FrontPage  Index  Search  Changes  wikifarm  Login

ゴミ箱2006-11

2006-11-29(水)

http://zh.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%B1%E6%84%8F%E9%AB%94%E5%89%8D%E5%B1%88

    1. 在2006年1月22日,台灣的大學入學學科能力測驗國文科試題中,其中有一題是將被誤用的語言(被報章雜誌或是網際網路影響後的用法)改成正常的白話文,其題目範例中出現:「3Q得Orz→感謝得五體投地」一段,引起輿論相當大的爭議。教育考試制度爭議。
  1. 2006年1月22日に,台湾の大學の入学試験の国文科の試験の中に、間違ったコトバの用法とその訂正の例として「3Q得Orz→感謝得五體投地」という一段があった。これが大論争を引き起こした。とかや。
  2. 五体投地というのは、チベット仏教徒のお祈りの姿だから、たぶん、この国文科の問題を作った人の理解は間違っていたのだろう。
  3. うむ・・。「3」は中国語でも「san」なのだね。で、中国人も「san」と「than」の違いは区別がつかないということか。

永遠であることが希望の条件ではない。 人生は永遠ではない、 国家は永遠ではない、 人類も永遠ではない。 宇宙でさえ永遠ではない。 永遠であることが希望の条件ではない。 絶望せよ、 全てに絶望せよ。 そして、自灯明を灯せ。 自灯明で照らせ。 全てを自灯明で照らせ。

http://www.asyura2.com/0610/senkyo28/msg/646.html

    1.  日本のマスコミは新聞もテレビも、国際社会が圧力を強化することで、北朝鮮に核放棄という決断をとらせることが可能との幻想にもとづいた紙面や番組を編成しているが、これは読者、視聴者に対して不誠実と思う。「核クラブ」は核保有国のエゴを剥き出しにしている。各国の個別事情も重要だ。中国は国内に朝鮮系少数民族を抱え、北朝鮮情勢の混乱による大量難民の流出を懸念する。韓国は北朝鮮を封じ込めることよりも、歴史認識で日本を攻撃することに魅力を感じている。ロシアは北朝鮮の核やミサイルが拡散し、チェチェンや中央アジアのイスラム過激派に渡ることを懸念している。
    2.  各国が露骨に国益を追求している状況下では、日本は日本の国益を断固追求するしかないのだが、具体案が筆者にも見えてこない。日本が核武装を唱えれば「核クラブ」のエゴに叩き潰される。金正日暗殺カードで北朝鮮を揺さぶる謀略能力もない。いずれにせよマニュアルで対応できない事態に日本は直面している。自分の頭で考える外交戦略を構築できないならば、日本国家が生き残れなくなるような深刻な事態が現在生じつつある。(起訴休職外務事務官)
  1. さて・・・・・

http://www.asyura2.com/0610/senkyo28/msg/646.html

    1.  外国人情報専門家たちと話すうちに、国際インテリジェンス・コミュニティーのコンセンサスがだいたい見えてきた。情報のプロたちは歴史の教訓を重視する。いったん核兵器を手にしたにもかかわらず、国際社会の圧力に屈して廃絶した例は南アフリカ共和国(南ア)しかない。その結果、国際政治に与える南アの影響力は著しく低下し、経済状態も悪くなった。核不拡散体制に対抗し核実験を強行したインドとパキスタン、さらに公式の表明はしないが核保有国と見られているイスラエルは核カードを用いて国際社会における発言力を格段に強めている。このような事例を深く研究した北朝鮮が核兵器を放棄する可能性はないというのが、インテリジェンスの世界でのほぼ満場一致の分析だ。
    2. ・・
    3. 悪魔とでも手を握る核クラブのエゴにどう対処すべきか
    4.  米中露3国の「核クラブ」は不拡散のために北朝鮮という悪魔と手を握ることになると筆者は見ている。兆候はすでに出ている。3国首脳で対外インテリジェンス専門家としての履歴をもつのはプーチン露大統領だけだが、10月25日にはじめての本格的シグナルを出した。
    5. 「ロシアのプーチン大統領は25日、テレビの生放送に出演し、約3時間にわたって国民からの質問に答えた。北朝鮮の核実験については『北朝鮮を追い込むべきではない』と述べ、各国に寛大な対応を求めた。(中略)北朝鮮に近いロシア極東ナホトカの市民からの質問に対し、プーチン大統領は『(核実験は)まったく許されない』との見方を改めて示した。一方で『緊張を高める以外方法がないような袋小路に相手を追い込む必要はなかった』と、米国を念頭に批判。『安全保障と平和目的の核開発が保証されれば、北朝鮮に6者協議復帰の用意があると聞いている』と述べた」(10月26日付朝日新聞朝刊)
    6.  インテリジェンスの常識で、この種の話が国家元首の口から平場に出てくるときは、裏での工作は相当進んでいる。米CIA(中央情報局)がヒュミント(人的諜報)体制を強化しているというのも、このような裏外交・裏工作に備えてのことなのである。

『心よりも態度(?)』「愛国心」条項で文科相(共同通信) http://www.asyura2.com/0610/senkyo28/msg/639.html 投稿者 戦争とはこういう物 日時 2006 年 11 月 29 日 12:46:28: N0qgFY7SzZrIQ

    1.  国を愛する態度については、たとえば毎日指導者を国民が称える北の隣を見習うということだろう。

北朝鮮は悪い。なぜなら日本と対立しているからである。証明終わり。 #北朝鮮は悪い。なぜなら日本人は北朝鮮が嫌いだからである。以上、証明終わり。

3年内閉鎖を否定/普天間飛行場【「県民だまし」と批判宜野湾市長】―沖縄タイムス http://www.asyura2.com/0610/senkyo28/msg/625.html 投稿者 天木ファン 日時 2006 年 11 月 28 日 23:50:18: 2nLReFHhGZ7P6

    1. 久間章生防衛庁長官は二十八日午前の閣議後会見で、米軍普天間飛行場の移設問題をめぐり、県知事選に当選した仲井真弘多氏が選挙公約に挙げた「三年以内の閉鎖」の可能性について、米軍の運用上の理由から「事実上、できない」と強く難色を示した。
    2. ・・
    3.  【宜野湾】伊波洋一宜野湾市長は二十八日、久間章生防衛庁長官が仲井真弘多新知事の公約「米軍普天間飛行場の三年以内閉鎖」を否定したことに対し「県知事選で仲井真氏を全面支援したにもかかわらず、県民をだます行為だ」と批判した。
  1. 味方には、バラ色の公約をさせて、当選したら「お上の都合により出来なくなりました」ですます。
  2. バラ色の公約を、さも実現可能なように見せかけることに協力することが「前面支援」という意味なのだよ。
  3. 「県民だまし」で当選させる作戦を「全面支援」したのだよ。わっかるかなー?

教育再生会議:非公開のまま1カ月 議論は不透明 「英米偏重」内部批判も (毎日新聞) http://www.asyura2.com/0610/senkyo28/msg/630.html 投稿者 彗星 日時 2006 年 11 月 29 日 04:56:25: HZN1pv7x5vK0M

    1.  同日の分科会では「主要国の教育改革の動向」として、米英の教育改革に関する資料が配布された。しかし、当の委員から「なぜ英国や米国流ばかり参考にするのか」「これから話し合う資料が全く提示されていない。どう考えているのか」と異論が続出した。
    2.  安倍首相や山谷えり子首相補佐官がサッチャー元英首相の教育改革を模範としているのは知られている。一方、高水準の学力を維持している北欧諸国の例は示されず、議論の方向性に「結論ありき」の雰囲気がにじむ。委員は「高い教育水準を持つ日本が英国をまねる必要はない」と内部批判をした。
    3. ・・
    4. 途中経過が伝えられると混乱するというのは国民の理解力に疑問を呈しているのと同じことだ。

http://www.asyura2.com/0610/war86/msg/509.html

    1. シオンとの架け橋 http://blog.mag2.com/m/log/0000019965/107972558.html
    2. 11/28
    3. *パレスチナの多くの武装勢力は、停戦を利用して武器の補給や戦闘員の訓練を行う構え。「補給のために停戦に応じた」との声も。・・そりゃ、イスラエルも同じだ。
    4. *国防軍は西岸地区で15人の武装勢力を拘束。ジェニン近郊では戦闘でPRCのメンバー2人が死亡した。

http://www.asyura2.com/0610/war86/msg/509.html

    1. (Jeremy Bowen記者)
    2. 「まず率直に言って、停戦が崩壊しても誰も驚かないでしょう。
    3. しかし今回は、ひょっとするとうまくいくかもしれません。
    4. 双方が停戦を必要としているからです。
    5. イスラエルは夏以来ガザ地区に侵攻して、武装組織鎮圧を行った
    6. にもかかわらず、いまだにロケット弾攻撃を防ぎ切れず、
    7. パレスチナ側は四百人以上の死者と1500人の負傷者を出しています。
    8. 双方とも停戦を望んでいるんです。
    9. 更に和平が進む可能性もあります」
    10. (Dateline London:BBC)
    11. (Abdel Bari Atwan:Al Quds Al Arabia)
    12. 「ガザの人々は数百人が殺害され、四か月から五か月も
    13. 医薬品も食糧も水もなく、国際社会の協力もなく、
    14. 人々は疲れ切っています。
    15. イスラエルはやりたい放題やっています。
    16. 西側諸国はこれに目をつむっています。
    17. ですからパレスチナは停戦を受け入れました。
    18. これはもう何かを食べたいからです。
    19. 怪我した人を治療したいからです。
    20. だから停戦に合意しているんです。
    21. 病院に行きたいんです。
    22. イスラエルは人道的な危機を演出しているんです。
    23. だからこそガザの人々は停戦を支持しているんです」
  1. そうだね。悲劇には限界が必要だ。

http://opentechpress.jp/developer/article.pl?sid=06/11/28/0155238

    1. GNOMEウェブサイト開発チームにとってありがたいことの一つとして、 GNOMEコミュニティの規模を考えるとwgoのコンテンツ量が驚くほど少ないということが挙げられる。 「about」セクションを KDE のものと比べてみると、 Gil氏が「wgoは、できるだけ小さく保っておきたい」とする理由は明白だ。ここで最も難しい作業は、何を、誰に、どう説明するのかを決めるということだ。特にウェブサイトを「誰に向けて」作るのかという問題は、誰も彼もが「うちの祖母は…」や「大学のルームメートが…」など思い出される限りの知り合いについての軽率な意見を述べ合い始める 木を見て森を見ず的な回りくどい議論になってしまうとして悪名が高い。このような議論は現在も時折持ち上がるが、その場合ウェブサイト開発チームは単純に、 GNOMEマーケティングチームが最近行なった例に習うことにしている。つまり、主要ターゲットを「ソフトウェアあるいは自由についての興味を持つホビイスト、独立系のソフトウェア開発者、公共機関、ジャーナリスト」に定めるということだ。
  1. 本を書く時に、一番難しいのは、「ここで最も難しい作業は、何を、誰に、どう説明するのかを決めるということだ」。

2006-11-28(火)

【経済的に困窮して支払うゆとりのない家庭が増えている】 全国公立小中で給食費滞納18億円  【読売新聞】 http://www.asyura2.com/0610/hasan48/msg/536.html 投稿者 愚民党 日時 2006 年 11 月 28 日 01:48:39: ogcGl0q1DMbpk

    1.  給食費については、学校給食法で保護者が負担するよう定め、経済的に支払いが困難な世帯には、自治体などが基本的に全額補助する制度がある。文科省によると、公立小学校の給食費の平均月額は約3900円、中学校で約4500円(いずれも04年5月現在)となっている。

http://www.asyura2.com/0610/war86/msg/491.html

    1. パレスチナ問題が解決されれば、イスラエルが国家として存続できる可能性が一気に高まるが、解決できないままイランなどとの対立が深まれば、イスラエルは終わりである。

http://www.asyura2.com/0610/war86/msg/491.html

    1.  イランが核兵器を開発している兆候はないというのは、国連や米CIAも認めているところであり、イスラエルはイランを先制攻撃する必要などまったくない。好戦的な論調は、イスラエルを不必要に自滅に近づけている。

http://www.asyura2.com/0610/war86/msg/491.html

    1.  フランスが100年前に敷いたレバノンの現政治体制は、実際の人口比に関係なくマロン派の優位が決まっている。レバノンではこの体制を守るため、もう長いこと人口調査が発表されず、ゆがんだ制度になっている。
  1. フランスも民主的だ!!

http://www.asyura2.com/0610/war86/msg/491.html

    1.  このような、目立たず時間はかかるがリスクの少ないやり方で、シリアはレバノンでの影響力を強化した。ジュマイエル家も、05年に暗殺されたハリリ元首相も、シリアが支配的だった時代には、反シリア的な言動を避けていた。それが変わったのは2003年にアメリカがイラク侵攻し、ブッシュの中東民主化の一環でシリアも政権転覆の対象にされてからである。
    2.  04年ぐらいからレバノンではシリアを追い出す「民主化」運動が盛んになり、05年2月のハリリ暗殺後、アメリカがこの運動を積極支援するようになり、シリア軍はレバノンから撤退した。マロン派の守護者であるフランスは再びレバノンに介入し、もともとファシストのジュマイエルも反シリア色を強めて「民主主義の推進者」になった。
  1. なんか、嫌な野郎だったのか。

http://www.asyura2.com/0610/war86/msg/491.html

    1.  自国の軍事作戦を失敗させてしまう特殊部隊や諜報機関の勢力は、イスラエルだけでなく、アメリカやイギリスにもいて、彼らのせいで、イラク占領は失敗し、アルカイダはいつまでも正体不明のままになっている。アメリカのアメリカのネオコンやチェイニー副大統領は、彼らの一味であると考えられる。歴史的に、英米イスラエルの諜報機関は、イギリス軍の諜報機関(今のMI6など)を組織的な原点としており、半ば国家の枠を超えた秘密組織になっている。
    2.  ドイツのヒットラーや戦前の日本を引っかけて大敗北させたのは、この米英の諜報機関の作戦であろう。ソ連を扇動して冷戦に持ち込んだのも、彼らが関係している。この軍事諜報組織のおかげで米英イスラエルは戦争に強いといえる半面、この組織のせいで米英イスラエルは「戦争中毒」から逃れられない。昨今は、この組織が、米英イスラエルを自滅させて世界を多極化することに貢献しているように見える。

http://www.asyura2.com/0610/war86/msg/491.html

    1.  シリアが犯人でないとしたら、誰が犯人なのか。名前が挙がっているのはイスラエルである。レバノンでは1970年代以来、シリアとイスラエルが影響力の競争をしてきたが、今夏の戦争でイスラエルがレバノンのシーア派勢力ヒズボラを倒せなかったため、ヒズボラの力が強まり、イスラエルは不利になっている。この不利を挽回するため、以前からレバノンで活動しているイスラエルの諜報機関がジュマイエル暗殺に動き、欧米マスコミ内部の親イスラエル勢力がシリア犯人説を声高に叫んでいるのではないか、という説である。
    2.  イスラエルが犯人であったとしても、それはイスラエル政府のトップダウンの組織的犯行だということにはならない。イスラエルの軍や諜報機関の内部には、自国を不利にしてしまう自滅的な行為をする右派の勢力がいる。彼らは、今夏のレバノンでのヒズボラとの戦争の際にも、本来は反ヒズボラの意識が強かったレバノンの一般市民の社会インフラを破壊し、撤退直前に国際法違反のクラスター爆弾を120万個ばらまいたりして、イスラエルを世界の嫌われ者にしてしまうことをやっている。
    3. ・・
    4.  イスラエル犯人説は、レバノンで昨年ハリリ元首相が暗殺された際にも出てきたが、それはアメリカの反シオニスト系の国際政治分析ウェブログなどに書かれるぐらいで、完全に少数意見だった。しかし今回のジュマイエル暗殺では、世界のマスコミで、かなりはっきりとイスラエルに対する嫌疑が出てきている。イスラエルは、この2年弱の間に、かなり悪者にされてしまっている。反イスラエルの傾向が強い衛星テレビ「アルジャジーラ」の英語放送も最近始まった。

イスラエル軍が西岸でパレスチナ人二人を射殺 http://www.asyura2.com/0610/war86/msg/477.html 投稿者 妹之山商店街 日時 2006 年 11 月 28 日 07:41:06: 6nR1V99SGL7yY

  1. 停戦条件はガザ地区からの地上軍の撤退であって、西岸地区での撤退や暗殺作戦の停止ではない。ということね。
  2. http://www.asyura2.com/0610/war86/msg/495.html
    1. イスラエル・ニュース
    2. 2006年11月26日(日) *パレスチナ武装勢力との停戦合意が成立したと首相官邸が発表。また、全武装勢力が合意したと自治政府も発表した。停戦合意は日曜朝6時から発効する。この合意は西岸地区には適用されない。(P,H,7,Y)

http://www.asyura2.com/0610/war86/msg/471.html

    1. タラバニ大統領 イランに支援要請(コリエレ紙速報)
    2. テヘラン発  11月27日 17:36
    3. イラクのクルド人大統領ジャバル・タラバニ氏がテヘランを訪問。
    4. 中東諸国のバランスに非常に重要な意味がある政治的会談。
    5. アハマディネジャド イラン大統領と会談したイラク大統領は、
    6. イラクの安定にイランの’全面的’支援を要請した。
  1. いまいち、力関係が分からぬ。
  2. イラクのクルド人大統領・・うーん。
  3. イランとアメリカとは準戦争状態にある。イラクはアメリカの占領下にある。アメリカの占領下にあるイラクの大統領が、アメリカと準戦争状態にあるイランに支援要請をする・・・。
  4. アメリカはイランに協力してほしいが、イランに借りを作りたくないので、イラン大統領が出かけたわけか・・。もっとも、アメリカに「借り」は通用しないけどね。「借り」に対しては健忘症。「貸し借り」という思考様式ではないのか。「損得」の思考様式。「借り」は踏み倒すと「得」になる。という思考様式。

http://www.asyura2.com/0610/war86/msg/466.html

    1.  バグダッド発、11月23日  占領から3年半がたって、イラクの医療システムは1990年第1次湾岸戦争後の経済制裁期間中に見られたよりも低い水準に落ち込んでしまった。
    2.  世界保健機関(WHO)はイラク国民の保健環境は極度に危機的な状況にあると発表した。
    3. ・・
    4.  サダム・フセイン政権は2003年3月の米軍侵攻まで、ほとんどのイラク国民になんとか基本的な医療サービスを無料で提供してきた。医薬品は政府が輸入し、民間診療所と病院に現実的な価格で売られた。
    5.  保健省は今、支配政党との政治協定のもとにシーア派の聖職者ムクタダ・サドルの配下に握られている。保健省への宗派的影響は保健医療の深刻な妨げとなってきた。
    6.  ある医者は、「バグダッドの保健省は医療について何も知らない礼儀知らずな連中に支配されている」とIPSに語った。「省全体が宗教関係者に支配され、彼らは保健省を隠れミノにして自分たちの民兵を暗殺チームの司令部に連れ込んだ。解雇された同僚の多くは彼らを守るべき者たちによって追放され、あるいは誘拐されたのだった。他の同僚たちも辞職し、イラクから去った」。
    7.  民間機関であるイラク医療協会(IMA)は今月初め、医療システムは悪化し続けており、適切なスタッフと設備が不足していると発表した。IMAは全国180近くある病院の90%で基礎的な資材が不足していると見積もっている。
    8. ・・
    9.  IMAは今月、2003年以前に医師登録した3万4000人のイラク人内科医の半分以上が国外に避難し、少なくとも2000人が殺された、と発表した。
    10. ・・
    11.  メダクト(Medact、イギリスの医療専門家NGO)は、イラクでは下痢や呼吸器疾患のような簡単に治療できるものが、子ども全死亡数の70%で死因となっている」と報告した。そして、「アメリカが2005年末までに建設すると期待していた180の診療所のうち、完成したのはわずか4ヶ所だった−−開業したものはゼロだ」。
  1. どうかしているんだよ。戦後の占領期間中には福祉政策をしなければならないというのは、道義的というより、作戦上の鉄則のはずだ。

2006-11-27(月)

http://opentechpress.jp/enterprise/article.pl?sid=06/11/23/0454211

    1. マネジメント手法に関する書籍でコンピュータプログラマを統率する方法について述べたものは滅多にない。やがてはありふれたものになるであろうそのような数少ない書籍では、こうした方法を「猫を手なづける」ことにたとえており、J. Hank Rainwaterの著書ではこの表現がそのままタイトルとして使われている。このたとえは、プログラマの統率がいかに企業の本流から離れた仕事であるかを示すと同時に、一筋縄ではいかないというこの仕事の本質をうまく表している。通常、IT部門には社内の他部門とは別の文化があるため、IT部門のマネジメントを成功させるにはその文化を理解するとともに他部門との橋渡し役としてお互いの立場の説明に努めなければならない。
    2. ・・
    3. マネジメントの権威たちは通常、有能なリーダーの特徴に注目し、どうすればそうした特徴を模倣できるかに重きを置いて研究を進めている。そして野心的なマネージャたちに剣豪や極地探検家、あるいはヘンリー5世のような英雄的な自己イメージを抱かせる。しかし、そうした検討結果もイメージもギーク系開発者のマネジメントでは役に立たない。彼らが関心を寄せるのは物事の結果であり、本物であれ作られたものであれカリスマ的資質には関心を示さないからだ。ギークたちのグループをうまく統率できるようになるには、彼らに自分の実力を示さなければならない。彼らの専門分野で自らの腕前を披露してもよいし、彼らが持っていない有益な知識を授けてもよい。本当に効果的にことを運ぶためには、さらに踏み込んで、自らの専門的技量がグループと各メンバーの目標達成に役立つこと、また少なくとも他の誰よりも深い知見があることを証明する必要がある。
    4. 実力を示すまでは、たとえ元プログラマだったとしても、力量を問われていると思っておくとよい。細々とした点まで試されるのは腹立たしいだろうが、好ましいのは、有能さを示せばすぐに認めてもらえる可能性がある点だ。前に勤めていたある会社の最高技術責任者(CTO)は、何年もプログラミングから遠ざかっていたとはいえ優れた知識を身に付けていた。開発者たちはいつも彼の決定に異議を唱えていたが、彼が開発者のコードに厳しいながらも的確な批判を与えるようになって状況は変わった。それ以来、開発者からの反論はぴたりと治まったのだ。
  1. http://opentechpress.jp/enterprise/article.pl?sid=06/11/23/0454211&pagenum=2
    1. この分野の多くの権威や彼らの教えに従うマネージャは相変わらず、昇進、給与、特別手当といった自分たちを動機付けるものがプログラマの動機付けにもなる、と思い込んでいる。そうしたプログラマの文化を知らない人々は、自分たちの考え方が間違っていることをなかなか理解できないかもしれない。
    2. ・・
    3. 毎週のようにピザパーティを開いたり、ナイトクラブでプロジェクトの完了を祝ったりすれば、人事部門のチームは満足するかもしれないが、IT部門のプログラマは職場から連れ去られるのに抵抗するか、あるいはコーディングの山場を抜けたばかりであれば家族と過ごす時間を奪われることに腹を立てるかのどちらかだろう。彼らにとっては待ち遠しいイベントどころか、ありがた迷惑な拘束としか映らないのだ。
    4. こうした決まりきったやり方でプログラマのやる気を高めようとするのではなく、本当に彼らに意味のあるものを与えられる本質的な褒賞の実現を検討すべきである。たとえば納期を守ることができた者には、その責任を全うできる範囲内で、プロジェクト内での自主性を高めたり、プロジェクトリーダーの役割や在宅勤務の権利を与えたりすることで報いるのだ。FOSSの開発者の場合は、納期に間に合わせることができたらフリープロジェクトで活動する時間を与えるとよい。たとえそのプロジェクトが会社にとってすぐに使えるものでなくても、後で役立つかもしれないし、そうした協力の実施によって、将来的に入社の可能性がある人々の間で会社の評判が上がることにもなる。
    5. やる気を与えるために最も重要なのは功績を認めることだが、FOSS開発者の場合は特に、文化的な違いを忘れてはならない。ほとんどの開発者は、ミーティングの場で褒められたり月間最優秀社員賞に選ばれたりしても困惑するだけだろう。むしろ、功績をきちんと認めていることや社内の他の場所で称賛を耳にしたことを部下たちに伝えるべきである。

2006-11-26(日)

あなたが世界権力を持っていたらどうしますか? http://www.asyura2.com/0610/idletalk21/msg/154.html 投稿者 ワヤクチャ 日時 2006 年 11 月 26 日 16:51:21: YdRawkln5F9XQ

  1. 権力を狙う追従者に囲まれて生活するのは、《仕合わせ》ではない。
  2. 修身・斉家・治国・平天下。家の中で父親として、最高権力を持ったとして(持てていないが・・)、家の中の平和と繁栄を願うだろう。
  3. 世界権力を持ったとしても、基本的には同じだろう。ただし、問題は、周囲の人間が、権力亡者の追従者に囲まれることになる、という点が異なる。そうなると、猜疑心と人間軽視という病的な症状を発することになる。
  4. 世界権力になると、権力者の決断は、目的は、どうなるのか? 何もしなくても平和と繁栄が達成される仕組みを作ってしまった後では、権力者は何もすることが無くなってしまう。あとは、権力亡者たちとの不仕合わせなお付き合いが始まるだけだ。
  5. イスラエルの繁栄を求めて、ゴイムを家畜化する、という宗教的使命感を持った場合にはどうなるか? 反抗するゴイムを殺しまくる。で、平定されたら、何をするのか? 宗教的使命感に基づいて、ゴイムに反抗させ、反抗したゴイムを殺しまくる。で、それで、ゴイムが居なくなったらどうするのか? イスラエルの中からゴイムを選び出して、家畜化する。で?
  6. ライオンとシマウマに種を分離する? それが、イスラエルの永遠の繁栄ということになるのだろう。しかし、シマウマはライオンの100倍はいなければ、それは維持することができない。しかし、隠然たる「制度」を使えば、可能かもしれない。
  7. シマウマから、ヒトとしての知性を奪い去って、ヒトの文明の成果を得ることができるか? ヤプー? 
  8. ゴイムの家畜化、愚民化はうまくいっているか? うまくいくか?

http://www.asyura2.com/0610/asia6/msg/637.html

    1.  日本政府が22日に発表したところによると、日本は現在、戦後最長の景気拡大を記録している。
    2.  ここで「戦後」という修飾詞がついているのは、戦前、すなわち1945年の敗戦以前にもっと長い好景気があったという意味で、学者らによると19世紀末に64カ月間におよぶ長期の景気拡大があったという。この未曾有の好景気は1892年に始まって、1898年に幕を閉じた。
    3.  その間に清日戦争(日清戦争、 1894−1895年)があったことから、この好景気が「戦争特需」によるものだったことがわかる。清国から戦争賠償金として支払われた3億6000万円は、当時の日本の国家予算の4倍、日本が費やした戦争費用の1.5倍に相当したという。まさに「戦争ビジネス」で巨利を手にしたのだ。このカネが還元されたことで、好景気が続いたとみられる。
    4.  ご存じのように、清日戦争はどの国が韓国を手に入れるかをめぐる植民地争いだった。それゆえ韓半島(朝鮮半島)が戦場となった。韓国が被害を受けたのはもちろん、続く露日戦争(日露戦争)を経て日本の植民地になるという悲劇を味わった。ということからもこの最長の好景気も、韓国人の立場からすると非常に気分の悪い話なのだ。
    5.  だがそれよりももっと気分を悪くさせる日本の好景気は、1954年12月から1957年6月までの31カ月間続いた「神武景気」だ。
    6.  戦後最初の長期景気拡大となった神武景気の間に、日本経済は米国の援助により名実共に独立するという発展を成し遂げた。神武景気という名称は日本の神話に登場する初代天皇「神武」の名をとったものだ。日本政府が1956年の経済白書で「もう戦後は終わった」と宣言したのを見ても、当時の興奮ぶりを察することができる。
    7.  この景気の踏み台となった事件こそ、われわれの悲劇である韓国戦争(朝鮮戦争)だ。日本は参戦した米軍に軍需物資を供給し、莫大な資金を蓄積した。例えば戦車を修理することで重工業が復活し、軍服を供給することで繊維業が復活するという具合だった。韓国戦争を通じ、日本が得た直接的・間接的な恩恵を額にすると計46億ドルに上るといわれている。
    8.  その十数年後、韓国経済が近代化する上で肥やしとなった対日請求権による資金が8億ドル(無償3億ドル)程度だったことを考えると、瞬間的に怒りと虚無感の入り交じった感情がこみ上げてくる。

北朝鮮「主体思想」は日本「国体思想」を朝鮮流に翻案したもの http://www.asyura2.com/0610/asia6/msg/629.html 投稿者 影の闇 日時 2006 年 11 月 26 日 00:22:20: HiXvZf/FmwPNU

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/world/20061126/20061126_013.shtml

    1.  イスラエル軍は11月8日にガザ北部の住宅地を誤って砲撃し19人が死亡、武装勢力側は報復としてイスラエル南部へのロケット弾攻撃を強め、イスラエル住民にも2人の死者が出ていた。ガザ地区では5カ月にわたる軍の攻撃で300人以上が死亡した。

http://www.asyura2.com/0610/war86/msg/412.html

    1. シオンとの架け橋
    2. http://blog.mag2.com/m/log/0000019965/107947534.html
    3. 11/20
    4. *国防軍がガザでハマス戦闘員の乗った車を攻撃し、付近にいた75歳の老人が死亡、他に9人が負傷した。標的だったロケット砲発射に関わったメンバーの殺害には失敗した。
    5. 11/21
    6. *国防軍がガザでミサイルによりハマス幹部2人を殺害。付近にいた子供を含む数人の民間人も負傷した。西岸地区のエリコでは玩具の銃を持った子供1人が国防軍の銃撃で死亡した。
    7. http://blog.mag2.com/m/log/0000019965/107958423.html
    8. 11/22
    9. *止まらないガザからのロケット砲撃を受け、国防軍はガザ再占領に向けた作戦計画の立案を開始。
    10. 11/23
    11. *ハマスに対する攻撃指針を閣議検討。シンベトの反対で、政治家に対する攻撃は避けることになったが、ハマスの各種施設に対する攻撃は状況に応じて行うことが決まった。
    12. 11/24
    13. *国防軍がガザでPRC幹部ら3人を殺害。車に乗っているところをミサイルで攻撃した。車には爆発物も積載されていたもよう。
    14. *ガザの現状を視察したアルブール国連人権高等弁務官が、パレスチナによるロケット砲攻撃は民間人殺傷が目的で国際法違反だと明言。しかし国防軍の攻撃でも民間人に被害が出ていると非難した。
    15. *ガザで57歳のパレスチナ人女性が自爆。国防軍兵士3人が負傷した。孫を持つ女性が自爆したのは初めて。最高齢の女性自爆者となった。孫を殺傷されたことに対する復讐と見られている。

http://www.geocities.jp/mikayamamori/diary.html

    1. 11月5日(日)
    2.  午前中ラジオで、リーベルマンとピネスパズの問答を聞いてみる。リーベルマンが、「イスラエル国内におけるイスラエリ・アラブは問題だからキプロスみたいに分けてよりユダヤ性を明確にしたユダヤ国家にイスラエルをしなければならない、とイギリスの新聞のインタビューに答えて言った」、ということなのだが、じゃ、ユダヤ人であれアラブ人であれ、今住んでいる場所から追い出して別の居住地に行けと言っているのか、とキャスターやピネスパズが突っ込むと、リーベルマン本人が「そういう意図ではなかった」、と言う。じゃ、どうすればキプロスみたいに、2つの民族がきれいに分断された土地に住めるのか、よく分からない。
  1. ユダヤ主義は、根本において人種差別主義なんだよね。

http://www.asyura2.com/0610/war86/msg/400.html

    1. ロシアの元情報機関員(ソ連国家保安委員会とロシア連邦保安庁)、アレクサンドル・リトビネンコが11月23日に死亡、体内から放射性物質のポロニウムが検出されたという。直接的な証拠はないが、リトビネンコは「反プーチン」であるからプーチンに暗殺された・・・ということになっているようだ。
    2. リトビネンコは情報のプロである。自分が狙われていると認識していたなら、よほど信頼できる人間でない限り、一緒に食事をするとは考えにくい。外で水を飲むこともなかっただろう。注射、針、あるいは特殊な銃を利用したか、リトビネンコが信頼している人物が関与しているかであろう。
    3. また、ターゲットを殺した後に痕跡の残る物質を使ったのは奇妙な話である。痕跡が残らず、病死に見せかけられる薬物も存在している。実行犯がアマチュアなのか、痕跡を残したかったのか、どちらかだと考えるのが合理的だ。

http://aayumi23.exblog.jp/5012680

    1. 穴に向かって叫ぶ
  1. 「穴に向かって叫ぶ」って、なかなか含蓄のあるコトバだ。みんなで、「穴に向かって叫ぶ」のがよいだろう。

2006-11-24(金)

http://www.asyura2.com/0610/senkyo28/msg/465.html

    1.  伊吹文部科学相は22日の参院教育基本法特別委員会で、政府の教育基本法改正案が、教育は「不当な支配」に服することはないと規定していることについて「国会で決められた法律と違うことを、特定のグループ、団体が行う場合を『不当な支配』と言っている」と語った。一方、法律や政令、大臣告示などは「国民の意思として決められた」ことから、「不当な支配」にあたることはないとの考えを強調した。
  1. そもそも憲法を守るつもりがない人々の言説に対して、憲法で説得しようとしても意味がないかもしれないが・・。

http://www.asyura2.com/0610/war86/msg/337.html

    1. HRWは軍事行動の間に広範囲にパレスチナ市民の強要された使用について報告し、パレスチナ市民の「人間の盾」としての使用と2002年にジェニンでイスラエルの軍事行動の間の軍事目的も文書化しました。
    2. イスラエルの高等裁判所は2002年に人間の盾を使うことについての違法性を確認しました。
    3. ごく最近2006年7月に、イスラエルとパレスチナの人権擁護運動グループがベイト・ハヌーンでの軍事行動の間によく報道された事件でIDF がパレスチナ人を人間の盾として強制的に使用したことを文書化しました。
    4. グループによれば、 IDF は、二人の未成年者を含めて、六人の市民に目隠しをして、北ガザでの侵攻の間に民間の家を占拠した兵士達の前に彼らに立つことを強制しました。

http://www.asyura2.com/0610/war86/msg/337.html

    1. HRWは、IDF に目標の近くで市民の存在を最大にする故意に調整された処置がない時にさえ、市民の不動産のどんな破壊でも国際人道法に従って厳密になされなくてはならないことも思い出させました。
    2. 家のような表向きは民間の対象は当該時に軍事的目的で使われていて、その破壊が戦闘に直接の、そして即刻の貢献をする場合に限り、攻撃の対象であり得ます。
    3. 「IDF は直ちに、立ち退くよう命令した家を狙った軍事的目的が何かを説明するべきです」
    4. ホウィットソンが言いました。
    5. イスラエルの人権機関B'tselem によれば、今年7月から11月15日の間に、IDF は、ガザの251の家を破壊し、1577人をホームレスにしました。
    6. これらのケースの内、105件で、IDF は、住民に立ち去るよう警告した後で、空爆によって家を破壊しました。
    7. IDF は一般に闘士がそれらの家を武器をしまっておく為に使ったと主張するけれども、彼らは個々の事例でどんな具体的な証拠も提出しませんでした。
  1. 強制された人間の盾は人道に反する。しかし、自発的な人間の盾は、彼らを守りたいとする人間の自然な感情の表現であり、尊重されるべき行為であり、禁止されるべき行為ではない。

