FrontPage  Index  Search  Changes  wikifarm  Login

《欲求実現手段》

《欲求実現手段》

定義

ヨジシュ

記述

区別

純粋《欲求実現手段》

  1. 他のモノ《欲求実現手段》としてのみ存在(維持・存続)が可能なモノ
  2. 《手段の目的化》によって、実体化していないモノ
  3. 《純粋欲求実現手段》はあるか? ○:。×:純粋《欲求実現手段》であっても、モノとして存在する。それを支えるモノやその《欲求》が無くなっても、モノとしての《欲求実現手段》が無くなるわけではない。

《欲求実現手段》『一切』

  1. 《欲求実現手段》『一切』か? 《欲求実現手段》でないものはない、か?
    1. ○:
      1. なぜか、である。
      2. 《世界》は《欲求実現手段の世界》である。
      3. 《知られつつあるモノ》『一切』《欲求実現手段》《視点》モノであると看做すことができる。《思いかさね》が可能である。
      4. 無数に在る「『一切』を構成しうる《視点》」の一つである。
      5. 《欲求実現マシン》にとっては、彼の《世界》は、彼の《欲求》《欲求実現手段》である。《世界》『一切』モノは、彼の《欲求》実現に役に立つ、役に立たない、有害である、有害でない、という分類によって、《世界》『一切』《欲求実現手段》となる。《欲求実現マシン》《視点》においては、『一切』《欲求実現手段》である。自分自身も含めて・・。
    2. ×:
      1. 《ブッダの「一切」》とは異なる。たけ(tk)『一切』とも異なる。
      2. 『一切』《欲求実現手段》であるというのは、《視点》である。そこでの《欲求》は、『結果』とイコールであり、モノの今の《動き》には、《行く末》の『結果』が対応しているから、今のモノ《動き》は『結果』を『目的』とする《動き》である、それゆえ、今のモノ《動き》や存在は、そのモノ自身や、《私》『目的』《欲求》《欲求実現手段》である。という論理である。《行く末》に鏡をおいて《いま》の《モノの世界》を見る《視点》である。
      3. 『一切』を構成しうる《視点》は無数に在る。
      4. 他の目的の手段ではないモノがあるはずである。
      5. モノは手段ではない。モノAはそれ自体としては手段ではない。モノAはモノBとの関係において、モノBがモノBの《欲求》の実現手段としてモノAを認知するかぎりにおいて、モノAはモノBにとっての《欲求実現手段》であるだけである。
      6. 《欲求実現手段》は、《世界》を認知するモノが自らの《欲求》によって作り出す《思い描き》にすぎない。《欲求実現手段》《欲求実現マシン》《思い描き》にすぎない。

《手段の目的化》には?

  1. 政策の『手段』としての団結から、団結の『手段』としての政策(旗印)へ。

《欲求実現手段》には?

  1. 記憶《欲求実現手段》である。
  2. 『なすべきこと』《欲求実現手段》である。何らかの《欲求》が在って、その《欲求》の実現のために『なすべきこと』が在る。『なすべきこと』は、《欲求実現手段》の《手段の目的化》である。

《手段の目的化》と《欲求実現手段》

  1. 《手段の目的化》は、《モノルール》かも。《生きモノルール》かな?
  2. 《生きモノ》《群れ》を作るのは個々の《生きモノ》の《個体》の《欲求》《欲求実現手段》である。しかし、《群れ》は自己目的化する。多細胞生物は細胞の《群れ》でありながら、独自の《欲求》を持つに至る。《群れの欲求》を持つに至る。《群れ》の《個体》化。《群れの個体化》。《群体》。
  3. 《群れ》を「多数の個体の集まり」とみるか、それ自体を一つのモノとみるかは、《視点》の違いであろう。同じ《群れ》を、「多数の個体の集まり」と見る《視点》と、「それ自体を一つのモノ」と見る《視点》とがある。《内からの視点》《外からの視点》か?

ActiveRecordは《欲求実現手段》である。

  1. オブジェクトとデータベースとを対応づけたい、という《欲求》《欲求実現手段》である。なぜ、そんな《欲求》が? 「オブジェクト・リレーション・マッピング」《欲求》
  2. http://ar.rubyonrails.com/files/README.html
    1. Active Record ― Object-relation mapping put on rails
  3. http://www.atmarkit.co.jp/fjava/rensai3/ormap01/ormap01.html
    1. 「Object / Relational Mapping」
    2. 「インピーダンスミスマッチ」回避の《欲求》
    3. 「非オブジェクト指向手続きによる柔軟性の阻害」回避の《欲求》
  4. プログラミングへの《欲求》。何故?
  5. プログラムは、《行く末》のコンピュータシステムへの《欲求》《欲求実現手段》であり。コンピュータのシステムは、様々の何らかの《欲求》《欲求実現手段》である。
  6. コンピュータシステムは、それ自体としては、情報取得欲求の《欲求実現手段》である。
    1. Webでお買い物、も、コンピュータ自体としては情報を提供するに過ぎない。『売買が成立しました』という情報を提供するに過ぎない。
    2. 科学計算も、情報提供《欲求》である。
    3. 画像も、ネットでのおしゃべりも、《情報取得欲求》の実現である。
  7. プログラミング《欲求》は、開発業者にとっては《金銭取得欲求》の《欲求実現手段》である。
  8. モノのまわりには《アクター》がそれぞれの《欲求》をもって集まってくる。
  9. ActiveRecordの思想は、たぶん、『とりあえず速攻で繋げて、そこそこ動くモノはすぐ出来ます。チューニングは、使い勝手を見てから、存分にやってください』という思想だろう。『何も指定しない状態のデフォルトでも、どうにか動くものは出来ます。チューニングしたければいくらでもどうぞ』というのと同じ思想。それで宜しいんじゃないでしょうか。でも、簡単なのはうわべだけ。チューニングしはじめたら、内部構造を知らなければならなくなるし、SQLをばりばり使わなければならなくなる。それでも、「とりあえずのモノがすぐ出来る」というのがメリットなのだろう。
  10. しかし・・、バージョンアップ地獄はすさまじいよ。新しい=枯れていない=プロダクツの宿命ではあるが・・。というか、進化を求めつつ、進化しないことを求める、というユーザの《欲求》のほうが矛盾しているのかもね。

関係論理は《欲求実現手段》である。どのような《欲求》の? 

  1. モノの群れ》への《思い描き》への《欲求》への《欲求実現手段》
  2. モノの群れ》を『種類』で分けて、個体を行において、その『種類』の『属性』を列に置く、という《思い描き》

《物的欲求実現手段》と《知的欲求実現手段》

  1. プロトコルは《知的欲求実現手段》である。プロトコルは、それを知って、その手順に従って、意図的に、動くことによって、《欲求》を実現するような《欲求実現手段》である。
  2. 《動的欲求実現手段》。《動き》そのモノが欲求実現の手段であるような《動き》暴力は《動的欲求実現手段》である。
  3. ルール』(主観的『ルール』)は《知的欲求実現手段》である。
  4. スポーツの後の快感は《知的欲求実現手段》である。主観的満足を生じさせる《動き》は、《動的欲求実現手段》であると同時に《知的欲求実現手段》である。
  5. サービス産業の商品の購入、マッサージを受けること、は《知的欲求実現手段》である。快感という《知的欲求実現手段》である。健康になる??

秘密は《欲求実現手段》である。

  1. 秘密保持は《欲求実現手段》である。
  2. 秘密探知は《欲求実現手段》である。
  3. 秘密保持《欲求》は手段的な《欲求》である。
  4. 秘密探知《欲求》は手段的な《欲求》である。

《他者》への《入り込み》《欲求実現手段》である。

  1. 《世界》を知ることは《欲求実現手段》である。
  2. 人の身になって考えること、は《欲求実現手段》である。

http://ja.wikipedia.org/wiki/SWOT%E5%88%86%E6%9E%90

    1. SWOT分析(-ぶんせき、SWOT analysis)とは、目標を達成するために意思決定を必要としている組織や個人の、プロジェクトやベンチャービジネスなどにおける、強み (Strengths)、弱み (Weaknesses)、機会 (Opportunities)、脅威 (Threats) を評価するのに用いられる戦略計画ツールの一つ。組織や個人の内外の市場環境を監視、分析している。 フォーチュン500のデータを用いて1960年代から70年代にスタンフォード大学で研究プロジェクトを導いた、アルバート・ハンフリーにより構築された。
    2. SWOT分析の戦略的・創造的使用方法
    3. SWOT分析は、1920年代からハーバードビジネススクールのビジネスポリシーコースの一部として開発されてきた、ハーバードポリシーモデルの一部である。企業や個人の目標が明確である場合、SWOT分析は戦略計画ツールとして有用である。この場合、SWOTは以下のように表される。
      1. * 強み:目標達成に貢献する組織 (個人) の特質。
      2. * 弱み:目標達成の障害となる組織 (個人) の特質。
      3. * 機会:目標達成に貢献する外部の特質。
      4. * 脅威:目標達成の障害となる外部の特質。
    4. 的確な意思決定にはSWOTの正しい理解が必要である。意思決定者は与えられたSWOTを元に目標が達成可能であるかを判断し、達成が不可能であると判断した場合、別の目標を元に、再度SWOT分析をやり直す必要がある。達成が可能であると判断した場合、以下の質問に対する回答を考えることで、創造的な戦略につなげることができる。
      1. * どのように強みを活かすか?
      2. * どのように弱みを克服するか?
      3. * どのように機会を利用するか?
      4. * どのように脅威を取り除く、または脅威から身を守るか?
    5. SWOT分析は、会計、営業、経営者、エンジニアなどの構成チームにより行われることが理想的である。
  1. 「目標」(《欲求》)が明確であることが前提。ビジネスでは『カネ』が『目的』であることが明確なのだ。
  2. カネで実現できる《欲求》と、カネ(だけ)では実現できない《欲求》と、カネがあると却って実現しにくくなる《欲求》とがある。カネ(だけ)では実現できない《欲求》というのは、カネが全くなければ餓死してしまうので、いかなる《欲求》であれ、餓死しないだけのカネは必要である。

《欲求実現手段》『よい』か?

  1. ○:目的《欲求》)がよければ『よい』『一切』『よい』目的を効率的に実現する手段は、『目的』からみて、『よい』。『手段』は『目的』にとっての『よい』『わるい』がある。『目的』には「『目的』にとっての『よい』『わるい』」はない。それ自体が評価の基準になることはできない。評価の基準を、その評価の基準自体によって、評価することはできない。『目的』(下位目的)は、他の『目的』(上位目的)の『手段』である場合に、『上位目的』の評価基準によって、(下位目的を)評価することができる。
  2. ×:使う目的《欲求》)が『わるい』場合や、使い方が『わるい』場合には、《欲求実現手段》は『わるい』。『よい』『わるい』がないものは『わるい』。
  3. △:《欲求実現手段》自体には『よい』『わるい』はない。

《欲求実現手段》の分類

  1. 《欲求実現手段》であるモノ、と、《欲求実現手段》である《思い描き》。『設計』は《欲求実現手段》としての《思いこみ》である。『モデル』は『設計』の《欲求実現手段》としての《思い描き》である。《道具的な思い描き》

《欲求実現手段》と命令。

  1. 《欲求実現手段》は《欲求者》に命令する。

《欲求実現手段》と《バズワードの雪合戦》

  1. バズワードの雪合戦》で何が面白いのだろうか?
  2. バズワードの雪合戦》は、何らかの《欲求》《欲求実現手段》である。雪合戦は、何らかの《欲求》《欲求実現手段》である。戦争ごっこは何らかの《欲求》《欲求実現手段》である。『打ち負かした』という優越欲求だろうな。関係欲求、ERGのRだ。

《アクター》は?

  1. 《息しつつあるモノ》? ○:。×:。
  2. 《思い描き》? ○:。×:。
  3. モノ? ○:。×:。

《欲求実現手段の世界》(ヨシュセ)・100

  1. 1:《息しつつあるモノ》
  2. 2:《他者》《私》《欲求実現手段》であり、《私》《他者》《欲求実現手段》である。《息しつつあるモノ》は、《他者》《息しつつあるモノ》《求める思いこみ》の実現を要求する『権利』が在る。

《他者からの思いこみ》《噴出点》

  1. ちゃんと、《噴出点》《見通し》ませう。
  2. 次の5種類か?
    1. 《他者からのまなざし》・・《私》への《まなざし》
    2. 《他者からの暴力》・・《私》に向けられた《動き》
    3. 《他者の動き》・・《私》に向けられたのではない《動き》
    4. 《他者との対話》・・あいさつや対話、共同作業
    5. 《他者からのコトバ》・・《他者》《動き》の化石。
  3. 《近傍物理空間》の《認識限界》の表面の『一切』
  4. 《近傍物理空間》からの《他者からの思いこみ》《噴出点》の向うの《背後者》《背後者世界》。→《近傍物理空間》が縮小して、《息しつつあるモノ》に吸い込まれ、《背後者世界》の中に入り込む。《混濁しつつある近傍物理空間の背後者世界》、《近傍物理空間の背後者世界》。→《近傍物理空間の背後者世界》噴出しつくし、浄化し、縮小させると、《いま・ここの・この肉の塊》に戻る。→《欲求実現手段の世界》になる。《他者》《私》《欲求実現手段》であり、《私》《他者》《欲求実現手段》である。

《欲求実現手段》と『欲求実現手段』

  1. 《欲求実現手段》? ○:。×:。
  2. 『欲求実現手段』? ○:「欲求実現手段」は《思いこみ》だろう。×:。

《欲求実現手段》《混濁》

  1. 《欲求実現手段》《混濁》からの分離か? ○:。×:。

《モノの世界》《視点》《モノ作り》《視点》

  1. 同じ? ○:。×:《モノ作り》には《私》《求める思いこみ》が入っている。《欲求実現手段の世界》である。《モノ作り》《モノの世界》《求める思いこみ》との弁証法である。

『連絡先』は《欲求実現手段》である。

  1. 『xxさんに連絡を取りたい』という《求める思いこみ》《欲求実現手段》である。

《連想のトンネル》《欲求実現手段》

  1. 《他者》《私》《欲求実現手段》である。《私》《他者》《欲求実現手段》である。OK」というのが、健常者の発想なのか・・。
  2. 《欲求実現手段》《混濁しつつある他者の身体》のなかの《連想のトンネル》である。『この《欲求》にはこの手段』という《連想のトンネル》である。

ヘーゲルの「肉体性」と《欲求実現手段》

  1. 『精神哲学』下、p.47:自己意識が・・自分と他者と媒介する関係を持っているのは、すべて記号および道具としての肉体性においてである。
  2. 《私》の自己意識⇔《私》《身体》《他者》《身体》《他者》の自己意識、と言いたいらしい。
  3. これは、《まなざし》《繋がり》だな。これのほかに《実感》《繋がり》がある。
  4. 《身体》《道具》になるのは、「欲望の体系」においてであり、《欲求実現手段》《繋がり》においてである。
  5. 《仕合わす》《繋がり》でも、《欲求実現手段》になる・・か・・。
  6. 「欲望の体系」の欲望=《欲求》にはERGの種類がある。通常はカネへの《欲求》であろう。しかし、カネへの《欲求》はせいぜい関係欲求(カネ持ちは優越《欲求》の充足である)であろう。関係欲求の後は成長欲求だ。成長欲求における「欲望の体系」が《仕合わす》のシステムである。((けっ、まるで新興宗教みたいな言い草だ))。

ヒトをチェックリストで評価すること」と《道具》

  1. チェックリストは、《求める思いこみ》の手段としての評価項目である。
  2. カントの格律に反する。
  3. 評価チェックリストは、ヒト《欲求実現手段》としての有用性の評価項目で評価することである。ヒト《道具》として扱うことである。
  4. ヒトは、互いに相手の《欲求実現手段》《道具》である。か? ○:『欲望の体系』の構成原理。×:。
  5. 《他者》《私》《欲求実現手段》である。《私》《他者》《欲求実現手段》である。OK」というのが、健常者の発想なのか・・。

