FrontPage  Index  Search  Changes  wikifarm  Login

《饕餮》

《饕餮》

定義

《饕餮》とは、知識への飽くなき貪欲。その結果としての『普遍的に正しいコトバ』の塊。『普遍的正しいコトバ』の《思いこみ》。『普遍的に正しいコトバ』の《思いこみ》への《入り込み》。『普遍的に正しいコトバ』への《求める思いこみ》

  1. 『普遍的に正しいコトバ』への《求める思いこみ》《私》への《視点》を失わせる。《饕餮》とは、『普遍的に正しいコトバ』への《求める思いこみ》の故に《私》への《視点》見失うこと、である。

記述

区別

検索

  • 《愚かな人々》 - [#「わしのあくなき知識欲が・・饕餮(トウテツ)が わしを滅ぼすのだ・・! 岐山の饕餮の意味が 今にしてわかった! 知識への貪欲・・ しってはならぬことを いましめたのだ!」『孔子暗黒伝』p.297。]
  • 『精神哲学』 - [#「自分を自分の感性から解放」する、などというのは恐怖以外の何者でもない。たけ(tk)は、感性から離れないように、必死でしがみついているのだ。感性から離れれば《饕餮》になってしまう。]

Last modified:2008/04/19 11:53:13
Keyword(s):
References:[《饕餮》] [『精神哲学』] [『科学』]