FrontPage  Index  Search  Changes  wikifarm  Login

《動きつつあるモノ》

《動きつつあるモノ》

定義

ウゴモ

区別

《混濁しつつある他者の身体》《動きつつあるモノ》

  1. 《混濁しつつある他者の身体》《動きつつあるモノ》である。か? ○:信じられないことに《他者》《動きつつあるモノ》である。何も見えていないのに、勇敢にも《動きつつあるモノ》である。見えない人は行動的であり、見えるヒトは行動的ではない。なぜ?。《触感》を求めて動くのか?。《触感型行動様式》。《身体》的な《繋がり》の感覚。音楽に浸るときの聴覚。風景や美術品や映画などに感激するときの視覚、も触感である。楽しんで運動しているときの《身体》《動き》の感覚も触感である。×:。

自律的な《動き》と交互的な《動き》

  1. 《息しつつあるモノ》《他者からの思いこみ》への交互作用か?
  2. 《知りつつあるモノ》《動きつつあるモノ》であり、《知られつつあるモノ》《他者からの思いこみ》である。
  3. 《息しつつあるモノ》《動き》は、基本的には、自律的な《動き》である。
  4. 《息しつつあるモノ》《動きつつあるモノ》である。《息しつつあるモノ》《他者からの思いこみ》への交互作用か?
  5. 《息しつつあるモノ》《動き》は水中でないこと、空気があることへの反応である。
  6. 《息しつつあるモノ》《動き》は自律的な《動き》である。
  7. 自律的な《動き》と交互的な《動き》
  8. 《思いこみつつあるモノ》《思いこみ》に《入り込みつつあるモノ》は自律的か?
  9. 《思いこみつつあるモノ》《動き》はそれ自体としては自律的である。
  10. 《思いこみつつあるモノ》《動き》《他者からの思いこみ》に対する逃避的な《動き》である。素材となる《思いこみ》《他者からの思いこみ》である。
  11. タカウゴ《他者からの思いこみ》《動きつつあるモノ》の交互作用=は交互的な《動き》である。
  12. 《息しつつあるモノ》は自律的な《動き》である。
  13. 《動き》が自律的であるか、交互的、他律的であるかは、「自律的」というコトバがもたらす区別に過ぎない。
  14. 「自律的」「他律的」は分析概念であって、種類概念ではない。全ての《動き》には、ある程度の「自律的」であり、ある程度の「他律的」である。

『予定』と《動きつつあるモノ》

  1. 『予定』を立てて、『予定』に従って《動きつつあるモノ》がある。
  2. 『予定』は過去の自分からの《他者からの思いこみ》である。
  3. 『予定』は《決める》ものである。
  4. 『予定』は《今・ここ》の《私》からの未来の《私》への《私のコトバ》である。

《動きつつあるモノ》《他者からの思いこみ》

  1. 《動きつつあるモノ》《他者からの思いこみ》によって《動かされつつあるモノ》である。
  2. タカモイ・ウゴモ・イシモ・100

《求める思いこみ》《動きつつあるモノ》

  1. 《動き》《求める思いこみ》噴出か?
  2. 《動きつつあるモノ》《求める思いこみ》《噴出しつつあるモノ》か?
  3. 《求める思いこみ》は、《体内感覚世界》噴出されてしまえば、《求める思いこみ》《ちから》を失う。たんなる《知られつつあるモノ》である。《求める思いこみ》は、《隠れた思いこみ》である状態で在るかぎりにおいて《ちから》を保つ。

口実と《動きつつあるモノ》

  1. ヒト動くことを欲している。と、お祭りの人ごみを眺めていて思った。ヒト動くための口実を欲している、とも。
  2. 《動きつつあるモノ》は、要するに「かりに瞑想中であったとしても《動きつつあるモノ》」、すなわち《息しつつあるモノ》のことなのだ。
  3. 《動きつつあるモノ》ヒトの行動欲求の一種か?
  4. 《動きつつあるモノ》には動くための口実は不要である。
  5. 《動きつつあるモノ》は『すべての《動き》を停止する』という決意にもかかわらず《動きつつあるモノ》である。
  6. 《動きつつあるモノ》が息すること以外の《動き》を実現するためには、口実が必要である。息すること以外の《動き》においては、動かないという選択が可能だからである。動くという選択をするか、動かないという選択をするか、という選択において、口実が必要になる。動くための口実と《動きつつあるモノ》。口実と《動きつつあるモノ》
  7. 《他者》に指図されること、は最も一般的な口実である。
  8. 《息しつつあるモノ》《私》の意思では止めることができないモノ。(《私》が如何に意思堅固であっても、30分間《息しつつあるモノ》《動き》を止めることはできない。意思を貫いて死ぬことも可能であろうが、それをする意味はないだろう)。《息しつつあるモノ》《私》の中の《他者》である。

《息しつつあるモノ》《動きつつあるモノ》

  1. 《息しつつあるモノ》《動きつつあるモノ》の一つである。

《動きつつあるモノ》《知りつつあるモノ》

  1. 《知りつつあるモノ》《息しつつあるモノ》があることを、かなりの確からしさで確信する。《息しつつあるモノ》《動きつつあるモノ》であるから、《知りつつあるモノ》《動きつつあるモノ》があると知ることができる。
  2. 知ることも動くことである。知ることは、脳神経の《動き》である。か? 
  3. 知ることは《思いこみ》《動き》である。知ることによって《知った思いこみ》《知りつつあるモノ》の背後に生じる。