベスナノの敗北は、ユダヤ人社会の上層部でシオニスト強硬派が負けたことを感じさせる。
    10.  昨夏のレバノンでのイスラエルとヒズボラの戦争以来、アメリカのユダヤ人有力者の間では「在米ユダヤ人がイスラエルを支持し続けることは、反ユダヤ感情を煽るので危険だ」という意見が出ていた。ユダヤ人実業家たちは、世界情勢の動きに敏感であり、先読みが上手い。WJCやEJCの人事は、イスラエルの今後だけでなく、世界情勢の今後の展開を先取りする動きとして重要である。
  1. 賢いなぁ・・。

http://www.asyura2.com/07/war94/msg/395.html

    1. ブッシュ政権は「ファタハをテコ入れする一方でハマスを無視し続ければ、いずれパレスチナの民意はファタハ支持に戻る」と主張しているが、そんな展開になる見込みはほとんどない。今の中東では、米イスラエルに支持された勢力は、一般市民から傀儡と見なされ、むしろ支持を失う。支持するなら目立たないようにすべきなのに、ブッシュ政権の戦略は、アッバスが米イスラエルの傀儡だと喧伝してしまっている。

http://www.asyura2.com/07/war94/msg/395.html

    1. 野党のくせに、なぜ米政界を支配するほどの力を維持できるのか、という疑問が湧く。
    2. その理由はおそらく、リクード右派のふるさと(実家)が、イスラエルではなくアメリカだからである。
  1. あー、そうかーー。そーかも。
  2. 軍事大国を操る在米ユダヤ人の妄想。《思いこみ》

http://www.asyura2.com/07/war94/msg/395.html

    1. AIPACやネオコンといったリクード右派系の勢力が強いため、国際政治を裏読みする人々の間では「アメリカの政治はイスラエルに支配されている」といった見方が強いが、今のイスラエル政界の主流派(オルメルト政権)は、リクード右派を外して政権を組んでいる。リクード右派は、反政府的な過激な野党になっている。アメリカの政治を支配しているのは「イスラエル」ではなく「イスラエルの野党」ということになる。

http://www.asyura2.com/07/war94/msg/392.html

    1. ロシアは基本的にはあらゆるケース、つまり、コソヴォ、セリビアの両者からの賛同を得なれなかったらどのようなケースでも拒否する。逆に、どのような解決であろうと、それが2つの対立している側が話し合いで協定を結ぶことができたなら、それを支持し正当なものであると見なす。
  1. (独善的)正義《視点》か、当事者の合意の《視点》か。

【米国大使がイラク人協力者へのビザを請求】「米軍撤退」めぐりイラク人協力者に不安広がる [イラク情勢ニュース] http://www.asyura2.com/07/war94/msg/387.html 投稿者 white 日時 2007 年 7 月 23 日 22:36:21: QYBiAyr6jr5Ac

    1.  クロッカー駐イラク米国大使は本国政府に、アメリカがイラクで雇っているスタッフ全員に移民ビザを特別に承認するよう要請した。もしアメリカにいつでも渡航できることが確認されなければ、イラク人スタッフは辞職するかイラクから出国するだろう、という懸念が強まっているからだ。
    2.  この問題とは別に、昨年前半から宗派主義の暴力が広がるなかで、アメリカ政府は近隣諸国に避難するイラク人の大量発生に手を焼いているところで、9月末までに7000人の米国渡航手続きを済ませると示唆してきたにもかかわらず、実際にアメリカ政府が昨年10月以後に受け入れたイラク人難民はわずか133人しかいない。
    3.  アメリカの本国政府では、イラクにおいてさえ敵と味方を見分けることができないのに、アメリカに移住を希望するイラク人が「テロリストではない」と断定するのが難しいとして、イラク人の米国入国ビザの発行に慎重になっているのが現実である。
  1. 裏切り者であることを自覚している、ということか?
  2. 対米協力者はイラク人の《視点》、レジスタンスの《視点》からいえば、『わるい』が、別の《視点》から見て『よい』と言えないわけでもない。というか、米軍の《視点》からみれば『よい』

2007-07-23(月)

http://www.asyura2.com/07/senkyo39/msg/208.html

    1. 狂気の小泉と痴呆の安倍

「安保の現場」イラクと北朝鮮<上> 米兵中心に1万人空輸、実態隠す政府(東京新聞)-やはり実態は「米軍の下請け」 http://www.asyura2.com/07/war94/msg/373.html 投稿者 JAXVN 日時 2007 年 7 月 23 日 07:54:19: fSuEJ1ZfVg3Og

    1.  「米兵を運んでいることは、国民に説明できないほどやましいことなのか」。派遣隊員の1人が悔しそうにつぶやいた。
    2.  小牧基地(愛知県)から派遣されているC130輸送機は、クウェートを拠点にバグダッドなどイラクに週4、5回運航。国連用は北部アルビルまで飛ぶ週1便で、その便にも経由地のバグダッドで米兵が乗降する。
    3.  貨物室が米兵で“満席”の60人に上る時も。「米兵のタクシー」(隊員)になっているのが実態だ。
    4.  イラク特措法に基づく基本計画は、「人道復興支援が中心」と明記。米軍の後方支援が主任務となっている現状は、基本計画を逸脱している可能性が高い。それでも政府は「関係国が望んでいない」「隊員に危険が及ぶ」と、兵員輸送の実数公表を拒み続けている。
    5.  4月下旬。安倍晋三首相は国会で、「多国籍軍はインフラ整備など復興支援の活動にも取り組んでいる」と答弁。「人道復興支援」を強調した。
    6. ・・
    7.  隊員の耳にも日々、確認情報が届く。「離陸前の待機中、機体のすぐ上を複数の迫撃砲弾が飛んだ」「飛行してきたばかりのルートを着陸直後、ミサイルが通過した」。いずれも数分の差で被弾していた可能性が高い。
    8.  中堅の隊員は「飛ぶ日には必ず自室に遺書を置いていく隊員もいる」と明かす。
    9.  「日の丸を背負っている以上、心の支えは国民の理解と支持しかない。だからこそ、ありのままを知ってほしい」
    10.  政府の説明回避が、隊員たちの「覚悟」に暗い影を落としている。
  1. 現場の自衛隊員の《視点》というのが問題だなあ・・・。
  2. 法律を抜きにして考えれば、それ自体が直ちに悪いわけではない。問題は、違法だということだ。

http://opentechpress.jp/news/article.pl?sid=07/07/20/1024200

    1. 検索サービス:MSのシェアが急増 “裏技”が貢献か
    2. 2007年07月20日
    3.  調査会社の米comScoreはこのほど、米国の検索サービス市場で、米Microsoftのシェアが上昇に転じたと発表した。5月は10.3%で、 10%割れ目前だったが、6月は13.2%に拡大。同社がウェブサイトで、検索しながら遊ぶゲームを公開したことが、シェアを押し上げたとみている。
    4.  「Live Search Club」と名付けられたサイトで、人気のゲームは「Chicktionary」。7文字のアルファベットが表示され、それを使って英単語をつくるだけだが、単語が完成するたびにポイントがたまり、景品と交換できる。画面の下の方でインターネットを検索可能になっており、遊べば遊ぶほど検索回数が増える仕組みだ。
    5.  検索を実行しないと遊べないゲームもある。comScoreによると、6月の検索回数は36%も急増したが、大部分はこの影響という。ハッカーなどがゲームを繰り返し実行するプログラムをつくり、ポイントを不正取得しているとの情報もある。
    6.  米Googleのシェアは49.5%(5月は50.7%)、米Yahooは25.1%(同26.4%)。Microsoftはシェアが一ケタ台に落ち込めば、格落ちの印象になるため、危機感を強めている。【南 優人/Infostand】
  1. 単語が完成するたびにポイントがたまり、景品と交換できる。・・ふむ。ゲームを繰り返し実行するプログラムをつくり、ポイントを取得してもらい、シェアの数字をあげるというのもM$の戦略なんだろう。

2007-07-22(日)

http://www.matusima.net/html/mirror/kenbun/betonamu/betonamu9.html

    1. 1945年8月 日本ポツダム宣言受諾(敗戦) ホーチミン「ベトナム民主共和国」独立を宣言(フランスこれを認めず)
    2. 1945年8月15日 日本降伏。戦争中日本に協力していた保大(バオダイ)政権崩壊。
    3. 1945年9月2日 ホーチミンの率いるベトミンが中心となりハノイで「ベトナム民主共和国」臨時政府を樹立(フランスこれを認めず)。ホーチミン大統領に就任。
    4. 1945年9月 イギリス軍サイゴンに上陸。英仏連合軍は武力で革命行政機関を占領。北部に中国国府軍進駐。
    5. 1946年1月 ベトミンを主体とする民主共和国が発足。フランスの北進に対抗ホーチミン主席となる。
    6. 1946年3月 仏、インドシナへの復帰を目指し、しばしば停戦協定をやぶる。
    7. 1946年6月 仏、コーチシナに新仏的臨時政権を樹立。
    8. 1946年11月 仏、ハイフォンを武力占領。
    9. 1946年12月 仏軍、ベトミンと全国的衝突に発展、ベトミン軍ハノイを捨てトンキン北部高地に撤退。
    10. 1947年2月 仏軍、ユエを占領 1947年7月 南ベトナムに保大(バオダイ)新政府樹立。
    11. 1949年 国府軍を追って南下の中共軍、ベトナム国境に到着、ベトミン軍これに呼応。
    12. 1950年10月 仏軍は、高平・諒山放棄
    13. 1950年11月 仏軍、老開を放棄。
    14. 1950年12月 ヴェトミン軍、ゲリラ戦から正面攻撃に転じハノイ北方地区で激戦
    15. 1951年5月 トンキンデルタで激戦
    16. 1952年2月 ベトミン軍ハノイ西方占領
    17. 1953年10月 ラオス王国独立(ベトミンの応援)
    18. 1953年11月 ホーチミン主席「和平交渉の用意がある」と声明
  1. バオダイというのは、日本軍に協力し、フランス軍に協力し、国民を裏切り続けた王さまなのだろう。55年にアメリカの傀儡のゴ・ジンジェムにクーデターで追放された。

http://www.matusima.net/html/mirror/kenbun/betonamu/betonamu9.html

    1. 1964年8月2日 ジョンソン大統領「トンキン湾でアメリカ駆逐艦が北ベトナム軍の攻撃を受けた」と発表(後に嘘が判明…)
    2. 1964年8月4日 報復爆撃開始(アメリカがベトナム戦争に全面的に介入)
    3. ベトナムの海軍基地をアメリカは爆撃した。 (1984年7月15日、アメリカのワールド・リポート誌が「トンキン湾での北ベトナムからの攻撃はなかった。事件は幻であった。」と報道特集を行った。
    4. 1984年8月2日ベトナム側も「当日は台風が接近していたため、すべての艦艇は、基地港に避難し、湾内にはいなかった。」と表明した。)
    5. 1965年 北爆開始
    6. 1968年1月 解放戦線がサイゴンをはじめとする南部の諸都市にゲリラ攻撃(テト攻勢)
    7. 1968年10月 アメリカ「北爆」停止を決定。翌年、米軍撤退始まる。
    8. 1969年1月 ベトナム駐留米軍の規模が最大の54万9500人に達した。30カ国以上の国が何らかの支援を行い要員を送った。
    9. 1969年7月 膨大な赤字財政のため軍事費削減を迫られニクソン大統領は「ニクソンドクトリン」を発表(米軍の南ベトナムからの撤退開始)
    10. 1969年9月  ホーチミン死去
    11. 1973年1月  パリ和平協定調印(即時停戦、米軍撤退などを内容とする)
    12. 1975年4月  サイゴン陥落(南ベトナム解放)
    13. *ベトナム戦争終結。
  1. 撤退決定から、撤退終了(サイゴン陥落)まで6年もかかっている。簡単には撤退できないのだな。

なぜ今、パレスチナの内部抗争なのか     コラム土井敏邦Web http://www.asyura2.com/07/war94/msg/358.html 投稿者 Kotetu 日時 2007 年 7 月 21 日 20:21:54: yWKbgBUfNLcrc

    1. 「私たちパレスチナ人は決して内部抗争へは向かいません」。5年前、私にそう語ったのはハマス最高指導者の1人だった。「内部の抗争は自分たちの利益にならないことを我われは知っています。協力と対話、お互いの認識と理解をさらに深めることで、パレスチナ人の利益のためにどんな状況でも内部抗争は避けます」。そう語ったハマス指導者はその1年後、イスラエルによって暗殺された。
    2. ・・
    3.  このパレスチナ内部抗争は、決してパレスチナ人だけの責任ではない。その遠因を作ったのは、 “民主的で公正な選挙によるハマス選択”という民主主義の実現に対して支援停止など経済制裁でパレスチナ人住民に“懲罰”を加えた欧米諸国や日本である。これによってパレスチナの経済は瀕死の状況に追い込まれ、住民の生活は困窮した。それが現在の政治的な混沌状態を生み出する背景となったからだ。
    4.  ハマスによるガザ地区制圧の直後、PAのアッバス議長は、非常事態内閣を発足させた。6月25日には、アッバス議長とイスラエル、エジプト、ヨルダンの3首脳が会談し、ハマスに対抗するアッバス議長の支持を確認しあった。イスラエルはハマス内閣発足以来、凍結していた数億ドルの関税・消費税のPAへの送金を再開し政治犯を一部釈放、欧米も経済制裁の解除を宣言した。ハマスの封じ込めと、ファタハの勢力挽回が狙いだ。しかしその「成果」はあまり期待できない。イスラエルも欧米諸国もこれまでの流れを見落としている。第1はヨルダン川西岸でもハマスの支持が根強いことだ。昨年の選挙でも西岸の都市部ではハマスはファタハの2倍以上の議席を獲得している。第2には、ハマス政権誕生後の経済制裁によっても、民衆のハマス支持の流れを変えることはできなかったことだ。ガザ内戦でのハマス勝因のひとつにこの根強い住民の支持があった。パレスチナ情勢を見る国際社会の視点で欠落しがちなのが、この“民衆の動向”だ。為政者たちの派手な動向に目を奪われすぎると、大きなパレスチナ情勢の流れを見誤ってしまう。
  1. アッバスはゴ・ジンジェムなのだ。http://www.asyura2.com/0505/senkyo12/msg/987.html。ゴー・ジンジェム、ゴー・ディンジェム(呉廷●=王ヘンに炎)。
    1. 54年のティン・ビエン・フーの戦いでフランス軍は死者・行方不明者17万2000人を出す大敗北を喫し、ベトナム維持を断念。7月20日のジュネーブ協定でとりあえず北緯17度線の軍事境界線でベトナムを南北に分け、北ベトナムはベトナム民主共和国が、南ベトナムはベトナム国が支配し、2年後に南北統一選挙をすることが決まった。
    2. しかし南ベトナムでは内紛が続き、55年にはバオダイ帝が追放されて、ゴー・ディンジェム(呉廷●=王ヘンに炎)が大統領のベトナム共和国が成立し、ホー・チミンに負けそうな統一選挙を拒否した。

2007-07-21(土)

【告発状】政府として必ずしも決定していない内容を政府広報として報じている http://www.asyura2.com/07/senkyo38/msg/887.html 投稿者 小沢内閣待望論 日時 2007 年 7 月 20 日 19:57:13: 4sIKljvd9SgGs

http://www.asyura2.com/07/senkyo38/msg/890.html

    1. JR山手線では少し前まで、東京の電力は、新潟と福島の原発でまかなっています。という広告が流されていた。
    2. この時は、放射能浴びる恐怖を若干もちながら見に行った。
    3. 近くには、かなりカネをかけたPR施設がある。もちろん無料で記念グッズまでもらえる。
    4. http://www.tepco.co.jp/nu/kk-np/public/s_hall-j.html
    5. 展示内容は「原発は安全です」を繰り返すモノ
    6. そもそも東京電力は、そんなに安全な原発を、なんで東京からはるばる離れた新潟に作っているのか?
    7. ちょっと考えただけで、「原発は危険」なものだってわかるようになっている。

http://www.asyura2.com/07/senkyo38/msg/890.html

    1. 人口5000人の刈羽村に電源立地促進対策交付金と周辺地域交付金から支払われた金は215億円!ちなみに村の年間予算はたった50億円である。
    2. こんなに原発で潤った村、景気もよく、さぞ人口も増えているのだろうと思ったら大間違い。人口減は新潟県で第一位という汚名を誇っている。
    3. ・・
    4. その頃の職場には、柏崎で居酒屋をやっていた男がいたが、彼曰く、
    5. 「原発周辺の魚は、ばかに大きいか、奇形のサカナばかりで、地元の者は食べないよ」

『あけてびっくり給与明細、納税通知書をご覧下さい』 住民税増 民主・鳩山幹事長、有権者は「怒りの一票」を2 http://www.asyura2.com/07/senkyo38/msg/955.html 投稿者 小沢内閣待望論 日時 2007 年 7 月 21 日 16:55:18: 4sIKljvd9SgGs

  1. 信頼する→騙される→怒る→信頼する→騙される→怒る→・・・・・

【投票時間繰り上げヶ所】鹿児島92%1193カ所、秋田89%983カ所、岩手87%高知86%島根70%          http://www.asyura2.com/07/senkyo38/msg/952.html 投稿者 小沢内閣待望論 日時 2007 年 7 月 21 日 15:56:16: 4sIKljvd9SgGs

    1.  総務省は20日、参院選(29日投開票)で全国5万1743カ所の投票所のうち、28・7%に当たる1万4840カ所で、午後8時の投票締め切り時刻を繰り上げると発表した。
    2.  2004年参院選で締め切りを繰り上げた投票所は1万1436カ所で、それより約3割増えることになる。
    3.  「平成の大合併」で自治体の面積が広がり、開票所への投票箱の運搬に時間がかかることから、開票開始時刻に間に合わせるよう終了時刻を早める自治体が多いためとみられる。
    4.  投票時間は1997年の公選法改正以降「午前7時から午後8時まで」が原則。ただ特別の事情があれば、市町村選挙管理委員会の裁量で締め切り時刻を最大4時間繰り上げることができる。
  1. なんだいなこれ。開票なんてのんびりやれば『よい』じゃないか。

日本政府:IAEA調査団受け入れ見送り(毎日新聞) http://www.asyura2.com/07/senkyo39/msg/101.html 投稿者 天木ファン 日時 2007 年 7 月 21 日 19:00:30: 2nLReFHhGZ7P6

ホワイトハウスは新しい『911』の準備に取りかかる(英文記事) http://www.asyura2.com/07/war94/msg/352.html 投稿者 white 日時 2007 年 7 月 21 日 16:18:55: QYBiAyr6jr5Ac

    1. □ホワイトハウスは新しい『911』の準備に取りかかる(英文記事)
    2. ・この『テロ攻撃』の後、アメリカは独裁政治体制に転換し、その1年以内にイランとの戦争に突入するとレーガン政権の元高官が警告。
  1. 何度でもやる、のか?

ロンドン警視庁はどこまで信頼できるのか? http://www.asyura2.com/07/war94/msg/345.html 投稿者 これは大変だ 日時 2007 年 7 月 21 日 15:11:09: Kq60bFHMy4Bd.

