FrontPage  Index  Search  Changes  wikifarm  Login

ERG

予備知識→「ERG

定義

    1. E:生存欲求
    2. R:関係欲求
    3. G:成長欲求

アルダファーのERG理論

  1. http://saido.at.infoseek.co.jp/erg.html
    1.  アルダファーの理論は、ERG理論とよばれているが、この呼称は、アルダファーが欲求区分を
      1. 生存(existence)
      2. 関係(relatedness)
      3. 成長(growth)
    2. としたことに由来する。 
      1. 生存欲求::生存欲求はあらゆるタイプの物質的・生理的欲望を含んでいるという。例えば、飢えや渇きは この生存欲求の欠乏を示しており、賃金、フリンジ・ベネフィット、ならびに物的作業条件などへの欲求は、この生存欲求の一つのタイプであるという。・・マズローの生理的欲求+物質的安全欲求
      2. 関係欲求::関係欲求とは、家族、上司、同僚、部下、友人、ならびに敵などの重要な他人との人間関係に関する欲求である。・・マズローの対人的安全欲求+愛情・所属欲求+対人的尊厳欲求
      3. 成長欲求::成長欲求とは、自己ならびに自己の環境に対して創造的ないし生産的でありたいとする欲求である。そして、この欲求の満足は、人間が自己の能力をフルに利用し、さらに新たな能力を開発する必要のある課題に従事することによって得られるとしている。・・マズローの自己確認的尊厳欲求+自己実現欲求
    3. マズロー理論とERG理論の欲求区分の比較
      1. 生存欲求::マズローの生理的欲求+物質的安全欲求
      2. 関係欲求::マズローの対人的安全欲求+愛情・所属欲求+対人的尊厳欲求
      3. 成長欲求::マズローの自己確認的尊厳欲求+自己実現欲求
    4. アルダファーの欲求区分はマズローの欲求区分を3つに再分割したものであることがわかる。そして、その後の欲求因子研究の結果は、マズローではなくて、アルダファーの欲求区分に著しく対応することを示唆していた。
    5. ERG理論は、次の2つの仮説をマズローから受け継いでいる。
      1. 1. あるレベルの欲求の満足は、その欲求の強度ないし重要性を減少させるとともに、それより上位の欲求の強度ないし重要度を増加させる。
      2. 2. 最高次の欲求(マズローでは自己実現欲求、アルダファーでは成長欲求)だけは満足されても、その強度ないし重要度は減少せずに、逆にさらに増加する。
    6. このような2つの仮説の上に、ERG理論はさらに次の2つの仮説を追加しており、マズロー理論より複雑なものとなっている。
      1. 1.各欲求は、必ずしも逐次的に発現するのではなく、同時に発現することもありうる。
      2. 2.上位階層の欲求の満足の欠如は、下位階層の欲求の強度ないし重要度を増加させる。
    7. ERG理論の7つの特命課題
      1. 1.生存欲求の満足が低いほど、それはより一層希求される。
      2. 2.関係欲求の満足が低いほど、生存欲求はより一層希求される。
      3. 3.生存欲求の満足が高いほど、関係欲求はより一層希求される。
      4. 4.関係欲求の満足が低いほど、それはより一層希求される。
      5. 5.成長欲求の満足が低いほど、関係欲求はより一層希求される。
      6. 6.関係欲求の満足が高いほど、成長欲求はより一層希求される。
      7. 7.成長欲求の満足が高いほど、それはより一層希求される。
    8. ERG理論における欲求間の関係を以上のように検討してみると、この理論は、マズロー理論にみられる欲求間の単純な階層関係をむしろ否定しているようにさえ考えられる。また、現実の欲求構造は、マズロー理論が仮定するほと゛単純ではないかも知れない。アルダファーはERG理論とマズロー理論を同一データで比較検証しているが、データはむしろERG理論を支持していた。

原因順:

