FrontPage  Index  Search  Changes  wikifarm  Login

アレーテイア

  1. キーワードアレーテイア
  2. 予備知識アレーテイア

定義

ハイデガーが『哲学の根本的問い』で問題にしていたコトバ

アリストテレスの「実在の離存性」にかかわる問題

たけ(tk)《モノの世界》

区別

アレーテイア《モノの世界》

  1. アレーテイア」は《他者からの思いこみ》だから、検証しようがない。

検索

モノ - [#そうではなくて、カントが言っているのは、「モノ自体」が、たけ(tk)モノであって、カントの「モノ」は、『モノ』《思いこみ》行動様式の相互作用によって生じる、それが『そのようなモノである』という《思いこみ》のことなのではないか? アレーテイア。]

《ユートピア》 - [#『絶望的状況』は「苦しみ」である。苦・集・滅・道。《思いこみ》であるなら打ち捨てて、《真実》であるなら受け入れよ。《真実》=アレーテイア《モノの世界》=道理。《絶望的状況》と言われるモノが、どこまでが《思いこみ》で、どこまでが《真実》か、を見極めよ。]

《視点》 - [#『おおやけ』《視点》と、『わたくし』の《視点》か? 《視点》《思いこみ》か? 《思いこみ》の中に入ったときに《視点》が生じる? 《思いこみ》を捨てたときには、《近傍物理空間》《モノの世界》アレーテイアへの《視点》が生じる。]

古い概要1 - [#《モノの世界》アレーテイア)というコトバで指し示されるモノは在る。それしかない。]

ゴミ箱2007-06 - [#実体(アレーテイア《モノの世界》)と《思いこみ》との関係は慎重に吟味すべき事柄である。]

《モノの世界》 - [《モノの世界》アレーテイア]

『一切』 - [#自己言及概念としての『私』は「心の作用」である。《モノの世界》モノアレーテイア)としての《私》『一切』の一部である。《身体》『一切』の一部である。記述の出発点の探索は「心の作用」である。]

《思いこみ》 - [#実体(アレーテイア《モノの世界》)と《思いこみ》との関係は慎重に吟味すべき事柄である。指し示しと、離存性とが、ポイントだろう。]

《愚かな人々》 - [#アレーテイアとしての《空気》。]

《自己言及しつつあるモノ》 - [ * 『一切』 - [#自己言及概念としての『私』は「心の作用」である。《モノの世界》モノアレーテイア)としての《私》『一切』の一部である。《身体》『一切』の一部である。記述の出発点の探索は「心の作用」である。]]

絶望的状況』 - [#『絶望的状況』は「苦しみ」である。苦・集・滅・道。《思いこみ》であるなら打ち捨てて、《真実》であるなら受け入れよ。《真実》=アレーテイア《モノの世界》=道理。《絶望的状況》と言われるモノが、どこまでが《思いこみ》で、どこまでが《真実》か、を見極めよ。]

『哲学の根本的問い』 - [!!!p.132:ギリシア人は真理の本質を根源的にアレーテイアとして、有るものの不伏蔵態として経験していた・・不伏蔵態はギリシア人にとっては疑問の余地のないものであるが・・何故にギリシア人はアレーテイアそれ自身へと問わなかったのか。]

輪郭 - [輪郭とアレーテイア]

原因 - [輪郭 - [#とはいえ、モノの輪郭を、ヒトモノとの相互作用によって作り出した向こう側の原因であるモノが存在することは疑いがない。そのいみでは、モノアレーテイア(真実)なのだ。]]

《描かれつつある思いこみ》 - [#《指し示す思いこみ》は、アレーテイア《モノの世界》)の中のモノへの非言語的認知の後に、その認知とコトバとをつなぐモノとして作成された《思いこみ》である。アレーテイアへの非言語的認知がなければ、《指し示す思いこみ》は存在しえない。アレーテイアへの非言語的認知を持たない人が《指し示すコトバ》を聞いても、《指し示す思いこみ》を持つことはできない。]

《指し示す思いこみ》 - [#アリストテレスの説明的理性。アレーテイア《モノの世界》)への確信が在って、それを《指し示す思いこみ》で説明する、という理性。]

Last modified:2007/08/09 00:20:27
Keyword(s):
References: