FrontPage  Index  Search  Changes  wikifarm  Login

《名前》

《名前》

  1. ←[[]]
  2. キーワード
  3. 予備知識
  4. 引用文献

定義

記述

区別

モノ《名前》

  1. たけ(tk)《世界》が異常なのは、《モノの世界》から《名前》が消えてしまっていることだ。《たけ(tk)》は《名前》のないモノたちに囲まれている。だけど、ホントは、それがホントなのだ。《健常者》モノには《名前》があると思っている。しかし、《名前》モノについているのではなく、ヒトがそのモノを指し示すために付けるだけのモノだ。もちろん、タバコの空箱に「奥の一番右の空箱、奥の一番左の空箱」といったように、臨時の《名前》を付けることは可能だ。しかし、《名前》モノについているわけではない。
  2. 『モノ』モノ《思い描き》としての『モノ』《名前》はどうか? 《思い描き》《名前》がついているわけではない、が、ヒト《思い描き》《名前》を付けることはできる。モノ《名前》との構造と、同じ構造だ。『タバコの空箱たち』という《思い描き》には「タバコの空箱たち」という《名前》を付けてある。((《名前》を付けないと文章にできないね))。《直知》した、タバコの空箱たちの記憶《思い描き》として残っている。「タバコの空箱たち」というコトバを唱えると、その《思い描き》がよみがえる。よみがえったのは《思い描き》であって、モノたちではない。((まあ、今のところ、片づけていないから、目を開ければ、そこにモノたちは在る))。
  3. たけ(tk)》は「日本列島」というコトバを聞いても、《日本列島》というモノが思い描けない。地図帳のイメージは思い浮かぶが、地図帳のイメージは《日本列島》というモノではないことを知っている。飛行機で、海岸線の一部分を眺めて、地図との突き合わせをして、その地図が実際の地形と、その部分ではあっている、という検証はできる。鉄道で旅をして、その半島までの距離が地図上の距離に比例している、といった《実感》を得ることはできる。しかし、部分的だ。《日本列島》というモノへの《思い描き》は無い。北の端から南の端まで歩いて《実感》したとしても、《日本列島》のすべての地点を実感することはできない。《日本列島》を《直知》することは、たぶん、無理だろう。たぶん、《日本列島》というモノ《直知》することは、だれにもできない。スペースシャトルに乗って、地球を眺めてそこに《日本列島》を《直知》したとして、その形は実感するだろうが、そこに住んでいる人々の実感とか《空気》とかを、《直知》できたわけではない。どうやっても、たぶん、《日本列島》を《直知》することは、誰にもできない。では、人々は『日本列島』を知っているのだろうか? 知っていると思いこんでいるのだろうか?
  4. たぶん、《健常者》たちは、「日本列島」というコトバを「日本列島(にほんれっとう、にっぽんれっとう)は、ユーラシアプレートの東端に位置し、太平洋西部にある日本海溝に沈む手前の地帯において隆起した弧状列島。広義の日本列島は樺太(サハリン)、北海道、本州、四国、九州の主要5島とまた、千島列島や南西諸島・伊豆諸島などの島嶼からなる。まれに、台湾島を含めることもある。狭義の日本列島は、現在日本が実効支配している領域を指す。ただし、小笠原諸島に関しては、日本列島に含めるのは、地理学的に不適切である(詳細は「#意識の中の日本列島」)。」(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%88%97%E5%B3%B6)といってコトバに置き換えることができれば、《日本列島》を知っている、と思いこむのだろう。もしくは、地図や衛星写真のイメージがあれば、『知っている』と思いこむのだろう。
  5. 《健常者》モノ《名前》を知っていれば、そのモノを知っている、と思いこんでいるのだ。
  6. 《名前》を知っており、《名前》から何らかの《思い描き》が生じる時に、その『モノ』を『知っている』と思いこむ。《モノ》の《思い描き》を知っている時に、その『モノ』を知っている、と、言う。その《思い描き》がどんなに貧弱なモノであったとしても、知っていると思いこむ。というか、コトバ(その《モノ》の《名前》から生じる《思い描き》)を知っている、ということだ。
  7. 『モノ』とは、その《モノ》の《名前》から生じる《思い描き》である。

《名前》《プログラミング・オブジェクト》

  1. http://www.yotabanana.com/lab/20071031.html
    1. Matz Ruby版ではwindows-31jではなくCP932が返ってくるんだけど、この違いは問題ない。(CP932という文字列をJRubyに渡しても解釈してくれないっぽい。ま、でも、Ruby-GetTextで使用する範囲なら問題ないでしょう)。
  2. 同じモノに二つの《名前》。しかも、《名前》Aで呼ぶ《ドメイン》では《名前》Bで呼ぶと理解しない。
  3. 《名前》の変換リストを作っておけば、変換可能にはなる。

検索

   *  『モノ』 - [『モノ』とは、《名前》から生じる《思い描き》である。]
   * モノ - [モノと[[《名前》]]]
   * 《デジタル実在》 - [###画面遷移の設計におけるPC画面は[[《仮想実在》]]である。漠然たる《思い描き》→《名前》→詳細な《思い描き》→[[《デジタル実在》]]。]
   * コトバ - [#[[《動き》]]への[[《名前》]]と《動詞》の変化。[[《動きへの名前》]]]
   * 《プログラミング・オブジェクト》 - [[[《名前》]]と《プログラミング・オブジェクト》]
   * 《仮想実在》 - [《仮想実在》と[[《名前》]]]
   * 《名前》 - [タイトルに一致 《名前》]
   * 『決まり』 - [#「アプリケーション・ルート」は《或るWebアプリケーションを作る時に、そのアプリケーションに特有なプログラムを配置するための基点となるディレクトリ》というモノを《指し示す名前》ではない。『決まり』である。『或るWebアプリケーションを作る時に、そのアプリケーションに特有なプログラムを配置するための基点となる《べき》ディレクトリ』という『決まり』である。モノを《指し示す名前》ではなく、『決まり』という《思いこみ》を《指し示す名前》である。((《名前》ってのは、特定のモノや《思いこみ》を《指し示すコトバ》だから、《指し示す名前》という概念は同義反復か?))]

Last modified:2008/03/09 23:21:06
Keyword(s):
References:[《プログラミング・オブジェクト》] [《仮想実在》] [《名前》] [『モノ』] [コトバ] [モノ]