人権蹂躙のアメリカはジョージ・オーウェルの警告に応えていない http://www.asyura2.com/0610/war86/msg/333.html 投稿者 木村愛二 日時 2006 年 11 月 23 日 22:33:39:

江戸時代には教育に対する支配はなかった。寺子屋に対する介入はなかった。政府は国民の自然な道義心を信頼していた。

http://www.asyura2.com/0610/war86/msg/328.html

    1.  ヒズボラ側も、暗殺行為をレバノンを再び内戦(一九七五―一九九〇年)に導こうとする企てだと批判しました。
    2.  シリアとイランは今回の事件を非難。シリアのモフセン・ビラル内相は、シリアに対する非難の声に対して、「信頼性のかけらもない」と述べ、シリアの事件への関与を否定しました。
  1. http://www.asyura2.com/0610/war86/msg/340.html
    1.  シリアもまた、この殺人事件を、隣国を「不安定化することを狙った犯罪」と非難した。国営サナ通信社が報じたところによると、当局者筋は「この憎むべき犯罪はレバノンを不安定化させ、同国の市民の平和を乱そうとしている」と語った。
    2.  同筋はまた、シリアは「レバノンの安全、その安定性、国民の団結、そして市民の平和を維持すること」を保証すると述べた。
    3.  シリア・バース党中央委員会メンバーであるファイサル・カルツーム国会議員はアルジャジーラに対し、「(レバノンの)治安当局は(レバノン内に)イスラエルの足場を作ってやろうとする者たちを追及すべきである」と語った。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%83%8F%E3%83%8D

    1. ヨハネは人名。ヘブライ語で「主は恵み深い」を意味するヨーハーナーンが元の形とされるが、ギリシア語ではIóannés (イオーアンネース。ただし中世以降の発音はヨアニス。日本では慣用形でヨハネス)、ラテン語ではJohannes(ヨハネス)、日本語ではヨハネと呼ぶ慣例である。この名は英語でJohn(ジョン)、フランス語でJean(ジャン)、スペイン語でJuan(フアン)、ポルトガル語でJoão(ジョアン)、ドイツ語でヨハネス(省略形でハンスまたはヨハン)、ロシア語でИван(Ivan, イヴァン)、イタリア語でGiovanni (ジョヴァンニ)、ポーランド語・チェコ語・オランダ語・デンマーク語などでJan(ヤン)になるが、いずれも各国のキリスト教徒によって非常に好まれる男子の名である。
  1. イワンのバカは、ヨハネのバカ?ジョンのバカ。ハンスもバカ扱いだったよね。
  2. ジョヴァンニって、銀河鉄道に出て来たっけ?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%83%8F%E3%83%8D

    1. 洗礼者ヨハネ - 『新約聖書』に登場する、ヨルダン川でイエスに洗礼を授けた人、預言者。
    2. 使徒ヨハネ - イエス・キリストの十二人の弟子・使徒の一人。
    3. 福音記者ヨハネ - 1世紀末の人で、ヨハネによる福音書、ヨハネの第一の手紙、ヨハネの第二の手紙の著者とされる人。古い伝承では2の使徒ヨハネと同一視されたが、現在の新約聖書学の研究からは否定されている。
    4. 黙示録著者ヨハネ - 1世紀末の人で、ヨハネの黙示録の著者とされる人。福音書記者ヨハネとは信仰が異なる。
  1. ヨハネって怪しい〜。

2006-11-22(水)

http://www.asyura2.com/0610/war86/msg/297.html

    1.  ヒズボラの幹部、アハメド・メリ氏はアルジャジーラに対して、「われわれはこの殺害行為を強く非難してやまない。レバノンの将来を損なおうとする勢力によるものだ」と語った。
  1. レバノンで、イスラム教徒とキリスト教徒が内戦を起こすことを望んでいるヒトが、陰にいるのだろう。

http://www.asyura2.com/0610/war86/msg/277.html

    1. *来年からイスラエル車にパレスチナ人を同乗させることが原則禁止に。イスラエル車を使ってテロ組織が活動を行っているため。(Y)
  1. *来年からアメリカ車に日本人を同乗させることが原則禁止に。アメリカ車を使ってヤクザが活動を行っているため。(Y)
    1. *カッサムロケット砲撃を止めるため、オルマート首相がハマス政治家や議員の暗殺を命じたと英紙が報道。(Y,P)
    2. *国防軍がガザでハマス戦闘員の乗った車を攻撃し、付近にいた75歳

の老人が死亡、他に9人が負傷した。標的だったロケット砲発射に関 わったメンバーの殺害には失敗した。(H,Y,P)

  1. *グアンタナモでの虐待を止めるため、キューバ大統領がアメリカ民主党政治家や議員の暗殺を命じたと英紙が報道。(Y,P)
  2. *キューバ国防軍がニューヨークで民主党員の警備員の乗った車を攻撃し、付近にいた75歳の老人が死亡、他に9人が負傷した。標的だったグアンタナモ事件に関わったメンバーの殺害には失敗した。(H,Y,P)

2006-11-21(火)

ネオコンをヒールとして使い切ったテオコン。それを操るイエズス会ーバチカンに目指されるグローバル神権専制体制(NWO) http://www.asyura2.com/0601/dispute24/msg/697.html 投稿者 夢の中でランデブー 日時 2006 年 11 月 20 日 16:00:35: g.74HMK5rhQXg

http://www.asyura2.com/0601/dispute24/msg/697.html

    1. 家庭内の実践はユダヤ教,表向きは他の宗教を名乗る人々(ユダヤ人であるのに何らかの事情で,他宗教に強制的に改宗させられた人々)を,一般に、Crypto-Jewsと呼ぶ

http://www.asyura2.com/0601/dispute24/msg/697.html

    1. 議会から委託された10人からなる諮問委員会であるいわゆるイラク研究グループ(イラクを3分割せよというのが基調。クリントンがユーゴを解体した方式。)
    2. ・・
    3. イラクについての外交政策に変動は考えにくい(基本的に宗教分離原則を敵視するテオコンは回教徒を中心に非キリスト教徒の抹殺がデーマ=いわゆる cultural warであり、イラクを根本解体することを意図している。対するに、政教分離原則維持を主張するのがネオコン)。

http://www.asyura2.com/0601/dispute24/msg/697.html

    1. さてさて米国で1994年5月に実は、ローマカトリックとプロテスタントの大勢(保守派)が某カトリック神父らよってまったく新しく作られたきわめて巧妙な神学理論のもとに歴史的に和解し(実はこれは反宗教改革を専一の目的としてバチカンがイエズス会をヒエラルキーに取り込んで以来の500年ぶりに起きた、衝撃的な歴史的大事件、宗教史の巨大転換点なのです),かつ合同し、同一の宗教戦略と政治アジェンダが設定される一大ムーブメントが起きていた。この歴史的大野合の司令塔はテオコンと呼ばれる。Theocracy Conservatism(神権政治保守主義)の略だ(1996年,ニューリパブリック誌記事、"Neocon vs Theocon"で始めて登場した概念 http://en.wikipedia.org/wiki/Theocon)。この運動の中枢の中枢にいた人物が9月の新著で内部暴露を行いテオコンの実態と動きを詳述している(私はこの本を入手している)。博士号を持ち、大学教員もしていた学術系の人間による内部観察にもとづく内部告発だ。実は、彼によると、ネオコンを誰もが知る政治的社会的動きに育て上げたプロデューサーが,テオコンだったという。ネオコンのシンクタンク設立などに手を貸していた重大事実が明らかにされている。テオコンは米国の政教分離原則,表現の自由,信仰の自由を基礎とする憲法体制にとってかつてない尋常でない危機をもたらしていると警鐘を打ち鳴らしている。

2006-11-21(火)

http://www.asyura2.com/0610/hasan48/msg/480.html

    1. 【「濡れ手で粟」のもうけに対する税率が低い不思議】
    2.  世の中には、年収3000万円どころか、何億円、何十億円と稼いでいる人間がごろごろといる。そうした人たちの税金はどうなっているのか。
    3.  そうした人たちの収入の内訳をみると、給与所得で地道に稼いでいるということはまずない。ホリエモンや村上世彰がいい例だろう。彼らは、株を安く買って高く売るという、株式譲渡益でたんまりと稼いだ。
    4.  では、株式譲渡益の税率はいくらかというと、たったの10%なのである。対して、サラリーマンの税率は、企業負担分を含めると30%以上だ。
    5.  事実、ホリエモンはわたしよりもずっと納税額が少ないらしいのだが、そんなことがあっていいのだろうか。彼は、わたしより1000倍も稼いでいるというのに。
    6.  それどころか、人によっては、みなし取得価格という特例を使って、何百億、何千億稼いでも税金を一銭も払っていない人がいる。これでは、モラルも何もあったものではない。
    7.  わたしの考えでは、やはり税制度は累進課税であるべきである。少なくとも、今のように、貧乏人が金持ちよりも税率が高くなるというのは、いくらなんでもおかしいではないか。そんな国はどこを探してもない。
    8.  短期の株式取引益が10%という国もない。少なくとも、ホリエモンのように、粉飾決済をして株を譲渡してもうけた金は、課税率100%でいいではないか。そんな犯罪でもうけた利益は没収してもいいと思うのだ。現にフランスでは、悪質な短期取引に対する課税率は100%である。

http://www.asyura2.com/0610/hasan48/msg/480.html

    1. 【社会保険料という「税金」も念頭に入れて計算するべき】
    2.  では、2の「日本の税制は累進課税になっている」という議論はどうか。もしそれが本当ならば、課税最低限が低くても、低所得者にとっては優しい税制といえるはずだ。
    3.  我が国の所得税、住民税の税率は次のようになっている。
      1.  所得税の税率は、10%、20%、30%、37%の4段階。
      2.  住民税は、5%、10%、13%の3段階。
    4.  この二つの税の税率は、所得が増えるに従って増えていく。所得が低ければ、両方を足して15%や20%程度の税負担率で済むが、金持ちになると最高で50%になるという勘定だ。
    5.  これだけを見れば、確かに累進課税になっているといえるかもしれない。
    6.  だが、ちょっと待ってほしい。税負担はこれだけではないのだ。本当に支払わなければならない「税金」をすべてひっくるめてみると、実は「貧乏人のほうが税率が高い」という構図が浮かび上がってくるのである。
    7. ・・
    8.  前置きが長くなったが、ではその社会保険料の比率(税率)はどうなっているのか。
    9.  実は、サラリーマンについては、すべて比率は一定とされている。だが、ここにからくりがある。厚生年金保険料は年収1000万円を超えると、超えた分についてはかからないのだ。つまり、年収が 1000万円でも、2000万円でも、5000万円でも、1億円であっても、厚生年金保険料は同じ額なのだ(ただし、ボーナスと給料への配分比率によって若干の違いがある)。
    10.  同様にして、健康保険料は年収1500万円を超えるとみな同じになってしまう。
    11.  額が変わらないということは、要するに、所得が多ければ多いほど税率が下がっていくということだ。社会保険料という「税金」は、累進どころか、逆累進なのである。
    12. ・・
    13. サラリーマンの実質的な税負担率を定義すると、次のような式で計算されることになる。
    14.               税額
    15. 実質的税負担率 = ――――――――――
    16.            収入−給与所得控除
    17.  実際にわたしがこれで比較してみたところ、大変なことが分かった。なんと、我が国の現状では、年収150万円の世帯と、年収3000万円の世帯の税率が同じになっているのである。
    18.  さらに今後、消費税が引き上げられるとどうなるか。
    19.  消費税の税負担率は、低所得者層ほど高くなることはよく知られている。なぜなら、どんなに収入が低くても、生活する上で必要最低限のものは、お金を出して買わなくてはならないからである。そうしたものの金額は、大金持ちでも貧乏人でも、それほど大きく変わるわけではない。だから、分母が小さい低所得者ほど、税負担の比率は大きくなってくるというわけだ。
    20.  つまりは、今後、消費税の負担が大きくなると、年収150万円の世帯のほうが、年収3000万円の世帯よりも、税負担率が大きくなってしまうわけである。

http://www.asyura2.com/0610/hasan48/msg/480.html

    1. 【低収入でもしっかりと税金を徴収する国、日本】
    2.  1の「日本の課税最低限は諸外国に比べて高い」という議論に対する反論は簡単だ。財務省のサイトにある「所得税・個人所得課税の負担額、実効税率、課税最低限に関する国際比較」というページを見ればいい。
    3.  世帯構成別の国際比較がでているが、それを見れば一目瞭然だ。例えば、夫婦と子ども2人の4人家族の場合、所得税の課税最低額は、次のようになっている。
      1. 日本 325.0万円
      2. イギリス 376.7万円
      3. アメリカ 378.5万円
      4. フランス 410.7万円
      5. ドイツ 508.1万円
    4.  つまり、ドイツでは年に508万円稼いでも所得税を払わなくていいが、日本では年に325万円を超える額を稼いでしまうと、所得税を払わなくてはならないということだ。
    5.  家族構成が変わっても、日本の低さは変わらない。ほとんどの場合、日本の課税最低限は先進国のなかで、もっとも低いレベルなのである。稼ぎが少なくてもしっかりと税金をとられているのが日本という国なのである。

2006-11-20(月)

Re: 雑談】マッカーサーラインに対する怒りはないんだろうか・・・ http://www.asyura2.com/0610/asia6/msg/535.html 投稿者 Kotetu 日時 2006 年 11 月 19 日 15:22:30: yWKbgBUfNLcrc

    1. (回答先: Re: 竹島がらみというのは韓国側が李承晩ラインを設定して竹島をラインの韓国側に入れたことと関連していると思います。 投稿者 gataro 日時 2006 年 11 月 17 日 23:12:26)
    2. >2006年01月19日
    3. >・日本人が忘れてはいけない歴史 李承晩ライン 〜侵略、殺戮行為を
    4. >正当化する韓国の思考〜(アジアの真実)
    5. http://blog.livedoor.jp/lancer1/archives/50327395.html
    6. を一読して、呆れたというか辟易しました。
    7.  属国根性丸出しですね。李ラインの元になったのがマッカーサーラインであり、飢えに喘ぐ敗戦日本で、少なくない餓死者や数多くの栄養失調者を出した一因であることの認識の欠片もありません。
    8.  海外から食料を輸入することも出来ず、田畑の肥料もなく、あげくのはてに石油さえあればなんとか取れる魚さえ、マッカーサーラインで禁止された。
    9.  ラインを(不法に)超える漁船は、御主人様海軍に銃撃されたということも知らずに、李オヤジだけを論難する<世界史をならってない思考>の典型ですね。
    10.  鬼畜メリケンの占領下で日本人が何人餓死したのか想像することも出来ず、朝鮮戦争下でどれだけの韓国人が苦しんだかも想像できない。
    11.  それどころか、御主人様の基地や演習場に近づくだけで機関銃で威嚇射撃されて、独立以降も何人も死者が出ている。
    12.  陸上だけかと思っていたら、大学で同期だった漁師の息子の話では、基地近くの海上でも御主人様海軍の警備艇から漁船が銃撃されて死傷者も出ているそうです。
    13.  しかし、マッカーサーの検閲で新聞はけして事件を取り上げなかったとか・・・
    14.  そんなことも知らないで李ラインだけを取り上げてるなんて、メリケン奴隷の奴隷根性としか言いようがありませぬ。
    15.  「奴隷の幸福」という言葉が当てはまる事例でしょうね。
    16.  北の金ちゃんや南のノンちゃんを応援する気はないのだが、彼らの独立根性は評価せずにはいられませぬ。誇りを失った民は哀れです。韓国人にバカにされるのももっともだと思ってしまう時がありますです。

北朝鮮】「米国の制裁終われば、核兵器は不要」北朝鮮 聯合ニュース http://www.asyura2.com/0610/asia6/msg/525.html 投稿者 Kotetu 日時 2006 年 11 月 18 日 19:26:23: yWKbgBUfNLcrc

    1. 「米国の制裁終われば、核兵器は不要」北朝鮮
    2. 2006/11/17 11:00
    3. 【テヘラン17日聯合】北朝鮮の崔泰福(チェ・テボク)最高人民会議議長は、「われわれに対する米国の核脅威と制裁が検証可能かつ信頼できる方法で終息すれば、われわれにはただ一つの核兵器も要らなくなる」と述べ、北朝鮮の核兵器が米国に対応するための自衛的な戦争抑制力との考えを示した。

2006-11-19(日)

http://www.asyura2.com/0601/social3/msg/710.html

    1. 今の大企業は課長や係長などの管理職ばかりで平社員は一人で、あとは派遣社員が埋めていると言った会社が多い。だから若い平社員が酷使されて体を壊して辞めて行く。
  1. やっちゃいけないことだと分かっていたはずなのに、何故やるのか??

http://www.asyura2.com/0601/social3/msg/710.html

    1. 以前は高卒エンジニアだけで年二〇人ほど採用していたという同杜も、ここ一〇年間、高卒は一名も採.っていない。
    2. 代わって杜内に人ってきたのは、派遣や詩負、つまり非正規労働者だった。
    3. 「ちょうど派遣法が改正され、常堆や製造ラインにも派遣社員受け入れが可能になった。経営陣は短期の利益を積み上げるために、正社員を増やさず、派遣や請負でまかなうという発想になってしまっていました」
    4. つまり、「安くていつでも置き換え可能な土台」を使ったわけだ。
    5. だが数年後、思わぬ形でしっぺ返しを受けることになる。「二〇〇七年から団塊世代が定年を迎えます。その数は五年で全杜員の二割強。ところがこの一〇年、各職場に配属された新人はトータルでひとりいるかいないか。後継者の育成がまったくできていない・・・現場はいま大混乱です」

2006-11-17(金)

http://d.hatena.ne.jp/iR3/20060412

    1. 「オブジェクト指向は難しい! なんて難しいんだ!」という文字列は
    2. 次の Ruby スクリプト で
      1. txt = "オブジェクト指向は難しい! なんて難しいんだ!"
      2. p txt.gsub(/難しい!/,"簡単だ!").gsub(/難しい/,"簡単な")
    3. 「オブジェクト指向は簡単だ! なんて簡単なんだ!」という文字列に簡単に
    4. 変わります。(^^ゞ

http://d.hatena.ne.jp/iR3/20060410

    1. Flashは、アニメーションツールとしてが原点で、その側面では、サーバサイド連携のクライアント側ソフトには、なじまないところです。私とも接点は無かったでしょう。
    2. ところが Flash5そして FlashMX でActionScriptを搭載し、ネットワーク連携機能を実装して、大きくポジションを変えつつあります。
    3. キーワードは、「 LoadVarsオブジェクト 」です。
    4. それにしても Flashの表現力の高さは、どんどん評価されていますね。リッチクライアントのツールとして、存在価値をどんどん高めています

http://d.hatena.ne.jp/iR3/20060410

    1. 組織内ネットワークシステムも TCP/IP の成果を利用したシステムに動いています。 すなわち Webを使ったシステム(Webサーバとブラウザを使うシステム)に大きく置き換わろうとしています。なぜなら その方が、安上がりで、早く、便利なシステムが出来上がるからです。旧来からのシステムがハードウェア保守の期限でリプレースとなるタイミングがWeb化の機会になります。
    2. 企業システムの進化の方向として、Web-DB連携システムに動いているという見方を示しましたが、今度は、Webサイトから見た進化の方向にも着目しましょう。Webサイトは、きれいなデザインで、見栄えが良いことも大事で、かつその上に、いかに優れたコンテンツを持つかの勝負となります。このコンテンツがある量を越えるとその取り扱いにはDBの出番となり、バックエンドの基幹システムとの連携がテーマに上がります。
    3. ホテルの予約システムなどは、最たる例でしょう。また注文を受け付ける場合は販売管理のシステムに当然連携することになりますし、進んでいれば在庫管理のシステム、流通管理のシステムや顧客管理のシステムとの連携も発生します。まだそこまでは、到達していない場合も今後ますます進化してゆくはずです。先進の自動車メーカのWebでは、生産管理システムにまで連携です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%82%BA%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89

    1. バズワード(buzzword)とは一見専門用語のように見えるがそうではない、明確な合意や定義のない用語のことである。
    2. 「バズ(buzz)」という言葉は、もともと、蜂がブンブンとうなり続けている様子を表しており、そこから派生して、世間の群衆が噂話でざわめいている状況を表す言葉として使われている。つまりバズ・ワードとは世間、あるいは業界一般などの一定の一般的なグループの間で喧伝されてはいるが、その実態が明確ではない言葉を表している。
    3. 結果として、その分野に明るくない人にイメージだけを押し付けたり、「よくわからないが凄そうなこと」を想起させることを目的とした宣伝文句として使うことも可能であり、言葉だけが先歩きして広まることも多いため、事情を知らない多くの人は価値のある言葉として捉えてしまうことがある。
  1. 「愛国心」はバズワードである。だから、どうってことはないが・・。そもそも、世間で流通している言葉は、すべて、バズワードであると言ってよい。語り手と聞き手が、ともに、適格な言語能力を持っている場合でなければ、そこの間で流通する言葉は、バズワードである。話し手と聞き手の両者が適格な言語能力を持ち、その両者によって、言葉の定義が明確にされた場合でなければ、バズワードである。

2006-11-16(木)

http://www.12counseling.com/archives/2005/08/post_117.html

    1. 児童・青年期の不適応 (いじめ)
    2. いじめについて
    3. いじめは「自分より弱いものに対して一方的に、身体的・心理的攻撃を継続的に加え、相手が深刻な苦痛を感じているもの」「同一集団の内部で、優位に立つ方が意識的に、あるいは集合的に、他方に対して苦痛を与えること」「集団関係の中での立場や力の弱い者をターゲットにして、精神的・身体的な攻撃を執拗に加えること」などと定義されています。
    4. <近年のいじめの特徴>
      1. ・親や教師から見えにくい、発見しにくい。 (偽装化・巧妙化が見られる。)
      2. ・いじめる側いじめられる側が入れ替わる。 (いじめた側がいじめられる、またはその逆。)
      3. ・いじめられる要因の拡大。(できる子・かっこいい子などの嫉妬もいじめの対象になる。異質なものの排除の傾向。)
      4. ・いじめる側の集団化。 (クラス全員が加害者ということもある。)
      5. ・手加減がない。 (衝動的で歯止めが利かない。)
      6. ・いじめと非行との境界があいまい。 (表面的にはまじめな子も加害者となり得る。)
      7. ・遊びとの境界があいまい。 (ふざけ・からかいといじめの境界があいまい。)
      8. ・いじめる動機が遊び感覚。 (うさ晴らし・ゲーム感覚・嗜虐的。)
    5. 特に、表面化しにくい巧妙なやり方、かつ、悪質なものが多く、いじめを受けた側が自殺に追い込まれるケースが増えていることは、大きな問題となっています。
  1. http://www.12counseling.com/archives/2005/08/post_118.html
    1. いじめへの対処法について
    2. いくつかの、いじめに関する研究による調査報告をまとめて、以下に記します。
    3. <いじめを解消するためには>
      1. ・たとえ1人でも積極的にいじめに対処するほうが、いじめの改善につながりやすい。
      2. ・家族からの援助だけでなく、友人にも援助を求めることがいじめの解消に効果を持つ。
      3. ・受容的傾聴や自己洞察を促すだけでは不十分であり、生徒の行動と環境要因との関係に積極的に介入する。
      4. ・いじめっ子本人が、これはいじめなのだという感性をしっかり身につけさせる。
    4. <いじめが解決した事例に共通していること>
      1. ・教師の連携が非常によい。
      2. ・多くの児童・生徒間で問題が共有されている。
      3. ・そのための特別な学級作りがなされている。
    5. <いじめを予防する学級運営方針>
      1. ・異質なものを受け入れるように心がける。
      2. ・強引に学級をまとまらせようとしない。(個々を大切にし、効率優先主義・全体主義のような対応をとらない。)
      3. ・生徒の暴力的欲求をスポーツなどを通じて発散させる。
    6. (馬場謙一:「学校臨床心理学」第12章 学校臨床の実際3いじめ より一部引用)
  2. 善悪の多数決決定みたいな思考が在るのか?
  3. 『心理学の基礎知識』10-5
    1. 幼児にあっては本能的衝動はほとんど抑制されることがなく、個体は快楽原則に従って行動を起すが、
    2. やがてそれは現実原則にしたがっての振舞いに変わっていく。
    3. しかしながら、その発達過程に障害があって精神発達が未熟なままであったり、
    4. あるいは状況によって一時的によりプリミティブな発達状態に戻ったり(退行)した場合、
    5. その個体の起す行動は、当然社会規範に衝突するもの、すなわち非行となる。
    6. ・・
    7. より詳細で継続的な観察をすると、いわゆる冷情的で無感動な、根治に大変手間のかかる非行者に進展していくことが多いのに気付かれる。
    8. ・・
    9. 主として家庭内人間関係の不全さから、満たされぬ感情と欲求と、それらを代償的に満足させようとする傾向が定着し、社会的に容認されぬ行動の形をとるのが非行だとする考え方。
    10. ・・
    11. 彼らは対話への受容性が低い。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=230591956&owner_id=842780

    1. とんぐさんの日記 全体に公開 2006年09月28日 14:24 どっちもどっちだよな。
    2. http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=94214&media_id=4
    3. まぁ、国連の会議の講演で他国の大統領をルシファー呼ばわりするのはどうかと思いましたが。「この壇上は悪魔の匂いが残っている」とか、ちょっと笑わせてもらいましたけども。
    4. とはいえ、アメリカのニュースも結構ひどい。「ベネズエラやどこらやらの産油国の大統領がアメリカ経済をめちゃめちゃにしかねない」とか、国名名指しで敵視してるし。
    5. 日本だとこういうのすぐ謝罪したり訂正したりするけど、こちらはあんまりそういうのは気にしないんですかね。

http://mixi.jp/view_diary.pl?owner_id=842780&id=269948347

    1. とんぐさんの日記 全体に公開 2006年11月16日 16:56 共有地の悲劇
    2. http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=117687&media_id=4
    3. 結局のところ、「共有地の悲劇」問題って、経済学でいい答えを見つけることができたんでしたっけ? もしこれがゲーム論におけるTit-for-tat戦略以上の答えを見つけられていないのだとすると見込みは暗いのかもしれないなぁ。
    4. 外部経済として数値に取り入れようとしても、将来予測も混ざってくるとまともな数字が出てきそうにないし。最近は「気候変動の影響が顕著になるのはそう遠い未来ではない」なんて予測も出てきているから、数量化しやすくもなっているんでしょうけども。
    5. 日頃アメリカ人と接する機会が多いので、彼らの京都議定書に対する議論を聞くと、まず
    6. 「途上国を対象にしないのでは、有効性に欠ける」
    7. そして、
    8. 「途上国で行った方が効率がよい」
    9. という意見が多いですね。
    10. 彼らは基本的に市場が適正に働けば全ての問題は解決できると考えているので、負担の公平性等の議論をしようとしても、「流す汗の量に意味なんてない。市場に任せて投資の効率がよいようにしておけば問題は解決するはずだ」って感じの答えがよく返ってきます。
    11. しかし、そういった議論は「今日の温暖化問題を引き起こしたのは先進国だ。まずは先進国が削減をするべきだ。今日先進国が遂げた発展を我々も同様に遂げる権利がある」という議論とは全く持って相容れないわけです。
    12. 心情的には途上国側の議論に賛成したいところですが、アメリカ側の主張にも一分の理があるわけで、どっちが正しいとか言えません。しかも、その理論が同じ価値判断のベクトル上に乗っていないので、論理的な妥協点も探しにくいと予想されます。
    13. さてさて、これからどうなるんでしょうね。
  1. 禁欲的な掟を定め、それを強制するための罰金、フリーライダー課税、が必要。
  2. 目を開くことによって不利益を被るモノは、眼を開けようとしない。彼らは、真実を知ることが自分の不利益になることを知っているから、目を閉じているのだ。
  3. 見ることによって不利益を被るモノの眼を開かせるにはどうすればよいか?
  4. 温暖化が進んでもどうにかなる、か?
  5. 海や大気が放射能や化学物質で汚染されてもどうにかなる、か?
  6. 石油が無くなってもどうにかなる、か?
  7. 地球は大丈夫だろう。地球上の生命も、原始生物レベルでは大丈夫だろう。彼らの進化のスピードは速い。しかし、人類は、無理だろうな。人類の生物レベルでの、進化のスピードは遅い。
  8. 縄文海進の時代に戻って、山の上で木の実を捜して生きようよ。
  9. 人類文明は滅びるだろう。しかし、人類自身は、生き延びるかもしれない。イースター島にもヒトは残っていたのだ。

http://park10.wakwak.com/~ooki/sub2.html

    1. 共有地の悲劇
    2. 一九六八年、生物学者G・ハーディンは、サイエンス誌に大意、次のような「共有地の悲劇」モデルを提示しました。
    3. 〔一定の広さの牧草地でウシを飼育する人たちがいる。他の牧夫に先んじて牧夫Aは、ウシの頭数を増やして追加収入を得たので、ほかの牧夫たちもこぞってウシを増やした。しかし、ウシが増えれば牧草地は過密状態になり、荒廃して必然的に共倒れとなってしまう〕。したがって、限られた資源の下では経済合理主義(己の利潤の極大化を第一義とする考え方)に基づいた行動は好ましくないことを、この論文は示唆しています。すなわち、ある1人が自らの利益を求め、権利を主張して他を省みないならば、全体の利益のみでなく、その人自身も利益を失い、集団の崩壊を招く。という寓話をこのモデルは語っています。
    4.  このように、限界を超えた放牧地の利用は共倒れを招きましたが、地球も放牧地と同様に限られた空間です。
    5. ・・
    6. 同書では【ワールド3】を若干バージョンアップしたものを用いて、10のシナリオを示しています。そのうち、限界がない場合のシナリオ0および、最善の手段を講じた場合(現実には講じられていない)のシナリオ9とそのシナリオを20年前に導入した場合のシナリオ10は、単なるモデルに過ぎないので除きます。すると、すべてのシナリオがおよそ2050年頃を境にして、地球の持続可能性の脆弱化または文明の崩壊の傾向を示しています。化石燃料など供給源の枯渇、汚染の吸収源(浄化能力)の限界がネックとして作用するからです。
    7. 近年、世界的な環境意識の高まりのなかでグローバル・コモンズという言葉がしばしば使われるようになりました。コモンズの元来の意味は中世のイングランドで、村落の構成員が自由に入ることができた共有地のことでした。また昔からわが国には、入会地の約束事があり、入会山林や漁場入会にそれを見ることができます。たとえば漁場入会の場合、禁漁期間や漁具の制限―網の目の大きさなど―を定めています。これは法律を超えた侵すことのできない掟です。このようにして人類は、資源や環境を守ってきました。
    8. 今日、コモンズとは、大気や森林・海など市場原理によって処分されるべきでない自然環境を共同管理する制度をいいます。「グローバル・コモンズ」には、このように「地球丸ごと共有地」とみなす考えが込められています。
    9. ・・
    10. 裕福な少数の人々の大量消費は、大気・水・化石燃料など希少な地球資源を食い潰す行為であって、人類の共倒れを招きます。この危機を避けるためには、裕福な人々は消費を抑制し、貧しい人々は人口抑制に取り組まなければなりません。お互いわがままは許されず、我慢が必要です。これが教授の言う〔不満の平等化〕です。
    11. ・・
    12. 裕福な少数の人々の大量消費は、大気・水・化石燃料など希少な地球資源を食い潰す行為であって、人類の共倒れを招きます。この危機を避けるためには、裕福な人々は消費を抑制し、貧しい人々は人口抑制に取り組まなければなりません。お互いわがままは許されず、我慢が必要です。これが教授の言う〔不満の平等化〕です。
    13. 共有地で牧夫Aは収入が増えたにもかかわらず、費用の負担をしませんでした。つまり、Aは共有地の便益を無料で使用したのです。この共有地を無料で使用する行動を経済学では外部性と呼び、次のように定義されます。「1つの経済主体の行動が他の主体の福利に及ぼす効果で、その効果が金銭的または市場の取引に反映されない場合である」(『サムエルソン経済学』)。他の牧夫に効果(不利益)を及ぼしたにもかかわらず、Aは費用の負担をしていないので、Aの行動は外部性に当たります。この外部性の中でもプラスの効果を持つものは外部経済、負の効果を及ぼすものは外部不経済と呼ばれます。Aの行動は、外部不経済の典型的な例です。
    14. さて、企業は原則として、費用を負担せずに、コモンズ(大気や水など)を利用していますが、これをフリーライダー(ただ乗り)といいます。グローバル・コモンズではフリーライダーを許さないグローバルな規制が必要です。その規制の1つとして、汚染者から大気の使用料または汚染料―炭素税など―を徴収するという考え方があります。これを外部不経済の内部化と経済学では呼びます。この内部化は、外部不経済(汚染のしっぱなし)を行って恥じない人間の本性、エゴイズムを逆に利用して、問題解決に当たるという発想です。
    15. ・・
    16. その「共有地の悲劇」を回避する方策の1つに共有地を、私有化してしまうというのがあります。そうすれば、自らの土地を荒廃させるほどウシの数を増やす牧夫はいず、むしろ自分の土地から最大限の収益を上げるべく、さまざまな工夫をするであろうという考えです。しかし、人間は、得になることには命さえ賭ける反面、不利なものはとことん避けます。私有化によって解決しようという考えは、人間のこの性向を考慮しない夢のまた夢の類です。
  1. この場合に、資源争奪戦争になって、あっという間に、絶滅、というのがイースター島の悲劇
  2. 禁欲的な掟。がなければ、どんなシナリオでも絶滅か・・。
  3. ユダヤ的には、選民が独占し、ゴイムを家畜化すれば、問題解決。なわけないじゃん。それをやって、エジプトで失敗したから追放されたのだ。

http://www.igosoft.co.jp/html/check_kr2/josekisho/mon04.htm

  1. 定石かぁ・・・・。

http://www.asyura2.com/0610/war86/msg/137.html

    1. ただ、この原子力機関ってヤツにはたった一つだけ欠点がある。
    2. 原子炉ってのは、一度火を入れたら原則として「必要に応じて止めたり動かしたりするのが大変ってか、事実上不可能に近い」代物なので、通常は常に動かしっぱなしにしなければならない。
    3. 原子炉が動くっていうことは、すなわち「炉心冷却水が常時動いてる」ってことに他ならず、この冷却水を循環させるにはポンプが要る。最近の原潜は、低出力運転時(巡航出来るかどうかは疑問)は自然還流で冷却することが出来るらしいが、どっちみち海中で航行するときはポンプを動かすって点に余り変わりはないと言っていい。
    4. で、一度でも大型ポンプが駆動するところを見たことがある人なら判ると思うが、あれ非常に作動音がでかい。
    5. 私は一度、世界でも抜群の静粛性を誇る長軸ターボポンプってやつを拝見したことがあるが、「どうです、静かなもんでしょ?」と工場の方に説明されたとき「どこがだよw」って苦笑した覚えがある。(普通の長軸ポンプと比べれば断然静かだったが)
    6. 工場用のターボポンプではあるが、世界有数の静粛性って言ってアレなのだから、静粛性を採算度外視で追求した軍事用でも、ある程度の騒音発生は避けられない。
    7. つまり、原潜の持つ「長く潜っていられる性能」を重視して、原潜を選択(無論、非核三原則とか無視しての話なので、まずありえない仮定だが)をした場合、「待ち伏せ」する上で最も重要な静粛性が犠牲になる。(後略)

2006-11-15(水)

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=269192434&owner_id=7044713

    1. かなりヤンチャだったんだね。^_^
    2. 今は、なかなかヤンチャの許されない風潮というか、批判を体現する事の少ない時代になってるような気がする。
    3. 何か権力に人質でも取られていたっけ?
  1. ヤンチャと言うのはよいことばだな。
  2. 遊びといじめ。日本語の遊びには余裕という意味がある。すき間のことを遊びという。今の子供たちにはすき間としての遊びがないのだろう。好き間?
  3. すき間を嫌うか、愛するか。心のすき間を、虚無と捉えるか、遊びと捉えるか。

http://www.kamiura.com/new.html 北朝鮮貨物船 インドで拿捕 (読売 11月10日 朝刊) ロイターES時事

    1. 概要]イランに向けて航海していた積み荷のない北朝鮮の貨物船を、インド当局が拿捕(だほ)していたことが9日までにわかった。この貨物船は10月29日にインド領海に迷い込んだという。インドに拿捕された後、ムンバイ港にえい航され、乗員は情報当局や税関に事情聴取を受けた。
    2.  調べに対し、乗員らは「船は新造船で試験航海中だった」と主張したが、インド当局者は「イランまでの航海が必要なのは奇妙だ」との見解を示した。
    3. [コメント]インドの領海に迷い込んだのではなく、おそらく北朝鮮の貨物船は給油のために立ち寄った可能性が高い。そこを領海侵犯を理由にインドが拿捕したと思われる。北朝鮮とイランの間を航行する貨物船は、途中で給油のためにどこかの港に寄港する必要がある。
    4.  国連の安保理で北朝鮮制裁が決議された時、北朝鮮近海で海上における船舶検査の実施も考えられた。先月はペルシャ湾でPSI訓練も実施された。しかし中国の慎重姿勢などで船舶検査の実施が遅れている。そこで北朝鮮の貨物船が給油のために寄港する香港やミャンマーなどの港で積み荷検査が行われている。
    5.  北朝鮮がカラ荷の貨物船をイランに派遣したのは、イランから荷物を持ち帰るためか、あるいは給油可能な港を偵察する目的が考えられる。
    6.  それでは北朝鮮はイランから運んでくるものとは何か。なぜ国際社会は北朝鮮の貨物船にこれほど緊張しているのか。それはイランが行っているウラン濃縮で生成した濃縮ウランが北朝鮮に運ばれることを警戒しているのだ。
    7.  北朝鮮がプルトニウム原爆の核実験に失敗したことはすでに書いた。精密な起爆装置(爆縮)の製造に失敗したのである。そこで精密なTNT火薬を使った起爆装置に代わり、濃縮ウランを核分裂させてプルトニウムの起爆に使う方法がある。TNT火薬の爆縮装置では高速爆薬と低速爆薬を64個組み合わせ、32個の雷管を使って”爆縮レンズ”を完成させなければいけない。そして100万分の1秒の誤差なく同時に雷管を爆発させる。北朝鮮はこれに失敗した。
    8.  しかしプルトニウムの起爆に濃縮ウランを使えば、高速爆薬(TNT火薬)と2つの雷管でウランの一部が核分裂を起こすのである。その核爆発エネルギーでプルトニウムが核分裂を起こす。さらにプルトニウムの核爆発エネルギーでのこったウランも核分裂を起こすという核爆弾のシステムである。
    9.  このように濃縮ウランとプルトニウムがあれば、完成度の高い核爆弾が作れ、また小型化した核弾頭として核兵器への転用が可能になる。弾頭重量が約1トン未満のノドン・ミサイルに搭載することが可能になる。
    10.  北朝鮮はプルトニウムを持っているが、濃縮ウランはパキスタンから入手したウラン濃縮装置(遠心分離器)の設置に失敗している。一方、イランは濃縮ウラン(原発の燃料として)の生成作業を行っているが、プルトニウムの原料になる使用済み燃料棒はまだ持っていない。
    11.  北朝鮮の核実験後に世界が緊張しているのは、北朝鮮のプルトニウムとイランの濃縮ウランが結びつくことである。だから北朝鮮とイランを行き来する貨物船の動きを厳重に警戒しているのだ。
    12.  さらに付け加えれば、イランはイラクとの戦争(80年代)でイラク軍から化学兵器(びらん剤・マスタードガス)の攻撃を受けた。しかしイランはイラクに報復することができなかった。イランは化学兵器を保有していなかったからだ。だからイラクはイランに化学兵器を使用したという理由も成り立つ。
    13.  いつも言うことだが、現在、北朝鮮は生物・化学兵器を大量に保有している。これが貨物船でイランに運ばれる可能性もある。イランのウラン濃縮に怒った欧米諸国や中東の穏健派イスラム国からの軍事攻撃を抑止するためである。このことも国際社会が北朝鮮とイランの間を行き来する貨物船を警戒する要因になっている。
    14.  アメリカは01年9月11日の同時テロで、世界戦略を転換して対テロ戦争に突入した。日本は06年10月9日に実施された北朝鮮の核実験で、今までの国家戦略の有効性が問われ始めている。北朝鮮がイランから濃縮ウランを入手し、ノドンに搭載できる核兵器を完成させて、日本海に核ミサイルを撃ち込んで核爆発を起こしたとしたら、日本人はどのように反応するのだろうか。想像することさえちょっと恐いような気がしてくる。 
  1. 専門家にとっては誰でも知っている常識的なことなのだろうが、素人が聞くと、びっくりしてしまう。

2006-11-14(火)

http://www3.ocn.ne.jp/~bach/ongaku/beatles/10.html

    1. Help! l need somebody
    2. Help! Not just anybody
    3. Help! You know l need someone
    4. Help!
    5. Whet l was yonger
    6. So much yonger than today
    7. I never needed anybody's help in any way
    8. But now these days are gone
    9. I'm not so self-assured
    10. Now l find l've changed my mind
    11. And opened up the doors
    12. Help me if you can
    13. I'm feeling doen
    14. And l do appreciate you being around
    15. Help me get my feet back on the ground
    16. Won't you please' please help me
    17. And now my liff has changed in
    18. Oh so many ways
    19. My independence seems to vanish in the haze
    20. But every now and then l feel so insecure
    21. I know that l just need you like
    22. I've never done before

http://www.asyura2.com/0610/senkyo27/msg/1511.html

    1. 「悪政や悪法には断固反対する欧米先進国の労働者や学生に比べて、黙って小泉五年間の悪政に従い支持までしている不思議な人々。」
  1. すでに家畜化されている、ということなのかなあ・・。

http://www.asyura2.com/0610/senkyo27/msg/1489.html

    1. もしも糾弾されたとしても、文科官僚は絶対に自殺しない。

2006-11-13(月)

完璧な偽札は偽札か?

ナンシー・ペロシ米下院議長はイスラエル権益代表(AIPACでの演説付) http://www.asyura2.com/0610/war85/msg/1630.html 投稿者 バルセロナより愛を込めて 日時 2006 年 11 月 13 日 03:05:27: SO0fHq1bYvRzo

  1. ひどい偏見の持ち主のようだ。狂信的イスラエルファンといった感じの発言が続く。

2006-11-12(日)

http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=115743&media_id=2

    1. 製造原価は1台約10万円といわれるが、普及促進を狙って1台約5万〜6万円で売るため、ソニーはゲーム事業だけで07年3月期に2000億円の営業赤字を予想する。1億台以上売れたPS2並みの実績を残せなければ「復活」というソニーのもくろみも絵に描いたもちとなり、逆に傷口を広げかねない。
  1. ちと、やばいんでねえの?

2006-11-11(土)

http://japan.cnet.com/game/column/story/0,2000079529,20261687,00.htm

    1. しかし、任天堂回帰の情報は続々と入ってきていた。たとえば、株主総会などで「開発費のかかるPLAYSTATION3への投資を控え、開発費が少なく売り上げが見込める任天堂に投資をシフトする」と公言した会社は複数存在する。投資家や証券会社も、次のハード戦争は「任天堂有利」と見ている。現に任天堂株価は大高騰し、この1年間で約2倍になっている。
    2. 9月22日からはじまった東京ゲームショウ2006。その結論を先に述べると、「このイベントを境にPLAYSTATION3の評価は急上昇した」ということだ。
    3.  業界内の予想に反してソフトが揃っており、公式カタログに載っているものだけでも発売予定ソフトが36タイトルあった。「ソフトはあるのか?」と不安視されていただけに、良いニュースとなった。そして、当然ながらではあるが、NVIDIAと共同開発したという画像専用処理チップの性能はすばらしい。凡庸な言い方だが、その映像はどれも「きれい」だったとしか言いようがない。
  1. そりゃそうだろうな。ソフトメーカーとしては。
  2. 実写を使って簡単にCGを作れるソフトが必要だろう。
  3. ほーー。

http://japan.cnet.com/game/column/story/0,2000079529,20261687-3,00.htm

    1. 値下げを即、家庭用のスーパーコンピュータ」として歴史を動かすことはなくなってしまったと結論付けるのは疑問です。
    2. 今回の値下げでLinuxも中止になった訳でもありません。
    3. 少なくとも現時点では。
    4. むしろ、今回の値下げでなおさら歴史を動かす可能性が増したでしょう。
    5. PS2同様にゲーム機として普及すれば、それが即千万台レベルの潜在的Linux機となる訳です。
    6. もはや技術的には化石と化した
    7. 86系CPUの時代に見事止めを刺す可能性さえ有ります。
    8. そうなればWindows対Mac論争さえも吹っ飛ぶでしょう。

http://staraxis.kazelog.jp/okiraku/2006/10/ps3linuxfaq_b85c.html

    1. Q2.Yellow Dog Linux (以下YDL)がプリインストールされたPS3は発売されますか?
    2. A2.いいえ。自分でインストール必要があります。ただ、インストーラーは比較的にわかりやすく、面倒さもありません。
    3. Q3.PS3でのLinuxのサポートはPS2に比べて改善されていますか?
    4. A3.明らかに良くなっています。PS3はLinuxを動かせるように設計されています。Linuxの動作は最適なものになるでしょう。
    5. Q4.PS3用のYDLはどこで買えますか?
    6. A4.Terra softのオンラインストアやYDL.net Enhancedアカウント(有償です)を取得することで入手できます。
    7. Q5.PS3用のYDLを無料でダウンロードできませんか?
    8. A5.全てのバージョンのYDLはGPLの下で配布されています。それゆえ、公開ミラーサイトで入手できます。
    9. Q6.PS3用のYDLのソースコードは含まれますか?
    10. A6.はい。パッケージなら2枚目のDVD、ダウンロードではYDL.net、公開ミラーサイトで入手できます。
    11. Q7.YDLでPS3 GameOS向けのゲーム(要は普通のPS3ゲームです)は作れますか?
    12. A7.作れません。

http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20060511/ps3.htm

    1. 「PS3ではLinuxを搭載する予定ですので、Linuxプログラミングの活動が認められます。裾野の広いプログラミング環境を提供する……というのは面白いことだと思うんです。プレイステーションの時にも様々なクリエイターを発掘しましたが、PS3でもいろんな方々がクリエイターとなってデジタルコンテンツを作って頂きたいというのがあります。ライセンス契約をしているゲームスタジオ以外の個人の方でもPS3のコンテンツクリエイションに参加して欲しいと思いますね」(川西氏)

