FrontPage  Index  Search  Changes  wikifarm  Login

エピゴーネン

キーワードエピゴーネン

定義

愚かな後継者のこと

区別

《ヒトの群れ》エピゴーネン問題

  1. 《ヒトの群れ》《ヒトの個体》の死を重ねながら《ヒトの群れ》であり続ける。
  2. 《ヒトの個体》《ヒトの群れ》の中で生まれ、育ち、死んでいく。
  3. 《ヒトの個体》《ヒトの群れ》状況の中で、《ヒトの個体》のシステムを形成していく。
  4. 《ヒトの個体》状況は個体ごとに異なる。《ヒトの個体》のシステムは個体ごとに異なる。
  5. すべての《ヒトの個体》追従ザルとして生まれる。それゆえに、教育によって、ハグレ猿であることを可能にするべきだ。理論的に言って、主権者教育しか方法がない。

キャリアシステムとエピゴーネン問題

  1. 始めから、ボス猿として教育すること。
  2. 蜂や蟻のシステム。ロイヤルゼリーで育成する方式。
  3. エピゴーネン問題の解決方法の一つ。
  4. しかし、資本制社会においては、すべてのヒトに能力が必要である。か?

世代論とエピゴーネン

  1. 修羅の時代→天上の時代→畜生の時代→修羅の時代
  2. 天上の時代の指導者のエピゴーネンが畜生の時代の後継者である。

教育論とエピゴーネン

  1. 主権者教育とは、すべての追従ザルボス猿としての能力を育成することである。

ボス猿主義エピゴーネン

  1. 追従ザルハグレ猿ボス猿という地位の移動が、サルの群では安定的。
  2. 《ヒトの群れ》においては、群れの仕組みが確立されてしまうと、ハグレ猿ボス猿になるチャンスがなくなり、追従ザルがそのままボス猿になる。その結果として、エピゴーネン問題が発生する。
Last modified:2005/09/05 01:24:10
Keyword(s):
References: