FrontPage  Index  Search  Changes  wikifarm  Login

イデア実在論とイデア唯名論

予備知識イデア実在論とイデア唯名論

定義

《思いこみ》こそが実在であり、モノ《思いこみ》の実例に過ぎないという倒錯した考え方を「イデア実在論」という。

西洋のキリスト教徒の哲学者にとっての通説であろう。聖書には「はじめにコトバありき」と書いてあるからだ。

イデア実在論は《他者の思いこみ》である。『コトバによる認識が本当の認識である』という《他者の思いこみ》である。それに対して、《たけ(tk)の思いこみ》は『コトバ《思いこみ》によらない認識が本当の認識である』というもの。

説明

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=379943623&owner_id=545566

    1. 5.タイトルの「薔薇の名前」とはどういう意味なのか?
    2. イタリア語原題は「Il Nome della Rosa」
    3. 英語なら「The Name of The Rose」
    4. 日本語に表現しにくいが、「薔薇」にも「名前」にも定冠詞がつく。
    5. これは中世最大の神学論争である「普遍論争」を背景としている。
    6. 普段我々が目にする1本1本の薔薇は、確かに手で触れるし匂いも嗅げる。つまり実在する。
    7. では、あの薔薇、この薔薇、ではなく、「薔薇そのもの = 薔薇という概念 = THE 薔薇」は実在するのだろうか?、という問題である。
    8. プラトンのイデア論を嚆矢として「薔薇そのもの」も確かに実在するという学派が「実念論」。
    9. 対するは、あの薔薇、この薔薇は実在しても、「薔薇そのもの」は名称として(言葉として)あるだけで、実在はしないという学派が「唯名論」。
    10. 主人公ショーン・コネリーは、名前が「バスカヴィルのウィリアム」でフランシスコ会だから、著名な唯名論者「オッカムのウィリアム」をモデルにしているので、当然唯名論。
    11. 実念論ならば、イギリス社会やフランス社会だけでなく「社会そのもの」も実在するわけで、個人個人はその「社会そのもの」に埋め込まれた一部であり、実在する「社会そのもの」を変革することが出来ない。このような世界をユニバース=普遍と呼ぶ。
    12. 唯名論だと、イギリス社会やフランス社会があるだけで、「社会そのもの」はない。個人個人はたまたまその社会にバラバラに存在するだけで、その社会はなんら普遍性はなく、変革可能である。このような世界をスペース(空間)という。ようは革命思想OKなわけだ。
    13. 唯名論を進めると、「THE GOD = 神」の実在まで問題になってくる。

イデア実在論とイデア唯名論というのは、西欧中世の議論の呼称としては単に「実在論(realism)」「唯名論(nominalism)」と呼ばれている。

しかし、「実在論」は他の場面では別の意味で使われることがあるし、テーマが何なのかも分からないので、テーマとなっている「イデア」を頭に付けて呼ぶことにする。

「実在論」と呼ばれる様々な思想は、次のとおり。これのうちの「(2)中世の実在論(実念論ともいう)」がここでのテーマ。

  1. http://www2s.biglobe.ne.jp/~asanami/realism.html
    1. 「実在論 realism 
      1. 1)素朴実在論。日常ふつうに人びとが、自分にとって対象としてあらわれる外界について考えている態度、すなわち人びとの意識から独立に外界の存在をみとめ、意識はこれを写しとるとすること。これは自然発生的な唯物論的見解である。しかしこの見解は理論的に基礎づけられていないので、観念論哲学があたえる外界の存在の解釈によってゆがめられる場合も生ずる。 
      2. 2)中世の実在論(実念論ともいう)。スコラ学での主潮。現実に人びとがとらえる個々の物ではなく、普遍たる概念が個物に先だって存在し、これが真実在だとする主張。これは客観的観念論者プラトンのイデア説をうけついだもので、概念と客観世界、普遍と個物の関係をカトリック教会の教義にそって解明し、この教義を擁護するものであった。 
      3. 3)一般的には、認識論で観念論にたいして主張される立場。これによると、客観的実在、すなわち外界の実在をみとめ、認識はこの外的実在をとらえることであるという。
        1. 唯物論は外的実在を物質とみ、認識はこの外界の反映であり、外界のあるがままの認識が客観的真理だとするから、実在論であるが、しかし実在論の主張はこれだけに限られない。唯物論のように人間から独立に存在するものを物質に限定しないで、
        2. 人間にとって、厳密には認識する主観にとって、これの対象となって存在するとみられるすべてのものを、客観的実在ととらえ、心や精神などといわれるものもまた、対象となる実在としてみとめる実在論もある。20世紀のはじめ以来、新実在論とか批判的実在論などの名称であらわれている実在論は、こうした立場の変種である。」
    2. 哲学辞典 森 宏一編集 青木書店 より