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0320/kaigai254.htm

    1.  また、久夛良木氏は2005年春のインタビューでは、PS3をコンピュータとするためにHDDとLinuxが必要という言い方もしていた。
    2.  「今回、我々は(PS3は)スーパーコンピュータという位置付けにする。でも、コンピュータとして申請しないとコンピュータとして見ない人がいるから、OSを走らせる。そのためにHDDがいる」
    3.  「Linuxもレガシーだけど、最初のきっかけになる。Cellの場合、OSはアプリ。カーネルはCell(Cell OSのハイパーバイザ層のこと)で動いていて、複数のOSがアプリとしてその上に(仮想マシン上に)載るスタイルになる。Linuxは当然載るでしょ。 Linuxが載れば、Lindowsでも何でも載っちゃう。Linux載せちゃったら全部オープンに使えるから、(プログラマが)どうとでもできる」
    4.  ちょっと冗談めかしているが、この時の言葉からは、HDD=Linux=オープンプログラミングという構図が浮かび上がる。そのため、今回の “HDDを前提(英語だとrequiredになっている)”という戦略は、同時に、PS3がLinuxベースで、比較的オープンなプログラミングが可能なプラットフォームであることも前提にする。
    5. ・・
    6. PS3のCPU Cellはバーチャルマシン支援機能を備えており、CPUの上で複数の仮想CPUを作り、それぞれの仮想CPU上で異なるOSを走らせることができる。 Cellの場合、最深レベルで走るのは「ハイパーバイザ」ソフトウェアで、一般的な意味のOSはその上で走る。Cellには、Cell OSと呼ばれるゲーム向けのOSがあるが、このCell OSのハイパーバイザ層がまず走り、その上で、LinuxやCell OSの上層レイヤが走る仕組みとなっていると推定される。だから、究極的には、Cell OSでゲームを走らせながら、Linuxでその他のアプリケーションを走らせることも、もしリソースに余裕があればの話だが、可能になるかもしれない。

http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20050316/ps3.htm

    1.  PPEを上でメインプロセッサと称してしまったことから、「SPEはサブプロセッサなのか」という誤解を与えてしまったかもしれないが、今回の発表でも「SPEは汎用用途に耐えうる」と明言されたように、ソフトウェアの見地からはポテンシャル的にPPEと比較して劣る部分はほとんどない。条件分岐/反復もあるし、レジスタ数だって128ビット長のものが128個もある。プログラミング言語においてもフルスペックのC/C++が用意されるという。
    2.  ただし、上でCELLを「才能の異なる者を一堂に会してチーム編成させた」とたとえたように、SPEはPPEとは才能的には異なる資質を持っている。
    3.  まず、SPEの優れているポイントは、128ビットのSIMDベースということで、(w,x,y,z)のような4要素の32ビット浮動小数点実数からなるベクトル演算に特化しているところ。1サイクル当たり、この4要素ベクトルの積和算をこなすことが出来るので、ソニーは4.0GHz動作時のSPE1基あたりの性能を32GFLOPS(=4要素×2演算×4.0GHz)としている。ちなみにPentium 4を仮に4.0GHz動作させた時を試算すると16GFLOPS(SSE使用時)。CELLプロセッサはSPE1基の時点で同クロックのPentium 4の2倍の128ビットSIMD演算性能というわけで、CELL全体では256GFLOPS(32GFLOPS×8基)にもなるのだ。卓越したベクトル演算性能こそがSPEの“才能”ということができるだろう。
    4.  逆にSPEが不得意としている部分もある。
    5.  条件分岐/反復処理に関しては、分岐/反復履歴を管理する機能がなく、構造プログラミングが可能とはいっても、あまりプログラムの流れが跳んだり跳ねたりするソフトウェアの実行には向かないと言うことだ(逆にPPEの方はそうしたソフトウェアの実行に長けている)。
    6.  また、SPEはCELLに接続されたメインメモリへDMAを介してアクセス能力を持つものの、SPE自身はメインメモリにあるソフトウェアを直接実行することはできない。SPE各自がもっている256KBのローカルストア(LS:Local Store)と呼ばれる自己メモリ空間にソフトウェアやデータを持ってきてからしか実行できないのだ。つまり、一度に256KBの規模を超える巨大なソフトウェア実行やデータ処理は行なえない。256KBを超える場合は分割してLSに持ってくる必要がある。
    7.  まとめると、SPEには、あまり大きくはなく、しかも複雑な分岐構造を持たないソフトウェアにて、ベクトル演算をさせるのが適していると言うことになる。
    8. ・・
    9. ●ジョブ・キュー(JOB QUEUE)モード〜サブプロセッサ的な役割を果たす
    10.  PPEがリーダーとなり、各SPEにプログラムコンテナを配り、これを実行させるモード。 各SPEは配られたプログラムをこなし、結果をDMAを介してメインメモリ側に出力していく。
    11.  PPEは、仕事を終えて暇になったSPEを見つけると次のプログラムコンテナを渡して今度はそれを実行させる。
    12.  それぞれのSPEは、メインメモリからデータをやりとりするが、PPEや他のSPEとの連携は必要なく、とにかく自分の仕事に集中すればいい。
    13.  各SPE間で同期処理の必要のない、独立性の高いソフトウェアを並列実行させるのに向いており、PPEのオーバーヘッドも少ないのがこのモードの特徴だ。
    14.  このモードの弱点としてはプログラムの複雑性がLSの容量の256KBに限定されるという点が挙げられる。
    15. ■ セルフ・マルチタスキング(SELF MULTI-TASKING)モード〜独自のパイプラインを形成するために
    16. セルフマルチタスキングモードの概念図。高い並列性を維持したまま動作できる点が特徴
    17.  SPE各自が、自発的にタスクをタスクリストから取り出して仕事をこなしていくモード。 メインメモリ側に、複数のSPEで共有利用できるメモリ空間を設け、ここにあるタスクをSPEが自発的に取り出し処理を終えたら次のタスクをここから取ってくる。
    18.  丁度オフィスの共有机の上に、上司(PPE)からの司令書が積んであって、これを各社員(SPE)が机の上から1つ掴んで自分の机に持ち帰って仕事としてこなす……終わったらその仕事結果を「次は誰々さんへ」という引き継ぎ先などを書いて共有机へ戻す……というようなイメージだ。
    19.  なお、各SPEには、共有机(共有メモリ)上の仕事を取ってきたり、終わった仕事をどこへ提出するか……などの動作を記述したミニOS(カーネル)みたいなのを走らせる必要がある。このカーネル自身もユーザーがプログラムが可能だ。
    20.  このモードでは、SPE動作にPPEがほとんど介入してこず、また、JOB QUEUEモードとは異なり、SPE側で動作させるプログラムの入れ替えがないため、PPEとSPEの両方を高い並列性を維持したまま動作できる。
    21.  共有メモリを媒介にして、データを流れ作業的に複数のSPE間でバケツリレー的に処理するのが得意なモードであるため、複数のSPEを使ったオリジナルのパイプライン処理系を形成するのにも適している。
    22.  ただし、各SPE用に、共有メモリ上のデータを管理調停する仕組みや、タスクスイッチまで実装したカーネルを組まなければならず、ソフトウェア的には複雑にならざるをえない。
    23.  具体的な用途としては、例えば、ソフトウェアでテッセレータ(特定のメソッドに従ってポリゴンを分割する処理系)やLOD(Level Of Detail:視点からの距離に応じて3Dモデルのポリゴン数を増減する仕組み)を実装するのがいいかもしれない。テッセレータを務めるSPEが頂点を増減して共有メモリへ出力、続いてこのデータを頂点シェーダを務める別のSPEで透視変換や光源処理などを行なう……と言った具合に、だ。
    24. ■ ストリームプロセッシング(Stream Processing)モード
    25.  ある1つのシーケンシャルなデータ列を複数のSPEを使って共同で処理していくモード。
    26.  1つの流れ作業を複数人で共同してこなしていくようなイメージだ。
    27.  このモードに参加する複数のSPE間にはある程度協調性が必要な点、動作そのものにPPEが介在してこない点……つまりはSPEプログラム自体が自発的にデータを処理していくという点で、セルフマルチタスキングモードに似ている。
    28.  しかし、各SPEにほぼ同一のプログラムを走らせ、他のSPEの処理結果を待つ必要もなく、どんどんデータを取ってきては処理して出すという……データの逐次処理性を追求している点がこのモードならではの特徴だと言える。
    29.  ある大量のデータを、最低限の遅延でリアルタイムに処理して出力していかなければならない……といった用途にこのモードは向いている。
    30.  PPEが指揮を執らないので、PPEは自身の仕事に専念できると言うメリットがあり、セルフマルチタスキングモードと同様に高い並列実行性が期待される。
    31.  このモードにおけるSPE側のプログラムは、「入れて出す」を主体とした単純な設計でよいため、セルフマルチタスキングモードよりも難易度の低いモードといえるかもしれない。しかし、あくまでデータ駆動ベースの処理系に限定され、高度なインタラクティビティを実現するようなソフトウェアの実行には適さないといえる。
    32.  このモードが具体的にはどんな処理系に向いているかと言えば、モード名が指し示しているようにストリームデータの処理……ということになる。もっといえば、音声データの加工や認識処理、画像/動画データのエンコードやデコード処理などがこれに当てはまる。
    33.  まとめると、このモードはいわゆるDSPやメディアプロセッサ的な役割を果たすためのモードということができるだろう。
    34.  データの独立性が高いストリーム処理ということで、例えば3Dモデルのスキニング/変形処理……いわゆる頂点シェーダ的な役割もこのモードで行なうのが適しているかもしれない。
  1. SPEが特殊過ぎるので、linuxには向かないかな? セルフ・マルチタスキング(SELF MULTI-TASKING)モード でジョブを配分する、という程度か?

http://journal.mycom.co.jp/articles/2005/05/19/e31/

    1. ・CPU
    2. IBM、ソニー、東芝が共同開発したCPU「Cell」を採用。Cell全体をコントロールするPPE(Power Processor Element)と呼ばれるプロセッサコア×1とSPE(Synergistic Processing Element)というSIMD用の演算ユニット×7で構成される。クロック周波数は、それぞれ3.2GHz。512KBのL2キャッシュのほか、SPE はそれぞれ256KBのSRAMを備える。浮動小数点演算性能は218GFLOPS。
    3. ・メモリ
    4. メインメモリが256MBのXDR(3.2GHz)、ビデオメモリは256MBのGDDR3(700MHz)。
    5. ・ストレージ
    6. 取り外し可能な2.5インチHDD用スロットを用意。
    7. ギガビットEthernet(外部×1、内部×2)、802.11 b/g内蔵、Bluetooth(EDR)内蔵。無線コントローラにはBluetoothを使用、最大7台が接続可能。
    8. 帯域はメインRAM(XDR)が25.6GB/s、VRAMが22.4GB/s、RSXが20GB/s(書き込み)+15GB/s(読み込み)、SBが 2.5GB/s(書き込み)+2.5GB/s(読み込み)。これらのハードウエアスペックにより、システムの浮動小数点演算性能は2TFLOPSに達する。これはEmotion Engineを備えたPS2の35倍、PS3と同じ3.2GHz動作のCPUを搭載するXbox 360の2倍の処理能力となる。
  1. すっげー・・・。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%A9

    1. ゾロアスター教のインドラ
    2. インドではデーヴァが善神でアスラが悪神だが、イランではダエーワが悪神で、アフラ・マズダーが善神と入れ替わっている。

米上下両院のユダヤ系議員が史上最大の43人に 中間選挙結果:[ 日刊ベリタ ] http://www.asyura2.com/0610/war85/msg/1570.html 投稿者 近藤勇 日時 2006 年 11 月 10 日 21:30:00: 4YWyPg6pohsqI

  1. へー。あんまりうれしいニュースじゃないな。

猫の育てなおされました http://www.asyura2.com/0601/idletalk20/msg/789.html 投稿者 ぷるすうるとら 日時 2006 年 11 月 08 日 07:34:46: Lv8Z7HGb7gjsI

    1. (回答先: 皆さんは御自分の命についてどのようにお考えですか? 投稿者 haru 日時 2006 年 11 月 07 日 19:32:09)
    2. 家にいるメス猫
    3. ベッドに横になって寝ていたその猫の腹に顔をくっつけて乳を吸うまねをしてみた。
    4. 猫は最初おどろいたような顔をし、その後俺の顔を丹念になめてくれた。
    5. 自分の子供であるかのように。
    6. おれは、親から独立した後も、見えない親の目にしばられていたが、
    7. 猫になめて貰ったら「お前を100%是認した」というような声を聞いたような気がして
    8. 悩みや屈折した気持ちが吹きとんでしまった。
    9. 言葉なんかいらない。
  1. うーむ、ちょっと無気味ではあるが。よい話でもある。
  2. 生きモノとしての自然の感情を取り戻せ、ということだね。

2006-11-10(金)

http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=114904&media_id=20

    1. 文部科学省、いじめ自殺「0」修正へ…16件を再調査
    2. (読売新聞 - 11月10日 03:11)
    3.  文部科学省は9日、いじめによる児童・生徒の自殺件数がゼロとなっている1999〜2005年度の統計を見直す方針を固めた。
    4.  同省が確定した統計数値を修正するのは極めて異例。同省は、この期間にあった自殺のうち、いじめが原因と疑われるケース計16件について再調査を開始している。これまでに大阪府堺市教委が自殺原因をいじめに訂正したほか、北海道教委もいじめ自殺を報告する方向で、今後、ゼロとされてきたいじめ自殺の件数が増える可能性が強まってきた。
    5.  同省は今月4日から該当する教育委員会への再調査を始め、〈1〉当時の事例の概要〈2〉当時、報告はどう行ったか〈3〉現時点での判断〈4〉いじめは、自殺の原因の一つと考えられるか――について、報告を求めている。
  1. うむぅ・・・・。
  2. 見ぬ物清し。
  3. http://www5a.biglobe.ne.jp/~tokaij/zzjapko2.html
    1. 見ぬ物 清し(060)
    2. 実際に見ていない物は、全て良い物の様に思える ということ
    3. 世の中には、意外とそんな物が多い。
  4. http://thu.sakura.ne.jp/others/proverb/data/mi.htm
    1. 見ぬ物清し(みぬものきよし)
    2.  実物を見なければ、どんなに汚い物でも平気でいられるということ。
    3. 同意語: 「見ぬが綺麗」、「見ぬほど奇麗な物はない」、「見ぬ事清し」
    4. 類語: 「見ぬうちが花」、「見れば目の毒」、「知らぬが仏」、「聞けば気の毒」、「聞けば聞き腹」
  5. いじめなし 見ぬ物清しの 文科省

ボルトン米国連大使、年内辞任か [暗いニュースリンク] http://www.asyura2.com/0610/war85/msg/1543.html 投稿者 white 日時 2006 年 11 月 10 日 09:37:48: QYBiAyr6jr5Ac

    1. 強硬派で知られるネオコン外交官、ボルトン“暫定”米国連大使。国連嫌いで知られるボルトンは、それ以上に国連から嫌われていた。ラムズフェルドの後任に指名されたボブ・ゲイツ同様、イラン・コントラ事件の犯人グループの1人でもある。

bolton_john_r.jpg

    1. □ボルトン米国連大使、年内辞任か [暗いニュースリンク]
    2.  http://hiddennews.cocolog-nifty.com/briefing/2006/11/post_a338.html
    3. 2006年11月10日 (金)
    4. ボルトン米国連大使、年内辞任か
    5. 米保守派ニュースサイトのNewsMaxによると、ジョン・ボルトン米国連大使が年内で辞任する公算が高いとのこと。
    6. 2005年にブッシュ大統領の指名を受けて国連大使に仮着任したボルトンは、結局米上院議会から正式承認されぬまま現在に至っている。今年9月、再開されたはずの上院の承認作業は再度キャンセルされており、まもなく国連大使職を解かれると予測されていた。
    7. このまま辞任すれば、ジョン・ボルトンは米国歴史上初の、正式承認されなかった国連大使として名を残すことになる。

2006-11-09(木)

キューバのソフトパワー http://www.asyura2.com/0610/bd46/msg/435.html 投稿者 きすぐれ真一 日時 2006 年 11 月 09 日 00:14:46: HyQF24IvCTDS6

    1. いまフィデル・カストロは病床にありますが、米国と闘い続けた自分の人生の終わり近くなって、非同盟諸国のリーダーとして帝国をここまで追い詰めていることに充足感を覚えているのではないでしょうか。あと一息です。ぜひカストロには生きて米帝国の覇権の終焉を目撃してもらいたい。そして、あの世のゲバラに「ついにやったぞ」と報告して欲しい。

http://asyura2.com/0610/war85/msg/1514.html

    1. ハマス軍事部門は二年間にわたる停戦を解除すると宣言しました

ラムズの失脚で事態が変わると思うな(仏『リベラシオン』の一読者の反応) http://www.asyura2.com/0610/war85/msg/1515.html 投稿者 さすれば 日時 2006 年 11 月 09 日 11:01:39: reQxnNwQ2shuM

    1. (回答先: ラムズフェルド米国防長官が辞任 大統領が発表(CNN) 投稿者 gataro 日時 2006 年 11 月 09 日 08:39:57)
    2. 仏『リベラシオン』に載った一読者の反応。
    3. 「ラムズフェルドの失脚で事態が大きく変わると思うな。ロバート・ゲイツがよりよいわけはない。彼はイラン・コントラ事件に関与した。彼はレーガンには高くついた“悪魔の帝国”のコンセプトを産み出した男である。より詳しくは『ワシントン・ポスト』で彼の履歴を--」
    4. http://www.liberation.fr/actualite/monde/215870.FR.php
  1. そういうこと、なのか・・。

2006-11-08(水)

http://opentechpress.jp/enterprise/article.pl?sid=06/11/07/0030253

    1. 彼らの顧客が今後どのような目的でLinuxを導入していくと思うかを私が尋ねると、全員一致の答えが返ってきた。その答えは「データベース」だった。
  1. たけ(tk)の見解も「データベース」だ。安定運用が必要だから、Windowsには任せられない。

http://tcnweb.ne.jp/~edgar-keitai/ijin6.html

    1. 不正の存在を前に沈黙する人々は、まさしく不正の共犯者に他ならない。(ジョン・ラスキン).
  1. 共犯者なら、いじめに参加せねばならぬ、ということか?

http://www.asyura2.com/0610/war85/msg/1443.html

    1. 武装勢力によるイスラエル領へのロケット攻撃をやめさせる目的で始まった軍事作戦だったが、進行中も40発のロケットがイスラエルに発射され、軍事目標は達成できなかった。
  1. 公言された戦争目的(大義名分)を信じるとは、どういうことか?
  2. マスコミというのは、大義名分を信じ、布教する義務があるのか?

2006-11-07(火)

3249.jpg

http://www.asyura2.com/0610/senkyo27/msg/1250.html

    1. 『金持ちの、金持ちによる、金持ちのための政治』
    2. ・・
    3.  大統領への投資には必ず見返りがある。最高位の人物への投資は収益率が高い。1997年、選択的最低課税(正規の所得税を超えるとき、それに代わって適用される一定率の課税のこと)が廃止されたことを考えてみて欲しい。1995〜1997年に行ったわずか1,300万ドル(13億円)の政治献金で、その後10年間にわたり200億〜600億ドル(2兆〜6兆円)相当の税控除がもたらされることになる。今、大統領に投資しておけば、その後何十年間にもわたる見返りが得られるのだ。

http://www.asyura2.com/0610/war85/msg/1414.html

    1. やがて、ブッシュ政権でネオコンが権力を握り、マッチョな軍国主義を振りかざす政策を始めた。敵をおびえさせ味方をおどして、合衆国の揺るぎないヘゲモニーを復興することが目的だ(と彼らは考えた)。ネオコンは機会を手にした。戦争もした。そして目を見張るほどの大失敗を演じてくれた。敵と見なした諸国は怯えていないし、かつての同盟国にも脅しが効かない。合衆国が世界システムに占める地位は、2000年からさらに低下していった。すべての原因は、ブッシュ政権がネオコンの無謀な施策を採用したことにある。今日では、実に数多くの人びとが合衆国の衰退を公言するようになった。
  1. 脅しの効果は一時的、ということか?
  2. 逆らえば皆殺し、従えば保護、というポリシーの体現であれば、持続するのだろう。
  3. しかし、現代において、そのようなポリシーを体現することが可能であるか、が疑問なのだろう。

2006-11-06(月)

現代哲学は、《私》とは何か、から《他者》とは何か、に興味を移している。

  1. レビ・ストロースがサルトルを、「お前は《他者》ではないか」と批判した。しかし、レビ・ストロースも《他者》ではないか。いささか分かったつもりになっている、傲慢な《他者》に過ぎない。たけ(tk)《他者》に過ぎない。
  2. すべてのヒトは、《私》であるとともに、《他者》である。《他者》《私》として尊重せよと言うのがカントだろう。《他者》《他者》として斬り捨てたレビ・ストロースは下劣な精神の持ち主に過ぎない。下劣な《他者》に過ぎない。
  3. 『仁』というのは、《他者》《私》、各人にとっての絶対者であることを承認して、彼らに感じ合う、ということだろう。100億個の絶対者への《感じ合い》『仁』だろう。

核廃絶と、日本的精神

  1. 日本では武器が象徴化された。実用的な武器は廃棄された。
  2. 銅剣は神聖な装飾品となり、銃は使われなくなった。

2006-11-05(日)

<福岡いじめ自殺>事件後も別の生徒に繰り返す 同グループ(毎日新聞) - 11月3日3時6分更新 http://www.asyura2.com/0610/nihon21/msg/303.html 投稿者 まさちゃん 日時 2006 年 11 月 03 日 13:59:15: Sn9PPGX/.xYlo

    1. <福岡いじめ自殺>事件後も別の生徒に繰り返す 同グループ
    2.  中2男子生徒(13)がいじめを苦に自殺した福岡県筑前町立三輪中で、この男子生徒をいじめていたとされるグループが事件後も別の生徒にいじめを繰り返していたことが分かった。学校側は遺族側に「再発防止を目指す」と繰り返しているが、いじめ対策が進まない現状が浮き彫りになった。
    3.  複数の関係者によると、新たないじめを受けているのは自殺した男子生徒と同じ学年の別の男子生徒。暴力的な行為はないものの、言葉によるいじめだったという。
    4.  男子生徒の自殺後、間もなくいじめグループが別の男子生徒を対象にしたいじめを始め、見かねた他の同級生が保護者に相談し、保護者が学校側に通報した。学校側はこの保護者に「実際に新たないじめがあるかどうか調査中」と説明しているという。
    5.  同級生の保護者によると「いじめのやり方は亡くなった男子生徒と全く同じと聞いている。学校は一体何をしているのか」と憤っている。
    6.  自殺した男子生徒は自殺直前に7人の生徒からいじめを受けていたことが判明している。同中にはこの7人を含む多人数のいじめグループがあり、新たないじめもこのグループの生徒が繰り返しているという。
    7.  男子生徒は死の直前まで「消えろ」など言葉によるいじめを繰り返し受け「いじめが原因です。いたって本気です。さようなら」などと記した遺書を残し、先月11日に自殺した。自殺した男子生徒の父親(40)は「また息子と同じようないじめが起きているとすれば許せない。つらい思いをするのは私たちで十分だ」と話している。【船木敬太、高橋咲子】
    8. (毎日新聞) - 11月3日3時6分更新
  1. いじめは、いじめる側の問題なのだ。いじめる側の問題を解決しない限り、いじめは無くならない。

http://mixi.jp/view_diary.pl?owner_id=2531967&id=261157184

    1. らっぱさんの日記 全体に公開
    2. 2006年11月05日 19:54 喧嘩両成敗で。
    3. ■フセインに死刑判決、シーア派住民148人殺害事件で(読売新聞 - 11月05日 18:22)
    4. http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=112579&media_id=20
    5. フセイン君に対する「いじめ」はやめましょうよ!(笑)
    6. 言いがかりを付けたブッシュ君も、死刑にしてしまいましょう。
    7. それなら、喧嘩両成敗で双方納得^^
  1. babyblueさんの日記 全体に公開 2006年11月05日 20:07 東京裁判に批判してるやつは
    1. ■フセインに死刑判決、シーア派住民148人殺害事件で(読売新聞 - 11月05日 18:22)
    2. http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=112579&media_id=20
    3. これも批判する義務が有ると思うがどうか。
    4. 個人的には東京裁判もフセインの死刑も
    5. 法制上の問題も道義上の問題も有るが
    6. 「仕方ないのかなぁ」という気持ちではある。
    7. しかしだな。
    8. 東京裁判は戦勝国から強引に進められた裁判で〜とか
    9. 日本国憲法はアメリカから押し付けられて〜とか言う人よ。
    10. この死刑についても疑問を持つべきなんだよ。
    11. フセインが悪人か善人かとか言う前の問題としてね。

Re: 日本では高校間格差と、受験戦争の勝ち組でも学力崩壊が起こっているのが問題では http://www.asyura2.com/0610/senkyo27/msg/1193.html 投稿者 こげぱん 日時 2006 年 11 月 05 日 14:44:18: okIfuH5uFf.Lk

  1. そうなんだよね。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%BD%E6%98%8E%E5%AD%A6

    1. 当初は王陽明も朱子学の徒であったが、「一木一草」の理に迫らんとして挫折し、ついに朱子学から離れることになる。その際王陽明は朱子学の根本原理となっている「格物致知」解釈に以下のような疑義を呈した。まず天下の事事物物の理に格(いた)るというが、どうすれば可能なのかという方法論への疑義。そして朱子は外の理によって内なる理を補完するというが、内なる理は完全であってそもそも外の理を必要としないのではないか、という根本原理への疑義である。
      1. 《ブッダの「一切」》
      2. 「内なる理」と「外の理」。実践者の内部の理。実践者の《肉の塊》の理。
      3. 観想者にとっては内と外との区別は無くなる。実践者にとっては内と外との区別が明確になる。実践とは、内から外への働きかけである。実践とは内の理の外部への表出である。明明徳。内なる社会的徳性を外部に明らかにすること。
      4. そうか、観想者の格物と、実践者の格物とでは異なる。実践者の《視点》と観想者の《視点》。実践者の公理と観想者の公理
    2. 朱子学のテーゼ「性即理」では、心を「性」と「情」に分別する。「性」とは天から賦与された純粋な善性を、他方「情」とは感情としてあらわれる心の動きを指し、「情」の極端なものが人欲といわれる。そして朱子は前者のみが「理」に当たるとした。また「理」とは人に内在する理(=性)であると同時に、外在する事事物物の「理」でもあるとされる。
      1. 《ヒトのアニマ》=「情」=と《モノアニマ》=「性」=。たけ(tk)《ヒトのアニマ》も、結局のところは、《モノアニマ》の発現であろう、と見る。
    3. 王陽明は「理あに吾が心に外ならんや」と述べるように、「性」・「情」をあわせた心そのものが「理」に他ならないという立場をとる。この解釈では心の内にある「性」(=理)を完成させるために、外的な事物の理を参照する必要は無いことになる。この考えはやがて外的権威である経書、ひいては現実政治における権威の軽視にまでいたる危険性をはらんでいた。
      1. 実践者は「外的な事物の理」を見通すことができなくなる。ということであろう。
      2. 『善』なる実践者は、『真』を見失う。
    4. 「良知」とは貴賤にかかわらず万人が心の内にもつ先天的な道徳知(「良知良能は、愚夫愚婦も聖人と同じ」)であり、また人間の生命力の根元でもある。天理や性が天から賦与されたものであることを想起させる言葉であるのに対し、「良知」は人が生来もつものというニュアンスが強い。また陽明学において非常に動的なものとして扱われる。
    5. そして「致良知」とはこの「良知」を全面的に発揮することを意味し、「良知」に従う限りその行動は善なるものとされる。逆に言えばそれは「良知」に基づく行動は外的な規範に束縛されず、これを「無善無悪」という。
      1. 「「良知」を全面的に発揮する」ためには、外部の理への格物が必要であろう。夜の観想と昼の実践との統合を目ざすべきであろう。相変異《群生相》《孤独相》
    6. 3. 知行合一 ― 良知の有り様(1)。ここでの「知」(良知)とは端的に言えば認識を、「行」とは実践を指す。陽明学に反感を持つ朱子学者や日本では誤解され実践重視論として理解されたが、これは本来の意味からずれた理解である。心の外に理を認めない陽明学では、経書など外的知識によって理を悟るわけではない。むしろ認識と実践(あるいは体験)とは不可分と考える。たとえば美しい色を見るときのことを例に取ると、見るというのは「知」に、好むというのは「行」に属す。ただ美しいと感じてその色を見るときには、すでにして好んでいるのであるから、「知」と「行」、つまり認識と体験とは一体不可分であって、両者が離れてあるわけではないと王陽明は説く。
      1. ここまでは、まあ、問題なし。ただ、違うモノを合一と見るのは、イマイチである。
    7. また「知は行の始めにして、行は知の成なり」とする。これが「知行合一」である。道徳的知である良知は実践的性格を有し、また道徳的行いは良知に基づくものであって、もし「知」と「行」が分離するのであれば、それは私欲によって分断されているのだ、とする。朱子学では「知」が先にあって「行」が後になると教える(「知先行後」)が、「知行合一」はこれへの反措定である。
      1. 循環関係にある。
      2. 《群生相》における《視点》と《動点》。《群生相》におけつ《知りつつあるモノ》《動きつつあるモノ》
    8. 「万物一体の仁」とは、人も含めて万物は根元が同じであると考え、自他一体とみなす思想である。元々は程明道に見られる発想であるが、陽明はそれを良知と結びつけた。陽明は自らを含む万物はいわば一つの肉体であって、他者の苦しみは自らの苦しみであり、それを癒そうとするのは自然で、良知のなせるものだとした。ここに陽明学は社会救済の根拠を見出したのである。
      1. 《おおやけ》《視点》
    9. 朱子学においては読書や静坐を重視したが、陽明はそうした静的な環境で修養を積んでも一旦事があった場合役には立たない、日常の生活・仕事の中で良知を磨く努力をしなければならない、と説いた。これが「事上磨錬」である。
      1. これは、賛成しておこう。
    10. 王陽明はこの部分を再解釈し「物を格(ただ)す」(物=事、格=正)とした。朱子においては「知」は道徳知と知識知が未可分であったが、陽明は専ら道徳知として理解する。「事」とは心の動きである「意」の所在であって、「知」とは良知を指す。「格物致知」を、「意」を正すことにより良知を発揮することとしたのである。端的に言えば心の不正を正すと王陽明は再解釈した。
      1. これには、反対。何が不正であるか、そんなに簡単に分かるものではない。誠意によって心を自由にして、広く配慮することによって、始めて、何が不正であるかが分かる。格物という最初の段階で分かるものではない。
      2. 《群生相》における「格物」か・・。

http://www.asyura2.com/0610/war85/msg/1356.html

    1. 北朝鮮との二国間協議を拒否し、終始一貫して六カ国協議でしか北朝鮮との交渉には応じないとブッシュ政権がフォームを貫いてきたのは、まさに北朝鮮に核実験を踏み切らせるためであったのではないか。
    2. 六カ国協議でしか北朝鮮との交渉には応じないという、北朝鮮にとっては絶対的な無理難題をわざと外交政策で通すことが、最終的にアメリカの北朝鮮攻撃を可能にするという見通しを、落合信彦氏が『SAPIO』誌上で確か1年以上も前から述べていたが、今回の北朝鮮の核実験はそれを具現化しつつある形で行われた。
    3. 北朝鮮を核実験に踏み切らせ、今後も連続核実験を行わせれば、北朝鮮への全面爆撃に必要な、ワシントンの上院議会の同意とアメリカ世論の支持という政治工作が可能になってくる。ブッシュ政権は5年をかけて仕掛けたと見る事ができる。
  1. そりゃそうなんだが。その後はどうなるのか?
  2. 気違いに刃物 アメリカに核兵器
  3. 核兵器 アメリカだけが飛ばせば 恐くない

金剛山「核」攻撃計画 ―広島、長崎以後のアメリカの北朝鮮核兵器攻撃― http://www.asyura2.com/0610/war85/msg/1353.html 投稿者 DOMOTO 日時 2006 年 11 月 04 日 23:03:24: VRQtq/0DZtRLQ

  1. これはやりかねない。これをやると、どうなるのか?
  2. 世界は脅えあがるだろう。
  3. 中ロが反撃すれば、人類文明は滅亡してしまう。??
  4. 核兵器 みんなで飛ばせば 恐くない

2006-11-03(金)

http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=112044&media_id=20

    1. 中川政調会長、核保有議論の必要性また強調
  1. 反応を視ると「議論はいいじゃん」というのも多い。では、「アメリカに対する核攻撃の是非」についての議論も善いことだろう。問題は、政治家が「xxを議論しよう」と言った場合には、「xx」を政策として実現しようという意思表示だということ。
  2. 「xx国が脅威だ」といえば、「xx国に対する(防衛を口実とした)攻撃を意図している」という意味になる。

サイボーグ技術

  1. 《他者》を操ることに使える、というのが問題。
  2. 脳を操ることによって、人類の脳ではなくなる。
  3. 科学技術の勝利、人類の敗北。
  4. 考えるだけで馬鹿らしくなる。
  5. ヒトとは《肉の塊》である。《肉の塊》を操る技術は開発されるだろう。
  6. ヒト《肉の塊》である。しかし、ヒトは、《肉の塊》として扱われるべきではない。ヒトヒト《肉の塊》として扱うのは、『悪』である。ヒトヒト《肉の塊》として扱うのは、『真』であるが、『悪』である。《私》《他者》から《肉の塊》として扱われたくない。それゆえに、ヒトヒト《肉の塊》として扱うのは『悪』である。《私》が望まないことは『悪』である。

http://www.asyura2.com/0610/asia6/msg/378.html

    1. たしかに一進会は大きな政治団体でした。「韓国併合への道」(呉善花/著 文春新書)によると一進会の会員は公称百万人、併合時の統監府の資料では約十四万、最盛期では二十万から二十数万いたのではないかという推測もあるそうです。しかし、「韓国併合」(海野福寿著、岩波新書)によると、1910年 8月の警務統監部の調査によれば、会員数は9万1896人だったそうです。
    2. いずれにせよ大きな政治組織だったことに違いはありませんが、彼らの主張は一般民衆の反感を買い、統監府設置以降1908年6月までに、会員926人が殺され360戸が焼かれたそうです(韓国併合)。一進会の主張を農民が支持していたかのように誤解を与えかねない図は悪質な印象操作と言えます。また、一進会だけに限って言及しても「韓国人が併合を望んだのよ」などと言えるものではありません。
    3. 一進会の主張は「併合」ではなく、「合邦」でした。日本と朝鮮が対等に合併し、列強に対抗しつつ近代化していくことを目指していたのです。朝鮮民族の尊厳を踏みにじり、朝鮮人も日本国民であると唱えつつ実際は朝鮮人を家畜扱いし過酷な搾取をもたらした日韓併合を望んだわけではありません。
    4. しかし理想としては立派ですが、これが一般に受け入れられるはずはありませんでした。1909年12月4日一進会は声明を発表するとともに、曽禰荒助統監に、「韓日合邦」を急務とする上申書を提出しましたが、曽禰ははっきりとした回答を出しませんでした。一進会の主張する「韓日合邦」は、「日本政府が意図する併合の内容形式とは天と地ほどの隔たりがあった」(韓国併合)のです。
  1. 針小棒大に都合のよい事実を捜し出して、「xx(の一部)が望んだ」を「xx(の全部)が望んだ」と言い換える詭弁。

教育には、教師の人格的魅力が必要である。

  1. 「教育改革」は教師を奴隷化し、教師の人格的魅力を失わせ、教育を破壊する。
  2. http://www.asyura2.com/0610/senkyo27/msg/1124.html

2006-11-02(木)

chrysanthemum 【名】 《植物》菊 【発音】krэsae'nθ(э)mэm、【@】クリサンサマム、クリサンセマム

第二次世界大戦に嵌められた日本の歴史を繰り返さない為、再度嵌めようと試みる勢力に如何に対すべきかの討論を明日午後開催。 http://www.asyura2.com/0610/war85/msg/1289.html 投稿者 救国の草莽の志士 日時 2006 年 11 月 02 日 09:50:38: fzrYJ5Wj4Dt36

2006-11-01(水)

http://www.asyura2.com/0610/senkyo27/msg/1087.html

    1. 学校はこの間、ますます弱肉強食の残酷な競争とランクづけの格差という構造的ないじめがまんえんするようにしてきた。それは「個性重視、興味と関心第1、子供の人権優先」といいながら政府の側からつくりだしてきたものである。また社会全体も市場原理の規制改革などといって、弱肉強食の弱いものいじめ社会をつくってきた。学校でいじめがあり、自殺する子があらわれているのは、子どもたちの目にいまの社会がそのように映っていることを示しており、その結果である。自分たちがつくってきた原因に対する反省がなくて、結果として個個の現場の生徒や教師を犯人というのでは問題は解決しないし、さらに深刻な事態をつくりだすことは明らかである。
    2. 教育再生会議の目的は公教育の解体であり、学校を株式会社のような企業的な競争に投げこむことである。全国一斉学力テストと学校評価制度、教育バウチャーと学校選択制、教員免許の更新制の導入、さらに教育基本法の改悪を狙っている。しかも、官邸主導のこのメンバーには、教育学の専門家を排除している。そして愛知県に株式会社立の中高一貫校をつくった葛西敬之・JR東海会長と張富士夫・トヨタ自動車会長、また「教員の3分の1から1分の1は適正がない」といっている渡辺美樹・ワタミ(居酒屋チェーン)社長など、商売人の都合がいいようにしようというものである。しかしこうした方向はイギリスやアメリカでは大失敗が明らかになっているのに、それをまねてやろうというバカげたものである。
    3. 問われていることは、敗戦後の孤児たちががんばり抜いたように、この社会にまんえんするさまざまないじめ構造のなかでもまれながら、鍛えられ、仲間と団結して自分の人生を切り開いていく強い子どもをどう育てるかである。ところがメディアの大宣伝に乗って安倍政府がやろうとしている教育再生、教育基本法改定は、ますますいじめをまんえんさせるものである。それは学校に企業原理を導入して株式会社のようにするというもので、子どもはお客様で子どものニーズに合わせる、教師はデパートの売り子のごとくサービスの提供者のようにご機嫌取りをする、そして教師を子どもや父母が採点するというようなものである。これを「子どもの人権」とか「個性重視」とかいってさらに拍車をかけようというのである。

http://www.asyura2.com/0610/senkyo27/msg/1087.html

    1. メディアは「自殺の原因はいじめだった」「生徒だけではなく教師がいじめた」という調子で大騒ぎをするが、それは日本中の学校の教師に対する大大的ないじめである。その論理ならメディアからいじめられた生徒、教師、校長などが自殺したならば、メディアや政府が「いじめ犯人」として罰せられなければならない。

恐らく、英米メディアに言わなければならない「理由」があってのことでしょうね。 http://www.asyura2.com/0610/senkyo27/msg/1072.html 投稿者 新世紀人 日時 2006 年 11 月 01 日 15:06:51: uj2zhYZWUUp16

    1. (回答先: 首相、英米メディアに「任期中に改憲」 9条含め意欲(朝日) 投稿者 スタン反戦 日時 2006 年 11 月 01 日 08:34:02)
    2. 日本のメディアに言ったのではなく、海外の二つのメディアに対していったと言う事ですから、特別な行動と解するべきでしょう。
    3. ブッシュ政権への「忠誠心」を改めて表明しておく必要があったのかもしれません。
    4. 今後の海外の反応に注意する必要があります。
    5. 恐らく、昨日(31日)に報じられた「北朝鮮 6ヶ国協議に復帰」の報道に連動するものではないのか。
    6. 「朝鮮半島の緊張緩和への動きに拘わらず、日本の安倍政権の軍国主義化への意思は変わりません」と海外に向かって言いたいのではないだろうか。
    7. 「軍国化は安倍政権の『不退転の決意』なのだ」と言いたいのではないか。
    8. 米国に従い、朝鮮半島の緊張関係を保っておきたいと言う事なのでしょう。
    9. まさに『傭兵の亡国政権』ですな、安倍政権は。

http://sun.ap.teacup.com/souun/126.html

    1. 階級闘争の本質は経済力を政治権力に転換することである。ほぼ決まって勝者となる富裕階級にとって、階級闘争の目的は自分達の所得や富に対する税金を削減することにある。その結果、税制は富裕者への累進制を弱めるよう改正され、賃金労働者や消費者の税負担が高くなる。日本の場合も、今日の財政赤字と国家債務は、最も裕福な階級に対する課税を怠ったことが原因となっている。
    2. しかし、現在の財政政策の悲劇は、生産的な産業投資よりも、非生産的で寄生的な富の方が簡単に税金逃れができる点にある。不正な富の方が税金を削減しやすいのは、それがより多くの経済価値をもたらすからではなく、ただ単に最も収益性が高く、強い影響力を持つためである。過剰の富や、不労所得者の所得へ課税する代わりに、必需品や生産的な直接投資、労働者階級への課税を増加すれば、産業の発展や繁栄は抑制されてしまう。
    3. 税制の改正は、金融および不動産投資家に、寄生的かつ投機的な収益を求めることを奨励する。新しい税制は、製品やサービスの生産を促進するのではなく、負債を増やした銀行や賃貸料を上昇させた投機家たちに資金援助をしているのだ。この新しい財政哲学は、世界競争に向けた生産性や生産高拡大のための再投資に必要な収益を産業界から奪いかねない。
    4. 日本の大蔵官僚が新しい税制哲学を異口同音に支持しているという現実は、戦後形成された金融、不動産分野がいかに政治的に攻勢に転じてきたか端的に表している。金融、不動産分野は、米国製の「無価値」経済学を利用して、大々的な広報活動を繰り広げ、金利や賃貸料の上昇で経済のコスト構造を押し上げること以上に生産的な方法は、従来の金儲けの手法(例えば工場の建設)にはないと主張している。
    5. この「無価値」の富は、主にFinance(金融)、Insurance(保険)、Real Estate(不動産)産業とその不労所得者の収入であり、それらの頭文字を取って一般にFIRE分野と呼ばれている。
    6. 不労所得者の収入は、貸し手と地主が事前に規定する固定利用料(家賃と利子など)から成る。企業の成功如何で増減する収益とは対照的に、これらの固定料金は、経済の成長や支払い能力とは無関係に、いやおうなしに要求されるものである。ある人の収入が他の人の支出になる「ゼロサム・ゲーム」がそうであるように、不労所得者が要求する料金は、債務者の基本資産を削るところまで利益を食いつぶしてくる。
    7. この結果、貯蓄は直接投資にではなく、融資や不動産投機に回される。こうして、経済の生産的資源は増えずに、金融や不動産投機による不労所得者の収入が増加する。
    8. 国民はこの「新しい」税制政策がいかに深刻な影響を与えるか理解していない。事実、バブル以降の日本は、金融および不動産分野で膨張する富に対する課税を躊躇してきた。このことは、日本を含む世界の国々が歴史的に税制の基盤を地租に置いてきたという事実とは極めて対照的である。国王や天皇は、土地の支配権および所有権を官僚に移管した。もともと地主は、宮殿を守ったり、兵力などを含む軍事的ニーズをカバーするために、その土地から生まれる余剰農産物(および作物の用益権や農民の労働力)の大半を国に提供することになっていた。しかし、地主は次第に、そのような土地からの収益を社会のために使用するという義務を果たさなくなった。実際、地主にそのような「自由」を与えたことが、自由企業制や真の私有財産の基盤となったのである。
    9. 過去1世紀の間に、課税対象に最も適しているのは「不労増価分」、すなわち、社会の繁栄(あるいは単に通貨インフレ)に起因する土地や資産価値の増加分であるという考えが広まった。例えば、公共の交通機関や道路、電気、その他税金で実施される基盤整備によって、土地の不動産価値は一般に上昇する。税金を使ったおかげで値上がりした分の賃貸料を取り戻すには、通常固定資産税を徴収することによって、その増加分が国民に還元される。
    10. しかし税金が徴収されなければ、税金を使ったことによって生まれた利益は不労所得投資家の手元に残る。そして不労所得者階級が強力になればなる程、政治家をうまく操って自分達の税金を削減させようとする。その結果、財政赤字と国家債務が増加するのである。
    11. 今回日本が他国と異なる点は、バブル経済のさなかに負債が増大した点にある。そしてこのバブルこそ、先例のない程の巨額な不労増価を意味している。
    12. バブル経済の真っただ中に国債残高が増加した原因を見つけるのはそれ程困難ではない。バブル経済は、不動産価格を一般家庭の手の届かないところまで押し上げたのに加え、不動産億万長者を生み出し、不労所得者の地位を不動のものにした。
    13. FIRE分野の力が強力になると、その分野が1つの階級を形成し、自分達の利益が課税対象とならないようにするために、公共利益に反する活動をする。その一方で自分達の目的を支持させるよう政府の政策に影響を与える。その結果、不動産分野が従来支払っていた税金は他の分野に振り替えられる。こうなると、借金をしてでもさらに不動産を購入した方が儲かるようになり、不動産分野は借金だらけになっていくのである。そして不動産の所有者はこの借金状態を強調して、金融機関と共に、業界は多額の借金を抱えているので、もっと減税すべきだと主張するのである。さらに、不動産投機家はローンの利子分を課税所得から控除することが認められていたために、このプロセスにはさらに拍車がかかった。
    14. このような厄介な行動形式は、日本に限ったことではない。過去4,000年の文明化の歴史を通じて一貫して描かれてきた変遷の型である。しかし、日本の場合興味深いのは、バブルが繰り返されることがないよう増税を呼びかけるのではなく、逆にバブル崩壊を口実に、不動産や銀行の富に対して減税が叫ばれている点である。
    15. 最も裕福な不労所得者層が税金を逃れようとした結果、日本にほぼ慢性的な財政危機が生まれた。さらに、他の諸国の場合と同様に、既存の負債に対する金利も公的債務を増加させている。過去の負債に対する利払いが負担となって、結局毎年、財政赤字を生むことになる。国家が税収入、厳密には不労所得の富に課税をして歳出を賄わない限り、今回の累積債務から逃れることは難しい。問題は、税金を逃れようとするFIRE分野の既得権益の経済力に対抗するだけの政治権力を結集させる能力が一般国民にない点にある。その結果、政府は借金で金利を賄い、毎年国家債務を増加させていく。つまり、このことは、公債が指数関数的に複利で増加することを意味する。

http://sun.ap.teacup.com/souun/53.html

    1. 石油や石炭、天然ガス、風力、地熱など自然の中にあるエネルギー資源を1次エネルギーと呼びます。これに対して2次エネルギーとは1次エネルギーを加工して電力、ガスなど利用しやすい形にしたものです。ここで1次エネルギーとして意味があるのは、資源を得るために投入したエネルギーの合計が発生するエネルギーを充分下回るものです。
    2. 原子力の場合ここが疑問です。廃棄物処理迄含めると投入エネルギーが利用可能な発生エネルギーを上回る可能性があります。また石油資源無しには原子力発電は成り立ちません。よって、1次エネルギーとしては意味がないと申し上げました。
    3. エネルギーの貯蓄というような意味まで否定は致しません。

http://www.asyura2.com/0610/senkyo27/msg/1056.html

    1.  日本は、軍用プルトニウムを生産できる『もんじゅ』と『常陽』を所有しています。軍用ウランは六ヶ所の濃縮工場で生産できます。しかし、日本にはトリチウムを作る装置がありません。トリチウムを大量に持とうとすると世界中から疑惑の目で見られます。そこで、トリチウムを作る口実が必要です。そのため、日本は核融合実験炉ITER(イータ)を誘致しようとしているのです。
    2.  ITERの建設が認められれば、トリチウムを1.5キロ所有することができます。水爆に必要な量3グラムの500倍という巨大な量です。そして、トリチウムを製造するのに、原発を改造して、トリチウム生産炉にすることもできます。だから何としてでもITERが欲しいという事になります。ITERさえあればトリチウムをいっぱい作ってもよいのです。トリチウムを作る原子炉としては、六ヶ所村の隣にある東通原発が利用できます。この原発は消費地の東京から遠いため、遠方に送電することになるので、電力の損失があり送電費用がかさみ、経済的ではなく、ITERのために国が買い上げてくれればよいと電力会社は思っています。このようにして、六ヶ所に建設予定のITERとともに下北半島は核兵器工場地帯となるのです。
    3.  中性子爆弾は1発の値段は3億円です。同じ大きさの小型原爆(戦術核)は1発1500万円ですから20倍もします。その違いは、トリチウムの扱いが困難で費用がかさむからです。それほどトリチウム技術は大変なのですが、これがITERの開発で取得できることになります。核融合研究は核武装の準備そのものなのです。

http://www.asyura2.com/0610/senkyo27/msg/1056.html

    1.  中性子爆弾や水爆はこのプルトニウム原爆で得られる1億度という高温を利用して核融合させる爆弾です。中性子爆弾は原爆を爆発させて中性子と高温を得、これによりトリチウムと重水素を核融合させ、大量の中性子を発生させる爆弾です。大きさは直径16センチ、長さ40センチ程度で、兵隊が持ち運ぶこともできて大砲で使えるきわめて小さい核兵器です。これに用いるプルトニウムは2キロ、トリチウムは数10グラムです。
    2. ・・
    3.  通常の水爆の核弾頭は、円錐形で高さが1メートル、底辺の直径が30センチ程度、その最下部に球形のプルトニウム爆弾が入っています。これを爆発させて、中性子と高温を得て、その上にある重水素化リチウムを核融合させます。そこで得られる大量の中性子を最頂部にある濃縮ウランに当てて、核分裂反応させるというものです。つまり、原爆一水爆一原爆という3重の爆弾です。トリチウムも必要ですが、その量は3グラム程度とごく少量です。

http://www.asyura2.com/0610/senkyo27/msg/1056.html

    1. 軍用プルトニウムの濃縮度は94%以上ですが、高速炉で作ったプルトニウムは、『もんじゅ』の場合濃縮度は97.6%で、『常陽』では99.4%です。高速炉を持っているフランスと日本は簡単に核兵器が作れる国なのです。
    2. ・・
    3.  ところで、軽水炉から作るプルトニウムが、まったく原爆に使えないという訳ではありません。軽水炉で得られるプルトニウムの濃縮度は60%ですが、これをレーザー濃縮で94%以上に高めればよいのです。しかし、どうやらこれは失敗したらしいのです。アメリカはこのレーザー濃縮でウランを濃縮するといっていましたが、中止してしまいました。日本もウランのレーザー濃縮については研究さえ中止しました。ウランも濃縮できないような方法がプルトニウム濃縮に使える筈もありません。結局、軽水炉から得られるプルトニウムは利用価値がないことになったのです。発電用として使うには費用がかかり過ぎ、軍用にも使えないので、日本以外の国では、使用済み核燃料は再処理せず、すべて廃棄する方針です。
Last modified:2006/12/04 22:48:58
Keyword(s):
References:[ゴミ箱]