《アクター分析》と《欲求実現手段》

  1. 或るモノには複数の《アクター》が在る。
  2. 《アクター》《欲求》であり、或るモノは、多数の《欲求》《欲求実現手段》である。
  3. 一つのモノは複数の《欲求》《視点》から見た複数の《輪郭》を持つ。
  4. 一つのモノの複数の《輪郭》をリストアップすることによって、そのモノの3次元的な《輪郭》が浮かび上がる。

《プログラミング・オブジェクト》《欲求実現手段》

  1. たとえば或るオブジェクトが印刷用のオブジェクトだとすると、そのオブジェクトは《欲求実現手段》であり、『プログラムで印刷したい』という《求める思いこみ》《欲求実現手段》である。この『プログラムで印刷したい』という《求める思いこみ》は、何か他の《欲求》《欲求実現手段》なのだろうか?
    1. ○:
      1. 或る特定のxxというプログラムを作っている時に『このプログラムで印刷機能を追加したい』という《求める思いこみ》が生じた場合には、『このプログラム』の『目的』が、《求める思いこみ》《欲求実現手段》にする《欲求》である。((基体と属性の問題に似ている))。
      2. 『印刷』であれば、『ヒトヒトとの快適なコミュニケーション』が『目的』だな。『印刷』の《求める思いこみ》の、向こう側の《無限遠点》の先にある《背後者》。『《仕合わせ》』。
    2. ×:
      1. 抽象的に『プログラムで印刷したい』という《求める思いこみ》を思い描いた場合には、様々な《欲求》『目的』として可能であり、一つの上位の『目的』はない。それ自体の《求める思いこみ》『目的』となる。((属性の属性を考えるのは無駄、ということ))。

『最高の欲求』と《欲求実現手段》

  1. 『最高の欲求』は在るか?
    1. ○:
      1. 《欲求実現手段》カオスを、《欲求実現手段》とするような《欲求》は、メタ《欲求》である。
        1. 《欲求実現手段》カオス」は《欲求実現手段》である。
        2. その《欲求》は『《欲求実現手段》カオスに関する《ヘラクレイトスの「ロゴス」》《求める思いこみ》』である。
        3. 《欲求実現手段》カオスに関する《ヘラクレイトスの「ロゴス」》《求める思いこみ》』は《欲求実現手段》カオスにおける、メタ《欲求》である。
        4. メタ《欲求》というのは、自己言及する集合の特異点のようなモノだな。
      2. 《道具》的に設定された《欲求》には『目的』が在る。
      3. 《背後者》からの《噴出》としての《欲求》『目的』は、《背後者》である。すべての《欲求》の行き着くところは《背後者》であるから、《背後者》が最高善(ト・アリストン)である。
    2. ×:
      1. 他の《欲求》《欲求実現手段》でないような《欲求》はない。
      2. それぞれの《欲求》は、それぞれの《欲求実現手段》《世界》を作り出す。すべての《欲求》は、別の《欲求》にとって《欲求実現手段》である。或る《欲求》は、他のすべての《欲求》にとって《欲求実現手段》である。((自分自身の《欲求》にとっても《欲求実現手段》である))。
      3. それぞれの《欲求》は《絶対者》であり、《相対的絶対者》である。((《相対的絶対者》:それが《絶対者》であることによって、《相対者》であるような《絶対者》のこと。或るモノが《絶対者》であることは、他のモノも《絶対者》であることになり、それゆえに、或るモノが《絶対者》であることは同時に《相対者》であることも意味する))
      4. 《欲求実現手段》カオスにおけるメタ《欲求》は、『最高の欲求』ではない。
      5. 《欲求》に(それ自体以外の)『目的』は無い。《欲求》はそれ自体が『目的』である。
      6. 《欲求》には《道具》的な《欲求》と、《背後者》からの《噴出》としての《欲求》とがある。
      7. 《背後者》が最高善(ト・アリストン)である」というのは、ナンセンスである。何も語っていないのと同じである。
      8. 《背後者》《欲求》『目的』ではなく、《欲求》を生じさせた『原因』である。《欲求》『目的』は、『結果』、もしくは、向こう側の《背後者》に求める必要がある。『結果』も、向こう側の《背後者》も、不可知である。((《欲求》《無限遠点》《背後者》))。
  2. 『ニコマコス倫理学』上、p.16
    1. もしかかるもの(すべてを覆うごとき目的)がなければ目的の系列は無限に遡ることとなり、その結果われわれの欲求は空虚なものとなるであろう。

《視点配置座標》《欲求実現手段》

  1. 《視点配置座標》において、或る《欲求》からの他の《欲求》《欲求実現手段》としての《繋がり》を有する。

ヨジシュ・100

  1. 《欲求実現手段》というモノはない。人々の《求める思いこみ》が有り、それとの《繋がり》において、《思い重ね》において《欲求実現手段》であると看做されるものが在る、だけである。《擬制実在》。《仮想実在》《欲求実現手段》《仮想実在》である。
  2. 《欲求実現手段》《視点》においては、一切は《欲求実現手段》である。《欲求実現手段》でないものは無い。《欲求実現手段》『一切』
    1. 《無いモノ》でさえ、《欲求実現手段》である。
    2. 《欲求実現手段》自体も《欲求実現手段》である。
    3. 《視点》《欲求実現手段》である。
    4. 《我》《欲求実現手段》である。
    5. 《ヘラクレイトスの「ロゴス」》《欲求実現手段》である。
    6. 「ヨジシュ・100」も《欲求実現手段》である。
    7. 《欲求実現手段》『一切』」は《欲求実現手段》である。
    8. 『意味』《欲求実現手段》『一切』への区別、も《欲求実現手段》である。
    9. 『心地よいウソ』《欲求実現手段》である。
    10. 《生きモノ》にとっての《世界》」は《欲求実現手段》である。
    11. 《他者》《欲求実現手段》である。
    12. 《私》《欲求実現手段》である。
    13. 《混濁》《欲求実現手段》である。
    14. 《私》の死、人類の絶滅、《宇宙史》の終わりは《欲求実現手段》である。
    15. 『無意味の世界』《欲求実現手段》である。
    16. 《知った思いこみ》《欲求実現手段》である。『《混濁》は、《欲求実現手段》ノイズによって、《混濁》の全体が《欲求実現手段》の色に染まる』といった《知った思いこみ》《欲求実現手段》である。
  3. 「xxは《欲求実現手段》である。なぜならxxによって実現される《欲求》が在るからである」。《欲求実現手段》公理
  4. 《生きモノ》にとって《世界》《欲求実現手段》である。《生きモノ》の『生きる』ことへの《欲求》の実現のために、諸情報を総合して再構成したモノが、《生きモノ》にとっての《世界》だからである。
  5. 《混濁》は、《欲求実現手段》ノイズによって、《混濁》の全体が《欲求実現手段》の色に染まる。
  6. 《欲求実現手段》『一切』に、いったん、填まってしまうと、そこから抜けだすことはできない、か? ○:《公理》というのはそういうモノである。他の《公理》もそのうちに含んでしまうので、抜け出すことはできない。×:《このヒト》がそれに飽きたら、別の《公理》に移動するだろう。その《公理》の全体像が見渡せるようになると、《このヒト》は、その《公理》に飽きる。

《欲求実現手段》(ヨジシュ)と《他者の求める思いこみ》

  1. ベーコンは、知識を《欲求実現手段》にしてしまった。
  2. 《ヘラクレイトスの「ロゴス」》は欲求であり、知識は《欲求実現手段》である。
  3. われわれが、社会生活において目にするほとんどのモノ《欲求実現手段》である。
  4. システム開発は《他者の求める思いこみ》《欲求実現手段》である。
  5. ヘーゲルの「欲望の体系」。《群れ》の中の多数の個体による、同時多発的な欲求の発生、同時多発的な欲求実現手段の開発、同時多発的な欲求の満足。
  6. 教育制度は、『子供が、みずからの成長を求める《成長欲求》を育てたい』という《求める思いこみ》《欲求実現手段》である。

検索