FrontPage  Index  Search  Changes  wikifarm  Login

『現実』

キーワード『現実』

定義

『現実』《他者の思いこみ》なので定義不能。《私》はそれがどのようなモノであるのか知らない。

『現実』とは、仕組みに分解された『神』である。

『現実』とは、ヒトが、《ヒトの群れ》の中で、他の仲間から受け入れられ、排除されないために、それを信じるか、信じたフリをする必要がある《思いこみ》である。

  1. 『千円札には価値がある』というウソを信じるか、信じたフリをしなければ、買い物によって食べモノを得ることはできない。
  2. ヒトは楽に生きたいと願う生きモノである、楽に生きるなら『現実』を信じなければならない。

或るヒトが、『わたしの世界である』と思いこんでいるところの《群有思いこみ》『現実』という。

『現実』《知った思いこみ》である。

『現実』《他者の背後者回路》によって再構成された、その《他者》状況である。

空気に怯える人々は、空気を乱すものを排除しようとする人々なのだな。《私》は「空気を乱すものを排除する」それゆえに、「《私》は他の人々によって排除されないように、空気を乱してはならない」と信じる人々なのだな。その「空気」というのは「異物を排除する空気」、なのだろう。「異物を排除して、同病相憐れむ空気」なのだろう。異物というのは同病相憐れむ共感が持てないモノ。同じ境遇、同じ『現実』を共有していないモノが、排除すべき異物なのだ。いじめの教室を生き延びてきたモノたちの発想としては、合理性があるのだろう。

人々が虚構の『現実』という《思いこみ》世界入り込んでいる、ということは虚構ではない。モノとしての人々の虚構ならざる姿なのだ。

区別

《生きモノ》『現実』

  1. 『現実』というのは《生きモノ》たちの主観世界、彼らの主観を中心にした極座標の世界である。横からみれば、《生きモノ》たちが自分で勝手に編み上げた繭のようなモノである。繭の内側から繭の内側に描いた絵を繭の内側から眺めた姿が、《生きモノ》たちの『現実』なのである。
  2. その『現実』の姿がお互いに同じであることを確認しようとすることが「主観世界の共有の確認」という行動様式である。環世界『現実』共有確認行動。現実共有確認行動。
  3. 『役割』は《外からの視点》である。『現実』《内からの視点》である。
  4. 『役割』は『他者への評価』という《思い描き》である。『他者への評価』における『他者』は繭の内側に描かれた《思い描き》である。まあ、ある程度、繭の外にある《他者》が投影された《思い描き》であろう。その《思い描き》も、彼の《欲求》によって取捨選択された情報によって構成される。
  5. 『他者の役割』は《私》『現実』の一部である。
  6. 《私》『現実』は、《生きモノたちの群れ》からの《私》への『他者の役割』である。
  7. 《生きモノたちの群れ》には《私》も含まれている。自己暗示で、《私》からの《私》への『他者の役割』を思い描きつづけると、《生きモノたちの群れ》からの《私》への『他者の役割』の《思い描き》を変化させることができる。つまり『私の役割』を自己暗示で思い描くことによって、《私》《私》『現実』を変化させることができる。
  8. 《生きモノ》たちが、彼らの『現実』の中で生きていることを《実感》できるか?
    1. ○:《生きモノ》たちは妙に偏った《動き》をする。《認知》段階ですでに偏っている、と見るのが早い。《欲求》が《認知》にも影響を与える。IT大工たちは、顧客を捜さなければ、飯を食えない、という『現実』を抱えている。公務員たちは、それらしく振る舞わなければ、飯が食えなくなる、という『現実』を抱えている。《群れ》の中で個々の《個体》に与えられた『役割』が、その《個体》の『現実』である。
    2. ×:まだ《動き》しか《実感》できていない。まだ、《認知》→《背後者回路》《動き》、という構造が《実感》できていない。《生きモノ》たちの《動き》の偏りは、彼らの《欲求》の影響が強いように感じられる。《背後者回路》→《認知》→《動き》、ではないのか? 《欲求》→《認知回路》→《認知》→《動き》《欲求》
  9. アスファルトや、工事人夫や、機械たちからの小石への『他者の役割』の《思い描き》が、アスファルトに埋まった小石の『現実』を生み出す。まわりの素粒子たちからの、その素粒子への『他者の役割』の《思い描き》が、その素粒子の『現実』を生み出す。
  10. 擬人化しすぎ? って? たけ(tk)には《他者》と小石との本質的な差が見えないのだ、だから、《他者》を擬人化して理解しようとすると、小石もまた擬人化されてしまうのだ。
  11. 『現実』《仮想実在》である。
  12. 『現実』とは《混濁しつつある他者の身体》の中の《連想のトンネル》の一つの部屋に描かれた絵に過ぎない。

《他者》からの『現実』《息しつつあるモノ》

  1. タカゲン・イシモ・100
  2. 《他者》にはそれぞれの『現実』が在る。
  3. 『現実』環世界である。
  4. 《他者》『現実』に執着する。手放すことを恐れる。
  5. 《動きつつあるモノ》は《信じつつあるモノ》である。『現実』を《信じつつあるモノ》であることによって初めて、《動きつつあるモノ》であることができる。
  6. 《私》への、《他者》からの『現実』
  7. 《他者》からの『現実』という繭に閉じこもった《他者》《極座標の原点》

コンピュータと『現実』

  1. コンピュータはヒト『現実』を知らない。
  2. ヒトはコンピュータにヒト『現実』を入力しなければならない。
  3. コンピュータはセンサーで『現実』を取得することはできない。
  4. 『現実』ヒト《思いこみ》だからである。
  5. たとえば、『xxさんはうちの会社の従業員である』という『現実』
  6. 《思いこみ》かどうかの判定基準の一つは、センサーで取得可能な情報であるかどうか。か? ○:。×:。
  7. 『これはコーヒーカップである』ということをセンサーで判別可能か? ○:。×:。
  8. セキュリティールームのセンサーの判定基準は「権限があるヒト」ではない。「権限カードをもっている人」や「入室可能データベースに生体認証データが登録された人」である。「権限カードをもっている人」や「入室可能データベースに生体認証データが登録された人」が「権限があるヒト」であるかどうかは、管理システムは知らない。『権限があるヒト』かどうかは、ヒト《思いこみ》だからである。

世界』と『現実』

  1. 同じモノ? ○:ヒトの主観的世界を彼の『世界』と呼ぶ。ヒトの主観的世界を彼の『現実』と呼ぶ。×:むしろ主観的《状況》《動き》との《繋がり》における世界=であろう。

主観的世界『現実』

  1. 同じモノ? ○:ヒトの主観的世界を彼の『現実』と呼ぶ。×:。

『現実』《群有思いこみ》

  1. 『現実』《群有思いこみ》とは同じモノ
    1. ○:
      1. ヒト『現実』《群有思いこみ》である。
      2. 《決定》によってヒト『現実』は変更される。《決定》とは『現実』を変更する《動き》である。
    2. ×:
      1. たけ(tk)『現実』というモノを知らないので、何ともいえない。たけ(tk)『現実』の定義を知らない。
      2. マダニ環世界『現実』であるが《群有思いこみ》ではない。
      3. 《群有思いこみ》であっても『現実』ではないものがある。
      4. 過去の記憶『現実』ではない。
      5. 『現在の世界』というカテゴリーの《思いこみ》《群有思いこみ》『現実』である。『現実』というカテゴリーの《群有思いこみ》『現実』である。同義反復〜〜〜。
      6. 《群有思いこみ》『現実』の一部であって、その逆ではない。
  2. 『或るヒトが従業員である』というのは《群有思いこみ》である、か? ○:。×:。

《他者》の《決定》と《他者の思いこみ》

  1. 同じモノ? ○:《決定》というのは《思いこみ》を固定すること、だから同じモノ。×:《決定》というのは《思いこみ》を固定すること、だから別のモノ

『現実』環世界

  1. 同じモノ
    1. ○:たぶん、同じモノヒトの主観的世界は、《他者》の《決定》を含んでいる。《他者》の《決定》も主観的世界の一部分なのである。
    2. ×:マダニ環世界《群有思いこみ》を含まない。

《決定》と意思表示

  1. 《決定》は意思表示であるとは限らないし、意思表示が《決定》であるとも限らない。
  2. 《決定》はモノの属性である。内心の《決定》が意思表示されるとは限らない。
  3. 《決定》Aを意思表示するという《決定》Bがあって、意思表示という《動き》がなされるのであろう。
  4. ヒトはウソの意思表示をすることもある。《決定》に反する意思表示をウソという。
  5. 《決定》は固定的ではない。心変わりで《決定》が変ることがある。

《決定》と『現実』

  1. 《決定》によらない『現実』はあるか?
    1. ○:
      1. 小さい島に住んでいて、陸まで遠い、というのは『現実』である。私は子供である/老人である、というのは『現実』である。
      2. 《他者》からの承認を待つまでもなく、私の『現実』である。
      3. 《他者》が《決定》していない、ということも『現実』である。
    2. ×:
      1. 物理的、地理的状況状況であって、『現実』という《思いこみ》ではない。
      2. 物理的状況、地理的状況《他者》に認識されたときに『現実』となる。
      3. 私が認識したときに私の『現実』となり、《他者》が私の状況を認識したときに、『私の状況』は《他者》『現実』となる。
      4. 《他者》の《承認》は《決定》である。《他者》が承認しない限り、私はそのようなものとしては扱われない。
      5. 私の『現実』というのは、『それが《他者》によって承認されるであろう』という《思いこみ》を伴っているときに『現実』という。

暴力『現実』

  1. 或るヒト暴力的である、というのは『現実』である。
  2. 《他者》の振る舞いは《他者》の《決定》であり、それが私の『現実』《決める》

「彼は私に害意/好意をもっているに違いない」と『現実』

  1. 「彼は私に害意/好意をもっているに違いない」というのは『現実』か? ○:。×:。
  2. それを『現実』であると信じて、私が行動すれば、それは『現実』になるに違いない。
  3. 彼が好意をもつ、害意をもつ、というのは彼の《決定》である。彼の《決定》によって、私の『現実』が決まる。
  4. 私の《決定》=それを『現実』であると信じて、私が行動する=は、私の《決定》が《他者》に承認されたときに『現実』となる。
  5. 彼の《決定》が明らかでない時には『現実』は明らかではない。彼の《決定》を誤認すれば、『現実』を誤認することになる。
  6. 私の《決定》を《他者》が承認する、というのは《他者》の《決定》である。承認するというのは《決定》することである。

「お前はもうヒトでねー」と『現実』

  1. 都会のお嬢さんが田舎に嫁いだら、親戚のおじさんに「お前はもうヒトでねー」と言われたそうな。「ヒト」=「他人」だけどね。
  2. 結婚の儀式によって、『身内』という『現実』の一部が変更されたのだ。結婚によって『身内』が《決定》したのである。

動物と『現実』

  1. 《群れ》を構成する動物には『現実』がある。『私はこの群れの構成員である』という《思いこみ》『現実』である。

環世界『現実』

  1. マダニ環世界は『自分が属する《ヒトの群れ》のすべての個体がそう思っている(はずだ、べきだ)』という《思いこみ》ではない。《群有思いこみ》ではない。
  2. マダニ環世界は、マダニ『現実』である。

解雇無効と『現実』

  1. 或るヒトが解雇通知を受けたが、解雇を争って、裁判所に地位保全の仮処分を申し立た、として、その人は『従業員』なのであろうか? ○:。×:。
  2. 『地位に争いのある従業員』という別のカテゴリーなのであろうか? ○:。×:。
  3. 『地位に争いのある従業員』は『従業員』なのか? ○:。×:。
  4. 遡って地位が認められた場合に、データはどう処理すればよいのか?
  5. 『従業員』は『現実』の一部である。《思いこみ》である。
  6. 《決定》した《思いこみ》である。
  7. 《決定》は、主観的な《思いこみ》『現実』の一部とする作業である。
  8. 『現実』《群有思いこみ》である。
  9. ヒト『現実』が未決定状態になることを恐れる。何故か? 『世界』が曖昧になると、『世界』が見えなくなる。『世界』という《思いこみ》
  10. なんで、『現実』とか、『世界』とか、『世間』とか、いろいろな名前がついているのだろうか?
  11. 『従業員』であるかどうかは、『従業員』の定義次第である。『従業員』の定義は《決定》によって決まる。

伝聞世界』と『現実』

  1. ふむ。同じモノかも。
  2. 『現実』《他者の思いこみ》である。
  3. 伝聞世界』は《私》からの《見通し》の中のモノである。
  4. 伝聞世界』は《私》『現実』である。
  5. 『現実』《他者》の『伝聞世界』である。《他者》への『伝聞世界』、《私》への『伝聞世界』。

政策提案と『現実』

  1. 政策は、有力層の近視眼的利益にマッチしない限り実現不可能である、という現実主義的反応。
  2. 空気主義的反応。
  3. 夢と現実の二分論
  4. 現在の制度は現実であり、将来の制度は夢物語であり、現在の議員やそのパトロンは現実であり、反対者の主張は夢物語である。
  5. ボス猿の欲求は現実であり、追従ザルの欲求は夢物語である。

リアリズムと『現実』主義

  1. 正反対のような気がする。
  2. 《現実》を怜悧に見通して、適切な対応を検討するのがリアリズム。
  3. 『現実』を観念的に想定して、それを祀り上げ、それに奉仕しようとするのが『現実』主義。《現実》から目を背けて、『現実』を夢想するのが『現実』主義。
  4. 彼らが思い込んでいる『現実』とはどの様なモノなのか?
  5. 奴隷の『現実』か? 『現実』に支配されているという『現実』か?
  6. おそらく、「強くて偉そうなヒトに逆らってはいけない」というマダニ並みの『現実』認識なのではないか? マダニ『現実』は「酪酸のニオイが近づいて来たら飛び降りよ」というモノ

『現実』主義と『ユートピア

  1. http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AC%E5%85%B1%E4%BA%8B%E6%A5%AD
    1. 公共事業への批判
    2. 過剰論
    3. 削減が図られているものの、依然として多額に上っている。GDPに占める公的固定資本形成の割合をみると、1970年代には約10%で推移していたが、1980年代に入ってからは緩やかに低下し続け、バブル崩壊後には再び景気対策としての事業が進み、再びその比率は上昇した。その後、財政改革から6%前後にまで低下しているものの、欧米諸国は1.5〜3%の範囲に収まっており、なお先進国中突出した割合である。面積比に至っては、米国との比較は無理にしても、欧州各国の10倍となっている。
  2. 一度成功した政策は、その後、不具合になっても、軌道修正ができなくなる、という日本政治の特徴。戦前の日本軍も、日露戦争で成功した戦術からの軌道修正ができなかった。
  3. 議論によって、調査に基づいた議論によって、政策を軌道修正することができない。既成事実を優先する思考方法。『現実』主義。既成事実からの軌道修正は不可能であるという発想。『現実』からの逸脱を恐れる発想。軌道修正を、非『現実』的であると非難する発想。

『現実』と『伝聞世界

  1. 伝聞世界』とは《他者》コトバによって構成された《思いこみの世界》
  2. 『現実』と『伝聞世界』とは同じか?
  3. 『現実』《他者の思いこみ》だが、『伝聞世界』は《私》《思いこみ》である。・・って同じじゃん。

『現実』《肉の塊》

  1. 『現実』は、あの《肉の塊》の内部状態である。

『現実』追従ザルと《現実》

  1. 追従ザルたちがボス猿の屁理屈を「御無理御尤も」な『現実』を信じて動き回る、というのが《現実》なのだ
  2. 「御無理御尤も」。
  3. http://www.vega.or.jp/~toshio/noboriryu.htm
    1. 上官の暴力を御無理御尤もと受け入れるしかない。我慢するしかない。泣き寝入りするしかない。
  4. ヒト追従ザルになることができる。ヒトは奴隷になることもできる。ヒトは、犯罪者になることもできる。ヒトは、権力の犬になることもできる。ヒトは、何にでもなることができる。何にでも? ヒトは、愚か者になることができる。ヒトは卑怯者になることができる、ヒトは狂暴になることができる。ヒトは残忍になることができる。ヒトは冷酷になることができる。
  5. ヒトは、幻の『現実』を信じることができる。ヒトは幻の『現実』に適応することができる。

『現実』自発的服従

  1. 『現実』信仰は、追従ザルの智恵である。それを信じることがボス猿からの暴力を逃れる手段の一つだからである。
  2. 無自覚的追従。人類がサルであった頃の行動様式の承継。

ヤクザの屁理屈と『現実』

  1. アメリカの言っていることはヤクザの屁理屈でしかない。
  2. ヤクザに追従する追従ザル共は、ヤクザの屁理屈を、『現実』とみなす。
  3. たしかに、ヤクザの屁理屈は、そのヤクザの暴力に人びとが怯え続けるかぎり、そのヤクザの屁理屈を『現実』であるとみなして行動することによって、そのヤクザからの暴力を逃れようとするだろう。
  4. それは分かる。しかし、追従ザルたちが、それを『現実』とみなして行動するということと、それが《現実》であるということとは、異なる。もっとも、「それが《現実》である」という言い方を良くする。「ヤクザの屁理屈に追従する追従ザルたちの行動が《現実》なのだ」という諦めの諦観。『現実』追従ザルと《現実》。
  5. 追従ザルは各国政府であり、マスコミだ。
  6. 「ご無理ごもっとも」というコトバもあるな。
  7. http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/ronndannitaimeniattaoubounasinawokorasimeyonosenndou.htm
    1. アメリカから好きなだけ殴られて、「ご無理ごもっとも」といってきたのが日本の戦後歴代政府である。独立したふつうの国であれば殴られっぱなしで黙っているところはない。アメリカの飼い犬となってきた自民党政府は、自分がアメリカの言いなりになるだけではなく、他の国もアメリカの言いなりにならなければ許さないと叫んでいる。そして経済制裁をし、武力参戦をもしかねないエスカレートぶりである。

『現実』と『空気』のタブー

  1. 或る種の《ヒトの群れ》においては『空気』を乱すことはタブーである。タブーを有する《ヒトの群れ》《ヒトの個体》は、タブーを破ることに《怯えつつあるモノ》である。いじめ社会においては、『空気』を乱したものは『排除』という制裁を受けることになる。

『現実』暴力

  1. 貧しく愚かな人々は、ずるがしこい金持ちに身も心もカネも労働も捧げることが、生きるために必要なことだと信じる。それが『現実』であると思いこむ。《ちから》あるモノ《ちから》《怯えつつあるモノ》だから、そのような『現実』を認識することになる。

《他者》『現実』《怯えつつあるモノ》

  1. 《他者》『現実』は、《他者》《怯えつつあるモノ》が作り出す、歪められた《他者の世界の鏡像》である。

《他者》『現実』と《他者の世界の鏡像》

  1. 《他者》《知りつつあるモノ》は《他者の世界の鏡像》を写しだす。
  2. 《他者》『現実』は《他者の世界の鏡像》の一つである。《他者》『現実』は、『現実』《思いこみ》における《他者》《知りつつあるモノ》が写しだす《他者の世界の鏡像》である。《他者》『現実』は、《他者》の怯えが作り出す、歪められた《他者の世界の鏡像》である。

《他者》状況《他者》『現実』

  1. 『現実』《他者の背後者回路》によって再構成された、その《他者》状況である。
  2. 『現実』の決定要素は、《他者》状況《他者の背後者回路》である。

『現実』《他者》《知りつつあるモノ》

  1. 《他者》《知りつつあるモノ》は、その《他者》『現実』の鏡像を写しだす。
  2. 《他者》《知りつつあるモノ》であり、《他者》『現実』《知りつつあるモノ》である。

『現実』とロジャーズの「現象的世界

  1. ロジャーズの「現象的世界」というのは《他者の思いこみ》としての『世界』なり『状況』、彼に意識された限りでの世界なり状況のこと。『現実』《思いこみ》のこと。

《アニマ》『現実』

  1. 『現実』《他者》《アニマ》の一部である。《他者のアニマ》《他者の思いこみ》

《世界アニマ》《他者》『現実』

  1. 《他者》『現実』《世界アニマ》の一部である。