FrontPage  Index  Search  Changes  wikifarm  Login

《知りつつあるモノの背後者》

《知りつつあるモノの背後者》(シリハイ)に関連する疑問。

  1. 《知りつつあるモノの背後者》は《体内時空》の中に在るか?○:《客観公理》からいえば「あったりめーだろ」。×:それが、わかんねーんだよなー。《主観公理》だからなのか?
  1. 《知りつつあるモノの背後者》と《体内背後者時空》とは同じ?○:。×:わかんねーから《背後者》なんだよ。《体内背後者時空》が意味不明である。《体外背後者時空》はモノの内部にせよ、無限遠点の向こう側にせよ、時空であることは強く推測される。しかし、体内の《背後者》は時空を形成しているかどうか、全く不明である。《背後者時空》
  1. 《知りつつあるモノの背後者》《背後者》とは同じ?
    1. ○:。
      1. 《背後者》というのは《認識限界》の先にあるはずのモノを意味する。《知りつつあるモノの背後者》も《認識限界》の先にあるはずのモノである。カテゴリー的には、《知りつつあるモノの背後者》《背後者》カテゴリーに含まれる。
      2. 認識作用の始点の背後も、認識作用の終点の届かないところにある。
    2. ×:。
      1. 通常の《背後者》は、認識作用の終点(対象)への《認識限界》の先にあることが想定されている。それに対して、《知りつつあるモノの背後者》は、認識作用の始点(認識主体)の手前(マイナスの距離)にあることが想定される。
      2. 「認識作用の始点の背後」であるか否かによって、他の《背後者》から区別される。
  1. 《知りつつあるモノの背後者》と他の《背後者時空》《息しつつあるモノ》《背後者時空》《体外時空》の中のモノの内部の《背後者時空》)は繋がっている、か?
    1. ○:
      1. 呼吸停止の実験をすれば、身体と《知りつつあるモノ》《知りつつあるモノの背後者》を経由して繋がっていることが分かる。
      2. 我々が直知する世界は我々の脳が再構成して《知りつつあるモノ》に提示する情報である。《背後者時空》情報を再構成して《知りつつあるモノ》に提供する仕組みである。その仕組みはすべての《背後者》《背後者》からの《噴出》によって構成される《直知時空》に共通である。
    2. ×:。
  1. 《知りつつあるモノの背後者》(しりはい)は特別である?○:《主観公理》《特別者公理》。×:身体的な作用である。

《知りつつあるモノの背後者》(しりはい)とは

  1. 《知りつつあるモノ》の背後(《認識限界》の先)にあるモノを「《知りつつあるモノの背後者》」と呼ぶ。
  1. 我々が知った、というときに、その情報は何処に行くのか?
  1. 我々が何かに注目するとき、何が我々をそれに注目させているのか?
Last modified:2017/06/22 15:43:06
Keyword(s):
References:[《他者》] [《知られつつある混濁》] [《知りつつあるモノ》]