  1. どこでも権力は腐敗している。

http://www.asyura2.com/07/war94/msg/342.html

    1. アメリカ軍の占領に反発しているイラク人が多いが、バグダッドで破壊活動を繰り返してシーア派とスンニ派との対立を煽っているのはアメリカ人だとする噂があることも確かである。荒唐無稽な話だと思う人もいるだろうが、ベトナム戦争中にはアメリカの秘密部隊がサイゴン(現在のホーチミン)で「爆弾テロ」を繰り返していたことを忘れてはならない。住民皆殺し作戦とも呼ばれる「フェニックス・プログラム」の一環で、指令はCIAの内部から出ていた。(この件に関しては拙著『テロ帝国アメリカは21世紀に耐えられない』で詳しく触れている。)バグダッドで同じことが行われているとしても不思議ではない。
  1. ボス猿は、過去には何度も『わるい』ことをしてました。でも、いまは、『わるい』ことをしているはずはありません。どんなに証拠があっても、です。そう信じます。と、昔もいまも追従ザルたちはボス猿を信じて来た。

http://www.asyura2.com/07/war94/msg/312.html

    1. 櫻井よし子はNHKの討論番組で韓国人に"あなた方は(植民地時代)本当に日本が何もいいことはしなかったとおもってるんですかー?"と聞いている。
    2. 強姦された女に”ちったー感じたんでないのー?”というチンピラ刑事と同じ人種である。

英亡命のロ政商の暗殺謀議が発覚、「殺し屋」逮捕とも [CNN] http://www.asyura2.com/07/war94/msg/295.html 投稿者 white 日時 2007 年 7 月 19 日 16:35:39: QYBiAyr6jr5Ac

    1. ロンドン(CNN) プーチン政権への批判活動を続け、英国に亡命中のロシア人富豪、ボリス・ベレゾフスキー氏が英治安当局が入手した「暗殺謀議」情報を受け、約3週間前、英国を離れていたことが18日分かった。英紙サンが報じた。
    2. ・・
    3. ロシア当局は、ベレゾフスキー氏の身柄送還をこれまで英国に要求していたが、英国はこれを拒否している。ロシア政府は元情報将校の殺害事件で同氏の関与を主張したこともある。ベレゾフスキー氏は2000年、プーチン政権の誕生と共に英国に亡命、プーチン政権の武力打倒をほのめかしたこともある。
  1. この手の事件は、やぶの中だ・・。

2007-07-20(金)

http://www.asahi-net.or.jp/~vb7y-td/k5/150830.htm

    1. 天皇家は勝って、平和宣言をする。それが聖徳太子の17ケ条の憲法であろう。天皇家は平安時代に権力を藤原氏に譲り、権威だけを持つ存在になる。このため、2千年以上、権威を保つことが出来た。天皇家がある意味は、日本が収拾つかない混乱に陥った時に、その収拾を託される最後の砦としてである。この混乱は数千年に一度しかないかもしれないが、その混乱の例として、白村江戦いの敗戦、明治維新と太平洋戦争の敗戦であろう。
    2. その時のための準備(悪い言い方は保険)として、日本国民全体としても重要な存在である。

http://www.asahi-net.or.jp/~vb7y-td/k5/150830.htm

    1. グローバルに活躍している人が古神道を知りたがり、ローカルで日常的に神道的な行動をしている日本人たちが古神道を拒否するという矛盾した現実があるように感じる。
  1. 古神道といっても二つありまして、一つは平田篤胤がでっちあげた新興宗教としての古神道、もう一つは、民俗宗教から復元された古神道。

http://www.asahi-net.or.jp/~vb7y-td/k4/141207.htm

    1. 1101.文明の転換とその影響
    2. 思想変更のため、世界的に言い知れぬ不安な感じと泥沼に落ちていく感覚を味わっている。これも、石油がなくなり、人類に非常に快適であった資本主義がなくなるように感じるからであろう。そして、この感覚を日本病というのだそうだが、そのことは日本が資本主義の限界を最初に感じた国家である可能性が高いからでしょうね。

http://www.asahi-net.or.jp/~vb7y-td/kako/nihgki.htm

    1. 日本語圏世界会議の提案
    2. 国際化というと、日本人は英語を習うことと考えるが、逆に日本語と日本文化を世界に広めることであると規定を変えてみる。
  1. おもろい。
  2. そのまえに、日本人自身が、日本の価値に目覚めること。
  3. 地球人類は一つの国にならざるをえない。
  4. 地球人類は(他の星の生物に対して)鎖国状態にある。
  5. 日本は鎖国において300年の文明的な平和を維持した実績が在る。
  6. よって、日本には、将来の地球政府に貢献しうる価値ある歴史をもった国である。

2007-07-19(木)

http://www.asahi-net.or.jp/~vb7y-td/kako/mokuhyo.htm

    1. 4.今後の動向と日本の役割
    2. ・・
    3.  英米の強権外交は、織田・豊臣2政権と良く似ていて、恐ろしさを感じます。しかし、中国やロシアなど旧社会主義国が欧米・日本に追いつけないと感じると同時に欧米が自分の勢力範囲を東欧に広げ、中国やロシアの勢力圏から欧米中心の世界統一圏にほとんどの国を向けているようにみえます。 そして、勢力範囲内に楽市楽座や法の統一化を行っていくのです。
    4.  このような状況では、ロシアや中国は不満でしょう。このため、新たな紛争を誘発する可能性があるのです。北朝鮮や中台関係などです。これは、織田政権と同様だと思いませんか?
    5. 5.徳川の日本の役割と期待
    6.  このような時代では、日本はODAなどで、調整者として、目立たなく、しかし、日本の味方を増やすしかないのです。勿論、目標は世界の安定に貢献するため、各国の伝統文化を尊重した仕込みを構築することです。
    7.  徳川江戸時代の幕府構造を世界に構築するのです。これが日本の今後目指す大義なのではないでしょうか。
    8. 6.準備
    9.  政権交代には、多額の資金が必要です。この資金を枯渇させないことです。大混乱になったとき、世界を助ける必要があります。
    10.  この事態に備えることと、攻撃が防御の最大手です。このための自衛隊の充実です。外交には大きな期待はできないと思います。それより、国民意識の改革を行いことです。戦後の清算です。経済的目標ではなく世界に貢献する大義を持つ事が重要です。
  1. なんといっても、平和の300年。世界平和の300年を主導する能力がある。
  2. とはいっても、徳川幕府は軍事的統一のあとの政権だ。交通・通信技術の発展に伴う地球サイズの縮小によって、地球統一戦争は避けられない。日本は地球統一戦争に参加してはならない、つねに、勝ち組の後ろに居るようにせよ。勝ち組の後ろで平和を祈り、敗者を祀り続けるのが、日本のあるべき姿だろう。聖徳太子??。摂津国難波に日本最古の官寺として四天王寺(大阪市天王寺区)を建てた。(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%81%96%E5%BE%B3%E5%A4%AA%E5%AD%90

日本の使命とは何かを検討しよう。   Fより[国際戦略コラム] http://www.asyura2.com/07/revival2/msg/115.html 投稿者 あっくん 日時 2007 年 7 月 17 日 21:25:09: hhGgKkD30Q.3.

  1. 日本固有の原理は、それだけでは、世界における日本の使命には役に立たない。
  2. 日本個有の原理の中に、(他の人々が見落としていた)人類不変の原理を見いだせた場合に、世界に向かって主張できる原理となる。
  3. かんながらの道も、『大学』の『誠』と同じである。
  4. 平田はパープリンのデマゴーグにすぎない。
  5. パルマゲドンではなく、正反対の《永遠の今》である。
  6. 「人間の物欲中心の唐心を捨て、世界を作っている神の法則に沿った素直なこころに戻ることであると。そして、世界にその考えを広めることであると。」・・《仕合せ》の原理。
  7. 「自然な心の動きを社会が容認すれば、いい社会になると思うが、巨大な組織と利益を追求する現代の会社組織は、それを許さない。」《モノ作り》としての世直しはどうか?
  8. 「日本の根

底にあるアミニズムの神道が、生物全体の平和な環境を大事にするとして、本当の人間の戦争反対としての平和や動物の生存を保障する森を求めていると考えてくれる可能性がある。ここに本当の平和を志向する宗教があると考えてくれることになる。」・・OK。

  1. 「秩序安定のために導入した国家神道も古代の日本人が信仰した神とは違うし、これでは素直な心を持てない。序列があり、序列固定の儀式があるのは古代の神道ではない。」・・OK

石原伸晃議員が丸川珠代氏に「お粗末」とダメ出し 平沢勝栄議員も「バカらしくて選対本部長なんてやってられるか」と鬼の形相 http://www.asyura2.com/07/senkyo38/msg/736.html 投稿者 小沢内閣待望論 日時 2007 年 7 月 19 日 09:45:58: 4sIKljvd9SgGs

    1. 有楽町での街頭演説では、石原慎太郎都知事の長男・伸晃衆院議員が「郵政選挙、さらには私の新宿の頑固オヤジが立候補した都知事選挙。大切な選挙で投票権を行使していなかった。お粗末な話」と公衆の面前でダメ出し。

2007-07-18(水)

公明党は今度は民主党と厚かましく連立を組むのだろうね http://www.asyura2.com/07/idletalk24/msg/639.html 投稿者 改善党 日時 2007 年 7 月 18 日 14:16:40: 0bjBm/9.zrGcU

http://www.asyura2.com/07/senkyo38/msg/653.html

    1.  学力テスト問題に詳しい藤田英典・国際基督教大教授(教育社会学専攻)の話
    2.  起こるべくして起こった問題。45年前に実施されていた全国学力テストでも、誤答を指さして教えるなどの問題行為があった。基礎学力をつけることは大事だが、テスト学力を過度に重視し、学校間で序列をつけて競い合う傾向が強まる中で起こったことで政策のゆがみの表れといえる。
    3. ・・
    4. 「足立区は
      1. 学力テストの各校順位をホームページで発表し、
      2. 学校ごとに予算を傾斜配分している。」
    5. 学力の低い学校に重点的に配分するというのならまだしも理解できますが、むしろ逆だったようで、学力の高い学校に重点的に配分し、「学力が低い」と判断された学校は予算を削って、厳しい教育環境に追い込む政策のようです。ただでさえ、国際的に見ても教育予算の乏しい日本の現状では、こんなことをされたら、必死になって順位を上げようとするでしょう。乏しい予算を削減されて被害を受けるのは第一に子供だからです。(だからといって、不正をしてもいいということにはなりませんが)。
    6. 仮に学力テストを実施するのであれば、それは児童・生徒個人の今後の学習の指針とするためのものでなければならないと思います。子供の学力を向上させるためではなく、学校に格差をつけるためだけのテストだとすれば、実施するだけ予算の無駄使いでしょう(全国学力テストも、個人のためでないのなら、無駄だと思います)。こんな予算があったら、各学校に公平に分配したらいかがでしょうか。公平も平等も大嫌いなのが、最近の東京都の「トレンド」であり、その支配下にある各自治体のそれでもあるのでしょうけど。

http://www.bekkoame.ne.jp/~bandaru/deta02p1.htm

    1. ランチェスターの法則

http://www.asyura2.com/07/senkyo38/msg/640.html

    1. 逆風にさらされている自民党が都内のPR会社に依頼して、この問題に対する想定問答集を作成していたことが13日、分かった。夕刊フジでは問答集を入手。そこには、マスコミに出すメッセージの例文や野党からの攻撃に対する反論例が記載されている。想定問答集を作成したのは、東京・渋谷の大手PR会社プラップジャパン。
    2. 「PR会社として、自民党のイメージ戦略の参謀的な役割を担っている。自民党が大勝した2005年の総選挙でもPRを担当していた」(永田町有力筋)という。そんな同社が6月中旬にまとめた問答集は表紙も含めて6ページからなり、当時開会中だった国会への対策と1カ月半後の参院選対策の両面を兼ねているとみられる。中身は大きく3項目に分かれている。
      1. (1)報道を受けての最近の世論傾向と、それに対するメッセージ案
      2. (2)野党の攻撃パターンと与党の反論(案)
      3. (3)与党からの攻撃材料(案)
    3. これらの中でもっともスペースがさかれているのが、野党の攻撃パターンとそれに対する反論例を示した部分。この項目は、さらに3つのパート(原因・責任論、現状認識・誇張した「数字」、今後の対策・制度論)に分かれている。
    4. 「自民党が社会保険庁を守ってきた」「民主党が昨年から問題提起していたのに政府与党は放置していた」といった野党からの批判に対しては、≪社保庁解体(改革)案を提示し、非公務員化しない民主党との違いをアピールする≫と提案。
    5. 具体的には≪どちらが社保庁に甘いか、厳しいかは法案をみればわかるでしょう。われわれは社保庁を6つの小さな組織に解体して、職員をいったん全員解雇する。(中略)民主党は公務員の労働組合を説得してクビを切れるのですか?≫と反論するとしている。
    6. 民主党などの野党にとって労組は大切な票田。問答集は野党の弱みでもある労組の存在を突き、年金批判をかわすべしと説いているわけだ。政府・与党の社保庁改革は甘いといった批判についても、この反論例で対応するとしている。(以下略)

http://www.asyura2.com/07/senkyo38/msg/640.html

    1.  2004年10月23日、新潟県中越地震が発生した。震源は新潟県のほぼ中央に位置する小千谷市で、マグニチュードは6.8。67人の死者と4800人の負傷者を出した。
    2.  柏崎原発に被害はなかったが、新潟県選出の近藤正道参議院議員が11月18日に、「原子力発電所に関する質問主意書」を提出した。ポイントは2点だ。
      1. 耐震設計審査指針では直下地震の規模をマグニチュード6.5と想定している。これは過小評価につながらないか
      2. 耐震設計審査指針の定める地震の速度・加速度の算定式を改めなくてよいのか
    3.  当時の小泉純一郎総理大臣は同年11月26日、扇千景参議院議長に次のような答弁書(内閣参質161第7号)を提出した。
      1.  「敷地の直下または近傍に、マグニチュード6.5を超え、敷地に大きな影響を及ぼす可能性がある地震の震源となり得るような活断層がないことを確認している。マグニチュード6.5という直下地震の規模を見直すことが必要となるとは考えていない」
      2.  「耐震設計審査指針では、地震の速度・加速度の算定式を定めているわけではないので、お尋ねの点にお答えすることは困難である」
    4.  いわば門前払いである。この答弁書を小泉総理が自分で書いたとはもちろん思わない。それにしても、木で鼻をくくったような答弁は、国の原子力行政と電力会社の原子力発電事業への不信感を抱かせてしまう内容ではないか。
    5. 10キロの「近傍」で812ガルを記録
    6.  その答弁書から2年8カ月後の2007年7月16日、新潟県中越沖地震が発生した。地震の震源は、気象庁の発表によると、新潟市の南西約60キロ、深さ17キロだった。マグニチュードは6.8だ。
    7.  今回の地震の震源は、本当は柏崎刈羽原子力発電所の北方10キロ程度と言った方が分かりやすい。

2ちゃん書き込み、小泉の芝居に騙された人が、安倍の下手な芝居を見て、小泉の芝居にも気付いてしまったとの事。 http://www.asyura2.com/07/senkyo38/msg/675.html 投稿者 小沢内閣待望論 日時 2007 年 7 月 18 日 12:13:15: 4sIKljvd9SgGs

ロシア、CFE条約履行停止の背景〜対外債務を完済し、MD突破の多弾頭ミサイルを持ち、欧米オイルメジャーを追い出し石油・ガ http://www.asyura2.com/07/war94/msg/284.html 投稿者 大西健二 日時 2007 年 7 月 18 日 09:02:53: Zg4goyIkX.Zhg

2007-07-17(火)

そおかぁ。定率減税廃止で10%増えるはずだったのに、ちょっとしか増えなかったでしょ、というのを減税と称しているんだ。その「減税」に見合う以上の地方税が増えていても、だいたい、ひとによっては、とんとんのヒトも居るんだから、差し引きゼロ、つまり、10%増税を差し引きゼロと称しているんだ。ヒトによってはもっと増えるけれど、ヒトによっては10%増税ですむから、差し引きゼロなのだ。・・増税升。高野桝。

  1. http://homepage3.nifty.com/chofu/znengu.htm
    1. 一升は六四・八二七立方寸である。この桝を京桝という。藩に年貢米を納めるにはこの桝を用いないで、特別な一斗桝を使う。この特製の一斗桝の容量は京桝の一升桝の十倍即ち京桝の一斗より少し大きく、一斗七合の大きさである。この桝を収納桝とか納め桝とか言う。

イランの原油代金の円建て決済要請などで円上昇121.95円、原油反発74ドル/ニューヨーク外国為替市場概況 http://www.asyura2.com/07/hasan51/msg/293.html 投稿者 愚民党 日時 2007 年 7 月 14 日 10:18:21: ogcGl0q1DMbpk

  1. こりゃーおもしれー。

スーパーリッチ約150万人 証券、銀行、不動産の争奪戦始まる [J-CASTニュース] http://www.asyura2.com/07/hasan51/msg/294.html 投稿者 white 日時 2007 年 7 月 15 日 23:33:08: QYBiAyr6jr5Ac

    1. 米証券大手メリルリンチなどは2007年6月末、世界の富裕層に関する06年の調査結果を発表した。国内では、100万ドル(約1億2,000万円)以上の金融資産(不動産を除く)を持つ「富裕層」は、05年に比べ5.1%(7万人弱)増え、147万7,000人になった。対前年比をみると、03年は 5.8%増、04年2.4%増、05年4.7%増と年々増加を続けている。日本の人口は1億2,800万人。1%以上が「100万ドルの男女」という訳だ。

段ボールだって食べてみなければ分からないなじゃないか。そうやって、ツバメの巣やクラゲも食べるようになったのだろう。

国家債務ついに1000兆円を突破!郵政民営化で買い手を失った財務省は、中東・ロシア・北欧から金を借りようと泣きながら営業 http://www.asyura2.com/07/senkyo38/msg/587.html 投稿者 大西健二 日時 2007 年 7 月 17 日 07:55:41: Zg4goyIkX.Zhg

    1. 国家の最重要課題ってなんでしょう?
    2. これはいつの時代も変わりません。
    3. 国家が滅びる・あるいはある体制が滅びるパターンは、何千年もかわっていないのです。
    4. 1、他国から攻められて滅びる
    5. 2、経済がボロボロになった滅びる
    6. 1はわかりやすいですね。
    7. 2の「経済がボロボロになって滅びる」。
    8. もう少し具体的にいうと、「財政がボロボロになって滅びる」ことが多い。
    9. これは、ローマの時代から変わっていません。
    10. 「たとえば、なぜローマ帝国は崩壊したのか考えてみるといい。
    11. 贅沢な宴会用の料理、瀟洒な別荘、精巧な寺院建築、仕事をしない宮廷職員の給与、軍隊・近衛兵の忠誠を得るための賄賂など、濫費の結果、三人の歴代皇帝−カリギュラ、クラウディウス、暴君ネロ−が、国庫を空にしてしまったからである。」
    12. (1995年合衆国破産 http://tinyurl.com/7ufqg )←★名著です。ご一読ください。)
    13. 今とまったく同じ。
    14. というわけで、国は他国から侵略されるか、財政破綻で自滅する。
    15. それで、国防と経済(特に財政)が最優先課題である。
    16. つまり、命(国防)と金(経済)が大切。
    17. あるいは、「富国強兵が大事」ともいいます。
    18. ・・
    19. 「国と地方の借金の合計、初めて1000兆円超…06年度末
    20. 6月25日22時13分配信 読売新聞
    21. 財務省が25日発表した2006年度末の国債や借入金などを合わせた国の借金(債務)の残高は前年度より0・8%増えて834兆3786億円と過去最高に達した。
    22. 地方の債務残高と合わせると約1001兆円となり、初めて1000兆円を超えた。」
    23. 1000兆円というのは、GDPの2倍。
    24. 先進国中最悪。
    25. ・・
    26. しかし、日本は破産しませんね。
    27. 理由は、皆さんも聞いたことがあるでしょう。
    28. そう、「90%以上が国内債務だから」。
    29. わかったようなわからないような。
    30. わかるように説明します。
    31. アメリカは世界一の対外債務国。
    32. 日本は昨年末時点で、6229億ドル(約75兆円)をアメリカに貸している。
    33. 中国は、3969億ドル(約48兆円)を貸している。
    34. ところで、日本政府は誰から借りているのか?
    35. これは、日本国民から借りているのです。
    36. 上記のように、「国民一人当たりの借金残高は・・・」といいますが、正確ではありません。
    37. 皆さんは国に金を貸している債権者なのです。
    38.      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    39. 万歳!(^▽^)(^▽^)(^▽^)
    40. ・・
    41. つまりこういうことです。
    42. 貸し側(国民)         借り側(国)
    43. 1500兆円            1000兆円
    44. つまり国は理論上、後500兆円借金できる。
    45. ・・
    46. 皆さん「郵政民営化はアメリカの陰謀だ!」という話を聞いたことがあるでしょう?
    47. まあ私にいわせれば、「アメリカは自国の利益を追求しているだけ」なのですが。
    48. (皆さん「10億円で銀行(長銀)を売れ!」といったアメリカに罪があると思いますか?それとも「ハイ!10億円で売りましょう!」と快諾した日本側に罪があると思いますか?)
    49. しかも、郵政民営化は小泉さんの公約ですよね。
    50. 郵政民営化はなぜアメリカの陰謀といわれたのか?
    51. 郵便局は日本国債を買っているでしょう?
    52. それが民営化される。
    53. 民営化されると、儲からない日本国債なんてバカバカしくて買う気にならない。
    54. 年利5%の米国債とか買ったほうがいいにきまっています。
    55. それで、お金がどんどんアメリカに流れるであろうと。
    56. ・・
    57. ・・で、こうなった・・
    58. ・・
    59. 「<国債>財務省が海外売り込みに躍起 中東でも初の説明会
    60. 4月18日19時4分配信 毎日新聞
    61. 財務省が国債の海外への売り込みに躍起になっている。
    62. 16〜19日に、中東地域で初の国債説明会をドーハやクウェートなどで開き、原油高で潤うオイルマネーの呼び込みを狙う。
    63. 5、6月には、新たに北欧やロシアでの説明会も計画している。」
    64. ・・
    65. で、なんで外国から金借りなければいけないのか?
    66. 「国債の最大の受け皿だった
    67. 郵便貯金、簡易保険も民営化を機に購入を減らす可能性がある。
    68. ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    69. 同省は海外需要を掘り起こし、国債の安定消化を図る考えだ。」
    70. (同上)
    71. 日本政府は新世紀になって、どんな改革をしましたか?
    72. 大きな改革って、郵政民営化だけでしょ?
    73. そのおかげで世界最大の債権国日本は、ロシアから金を借りる。。。
    74. ・・
    75. 安倍さんは、「消費税を上げるかもしれないし、上げないかもしれない」といっています。
    76. まあ、腹の中では「選挙が終わったら上げる方向に持っていきたい」と考えているでしょう。
    77. 冷静に考えてください。
    78. 皆さんは政府に1000兆円もの金を貸しているのです。
    79. それを返すことができないので、「増税する」???
    80. 簡単にいうことこうなります。
    81. 「すいません。あなたから借りた金(国債)を返す金が足りないので、もっと金(税金)ください」(^▽^)
    82. すごいですね。
    83. ここまでされて黙っている日本国民は、聖人の域に達しています。
  1. 信なくば立たずの文脈を全部読め。
  2. 日本国民は聖人である。

2007-07-16(月)

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=498175945&owner_id=545566

    1. ■気に入らないニュースは全部捏造だ(^^)!
    2. ニュースや世論調査を見分ける方法はただ一つ。
    3. 気に入った内容のニュースは本物!
    4. 気に入らない内容の世論調査は捏造!
    5. 人間というのは、まず「好き嫌い」があってから、それから「真偽」「善悪」「美醜」を決めるわけですから。右も左も同じこと。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=497315064&owner_id=545566

    1. 世界に向けて、(まずは少なくとも)英語で、(まずは)アメリカ・ヨーロッパのマスコミに、「東京裁判拒否宣言」を書かねば、東京裁判を拒否したことにはならない。
    2. ・・
    3. 東京裁判を認めるのなら、イラク戦争に反対は出来ない。
  1. うーむ。難しい話だ。

2007-07-15(日)

http://www.asyura2.com/07/senkyo38/msg/519.html

    1. 「我々が提案している1兆円の緊急福祉予算。これに 『そんなこと言ったって志位さん、財源はどうするの?』という人がいる。アメリカに言われて、グアムに基地を作るのに3兆円。財界に言われて、大企業を優遇する減税で5兆円使っているのに、1兆円なんて、国家予算50兆円の50分の1ですよ」

米軍が法学者協会の新聞局を爆破 [イラク情勢ニュース] http://www.asyura2.com/07/war94/msg/231.html 投稿者 white 日時 2007 年 7 月 15 日 11:22:05: QYBiAyr6jr5Ac

潘国連事務総長、「人道的見地からガザ地区の封鎖解除」を要請 = AFP http://www.asyura2.com/07/war94/msg/219.html 投稿者 ダイナモ 日時 2007 年 7 月 14 日 21:20:12:

2007-07-14(土)

http://tanakanews.com/070703korea.htm

    1. クリントン政権で国務次官補や国連大使をつとめた民主党系のリチャード・ホルブルックは、6月末に発表した論文で「アメリカと中国は、外交面での静かな協調関係を達成している」と分析し、その3つの具体例として、北朝鮮6者協議、ミャンマーをめぐる協議、そして北アフリカ・スーダン南部のダルフル問題をめぐる中国の積極姿勢を挙げ、「アメリカと中国は、急速に、世界で最も重要な2国間関係になりつつある」とぶち上げている。
  1. 覇権国家連合。そういえば、国際連盟も国際連合も、覇権国家連合だ。

http://tanakanews.com/070703korea.htm

    1.  中国の急拡大は、隣国である日本の人々に大きな不安を抱かせており、その結果、日本では最近、マスコミの扇動もあって、各種の理由をつけて中国を毛嫌いする人が多い。つい数年前まで、日本にとって中国は見下せる存在だったことを考えれば、日本人が急台頭する中国を見てヒステリックになるのは仕方がないのだが、アメリカが中国の台頭を後押ししていることについては、ほとんどの人が気づいていない。
    2.  中国は1980年代以来の20年間で、社会主義から資本主義に転換した。中国政府は、資本主義国家経済の運営経験が少ないにもかかわらず、金融政策などについて大きな失策もなく、高度経済成長を続けている。これを「奇跡」と言う人もいるが、後ろでゴールドマンサックスやロックフェラーといったアメリカの経済専門家(資本家)集団がアドバイスしていると考えれば、納得がいく。

http://tanakanews.com/070703korea.htm

    1. アメリカは「濡れ衣の言いがかりをつけて攻撃する」というやり方を、イラク(大量破壊兵器問題)やイラン(核開発問題)に対しても行っている。911でサウジアラビアを犯人扱いしたのも濡れ衣だった。アメリカの濡れ衣攻撃作戦は、911以前からのことで、リビア政府の諜報機関が犯人とされた1988年のパンナム機爆破墜落事件も、実はリビアは無実で、アメリカが仕組んでリビアを犯人扱いしたことが分かってきている。(アメリカはリビアに対する敵視をやめたので、今では代わりの犯人としてイランの名前が挙がっている。構図的に、スーパーノート問題と似ている)
  1. 単なるガンつけヤクザなんだよ。ガンつけヤクザでも超大国なら、みんなヘーコラするわけだ。
  2. 「いちゃもん」の行動様式
  3. http://www.geocities.jp/kuro_kurogo/ko-jien01/page11.html
    1. いちゃもん 謂(いわ)れのない言い掛かりを指す俗語。

http://tanakanews.com/070703korea.htm

    1. 不可思議なのは、アメリカ政府内で、財務省がデルタ銀行問題で北朝鮮を怒らせ、6者協議を頓挫させ続けたのとまさに同時期に、国務省ではヒル次官補が、何とかして6者協議を再び進展させようと動き回り、今年1月にはベルリンで米朝の直接交渉までやって、6者協議を復活させたことである。米政府内ではこの1年半、6者協議に対し、財務省が潰す作戦を展開した一方、国務省が何とか復活させる作戦を展開していた。
    2. ・・
    3.  この経緯を見ると、米国務省は、6者協議を進展させるため、北朝鮮の資金を受け入れてくれる銀行を必死で探していたことがうかがえる。しかし同時に、もし米財務省が「デルタ銀行からの北の資金の送金を受け入れても、今回は制裁の対象にしない」という念書を、受け入れ銀行に発行すると約束していたら、送金問題は3カ月もかからず、すぐに解決したはずだ。
    4. ・・
    5.  ブッシュ政権がデルタ銀行問題を起こした理由はどうあれ、今の現実を見ると、中国は北朝鮮に対する手綱を完全に握り、韓国やロシアとの協調関係も確立され、北朝鮮核問題は中国中心で解決されていく道筋ができあがっている。
  1. 飴と鞭の戦術ではないのかな。単に、タマが不足しているから、ガンつけでいちゃもんをつけて、それをタマにした。

http://tanakanews.com/070710korea.htm

    1.  対米従属しかない日本は、しだいに立場が悪くなっているが、米の次期大統領が民主党になれば、救われる可能性もある。特に6者協議が成功に至る前にブッシュ政権の任期が終われば、日本には有利だ。今年5月、民主党系のシンクタンクSCISの研究者は「日米同盟の中に中国も取り込んで、米日中3極の協調関係を強化すべきだ」とする提案を発表している。
    2.  前回の記事で紹介したリチャード・ホルブルック(ヒラリー・クリントン候補の顧問)が米中の外交協調を主張しているのと合わせ、民主党は中国を取り込んだ上で、欧米中心の世界体制の復活を考えている。アメリカが中国を取り込む際、日本を無視しないで「日米中3極」にする戦略があり得る。
    3.  ただし、この場合でも、日本が対米従属のみにこだわり、中国との積極的な関係改善に抵抗すると、ビル・クリントン大統領が1998年に訪中した際に日本に立ち寄らなかった時の「ジャパン・パッシング」が再現されることになる。アメリカにとっては今や、日本より中国の方が重要である。
  1. アメリカは日本に対してバランサー戦略を要求してくる、ということだろう。しかし、日本の政治家にバランサー戦略は理解不能であろう。自律的な状況判断が迫られることになる。二つの幕府に同時に就くことはできない。「忠臣は二君に仕えず」だ。
  2. http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1012028225
    1. 日本の中世・戦国時代の武士は「二君に仕えず」どころか、主君を殺す、追放するということまであったわけですが、太平の世になって武士が弛緩した時に「武士道」ができたというのは事実ですね。

http://tanakanews.com/070710korea.htm

    1.  アメリカは、拉致問題を口実にした日本政府の6者協議阻止戦略を知っている。今年4月に訪米した安倍首相に対し、ブッシュ政権は「日朝間の拉致問題の解決は、アメリカが北朝鮮をテロ支援国家の指定から解除する場合の必須条件ではない。拉致問題が解決されていなくても、アメリカは北朝鮮をテロ支援国家の指定から外すことがあり得る」と伝えている。
    2.  北朝鮮側が「日本だって朝鮮人を拉致した」と反論できるようにした、米議会による「従軍慰安婦問題」の決議に象徴されるように、今後、アメリカが「日本はずし」的な、日本の足をすくう行為を強める可能性がある。
  1. 裏目に出る、というか、思いっきり道理を無視したアホな政策。
  2. 日本の国内政治においては、道理を無視した無理でも通ってしまうということが、日本の政治家の判断力を狂わせている。

http://tanakanews.com/070710korea.htm

    1.  日本が「拉致問題が解決しない限り、北朝鮮は信用できないし、支援したくない」という姿勢をとり続けていると、6者協議は日本抜きに進展し、6者協議の成功後に作られる東アジアの集団安保体制の枠組みにも、日本は入らない状態になる。日本は孤立するが、アメリカとしては、親米の日本を見捨てるわけにもいかず、米韓同盟を切り捨て、台湾を見捨てても、日米同盟だけは維持し続けてくれるかもしれない。そのような展開を、日本政府は望んでいると思われる。
    2. ・・
    3. 日朝政府関係者が、どこかで拉致問題の解決に向けてひそかに話し合っているのなら、こんな非難合戦にはならない。安倍政権下での拉致問題の解決はなさそうだ。
  1. 「拉致問題の解決」を主張するのは、拉致問題を解決したいからではなく、解決させたくないから、問題を大きくしたいから、だということ。『心地よいウソ』の一種? 希望的観測?
  2. 戦争の口実としての平和。権力強化の口実としての人権。悪の口実としての善。逆を意図したコトバ。目くらましのための逆発言。

http://tanakanews.com/070710korea.htm

    1. 昨今の事態の展開からうかがえる重要なことは、ブッシュ政権が、6者協議の進展を非常に急いでいるということである。ヒルが、来年までに北朝鮮関係のすべての交渉を完了することを目標にしているということは、ブッシュ政権は自分たちの任期中に、朝鮮半島の問題を解決してしまいたいと思っているということである。6者協議の最大の推進力は、ブッシュ政権が朝鮮の問題を解決したいと思っていることである。アメリカが問題を解決したいと思っている限り、デルタ銀行問題のように米政権内の何らかの事情で進展が一時的に遅れることはあっても、いずれ交渉は進んでいく。
  1. 分からぬのは、アメリカがなんで北朝鮮問題の解決を急いでいるのか、だ。単に選挙での人気目当てではないだろう。アメリカの民衆にとって北朝鮮など、どこにあるかさえ知らないだろう。
  2. 考えられるのは、兵力の中東への集中かな?

http://www.asyura2.com/07/war94/msg/217.html

    1.  6月中旬のハマスによるガザ占拠も、過激なイスラム主義勢力を扇動する政策の結果である。
    2. アメリカのチェイニー副大統領の側近であるエリオット・アブラムスは、中東の親米穏健派と反米過激派を内戦させる作戦を中東各地で展開しており、その作戦がガザで失敗した結果、ガザはハマスに奪われた。アブラムスは、ダハランが率いるガザのファタハの軍勢を訓練し、武器を供給してハマスと戦わせることを画策していた。ダハランがガザ陥落前にエジプトに行って監督していた軍事訓練は、チェイニーとアブラムスが企画したものだった。(資金はサウジアラビアのバンダル王子が出していた)
    3.  西岸では、イスラエル軍がハマスの議員を次々に逮捕していたが、ガザではこの逮捕作戦をダハラン傘下のファタハの軍勢が挙行することになっていた。この作戦が事前にハマス側に漏れ、ハマスが先制的にファタハに攻撃をかけた結果、ファタハが破れ、ハマスはガザを占拠することになった。
  1. 《ヒトの群れ》の反作用の原理。

http://www.asyura2.com/07/war94/msg/217.html

    1.  パレスチナ国家を作り、そこに米英イスラエルの傀儡になる指導者を置くというオスロ合意体制の戦略は、米英イスラエルにとって都合の良いものだったはずだ。しかし今や、その体制は失われようとしており、その結果イスラエルは国家的な危機に陥っている。先日エルサレムで開かれたユダヤ人の国際会議では、過激なイスラム主義勢力の勃興によって、イスラエル(ユダヤ人)は、1930年代のナチスの台頭以来の危機に瀕しているという指摘がなされている。
    2.  なぜ、オスロ合意体制は失われたのか。オスロ合意体制を潰したのは、イスラエルとアメリカの右派(過激派シオニスト)である。イスラエルでは「入植者」「リクード右派」であり、アメリカでは「ネオコン」である。ブッシュ政権では、ネオコンを傘下に置いていたチェイニー副大統領である。右派は、イスラエルを強化すると言いながら、実は窮地に追い込んでいる。
  1. オスロ合意が用済みになるほど、力関係が有利に変化した、から、ではないのか? 穏健で比較的に有利な状況を廃棄して、暴力によって制圧できる状況に至ったから、ではないのか? 兵糧攻めで皆殺しを行う状況ができたから、ではないのか?

http://www.asyura2.com/07/war94/msg/217.html

    1.  パレスチナの情勢は全体として、しだいにハマスに有利、ファタハに不利になっている。このままだと、いずれハマスが西岸の権力も握るようになると予測される。その時点でオスロ合意体制は完全に終わり、パレスチナ人は、米英イスラエルの傀儡から、イランに支援されたイスラム主義勢力の側に転じることになる。
    2.  似たような状況は、イスラエルの北にあるレバノンでも起きている。レバノンでは、親米(反シリア)のシニオラ政権より、反米反イスラエル(親シリア)のイスラム主義組織ヒズボラの方が民意を得るようになっている。シニオラ政権は民意を失った分、欧米からの支持に頼るようになり、さらに民意を失っている。
  1. ふーむ。
  2. マスコミは何故に、誤った観測記事を載せるのか?
  3. 見方が勝っているように過大に見せかけることの意味は?
  4. 『心地よいウソ』を見せようとすることか。

http://www.asyura2.com/07/war94/msg/217.html

    1.  これまでファタハとハマスを仲裁していたアラブの盟主サウジアラビアは、すでにアッバスのファタハに対して事実上の縁切りをしている。サウジは従来、ファタハとハマスの連立政権を強化し、パレスチナ国家建設を立て直した上で、イスラエルとの和平を実現しようとしてきた。しかし、ガザを奪われた後、アッバスは仲裁者のサウジに約束していたハマスとの連立維持を拒否し、ハマスを排除して新政権を組んだ。サウジ側はこれを不快に思ったようで、6月末にヨルダンで、アッバスとサウジのアブドラ国王の会談がセットされたが、アブドラはアッバスを待ち惚けにさせたまま、会談の場に現れなかった。
  1. 傀儡が約束をまもると思うほうがアホだ。

http://www.asyura2.com/07/war94/msg/217.html

    1.  パレスチナの憲法では、新しい内閣は発足後30日以内に議会の承認を得る必要がある。06年の選挙以来、パレスチナ議会の多数派はハマスなので、ファタハだけで結成された新政権は、議会を通らない。定員132人のパレスチナ議会のうち、74議席はハマスが占めている。しかし現実には、ハマス議員のうち41人は、イスラエル軍によって拘束された状態で、議会に出られた。ハマス議員で出席可能なのは33人となり、42議席を持つファタハに負けている。イスラエル軍は「パレスチナの治安維持」を口実にハマス議員を拘束しているが、実はそれはファタハ支援になっている。
    2.  この状況は不公正なので、ハマスは、アッバス大統領が7月11日に召集した議会に出席しないと表明し、議会は最少定数を満たせず開催不能になった。議会が開けないので、議会が新政権を不信任にする決議を出すこともなく、その意味での新政権崩壊の可能性はなくなったが、その半面、新政権は民主的な正統性を欠くものになった。
  1. ふーむ、そういう方法であったか・・。

http://www.asyura2.com/07/senkyo38/msg/442.html

    1. だから中国にとっては日米を分断してから日本を攻略する必要がある。だから中国はアメリカに大勢の工作員を送り込んで、従軍慰安婦や南京大虐殺のプロパガンダをかけて日米分断工作を続けている。日本国内においては朝日新聞や民主党などと手を組んで安倍降ろしの攻勢をかけている。
    2. 参院選で安倍内閣が大敗すれば安倍総理を辞任に追い込めると計算しているからだろう。その為に小沢民主党は中国の意向を反映した公約を掲げている。外国人に参政権を与えるとか、沖縄に一国二制度の制度で中国に沖縄を献上するような公約を掲げている。
    3. しかし自民党にしてもアメリカから「年次改革要望書」を突きつけられて郵貯簡保の340兆円が外資系ファンドに流れようとしている。全く日本は独立国の体をなしておらず、外国勢力の走狗となることが国会議員になることの早道なのだ。これを改めるには日本が一極となってアメリカとも中国とも一線を画す覚悟が必要だ。
  1. 中国からの国家戦略からの《視点》から見るとどうなるか?
  2. 中国は東アジアでの覇権国家を目ざしている。明のような貿易朝貢国家としての覇権ではないのか? 植民地的な覇権ではない。軍事的な覇権ではない。
  3. 日本は、軍事的な覇権国家、江戸幕府のような覇権国家に追従することを欲している。
  4. 中国が商業的覇権国家を目ざすとすると、日本のほうがまだ今のところ上である。追い越される恐怖感が日本にはある。日本は商業的追従国家として繁栄を享受して来た。覇権国家が軍事的であれば商業的追従国家にはニッチなテリトリーがこのっていた。覇権国家が日本と同様の商業的覇権国家になれば、同じテリトリーを争うことになる。
  5. 中国が軍事的は権国家を目ざすなら、日本は追従先を替えるだけの話だ。幕府が室町(室町殿、通称・花の御所、現在の京都市上京区)から江戸に代わるだけのはなしだ。

http://www.asyura2.com/07/senkyo38/msg/442.html

    1. マサチューセッツをはじめ多くの植民地は、何を隠そう正真正銘の株式会社として建国されたのである。まさに「儲からなければ、アメリカではない」というのも、原初よりあの国の本質だったのである。
    2. ・・
    3. だからこそアメリカ人にとって「金儲け」は「命よりも大切な営み」ということになる。当然、国家はすべてのアメリカ人が豊かになれるよう、あらゆる手を打たなければならない。「レッセフェール」といいつつ、ほかのどの国とも違ってアメりカの政府が経済政策にただならぬ重きを置くのは、「税収の確保」などというだけでは到底説明できない。お金が儲からなけれぱ、国家の存在理由がなくなるからである、アメリカでは、国家と経済とは、その根本において切っても切れない密接な関係にあるのだ。文字ど為り株式会社として発足した国家としてのアメリカは、「配当」としての国民の成功を保証しなければならないのである。

http://www.asyura2.com/07/senkyo38/msg/442.html

    1. 「グローバル化」を推し進めることによって、アメリカは長期的に超大国としての生命力を強めるのか、弱めるのかということについては、じつはよく考えられていないところがあった。歴史的に見ると、アメリカのように世界帝国としての覇権を握っている国がグローバル化することは、ごく長期的にはマイナスの結果をもたらすことがあるのである。これを暗示するのが、まさに古代ローマ帝国である。
    2. 一般に帝国は統治の範囲が広くなり、多くの異民族を率いるようになると、経済をはじめとするさまざまな人間活動を、どの地域にも一つの基準で通用させるべく、自己の固有性を薄めたルールをつくり、自らの国内社会のあり方を率先して開放し、普遍化させる方向に向かおうとする。
    3. 古代ローマ帝国も同じで、社会・経済の国境を取り払った「普遍帝国」をめざし、黒人であろうと、アラブ人であろうと、またゲルマン人やスラブ人などであろうと、すべての異民族に市民権を与え、「ローマ市民」として扱うことが重要だと考えた。それは宗教においてもそうだった。ローマは多神教の伝統をもつ社会であったが、この多神教というローマの「国体」とは根本的に相容れないキリスト教などの一神教も流入してこざるをえなくなった。
    4. その結果どうなったか。やがてローマ帝国は「ローマ」というアイデンティテイを失い、跡形もなく消滅してしまったのである。過去に輿隆し、衰退した大国はいくつもある。だがローマのように滅亡して「跡形もなくなった」ケースは、ほとんどない。大英帝国をはじめ、かつてのスペイン帝国も、世界の海に覇を唱えたオランダも、小さくなりはしても国として残っている。ところがローマ帝国は、完全に地上から姿を消した。
  1. だから、グローバリズムはアメリカの利益のための戦略ではなく、アメリカを支配している国際金融資本の戦略である、という結論になっている。

数字が物語る小泉・竹中改革の出鱈目 http://www.asyura2.com/07/senkyo38/msg/444.html 投稿者 小沢内閣待望論 日時 2007 年 7 月 14 日 14:05:41: 4sIKljvd9SgGs

    1. http://www.pluto.dti.ne.jp/~mor97512/C03180.HTML
 項 目        最近の統計(2005年)小泉政権前(2000年)変化率
生活保護受給世帯数   1,041,508世帯 751,303世帯39%増
生活保護受給高齢者世帯数451,962世帯  341,196世帯 32%増
母子・父子世帯数    4,105,000世帯 3,578,000世帯15%増
貯蓄なし世帯の比率   23.8%    12.4%   11%増
非正規社員の割合    32.3%       26.0%     6%増
一般労働者の総実労働時間169.0時間   153.8時間 10%増
ホームレス数      25,296人      20,451人 24%増
自己破産総数      184,422件     145,207件 27%増
重要犯罪認知件数    20,388件     18,281件  12%増
児童虐待件数      34,472件     17,725件  94%増
全世帯年間収入     645万円    721万円  76万円減
婚姻件数       714,265件    798,138件  11%減

http://www.warewaredan.com/contents/danso.html

    1. 歴史的にアナキズムの運動が勝利したことはないし、これからもそんなことは絶対に起きない。アナキストがスターリニストの腰巾着であることを脱却し、勝利を手にする唯一の可能性は、ファシストへと転身することによってしか生まれない。
    2.  アナキスト諸君の「決意」を期待する。
  1. 日本の庶民の大部分は、大杉栄的な牧歌的なアナキストなんだよね。

http://www.warewaredan.com/contents/danso.html

    1.  右翼はよく、日本の戦前の体制は、ドイツやイタリアのようなファシズムではなかったと云う。もちろん右翼は、「だから日本はよかった」という結論を導き出したいのだ。
    2.  戦前日本の体制がファシズムではないというのはまったくそのとおりである。
    3.  私は逆にこう主張する。「だから日本はダメだったんだ」と。
  1. 日本の戦前がファシズムでなかったのは、日本の人々の思考様式が『怪物退治願望』ではなく《祀り上げ》願望だったからだろう。

http://www.warewaredan.com/contents/danso.html

    1.  私が主に依拠しているのはムソリーニのファシズムであって、ヒトラーのナチズムではない。このことは、新著巻末論文でも触れた。
    2.  私がヒトラーの思想に同意できないのは、やはりユダヤ人に対する一連のろくでもない政策のためであり、ほとんどただその一点に関してである。
    3.  だがもちろん、ヒトラーのナチズムも、ファシズムの一つの形ではある。
    4.  ユダヤ人迫害は許せないが、その動機については理解できないではない。
    5.  あれはおそらくかなり確実に、現在で云う「反グローバリズム」なのである。

http://www.warewaredan.com/contents/danso.html

    1.  法律とはすべて、政府の活動を制約するために存在するのである。
    2.  たとえば刑法の殺人罪の規定は、人を殺すことを禁じたものではなく、人を殺した者に政府はどう対処しなければならないか、あるいはどう対処してはならないかを定めたものである。法律というのはすべてそうで、だから例えば諸個人に「遵法精神」などというわけのわからないものを要求する言動は、法律とは何かということがまったく分かっていないバカの所業である。
    3.  ファシスト党はあらゆる制約から自由であり、したがってその独裁は法治主義の理念を退ける。ファシスト政権下に法律はない。
    4.  法治主義の対義語は、人治主義もしくは徳治主義である(どちらであろうと要は同じ意味)。悪事をなした個人への対処や、民事的なもめごとの仲裁は、法によらず、公平公正な判断能力を党によって認められ権限を与えられた担当者個人が、自由に決定する。
    5.  ファシズムとアナキズムとは表裏一体の関係にあり、「法律のない社会」というアナキズムの一つの理想は、ファシスト政権下で実現される。
  1. 一人の自由、万人の隷属。
  2. 『法』と『自由』。『法』は、それ自体としては、『自由』にたいして中立的であるように見える。『法』が『自由』を制約する場合もあるし、『法』が『自由』を保障する場合もある。

http://www.warewaredan.com/contents/danso.html

    1.  私がファシズムに開眼するに際して、獄中でヤクザというものと身近に接したことは、かなり大きく影響していると思う。
    2.  ファシスト党というのは、ぶっちゃけて云えば政治的なヤクザ、任侠道の代わりにファシズムという政治思想で団結したヤクザなのである。
    3.  もっとも、あらゆる政府は本質的にヤクザと何の違いもないのであって、そこが分かっていない政治学者は大量にいるがすべてバカ学者である。ただ近代以降の通常の政府は、自らのヤクザ性をさまざまの方法で糊塗し、あたかもヤクザではないかのようにふるまう。
    4.  ファシスト党は、このような欺瞞を唾棄すべきものとして退ける。
    5.  ファシスト党の一党独裁の政府は、自らがヤクザであることに自覚的であり、またそのことを隠そうとも思わない。
  1. 独占暴力団における暴力と正当性・・。暴力《内からの視点》では『自由』という可知からの正当性をもつ。しかし、『暴力の自由』は、《外からの視点》ではけっして、『正当性』を認められない。

http://www.warewaredan.com/contents/danso.html

    1.  ファシズムへの「転向」の前後で、私の中に起きた最大の思想的変化は、「自由」についてのそれである。
    2.  私はずっと、自由はあらゆる権力的なものへの抵抗の中にあると考えていた。あるいは自由とは、権力的なものからできるかぎり遠ざかることであると。
    3.  しかし私は現在、こう考えている。
    4.  自由と権力とはイコールである。
    5.  自由であるということは、権力を手中にしているということである。
    6.  私は自由を、つまり権力を心底から欲している。
  1. 『権力者の自由』への《求める思いこみ》。まったく、個人的な欲求である。欲求はすべからく個人的である。源泉において個人的である。しかし、内容において、目的において個人的であるのはいただけない。《群れ》を手段として個体的な目的を実現しようとすること。《群れ》を手段として《群れ》的な目的を実現することでなければならない。

http://www.warewaredan.com/contents/oyoso.html

    1.  ファシストは、ナショナリズムを360度ヒネって肯定する。
    2.  そもそもファシストは、故郷喪失者であり、即自的にアイデンティファイできるナショナリティを持たない(中島みゆきの「異国」をファシスト党の党歌にしてもいいくらいだが、暗すぎるのでそれはやめておく)。
    3.  ファシスト党は、民主主義と戦う戦士の共同体であり、ファシストが全面的にアイデンティファイできるのはファシスト党の共同性に対してのみである。ファシストは、大衆を含めたナショナリティにはアイデンティファイできない。
    4.  しかし、ファシスト党はそのナショナリティにおける独裁的支配を貫徹するために、大衆を馴致・教化しなければならない。馴致のためには先述のとおり「パンと見世物」が利用され、教化のためにはナショナリズムが利用される。
    5.  ファシストは、ファシスト党という空間的共同性や、(左右の)革命運動史という時間的共同性に内在する存在として自己を認識するが、大衆は、国家や民族のそれに内在する存在として自己を認識することが求められる。このようにして、ファシズムの社会では、ファシストであれ大衆であれ、諸個人は何らかの共同性の中に自己を位置づけることができ、「本来性」を回復する。
    6.  よって革命の前衛党たるファシスト党を構成する個々のファシストは、確信犯的に、ナショナリズムを肯定・尊重しなければならない。
    7.  天皇陛下万歳。どうせ害はない。
  1. 率直なヒトだ。騙すぞ、と宣言しているから、騙すことはできない。
  2. まあ、思想家は政治指導者になれない、というのは、このような、行動様式の違いがあるからだろう。思想家は「騙せ」と率直に語るから、騙すことはできない。政治指導者は思想家の命令に従って騙す。

http://www.warewaredan.com/contents/oyoso.html

    1.  ファシスト党は、民主主義と戦う戦士の共同体であり、ファシストが全面的にアイデンティファイできるのはファシスト党の共同性に対してのみである。ファシストは、大衆を含めたナショナリティにはアイデンティファイできない。
  1. 『怪物退治願望』で結合された《群れ》
  2. 『仁』なきエリートの《群れ》

http://www.warewaredan.com/contents/genri.html

    1.  ファシズムは、民主主義勢力と国家権力とが強力に結びつき、いよいよ自由が死の瀬戸際にまで追い詰められた時に、劇的な逆転を企図する自由主義者のアクロバットであり、怒りの爆発である。
    2.  ファシストは、自由の価値を知らぬ大衆を嫌悪する。
    3.  大衆が自由を売り渡すなら、勝手にすればよい。
    4.  だが我々自由主義者の自由は絶対に奪わせない。
    5.  そのためには、自由主義者自身が国家権力を手中にする他はない。
    6.  ファシスト党は、追い詰められた自由主義者の党である。
    7.  ファシスト政権下では、自由主義者たるファシスト党員の自由だけが最大限に保障される。ファシスト党員だけは、定められた手続きによらずに身柄を拘束されたり、処罰されたりすることはない。
    8.  自由主義者から自由を奪う結果を必ず招来する民主主義復活の策動は徹底的に弾圧される。自由がすべての者に平等に保障されなければならないというのは自由主義ではなく民主主義であり、まして自由の敵である民主主義者にまで自由を保障してやる必要はない。民主主義者は、自由主義者つまりファシスト党員によって、「自由に」処罰される。
    9.  民主主義を要求しない無害な一般大衆には、「パンと見世物」とを適度に供給することで、ファシスト政権への不満を感じない程度に馴致すればよい。一般大衆の自由はほどほどに、つまりファシスト党の支配を脅かさない程度に保障される。
  1. ファシストは自分の快感を求める。ということか・・。

http://www.warewaredan.com/contents/genri.html

    1.  現在、自由主義者の多くは、絶望している。
    2.  彼らが、ファシズムを知らないからである。
  1. 個体的自由から共同幻想の《群れ》的自由主義へ。
  2. 自由主義は《内からの視点》であり、平等主義は《外からの視点》である。

http://www.warewaredan.com/contents/genri.html

    1.  旧西側諸国が掲げていた「自由民主主義」なるものは、旧東側のヘンテコな自称「共産主義」体制に、自由主義者と民主主義者とが協力して対抗するためにひねり出した妥協の産物であって、本来そんな主義はない。共通の敵が倒れてしまえば、ふたたび両者の本質的な両立不能性が顕在化してくる。
  1. 主義は常に原理主義である、から、中庸主義は主義ではない。
  2. 中庸原理主義は、中身がない。中庸主義は、左右の極端な主義があって初めて中身をもつことができる。右翼と左翼がなければ鳥は飛べない。
  3. 真の意味での中庸主義は、左右の原理主義と中央の原理主義のすべてを内包する思考様式である。
  4. 「共通の敵が倒れてしまえば、ふたたび両者の本質的な両立不能性が顕在化してくる」というのは『怪物退治願望』だな。怪物なければ願望なし、という思考様式。

http://www.warewaredan.com/contents/genri.html

    1.  古くから、民主主義と自由主義の本質的な対立を指摘する論者は多かった。
    2.  典型的な市民革命であるフランス革命のスローガンは、<自由・平等・団結>である。このうち自由の原理が近代的に理念化された自由主義となり、平等の原理が民主主義となり、団結の原理が国民主義となる。
    3.  しかしつきつめて考えると、この三つの理念のうち、自由と団結との相性はいいし、平等と団結との相性もいいが、自由と平等とは実は相性が悪い。
    4.  自由主義と民主主義とは、そもそもまったく問題意識を異にする思想である。
    5.  自由主義とは、国家権力の縮小を求める思想である。自由主義者にとって重要なのは、国家権力が諸個人の行動をできるかぎり制約しないということであって、極端な話、国家権力の意志決定が国王一人の手に委ねられていたとしても、その権力の及ぶ範囲がかぎりなく小さければ、自由主義者としてはまったくそれで構わないのである。
  1. 自由原理主義は平等を破壊し、平等原理主義は自由を破壊する。
  2. 自由と平等の両方を掲げるということは、原理主義を廃して、中庸を目ざすということである。

http://www.warewaredan.com/contents/genri.html

    1.  全世界を資本主義と民主主義の原理で覆わんとして進められているブッシュの戦争は、したがって本人の自覚の有無はともかく、共産主義革命戦争である。
    2. ・・
    3. 左翼的正義と国家権力とが結合したものをスターリニズムと呼ぶ。来たるべき共産主義社会は、ゆえにもちろん、スターリニズムの世界国家である。
  1. 個体の分断か団結かという《視点》での分析。『モノガタリ』の共有による団結という《視点》
  2. 『人類の歴史』という『モノガタリ』の共有でもよい、し、その方が望ましいだろう。実体にも合致している。
  3. モノガタリ』が『怪物退治』の《視点》で語られなければならない必然はない。《祀り上げ》の《視点》での『モノガタリ』でもよい。

http://www.warewaredan.com/contents/genri.html

    1. アメリカの戦争は歴史上、常に革命戦争であった。アメリカはいつも、その時々の戦争の相手を道徳的な悪であると規定してきたが、これはつまり革命戦争の論理である。今回の戦争も、そうである。
  1. 「その時々の戦争の相手を道徳的な悪であると規定」するというのは、「革命戦争の論理」というより、もっと、一般的な、西洋人的な思考様式の問題だろう。名前が必要だな。『「英雄』浦島が「怪物」竜王を退治する戦いを期待』(『昔話と日本人の心』p.19)する《求める思いこみ》である。『怪物退治願望』という《求める思いこみ》

http://www.warewaredan.com/contents/genri.html

    1.  マルクスは、資本主義はその爛熟の果てに、自らの存立をもはや不可能とするような、内的な危機を自ら作り出すと云ったが、この予言は、的中した。
    2.  プロレタリアートとは、資本主義と民主主義の弁証法的な発展によって登場する、動物化したヒトの群れである。
    3.  しかし、プロレタリアートは団結することができない。団結には、意味や目的の共有、つまり物語の共有が不可欠であるが、動物化したヒトであるプロレタリアートの生からは、すでに意味や目的が、物語が失われているからである。プロレタリアートは、群れることはできるが、団結することはできない。
    4.  プロレタリアートの意思決定は、群れを群れのままで統合する政治制度である民主主義、つまり常に多数決によってしかおこなわれない。
    5.  プロレタリアートの多数決は、この危機に対して、ハイテクを駆使した監視と摘発のシステムを要求する。
    6.  他の個体に危害を及ぼす危険な個体を早期に発見し自動的に駆除するこのシステムは、その意味や目的が自覚された社会的制度というよりも、動物化したヒトの群れを包み込む自然環境のようなものとして機能する。
    7.  原始共産制社会でまだ半ば動物として暮らしていた人間は、やがて共同体を形成して動物状態を脱却し、試行錯誤を繰り返す中から資本主義と民主主義とを生み出し、ふたたび動物と化して、資本主義と民主主義の副産物である高度なテクノロジーをその欠陥の補完物として利用する人類史の終着点、すなわち未来共産制社会で、永遠の快楽と平和と安全とを、精神病を伴いながら享受する。
    8.  歴史は現在、猛スピードでこの最終コーナーを回っている。
  1. 「プロレタリアートの意思決定は、群れを群れのままで統合する政治制度である民主主義、つまり常に多数決によってしかおこなわれない。」はメンシェビズムへの批判だな。ボルシェビズムの立場に近いということか。確かに、外山の主張は、レーニンの組織論、新聞論と近い。

http://www.warewaredan.com/contents/genri.html

    1.  生に意味や目的を持たず、欲求のままに刹那的に行動する個体は、人間というよりも生物学的なヒトであり、またその集合は人間の共同体ではなくヒトの群れである。それはまた、ニーチェの云う「畜群」のイメージとぴったり重なる。
    2.  しかし、人間の生の「動物化」がいくら進行しても、そもそも人間が本能の壊れた欠陥動物であるという前提条件は変わらない。
    3.  意味や目的のない生に、ほとんどの人間は耐え難い。大多数の個体が精神的ストレスを抱え、うちかなりの個体が精神病となり、また少数ではあるが無視できない割合の個体が、ストレスを爆発させて他の個体に危害を及ぼす危険きわまりない存在となる。そのような少数の危険な個体の顕在化は、大多数に対してさらなる精神的ストレスをもたらす。
  1. 「意味や目的のない生に、ほとんどの人間は耐え難い」ので、『心地よいウソ』への《求める思いこみ》をもつ。
  2. 『心地よいウソ』への《求める思いこみ》も「欲求のままに刹那的に行動する個体」であることに変わりはない。
  3. 《サル山のサル》『心地よいウソ』への《求める思いこみ》をもつのは自然である。

http://www.warewaredan.com/contents/genri.html

    1.  諸個人をつなぐ意味や目的の連関が失われると、さまざまの出来事の間の意味的な連関も失われるから、つまり因果関係の総体である歴史が失われる。
  1. 「さまざまの出来事の間の意味的な連関」は『モノガタリ』『心地よいウソ』であって、「因果関係の総体である歴史」ではない。
  2. 因果関係も、認識者の《求める思いこみ》によって定まる主観的存在である、という主張。
  3. 認識者が『意味』を失うと、《混濁》となり、モノの輪郭も失われる。

http://www.warewaredan.com/contents/genri.html

    1. バラバラにされ生の意味や目的を奪われた諸個人は、個人というよりも個体である。
  1. 生の意味や目的の喪失を、ありのままのものとして受け入れるか、『心地よいウソ』でウソの意味や目的で補充しようとするか。

http://www.warewaredan.com/contents/genri.html

    1. 人間は、本能の壊れた動物である。
    2.  動物は、個体が欲求のままに行動することが、そのままその個体や種の存続・保存を結果するように作られている。
    3.  人間は、個体が欲求のままに行動することが、その個体や種の利益にならなかったり、むしろ有害な結果をもたらす場合さえあるから、行動に観念的な意味や目的を与えることで、その欠陥を補うしかない。
    4.  諸個人の生に、観念的な意味や目的を供給するのが、共同体の役割である。
    5.  共同体の成員は、物語を共有する。物語は、その共同体を構成する、社会的位置や世代的位置を異にする諸個人を互いに関係づける。
    6.  諸個人は共同体の成員であることによって、その生に、空間的(社会的)あるいは時間的(歴史的)な意味や目的を見いだしたり、充てがわれたりする。また、本能のままに生きて観念を持たない動物の生に意味や目的は存在しないが、本能が壊れ観念を持たざるを得ない人間の生は意味や目的を必要とするから、共同体の中でそれを得て初めて安定する。
  1. ばらばらな個人を『心地よいウソ』で団結させる、という《思い描き》

http://www.warewaredan.com/contents/genri.html

    1.  資本主義は、伝統的な共同体を破壊し、諸個人をバラバラにする。
    2.  バラバラの諸個人を、バラバラのまま組織するのが、民主主義という政治制度である。
    3.  諸個人がバラバラにされる状況に対応して台頭してくる民主主義もまた、それ自体、諸個人をさらにバラバラにしていく力となる。
    4.  ゆえに資本主義の発展と民主主義の発展はパラレルに、あるいは弁証法的に進行する。
    5.  資本主義にとっても、民主主義にとっても、諸個人はバラバラである方が、システムがより完全に機能するので、望ましい。
    6.  資本主義も民主主義も、全体と諸個人の中間にあるあらゆる共同体を破壊してゆく。家族共同体や地域共同体はもちろん、宗教的共同体、政治的共同体、すべてを破壊してゆく。最終的には国家さえ破壊する。究極の民主主義体制下には、政党も存在しない。世界資本主義は、世界直接民主主義を指向し、実現する。
  1. ばらばらな個人を『心地よいウソ』で団結させる、という《思い描き》

http://www.warewaredan.com/contents/warewaredan_join.html

    1.  君が入会時の4冊の必読文献を読み終えると、次に3枚のリストが渡される。
    2.  1枚は「必読文献百冊」、1枚は「必聴CD百枚」、1枚は「必見映画百本」である。君は、2年を目標にこれらを消化する努力をしなければならない。
    3. ・・
    4.  もちろん先のリストを全部消化すれば、君はかなりの文化的教養人となる。政治的な運動のみならず、芸術や学問の運動の担い手となる展望も開けてくる。新メンバーの獲得にも、大いに役立つだろう。
  1. 学習せよ。・・中身が問題であるが、「おおまかな『モノガタリ』の共有」らしい。

http://www.warewaredan.com/contents/warewaredan_join.html

    1.  もともと人間の生に意味などない。人間は単に生物として、生まれて、食って寝て排泄して、やがて死んでゆくだけだからである。しかし、分かっていながらそれでも生に意味を求めずにはおれないというのもまた、観念というやっかいな荷物を抱えてしまった人間という欠陥動物の宿命である。そして生の意味などというものは、結局、社会構造という空間軸における自分の位置、歴史という時間軸における自分の位置を把握して、両者における自分の「役割」のようなものを主体的に決定する他に生まれてこようはずがないのである。その「決定」のためには、まず社会構造や歴史について、努力して学習する他はない。
    2.  ただ漫然と知識を詰め込んでいっても、独自の歴史観・社会観を獲得するにはよほどの才能が必要で、はっきり言ってほとんどの人にはそれは不可能である。だから、我々団においては外山が大ざっぱな指針を与える。結果として、君は他の我々団メンバーたちと、歴史認識を大ざっぱに共有することにな る。
    3.  共有は、大ざっぱでいいのである。細かいところまで大勢が認識を共有するのは無理である。大ざっぱな共有であっても、それが実現すればもはや君は孤独ではないし、君の生には意味があるという確信をその時点ですでに君は獲得しているはずである。
    4.  外山が我々団の思想的指導者であるというのは、各メンバーの個人的な物語と、我々団という共同体の物語とを関連づけることによって、結果として我々は共通の大きな物語=闘争を共に担う仲間であるという結束を生み出す仕事をするという、だいたいそのような意味である。
  1. 『心地よいウソ』《視点》

http://www.warewaredan.com/contents/warewaredan_join.html

    1.  さて思想的指導者としての外山の役割であるが、先に述べたように君は我々団のメンバーとして、学習の義務を負う。
    2.  一体君は、何を学習しなければならないのか?
    3.  端的に言えば、歴史、とくに現代史である。
    4.  我々団のメンバーは、歴史認識をおおまかに共有することによって互いに結び付く。
    5.  そもそも現代の消費資本主義、大衆民主主義の中でバラバラにされてしまった諸個人を再び結びつけるのは何らかの物語でしかあり得ず、物語とは常に歴史観のことだからである。
  1. 単純で一貫しているな。

http://www.warewaredan.com/contents/warewaredan_join.html

    1.  ところで外山について、これまでに「思想的指導者、思想的指導者」とくりかえしてきたが、もちろん思想的指導者と政治的指導者(つまり我々団の代表者)とは別である。これは、外山自身が、自分には他人を啓蒙する才能はあるが、多くの人を実際にまとめて何らかの具体的政治目標に向けて運動を形成していくという才能は欠如していることをよく自覚しているからである。
    2.  初期においては仕方がないから、名義上は外山が我々団の代表を兼ねることになるが、できるだけ早い時期に、メンバーの中から政治的指導者の資質を持つ者を選んで代表を交代することになる。

http://www.warewaredan.com/contents/warewaredan_join.html

    1. 支部は、独自の機関誌を季刊以上のペースで発行しなければならない。つまり、最低3人のメンバーが揃い、独自機関誌が創刊された時点で、支部の成立が公式に認められる。また、その発行が3ケ月停止した時点で、その支部は消滅したものと判断される。
  1. 支部独自の機関誌・・。まあ、Web上ならカネはかからぬな。
  2. 活動は自由に、思想は学習で統一。活動を縛らない、ということか・・。

http://www.warewaredan.com/contents/warewaredan_join.html

    1.  九州内の活動内容に関しては、本部が一定の指導をおこなう。
    2.  本部の指導とは、最低限やるべきことの設定である。「最低限やるべきこと」をやった上で、他にさまざまの活動をそれぞれが自由に展開してよい。ただし、我々団の組織としての方針に反すると本部が判断した場合には、その活動について禁止される場合がある。
    3.  九州外の活動に関しては、本部は一切関知しない。各自が完全に自由に活動できるが、それは我々団の公式な活動とはみなされない。   
  1. 地域党主義。神風連。勢力の中心。集中。ユニークさ。

http://www.warewaredan.com/contents/warewaredan_join.html

    1. 君に課せられる義務は大きく二つだけである。半年に一人を目標に、新メンバーを勧誘・獲得する努力義務と、学習の義務である。

http://www.warewaredan.com/contents/kiso_20070620.html

    1.  公訴事実
    2.   被告人は
    3. 第1  法定の除外理由がないのに、平成18年1月17日午前1時41分ころ、道路標識により一方通行と指定された鹿児島市千日町13番1号付近道路において、同標識を確認しこれに従うべき注意義務があるのに、同標識を確認しかなった過失により、同標識の表示に気づかないで、その出口方向から入口方向に向かい、原動機付自転車を運転して通行し、
    4. 第2  同年7月10日午前11時17分ころ、同市吉野町10794番地74付近道路において、法定の最高速度(30キロメートル毎時)を20キロメートル超える50キロメートル毎時の速度で上記車両を運転したものである。

http://www.warewaredan.com/contents/saiban_070621_iken.html

    1. 裁判官が認めた勾留理由にはまず「証拠隠滅のおそれ」なるものがありますが、私はいったい何をすればいいのですか?犯行現場にまいもどり、一方通行の標識を引っこ抜いてくればいいんですか? それとも深夜に警察署に忍び込んで、私の交通違反の記録すべてを破棄して回ればいいんですか? 私の想像力が貧困なんですか? 何か私の思いつかない画期的な証拠隠滅の方法があるのなら、後学のためにぜひうかがいたい。現実的な証拠隠滅の方法を私にここで提示できないのなら、まず勾留理由の「証拠隠滅のため」というのを除外しなさい。

http://www.warewaredan.com/contents/saiban_070621_iken.html

    1. 必要のない拘束を続けることで被疑者を心理的に追いつめ、捜査当局に都合の良い供述や振る舞いを引き出そうという、これまた後進国特有のやり口で、わが国のそれも含めこれは「人質司法」として国際的にもつとに問題視され、改善を強く求められているところです。いわゆる志布志事件をみるまでもなく、こうした自白偏重や人質司法は冤罪の温床でもあり、本来公平中立の立場にある裁判官が、捜査当局側に偏り、請求される逮捕状や勾留状を無批判にボコボコまんまと出してしまうのが一番悪い。

http://www.warewaredan.com/contents/saiban_070621_iken.html

    1. 取調べにおいて担当警察官は、「任意出頭しなかったから逮捕した」とくりかえし言明しておりますが、出頭の義務がないから任意出頭ではないのか?

http://www.warewaredan.com/contents/saiban_070621_iken.html

    1. 取調べに対し私が一貫して黙秘していることについて、警察官は、「そのような態度でいると裁判官の心証を悪くし、拘束を長引かせる結果となる」などとこれもくりかえし云っておりますが、黙秘権の行使という正当な防御の手段が被疑者にとって不利に働くことなど原理的にありえず、またあってはならないはずです。

http://www.jkcf.or.jp/history/report.html

  1. http://www.jkcf.or.jp/history/report1.html
  2. 論文の一覧。

http://www.jkcf.or.jp/history/1/1-02-kimtaesik_j.pdf

  1. 日本の歴史学では、任那は木満知の移住に伴う記述であり、任那加羅と倭の提携または連合関係。なのに、教科書では、倭による軍事支配となっている。
  2. 百済と任那地域の諸国家の連繋と独自的発展。
  3. 日本書紀の『百済記』は推古朝遺文の表記法に近い。百済からの亡命人たちが祖先が日本に貢献した痕跡を造作・再編集し、『日本書紀』編纂の修史局に提出したもの。
  4. 「百済と新羅は昔から属民であったが、辛卯年に倭がある形で関与し、百済がここから離脱し、新羅だけが臣民となった」ので百済討伐を行った。
  5. 百済が倭の臣民となったのであれば、百済降服の際に倭が出てこないのはおかしい。
  6. 「民」は高句麗の人民に対してしか使われていない。他国は「客」

http://www.jkcf.or.jp/history/all_j.pdf

  1. 日韓歴史共同研究委員会
  2. 怪しげな雰囲気だな。p.42〜p.46。
  3. pdfがコピペ禁止になっている。
  4. 第三部会でもめたようだ。
  5. 主題に対する研究執筆者が総合批評会に出席できなかった?
  6. 歴史教科書の記述についての研究・討論が禁止された?
  7. 日本側委員は共同委員会の会議録を残してはいけないと強調した??
  8. 通訳問題で会議を中止した??
  9. 韓国側は大きな視点、日本側は小さな視点。これは、分からぬでもない、が・・。
  10. 日本の伝統文化が保存されているのを見て驚いた。しかし、学者までもが隣国の文化については「蔑視し破壊」しようとする。ので、驚いた。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=477085021&owner_id=545566

    1. 絶望的な国防意識■

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=477993843&owner_id=545566

    1. 「人は犯罪を憎むのではなく、自分が気に入らないことを憎んでいるに過ぎない」
  1. 刑法の常識は、《サル山のサル》の非常識。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=480127721&owner_id=545566

    1. 刃傷松の廊下:加害者=赤穂。被害者=吉良。
    2. 内匠頭の切腹:加害者=幕府。被害者=赤穂。
    3. 吉良邸の討入:加害者=赤穂。被害者=吉良。
    4. 47士の切腹:加害者=幕府。被害者=赤穂。
    5. 吉良側が殺した赤穂側の人数=ゼロ。
    6. 赤穂側が殺した吉良側の人数=約20人。その他負傷者20人
    7. なにこれ? 吉良側は全然悪くないやん(笑)???
    8. そして今では、
    9. 刃傷松の廊下は、心神耗弱状態の浅野内匠頭が、イジメも何もしていない吉良上野介を、発作的に斬りつけた、赤穂が完全なる加害者で、吉良は全くの被害者の傷害事件。
    10. 吉良邸討ち入りは、完全武装の赤穂軍団が、まったく無警戒(不幸な被害者なんだから当たり前だ)な吉良家の人間の寝込みを襲って、徹底的に集団虐殺した事件。そりゃ赤穂側に死者がいないのも当然。
    11. と考えてます。
    12. 斬られて、殺されて、死後も鞭打たれて。
    13. 日本史上最大の冤罪者・吉良上野介様の御無念、いかばかりか。南無。
  1. 日本人の思考様式の偏頗性。弱い者いじめの自己満足。加害者の被害者意識。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=480149839&owner_id=545566

    1. >だってしてないんですから大虐殺、慰安婦。
    2. という発言はあまりに言葉足らずだったので、日本に誇りを持つ日本人ならなおさら、もう少し丁寧な日本語で答えてほしかったのであえてとりあげたのです。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=480149839&owner_id=545566

    1.  また、幽霊人間氏の話は、いつも国家間の関係を、「おどおど」とか「上から目線」とか、私的な人間の情緒的関係のようなものとして表象しているのも気になります。外交において重要なのは、そういう感情的な見立てではなくて、その場その場でベターな戦略を選択することでしょう。プライドにこだわりすぎると、かえって国家理性を損なうだけです。
    2.  まあ、史実やイデオロギーは置くとしても、どんなにわずらわしかろうが、アジアには日本に対する反感感情をもつ人たちがいるし、そういう勢力があるのは事実です。その事実を認めた上で、どんな風に立ち回ってゆくかです。相手を全否定して、「まちがってるのはおまえらだ」と言い返したところで(その妥当性はともかく)、それで問題が解決するほど、世の中単純ではないんですよ。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=480149839&owner_id=545566

    1.  第二次大戦において、戦争賠償は支払われていないはずです。韓国に対するものにせよ、あるいは連合国に属する東南アジア諸国に対するものにせよ、植民地支配・占領支配の物理的損害に対する賠償が問題になっていたのです。しかし、膨大な額の賠償金を払うと、第一次大戦後のドイツのように、国が荒れかねないので、日本を西側諸国としてさっさと戦後復興させるために、アメリカがアジア諸国を説得して、大半を放棄させたり大幅減額させたのです。当時の日本の財界も、これなら安いもんだと喜んでいました。
    2.  つまり日本は、戦前もいち早く近代国家に生まれ変わったアジアのホープであった上に、戦争で周辺諸国に被害を及ぼして無条件降伏しても、領土を分割されることもなく、賠償金も小額で済んだ上に、朝鮮特需などに助けられて驚異的な回復を遂げ、ついには世界有数の経済大国になりさえしたのです。ものすごいラッキーボーイですよ。宗教に関心のうすい私でも、日本は本当に神州ではないかと思えるくらいです。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=480149839&owner_id=545566

    1.  まず「河野談話」ですが、別に軍が直接的かつ組織的に強制連行したなどとは一言も書いてないんですよね。あの談話は、軍に委託された業者や官憲が強制連行したこともあったという事実を受けて、当時の日本軍の管理責任の問題として謝罪しているだけですね。
    2.  仰々しく反省のレトリックを散りばめつつ、実際には大したことを言っていない、官僚的な作文です。だから、こんなもの認めても、別に損はないわけです。
    3.  で、アメリカの決議案は、その河野談話を、真摯な謝罪と反省を述べたものと評価しつつ、それを撤回しようとする動きを牽制しているわけです。
    4.  要するに、巧妙な「河野談話」を掲げておけば何の問題もなかったのに、あの談話の日本語もろくに読めない無能な右翼が過剰反応したために、アメリカ議会で決議までされてしまった、という墓穴がこの事件のすべて。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=480149839&owner_id=545566

    1. ■もしも私が日本のナショナリストなら
    2. 彼女達にかける言葉は、
    3. 「ごめんなさい」でも「許してください」でもない。
    4. そして「ウソをつくな!」でも「反日だ!」でもない。
    5. もしも私が日本のナショナリストならば、かける言葉はただ一つ。
    6. 「日本の為にご尽力いただき感謝の言葉もありません。本当にありがとうございました」ですね。
    7. 米の慰安婦決議案、平沼氏らが批判声明…懸念示す向きも
    8. http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=241200&media_id=20
  1. うーむ。そうだな。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=482350591&owner_id=545566

    1. もしロシアの陰謀だったり、中国共産党の陰謀だったりして、それが何か問題なんでしょうか? 
    2. ロシアや共産党は当たり前の事を当たり前にやっているだけです。
    3. もし日本のやった軍事行動が、全部が全部ロシアの陰謀だとしたら、「日本が正義で、ロシアが悪」なのではなく、「日本がマヌケで、ロシアが賢い」というだけの話です。
    4. 政治において、正義や悪はどうでもいいことで(笑)、マヌケか賢いかは大事なことです。
    5. 大日本帝国は、例えば李氏朝鮮より賢かったけど、ソヴィエトロシアよりマヌケだった、というだけの話で、マヌケな国家は負けて当たり前。
    6. 打てない守れない野球チームは、たとえ善人揃いでも、野球の勝負には何の関係もありません。
    7. そしてさんざん野球の試合で勝ってきたくせに、負けた途端「ヒットエンドランは卑怯だぞ」というのは、野球チームとして失格でしょう。
    8. 始めから野球なんかやらなければいいだけの話です。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=482350591&owner_id=545566

    1. 「政府にその気は無かったですが、現地の軍部が勝手にやりました」
    2. アジア特有のこういうタイプの「言い訳」を、アメリカは一番嫌う(笑)。
    3. アメリカ人に対する政治としては《最悪》。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=482350591&owner_id=545566

    1. ■安倍内閣、負ける気満々■
    2. 何かしないと「戦うナショナリスト」の金看板が泣くけど、参議院選挙前に「大損害」を背負い込まないように、虎の子本隊(内閣)は温存して、一山いくらの囚人部隊(議員有志)が地雷地帯にバンザイ突撃をかけるのを黙認するようなもんですか(笑)。
    3. 内閣・政府は動かないけど、一部政治家が勝手に動く
    4. 何か問題が起こっても「政府は関係ありません」。
    5. 「安倍内閣」としてはそれでいいかもしれないが、
    6. 「日本政府」としては取り得る限り最悪の方法ですな(笑)。
    7. 慰安婦、見送り求め米に声明
    8. http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=242741&media_id=2
  1. そおかあ・・。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=482372384&owner_id=545566

    1. >あなたは、アナーキストなんですか?
    2. ・・
    3. しかし、それよりもなによりも、心配なのは、なんで私がアナキストかどうか?などとご質問になったのかです。
    4. まさか、とは思いますが「■土木工事、ヤクザ、フリーメイソン、国家■」が、「国家絶対否定」の主張だと《誤解》されては、心外です。
    5. 私は「国家の本質は暴力だ」と思いますが、それが「国家絶対否定」に直結すると考えるのは、おかしい。
    6. 「国家=暴力」が「国家絶対否定」と《誤読》されるには、「暴力は、絶対に良くない。常に悪いものだ」という(戦後憲法的な)考え方が前提になければ成立しない。
    7. でも私は、生まれてから今まで、「反戦平和主義者」や「人命至上主義者」になったことはただの一度もありません。
    8. 歴史を見れば判ることで、人間には暴力が必要だからです。
    9. 「国家=暴力」なのは「人間=暴力」だからです。
    10. 私も一応(笑)人間なんで、原則として、人間は否定できない。
    11. 人間は否定できないから、原則として、暴力も否定できない。
    12. 暴力を否定できないなら、原則として、国家も否定できない。
    13. ただし「常に、絶対に、普遍的に、国家は否定できないか?」どうかは、ちょっと保留します。
    14. なぜなら人間は国家が無い時代の方がはるかに長かったからです。
    15. よって未来の人間に国家が絶対に必要なのかどうかは、判りません。
    16. 仮に国家がなくなっても、人間は暴力を行使し続けるでしょう。
    17. 遠い将来、別の生物に進化(変化?退化?)するまでは。
    18. それでいいじゃないかと思います。
  1. すばらしい。「ただし「常に、絶対に、普遍的に、国家は否定できないか?」どうかは、ちょっと保留します。なぜなら人間は国家が無い時代の方がはるかに長かったからです。」
  2. 「人間には暴力が必要」か? ○:メスをめぐる雄同士の暴力テリトリーをまもるための暴力。エサのための暴力、捕食者に対する暴力。餓死から逃れるための仲間のテリトリーへの侵入に伴う暴力。競争によってテリトリーの富の拡大が実現できる時には、テリトリー戦争はなくなるが、拡大できない時にはテリトリー戦争が復活する。個体レベルでの暴力は「必然」なので、《群れ》のレベルでの暴力は「必要」。×:「必要」ではなく「必然」、「必ずくっついてきてしまうモノ」。暴力を抑えるための欲望抑制のための道徳・宗教や制度がうまく機能すれば、「必然」でもない。でもまあ、抑制は不可能だから、「必然」だろう。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=482372384&owner_id=545566

    1. 土木建設・運輸運送は、元々ヤクザの商売なんですな。
    2. これ、政治を考える上では、けっこう重要な話だ。
    3. なぜなら、メソポタミアもエジプトもインダスも支那もインカもアステカも、古代文明国家は、治水、墳墓、都市、神殿、道路、いろいろあれどみんな「土木工事」が一番重要な仕事だったのです。
    4. というか、話は逆で、「土木工事をやる為に、その工事請負主体として、国家を作った」というのが正しいかもしれない。
    5. 「最初の王様」は「土方の親方」なんですね(笑)。
    6. 土木工事というのは、必要な労働力が非常に多い。よって労働力=人間を集める必要があり、そにために暴力を駆使しないといけない。
    7. ・・
    8. というわけで、土木工事というのは、暴力が必須で、暴力を行使する主体が必要になる。
    9. それが未公認な暴力なら「ヤクザ」と呼ばれ、公認の暴力なら「国家」と呼ばれる。
    10. つまり「公認されたヤクザ」=「国家」であり、
    11. 「未公認の国家」=「ヤクザ」ということだ。
    12. この土木工事から生まれたものには「ヤクザ=国家」の他に「テクノロジー集団」もある。
    13. 土木工事には、自然法則に則った自然科学分野の知識・技術が必要になる。それは日々の土木工事の成功・失敗の経験の積み重ねから蓄積され、秘伝口伝で専門家集団に伝わる。
    14. 自然法則をコントロールして人知を超えるパワーを取り出す知識・技術は、神の領域と関わることと同じであり、専門家集団は宗教的集団になる。
    15. こういう知識・技術は、国家の最高機密であり、専門家集団=宗教的集団は保護され監視され聖別される。
    16. ただ、土木工事の必然性として、移動の自由がないと働けない。A地区で工事があるのに、B地区で監禁しておくわけには行かない。
    17. こうして、秘儀秘伝を持ち、不思議なパワーを駆使する土木工事の専門家集団は移動の自由を得る。
    18. 「自由な石工=フリーメイソン」である。
    19. 戦争というのも「土木工事」が大きな部分を占めます。
    20. 古代支那においては、「墨子」「墨家」がこういう専門家集団だった可能性もありますな。
    21. ・・
    22. >>それが未公認な暴力なら「ヤクザ」と呼ばれ、公認の暴力なら「国家」と呼ばれる。
    23. >民主国家には以上の点は当てはまりませんね。
    24. いや、当てはまると思います
    25. 民主主義暴力」ではなく「民主主義=公認」です。
    26. 「公認の暴力」=「民主主義に選ばれた暴力」=「民主国家」ですな。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=483987509&owner_id=545566

    1. [宮澤喜一]護憲派だったのは反戦平和じゃなくて
    2. ただ単に「乱暴な馬鹿が嫌い」だっただけじゃないのか(笑)。
  1. しかし、それにしては、たいした知性を発揮できていない。《サル山のサル》の首相になっただけだ。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=488344506&owner_id=545566

    1. しかし、この朝鮮総連本部売買詐欺事件、今のところ「金に困った元公安とアングラ経済人の金銭目的の単純な犯行」というストーリーなんだが、ホントかね?
    2. 日本のありとあらゆる諜報、公安、警察、司法の諸機関、そしてマスコミ、ジャーナリスト、さらにはアメリカ、韓国、中国の諜報筋も、敵も味方も、日本中の恐い人たちが24時間365日ずーーーっと監視している朝鮮総連相手に、金銭目的で詐欺なんかやるか?
    3. 金筋の組員が張り番し、兵庫県警が常時監視している、六代目山口組総本部に空き巣に入る馬鹿がいるだろうか(笑)?
    4. バレないわけがない。
    5. 不動産なんだからバレたら逃げられないじゃん。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=489631854&owner_id=545566

    1. 異邦人を大悪魔と呼んで拒否するのは「鎖国」だ。
    2. 古今東西、「鎖国」のまま、世界を制覇した国家も文化も無い。
    3. 「鎖国」は幸せかもしれないが、必ず敗北する。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=489631854&owner_id=545566

    1. ただ、アフマディネジャドのクラスでも拒否するようなイランは長期的には全然恐くないと思う。
    2. 彼らが「メディア」という道具を理解していない証拠だからだ。
    3. メディア」という道具を理解していないのに、欧米に勝つことは絶対に出来ない。
    4. 今のままのイスラムの文化は、どんなに頑張っても、イスラムにしか浸透しない。
    5. しかし欧米の文化は、世界中に、敵であるイスラムにまで浸透している。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=489788292&owner_id=545566

    1. 領土は《暴力》で実効支配している国家の物です。
    2. だから2007年現在、竹島は韓国領です。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=489826054&owner_id=545566

    1. まあ、左翼も右翼も反戦平和派も保守派も「核兵器は絶対善だ」という人はほとんどいないでしょう。
    2. となれば「核兵器は絶対悪だ」と「核兵器は必要悪だ」との戦いとなる。
    3. しかし左翼も右翼も反戦平和派も保守派も「核兵器は絶対悪だ」「核兵器は必要悪だ」って、無条件に言えるんでしょうか?
    4. 「核兵器」と言われても、それだけでは判断のしようがないんじゃないですか? 
    5. 問題は、【誰の】核兵器か、【何処へ落ちた(落ちる)】核兵器か、でしょう。
  1. 『敵・味方』思考。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=492839970&owner_id=545566

    1. もし、羽賀研二が、琉球人ではなく、朝鮮人だったら、絶対にその犯罪とその民族性を関連付けた批判が起こるはずですよ。
    2. つまりは、朝鮮人は明確に認識できる「独立した民族」だけど、
    3. 琉球人はその分類さえアイマイな「不完全な民族」だと思われてるのではなかろうか?
    4. だとすれば、これは琉球人に対する「逆・民族差別」ではなかろうか?!?!

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=467641023&owner_id=545566

    1. 最後に、それでも日本の歴史教科書が許せないのなら、琉球人用の歴史教科書を作れば良い。
    2. そして琉球民族主義で教育する《民族学校》を設立してはどうか?
    3. 在日朝鮮人はもう半世紀以上前からやっている。朝鮮人にできることなら琉球人にもできるだろう。
    4. 管理団体として「琉球総連」なり「沖縄民団」なりを設立する必要があるかもしれない。
    5. 我々弱小少数民族の偉大なる先達・アイルランド人に敬意を表して、アイルランド共和国軍IRAの名称をいただき、「独立琉球協会IRA」というのもいいかもしれないね。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=467641023&owner_id=545566

    1. 異民族同士の物語の共有は不可能だから、あきらめろ。
    2. 日本人が、大日本帝国や大東亜戦争を美化したり、靖国神社を大事に思うのは、しょうがないじゃないか。だって彼ら日本人の《物語》なんだから。
    3. 琉球人の抱える「沖縄戦の怨念」は、どこまでいっても琉球人の《物語》であって、日本人に判るわけが無いじゃないか(笑)。しょせんは他人事なんだから。
    4. 沖縄戦も靖国神社も【物語としての歴史】は民族のワクを超えられない。異民族同士の共有は無理だ。
    5. だから琉球人は「沖縄戦の怨念」という民族固有の物語を、他人である日本人に押し付けるのを止めなさい。ムダだし、失礼だ。
    6. 逆に日本人の「靖国神社」という民族固有の物語を、他人である琉球人に押し付けるのも止めてもらおう。琉球人には関係ない。知ったことではない。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=494997002&owner_id=545566

    1. ここまでは同じ。しかしここからが異なる。
    2. アメリカには、政権に反対する政治勢力が許される。
    3. 政権に任期がある。時間的制限がある。政策変更できる。
    4. 大日本帝国には、政権に反対する政治勢力が無い。
    5. 政権に任期が無い。時間的制限が無い。政策変更できない。
    6. 「国民の意見が分裂している」事こそ、国家の強さである。
    7. 「国民の意見が分裂できない」事は、国家の弱さである。

2007-07-13(金)

イテキ アラパ。な 行きそ。禁止の接頭語。

http://www.asyura2.com/07/war94/msg/201.html

    1. 中国との勢カバランスを保ち、封じ込めるための意味ある試みの核になるのは、日米軍事同盟しかないだろう。時問はかかっても、日本がこの目標にそって同盟関係を見直すことは考えられる。日本がそうするためには、次の点で自信をもてるかどうかによる。
      1. (一)アメリカが世界で唯一の超大国でありつづけ、世界の問題に積極的に指導力を発揮しつづけられるか、
      2. (二)アジァにおける軍事的ブレゼンスおよび影響力を広げようとする中国と戦うことをアメリカが確約するか、
      3. (三)莫大な資源という犠牲を払うことなく、戦争という大きな危険なしに、アメリカと日本に中国を封じ込める力があるか。
    2. アメリカがはっきりした決意も公約も示していないし、その可能性も低いので、日本は中国に順応することになるだろう。一九三〇年代と四〇年代に、日本は東アジアを征服するという一方的な政策を追求して、壊滅的な結果を招いたが、この時代をのぞいては日本は歴史的にも、自国が適切と考える強国と同盟して安全を守ってきた。一九三〇年代に枢軸に参加したときでさえ、日本は当時の世界政治のなかで最も強力な軍事志向をもつ勢力と考えた相手と提携したのである。
    3. 二十世紀の初めに日英同盟を結んだが、当時の世界問題でイギリスが指導的国家だということをよく認識していたのだ。一九五〇年代になると、同じように世界で最も強大で、日本の安全を守ってくれる大国であるアメリカと日本は提携した。中国と同じように日本も、国内政治が階層的なので国際政治の問題も階層的なものと考える。日本のある著名な学者は以下のように述べている。
    4. 日本人が国際杜会における日本の立場を考えるとき、日本の国内モデルから類推することが多い。日本人は国際秩序を、日本の杜会の内部では明らかな、縦の組織形態の関連で特徴づけられる文化の形態を外部に示すことだと考える。国際秩序をこのように見るのは、長きにわたった前近代の日中関係(進貢システム)で得た経験によるところが多い。
    5. .このように日本の同盟にたいする感覚は「基本的にはバンドワゴニングであって、バランシング」ではなく、「最強国との提携」だった。日本で長く暮らしたある西欧人は、これと同意見だ。日本人は「不可抗力を受け入れ、道徳的にすぐれていると思われるものと協力するのが、他のほとんどの国よりすみやかだ。そして道徳的に不確かな力の衰えはじめた覇権国からの横暴な態度を非難するのも一番速い」。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20070704/276779/?ST=saas

    1.  40代〜50代は全く知らないが、10台後半なら4人に1人が参加している。そんな仮想世界が日本にある。
    2.  ディー・エヌ・エー(DeNA)が携帯電話向けに提供している「モバゲータウン」である。無料のゲームとSNS、日記や伝言板、ミニメールなどを組み合わせたサービスが受け、昨年2月のサービス開始から1年2カ月ほどでユーザー数が441万を突破した(図D)。
    3.  DeNAによると「増え続けるユーザーに対応するため、毎日データセンターのサーバーを1〜2台追加して対処している」(モバイル事業部 エンターテイメントグループの畑村匡章グループリーダー)状況だ。

[AML 14839] 落選運動を禁止する規定は公職選挙法にない http://www.asyura2.com/07/senkyo38/msg/360.html 投稿者 Kotetu 日時 2007 年 7 月 13 日 02:36:54: yWKbgBUfNLcrc

参院選 放送局呼び出し=総務省の強権的姿勢は疑問(毎日新聞) http://www.asyura2.com/07/senkyo38/msg/365.html 投稿者 天木ファン 日時 2007 年 7 月 13 日 08:58:53:

  1. たしかに、国が関与すべき問題ではない。
  2. 国が関与すべきだとすれば、誤報一般に関して、それに費やした時間のN%以上の時間を費やして、誤報の訂正・謝罪を繰り返すべきという平衡の法を作ることだろう。

【ゲンダイ】説明もウソ八百の参院事務局、どこもかしこも社保庁みたいだと日刊ゲンダイ http://www.asyura2.com/07/senkyo38/msg/372.html 投稿者 小沢内閣待望論 日時 2007 年 7 月 13 日 11:42:28: 4sIKljvd9SgGs

  1. 公務員 どこもかしこも 社保庁なみ

2007-07-12(木)

http://s03.2log.net/home/tofuya/archives/blog1193.html

    1. 皆さんは、『メチル』や『爆弾焼酎』という言葉をご存知ですか?
    2. 当時の日本(サンフランシスコ講和条約の頃)は、未だに貧乏で今のような普通のお酒は高価な代物だったのです。そこで、GHQによって壊された戦闘機や戦車の燃料として使われていたメチルアルコールに酒呑みが目をつけてこれを飲んでいたのです。
    3. 爆弾焼酎とはこれと同じで、メチルは沸かしても飲みにくいので、これに一味唐辛子を振って味を誤魔化しながら呑むもので、モノが戦闘機の燃料として使われていたメチルアルコールだからこういった俗称になったらしのですが。
  1. http://www.geocities.jp/showahistory/history01/topics08b.html
    1. ■メチル焼酎販売で逮捕
    2. 殺人焼酎として飲むと死んだり失明したりしたメチルに水を加えただけの「千代寿」「惣花」といった銘柄を密造したとして、昭和8年10/5、荒川区尾久町の須藤(31)が逮捕、10/9には鈴木(32)が逮捕された。殺人焼酎は1斗樽に8200本も作られ、10/5までに警察では600本(60石)を回収した。この時点で死者16人、失明者6人。11/10までに東京のみで死者24人、失明者8人となり、他県も加えると死者30人は超すと思われた。この殺人焼酎は10銭スタンドなどで売られたが、「惣花」にはメチルでないものもあったという。またホルマリン日本酒も出回り、こちらは目まいなどの被害があった。
  2. http://www.takara.co.jp/company/history/company/company02.htm
    1. 1933・メチルアルコール事件の衝撃
    2. 恐慌による業績低迷から脱しつつあった1933(昭和8)年、東京で衝撃的な事件が起きました。2、3の不届きな業者が、メチルアルコールの希釈液と焼酎とを混和し、これを焼酎として有名銘柄のラベルで販売。その飲用者約30名が死亡してしまいました。このメチルアルコール事件によって、焼酎に対する不安感が高まり、東京での販売はほぼ休止状態になります。価格は下落し、特に関東市場に強かったTaKaRaは大きな痛手を受けました。
  3. http://homepage3.nifty.com/kuebiko/biology/chptr_1/1-1-3/methanol.htm
    1.  http://homepage3.nifty.com/takakis2/index.htm から
    2. 昭和20年〜21年 ・メチルアルコール中毒多発 (有毒飲食物等取締令)
    3. 昭和20年:死者403名、重症(失明)55名、軽症111名
    4. 昭和21年:死者1,841名、重症(失明)120名、軽症492名

http://www.asyura2.com/07/war94/msg/176.html

    1. マリク氏によると、若い実行犯たちは、自分が何者かという問題で苦しんでいたということになる。彼らは第一に、英国社会全般から阻害されていた。この点については理解しやすい。しかしさらに(あまり理解されていないことだが)彼らは同時に、自分の親たちの世代とも接点をもてずにいた。というのも彼らの親たちはカシミールの一地方出身で、その地域の部族的な習慣を行動規範としていたからだ。英国で生まれ育ったテロ実行犯たちは、自分の親とも価値観を共有できなかった。この対立がもっとも顕著に表れたのは、彼らと親たちの、結婚観の違いだった。親たちは、自分たちが条件などを吟味した上での見合い結婚でなくてはならないと主張したが、息子たちは、イスラム教のしっかりしたいい娘なら誰と結婚したって構わないだろうと信じていた。
  1. 都会育ちの若者と、田舎出身の両親。・・ふむ・・。

http://www.asyura2.com/07/war94/msg/176.html

    1. ではそういうグループに参加した後、何がどうなってテロや自爆攻撃の実行につながっていくのか。米ウエストポイント(陸軍士官学校)の上級アナリスト、クリストファー・ヘフェルフィンガー氏は、テロへの道には4つの段階があると分析した。(1) グループと出会う、(2) 過激な教義に没頭する、(3) まずは平和的に変化をもたらそうと努力する、そして最後に、(4) 非暴力から暴力へと移行する――という4つだ。
  1. そりゃ、そんなものだ。

http://www.asyura2.com/07/war94/msg/176.html

    1. テロ組織の中では多くの場合、過激な言葉を過激な行動に移し替える役割を担った、指導者的な存在がいるという。この人物は、グループ内でいちばん信心深い者ではないことが多い。マドリード事件のグループではおそらく、ジャマル・アーミダンがこれにあたる。彼はキリスト教徒を妻にもつ、悪名高い麻薬の密売人だった。
  1. 扇動者のパターン。行動様式、思考様式。

http://www.asyura2.com/07/war94/msg/176.html

    1. 若者が社会的に阻害されていたとしても、それ自体はテロリストになる要因ではないという。セージマン氏が2004年に行った調査によると、聖戦のためとして自爆テロをした「ジハーディスト(聖戦士)」の70%以上は、中流や上流家庭の出身だった。英国のロンドンやグラスゴーで起きたテロ事件に関与していたとされるグループがそうだったように、自爆テロ犯の40%以上は、教師や弁護士、医師などの専門職についていた。
  1. 社会全体に対する絶望感というのはエリート層の若者により大きな影響を与える。

孤立に始まり抹殺に至る なぜ若者は自爆テロ犯になるのか――フィナンシャル・タイムズ(gooニュース) http://www.asyura2.com/07/war94/msg/176.html 投稿者 gataro 日時 2007 年 7 月 11 日 23:29:22: KbIx4LOvH6Ccw

    1. アトラン氏は現在、米中央情報局(CIA)出身のマーク・セージマン氏と共同で、テロ組織についてのデータベースを構築中だ。データベースに集めている情報は、裁判記録や聞き取りの成果など。こうしたデータを集めて分析した両氏の現時点での解釈は、これまでの通説と食い違うこともある。たとえばテロリストというのは組織のメンバーを組織の中で説得・転向して、実行犯にするのが常のようだとアトラン氏。通説で言われてきたような、組織トップが外部からテロ要員を一本釣りしてきたり、首謀者を洗脳したりするというやり方については、証拠がみつからないという。
  1. 空気》なのか・・・。

今から見ると、最もまともだった日航機の元客室乗務員だった作家・安部譲二氏 http://www.asyura2.com/07/war94/msg/169.html 投稿者 救国の草莽の志士 日時 2007 年 7 月 11 日 21:55:46: fzrYJ5Wj4Dt36

    1. 「陰謀でもなく、日航機は撃墜されたとしか思えない」 日航ジャンボ機墜落事故(1985年)特別インタビュ―◎安部譲二 
    2. http://www.asyura2.com/0601/bd45/msg/454.html
    3. 投稿者 黄昏時のパルチザン兵士 日時 2006 年 8 月 14 日 14:16:23: WCbjO5fYf.pMQ
    4. ・・
    5. 生存者のひとり、客室乗務員の落合由美さんの証言は、どう解釈しても急減圧はなかったことを証明している。落合さんは急減圧を感じなかったと事故後の調査で証言している。繰り返し急減圧の訓練を受けている乗務員の彼女が、実際にはあった急減圧をなかったと勘違いすることはあるのだろうか。
    6. 「それはあり得ない」(安部氏)
    7. 酸素マスクを装着していた遺体はひとつもない。
    8. これらのことから、日航の従業員組合の組織、日航乗員組合連絡協議会は「急減圧はなかった」と結論したレポ―トを発表している。
    9. だが事故調は急減圧があったと報告をまとめ、運輸省に提出し了承されている。
    10. 「事故調は急減圧はあったと言っているけど、どっちが正しいかと言うと100対0でこっち(日航乗員組合側)が正しい」
    11. ・・
    12. 急減圧がなかったのなら、事故調が報告した隔壁の亀裂そのものが疑わしくなり、尾翼が急激な気圧で吹き飛んだという説が成り立たなくなるのである。つまり事故調の報告はまったくの虚妄ということになる。

日本最高の組織と人材を蝕(むしば)んだものは何か?海軍エリート集団の栄光と失墜  【文芸春秋】 抜粋 http://www.asyura2.com/07/war94/msg/168.html 投稿者 hou 日時 2007 年 7 月 11 日 20:19:26: HWYlsG4gs5FRk

    1. http://www.bunshun.co.jp/mag/bungeishunju/index.htm
    2. p153
    3. 「東郷と相談せよ」
    4. p170
    5. 戦艦撃沈なら60点・・・・・点数主義があったのですね。
    6. p171
    7. 人間関係の好き嫌いが戦争に勝つことよりも優先されてしまう。
    8. p177
    9. 大ミスしなければ、ミッドウェーは日本が9割くらいの確率で勝てた戦いです。
    10. p186
    11. 長老が人事を壟断し老害がはびこり、年功序列と学校の成績が幅をきかせて、内輪で固まり、外の目を意識できなくなった。

プーチン、米のイラン核攻撃を阻止 http://www.asyura2.com/07/war94/msg/180.html 投稿者 不動明王 日時 2007 年 7 月 12 日 00:26:54: Wge0l2yvbkAIg

    1. プーチンは、首脳会談の直前に、ロシア軍部から米国がすでにイランに対する核攻撃の命令を出している(前段のワシントンタイムスの記事)を知らされ、会談で辛うじて止めさせたということだ。
    2. では、何と言ったのか。
    3. (引用)
    4. These reports state that Putin was ‘blunt’ with the American War Leader Bush in stating that any nuclear attack upon Iran’s nuclear facilities, being built by Russian nuclear engineers and technicians, would be viewed by Russia as attack upon Russia itself.
    5. (引用終わり)
    6. プーチンは、ブッシュにぶっきらぼうに、「もしロシアのエンジニア、技術者が建設したイランの原子力施設を核攻撃すれば、それはロシアへの攻撃とみなす」と言った。カッコイイぞ。オイ。

2007-07-11(水)

パキスタン:「原理主義ではない」 ガジ師5月に会見(毎日新聞) http://www.asyura2.com/07/war94/msg/152.html 投稿者 天木ファン 日時 2007 年 7 月 11 日 12:30:56: 2nLReFHhGZ7P6

    1.  会見でガジ師は「われわれはタリバンでもないし、(国際テロ組織の)アルカイダとの関係もない。9・11(米同時多発テロ)の前も後も、イスラムに忠実に生きているだけだ」と語った。しかし、穏やかな口調が一変したのは、「同モスクが原理主義と呼ばれているが」と質問した時だった。「われわれは原理主義でも過激派でもない」と激高し、「9・11後のパキスタン政府の親米政策への転換が対立の原因で、われわれは何ら変わっていない」と主張した。
  1. 傀儡政権は残虐なのだ。
  2. 傀儡政権は、中間管理職だから、悩みが多いのだ。

光熱水費「『月800円』の怪」 基本料金だけでも2,655円かかる光熱費がなぜ800円?(五十嵐仁の転成仁語) http://www.asyura2.com/07/senkyo38/msg/208.html 投稿者 gataro 日時 2007 年 7 月 11 日 00:25:15: KbIx4LOvH6Ccw

    1.  これについて、今日の『日経新聞』は「『月800円』の怪」という記事で、「農相の実家のある筑西市の1カ月当たりの水道使用料金は基本料金だけで最低1836円。電気代の基本料金(30アンペア)は月819円で、水道・電気の基本料金支払いだけで月2655円かかる」と報じています。まさに、「『月800円』の怪」そのものです。
    2.  しかも、赤城さんの言うように、水戸の事務所の分も合算されているのであれば、実家と水戸の両方で800 円ということになります。ところが、この年、水戸市にある事務所は月平均約1万2000円の光熱水費を計上していました。それを「合算」して800円というのは、どう理解したらよいのでしょうか。

 

公安調査庁、毎日新聞社に抗議・朝鮮総連詐欺事件報道(日経新聞) http://www.asyura2.com/07/senkyo38/msg/206.html 投稿者 gataro 日時 2007 年 7 月 11 日 00:17:45: KbIx4LOvH6Ccw

    1. http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20070710AT1G1002N10072007.html から転載。
    2. ・・
    3.  問題となったのは6月17日付の同紙朝刊の1面記事。北朝鮮関係の情報収集担当の同庁職員が、総連とつながりの深い不動産会社元社長、満井忠男容疑者(73)と調査の過程で知り合い、退職していた緒方容疑者を紹介したとする内容。

インターネット選挙解禁の公約はどこへ行った = 保坂展人のどこどこ日記 http://www.asyura2.com/07/senkyo38/msg/201.html 投稿者 ダイナモ 日時 2007 年 7 月 10 日 22:04:08: mY9T/8MdR98ug

    1. http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/e/c88e3346e2b0aa40c9fe3d3cd5ea12fe
    2. いよいよ、明後日から参議院選挙が公示となる。「投票率をあげたい」「若い世代に政治に関心を持ってもらいたい」などのタテマエが与党からも語られているが、「参議院選挙でインターネット解禁します」という見解はどうなったのだろうか。以前にも書いたが、Yafoo『みんなの政治オープン記念 各党ライブトーク』の討論内容を聞いてもらえば、「07年参議院選挙でネット選挙解禁』は、もう疑いようのない既定路線のはずだった。ところが、アレコレと理由をつけて自民・公明の与党は消極姿勢に転じて、従来通りにネット解禁は行わないことになった。「小泉旋風」の時はネット歓迎で、「安倍逆風」ではソッポを向くというのは、なんと身勝手な態度だろうか。

【政治】「ひげの隊長」候補、業務内で応援文書回覧など“自衛隊ぐるみ”支援−赤旗− http://www.asyura2.com/07/senkyo38/msg/222.html 投稿者 小沢内閣待望論 日時 2007 年 7 月 11 日 10:58:59: 4sIKljvd9SgGs

    1. この露骨な「自衛隊ぐるみ選挙」を可能にする仕組みがあります。
    2. 同会の組織図をみると、会長の山本卓眞氏は通信機メーカー大手の富士通名誉会長。富士通の防衛省からの昨年度受注額は四百四十一億円で第六位。
    3. 顧問は、歴代の防衛事務次官、統合幕僚会議議長が、相談役には歴代防衛庁長官が、代表幹事は三菱重工に天下りした陸幕長、幹事には陸海空自衛隊の各幕僚長など元高級幹部が勢ぞろいです。
  1. 軍人が政治に関与するのは、問題である。軍が組織的に政治に関与するのは、もっと問題である。

年金記録問題検証委員会がすべきは、仕事ぶりのチェックではなく、政府による年金の運用状態を国民に報告する事だと思います。 http://www.asyura2.com/07/senkyo38/msg/228.html 投稿者 小沢内閣待望論 日時 2007 年 7 月 11 日 11:38:41: 4sIKljvd9SgGs

  1. 臭い物には蓋。
  2. ボーナス返上(一部返上)という美しい犠牲的精神!。

アメリカの支持を受けているアルカイダが、イランを攻撃すると脅迫しました。 [IRIB日本語ラジオ] http://www.asyura2.com/07/war94/msg/144.html 投稿者 はちまき伍長 日時 2007 年 7 月 11 日 05:40:16: Zpc9bbdVkJn3c

    1. http://japanese.irib.ir/news.tue.htm#3
    2. アメリカの支持を受けているアルカイダが、イランを攻撃すると脅迫しました。
    3. イラクで活動しているアルカイダ系グループの幹部が、9日月曜、インターネット上で録音テープを公開し、イランがイラク政府への支持を継続した場合、今後2ヶ月以内に、イランに戦争を仕掛けると脅迫しました。
    4. このアルカイダの脅迫は、アメリカのチェイニー副大統領がイラクで武装グループの幹部たちと会談した数日後に行われたものです。

http://www.asyura2.com/0406/war56/msg/821.html

    1.  同消息筋によると、2004年4月22日、モハメド・サイード・エサ・バドワン/バドランと呼ばれていた13歳の少年が「人間の盾」として行使されました。併合壁/アパルトヘイト・ウォールの建設に抗議してビドゥで行なわれたデモに平和的に参加していました。正午ごろ、兵士が投下した爆弾と催涙弾音が鳴り始め、何人かの若者たちが投石しはじめました。この時、2人のイスラエル国境警備兵がモハメドさんを逮捕し、殴打し、腕をフロントガラス部分に縛ってジープのボンネットに無理やり座らせ、「人間の盾」にしました。子どもの解放を試みたモハメドさんの父親とその他の人々は、銃口を向け追い散らした兵士によってさらに脅されました。さらに「人権のためのラビス」の代表ラビ・アリク・アスチャーマンさんが、子どもを釈放のために介入しようとしましたが、代わりに逮捕、殴打されました。モハメドさんは車に括りつけられ、兵士に何度も殴られたということです。彼が恐怖と痛みで解放を懇願しているにも関わらず、兵士は止めませんでした。また動くこともいかなる防護すらできなかったため兵士が発射した催涙ガスの感染に苦しんでいるということです。
    2.  およそ4時間後に、モハメドさんは紐を解かれジープに強制的に乗せられ、併合壁/アパルトヘイト・ウォールのあるアル・サヒまで連れていかれました。そこで軍部より尋問を受けました。最後に子どもはアル・カライエフの村付近で釈放されました。そこで彼は親戚が迎えにくるまで一人暗いところで待たなければなりませんでした。モハメドさんは午後9時ごろにようやく帰宅しました。少年は恐怖から震えが止まらず、片手と背中に痣があると彼の両親は報告しています。
  1. 写真が見つからぬ。

2007-07-09(月)

校長が主導 学力テストで不正 東京の公立小 誤答を指さし【中日新聞】 http://www.asyura2.com/07/social4/msg/569.html 投稿者 そのまんま西 日時 2007 年 7 月 08 日 07:27:24: sypgvaaYz82Hc

  1. 自分の生死(職業的生死)に直結する問題で盗み(評価窃盗)を働くのは、可罰的違法性がない、とか・・。緊急避難じゃぁ・・。教育委員会からの人事評価・学校は「人や物から生じた現在の危難」である。ふむ・・。「自己または第三者の権利や利益(生命、身体、自由、または財産など)を守るため、他の手段が無いためにやむを得ず」・・。ふむ。そりゃー、自分の地位や収入は重大な問題だわさ。あ、じゃなくて、学校という第三者の評判を守るためだね。「他人やその財産に危害を加えた」ったって、行政法規違反は誰に損害を与えるというものでもない。「やむを得ずに生じさせてしまった損害よりも避けようとした損害の方が大きい場合」である。っちゅーことになるな・・。期待可能性・・。

種子島唯一の産科閉鎖へ 支援整わず「継続は危険」【東京新聞】 http://www.asyura2.com/07/ishihara11/msg/128.html 投稿者 そのまんま西 日時 2007 年 7 月 08 日 23:42:57: sypgvaaYz82Hc

