FrontPage  Index  Search  Changes  wikifarm  Login

『家畜化主義』

キーワード『家畜化主義』

定義

『家畜化主義』というのは、《ヒトの群れ》の成員をエリート(選民)とゴイム(異教徒)とに分離し、エリートがゴイムを家畜として養い、支配・利用しようとする行動様式・思考様式。・・ゴイムを家畜化することを《求める思いこみ》

区別

『家畜化主義』《ヒトのアニマ》

  1. ステレオタイプ、思考の節約。
  2. 権威主義的性格。追従ザル忠魂主義。排他的集団主義
  3. 《ヒトのアニマ》は自ら家畜化することを欲しているのではないか?
  4. でも、家畜化すれば、《仕合わせ》は来ないよ。
  5. 《楽しみ》を求めて、《仕合わせ》を奪われるのが家畜化だろう。
  6. 無力化戦略。分断戦略。
  7. 家畜の《楽しみ》ヒト《仕合わせ》

家畜化』と『家畜化主義』

  1. テレビは、家畜化のホルモンを分泌する。新聞もインテリ層を家畜化する。
  2. 家畜化を意図的に進めるのが『家畜化主義』であるとするなら、無自覚的な家畜化『家畜化主義』であるとは言えない。客観的に見れば『家畜化主義』であるが、主観的には家畜化《求める思いこみ》ではないだろう。『娯楽』を《求める思いこみ》に、『娯楽』を提供している、という『仕事』を行っているに過ぎない。
  3. もっとも、客観的には、彼らは家畜化『仕事』にしていることになる。
  4. 『家畜化主義』という陰謀で語ると分かりやすくなる、か? 対抗勢力を作りやすくなる。が、・・
  5. 家畜化』では、単なる現象分析である。諦めましょう、と、なりそうである。
  6. 家畜化』は《大自然の営み》である。《大自然の営み》に逆らうべきか?
  7. 《群れの病気》は《大自然の営み》である。《大自然の営み》に逆らうべきか?
  8. 病気は《大自然の営み》である。《大自然の営み》に逆らうべきか?

『家畜化主義』《地表のヒトの群れ》

  1. 管理のための情報ネットワークを完成させれば可能である。
  2. 真実を知られると、反感がカオスを生み、革命を生じさせるが、革命を管理すれば、より強度な管理システムが可能になる。
  3. 真実を知られないようにするための家畜化

『家畜化主義』『マモンの原理』

  1. ゴイムの欲望を利用するのは、ゴイムの家畜化の手段である。
  2. http://d.hatena.ne.jp/rainbowring-abe/20051204
    1. 自分たちの投機狂いを維持し続けることが彼らの望みであり、そのために彼らは金融『バブル(あぶく)』と呼ぱれるものを作り出そうとする。「バブル」の基礎になるものは、投資家を引きつける高金利と、手っ取り早く高い収益が上がることである。彼らは「生産をする」という経済のもう一つの面には全く関心を払わない。ただ例外的に関心を示すとすれば、投機熱を煽るために生産活動を縮小するときだけである。
    2. 投機家が取る行動の決め手は、不動産投機からはじまって為替投機に至るまで、すべての金融市場から規制を撤廃することである。それを行えば建物や建設、インフラ(社会基盤)などをべースにした実体のある付加価値とは全く無関係に、土地の値段を吊り上げることができる。投機家たちが初めの布石を打った後は、彼らの仲間である銀行家たちが金利を吊り上げる。それによってさらに多くの投資を投機に誘い込むことができ、現存する実体のある生産活動からその儲けを吸い上げることができる。この状態は「バブル」が破裂するまで続き、その後に不況がやって来る。

『家畜化主義』と奴隷主義

  1. 「奴隷主義」というのは妥当ではない。「奴隷」というのはステレオタイプ価値評価が伴った概念。

『家畜化主義』とユダヤ教

  1. 『家畜化主義』とユダヤ教徒はイコールではないが、『家畜化主義』はゆだかきょうユダヤ教の『ユートピア』である。
  2. 家畜化主義を貫くのは大変。日本人だと、共同体に取り込んだ時点で情が移ってしまう。
  3. 家畜化主義が成立するためには、エリートと家畜とを区別する明確な(身体的)指標がなければならない。まあ、それが割礼というモノの役割。

『家畜化主義』と『エリート主義』

  1. 『家畜化主義』は『エリート主義』でもない。
  2. エリート主義は、『仁』という人びとへの共感を持った『良きエリート主義』も含まれる。
  3. 『悪しきエリート主義』というと、エリートとしての特権を振り回して憎まれる人びと、というイメージになる。『悪しき』という価値概念を加えた概念は認識概念としては妥当ではない。
  4. 選民主義?。選民主義だと、ユダヤ教に近過ぎる。

『家畜化主義』と理念型

  1. 理念型として明確化しなければならない。

『家畜化主義』と『愚民化主義』。

  1. 『愚民化主義』は、支配者が扱いやすい民衆を作ろうとする行動様式
  2. 『愚民化主義』は、せいぜい、身分制を前提としており、エリートと家畜といった明確な分離を伴わないので、維持するのが難しい。

『家畜化主義』と『家畜』

  1. 『家畜』は、(家畜として)養うべきモノである。家畜は、いざとなったら、殺して食べるべきモノである。
  2. 政治支配者にとっての国民は家畜だな・・。いざとなったら戦争に駆り出して殺してしまうモノ。戦争で殺して、自分たちがその利益を食べるべきモノ

『家畜化主義』《ヒトの群れ》

  1. 家畜化主義は、《ヒトの群れ》を全く異なる二つの《ヒトの群れ》の混在状態にすることを《求める思いこみ》。『家畜化』というのは《ヒトの群れ》を二つに分けて、その一つを家畜化するということ。
  2. 家畜化主義は、家畜が少なくなると成立できなくなる。多数の家畜と小数のエリートという構成でなければ成立しない。人口調整も必要になる。

『家畜化主義』と『ユートピア』。

  1. 『家畜化主義』はユダヤ教の『ユートピア』である。
Last modified:2006/04/10 23:31:02
Keyword(s):
References: