FrontPage  Index  Search  Changes  wikifarm  Login

《欲求実現効率》

《欲求実現効率》

  1. ←[[]]
  2. キーワード
  3. 予備知識
  4. 引用文献

定義

記述

区別

《手段の欲求化》と《欲求実現効率》

  1. 《手段の欲求化》は《欲求実現効率》『よい』『目的』を考慮する非効率が無くなる、という点で《欲求実現効率》『よい』。しかし、『目的』からずれていく点、『目的』が達成されても過剰に実現しつづけるようになる点で、『わるい』。
  2. 知的好奇心も《手段の欲求化》である。
  3. 究極的なき《生きモノ》《欲求》は、《生殖欲求》であろう。しかし、生殖のためには、生存手段の取得が不可欠である。《生存手段獲得欲求》は生殖欲求の《手段の欲求化》である。
  4. 奪い合いの《欲求》も、限定的な場面では《生存手段獲得欲求》の《欲求実現手段》となる。ただし、《群れ》全体においては、奪い合いによっては生存手段は全く獲得されず、増えない。奪い合いだけで、生産(《群れ》の外からの生存手段の獲得)がなければ、いずれ絶滅する。《個体》的には奪い合いも《個体》の《生存手段獲得欲求》の《欲求実現手段》でありうるが、《群れ》全体での《生存手段》の獲得がなければ無意味。

「ruby scripts/generate model Employee」と《欲求実現効率》

  1. 英語で考えれば、《そのまんま》の表現である。「genelate a model Employee」なので「a」が足りないけど。「the」かな? よう分からぬが・・。
  2. 自然言語の表現がそのまま使えるということは、自然言語からプログラム言語への変換が不要なので(簡単な変換ですむので)、効率がよい。時間効率もよいし、資源効率もよい。
  3. そのコトバは、「Employee」という「model」を求める《欲求》《欲求実現手段》である。コトバ《欲求実現手段》である。コトバの《表現》の『よい』『わるい』は、《表現》の《欲求実現効率》によって決まる。同じ『意味』コトバでも、複数の《表現》が可能である。
  4. 日本語から英語への変換が必要じゃん。《欲求実現効率》は『わるい』よ。単数だっけか、大文字だっけか(スネークケース、snake_case/アッパーキャメルケース、UpperCamelCase/大文字スネークケース、UPPER_SNAKE_CASE)、と考えなければならないのは《欲求実現効率》が『わるい』よ。

《欲求実現手段》『よい』『わるい』《欲求実現効率》による。

  1. 《欲求実現マシン》《欲求実現効率》によって《欲求実現手段》を評価する。

《欲求実現効率》には?

  1. 時間《欲求実現効率》・・早く実現できれは効率がよい。
  2. 資源的《欲求実現効率》・・少ない資源で実現できれば効率がよい
  3. 成果的《欲求実現効率》・・よりよく、より多く成果が得られれば効率がよい。

検索

Last modified:2008/05/20 13:04:20
Keyword(s):
References:[『よい』『わるい』]