FrontPage  Index  Search  Changes  wikifarm  Login

カオス的遍歴

カオス的遍歴

  1. ←[[]]
  2. キーワード
  3. 予備知識
  4. 引用文献

定義

記述

区別

検索

《混濁の分離》 - [#何故? カオス的遍歴の理論にマッチするのか?]

《アニマ》 - [#一般にはカオス的な様相とシステム的な様相の両者を含む膨大な情報の総体である。システム状態からカオス状態を経て別のシステム状態に移行することをカオス的遍歴という。] ゴミ箱2005-03 - [《ヒトの群れ》の周期的な状態変化への見通しカオス的遍歴。]

《混濁しつつあるモノ》 - [#ヒト《混濁しつつあるモノ》)には孤独相と群生相とがある。相が変わることを相変異という。カオス的遍歴。]

『複雑系脳理論』 - [(2)カオス的遍歴]

《モノの世界》を《コトバ》で説明することと自己言及 - [『複雑系脳理論』http://www.saiensu.co.jp/magazine-htm/spsk-200202.htm)には「カオス的遍歴」の仕組みが書かれている。それと同じかどうかは分からないが、我々の脳は複数の公理系を理解し、それを行き来することができることができる、らしい、ということは分かる。]

《視点の移動》 - [『複雑系脳理論』http://www.saiensu.co.jp/magazine-htm/spsk-200202.htm)には「カオス的遍歴」の仕組みが書かれている。それと同じかどうかは分からないが、我々の脳は複数の公理系を理解し、それを行き来することができる、らしい、ということは分かる。]

原因 - [#カオスの原理(カオス的遍歴?)が《動かしつつあるモノ》である、と言えるか?]

《浄化球》 - [#《混濁しつつあるモノ》は孤独相と群生相とでは状態が異なる。相が変わることを相変異という。構成原理自体が変わってしまう。《ドメイン》の変異。カオス的遍歴。]

ゴミ箱2006-05 - [#カオス的遍歴でアトラクターを検知したら、それを再現するための入力条件を記憶しておいて、分岐するのだろう。]

ゴミ箱2005-07 - [#認識は《背後者世界》の求めに応じてやってくる。が、《背後者世界》の構造は、変革されるのだ。というのが、カオス的遍歴の帰結だろう。知るたびに、《背後者世界》の構造はカオスを経て、新しい構造に変わる。] 複雑系脳理論・ノート - [「カオス的遍歴」:]

ゲーデル以後の公理主義と《視点の移動》 - [『複雑系脳理論』http://www.saiensu.co.jp/magazine-htm/spsk-200202.htm)には「カオス的遍歴」の仕組みが書かれている。それと同じかどうかは分からないが、我々の脳は複数の公理系を理解し、それを行き来することができることができる、らしい、ということは分かる。]

Last modified:2008/03/20 23:13:35
Keyword(s):
References:[《混濁の分離》] [カオス的遍歴]