    1. 生存欲求の満足が・・
      1. 1.生存欲求の満足が低いほど、生存欲求はより一層希求される。負
      2. 3.生存欲求の満足が高いほど、関係欲求はより一層希求される。正
      3. x.生存欲求の満足がxxほど、成長欲求はより一層希求される。?負?
    2. 関係欲求の満足が・・
      1. 2.関係欲求の満足が低いほど、生存欲求はより一層希求される。負
      2. 4.関係欲求の満足が低いほど、関係欲求はより一層希求される。負
      3. 6.関係欲求の満足が高いほど、成長欲求はより一層希求される。正
    3. 成長欲求の満足が・・
      1. x.成長欲求の満足がxxほど、生存欲求はより一層希求される。?正?
      2. 5.成長欲求の満足が低いほど、関係欲求はより一層希求される。負
      3. 7.成長欲求の満足が高いほど、成長欲求はより一層希求される。正

結果順:・・この順番のようだ。

    1. 生存欲求が希求されるのは・・
      1. 1.生存欲求の満足が低いほど、生存欲求はより一層希求される。負
      2. 2.関係欲求の満足が低いほど、生存欲求はより一層希求される。負
      3. x.成長欲求の満足がxxほど、生存欲求はより一層希求される。?負?
    2. 関係欲求が希求されるのは・・
      1. 3.生存欲求の満足が高いほど、関係欲求はより一層希求される。正
      2. 4.関係欲求の満足が低いほど、関係欲求はより一層希求される。負
      3. 5.成長欲求の満足が低いほど、関係欲求はより一層希求される。負
    3. 成長欲求が希求されるのは・・
      1. x.生存欲求の満足がxxほど、成長欲求はより一層希求される。?正?
      2. 6.関係欲求の満足が高いほど、成長欲求はより一層希求される。正
      3. 7.成長欲求の満足が高いほど、成長欲求はより一層希求される。正

区別

検索

《浄化球》 - [#《他者》は、まず第一に《息しつつある身体》である。《生きつつある身体》である。次に《繋がりつつある身体》である。次に《選びつつある身体》である。《息しつつあるアニマ》であり、《繋がりつつあるアニマ》であり、《選びつつあるアニマ》である。ERG理論? 《息しつつあるモノ》《繋がりつつあるモノ》《選びつつあるモノ》。]

コトバ - [#親和欲求、防衛欲求。ERG。関係欲求→成長欲求。育てる欲求は、関係欲求か、成長欲求か? 関係的成長欲求、親と子が共に育つ、という欲求。]

《思惟しつつあるモノ》 - [#《他者》《思惟しつつあるモノ》《求める思いこみ》は、様々な世俗的な欲求である。《思惟しつつあるモノ》は、『科学』などを有用な《思いこみ》を生み出すこともでき、《ヒトの群れ》の中での世渡りの武器にもなる。《他者》を操る快感ももたらす。それらは世俗的な欲求である。関係的な欲求である。ERG理論。対自的な、成長欲求を満たすためには、自己言及を避けて通ることができない、それゆえに、《思いこみの世界》入り込むか、カオスに沈むか、《モノの世界》への《見通し》に進むほかないのである。進むべき道は、《モノの世界》への《見通し》を得た後に、多次元輪郭空間を経由して、《思惟しつつあるモノ》に戻ることである。「戻ってきた《思惟しつつあるモノ》」は、「初めの《思惟しつつあるモノ》」とは別のものであろう。「《混濁》の中で《思惟しつつあるモノ》」と「《見通し》の中で《思惟しつつあるモノ》」。]

《繋がりつつあるモノ》 - [#《他者》は、まず第一に《息しつつある身体》である。《生きつつある身体》である。#次に《繋がりつつある身体》である。次に《選びつつある身体》である。《息しつつあるアニマ》であり、《繋がりつつあるアニマ》であり、《選びつつあるアニマ》である。ERG理論? 《息しつつあるモノ》《繋がりつつあるモノ》《選びつつあるモノ》。]

《求める思いこみ》 - [アルダファーのERG理論]

欲求分類リスト - [#ERG理論は、《ヒト動き》には、生存的な《動き》と関係的な《動き》と成長的な《動き》とがある、ということだろう。]

《繋がり》 - [《モノの思いこみ》 - [《ヒトの思いこみ》 - [《世界アニマ》 - [#《世界アニマ》を構成するのは、モノ《思いこみ》噴出、イキモノ《思いこみ》噴出、性的もしくは関係的な《思いこみ》噴出、人々の対自的な《思いこみ》噴出である。世界を構成するのはモノヒトであり、《世界アニマ》を構成するのはモノ《思いこみ》ヒト《思いこみ》である。ヒト《思いこみ》には、モノとしての《思いこみ》、イキモノとしての《思いこみ》ヒトとしての《思いこみ》とがある。またヒト《思いこみ》には、生存的な《思いこみ》、関係的な《思いこみ》、対自的な《思いこみ》がある。またヒト《思いこみ》には、即自的な《思いこみ》、対他的な《思いこみ》、対自的な《思いこみ》がある。生存的、関係的、成長的というERG理論は、《他者の思いこみ》だから、よくわからぬ。]]]]

《世界アニマ》 - [#《世界アニマ》を構成するのは、モノ《思いこみ》噴出、イキモノ《思いこみ》噴出、性的もしくは関係的な《思いこみ》噴出、人々の対自的な《思いこみ》噴出である。世界を構成するのはモノヒトであり、《世界アニマ》を構成するのはモノ《思いこみ》ヒト《思いこみ》である。ヒト《思いこみ》には、モノとしての《思いこみ》、イキモノとしての《思いこみ》ヒトとしての《思いこみ》とがある。またヒト《思いこみ》には、生存的な《思いこみ》、関係的な《思いこみ》、対自的な《思いこみ》がある。またヒト《思いこみ》には、即自的な《思いこみ》、対他的な《思いこみ》、対自的な《思いこみ》がある。生存的、関係的、成長的というERG理論は、《他者の思いこみ》だから、よくわからぬ。]

《モノの思いこみ》 - [《ヒトの思いこみ》 - [《世界アニマ》 - [#《世界アニマ》を構成するのは、モノ《思いこみ》噴出、イキモノ《思いこみ》噴出、性的もしくは関係的な《思いこみ》噴出、人々の対自的な《思いこみ》噴出である。世界を構成するのはモノヒトであり、《世界アニマ》を構成するのはモノ《思いこみ》ヒト《思いこみ》である。ヒト《思いこみ》には、モノとしての《思いこみ》、イキモノとしての《思いこみ》ヒトとしての《思いこみ》とがある。またヒト《思いこみ》には、生存的な《思いこみ》、関係的な《思いこみ》、対自的な《思いこみ》がある。またヒト《思いこみ》には、即自的な《思いこみ》、対他的な《思いこみ》、対自的な《思いこみ》がある。生存的、関係的、成長的というERG理論は、《他者の思いこみ》だから、よくわからぬ。]]]

《ヒトの思いこみ》 - [《世界アニマ》 - [#《世界アニマ》を構成するのは、モノ《思いこみ》噴出、イキモノ《思いこみ》噴出、性的もしくは関係的な《思いこみ》噴出、人々の対自的な《思いこみ》噴出である。世界を構成するのはモノヒトであり、《世界アニマ》を構成するのはモノ《思いこみ》ヒト《思いこみ》である。ヒト《思いこみ》には、モノとしての《思いこみ》、イキモノとしての《思いこみ》ヒトとしての《思いこみ》とがある。またヒト《思いこみ》には、生存的な《思いこみ》、関係的な《思いこみ》、対自的な《思いこみ》がある。またヒト《思いこみ》には、即自的な《思いこみ》、対他的な《思いこみ》、対自的な《思いこみ》がある。生存的、関係的、成長的というERG理論は、《他者の思いこみ》だから、よくわからぬ。]]

《選びつつあるモノ》 - [#《他者》は、まず第一に《息しつつある身体》である。《生きつつある身体》である。次に《繋がりつつある身体》である。次に《選びつつある身体》である。《息しつつあるアニマ》であり、《繋がりつつあるアニマ》であり、《選びつつあるアニマ》である。ERG理論? 《息しつつあるモノ》《繋がりつつあるモノ》《選びつつあるモノ》。]

『マモンの原理』 - [#ERG理論の関係欲求の無限追求状態。]