モノの意味に相当するイデアモノとの関係についての議論。

イデア実在論はイデアが実在であり、モノはその偶有性であると考える。《コトバの世界》ルールで考えるとこうなる。

イデア唯名論は、モノが実在であり、イデアモノの名前のようなものに過ぎない、と考える。《モノの世界》ルールで考えるとこうなる。

* プログラミングでクラスが実在でインスタンスはその産物に過ぎないと考えるのと同じ。rubyではどちらも同じレベルのオブジェクトじゃ。

* 「概念実在論」のほうが一般的か? 「概念唯名論」というのは「様々な唯名論」の一つらしい。

たけ(tk)思うに

西欧中世の議論ではイデア実在論で決着がついている。がこれは当然である。なぜなら彼らは、『始めにコトバがあった』という聖書に書かれた普遍的な神の実在を証明するために、どちらが役に立つか、という目標で議論していたからだ。

イデアが実在でありうるか、という問いに対しては、アリストテレスの「ウーシア(実在)」という意味で捉えるとして、「イデア《思いこみの世界》においてウーシア(実在)でありうる」。これは「イデア《思いこみの世界》の中のモノである」と言い換えることができる。

区別

イデア実在論と《作り手の視点》

  1. イデアというのは《作り手の視点》においては有用なモノ

イデア実在論の《視点》

  1. イデア実在論の《視点》だと、主体としての人間が視野の外に出る。主体としての人間の不完全性(能力の限界)、欲求といったモノが視野の外に出る。「人間は間違える動物である」
  2. イデア実在論の《視点》は、「よくできた《思いこみの世界》」に入り込んだ《視点》である。

道具的自己認識と動物的自己認識とイデア実在論。

  1. イデア実在論は道具的自己認識に基づいている。
  2. 奴隷(従属者)的自己認識→道具的自己認識。
  1. http://web.sc.itc.keio.ac.jp/~funatoka/pavlov/Pavlov.html
    1. 中間型のほかに、いっぽうの極に、抽象的観念が具体的心像や情動、さらに実践から部分的に切りはなされている型がある。これが「実在から切りはなされた知識人」であり、彼は言語による抽象作用の王国に住み、それを実在と見誤りがちである。
  2. イデア主義。イデア実在論。

クラスとインスタンス。「instance」というのは「for instance:たとえば」というように、「例」なんだよね。(語源的には、「要求されたモノ」か?)

参考url

http://blog.melma.com/keyword/%BCº%DF%CF%C0

実在論

〔realism〕

(1)意識や主観を超えた独立の実在を認め、何らかの意味でそれとかかわることによって認識や世界が成立すると説く立場。唯物論は物質を実在とし、プラトンなど客観的観念論は理念を実在とするが、それぞれ実在論の一つといえる。リアリズム。

→観念論

→唯物論

(2)普遍に関する実在論としては、「人間」「動物」などの普遍概念に対応する普遍的なものが、個物とは別に、何らか存在することを主張する立場。中世哲学における実在論。 概念実在論。実念論。

→唯名論

→普遍論争

三省堂提供「大辞林 第二版」より

http://homepage.mac.com/berdyaev/mm/prmnd/utyu/prmnd24.html

http://web.cc.yamaguchi-u.ac.jp/~yasu/universal/node10.html

さまざまな唯名論

  1. 述語唯名論(Predicate Nominalism)
  2. 概念唯名論(Concept Nominalism)
  3. 集合唯名論(Class Nominalism)
  4. 部分論唯名論(Mereological Nominalism)
  5. 類似性唯名論(Resemblance Nominalism)
  6. その他の唯名論

http://www.geocities.jp/enten_eller1120/post2/s-realism.html

第7章 科学的実在論 第1節 科学的実在論の変遷

  1. (1) 科学的実在論とはなにか
    1. リチャード・ボイド(Richard Boyd)の定式化によれば,・・
    2. このボイドの定式化よりもう少し分かりやすいのはイーアン・ハッキング(Ian Hacking)によるもので,・・
    3. ファン・フラーセン(Bas C. van Fraassen)による定式化も挙げておこう.・・
    4. 科学的実在論に対して,バークリーの観念論などで問題になる実在論を形而上学的実在論という.一般的には,科学的実在論者であれば,形而上学的にも実在論者であり, 科学的反実在論であっても,形而上学的には実在論であったり(たとえばファン・フラーセンなど)する.しかし,中にはパトナムのように,形而上学的には反実在論でありながら,科学的実在論者であるような立場もある.
  2. (2) 道具主義と操作主義
    1. 科学的実在論への反論としてかつて有力だったのが,道具主義(instrumentalism)と 操作主義(operationalism)である.
    2. 操作主義は,観察不可能な対象についての言明をすべて観察可能な対象の操作についての言明に翻訳するという立場で, 1920年代にパーシー・ブリッジマンによって・・
    3. 一方,論理実証主義者たちにより提唱されたのが道具主義で,「電子」だとか「原子」だとかという言葉を用いるのは, 現象を理解するのに「道具として」役に立つから用いるのに過ぎない,と言う.・・
    4. しかし,ここで問題になるのは,このような主張は,観察可能な対象を指す言葉と観察不可能な対象を指す言葉, つまり観察言語と理論語を明確に区別しているということである.・・
  3. (3) 奇跡論法
    1. 上記のような反実在論が勢いを失った後,「もし科学的理論が(近似的に)真でなかったなら,それらがこれほど正確な予言をすることは奇跡である」 という 「奇跡論法(no miracles argument)」と呼ばれる実在論が勢いを得はじめる.
    2. スマート(J. J. C. Smart)は,たとえば,Tの一部であってTが巨視的現象について述べることだけを述べる理論T'があるとしたとき (たとえば,原子論がTで熱力学の理論をT'に相当する) T'の成功は・・
    3. (転向前の)パトナムは 実在論のための積極的な議論は,それが科学の成功を奇跡にしてしまわないただひとつの哲学である,ということである.・・
  4. (4) 構成主義的経験論
    1. さて,上記のような「奇跡論法」に対し,ファン・フラーセンは,進化論的な議論で反論する.つまり,・・現存する理論が経験的事実をうまく説明するのは奇跡でもなんでもなく,そういう理論のみが厳しい淘汰を生き延びたからなのだと言うのだ.
    2. さらに,(1)において彼による,科学的実在論の定式化を挙げたが,そこに見られるように, 彼は,論理実証主義者たちと違って,理論は文字通りに受け取るべきだと考える. ・・つまり,「原子」や「電子」は存在するかもしれない. しかし,科学目的は,われわれの肉眼によって観察可能な現象を説明することであって, そのような観察不可能な対象が存在するかどうかということについては,科学がコミットメントする必要はない, というのである.
  5. (5) 介入
    1. ハッキング(Ian Hacking)は,理論が真であるかどうかということにコミットメントしないで, 科学的対象の実在について議論した. そのとき用いる概念が 「介入(intervening)」である. つまり,科学者が意図的にその理論的対象を操作することができるならば,それは実在するという考え方である. ・・
  6. (6)構造的実在論
    1. 科学理論に現れる「電子」や「原子」といった「実体」は実在せず,実在するのはただ,"F=ma"のような数学的構造のみである, と考えるのが「構造的実在論」である. ・・先の介入によって科学理論が要請する対象の実在を保証する理論は,これと対立させて「実体的実在論(entity realism)」と呼ばれる.
  7. (7) 内在的実在論
    1. 奇跡論法のころのパトナムは典型的な物理主義的実在論者であったが,その後,みずからの立場を「形而上学的実在論(metaphysical realism)」 と呼んで批判し,代わって「内在的実在論(internal realism)」という立場に転向する.・・
Last modified:2007/06/13 15:44:12
Keyword(s):
References: