FrontPage  Index  Search  Changes  wikifarm  Login

《噴出点》

《噴出点》

定義

記述

区別

フンテン・イシモ・100

  1. 文字を読む意図の噴出
  2. このヒトの動態における観察。
  3. 歩行の噴出点はシリモシリモの背後者。肩のあたり。
  4. 意図。意志は力みである。意図とはシリモの背後者の中の力みである。
  5. 動き噴出点と妄想の噴出点。歩くとき、座ったとき。
  6. 意図しつつあるモノ。意図を噴出しつつあるモノ。身体を動かしつつあるモノ。中丹田?激性。
  7. 妄想を噴出しつつあるモノ。上丹田。純性。眉間の内側。妄想の噴出と認知との循環
  8. 丹田は暗性?危険の予感の噴出点。

グリッド妄想の《噴出点》

  1. 《知りつつあるモノ》そのものが妄想の《噴出点》になっている。何らかの情念が噴出している。アルゴリズムへの情念だな。

検索

《他者の欲求》 - [#1 タヨイジは百万の《思いこみ》《私》に生じさせる。百万の《思いこみ》は処理しきれない。鼻から吹き出して捨ててしまえ。根源を見通せ、《噴出点》を見通せ。]

《実感》 - [《知りつつあるモノ》 - [#《肉の塊》《知りつつあるモノ》クオリアとして実感することができる。情報循環《背後者》への噴出点があることを、クオリアとして実感することができる。]]

《極座標の原点》 - [認知された主観点(《知りつつあるモノ》)と主体点(噴出点)とを折り畳んで一つにしたモノ《極座標の原点》という? ○:。×:。]

《思いこみ》 - [#《思いこみ》の《もと》は噴出点である。]

概要 - [##《思いこみ》はどこから出てくるのだろうか? 《知りつつあるモノ》より下のほうで《噴出》してくるように感じるが、はっきりは分からない。しかし、《体内感覚世界》のどこかから《噴出》しているのは確かであり、その部分を、漠然とではあれ、感じることができるようになる。《噴出》してくるのだから、その場所(噴出点)とその背後があることも確かである。ここにも《背後者》が出てくる。この場所を《噴出しつつあるモノ》と呼ぶことにする。]

《知りつつあるモノ》 - [##《他者のコトバ》による《思い描き》噴出点は《知りつつあるモノ》自体である。]

《思い描きつつあるモノ》 - [#《他者のコトバ》を「理解」するとき、《思い描き》《知りつつあるモノ》の背後から、《知りつつあるモノ》噴出点として、《知りつつあるモノ》の全面世界噴出する。]

《浄化球》 - [#《憎みつつあるモノ》《混濁》噴出点は、下下後方にあるように感じられる。下下後方の無限遠点《浄化球》を置けば、《憎み》の《混濁》は消えてしまう、が・・。《憎み》は《ヒトの群れ》の中で《ヒトの個体》にとっては、必要な《ちから》なのだはないか?]

《不快》 - [#《いらだち》の噴出点は《息しつつあるモノ》の近くにある。《息しつつあるモノ》の機能が妨げられていることから生じる衝動であるようにみえる。]

《繋がりの世界》 - [#《思いこみ》噴出点が一つか二つかの違い。]

ゴミ箱2005-11 - [#その中に、3個の噴出点を発見する。]

ゴミ箱2005-05 - [思いこみの噴出点は《身体》の中にある。《身体》を浄化すると、《身体》の表面とその先の《身体》世界に至る。《身体》世界《近傍物理空間》である。《近傍物理空間》を浄化すると、近傍外世界に至る。近傍外世界《近傍物理空間》《背後者世界》である。前に観察したときには《近傍物理空間》無限遠点の先には《客観世界》があるはずだった。しかし、実際には『客観世界』の思いこみも含めた思いこみの世界が広がっているようだ。]