    1. 種子島唯一の産科閉鎖へ 支援整わず「継続は危険」【東京新聞】2007年7月6日 20時50分
    2.  人口約3万4000人の鹿児島県・種子島で唯一の産婦人科が12月で診療をやめ、島内で出産ができなくなる恐れが出ていることが6日までに分かった。1人でほぼすべてのお産を担当する開業医が、緊急時の支援体制が不十分なことや医療過誤訴訟の増加を理由に、現状での医療継続は危険だと判断したためだ。
    3.  閉鎖を予定しているのは西之表市にある池田医院。島内の年間250件ほどの出産のほぼ百パーセントを、池田速水医師(39)が1人で手掛けてきた。
    4.  池田医師によると、緊急時には母親は島内の別の病院に搬送し治療が可能。しかし、島には新生児の治療施設がないため鹿児島県か自衛隊のヘリコプター出動を要請、陸路を含め片道3時間以上かけ鹿児島市内の病院に搬送する。ことしは上半期に8回搬送があった。
    5.  ヘリ搬送は手続きが煩雑で、要請した医師側に問い合わせも多く、1人で対応しながら治療に集中するのは困難という。
  1. 医療崩壊・・・・。
  2. 基本的には、情報伝達の不足。インフォームドコンセントの不足。
  3. 医療のサービス競争のためには、市場原理では駄目。
  4. ベーシックインカム+医療保険(必要に応じた支給)+情報公開→評判、名誉によるサービス競争。カネによる競争か名誉による競争か。
  5. 医療に伴う事故にたいしては、医療保険から補償金を出すべきだろう。全体の危険のうちの確率的部分を一部の人間が負担してしまうのは不公平であるということ。無過失支給とすれば、医師の名誉に傷がつくことはない。

2007-07-08(日)

http://www.asyura2.com/07/war93/msg/866.html

    1. 5日(木)にガザのブレイジュ難民キャンプやマガジ難民キャンプ付近を襲ったイスラエル軍の侵攻は、結果的に11人を殺害し、25人以上を負傷させて終わった。
    2. 詳細があまりないが、殺されたのはハマス系のカッサム団メンバー9人、イスラーム聖戦のメンバーひとり、民間人ひとりとなっている。負傷者のなかには子どもとジャーナリストもいる。ジャーナリストはハマス系列の衛星テレビのカメラマンで何発も撃たれて、両足を切断するしかなくなった。また、負傷者はなかったが、ロイターのカメラクルーを含んだジャーナリストたちもイスラエル軍の銃撃に遭った( Israeli attacks in Gaza kill 11 Palestinians より)。
    3. このイスラエルの攻撃に対し、ハマス指導者のハニヤ氏だけではなく、ファタハのガザにおけるスポークスパーソン、アブシャナブ氏も非難の声をあげ、パレスチナ人がまとまって闘うことを呼びかけている。これに対し、パレスチナ・ナショナル・イニシアティブ(PNI)とイスラーム聖戦が応じて、団結することを呼びかけている( Widespread condemnation of Gaza attack より)。
    4. [私が読んでいる日本の新聞では5日の攻撃のことなど、一行もニュースにならなかった。27日に12人(13人?)、30日に7人、この5日に11人とガザで立て続けに殺されているが、どれも無視されている。こういう報道の「沈黙」がよりイスラエル軍の行為をエスカレートさせる。ガザから目を離せない…]

2007-07-07(土)

「日本発 W-CDMA」の挫折・第2回:世界市場で蚊帳の外,日本携帯電話メーカーの失われた10年 = ITpro http://www.asyura2.com/07/hasan51/msg/191.html 投稿者 ダイナモ 日時 2007 年 7 月 03 日 19:56:07:

    1.  携帯電話の国際競争に,日本メーカーは土俵にすら上がっていない状況だ。その一方で,現在の国内市場に出回っている携帯電話は魅力的な製品ばかりである。機能,品質,デザインにおいて,日本メーカーの製品は本当に優れている。製品だけを見比べるなら,日本の携帯電話は世界一といっても過言ではない。よって,「世界のNo.1(やNo.2,No.3)にならなくても,世界のOnly Oneになればよい」と割り切る考え方もあるだろう。世界市場の競争が厳しいのであれば,今後国内市場に閉じこもり,国内向けに優れた製品を作り続ける方が良いと考える人もいるかもしれない。
    2.  だが,グローバリゼーションの荒波が日本市場にも押し寄せている。国内市場には,すでにノキア,モトローラ,サムスン電子などの製品が出回り,確実に市場へ浸透し始めている。端末の調達や開発コストを考えると,携帯電話事業者は今後もこれまで以上に海外メーカーの製品を取り入れてゆくだろう。そうなると,日本メーカーは国内市場という最後の砦(とりで)も失うこととなり,ますます苦境に立たされる。 “世界一”の製品開発もおぼつかなくなる。つまり,世界市場の土俵に乗らなくては国内市場でも戦えない。Only Oneという選択肢は存在しないであろう。
  1. 98.vs.DOSV戦争を思い出すなぁ・・。負けるよ。

2007-07-06(金)

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20070702/276477/

    1. 米国では,1970年に連邦通信委員会(FCC)が定めたFin-syn rules(financial interest and syndication rules)によって,長らく主要テレビ局自身による番組制作が禁じられてきた。つまりABC,CBS,NBCという当時の3大ネットワーク局は,他の会社が製作したテレビ番組を放送しなければならなかったのだ。Fin-syn rulesは1980年代に緩和され,1995年に廃止された。しかしその名残から,いまだにテレビ局は単なる放送ネットワークに過ぎない。つまり番組の著作権を持たないのである。
    2.  では誰がそれを持っているのか。テレビ局を傘下に抱える巨大メディア・グループ,いわゆる「メディア・コングロマリット」である。あるいは象徴的に「ハリウッド」と言い換えてもいいだろう。例えばテレビ局であるABCの親会社はDisneyだが,彼らにとってABCとは自らが持っている映画やバラエティ,スポーツ番組など豊富な映像コンテンツを流すための一つのチャネルに過ぎない。そこにインターネットが加われば,メディア・コングロマリットは利益を最大化するために,条件さえ良ければちゅうちょすることなく,第三者が提供する配信サービスにも映像コンテンツを流すだろう。メディア・コングロマリットの一つである米ViacomがJoostと提携したのは,このためだ。
    3.  これに対して,日本ではいわゆる在京キー局が(別会社に制作を委託するにしても)番組の著作権を保有するケースが多い。米国とは異なり,番組(コンテンツ)と放送ネットワーク(メディア)が分離していないのだ。つまり番組はテレビ局の「所有物」である。その所有物を,自らの基幹事業であるテレビ放送と競合するIT企業(Joost)に使わせる理由がすぐには見当たらないというわけだ。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20070705/276801/?ST=ittrend

    1.  「高速で走る新幹線には、空力的に求められるスペックというのがあります。走行時の空気抵抗を減らすというのもあるんですけれど、新幹線の先頭形状に関して特に重要なのは『微気圧波』の問題です」
    2.  新幹線が高速走行でトンネルに突入すると、一瞬、空気が圧縮される。トンネル内では空気が拡散しないので、この圧縮波は衝撃波のようになり、トンネルの中を音速で伝わり、出口の部分で開放されたとき、大きな振動や音を発生させる。この現象のことを「微気圧波」あるいは「トンネル微気圧波」と呼ぶのだそうだ。
    3.  「要は、空気鉄砲ではないですけれど、新幹線がトンネルの中に入ると、その先の出口の方から『ポンッ』と音が出る。この音がもし大きければ、周辺地域の住民のみなさんにとって騒音となります。そこで、『この音をできるだけ抑えるためには、先頭形状をどんな形にすればいいか』という理想の形状を探し出すのが、この『エアロ・ダブルウィング』開発の最大のミッションとなったのです」(成瀬さん)
  1. http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20070705/276801/?ST=ittrend&P=2
    1. 「微気圧波は、おおまかに言って“速度の3乗に比例”します」
    2.  さ……3乗!……ってことは、時速10kmから20kmに速度を上げたときには、2倍の3乗だから……8倍!! じゃあ、これまでの700系の最高速度が250kmのところをN700系は270kmに上げたということだから、1.08倍の3乗で……約1.26倍!これまでの25%以上も微気圧波が増える計算だ!!
  2. ではあるがだな。トンネル内部を防音装置にする。

金儲けは倫理を破壊する http://www.asyura2.com/07/idletalk24/msg/396.html 投稿者 ワヤクチャ 日時 2007 年 7 月 06 日 12:38:39:

  1. 言うなとは言わぬし、どんどん言え、とは思うのだが・・
  2. 2000年前からの常識を、昨日見つけた大発見のように主張されてもねぇ・・

【Wikipedhia他】第二次大戦時点では、実用戦略爆撃機はソ連にはありません【双発のTu-2くらい】 http://www.asyura2.com/07/senkyo37/msg/749.html 投稿者 傍観者A 日時 2007 年 7 月 06 日 08:24:13: 9eOOEDmWHxEqI

    1. ソ連にとって初の大陸間戦略爆撃機の基盤となるTu-4を開発、1947年に初飛行し、多数量産された。これは1945年、日本攻撃の帰途、ソ連に着陸した3機の米国ボーイング社製B-29を基本的にほぼそのまま製造したものであった。

Re: 船がなければ侵攻できないか? 航空機による侵攻があるではないか  >侵攻しても占領できません http://www.asyura2.com/07/senkyo37/msg/743.html 投稿者 Kotetu 日時 2007 年 7 月 06 日 01:00:05: yWKbgBUfNLcrc

    1. 航空機じゃ占領できないの
    2. 航空機で占領できるなら、「東京大空襲(45,2)」で日本は占領されてますがな。
    3. 国際情勢なんたら言っても、ロジステックを無視して見たらだめ。

2007-07-05(木)

原爆について。

  1. 原爆は『わるい』。(以上)

「日本年金機構」が創設されるが焼け太りの危険性がある(論談・記者倶楽部) http://www.asyura2.com/07/senkyo37/msg/603.html 投稿者 天空橋救国戦線 日時 2007 年 7 月 04 日 13:21:14:

    1. 社会保険庁改革関連法案により、「日本年金機構」 が創設されることになるが、この種の特殊法人の給与は国家公務員より高いのが普通だ。
    2. 一般には、30%近くも高いというデータがある。

http://www.asyura2.com/07/war93/msg/765.html

    1. いまから10年ぐらい前、在日米軍の将校と話をしていたときのことです。
    2.  大東亜戦争をどう見るのかという話題になって、相手の米軍将校が「ミスター江崎は、原爆のことをどう考えているのか」と聞いてきたのです。そのときのやり取りはいまも忘れません。
    3. 「もちろん、一方的に非戦闘員がなぶり殺しされた恨みは忘れていませんよ。いつか仕返ししてやりたいと思っていますが、同盟国であるから、あからさまにそうしたことを言わないだけです」
    4. 「ああ、やっぱりそうですか。安心しました」
    5. 「安心ってどういうことですか」
    6. 「自分が日本人だったら、絶対に原爆投下の恨みを忘れないはずだ。しかし、私が会った日本人はみな、『原爆のことは忘れましょう』といってこだわっていない様子なのです。それで、きっと日本人たちは、私たちアメリカ人に本心を言わないんだと思い込んでいました。ミスター江崎は、本心をきちんといってくれる信用できる人だ」
    7.  まあ、私を籠絡するつもりだったかもしれないので、額面通り受け取るつもりはないのですが、「恨みを忘れていない」とはっきり言った時の、相手の将校の安心した顔つきはいまも忘れません。
    8.  その後、その米軍将校とは折につけて食事をしたりして、米軍の資料の読み方を教えてくれたり、米軍の司令官の夕食会に招待したりしてくれました。(いまは退役しています)
    9.  米軍の軍人からすれば、「同胞を無残に殺された恨みを持ち続ける方が、まっとうな人間だと」思っているわけで、むしろ、原爆の恨みを忘れている日本人の方が気味が悪いのです。
    10.  このことがきっかけとなって、自分たち日本人の感覚でアメリカ人と付き合ってはいけないことを、常に自分に言い聞かせてきました。そして、実際にアメリカが何を考えているのか、できるだけ謙虚に知ることが、わが国の国益を守るために重要だと思っています。

2007-07-04(水)

スンニ派議員が政治プロセスを断念しレジスタンスに参加 http://www.asyura2.com/07/war93/msg/747.html 投稿者 妹之山商店街 日時 2007 年 7 月 04 日 02:57:38: 6nR1V99SGL7yY

    1. スンニ派議員アブドゥル・ナセル・アル・ジャナビは土曜日に政治プロセスが失敗したから議会を去り、「レジスタンス」に参加していると述べました。
    2. アメリカ人とイラン人がイラクを動かしているから、イラク和解戦線のメンバーアル・ジャナビは、
    3. 「政治プロセスをやめ、武装レジスタンスに戻ること以外に、イラクには選択肢がありません」と述べました。
    4. ヨルダンのアンマンからアルジャジーラテレビに話をしました。

ソ連は侵攻してこなかったと思うよ http://www.asyura2.com/07/idletalk24/msg/364.html 投稿者 Kotetu 日時 2007 年 7 月 03 日 22:44:45: yWKbgBUfNLcrc

    1. (回答先: 久間発言は大筋で正しい 投稿者 kaname 日時 2007 年 7 月 02 日 16:52:06)
    2.  満州で手一杯であって、日本本土まで侵攻する兵力と兵站はなかったと思うね。
    3.  現に、日本軍のほとんどいない千島列島の略取に9月までかかってますからね。陸続きの満州朝鮮で目一杯であり、海を越えて侵攻する能力はないでしょう。
    4.  そういうところからも、<北海道進攻説>を唱える輩はアホなのよ。
    5.  もちろん、満州朝鮮をとられたら日本は継戦できなかったけどね。ま、日本本土はソ連参戦があろうがなかろうが米英に占領されたでしょう。

安倍総理、三つの間違い = 辻元清美 http://www.asyura2.com/07/senkyo37/msg/573.html 投稿者 ダイナモ 日時 2007 年 7 月 03 日 23:07:47: mY9T/8MdR98ug

    1. いまでもアメリカでは、広島と長崎の原爆投下を支持する声が多いのです。私の手元にある米国内の調査では、実に57%が「支持」と回答。その背景には、真珠湾攻撃がなかったら原爆もなかった、とする考えがあるのです。思い切って簡略化すれば、真珠湾攻撃×、原爆○(しょうがなかった)。
    2. 一方、一部の日本の人々は、真珠湾攻撃は「仕方なかった」という立場をとっています。アメリカを中心とする「ABCD包囲網」による経済封鎖で、戦争を仕方なく始めさせられたとするもの。靖国神社の遊就館には、こうした歴史観にもとづく展示パネルが飾られていました。こちらは、真珠湾攻撃○(しょうがなかった)、原爆×。
    3. ・・
    4. 安倍さん、もうひとつの考え方をご紹介します。それは、どちらも×。「しょうがない」殺人なんてありません。安倍さん、いっしょにどちらにも×をいいましょう(まさか、両方○はないですよね)。

白川勝彦:“自虐的”な対米従属 = 永田町徒然草 http://www.asyura2.com/07/senkyo37/msg/586.html 投稿者 ダイナモ 日時 2007 年 7 月 04 日 07:46:17: mY9T/8MdR98ug

  1. ふむ、その通りだ。自虐的なのは歴史観ではない。戦後の対米従属政治の方だ。

http://www.asyura2.com/07/senkyo37/msg/588.html

    1. 私は3日に神奈川県大和市で行われた厚木基地爆音訴訟の関係者の前で講演したばかりであった。その「講演の中で、「日米安保体制の役割は米国の手で大きく変えられようとしている。今は基地闘争の大転換期であり、正念場だ」という話をした。その時に皆が一様に言っていたのは、安保体制を容認し、自衛隊を合憲と言って自民党と連立政権を組んだ社民党が、どうして在日米軍に反対できるのか、という怒りの声であった。

Opera9、だめだ。

  1. (1)このHikiの表示がうまくできなくない。サイドメニューが出ない。
  2. (2)「http://www.atmarkit.co.jp/fdb/rensai/rdbmsarc01/rdbmsarc01_1.html」の印刷用のページ「http://www.atmarkit.co.jp/club/print/print.php」が、他のページの印刷宵ページと共通のURIになっているのだが、いろいろなページを印刷したら、全部、同じ印刷になってしまた。キャッシュを印刷しているような感じ。

[ruby-dev:31122] Re: make error at bcc32

    1. フリーのVisiual C++Express Edition が出た

2007-07-03(火)

http://www.geocities.jp/hgonzaemon/politics.html

    1. 奴隷の美徳は自分自身の美徳ではなく主人に対する美徳なのです。
  1. 忠魂主義は奴隷の美徳です。

http://www.geocities.jp/hgonzaemon/politics.html

    1. 「女は黙っているのが美しい」と言いましたが、これは男には当てはまりません。
  1. これは日本にはあてはまりません。

http://www.geocities.jp/hgonzaemon/politics.html

    1. 支配者は美徳を完全な形で持っていなければなりません。
  1. 美徳を完全な形で持っていないモノは、形式上は支配者であっても、実質的には支配者ではない、ということ。

http://www.geocities.jp/hgonzaemon/politics.html

    1. 奴隷は判断力を全く持っていない
  1. 政治的判断力を持たないモノは奴隷である、ということ。

http://www.geocities.jp/hgonzaemon/politics.html

    1. 『政治学』印刷すべし。
  1. http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4876981248/qid%3D1052408852/sr%3D1-21/barbaracelare-22
    1. 政治学 (単行本) アリストテレス (著), 牛田 徳子 (著)(1 カスタマーレビュー) 価格: ¥ 4,410 (税込)
  2. ちと高い。が、これしかないらしい。
  3. http://barbara.fc2web.com/bib/tr.html
    1. 翻訳一覧。

[barbaroi:6121]人身供儀

    1. 自然破壊に対しては人身供犠で購罪するという観念が形成されたのではないかと想像される。裏を返せば、人身供犠は自然破壊に村する抑止力となったと考えられる。
    2. 人身供儀をまったくの迷信とすることで、自然破壊は歯止めをなくす
    3. 秦康之はこれ以上のことを云っているわけではありませんが、自然破壊をくいとめるには、人身供儀のいずれかの段階に立ち戻らなくてはならないと云いたがっていることは確か(^^ゞ
  1. ぎょえ。

[barbaroi:6121]人身供儀

    1. 人柱のことを考えていて思いついたのですが、戦没者遺族は、戦没者が「犬死」だったと言われることに対して極端に反発しますね。そして、「平和の礎」と言われると満足する。人柱と変わらないのにねぇ。
  1. 慰めのコトバと、痛めつけのコトバ。敵に対するコトバと味方に対するコトバと区別する風習。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9A%E7%94%9F%E5%B9%B4%E9%87%91

    1. 一般の労働者に対する厚生年金の起源は第二次世界大戦下の1942年に施行された「労働者年金保険」であり、戦時下における労働力の増強確保と強制貯蓄的機能を期待する目的があったとされているが、手っ取り早い戦費調達手段として導入されたとする見方もある。
  1. http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E6%B0%91%E5%B9%B4%E9%87%91
    1. 1959年、第31回国会に国民年金法案を提出、「国民年金法」(昭和34年4月法律第141号)が制定され、1961年4月から施行された。
  2. ここで、二本立てにしてしまったのが、混乱の原因
  3. 制度を複雑化するのは、ちょろまかしを隠蔽する手段ではある。
  4. というか、行き当りばったりで作ったので、既存の制度をいじれなくなってしまった、ので、新しい別の制度を付け加えた、ということか。たしかに、既存のシステムの変更よりも、新しいシステムを付け加えるほうが簡単だ。

http://www.asyura2.com/07/bd49/msg/596.html

    1.  昔から関西などの企業経営者の間では「使用人に自腹を切らせるな」という格言があります。それは一種性悪説に基づいた知恵なのですが、要は自腹を切ることで「会社に貸しを作った」という意識が生まれると、それが将来には「その貸しを取返してやろう」という意識となって使い込みや無駄遣いの温床となるからです。今回の「賞与の自主返納」にはそうした厳しい観点が全く欠落している、その背景にあるのは「問題解決を公式のシステムではなく、非公式の世界で処理しよう」という文化なのだと思います。
  1. そんなことは、ヒトの頭を持った人間であれば、誰でも分かる。そうでない理由は、ヒトの頭を持っていないか、別の意図があるからだ。要するに、(アメリカの生保業界、投資家のために)公的年金制度を潰す、という大方針の下に、制度つぶしの嫌がらせをやっているのだ。
  2. やはり、アホなのかもしれない。二世議員は、庶民を知らないのだ。ヘーコラするのが人間だと思っているのだろう。だとすると、《ヒトの群れ》の力学を誤解している可能性が高い。ぼくちゃんが威張れば、ヘーコラするのが、人間と言うモノだ、と誤解している可能性が高い。

http://mixi.jp/view_diary.pl?owner_id=545647&id=485924100

    1. 参拾四番さんの日記 全体に公開
    2. 2007年07月03日
    3. 19:22 ショーがないね節
    4. 久間防衛相 原爆発言で辞任へ
    5. http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=245009&media_id=2
    6. この発言は、アリといえばアリだと思う。
    7. ただし、
    8. アメリカが「真珠湾はしょうがなかった」と発言し、
    9. 韓国が「日韓併合はしょうがなかった」と発言し、
    10. 中国が「南京はしょうがなかった」と発言したら、
    11. ではあるけど。
    12. まあ、俯瞰して見れば多くの歴史的事象は「しょうがない」んだけどさ。
    13. でも歴史家が言うのと、政治家が言うのでは意味が変わってくる。迂闊だったね。
  1. むしろ、日本の政治家が、ホンネとタテマエの使い分けができなくなった、ということだと思うね。「選挙が在るから辞任する」とか・・。
  2. 安倍特攻政権。強行採決爆弾をぶち込んだから、それでよいのだ。

http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=245006&media_id=38

    1. ソリッドアライアンスは7月3日、奥行き3センチの小型筐体を採用するUSBメモリ「裸(ハダカ)」を発表、同社直販「ソリッドアライアンス 楽天市場店」にて発売を開始した。直販価格は1Gバイトモデルの「HADAKA1G」が3980円、2Gバイトモデルの「HADAKA2G」が6980円(双方税込み)。
  1. 2Gで7000円・・・・。

http://www.century.co.jp/products/hd/cris35eu2.html

    1. ネジ不要で3.5"SATA-HDDを簡単に組み込めるHDDケース!
    2. フロントドアを開ける→HDDを差し込む→閉めるだけ!!
    3. 世界一簡単なHDD組込。
    4. 高速なeSATAと汎用性に優れるUSB2.0を搭載。

http://mixi.jp/view_diary.pl?owner_id=3715793&id=485938992

    1. pyon1956さんの日記 全体に公開
    2. 2007年07月03日
    3. 19:41 更迭ではなく辞任だという事。
    4. 久間防衛相 原爆発言で辞任へ
    5. http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=245009&media_id=2
    6. 「久間章生防衛相は3日午後、首相官邸を訪れて安倍晋三首相と会談し、米国による広島、長崎への原爆投下を「しょうがない」と発言したことについて、「この問題について皆さん方の理解を得られていないようなので、けじめをつけなければいけないので、私自身が辞任する」と述べ、責任を取って閣僚を辞任する意向を伝え、首相も了承した。久間防衛相は記者団に「長崎の皆さんに『しょうがない』という言葉で迷惑を掛けました。参院選挙への影響を考えて決断した」と語った。参院選を控え、安倍政権への大きな打撃になる。
    7.  久間防衛相は30日、千葉県柏市での講演で、太平洋戦争終結時に米国が広島、長崎に原爆を投下したことについて「米国はソ連が日本を占領しないよう原爆を落とした。無数の人が悲惨な目にあったが、あれで戦争が終わったという頭の整理で、今しょうがないなと思っている」と述べ、原爆投下を容認したと受け取れる発言をした。
    8.  野党からの罷免要求に対し、安倍首相は久間防衛相をかばい、久間氏も辞任を否定していたが、3日の閣議後の記者会見で、閣僚からも批判が相次いだ。また、公明党の浜四津敏子代表代行は同日午前、国会内で記者団に「柳沢伯夫厚生労働相の『産む機械』発言とは質的に違う重大な発言だ。ご自分で身を処し方を賢明に判断して頂きたい」と述べ、自発的な辞任を促した。
    9.  久間防衛相は同日午前、公明党幹部たちに会って発言について釈明する予定だったが、直前に公明党が「党内論議がまとまっていない」(斉藤鉄夫政調会長)と面会を断ったため、中止した。
    10.  こうした情勢から、辞任は避けられないと判断したとみられる。
    11.  安倍首相に辞任の意思を伝え、官邸から出てきた久間防衛相は記者団に対し「発言で迷惑をかけた。発言の理解を得られておらず、けじめをつけないといけないと思い、総理に申し上げた。総理は『そうですか』ということで、その決定を受け止めてもらった」と話した。
    12.  昨年9月に発足した安倍内閣での閣僚の辞任は、昨年12月に事務所費の不透明な処理をめぐって辞任した佐田玄一郎前行政改革担当相以来。また5月28日には松岡利勝前農相が自殺しており、閣僚の交代としては3人目となる。安倍首相は久間防衛相との会談で「非常に残念ですが、そうですか。その決意を受け止めます」と述べた。 」
    13. 以上引用。
    14. 以上の発言や状況を見ても判る通り、これは参院選に不利だから、という理由の辞任であって、発言そのものはいささかも撤回されていないし、繰り返されるのは誤解されたという、いわば菊川(聞く側?)の問題だといわんばかりの言葉である。
    15. そして、安倍首相はそういう久間氏をかばい続けたし、この場に及んでも更迭ではなく、本人にまかせて辞任させた。
    16. つまり。
    17. 安倍内閣として、この発言はまずいと思っていない、ということである。つまりは安倍氏が発言したも同じなのだ。
    18. ただ、参院選にふりだからやめるだけ、そしてそれを見送るだけ。
    19. そういう姿勢の内閣である事をしっかり見ておかねばなるまい。

http://www.asyura2.com/07/senkyo37/msg/502.html

    1.  「昭和史」などの著書がある作家の半藤一利(はんどうかずとし)さんの話 日本を早く降伏させるために原爆を落とした、というのは米国の勝手な理屈で、日本の防衛相が米国の考えを代弁する必要はない。それが日本人の全体の考えだと思う。日本国民の立場では、非道の兵器の使用は許しがたいことだと永遠に抗議してよく、人類のために言い続けなければならない。
  1. 軍事目的のための軍事手段の行使が「勝手な理屈」になるのか?
  2. なんとなく、反原爆教の念仏を唱えていれば、強迫観念としての念仏?
  3. ネットウヨの連中が「平和念仏教」と批判していたのが、よくわかる。
  4. 攘夷念仏教から平和念仏教へのお題目の変更。太平洋戦争は攘夷念仏教の一向一揆にすぎなかった。

http://www.asyura2.com/07/senkyo37/msg/503.html

    1.  しかも久間防衛相の場合、物議を醸す発言は今回が初めてではない。今年1月、イラク開戦について「ブッシュ米大統領の判断は間違っていた」と述べ、閣内不一致とも取れる米国批判を展開したのである。
  1. 従米原理主義と、反原爆原理主義の結合。過ち=反米=。

http://www.asyura2.com/07/senkyo37/msg/503.html

    1.  もっと問題なのは政府見解や大方の国民の共通認識に反する点だ。原爆投下はあってはならない絶対悪であり、唯一の被爆国として核廃絶・平和運動の大本としてきた。その否定につながりかねないのである。
  1. 反原爆教というべき宗教団体だったのか・・。

【久間発言関連の重要な視点:加害を無視して被害を語っても説得力なし】やはり被害者でいたがる日本人【戦争を語るブログ】 http://www.asyura2.com/07/war93/msg/698.html 投稿者 長兵衛 日時 2007 年 7 月 02 日 09:16:34: MaJgcT1FFKurk

    1. 実際、発言への反応は国民的にヒステリックと呼んでいいものでした。
    2. とにかく久間防衛相には、右派であれ左派であれ容赦なしという感じで、どこか狂熱的なところさえ感じたのはぼくだけでしょうか?
    3. この騒動を眺めて得たのは、やはり日本人は自分達のことを被害者にしておきたいんだなあという感慨です。
    4. 反核とか人類愛から防衛相の発言を批判した人がどれだけいたでしょうね?
    5. ぼくは広島・長崎の被災について何とも思わないということはないですが、あの出来事を特別視しようとする姿勢で右も左も一致してしまうところがどうにも異常に思えて仕方ありません。
    6. ・・
    7. もう、被爆者達の惨状を強調して日本の侵略行為を有耶無耶にしたり、アメリカを非難する口実に使うのはやめてほしいです。
    8. 歴史的経緯からいって、原爆が落ちた責任の半分は日本側が負わなければならないのだし、もしも被爆の地獄絵を言い立てるのが加害の事実を稀釈する意図によるならば、それこそ被爆者への最大級の冒涜というものでしょう。
  1. 「過ちは繰り返しません」というコトバの意味が微妙だな。「もう、アメリカさまに立て付くような、過ちは・・」という意味にかわっている。かも。俗儒の道徳性からいって、そうなるはずだ。
  2. その俗儒化された「反省」が反米になるのも必然だ。アメリカには加害行為をしていないのだから、アメリカに反撃を食らういわれはない。アメリカに、いわれなく、いじめられただけだ。
  3. 日本の原爆被害にだけ敏感で、他国の戦争被害に鈍感であること。一種の排他的集団主義か?
  4. なんで、アメリカが言っても怒らずに、キュウマが言うと怒るのか?

レジスタンスが石油法賛成議員に警告 [イラク情勢ニュース] http://www.asyura2.com/07/war93/msg/722.html 投稿者 white 日時 2007 年 7 月 03 日 09:16:32: QYBiAyr6jr5Ac

    1. 「われわれは彼らを恥ずべき犯罪の共謀者とみなし、彼らはムジャヒディンの懲罰から逃れられないであろう」と宣告した。

米国連邦議会調査部(CRS)の最新報告書『F22ラプターの対日輸出の可能性について』 http://www.asyura2.com/07/war93/msg/719.html 投稿者 passenger 日時 2007 年 7 月 03 日 02:52:31: eZ/Nw96TErl1Y

    1. 他用途戦術戦闘機F-22、通称「ラプター(猛禽)」の対日輸出について
    2. その便益と危険性の両面を検討した米国議会むけ報告書。
    3. この戦闘機の輸入を求める要請が日本から出ており、
    4. これに応えれば米国の軍需産業にとっても、米日の軍事作戦連携の
    5. 運用性向上にとっても利益が生まれるけれども、しかし
    6. 安倍政権の改憲路線と軍事強化路線の現状に鑑み、
    7. この戦闘機の対日輸出を許した場合には、東アジア情勢の不安定化を
    8. 助長する恐れもある、という指摘がみられる。
  1. 安倍の改憲路線は、アメリカの警戒するところである。

クルド労働者党(PKK)脱走者がトルコで「米軍がクルド人に兵器供給」と証言 [Press TV] http://www.asyura2.com/07/war93/msg/718.html 投稿者 はちまき伍長 日時 2007 年 7 月 02 日 23:48:25: Zpc9bbdVkJn3c

  1. 別に不思議でも何でもないニュースだが。
  2. ヒトによっては、有り得ないニュースであり、知っても速攻忘れてしまうニュースでもある。ボス猿の不利益情報は、追従ザルにとっては、覚えていてはいけない情報なのだ。

2007-07-02(月)

民主党「護憲派」は過去に有権者を裏切ったことがある http://www.asyura2.com/07/senkyo37/msg/431.html 投稿者 heart 日時 2007 年 7 月 01 日 23:45:56: QS3iy8SiOaheU

    1. 私が忘れられないのは、有事法制(戦争準備法案)をめぐる民主党内の護憲派議員の裏切りである。
    2. 2002年6月16日、歴史的な超党派の「有事法制に反対する集会」がおこなわれた。
    3. 近年最高の党派をこえた参加者6万人の集会であった。
    4. この集会には、社民党、日本共産党の国会議員とともに、民主党の議員も参加した。
    5. 私は、あの明治公園での民主党の発言を鮮明に覚えている。
    6. 「私は民主党の良識派を代表して・・・」と切り出し、社民・共産両党にひけをとらない気迫をこめて有事法制反対、戦争協力反対を訴えをした。
    7. あの時、私は感動した。
    8. 民主党の中にも少数でも立派な平和の担い手がいるということに。
    9. 腐敗する二大政党制の中に希望をみた気がした。
    10. ところが、翌年の有事法制の国会採決の時、一年前は有事法制反対の集会に社民・共産両党とならんで姿をみせていた民主党国会議員有志が集会に参加しなくなり、多くはこれまでの反対の態度を撤回して賛成票まで投じたのである。

http://www.asyura2.com/07/war93/msg/697.html

    1. ちなみに現在の読売新聞、巨人の生みの親である正力松太郎はCIA工作員として「ポダム」と呼ばれていました・・・

国際性のない、大いなる田舎者が今でもマジョリティー http://www.asyura2.com/07/war93/msg/694.html 投稿者 Sun Shine 日時 2007 年 7 月 01 日 19:30:10: edtzBi/ieTlqA

    1. ステレオタイプ的な言い方をすれば、ニューイングランドの白人は、カリフォルニアではとても見かけることが少なくなった真っ白の肌に、金髪、青い目、英語も”クイーンズ・イングリッシュ”(イギリス英語)をまねたような、気取った発音で、有色人種に対する差別の仕方は上品ぶっていてストレートには出さないが、陰険にして慇懃無礼。
    2. それに比べ、ディープ・サウスの白人は、日焼けして赤い肌に太った体、行動パターンは粗野で荒々しく、英語はゆったりした独特の南部なまりの英語で、有色人種に対する差別の仕方は田舎者ゆえのストレートなやり方。露骨に差別感情をむき出しにする。
    3. アメリカは多民族・多文化国家といわれているが、これは東部や西部の大都会の話。それ以外のところでは、大体、異人種・異民族に出会うこともないし、海外旅行にも行かないで自分の州内だけで一生を終えるという人が多い。
    4. その証拠にアメリカ人のパスポートの所有率は先進国の中でも飛びぬけて低いといわれている(20%かそれ以下だったような記憶がある)。
    5. 物質こそ豊富だが、アメリカのマジョリティーの連中のメンタリティーは、異文化接触のほとんどない未開の地と変らない。ブッシュも、大統領になる前はこういう連中と同じだった(全国紙は1紙(USA Todayしかし片田舎ではこれも売っていない)、TVの全米ニュースは1日にほんの何回か、しかもほんの短時間の放送だけであとは地方紙と地方TVのローカルニュースのみ)。
    6. こういう連中がアメリカのマジョリティーなのだ(これも近い将来、ヒスパニックに取って代わられるといわれているが)。
    7. この人もアメリカ人の国際性のなさに驚いて、パスポートの所有率を調べている。
    8. http://www.gyford.com/phil/writing/2003/01/31/how_many_america.php

2007-07-01(日)

年金問題の向こうに待つ地獄(神州の泉Blog)-社保庁解体の真の目的は年金への外資参入 http://www.asyura2.com/07/senkyo37/msg/359.html 投稿者 JAXVN 日時 2007 年 6 月 30 日 13:18:36: fSuEJ1ZfVg3Og

    1.  社保庁解体が当然であるかのようにテレ朝が報道したことに話を戻すが、社保庁解体の真の目的が、国民の怒りの沈静化ではなく、実は外資参入への幕開けだということに国民は思い至らない。自民党の売国勢力が真に危機感を持っているのは、解体後に組織される民間の年金機構が外資参入の目的を持つことを国民に知られることに他ならない。郵政民営化と基本は同じである。国民は今の年金問題の向かう先に最も恐ろしい罠が潜んでいることに気が付かない。新設の年金機構に外資が参入すれば、国民はいくら年金掛け金を積み立てても、それはけっして戻っては来ないだろう。なぜなら年金がごっそり奴らに収奪されるからである。これこそが真のクライシスである。怒りに任せて社保庁を攻撃する気持ちはわかるが、社保庁職員の怠慢などという次元をはるかに飛び越えた国富の収奪が目論まれていることを国民は知るべきである。莫大な郵政資金と莫大な年金資金が海外に流れたら、日本は事実上無一文国家に転落し、地獄のIMF傘下に入ることになりかねない。その時、日本経済は這い上がる余力さえ残されていないのだ。
    2. 何度も言っているが、売国マスコミに扇動されてはならない。」

http://www.asyura2.com/07/bd49/msg/589.html

    1. あなたがどこヘ行っても、わたしはあなたを守り、必らずこの土地に連れ帰る。わたしは、あなたに約束したことを果たすまで決して見捨てない
  1. ユダヤ人の神がユダヤ人をパレスチナの土地に連れ帰ったら、神はユダヤ人を見捨てる。

http://www.asyura2.com/07/bd49/msg/596.html

    1.  アメリカが政財界挙げて小泉政権には一定の理解を示したのは「イラク派兵と言うイヤな仕事」をやってくれたからではありません。小泉政権が掲げた構造改革の中に、アメリカの商機を増やす効果だけでなく、規制緩和によって「公式の問題解決システム」が動いてゆくだろうという大きな期待があったからなのだと思います。
    2.  それが立ち行かなくなり、感情に流されるままに「非公式の決定」へ依存するような流れが出てきている、今回の「慰安婦決議」に関してはそうした流れの警告も含まれているようにも思うのです。そう言えば「ふるさと納税」などという「非公式の納税制度」がまだ取り沙汰されているあたり、病理は相当に深いと言えるのではないでしょうか。
  1. 気持ちは分かるが、《ヒトの群れ》というのは圧力をかければ反作用が強くなるモノだ。そこらへんを理解していないアメリカの政治家の頭も、ヒト並みとはいえない。

http://www.asyura2.com/07/bd49/msg/596.html

    1.  それ以上に奇怪なのは、社会保険庁全体の不祥事だとして、現在ないし過去の職員に賞与の「自主返納」を求めている、またそれを世論が後押しするよう報道機関が煽っているという問題です。明らかに事務処理上の過失や、大局的な判断ミスがあったのですから、その責任を個別に全て告発し、責任のある人間には立法措置による賞与ないし給与の「強制的返納」を求めるのが筋でしょう。逆に勇気をもって告発を行った人物、明らかに創意工夫に富んだ問題解決への実務能力をもった人物は抜擢して優遇すべきでしょう。
    2.  そうした信賞必罰を全て「公式の処理」として行わなくては問題はいつまでも続くのだと思います。特に危険なのは「自分は自主的に賞与を返納し、経済的な苦境や家族の反発など大変な痛みを背負ったのだから」もう自分の地位は安泰だ、とか「これで役所に貸しができた」という意識を持つ人種が相当に出る可能性です。こうした意識が生まれるようではトラブルの処理はいつまでたっても終わらないでしょう。
  1. そうなんだよね。何故なんだろう?

http://www.asyura2.com/07/bd49/msg/596.html

    1.  そうした国々では、どちらかと言えば、高い教育を受けて富裕な地位にある人間の方が過去への反省を口にし、現時点で不満を抱えたり自尊感情を奪われた状態の人間の方が過去の名誉回復を求めて排外的になる、そうした現象は一般的にあります。ですから、そういう心情の延長に「ホンネでは謝罪したくない」という世論が生まれてくることは理解はされるでしょう。ですが、これだけの経済規模を誇る大国の政権がそうした心情を政権の求心力にしているというようなことは、どう考えても「みっともない」ことだ、それが世界の常識だと思います。
  1. なぜか、日本人は、日本が大国だとは思っていない。もっとも惨めな国だと思っている。何故なんだろう?

http://www.asyura2.com/07/bd49/msg/596.html

    1.  アメリカの「知日派」という人たちの間では、日本政府の姿勢にみられる「公式」と「非公式」の使い分けというのは良く知られています。例えば政策に関して影響力を行使しようとすれば「ホウリツ」ではなく「ギョウセイシドウ」という「非公式のレギュレーション」に目をつけて、そこに「ガイアツ」をかけていけば突破できるというような感覚はあるのです。
    2. また「イエス」という「公式の回答」が霞が関から出てきても決して信用してはならず「タテワリギョウセイ」の弊害でどうせ時間がかかるから裏から攻めた方が早い、そんな議論も「対日政策立案のシンクタンク」などでは語られているのです。
    3.  保守派の日本通学者と話しているときに「どうしてアメリカは靖国参拝に積極的なグループに寛容なのか?」と尋ねたことがあるのですが、「そうでもしないと防衛費の負担をしてくれないから」という答えを返しながらその学者の見せた、まるで「劣等な人々のことを語るような皮肉めいた表情」を忘れることはできません。
  1. これは面白い分析だ。法則性を逆手に取って利用する、という近代精神だね。

http://www.asyura2.com/07/bd49/msg/596.html

    1.  問題は日本政府の持っている価値観にあるのではなくて、価値観というものそのものへの姿勢にあるのだと思います。それは「公式」と「非公式」を区分けして、それぞれに全く異なる価値観や全く異なる問題解決を当てはめて、場合によっては対外的には「公式」の顔を見せながら、国内的には「非公式」の基準で問題を処理する、そのようなアプローチそのものにあるのだと思います。
  1. ホンネとタテマエが非難されている??
  2. そりゃそうだ。しかし、江戸時代の政治家は、あくまでもタテマエを貫き通すことを是としていたはずだ。ホンネは、もっと、隠然と処理していたはずだ。その使い分けをわきまえない現在の日本の政治家の、政治家としての資質に問題がある。

http://www.asyura2.com/07/bd49/msg/596.html

    1. 日本の現政権が隣国への強引な植民地経営を続けたり、第二次大戦へ突入した歴史の全てを正当化しようなどという意図のないことは国際的には理解されているのです。
  1. それは誤解ではないのか?

札幌の道立高 「胸触られた」120人苦情 女生徒 内科検診終了できず [北海道新聞] http://www.asyura2.com/07/bd49/msg/588.html 投稿者 white 日時 2007 年 6 月 30 日 14:50:16: QYBiAyr6jr5Ac

    1.  同日、学校から相談を受けた学校医が、大学病院の医局を通じて男性医師から事情を聴取。その結果《1》乳房の下部に位置する心尖(しんせん)部の心音を聴くため、ブラジャーを外したり乳房を持ち上げたりした《2》短時間で行うため、聴診しながら同時に胸郭のゆがみを調べる触診もした−と判断。これらは正当な医療行為で、他の医師より丁寧に診察したことが誤解を招いたと結論付けた。検診では胸郭の異常を調べることなどが定められており、また、この医師は他校の検診で問題になったことはないという。
    2.  検診の二日後、臨時全校集会で校長が「校内において不安で不愉快な思いをさせ申し訳ない」と謝罪した上で、「(医師は)大学病院勤務で学校検診は不慣れだった」などと説明した。さらに、女子生徒の保護者に家庭訪問などで説明したほか、ショックを受けた女子生徒には専門家によるカウンセリングも行った。
    3. ・・
    4.  また、学校医が「学校のアンケートが混乱を大きくした。正当な医療行為だと生徒や保護者に説明することが先だった」と学校の対応を批判。六月十五日に辞表を提出している。
  1. 何と言うかなぁ・・。感情が正しい、という風潮なのかな。

党利党略ならぬ「国民利国民略」のススメ http://www.asyura2.com/07/senkyo37/msg/395.html 投稿者 heart 日時 2007 年 7 月 01 日 00:01:50: QS3iy8SiOaheU

  1. 民利民略党というのが『よい』かも。

http://www.asyura2.com/07/senkyo37/msg/368.htmlコメント:ソ連の対日参戦は、米##英の要求の下にドイツ降伏3ヵ月後に行われた、というのが正確な因果関係であり、原爆の投下との直接の関係はない

    1. (現に、広島への原爆投下は8月6日→ソ連対日参戦は8月8日→長崎への原爆投下は8月9日であり、ソ連への抑止力にはまったく役立っていない!)。
    2. 事実関係の時系列も因果も理解できずに、自国への攻撃を正当化するような人物に「防衛大臣」を任せていて、日本の国防に対して重大な不安と疑問が沸くのは私だけだろうか?これは防衛問題に関する、近年稀に見る大不祥事なのではないか?
Last modified:2007/08/02 10:47:46
Keyword(s):
References:[ゴミ箱]