FrontPage  Index  Search  Changes  wikifarm  Login

《地表の出来事》

キーワード《地表の出来事》

定義

《地表の出来事》《宇宙史》の部分空間である。

《地表の出来事》《近傍物理空間》よりはかなり大きく、《宇宙史》よりはかなり小さい。

《地表の出来事》地球の誕生とともに始まり地球の消滅とともに終わる四次元チューブである。

区別

《地表の出来事》《私》

  1. 《私》《地表の出来事》である。
  2. 《浄化球》によって)《地球》を浄化していくと、《私》から噴出する《思いこみ》《地球》の内部(の《浄化球》)に噴出していく。

《地表の出来事》《地表のヒトの群れ》

  1. 《地表の出来事》を浄化していくと、《地表のヒトの群れ》が見えてくる。人類共同体の四次元チューブである。

《地球》《地表の出来事》

  1. 《地球》《思いこみ》噴出すると、《地球》の表面から《地球》の内部への《思いこみ》噴出を感じる。その噴出《地表の出来事》からの《思いこみ》噴出である。
  2. 《地表の出来事》とは《私》であり、《私》《近傍物理空間》であり、《私》が知ったさまざまな人類や生物や地表のモノたちについての《知った思いこみ》の総体である。
  3. 《地球》《浄化球》《地球》の内部から体内感覚によって感じるモノであり。《地表の出来事》《地球》の外部から体外感覚によって感じるモノ、体外感覚で知った《地球》の表面である。
  4. 《思いこみ》の総体なら『地球』や『地表の出来事』ではないのか? 《思いこみ》を浄化した後に見通せるはずのものが《地球》であり《地表の出来事》である。
  5. 《地表の出来事》とは、《地球》を浄化したときに《地球》噴出していく《思いこみ》の総体である。

《地表の出来事》の内、《私》が操ることができる(程度のサイズの)モノに注目すべきである。

人々は《地表のモノたちの出来事》から分離して存在しえたことは一度もない。《地表のヒトたちの出来事》は《地表のモノたちの出来事》から分離したことは一度もない。

《地表の出来事》アニマを有するモノである。

人類の絶滅は地表の出来事の中の一つのエピソードである。人類の暴走・ガン化は地表の出来事の中の一つのエピソードである。

個体としてのヒトは、群れとしての人類の絶滅を防ぐことはできない。《ヒトの個体》は、《地表の出来事》の発生を防ぐことはできない。 《ヒトの個体》は、《地表の出来事》を見通すことはできる。

Last modified:2006/01/09 16:58:27
Keyword(s):
References: